メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

インスタグラム企業アカウントの成功事例14選!戦略立ての5ステップを具体的に解説!成功のコツ、失敗する事例もわかる【最速でフォロワー1万人獲得!】

「インスタグラム(Instagram)を集客に活用したいものの、何から始めればいいのかわからない」
「インスタグラム(Instagram)のアカウント運用を通じて集客に成功した事例を知りたい」

この記事では、インスタグラム(Instagram)の運用により集客に成功したStockSunの成功事例を14選ご紹介します。

成功に至った理由を分析し深掘りして解説しているため、インスタグラム(Instagram)を運用して集客を成功させるコツをつかんでいただくことが可能です。

そのほか、企業がインスタグラム(Instagram)の運用を始める際に、やるべき戦略の5ステップも解説しています。

やってはいけない注意点も紹介しているので、最後まで読めば貴社の売上アップにつながるアカウントを構築・運用することができます

StockSunでは、貴社の商材や課題に合わせ、InstagramなどWebマーケティングを使った施策のご提案から実行まで全てお引き受けしております。
ご提案内容にご納得いただいてから支援を実施しておりますので、ぜひ貴社の課題をご相談ください。

\特典:最速でフォロワー1万人!?貴社とマッチするInstagramの戦略をご提案/

Instagramの運用について無料相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

目次

インスタグラムの企業アカウント成功事例6選【リーチ拡大・フォロワー獲得の施策】

まずは、リーチの拡大やフォロワーの獲得に有効な施策を6つご紹介します。

【コラボ投稿の施策】コラボ投稿を活用し2ヶ月で1万フォロワー増加の成功事例

料理系アカウントを立ち上げて2ヶ月で1万フォロワーの獲得に達成した事例を紹介します。

この事例の成功要因は【コラボ(共同)投稿】を活用したことにあります。

コラボ投稿とは、一つの投稿をユーザー2名(2アカウント)による共同投稿としてインスタグラム(Instagram)にシェアできる機能です。

今回は、0から立ち上げたアカウントを伸ばすために、すでに数十万のフォロワーがいるアカウントと一緒にコラボ投稿を行いました。

これにより立ち上げ初期からコンテンツを発見タブに露出させることができ、短期間で1万フォロワーの増加に至りました。

【チャットボットの施策】DMにて特典を自動配布しフォロワー210%増加の成功事例

AutoReplayというチャットボットを導入したことで、フォロワー数210%増加に成功している事例です。

【チャットボットの施策】DMにて特典を自動配布しフォロワー210%増加の成功事例

本事例では、同じジャンルに競合アカウントが多く、なかなかフォロワーを獲得できないことに課題を抱えていました。

そこで、次の2つの施策を実施しました。

  • ダイエットリストをDMから配布
  • AutoReplayというチャットボットを導入し自動配布できる仕組みを構築

DMからユーザーが「ダイエット」というメッセージを送付すると、自動でダイエットリストが配布できるような仕組みを構築しています。

上記の施策を実施したことで、フォロワー数210%増加につながりました。

【チャットボットの施策】DMで自動診断を実施してフォロワーを定着させた成功事例

本事例も、AutoReplayというチャットボットを導入したことで、フォロワーを定着させている成功事例です。

また具体的な数値では、以下の結果が出ています。

ユーザーのホーム画面到達率 130%UP
ストーリーズ閲覧率 190%UP

【チャットボットの施策】DMで自動診断を実施してフォロワーを定着させた成功事例

この事例では、フォロワーの定着率が悪いということがクライアントの課題でした。

分析したところ、ホームへの到達率やストーリーズの閲覧率も悪い状況でした。

そこで次の施策を実施しています。

  • チャットボットを導入し、DMからダイエット診断を実施できるようにした
  • 診断結果を踏まえて、ユーザーに最適なダイエット方法の投稿をおすすめした

上記を実施した結果、ホームへの到達率、ストーリーズ閲覧率、フォロワー獲得率のUPに成功いたしました。

【ハッシュタグの施策】プレゼント系アカウントの運用により4ヶ月で1万フォロワー獲得の成功事例

【ハッシュタグの施策】プレゼント系アカウントの運用により4ヶ月で1万フォロワー獲得の成功事例

さまざまな企業のプレゼントキャンペーンの情報をまとめている、いわゆるキュレーションサイトのようなインスタグラム(Instagram)アカウントの運用によって、4ヶ月で1万フォロワーを獲得した成功事例を紹介します。

企業でもプレゼントキャンペーンをおこないフォロワー増加を検討することがあるでしょう。

その際、本事例が成功につながった要因を生かしていただけます。

実際の成功につながったポイントは次の通りです。

  • ハッシュタグの検証をおこない、発見欄や人気TOPに乗りやすいハッシュタグはどれなのか分析した
  • 第三者にアカウントを知ってもらうために、「メンションして投稿してくれたら当選確率UP!」という施策を講じた

特にハッシュタグの施策では以下の検証結果がでています。

「プレゼント」「懸賞」に関連したハッシュタグ エンゲージメント率が悪い
実際にプレゼントの対象となる「モノ」のハッシュタグも追加 エンゲージメント率の向上
→発見タブや人気TOPに掲載

インスタグラム 成功事例

プレゼントキャンペーンを実施してフォロワーを獲得する際は、集客したいターゲットが検索するであろうキーワードを洗い出すことが大切です。

これらの施策を講じたところ、4ヶ月で1万フォロワーを達成しているほか、月間50万インプレッション(投稿がユーザーの画面に表示された回数)を記録しています。

それに加えて、現在は企業がプレゼントキャンペーンを実施した際のブースト(広告を短期間で集中して出稿する手法)として活用されています。

【ハッシュタグの施策】グルメ系アカウントの運用により半年でフォロワー7,000人UP!売上300万達成の成功事例

関東圏の飲食店の情報を発信するグルメ系のインスタグラム(Instagram)アカウントの運用によって、半年間でフォロワー数を7,000人増やした事例です。
さらに運用したアカウントを営業時のベネフィットとして活用し、300万円の売上を達成しています。

