メールで
無料相談
LINEで
無料相談

















TOP

コンテンツマーケティングの種類は?それぞれの特徴と自社に最適な選び方を解説

StockSunで、SEOを軸としたコンテンツマーケティング戦略と運用支援を担当している山崎です。

「コンテンツマーケティングにはどのような種類があるのか」
「自社に合ったコンテンツマーケティングの種類を把握したい」
このようにお悩みの方も多いのではないでしょうか。

コンテンツマーケティングで成果を出すためには、自社の商材やフェーズに合った選択が大切です。この記事では、100件以上の案件に取り組んできた私が、コンテンツマーケティングの種類一覧と各特徴、選び方をご紹介します。

実際にコンテンツマーケティングで成果が出た成功事例もわかりやすく紹介するので、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

【この記事のサマリ】

  • コンテンツマーケティングの6つの種類
  • フェーズに合わせたコンテンツマーケティングの選び方
  • StockSunのコンテンツマーケティング成功事例
  • コンテンツマーケティングの種類選びで失敗しないコツ

StockSunでは、コンテンツマーケティングの種類に関する相談を無料で承っています。自社にあったコンテンツマーケティングの種類でお悩みの方はぜひご相談ください。

山崎翔太朗

山崎翔太朗

100社以上のコンテンツマーケティングに携わった経験を踏まえ、貴社のビジネスモデルと事業目標に合ったコンテンツマーケティングの手法を提案します。

無料でシミュレーションの作成も可能なので、コンテンツマーケティングでお困りの方は、ぜひ山崎指名でお問い合わせください。

特典:StockSun式コンテンツマーケ戦略をご提案

コンテンツマーケ戦略を山崎に相談する

コンテンツマーケティングの代表的な6つの種類

コンテンツマーケティングの代表的な種類は以下の6つです。

  • 記事コンテンツ
  • SNS
  • 動画コンテンツ
  • ホワイトペーパー
  • メールマガジン
  • ウェビナー

各コンテンツの傾向を把握し、選定の際に役立ててみてください。

記事コンテンツ

記事コンテンツは自社サイトやオウンドメディアに掲載されるコラムなどのコンテンツです。コンテンツマーケティングの基本的な形態で、多くの企業が利用しています。

記事コンテンツの役割はユーザーの疑問を解決することです。サービスの解説や導入事例、ノウハウの紹介、専門家へのインタビューなどを記事化して、読者が必要な情報を提供します。

良質な記事が増えるほど成果につながりやすいので、中長期的に取り組むべき施策です。

SEOによる検索上位表示を狙うことで、多くの流入が期待できます。一度作った記事で長期的に集客が可能なので、資産性が高いのも魅力です。

記事コンテンツを用いた集客が気になる方は、以下の記事もご覧ください。

関連記事

オウンドメディアによる集客方法の成功ポイント!【アクセス数900%UPの成功事例】

オウンドメディアによる集客方法の成功ポイント!【アクセス数900%UPの成功事例】

Read More

関連記事

SEO戦略とは?効果的な戦略設計・実行手順を解説!アクセス数1,800%アップの事例も紹介

SEO戦略とは?効果的な戦略設計・実行手順を解説!アクセス数1,800%アップの事例も紹介

Read More

SNS

SNS(ソーシャルメディア)は情報の拡散力にすぐれ、話題性もあるので、認知の拡大に効果的です。

ユーザーの多さが特徴で、とくに若年層をターゲットとする場合、SNSは必須の取り組みといえます。

SNSによって利用者層や特徴が異なるので、プラットフォーム選びも大切です。各プラットフォームの特徴と、自社商材の相性を踏まえて選ぶ必要があります。

たとえば、ビジュアルが重視されるアパレル系の業態なら、画像や動画に特化したInstagramが読者の購買意欲を高めやすいでしょう。

SNSは一度フォローしてもらえば、コストをかけず継続的に接点を持てるのも、SNSのメリットです。

SNSを活用したコンテンツマーケティングに興味がある方は、以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事

コンテンツマーケティングでSNSを活かすには?成果につながるコツを解説

コンテンツマーケティングでSNSを活かすには?成果につながるコツを解説

Read More

動画コンテンツ

動画コンテンツは、YouTubeやTikTokなどの動画投稿プラットフォームの市場が拡大しているため、市場が拡大しています。

一般社団法人デジタルコンテンツ協会の調査によれば、2022年の動画配信市場の規模は4,530億円となっており、2017年以降一貫して拡大を続けています。2027年には5,670億円を超えるという予測もされており、今後も高い成長性が見込める媒体です。

