メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

コンテンツマーケティングとは?メリットから成功事例までプロが解説

StockSunで、SEOを軸としたコンテンツマーケティング戦略と運用のご支援をしている山崎です。

「コンテンツマーケティングとはどんなマーケティング手法?」
「コンテンツマーケティングを実践する手順を知りたい」

このようにお悩みの方も多いのではないでしょうか。

コンテンツマーケティングとは、コンテンツを提供することで悩みを抱えているユーザーと接点をもつマーケティング手法のことです。

この記事では、コンテンツマーケティング案件に100件以上取り組んできた私が、コンテンツマーケティングの概要やメリット、実践手順について解説します。

実際にコンテンツマーケティングで成果が出た事例や、成果につながるコツも解説するので、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

山崎翔太朗

山崎翔太朗

100社以上のコンテンツマーケティングに携わった経験を踏まえ、貴社のビジネスモデルと事業目標を踏まえて支援させていただきます。

無料でシミュレーションの作成も可能なので、コンテンツマーケティングにお困りの方は、ぜひ山崎指名でお問い合わせください。

特典:StockSun式コンテンツマーケ戦略をご提案

コンテンツマーケ戦略を山崎に相談する

コンテンツマーケティングとは?意味をわかりやすく解説

コンテンツマーケティングとは、情報を提供して商品やサービスの売上を向上させるマーケティング戦略の一つです。

記事や動画など多様なコンテンツを用いて、商品の魅力や付加価値を伝えるために利用されます。

消費者のニーズや関心に合った情報を提供すれば消費者との信頼関係が築けるため、長期的な顧客関係を築く手段として効果的です。

コンテンツマーケティングが重要な2つの理由

 

コンテンツマーケティングの重要性が高まっている理由は、以下の2つです。

  • 広告費が高騰しているから
  • ユーザーの消費行動に変化が起こったから

以下、それぞれ具体的に解説します。

広告費が高騰しているから

コンテンツマーケティングが注目される背景には、広告費の高騰が考えられます。

広告費が高騰したことで、以前のようにバナー広告などで商品の宣伝をしても、思うような費用対効果が得られなくなりました。

そのうえ、近年の消費者はあからさまな広告に対して反応しない傾向があり、費用対効果を高めることも難しいのが現状です。

そこで、比較的低コストで開始でき、かつ消費者との信頼関係を強化できるコンテンツマーケティングが注目されています。

ユーザーの消費行動に変化が起こったから

コンテンツマーケティングが注目される理由には、ユーザーの消費行動の変化も関連しています。

昨今、企業が一方的に情報提供するタイプのアプローチに対して、ユーザーは簡単に興味を示さなくなりました。

興味のないメール・広告は無視やブロックをするなど、自分に価値のある情報だけを積極的に取り入れる傾向があります。

さらに、商品やサービスを購入する前に情報収集を行い、店頭で購入するものがすでに決定している状態(ZMOT)が一般的です。

ZMOT」とは、「顧客は店舗に足を運ぶ前に購入する商品を決めている」というマーケティング理論のことです。以前は「顧客は陳列棚の前に立った数秒で購入する商品を決める」という「FMOT」が提唱されていましたが、インターネットの登場によりZMOTという新しい考え方が中心となりつつあります。

ユーザーに興味のある情報だけをまとめて配信できるコンテンツマーケティングは、新しい消費行動に対応できる強力なツールとして期待されています。

コンテンツマーケティングの4つのメリット

 

コンテンツマーケティングのメリットは、おもに以下の4つです。

  • コンテンツが企業の資産になる
  • 見込み顧客との接点を増やせる
  • 顧客の育成・教育ができる
  • 顧客のロイヤリティを高められる

それぞれ、具体的に解説します。

コンテンツが企業の資産になる

コンテンツマーケティングの大きなメリットは、コンテンツが企業の貴重な資産となる点です。

一度作成したコンテンツは長期間にわたって価値を提供し、集客効果を維持します。

さらに、一つコンテンツを作れば、InstagramやYouTube、TikTokなどさまざまな媒体で再利用が可能です。

広告に比べると成果が出るまで時間がかかりますが、一度成果が出始めれば、高い費用対効果が期待できます。

なお、コンテンツマーケティングをSNSで活かす方法や得られる効果が知りたい方は、以下の記事もチェックしてみてください。

関連記事

コンテンツマーケティングでSNSを活かすには?成果につながるコツを解説

コンテンツマーケティングでSNSを活かすには?成果につながるコツを解説

Read More

見込み顧客との接点を増やせる

コンテンツマーケティングは、見込み顧客との接点を増やせる点も重要なメリットです。

見込み顧客とは、自社の商品やサービスについて関心を持っており、いずれ購入する可能性がある消費者を指します。あくまで情報収集中の消費者なので、顧客になってもらうためには、コンテンツを通じて継続的に情報を提供していく必要があります。