前提として、グルメコンテンツは特別意識せずに料理の写真を投稿していくだけでも伸びやすい傾向があります。しかし成功要因としては以下の2つがあると考えています。

  • もともと個人で3年間ほどグルメを紹介するアカウントとして運用していた
  • 「料理名・食材×エリア」をハッシュタグとして付け、人気欄に掲載され始めた

関東圏の中でも、例えば東京であれば「渋谷」や「池袋」「新宿」などエリアをハッシュタグに盛り込むことで、ユーザーにとっての需要性を高めたことが成功の大きな要因だと考えています。

こうした施策を講じたところ、半年間でフォロワー数を7,000人増やすことに成功しました。

インスタグラム 事例2

この事例では、アカウントの活用方法として、飲食店に対して無料掲載することと引き換えに、店舗向けの無料商材を導入する形で営業をおこないました。
その結果、導入獲得1件あたり1〜1.5万円の商材を、1ヶ月間で200〜300万円程度の売上をあげられる営業方法を確立することに成功しています。

【コンプレックスに訴求した施策】恋愛系アカウントの運用により1年でフォロワー1万人、毎月DM200件獲得の成功事例

男性向け・女性向けに分けて恋愛相談系のインスタグラム(Instagram)アカウントの運用によって、1年間でフォロワー数を1万人および一ヶ月あたりDM200件を獲得した事例です。

前提として、恋愛系アカウントはフォローにつながりにくい傾向があるものの、成功要因としては以下の2つがあると考えています。

  • 「〇〇選!」という構成で恋愛系内容のリール動画を投稿したところ、再生回数が数万〜数十万(最高80万再生)と伸び、フォロワー数の増加につながった
  • 恋愛系の中でもポジティブな内容(例:告白のタイミング)とネガティブな内容(例:浮気、脈なしのサイン)に分けて、どのような内容の投稿が伸びるか検証した

上記の結果、反応がよかったネガティブ系をメインにしつつ、そのほかに下ネタ系の内容も盛り込んで運用したところ、1年間で1万フォロワーの増加に成功しました。

インスタグラム 事例

そのほか、女性ユーザーを中心に毎月200件ほどのDM(恋愛中心や交流目的の内容)が寄せられている状況です。

現在このアカウントでは、恋愛系商材の集客にて活用することが検討されています。

「アカウントを開設したものの、リーチを拡大できない…」

どの場合は、StockSunへご相談ください。アカウントの現状を確認させていただき、テコ入れが必要な部分や、貴社に適した戦略をご提案いたします。

\特典:最速でフォロワー1万人!?貴社とマッチするInstagramの戦略をご提案/

Instagramの運用について無料相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

企業がInstagramを運用する際に必要なノウハウ・知見は、次の記事で全て公開しています。

Instagramに特化したコンサルタントの富田が、他のサイトの記事にはないInstagramマーケティングを完全攻略できる貴重な内容をまとめているため、あわせてご確認ください。

関連記事

Instagram運用のノウハウを全公開【Instagramマーケティングを完全攻略!StockSunのマーケターが網羅的に解説】

Instagram運用のノウハウを全公開【Instagramマーケティングを完全攻略!StockSunのマーケターが網羅的に解説】

Read More

インスタグラムの企業アカウント成功事例8選【売上UPの施策】

インスタグラムの企業アカウント成功事例8選【売上UPの施策】

続いて、Instagramを活用して売り上げアップにつながった事例を8選ご紹介します。

化粧品事業においてInstagramからLINEへ誘導し10日で50万円以上の売上獲得事例

化粧品・日用品販売の事業会社様を支援させていただいた事例です。支援開始後わずか10日で50万円以上の売上を達成しています。

化粧品事業においてInstagramからLINEへ誘導し10日で50万円以上の売上獲得事例

成功に至った要因は、インスタグラム(Instagram)から流入したユーザーをLINEへ誘導し、LINEから商品販売を行ったことです。

LINEを経由した販売は、転換率が非常に高いことも売上をあげている要因のひとつです。

本事例の詳細の施策については、富田にお問い合わせください。本事例のノウハウや、貴社で生かす際のテクニックをアドバイスいたします。

\特典:最速でフォロワー1万人!?貴社とマッチするInstagramの戦略をご提案/

Instagramの運用について無料相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

Instagramの施策で楽天検索エリアに商品名を出現させ、売上拡大の成功事例

楽天で商品のジャンル名を検索した際、サジェストKWとして商品名が表示させるような施策を実施し売上を拡大している事例です。

Instagramの施策で楽天検索エリアに商品名を出現させ、売上拡大の成功事例

本事例の成功要因は、インスタグラム(Instagram)からの独自の施策を実施したことにあります。

インスタグラム(Instagram)で実施した施策の詳細は、ぜひ富田にお問い合わせください。

ユーザーが商品のジャンルを検索した際に商品名を出現させたことで、認知度が向上しただけでなく、直接売上に貢献しています。

\特典:最速でフォロワー1万人!?貴社とマッチするInstagramの戦略をご提案/

Instagramの運用について無料相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

1投稿から楽天市場のデイリーランキングで1位を獲得した成功事例

まずは、1フィード投稿で楽天市場のあるジャンルでデイリーランキング1位を獲得した事例を紹介します。

この成功事例のポイントは、以下の3つです。

モールのキャンペーンに乗っかる
②ストーリーテリングで訴求する
③発見タブに露出した際バズる設計をする

それぞれ具体的に解説いたします。

①モールはキャンペーンを行なっており、楽天だと「5のつく日はポイント5倍」や「お買い物マラソン」、「楽天スーパーセール」などがあります。
これらの日はCVRが非常に高くなるため、キャンペーンに乗っかることで一気に売り上げを上げることができます。

②「1フィード投稿で」と紹介しましたが、その1投稿に至るまでのストーリーが非常に重要です。
「どのような工程でその商品ができたのか」「どんな課題を解決してくれる商品なのか」などを事前に伝える必要があります。
セールが始まったそのタイミングで最高の1投稿を投じます。

また既存のフォロワーだけではそこまでの売上を上げることができません。
そのため、コンテンツが発見タブなどの外部に露出された時にバズるよう設計しておくことが大切です。
そのためには、次の2つを意識しましょう