参考:動画配信市場調査レポート2023

ビジュアルを重視したい商材はもちろん、複雑なプロセスや解説を加えたい場合など、詳細な説明ができるコンテンツです。

優れた動画を作成できれば、SNSやYouTubeなどのプラットフォームでの拡散も期待できます。

視覚と聴覚をフルに活用できるので、テキストや画像だけでは表現しきれない詳細な情報を効果的に伝えられるのが魅力です。

動画を用いたコンテンツマーケティングが気になる方は、以下の記事もご参照ください。

関連記事

YouTubeマーケティングは現代最強である理由と事例【動画のプロが解説】

YouTubeマーケティングは現代最強である理由と事例【動画のプロが解説】

Read More

関連記事

YouTubeのマーケティング戦略!【売上1,000万を達成した成功事例も解説】

YouTubeのマーケティング戦略!【売上1,000万を達成した成功事例も解説】

Read More

ホワイトペーパー

ホワイトペーパーとは、以下のような情報をまとめた資料です。

  • 自社の調査報告
  • 商品紹介
  • 導入事例
  • ノウハウ

詳細な情報を視覚的に分かりやすくまとめることで、自社の商品やサービスについて深い理解を促せます

オウンドメディアを訪れた人にダウンロードを促したり、SNSを経由したりして配布しましょう。

情報収集中の顧客や自社の商材に興味を持ってくれた顧客に対して、より詳しく専門的な情報を提供できます。

ホワイトペーパーのダウンロード時に名前やメールアドレスを入力してもらうことで、顧客情報の収集(リード獲得)が可能です。顧客との接点ができるので、次の施策につなげられます。

ホワイトペーパーについて、さらに詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

関連記事

BtoB企業におけるホワイトペーパーとは|StockSun流の作成する際のポイントも解説

BtoB企業におけるホワイトペーパーとは|StockSun流の作成する際のポイントも解説

Read More

メールマガジン

メールマガジンはEメールを使って、定期的に情報を発信するコンテンツ形態です。顧客との接触回数を増やせるので、想起してもらえる可能性を高められます

有益な情報を定期的に配信していると認知されれば、企業やブランドに対する信頼や愛着を抱いてもらいやすくなります。

メールマガジンの配信先は、ホワイトペーパーのダウンロード時などに登録してもらったメールアドレスです。定期的に配信するだけでも、自社名やサービス名を想起してもらいやすくなるでしょう。

メールマガジンは、送りすぎてもネガティブな反応が出にくく、接触回数を増やしやすい手段といえます。比較的低コストで実施できるのも、導入しやすいポイントです。

メールマガジンでは、以下のような内容を発信します。

  • メディアの更新通知
  • ウェビナーの開催告知
  • ホワイトペーパー
  • 導入事例資料

後述する「顧客のフェーズ」に合わせて、発信内容を変えましょう。

ウェビナー

ウェビナーとはオンラインで行われるセミナーです。専門家による事例の紹介やノウハウの解説などを実施します。参加者は自分の都合に合わせて、どこからでも参加できるので、居住地に関係なく集客できる便利なコンテンツです。

申し込みから配信まで自動化が可能なので、運用しやすく、コストも比較的低く抑えられます。

申し込み時に参加者の氏名やメールアドレスを収集することで、新たな見込み顧客を獲得できるのが大きなメリットです。

ほかにも、ウェビナーには以下のようなメリットがあります。

  • 既存の顧客リストを活用し、見込み顧客の購入ステップを進められる
  • 参加者と直接コミュニケーションをとって、信頼関係を構築できる
  • 録画したアーカイブを、動画コンテンツとして有効活用できる

さまざまなメリットがあるので、コンテンツマーケティングに取り入れて、成果を出しましょう。

SNSは、検索ニーズがなくても集客に活用できることも強みです。

従来のSEO対策は、具体的に悩みや課題を抱えている見込み顧客には有効ですが、必要性を感じて検索しない潜在顧客にはアプローチできません。また、日用品のように他社と差別化しにくく、競合が多い商材はSEO対策にかかるコストが大きくなります。

対して、SNSならば興味を持ったユーザーに拡散してもらうことで、検索ニーズが無い顧客にもコンテンツを届けられます。検索順位が上がりにくい場合でも集客につなげられるでしょう。

そもそもコンテンツマーケティングとはどんなマーケティング手法かについては、こちらの記事で紹介しています。

関連記事

コンテンツマーケティングとは?メリットから成功事例までプロが解説

コンテンツマーケティングとは?メリットから成功事例までプロが解説

Read More

フェーズに合わせたコンテンツマーケティングの種類の選び方

コンテンツマーケティングはどれを選んでもよいわけではなく、ユーザーのフェーズによって最適な種類を選択する必要があります

コンテンツマーケティングの種類を選択する際に考慮したいのは、以下の4つのフェーズです。

  • 認知・興味
  • 情報収集
  • 比較検討
  • 購入

それぞれのフェーズに適したコンテンツを選択しましょう。

認知・興味フェーズ

認知・興味フェーズは、顧客がまだ商品やサービスについて詳しく知らない時期で、興味を持ち始めている段階です。この段階に有効なコンテンツマーケティングの種類は主に以下の3つです。