たとえば、Xを使って業界の知識などを発信すれば、その分野にニーズを抱えたフォロワー(見込み顧客)の獲得が可能です。

ユーザーがコンテンツを通して企業に興味を持ってくれれば、見込み顧客と信頼関係が築けるでしょう。

顧客の育成・教育ができる

コンテンツマーケティングは、顧客の育成・教育ができる点もメリットです。

メルマガ・SNS・ウェビナーなどのコンテンツによって見込み顧客との接点をもつことで、見込み顧客を成約に結びつけられます。

コンテンツによって自社の商材やサービスについて詳しく知ってもらえるため、選んでもらいやすくなります。

このプロセスは「リードナーチャリング」といい、マーケティングにおいて欠かせない手法のひとつです。

見込み顧客のニーズに合った情報を提供できれば、長期的な成功につなげられます。

顧客のロイヤリティを高められる

コンテンツマーケティングで、顧客のロイヤリティを高めることも可能です。

継続的に有益な情報を提供することで、企業に対して信頼感と興味を抱いてもらいやすくなります。

「役に立つ情報を提供してくれる優れた企業」という印象を与えられ、商品やサービスの購入時の抵抗を減らせるでしょう。

たとえばStockSunでは、YouTubeの動画投稿を通じて企業のファンの獲得に成功しており、長期的な成果と持続的なビジネス成長に役立てています。

コンテンツマーケティングのメリットについてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

関連記事

コンテンツマーケティングのメリット8選|デメリットや成功事例も紹介

コンテンツマーケティングのメリット8選|デメリットや成功事例も紹介

Read More

コンテンツマーケティングで使われるコンテンツの種類

コンテンツマーケティングの代表的な種類は、下表の6つです。

記事コンテンツ

記事コンテンツとは、ユーザーの疑問を解決するための情報を、記事として提供するためのコンテンツです。

良質な記事が多いほど成果につながりやすく、一度作成すれば長期的に集客できます。

SNS

SNS(ソーシャルメディア)は、情報が瞬時に広がるため、認知度の拡大に効果的なコンテンツです。

一度ユーザーがフォローすれば、コストをかけずに継続的な接点を維持できるため、顧客との関係構築にも適しています。

動画コンテンツ

動画コンテンツとは、YouTubeやTikTokなどの動画投稿プラットフォームを活用し、情報を発信するコンテンツです。

視覚と聴覚をフルに活用して情報を伝えるため記憶に残りやすく、感情的なつながりを築くのに適しています。

ホワイトペーパー

ホワイトペーパーは、調査報告・商材の紹介・導入事例・ノウハウ・インフォグラフィックなどをまとめた資料のことです。

とくにB2B(ビジネス対ビジネス)マーケティングにおいて有用で、専門的な知識や製品情報を共有して信頼関係を構築するのに適しています。

メールマガジン

メールマガジンは、Eメールを通じて定期的に情報を顧客に発信するコンテンツです。

顧客との接触回数を増やせるため、企業やブランドを想起してもらう可能性を高められます。

ウェビナー

ウェビナーとは、Web上で行われるセミナーのことです。

時間や場所を選ばずに参加できるため、通常のセミナーよりも簡単に集客できます。

コンテンツマーケティングの種類については、以下の記事で具体的に解説しています。

それぞれの特徴や魅力について詳しく知りたい人は、ぜひ参考にしてください。

関連記事

コンテンツマーケティングの種類は?それぞれの特徴と自社に最適な選び方を解説

コンテンツマーケティングの種類は?それぞれの特徴と自社に最適な選び方を解説

Read More

コンテンツマーケティングの運用手順

コンテンツマーケティングの運用手順は、以下の3ステップです。

  • 戦略の立案
  • コンテンツの制作
  • 効果測定と改善

実際の運用手順を把握して、自社のコンテンツマーケティングに活かしましょう。

戦略の立案

コンテンツマーケティングの運用には、効果的に行うために戦略の立案が不可欠です。

戦略がなければ具体的な実施計画が立てられず、リソースも無駄になる可能性が高いからです。

戦略の立案方法は、以下の7ステップです。

  • 現状把握・分析
  • 目的と目標の設定
  • ペルソナ設定
  • カスタマージャーニーマップの作成
  • コンテンツマップの作成
  • コンテンツ媒体・方針の決定
  • 制作体制の整備