  • 表紙
  • 初見でも保存したくなる/検索したくなる内容

上記を行ったことで、投稿をバズらせることができ、たった1投稿だけで楽天市場のデイリーランキング1位の獲得に成功しました。

D2C事業において広告ゼロで月売上1,000万突破の成功事例

インスタ広告を使わずに、D2Cで1,000万の売上を作った事例を紹介します。

この成功事例のポイントは、以下の3つです。

①リンクスタンプを極力使わない
②ZMOT(ズィーモット)を意識する
③アカウント運用×ギフティング運用

こちらもそれぞれ具体的に解説いたします。

D2Cの場合、ストーリーズにリンクスタンプをつけることで外部サイトに飛ばせるためECサイトに誘導することが可能です。
しかし、滞在時間を伸ばすことができず、インスタグラム(Instagram)のアルゴリズム的には良くないため、アカウントの露出が落ちやすくなります。
そこで、あえてリンクスタンプは極力使わない施策を打ちました
具体的には、ユーザーが投稿を見たときに「続きが気になる」「もっと商品について知りたい」と検索したくなるコンテンツを設計しました。

ZMOT(Zero Moment of Truth、ズィーモット)とは「顧客は店舗に来てから買うものを決めるのではなく、来店前にインターネットで情報収集してすでに買うものを決めている」というマーケティング理論です。
この理論を活用し、買う前にいかにして接点を増やせるかを意識しました。
アカウント運用だけでなく、インフルエンサーに商品を提供し、紹介してもらうギフティングも併用しています。

③最近ユーザーは広告でモノを買わなくなってきました。そのためまずはアカウント運用でユーザーに認知してもらい比較検討を促します。
ただしそれだけでは購入につながらないため、購入の後押しをギフティング施策によるUGC(企業ではなく一般ユーザーによって作成されたコンテンツ)で行いました。
企業とは関係のないインフルエンサーがリアルな使用感を伝えたことにより、商品購入の検討段階にあるユーザーから信頼を獲得し購入につながりました。

結果として月1,000万円の売上を上げることに成功しています。

モール広告費10%以下で立ち上げ1年間で売上1,000万円をあげた成功事例

インスタグラム(Instagram)マーケティングをフル活用して、立ち上げ1年で売上1,000万円に達成している成功事例です。

しかも、広告費は、10%以下の状態で上記の売上に到達しています。

モール広告費10%以下で立ち上げ1年間で売上1,000万円をあげた成功事例

インスタグラム(Instagram)をフル活用すれば、無名ブランドであっても立ち上げ1年間で上記の売上を達成することは可能です。

実際に、どのようにインスタグラム(Instagram)を活用すればよいのかについては、富田にお問い合わせください。

\特典:最速でフォロワー1万人!?貴社とマッチするInstagramの戦略をご提案/

Instagramの運用について無料相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

Instagramからの施策でモール内のブックマーク率を増加させた成功事例

インスタグラム(Instagram)内で実施した施策により、モールでのブックマークを増加させた事例です。

1,827件のブックマークを獲得している商品もあります。

Instagramからの施策でモール内のブックマーク率を増加させた成功事例

ブックマークされた商品は、楽天スーパーセールなどのモールでのキャンペーン時に売上へとつながりました。

本事例では、インスタグラム(Instagram)マーケティングをフル活用することにより、ブックマークを獲得しています。

施策の詳細は、富田のお問い合わせいただけましたらノウハウなどお伝えさせていただきます。

\特典:最速でフォロワー1万人!?貴社とマッチするInstagramの戦略をご提案/

Instagramの運用について無料相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

Instagramで映える商品を開発&ギフティング施策で広告費ゼロで売上5,000万円の成功事例

インスタグラム(Instagram)にて、ギフティング施策を実施したことにより、芸能人のYouTubeやテレビ番組で商品を取り上げられるようになり、広告費ほぼゼロで売上5,000万円をあげたスイーツの事例です。

本事例では、ECサイト用の商品を開発したいというご相談をいただき、商品開発から支援させていただいております。

クライアントの店舗への視察や、市場調査などを実施した結果、次の2つの事柄が成功につながっています。

  • 競合にはなくInstagramで映える生チョコマカロンを開発
  • ギフティング施策で認知を拡大

スイーツの市場において、空きポジションであった生チョコマカロンの商品開発を進めました。さらにインスタグラム(Instagram)で映えるようなカカオハスクを同封した商品としています。

商品の認知を拡大させるために、インスタグラマーへのギフティング施策を実施しています。

「商品を提供する代わりにアカウントで紹介してくださいね。」という施策です。

Instagramで映える商品を開発&ギフティング施策で広告費ゼロで売上5,000万円の成功事例

この施策が大成功し認知が広がり、芸能人のYouTubeやTVメディアで取り上げてもらえるようになり、広告費をかけずとも認知が広がり売上5,000万円を達成しています。

ちなみにインスタグラム(Instagram)での施策が成功している要因をまとめると次の通りです。

フォトジェニックな仕掛け
  • 同封しているカカオハスクにより写真を撮ると映える
    →インフルエンサーが取り上げたくなる商品
インフルエンサーのセルフブランディングに毀損しない
  • 悩みを解決する商材ではないため薬機法のリスクがない
  • インフルエンサーにとって使用していることを隠したくなるような商品ではないため拡散してもらえる

Instagramを活用し月100万円を売り上げた美容外科の成功事例

インスタグラムInstagram)を活用して、フォロワー数1000人未満で月売上100万円以上をあげた美容外科の成功事例です。

この事例が成功した要因は、リール投稿とフィード投稿を以下のように使い分けたことにあります。

リール投稿 拡散力が高いため、ユーザーの目に留まる美容整形のビフォーアフターを投稿しフォロワーを獲得
フィード投稿 美容外科に行く自分をイメージしやすいよう以下を投稿

  • 施術風景
  • 料金プラン
  • 店舗への行き方
    →これにより顕在顧客に育成ができた

▼コンテンツの実例
Instagramを活用し月100万円を売り上げた美容外科の成功事例

リール投稿は、おすすめタブやリールタブに表示されやすく拡散されやすい特徴があります。

そのため、ユーザーの目をひくような整形のビフォーアフター動画などのコンテンツを投稿しフォロワーを獲得しました。

獲得した、整形に興味のあるフォロワーを来店へとつなげるために、フィード投稿では具体的な料金表やオペの技術などを投稿しています。

通常、SNSマーケティングで成果をあげるには、相応の時間がかかります。

しかし、ユーザーが直接来院につながる投稿をおこなったことで、わずか半年という短期間で集客効果を得ました。

「インスタグラム(Instagram)を開設したものの、どのように運用していけば良いかわからない」
「どこをどう改善したら良いのかわからない」

その場合は、StockSunの無料カウンセリングをご活用ください。

現状のアカウントを確認させていただき、テコ入れが必要な箇所を具体的にご提案いたします。インスタグラム(Instagram)は、微調整で大きな利益をもたらすこともありますのでこの機会にご相談ください。