  • 記事コンテンツ
  • SNS
  • 動画コンテンツ

認知・興味フェーズでは、顧客が自社や商品を認知し、興味を持ってもらうことが主な目的となります。とくにSNSは、情報を拡散し、話題を提供するために効果的なコンテンツです。

情報収集フェーズ

情報収集フェーズは、ユーザーが課題の解決に向けて具体的に動き出し、商品やサービスについて調べ始める段階です。この段階で有効なコンテンツマーケティングの種類は、主に以下の4つです。

  • 記事コンテンツ
  • 動画コンテンツ
  • ウェビナー
  • ホワイトペーパー
  • メルマガ

情報収集の段階では、ユーザーがより具体的な情報を求めており、認知・興味段階より詳しい情報を提供することが必要となります。

商品の特徴を伝えるだけでなく、役立つ情報を提供するなど、専門家として信頼できる存在だとアピールしていくことも重要です。

比較検討フェーズ

比較検討フェーズは、顧客が他社の商品との比較を含めた詳細な検討をする段階で、より踏み込んだ具体的な情報が必要となります。比較検討フェーズで効果的なコンテンツマーケティングの種類は、主に以下の3つです。

  • 記事コンテンツ(とくに事例コンテンツ)
  • ホワイトペーパー
  • メルマガ

比較検討フェーズでは、顧客は「この商品やサービスを購入しても大丈夫かどうか」と考えます。不安要素を取り除き、購入を後押しするような情報が不可欠です。

成功事例や既存のお客様の声など、比較検討時にチェックされやすい情報を提供しましょう。

購入フェーズ

購入フェーズは、顧客が自社の商品やサービスに納得し、最終的に購入や申し込みをする段階です。このフェーズで効果的なコンテンツマーケティングの種類は、おもに次の2つです。

  • LP
  • 記事コンテンツ(とくに事例コンテンツ)

最終的な決断を後押しする重要な時期なので、営業担当者などが直接コミュニケーションをとることもあるでしょう。

コンテンツとしては、顧客が「自分の決定は正しい」と確信できるような情報を、追加で提供します。

商品やサービスについて、より詳しく理解できる記事やホワイトペーパーなどが効果的です。

【StockSun流】自社ビジネスにあった種類のコンテンツマーケティグで成功した事例

ここからは、コンテンツマーケティングと相性がよいビジネスについて、私が実際にコンテンツマーケティングで成果をあげた事例も紹介しつつ、解説します。

コンテンツマーケティングと相性のよいビジネス

コンテンツマーケティングと相性がよいのは、課題が多く、事前に情報収集が必要なビジネスです。

たとえば、BtoCの業種では「エステ」や「美容整形」といったビジネスは、コンテンツマーケティングと相性がよいといえます。

「どんな施術があるか」「安全か」など、利用前のユーザーの悩みや不安が多く存在するからです。費用も高額になり、一定のリスクも存在するため、自分にあったサービスを探すために多くの時間をリサーチに費やすでしょう。

そのため、各段階の悩みを解決できるコンテンツを提供すればユーザーと接点を持ちやすく、コンテンツマーケティングが効果を発揮しやすいといえます。

一方で、同じ美容系でも「美容院」は、比較的悩みが小さいことが多いです。アクセスしやすいエリアと料金だけ見て店舗を決める人も多いのではないでしょうか。

ユーザーの課題や悩みが深くない場合は、コンテンツマーケティングの強みが発揮しづらいといえます。

【成功事例】人材紹介のオウンドメディアで月間20万PV・100件弱の問い合わせ!

とはいえ、コンテンツマーケティングで成果が本当に出るのか不安な方も多いのではないでしょうか。

そこで、山崎が担当した月間20万PV・100件弱の問い合わせを獲得した成功事例をご紹介します。記事コンテンツを使用した、エンジニア人材紹介事業のオウンドメディアです。

この案件では、「案件を探している」「副業・独立したい」といったエンジニアの課題にSEO集客をベースとした記事コンテンツでアプローチしました。

ユーザーの悩みに沿ったコンテンツを作成するために、以下のポイントに力を入れて運用しています。

  • 営業担当者への事前ヒアリングに基づいた悩みの深そうなキーワードの選定
  • エンジニアが読んでも読み応えのある記事クオリティの担保
  • コンテンツと悩みの種類を踏まえたコンバージョン導線設計

案件探しや独立を目指すという悩みの深いユーザーだからこそ、SEO記事で有益な情報を提供することでユーザーとの多くの接点がもてた事例です。

山崎翔太朗

山崎翔太朗

適切なコンテンツマーケティングの手法の種類は、ユーザーの悩みや事業状況によって異なります。100社以上のご支援経験から、貴社にぴったりな種類のコンテンツマーケティング戦略をご提案可能です。無料でシミュレーションやサイト状況調査が可能なので、ぜひ一度ご相談ください。