戦略の立案では、「現状分析」から「目的設定」、「ペルソナ設定」など、数多くの手順をふまなければなりません。

しかし、戦略立案はコンテンツマーケティングで成功するために重要な段階です。もし自社にノウハウがない場合は、専門家の協力を検討してみてください

山崎翔太朗

山崎翔太朗

100社以上のコンテンツマーケティングに携わった経験を踏まえ、貴社のビジネスモデルと事業目標を踏まえてコンテンツマーケティングを支援させていただきます。

無料でシミュレーションの作成も可能なので、コンテンツマーケティングにお困りの方は、ぜひ山崎指名でお問い合わせください。

特典:StockSun式コンテンツマーケ戦略をご提案

コンテンツマーケ戦略を山崎に相談する

なお、以下の記事では具体的な戦略の立案方法やマーケティングの導入手順を解説しています。

どうやって戦略を立案していけばよいか、どのようにマーケティングを始めればよいかわからない人は、ぜひ参考にしてください。

関連記事

コンテンツマーケティング戦略の立て方を7STEPで解説【手順がわかるプロ解説動画あり】

コンテンツマーケティング戦略の立て方を7STEPで解説【手順がわかるプロ解説動画あり】

Read More


関連記事

コンテンツマーケティングの導入手順10ステップ|注意点やBtoBでの成功事例も紹介

コンテンツマーケティングの導入手順10ステップ|注意点やBtoBでの成功事例も紹介

Read More

コンテンツの制作

戦略の立案ができたら、次にコンテンツの制作を行います。

コンテンツを作る際は、戦略で設定した目標やペルソナに合致する内容を提供できるように心がけましょう。

戦略と制作の連携を図り、効果的なコンテンツを生み出すことが成功の鍵となるでしょう。

また、コンテンツごとに異なるノウハウやスキルが必要なため、クリエイターや制作会社への代行依頼を検討することもおすすめします。

以下の記事では、コンテンツマーケティングの運用手順を解説しています。ぜひ参考にしてください。

関連記事

コンテンツマーケティングの運用手順8ステップ!注意点や成功させるポイントも紹介

コンテンツマーケティングの運用手順8ステップ!注意点や成功させるポイントも紹介

Read More

効果測定と改善

コンテンツマーケティングの運用手順の一環として、効果測定と改善も欠かせません。

どの程度の成果が出ているのかを定期的にチェックし、改善を行うことが成果を高める鍵だからです。

綿密な計画を立ててシミュレーションを実施しても、その通りに施策の成果が現れることは稀です。予測と成果のギャップを精査し、運用のボトルネックを把握しなければなりません。

自社のKPI(Key Performance Indicator)にもとづいてPDCAサイクルを回し、各コンテンツの改善を重ねる必要があります。

コンテンツマーケティングにおけるKPIや設定方法に関しては、以下の記事も参考にしてください。

関連記事

コンテンツマーケティングのKPIとは?設定手順・具体例・運用のコツを解説

コンテンツマーケティングのKPIとは?設定手順・具体例・運用のコツを解説

Read More

【StockSun流】コンテンツマーケティングの成功事例

ここからは、山崎が担当したコンテンツマーケティング案件の成功事例を2つ紹介します。

  • エンジニア人材紹介事業のオウンドメディアSEOで月間20万PV
  • リンク獲得で歯科クリニックSEO強化

どんな施策を実施したのかについても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

エンジニア人材紹介事業のオウンドメディアSEOで月間20万PV

エンジニア人材紹介事業のオウンドメディアにて、SEOを用いて月間20万PVを達成した事例を紹介します。

この事例の成功要因は、主に以下の3つです。

  • コンバージョンにつながりやすいキーワードでコンテンツを作る
  • 高クオリティな記事を作る
  • コンバージョンの導線を設計する

月間検索数が少なくても、コンバージョンにつながりやすいキーワードを見つけることで、コスパよく顧客を集めることに成功しています。

また、エンジニアの知識とライティング技術を兼ね備えた人材を集め、高クオリティの記事を作成した点もPV数の獲得につながりました。

リンク獲得で歯科クリニックSEO強化

次に、矯正歯科クリニックのSEO強化事例を紹介します。

この事例の成功要因は、以下の2点です。

  • 基本的なSEO施策の実施
  • 被リンク獲得に力を入れる

まずはサイト内のコンテンツをしっかり振り返り、内部修正を行うなど基本的なSEO対策を実施しました。

健康系の領域で重要な最低限のSEO対策を実施することで、競合に引けをとらないサイトを構築しました。

次に、ポータルサイトへの掲載やメディアサイトへの寄稿、各種協会への加入を行い、被リンク獲得に力を入れました。

その結果、実施を開始してから2〜3ヶ月後くらいからPV数が伸び始め、最終的にはSEO経由での流入が2〜3倍になりました。

コンテンツマーケティングで成果を出すコツ

 