\特典:最速でフォロワー1万人!?貴社とマッチするInstagramの戦略をご提案/

Instagramの運用について無料相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

企業がインスタグラムを運用して売上UPにつなげるための戦略・手順は5ステップ

企業がインスタグラムを運用して売上UPにつなげるための戦略・手順は5ステップ

企業でインスタグラム(Instagram)のアカウントを運用して、最終的に売上アップにつなげるためには、次の5つの戦略・手順でアカウントを構築する必要があります。

それぞれのフェーズで実施することを解説いたします。

目的・目標の明確化

インスタグラム(Instagram)を運用する目的・目標を明確化してください。

目的は、次の3つのいずれかになることが考えられます。

売上UP ①新規獲得による売上をUPする
②既存顧客の売上をUPする
採用 良い人材を採用する
認知拡大 認知拡大しブランディング

貴社が掲げるどのような目的達成に向けてインスタグラム(Instagram)を活用するのかを今一度明確にしましょう。

ターゲット(ペルソナ)の設定

運用する目的・目標が明確になったら次にターゲット・ペルソナの設定をしましょう。

その際は、かならず顧客にヒアリングをしてペルソナを策定することが大切です。

また、ヒアリングしたうえで顧客の利用するSNSのうち、インスタグラム(Instagram)の可処分時間が多くない場合には、もっとも利用されるSNSの運用を検討することも大切です。

KGI/KPI設定

次にKGI/KPIを設定します。

StockSunがおすすめするKGI、KPIとして定めるべき指標は次の通りです。

Instagram内での指標
  • リーチ数
  • エンゲージメント数
  • タグ付け数/オリジナルハッシュタグ数[ブランド名、商品名など]
Instagram外での指標
  • 指名検索数
  • SNS実施後の売り上げの前後比較

上記の定量的な数値だけでなく、定性的な観点から図れるものも指標として設定いただくことを推奨します。

定性的なものを測る際は、購入者に「何を通して商品を知り、どうして購入に至ったのか」をアンケート調査してみましょう。

ちなみに、設定する指標としておすすめできないものは次の通りです。

ラストクリック 認知を広げてリーチ拡大することも大切なため、クリック指標での評価はおすすめできない
フォロワー数 Instagramはコンテンツファーストなアルゴリズムに移行してきている。
エンゲージメントが重要なため、フォロワー数を指標とすることはおすすめしない

組織構築/担当アサイン

Instagramのアカウント構築戦略

インスタグラム(Instagram)を運用する際は、上記図解のようにトリプルメディアで考えると非常にわかりやすいです。

各施策に応じて役割が異なるため、それらも加味しながらSNS全体の戦略設計が必要です。

インスタグラム(Instagram)マーケティングをフル活用する際には、以下の通り4つの部署の担当者が必要となります。

Instagramを運用する際の戦略

  • Instagramプロジェクト責任者
  • アカウント運用者
  • 口コミ施策担当者
  • 広告出稿担当者

各担当者の実務についてもご説明いたします。

Instagramプロジェクト責任者の役割

インスタグラム運用における人材

プロジェクト責任者は、次の通り実施すべき業務が多岐にわたります。

  • Instagramの全体の戦略設計
  • 全体KGI/KPI設計
  • 全体進捗管理
  • 組織構築
  • アサイン
  • アルゴリズムのキャッチアップなど

Instagramアカウント運用担当者の役割

インスタグラム運用における人材2

アカウント運用担当者の主な業務内容は次の通りです。

  • 撮影
  • 編集
  • 投稿
  • 分析
  • DM・コメントの管理
  • ストーリーズでのコミュニケーション
  • ライブ配信

1プラットフォームごとに次の時間の確保が必要となります。

  • 月80〜150時間

ただし、例えば短尺動画を活用する場合は他プラットフォームに横展開することなども可能なため、リソース削減が可能です。

Instagram口コミ施策担当者の役割

Instagram口コミ施策担当者の役割

口コミ施策は次の2パターンに分かれます。

  • 定常的に実施するギフティングのような施策
  • 一気に認知度を上げたいときに実施する有償タイアップ

基本的にはそれほど時間はかかりませんが、非常に重要な施策になります。

Instagram広告出稿担当者の役割

Instagram広告出稿担当者の役割

インスタグラム(Instagram)の広告は他のWEB広告と比較してやるべきことがシンプルです。

実施すべきことは大きく分けて次の2つ。

  • クリエイティブのディレクション
  • サイトの改善

シンプルではあるものの、どれだけの精度でPDCAサイクルを回せるかによって成果が大きく異なります。

「構築する際の戦略設計にここまでの時間は取れない」
「やることはわかったけれど、方向性が誤っていないか確認してほしい」

という企業様へのコンサルティング支援なども行っております。富田へお問い合わせいただけましたら、貴社の目的・課題をヒアリングしたうえで最適な戦略設計をご提案いたします。

\富田を指名してお問い合わせください/

Instagramについて相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

施策立案・実行・分析・改善

その後は、実際に運用を実行します。

コンテンツの発信だけでなく、定期的に数値を分析し改善をしていきましょう。

特にインスタグラム(Instagram)は、すぐに流行りが変わるため他の成功事例などに左右されないよう意識することも大切です。

インスタグラム(Instagram)内でのターゲットの動きを数値で追って、新たな改善施策を考案し実行していくことを意識してみてください。

インスタグラムの運用と集客を成功させるコツ6つ【StockSun式戦略】

本章ではインスタグラム(Instagram)の運用と集客を成功させるうえで役立つコツとして6つの内容をピックアップし、順番に解説します。

ここで取り上げているポイントは、以下の動画でも解説しています。

初期の運用ではエンゲージメントを貯めることを意識する

インスタグラム(Instagram)アカウントの運用初期の段階では、エンゲージメント(いいね!やコメントなどのユーザーの反応)を貯めることを意識しましょう。

より詳細に説明すると、自社の商材に関する発信だけでなく、エンゲージメントを貯めやすい(Instagramで伸びやすい)領域の発信をおこなうことが大切です。

例えば、新宿エリアで不動産事業を手掛けている場合、新宿のおすすめ物件の情報を紹介する施策を取るケースが一般的だとされています。

しかし、それだけでなく併せて新宿エリアにおける他ジャンルの情報を発信することが望ましいです。

具体的には、インスタグラム(Instagram)で伸びやすい領域(例:食・グルメ)を選び、「新宿で美味しいスイーツが食べられるお店◯選」といった内容のコンテンツを発信するとよいでしょう。このように、提供する情報ジャンルの間口を広げることで、より多くのユーザーを獲得できます。そして新宿と関連性のあるユーザーに対して自社商材に関するコンテンツを発信できるようになります。