特典:StockSun式コンテンツマーケ戦略をご提案

コンテンツマーケ戦略を山崎に相談する

コンテンツマーケティングの種類選びで失敗しないコツ

コンテンツマーケティングの種類選びで失敗しないコツは、以下の2つです。

  • マーケティング戦略の一環として考える
  • コンテンツマーケティングの知見が豊富な会社に相談する

コンテンツマーケティングの成功に向けて、参考にしてみてください。

マーケティング戦略の一環として考える

コンテンツマーケティングは、あくまでもマーケティング戦略の一環です。コンテンツマーケティングの種類を決める前に、マーケティングの目的や状況分析、ペルソナ設定などをする必要があります

目的やペルソナが明確だと、どのようなコンテンツの種類が自社に最適なのか自ずと判断できます。

中には、コンテンツマーケティングに向かないビジネスモデルもあるので、無理に実施しても成果を得られないことがあるでしょう。

マーケティング戦略が決まった後に、以下のような長いステップでコンテンツマーケティング戦略を検討していきます。

  1. 現状把握・分析
  2. 目的と目標の設定
  3. ペルソナ設定
  4. カスタマージャーニーマップの作成
  5. コンテンツマップの作成
  6. コンテンツ媒体・方針の決定
  7. 制作体制の整備

コンテンツマーケティングの戦略の立て方については、以下の記事もご覧ください。

関連記事

コンテンツマーケティング戦略の立て方を7STEPで解説【手順がわかるプロ解説動画あり】

コンテンツマーケティング戦略の立て方を7STEPで解説【手順がわかるプロ解説動画あり】

Read More

コンテンツマーケティングの知見が豊富な会社に相談する

コンテンツマーケティングは専門的な知識が求められます。どの種類の手法が自社に最適かを正確に判断するため、専門的な会社への相談がおすすめです。

コンテンツマーケティングの種類だけでなく、全体的な戦略の構築についても、経験とノウハウを持った企業の協力が役立ちます。

StockSunでは、豊富な経験から貴社にあったコンテンツマーケティングの種類の設定が可能です。

「最適なコンテンツの種類を知りたい」「コンテンツマーケティングの運用がうまくいかない」とお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

山崎翔太朗

山崎翔太朗

100社以上のコンテンツマーケティングに携わった経験を踏まえ、最適な戦略の提案から実行までをサポートいたします。

複数の種類のコンテンツを検討のうえ、貴社のビジネスモデルにぴったりな戦略をご提案可能するので、ぜひ一度ご相談ください。

特典:StockSun式コンテンツマーケ戦略をご提案

コンテンツマーケ戦略を山崎に相談する

関連記事

コンテンツマーケティングの外注を成功に導くコツ|メリット・デメリットと会社選定時のポイントを解説

コンテンツマーケティングの外注を成功に導くコツ|メリット・デメリットと会社選定時のポイントを解説

Read More

関連記事

【2024年最新】コンテンツマーケティング代行会社おすすめ8選を比較!選び方と費用相場をプロのマーケターが徹底解説!

【2024年最新】コンテンツマーケティング代行会社おすすめ8選を比較!選び方と費用相場をプロのマーケターが徹底解説!

Read More

関連記事

コンテンツマーケティング代行会社おすすめ8選を比較!選び方も解説【2024年最新】

コンテンツマーケティング代行会社おすすめ8選を比較!選び方も解説【2024年最新】

Read More

フェーズ・商材に合わせた種類のコンテンツマーケティングで成果を出そう

コンテンツマーケティングで成果を出すには、自社の商品や顧客のフェーズに適したコンテンツの種類を選ぶ必要があります

選択を誤ると期待した成果が得られないこともあるので、それぞれのコンテンツの特徴や強みを把握し、適切に選択することが重要です。

また、コンテンツの種類選びは、あくまでもマーケティング戦略の一環として考える必要があります。顧客の悩みや自社の強みなど、マーケティング戦略を定めた上でコンテンツ戦略や媒体選びに着手しましょう。

どの種類のコンテンツマーケティングを実施すればよいかわからないのであれば、専門的なノウハウを豊富にもつ会社への相談を検討しましょう。

山崎翔太朗

山崎翔太朗

100社以上のコンテンツマーケティングに携わった経験を踏まえ、貴社に最適なコンテンツの選択と戦略立案を支援いたします。

無料でシミュレーションの作成も可能なので、コンテンツマーケティングの種類でお悩みの方は、ぜひ山崎指名でお問い合わせください。

特典:StockSun式コンテンツマーケ戦略をご提案

コンテンツマーケ戦略を山崎に相談する

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。