コンテンツマーケティングで成果を出すコツは、以下の3つです。

  • 自社のユーザーにあった形でコンテンツを提供する
  • CV設計を行う
  • コンテンツマーケティングの知見が豊富な会社に相談する

間違った方向に力を入れて失敗しないためにも、コンテンツマーケティングを実施するなら必ず確認しておきましょう。

自社のユーザーにあった形でコンテンツを提供する

コンテンツマーケティングで成果を出すためには、自社のユーザーに合わせたアプローチを行うことが重要です。

事業の業態によって顧客が抱える悩みの深さや多さが異なるため、悩みに合わせて適切なコンテンツの種類・内容を選択しましょう。

たとえばBtoB(ビジネス・トゥ・ビジネス)は、高額な取引と複雑な決済フローが多く顧客の悩みが深く複雑なのが特徴です。

コンテンツマーケティングを効果的に活用することが非常に重要であるといえるでしょう。

BtoBコンテンツマーケティングの進め方については、以下の記事もご覧ください。

関連記事

BtoBコンテンツマーケティングの進め方|成功のポイントや成功事例も紹介

BtoBコンテンツマーケティングの進め方|成功のポイントや成功事例も紹介

Read More

CV設計を行う

コンテンツマーケティングで成功するためには、CV(コンバージョン)設計も重要です。

コンテンツを通じてどのようにしてCV獲得につなげるかを考えながら制作する必要があります。

ユーザーが興味を持ったトピックから、自社が提供する商品やサービスへスムーズに導けるように意識しましょう。

また、ユーザーの関心の度合いに合わせたCV設計も大切です。関心が高いユーザーは購入につなげ、関心が低いユーザーはさらに興味を誘いましょう。

コンテンツマーケティングの知見が豊富な代行企業に相談する

コンテンツマーケティングで成功を収めたいなら、コンテンツマーケティングに豊富な知見をもつ代行企業に相談することも重要です。

コンテンツマーケティングには、戦略の立案からコンテンツ制作、効果測定まで幅広いスキルが求められるからです。

コンテンツマーケティングの知識と実績が豊富な企業に協力してもらうことで、成功への近道となるでしょう。

代行企業を選ぶ際は、自社のジャンルに詳しい企業を選びましょう。

成功事例にもとづき、コンテンツの制作や配信方法、効果測定のアプローチなどに関して的確に指導してくれます。

山崎翔太朗

山崎翔太朗

100社以上のコンテンツマーケティングに携わった経験を踏まえ、貴社のビジネスモデルと事業目標を踏まえてマーケティングの支援をさせていただきます。

無料でシミュレーションの作成も可能なので、コンテンツマーケティングにお困りの方は、ぜひ山崎指名でお問い合わせください。

特典:StockSun式コンテンツマーケ戦略をご提案

コンテンツマーケ戦略を山崎に相談する

コンテンツマーケティングを外注する際のコツや代行企業の選び方については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

コンテンツマーケティングの外注を成功に導くコツ|メリット・デメリットと会社選定時のポイントを解説

コンテンツマーケティングの外注を成功に導くコツ|メリット・デメリットと会社選定時のポイントを解説

Read More


関連記事

【2024年最新】コンテンツマーケティング代行会社おすすめ8選を比較!選び方と費用相場をプロのマーケターが徹底解説!

【2024年最新】コンテンツマーケティング代行会社おすすめ8選を比較!選び方と費用相場をプロのマーケターが徹底解説!

Read More


関連記事

コンテンツマーケティング代行会社おすすめ8選を比較!選び方も解説【2024年最新】

コンテンツマーケティング代行会社おすすめ8選を比較!選び方も解説【2024年最新】

Read More

コンテンツマーケティングとはどんな施策か理解したうえで実施しよう

現代において、コンテンツマーケティングは主要なマーケティング手法の一つとして注目されています。

ただ、ユーザーの消費行動の変化に伴い、価値のある情報を提供することが重要視されているのも現状です。

そのため、コンテンツマーケティングで成功を収めるためには、戦略の立案が欠かせません。

目的設定やペルソナの設計など、慎重に戦略プランニングを行ってPDCAサイクルを回すことが成功の鍵となるでしょう。

また、コンテンツマーケティングの専門知識が必要な場合は、専門の企業に協力を依頼することも大切です。

自社にコンテンツマーケティングに関する知識やノウハウがない場合は、ぜひ相談してみてください。

山崎翔太朗

山崎翔太朗

100社以上のコンテンツマーケティングに携わった経験を踏まえ、貴社のビジネスモデルと事業目標を踏まえてマーケティングの支援をさせていただきます。

無料でシミュレーションの作成も可能なので、コンテンツマーケティングにお困りの方は、ぜひ山崎指名でお問い合わせください。

特典:StockSun式コンテンツマーケ戦略をご提案

コンテンツマーケ戦略を山崎に相談する


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。