また、エンゲージメントを貯める際は、現時点で自身のアカウントをフォローしていないユーザーへのインプレッションを増やすことも大切です。

そのための方法として次の2つの施策があります。

①フォロワーの多いアカウントにアカウントをシェアしてもらう
②発見タブ(虫眼鏡マークのボタン)に自身のアカウントの投稿を載せる

自社で既にフォロワーのいるアカウントを保有している場合には、アカウントをシェアする施策があります。

StockSun認定パートナー富田が経営する株式会社ハピラフでは、自社内で100ものアカウントを保有しています。

そのアカウントを活用し、伸ばしたいアカウントをシェアしたところ、1投稿でフォロワー数が1.6万人も増加しました。

しかも、シェアしたうえでアカウントに興味のある人だけがフォローに至っているため、フォローして終わりではなく、その後の投稿にも反応があり、エンゲージメント率が向上しています。

また、発見タブ(虫眼鏡マークのボタン)に自身のアカウントの投稿を載せることが望ましいと考えられています。発見タブ(虫眼鏡マークのボタン)からの投稿閲覧率は、ハッシュタグ検索やアカウント検索などと比べて4〜7倍程度多いことがわかっています。
そのため、発見タブに投稿が載ることでエンゲージメント率の向上に大きくつながります。

ストーリーズ閲覧率の向上を目指す

ストーリーズ閲覧率を向上させることで、既存フォロワーのファン化につなげられ、結果的に集客効果が見込めます。

簡単にいうと、ストーリーズ閲覧率は、どれくらいのユーザーが自身のアカウントに反応してくれているかを示す指標です。ストーリーズ閲覧率が低い場合、自社側から積極的にアクションを取っていくことが大切です。

具体的な施策のひとつとして、ユーザーと自社アカウントで双方向のコミュニケーションができるような投稿をすることで、ストーリーズ閲覧率の向上が期待できます。
例えば、フィード投稿(アカウントのプロフィール上や、ホーム画面上に並ぶ投稿)をした後、ストーリーズでフィード投稿の情報をシェアする施策が効果的です。

このとき、ただシェアするだけでなく、投稿に関連したアンケートをつけることで、ユーザーからのアクションを促せて、双方向のコミュニケーションにつなげられます。
アンケートの例としては、「このお店に行ってみたいですか?」といったユーザーがアクションを取りやすい簡単なものがよいでしょう。
これにより、シグナル(投稿がインスタグラムのミッションをどれくらい達成できるかを測る数値のようなもの)を貯められて、そのユーザーのストーリーズに自社アカウントの投稿が出やすくなります。

投稿画像の1枚目に具体的な情報を盛り込む

特にインスタグラム(Instagram)のフィード投稿をおこなう際は、投稿画像の1枚目に具体的な情報を盛り込みましょう。具体的な情報があれば、ユーザーに投稿を見てもらいやすくなり、結果としてフォロワー数・いいね数の増加につながります。

例えば、グルメ系の投稿をする場合、「食べ放題」「エリア」などひと目見てわかりやすい情報を盛り込むことが望ましいです。

また、盛り込む情報の内容としては、ユーザーに対して「なんで?」と思わせるワードが有効です。

例をあげると下記のようなワードです。

・「行かなきゃ損」
・「美味しい肉ランチ◯選」
・「保存版」

店側ではなくユーザー目線の情報を盛り込むことで、閲覧数やいいね数などが伸びやすくなります。

投稿画像のデザイン・イラストを工夫し視認性を高める

集客目的でインスタグラム(Instagram)を運用する際は、ワードだけでなくデザイン面も工夫して投稿することが大切です。例えば、投稿内容に文字だけではなくイラストも入れて視認性を高めたり、ゴシック体のフォントを用いたりすることで、好ましいファーストインプレッションを得られます。

ギフティングを実施する

ギフティングとは、インスタグラマーに対し、自社の商品を提供してインスタグラム(Instagram)で紹介してもらうことです。

StockSunでは、インスタグラム(Instagram)でギフティングしたことにより、指名検索数が16倍にもなった事例があります。

ちなみに、指名検索数とは、商品名や会社名で検索されることです。認知が拡大したことがわかるだけでなくSEOにも良い効果があります。

インスタグラム(Instagram)でギフティングする際は次の3つのポイントを押さえる必要があります。

・誰に
・どのような内容で
・どのようにコンテンツを扱ってもらうか

「人気のあるインフルエンサーだから」と闇雲にギフティングすることは好ましくありません。
商材のターゲット層に人気のあるインフルエンサーをリサーチし、誰に依頼するか検討する必要があります。

また、「どのようなコンテンツ(動画なのか、画像なのか)」を用いるのかと、さらに「どのような内容」で紹介してもらうのかまでインフルエンサーに伝えることが大切です。

上記を行うことで、次の効果に期待ができます。

・指名検索数の向上
・購入率(CVR)の向上
・投稿による認知拡大

また、ギフティングは【稼働費+商品原価+送料】のみで実施可能です。

一般的な有償タイアップは、【フォロワー数×○円】の費用がかかるため、比較するとコスパよく認知を拡大できる方法です。

興味を持つユーザーの母数が多いコンテンツを発信する

投稿内容を選ぶ際は、興味を持つユーザーの母数が多いコンテンツの発信を意識しましょう。

「つみたてNISA」に関連した投稿のケースを例に取ると、「つみたてNISAおすすめ銘柄」や「つみたてNISA、死亡したときの対応方法」などではなく、まずは「つみたてNISAとは?」を紹介する投稿をおこなうことが望ましいです。

「つみたてNISAとは?」の投稿は、他の2つの内容と比べて、既につみたてNISAをしているユーザーだけでなく、まだしていないユーザーの興味もひくことが可能です。
このように、興味を持つユーザーの母数が多いと考えられる内容の投稿をすることが、閲覧数・いいね数・フォロワー数を増やすうえで効果的です。
インスタグラム(Instagram)による集客をめざすうえで、投稿画像に盛り込むワードやデザイン、投稿内容を検討する際のポイントについては、以下の動画で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

企業がインスタグラムマーケティングを実施する方法については、以下記事でも詳しく解説しています。

関連記事

「インスタグラムマーケティング」で効果的なマーケティングを!その特徴や他のSNSとの違いを解説

「インスタグラムマーケティング」で効果的なマーケティングを!その特徴や他のSNSとの違いを解説

Read More

また、リール投稿にコミック動画を活用する手法が気になる際は、以下の記事もあわせてご確認ください。

関連記事

兼松グランクスとコミック動画を活用したマーケティング支援を開始

兼松グランクスとコミック動画を活用したマーケティング支援を開始

Read More

企業がインスタグラムを運用するメリット6つ

本章では、マーケティングにインスタグラム(Instagram)を用いた際のメリットを解説いたします。

インスタグラムは購買意欲が高いユーザーが集まりやすい

インスタグラム(Instagram)は、購買意欲の高いユーザーが集まりやすいプラットフォームとして知られています。そのため、企業が積極的にインスタグラム(Instagram)を活用すれば、より多くのターゲット顧客を獲得できる可能性が非常に高いです。

ビジュアル訴求でユーザーをひきつけ集客につなげられる

インスタグラム(Instagram)による集客では、画像や動画を通じてユーザーに対して商材をダイレクトに訴求できます。

テキストの場合、たとえ商材の魅力が多く書かれていても、本当に商材が良いのかユーザは想像しにくいです。しかし、画像や動画であれば、説明文を読まなくとも商材の魅力を直感的に伝えられます。

また、最近のインスタグラム(Instagram)では、画像単体ではなく、キャッチコピーやインパクトのあるテキストを盛り込んだ投稿が増えています。集客方法として活用する際は、商材のビジュアルだけでなく、テキストやスタンプなどさまざまな加工で注目させることも可能です。

そして、ユーザーが投稿のビジュアルに引かれると下部にあるキャプション(文章)で詳細を読み、さらに興味を持てばアカウントのホーム画面に飛ぶという流れにつなげられます。このように、インスタグラム(Instagram)ではビジュアル訴求でユーザーを引きつけ、集客につなげられるSNSです。

充実した機能により多角的なアプローチでリーチを拡大できる

インスタグラム(Instagram)には、フィード投稿のほか、IGTV・リール・ストーリーズなど多彩な機能が搭載されています。集客にあたってインスタグラム(Instagram)の機能をフル活用すれば、より多くのユーザーからリーチを獲得できます。

具体例を挙げると、リールと呼ばれる60秒以下のショートムービーを投稿すれば、おすすめのリール投稿を流し見していたユーザーにリーチさせられます。

10代、20代への若年層へのアプローチに最適

インスタグラム(Instagram)は、10代20代の利用者数が多く、特に若年層へのアプローチに最適です。

利用率が多い年齢層は以下の通りです。

20代 78.6%
10代 72.3%
30代 57.1%

若者がターゲット層である企業に、特に適しているSNSと言えます。

さらにインスタグラム(Instagram)は、他のSNSと比較してもユーザーの利用率が高いです。

2020年度に実施した調査結果によると、インスタグラム(Instagram)はLINE、Twitterに次いで利用者数の多いSNSとなっています。

LINE 77.4%
Twitter 38.5%
Instagram 35.7%
YouTube 23.2%
TikTok 21.7%
Facebook 8.1%
Skype 7.1%

利用者の満足度は、インスタグラム(Instagram)が最も高いという結果も得ています。

若年層以外がターゲット層であっても、集客のひとつのチャネルとして有効でしょう。

低いコストでターゲティング精度の高い広告を運用できる

Instagram広告には次のメリットがあります。

低コストで運用可能 1日100円から運用可能
ターゲティングの精度が高い Facebookに登録されている情報を元にターゲティングできる
Instagram内の行動が似たユーザーをターゲティングできる

Instagram広告は、1日100円から運用できます。

さらに、配信期間と予算を自由に設定できるため、あらかじめ設定した以上の料金が発生することはありません。

また、インスタグラム(Instagram)とFacebookの運営会社は、同一の会社です。

そのため、広告を配信する際に、Facebookに登録されたユーザーの以下の情報から精度の高いターゲティングを実施できます。

  • 年齢
  • 地域
  • 属性(学歴・職業・ライフイベント・子どもの有無など)

など

一度自社のホームページやアカウントに訪れたことのあるユーザーと、インスタグラム(Instagram)内での行動が似ているユーザーをターゲティングすることも可能です。

低コストで見込み客となりうるユーザーに広告を配信できるのは大きなメリットでしょう。

ユーザーのニーズがわかるためリピーターの獲得に生かせる

インスタグラム(Instagram)は、既存顧客や見込み客が抱いているリアルなニーズを知ることができます。

その理由は、インスタグラム(Instagram)の次の特性にあります。

  • コミュニケーションを取れる機能が多い
  • UGCによってユーザーの感想を確認できる

インスタグラム(Instagram)には、ストーリーズからリアクションを取れる機能やコメント、メッセージなど、コミュニケーションを取れる機能が豊富にあります。

ユーザーが抱いているニーズを収集しやすいでしょう。

またインスタグラム(Instagram)を利用するユーザーは、情報収集だけでなく、情報発信も行っている傾向にあります。

そのため、ユーザーの作成したコンテンツから自社商品へのリアルな感想を探ることもできます。

商品・サービスの改善に生かすことができ、結果としてリピーターの獲得につながるでしょう。

StockSunでは、貴社の商材や課題に合わせ、InstagramなどWebマーケティングを使った施策のご提案から実行まで全てお引き受けしております。
ご提案内容にご納得いただいてから支援を実施しておりますので、ぜひ貴社の課題をご相談ください

\特典:最速でフォロワー1万人!?貴社とマッチするInstagramの戦略をご提案/

Instagramの運用について無料相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

インスタグラムを運用するときの注意点【やってはいけない失敗事例5選をStockSunのスペシャリストが解説】

続いて、インスタグラム(Instagram)で集客できない失敗事例として、代表的な5つのケースをStockSunのスペシャリストが解説します。

以下の動画で話している失敗事例をまとめて解説していますので、理解を深めるためにも動画を合わせてご確認ください。

いいね周りをしてしまう

インスタグラム(Instagram)による集客を成功させるには、いいね周りをしてはなりません。
従来の集客上の施策として、いいね周りは推奨されていましたが、現在はアルゴリズム面でネガティブに捉えられてしまうため、NG行動とされています。

いいね周りがインスタグラム(Instagram)による集客の失敗につながる要因としては、外部露出比率(フォロワー以外のユーザーにどれだけアカウントが見られているかを示す指標)が低下することが挙げられます。

リール投稿をしていない

インスタグラム(Instagram)のショート動画であるリール投稿をしていないことも、集客の失敗事例のひとつです。

最近、各SNSでは視聴時間の奪い合いがおこなわれており、ショート動画を制しないと淘汰される傾向が見られます。そこで、インスタグラム(Instagram)側からすると、ショート動画であるリール投稿を見てもらう習慣をつけたいと考えているのです。

以上のことから、現在のインスタグラム(Instagram)ではリールが伸びやすいというアルゴリズムが見られるため、アカウントを伸ばすにはリール投稿を積極的におこないましょう。

マネタイズ導線にこだわっていない

マネタイズ導線にこだわっていないインスタグラム(Instagram)のアカウントも、集客方法としては失敗事例に該当します。

インスタグラム(Instagram)における有効なマネタイズ導線は、次の3つです。

・ストーリーズに貼り付けられるリンク
・プロフィールに貼り付けられるリンク
・フィード投稿の最後に貼り付けられるリンク(LINEやQRコード画像など)

これら3つのマネタイズ導線をしっかりとこだわっていないアカウントが非常に多く見られます。

もともとインスタグラム(Instagram)では、投稿自体にリンクをつけられず、上記のマネタイズ導線を用いないと集客効果が見込めません。インスタグラム(Instagram)の運用を集客につなげるためにも、マネタイズ導線を意識しましょう。特にストーリーズは投稿が1日で消えてしまうため、工数はかかるものの毎日投稿してマネタイズ導線を設けておくことが大切です。

投稿数が少ない

基本的にインスタグラム(Instagram)では、画像投稿やリール、ストーリーズの投稿数が多いほどアルゴリズム的に評価される傾向があります。そのため、工数はかかるものの1日複数回の投稿を続けていくほうが、集客効果を得るうえでは効果的です。

ただし、投稿数が多いほどユーザーからフォローを外されやすくなるという側面もあるため、フォローを外されない絶妙なラインを見極める必要があります。目安としては、1日1投稿を目標に継続しておこなうことが望ましいです。

発見タブを意識していない

集客方法としてインスタグラム(Instagram)のアカウントでCVを狙う場合、投稿画像のデザインが綺麗なほど売上につながりやすいとされています。具体的にいうと、投稿を伸ばす際は、発見タブ上で目立てるデザインであることが非常に重要です。

そのため、発見タブを意識せずに運用していると、なかなか集客効果が得られないケースが多いです。

集客方法としてのインスタグラム/YouTube/TikTokの使い分け方をStockSunが解説!

集客方法として活用できるSNSには、インスタグラム(Instagram)のほかに、YouTubeやTikTokなども挙げられます。本章では、集客をおこなううえでインスタグラム(Instagram)とその他のSNSの使い分け方を解説します。

TikTokは集客で手軽な行動を促したい場合に向いている

TikTokは短い尺の動画で伝えるSNSであり、YouTubeとは真逆の特徴を持っています。短尺の動画が主流であるため、その動画を見たユーザーに対して来店や商品の購入など手軽な行動を促しやすいです。
さらに、TikTokユーザーは、若者が多いため低単価の商材が適しています。

この特徴から、TikTokは小売業や外食産業といった比較的購入単価が低い商材を扱っている業種での集客に向いているSNSだといえます。

TikTokを活用した集客成功事例は、下記の記事にまとめています。合わせてご確認ください。

関連記事

TikTokの企業アカウント成功事例3選!成功のポイントを解説【TikTokバズで売上倍増!】

TikTokの企業アカウント成功事例3選!成功のポイントを解説【TikTokバズで売上倍増!】

Read More

YouTubeは詳細な説明が必要な商材の集客に向いている

YouTubeは、比較的長い尺の動画で伝えるSNSです。そのため、詳しい説明が求められる商材や、他との比較検討が求められる商材などを扱う業種に向いています。

そのほか、BtoBビジネスやBtoCの中でも比較的リテラシーの高いユーザーをターゲットに集客をおこなう場合にも、YouTubeの活用が適していると考えられています。

YouTubeを活用し、集客するテクニックは、以下の記事にまとめています。

関連記事

YouTube集客を成功させる7つのコツ【1動画で売上1億円の成功事例】

YouTube集客を成功させる7つのコツ【1動画で売上1億円の成功事例】

Read More

YouTubeチャンネルの運用や、チャンネルから集客につなげた成功事例は以下の記事にまとめています。

関連記事

企業のYouTubeチャンネル成功事例15選!【問合せ10倍UP!成功のコツを分析】

企業のYouTubeチャンネル成功事例15選!【問合せ10倍UP!成功のコツを分析】

Read More

インスタグラムによる集客はTikTokとYouTube両方のメリットを生かせる

インスタグラム(Instagram)は、TikTokとYouTubeのちょうど中間に位置するSNSです。

例えば、リールの機能を活用すれば、TikTokのような短い尺の動画を投稿できるため、小売業や外食産業などでの集客に効果的です。また、フィード投稿を活用すれば、最大9枚の画像を用いてYouTubeのように商材をしっかりと説明できます。さらに、ストーリーズの機能を活用すれば、LPや販売店へのリンクを直接貼りやすい点もインスタグラム(Instagram)の魅力です。

さまざまなSNSを活用した集客成功事例は以下の記事でも解説しています。

関連記事

企業SNSマーケティングの成功事例7選【2ヶ月でフォロワー1万人に達成した戦略】

企業SNSマーケティングの成功事例7選【2ヶ月でフォロワー1万人に達成した戦略】

Read More

SNSマーケティングに強い運用代行会社を選びたい場合は、次の記事も合わせてご確認ください。

関連記事

【2024年最新版】SNSマーケティング企業11社を厳選比較ランキング!選定時のポイントをプロ視点で解説

【2024年最新版】SNSマーケティング企業11社を厳選比較ランキング!選定時のポイントをプロ視点で解説

Read More

インスタグラムを使った集客のよくある質問

最後に、インスタグラム(Instagram)を活用した集客を検討している企業の方からよくある質問として、代表的な4つをピックアップし、回答とともにまとめました。

インスタグラムは複数アカウント作成できる?

インスタグラム(Instagram)では、アカウントを複数作成できます。すでにインスタグラム(Instagram)の個人アカウントを作成している場合、新たにアカウントを作成することなく、同じメールアドレスや電話番号でサブアカウントを作成可能です。

プライベート用と分けて集客に活用するアカウントを作成できるため、アカウント管理が容易になります。

インスタグラムを使った集客に向いている企業・業種の特徴は?

インスタグラム(Instagram)を使った集客に向いている企業・業種の特徴は以下のとおりです。

・実店舗系ビジネス
・D2C系ビジネス
・新卒・中途採用をおこないたい企業

実店舗系ビジネスの場合、フォロワー数1,000人ほどのインスタアカウントの運用でも集客の成果が得られやすいです。例えば、整形、歯科矯正などのビジネスの場合、さまざまなパターンの施術例を紹介でき、毎日投稿していてもユーザーに飽きられにくいため、インスタグラム(Instagram)による集客がより適していると考えられています。

D2C系ビジネスがインスタグラム(Instagram)による集客に向いている理由のひとつは、インスタグラム(Instagram)のアカウントからShopifyなどのECサイトツールにリンクを飛ばせることです。つまり、インスタグラム(Instagram)のアカウントの成長は、ECサイトの成長に直結します。

自社のインスタグラム(Instagram)のアカウントにおけるユーザーの滞在時間を伸ばせれば、自社での新卒・中途採用における集客効果も得やすいとされています。インスタグラム(Instagram)は、新卒や転職のターゲット属性である20代との相性もよいです。

SNS集客の成功事例は?

StockSunによるインスタグラム(Instagram)をはじめとするSNS集客の成功事例としては、主に以下があります。

①インスタグラム(Instagram):4ヶ月で1万フォロワーを獲得し集客につなげた成功事例
②TikTok:顧客獲得単価200円で膨大なアプリのインストール数を獲得した成功事例
③Twitter:2ヶ月でフォロワー8,000人獲得し集客につなげた成功事例
④LINE:美容サロンのリピーターを20倍に増やした集客成功事例

インスタグラム(Instagram)の成功事例の詳細は、本記事をご確認ください。その他の成功事例は、以下の記事にて解説しています。合わせてご確認ください。

関連記事

LINE集客に成功するStockSun式戦略【リピート率20倍UPの成功事例】

LINE集客に成功するStockSun式戦略【リピート率20倍UPの成功事例】

Read More

関連記事

Twitter集客のコツ!今すぐ実践できる施策【フォロワー8,000人UPの成功事例!】

Twitter集客のコツ!今すぐ実践できる施策【フォロワー8,000人UPの成功事例!】

Read More

関連記事

TikTokの企業アカウント成功事例3選!成功のポイントを解説【TikTokバズで売上倍増!】

TikTokの企業アカウント成功事例3選!成功のポイントを解説【TikTokバズで売上倍増!】

Read More

インスタグラム(Instagram)の流行らせ方は?

自社のインスタグラム(Instagram)を流行らせたいときには、次の2つを意識しましょう。

・リールを必ず活用
・発見タブを意識する

リールは、フォロワー外にも表示させることができます。リーチを拡大し、流行らせることが可能なため必ず活用すべきです。

また、リールとフィード投稿どちらも発見タブに掲載されることを意識することも大切です。リールは最後まで動画が閲覧されたり、いいねなどのアクションがついたりすることが大切であるため、ユーザーの目を引きつけ最後まで見たくなるようなカット割のショート動画を目指しましょう。

フィード投稿は保存されることも大切であるため、ユーザーが保存しておいて後からも見返したくなるような有益な情報の発信を意識してください。

まとめ

インスタグラム(Instagram)による集客を成功させるには、エンゲージメントを貯めたり、ストーリーズ閲覧率の向上を目指したりする意識が大切です。その他にも、インスタグラム(Instagram)による集客を成功させるにはさまざまな課題があり、ソリューションを実践するためのリソースを割けないことも多いです。

「自社の商材は今からインスタグラム(Instagram)の運用をはじめても成功事例のように集客できる…?」
「どのような施策が適しているのかわからない…。」

その場合は、StockSunにご相談ください。
貴社の商材と課題点、競合他社のインスタグラム(Instagram)アカウントを分析したうえで、インスタグラム(Instagram)による集客をおこなうべきか、またアカウントを運用する際の施策を明確にご提案します。
ご納得いただいたうえで、支援を実施しておりますので、お気軽にご相談ください。
これまでさまざまな企業でSNSの集客に成功してきたスペシャリストが、施策の提案から実行まですべてご担当します。

\特典:最速でフォロワー1万人!?貴社とマッチするInstagramの戦略をご提案/

Instagramの運用について無料相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

「インスタグラム(Instagram)の運用を始めているもののなかなか伸びず集客につながらない…」
「リソースが足りないため外注したいがお金がない…。とにかく安く依頼したい!

そこでマキトルくん!貴社の悩みを全て解決します!

・貴社の目的に合わせ専属のWebマーケティングチームを組みます!効率的かつスピーディーにマーケティング施策を実行!
・定額制!優秀なWebマーケティングチームに格安で依頼可能!

StockSunの新サービス「マキトルくん」では、貴社の商材に適した最適施策をご提案し、知見豊富なプロ人材が施策を実行します。
限られた予算の中で売上を短期間で伸ばしたいときや、Web周りのマーケティングを知見豊富なプロに丸投げしたいときはぜひご検討ください。

アパレル企業におけるInstagramの活用方法は、以下をご確認ください!

関連記事

アパレル/ファッション企業のInstagram運用でやるべき施策|すぐに活かせる成功事例を紹介

アパレル/ファッション企業のInstagram運用でやるべき施策|すぐに活かせる成功事例を紹介

Read More


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。