メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

不動産会社のLINE活用術|商談化率倍増のテクニック【不動産会社のLINE活用事例7選】

「不動産会社の集客ではLINEの活用が効果的だと聞いたが、使い方を知りたい」
「LINEを活用するメリットや活用した成功事例を知りたい」

日常生活ですっかり利用が定着しているLINEですが、不動産会社では不動産売買において商談化率を高めるためのツールとして活用することが可能です

実際に、多くの不動産会社がビジネスツールとしてLINEを取り入れています。
不動産会社でLINEを取り入れれば、商談化率だけでなく集客アップにもつながるため、最大限に活用しましょう。

本記事では不動産会社で効果的なLINEの活用方法を解説します。

さらに、StockSunがコンサルティングした、不動産会社にも応用できるLINE活用の成功事例もご紹介します。なぜ成功に至ったのか、その理由を分析して深堀りしていますので、不動産会社のビジネス上の課題を解決するためのコツを掴んでいただくことが可能です。

StockSunでは、トップ1%の実力を持つフリーランスの認定パートナーが貴社の課題に合わせてサービスを提供いたします。
相談をいただいた段階で不動産業界と、LINEマーケティングに特化した認定パートナーが具体的な施策を提案し、ご納得いただいたうえで支援を実施いたします。

貴社の事業課題を解決するWEBマーケティングの施策を知りたいときには、お気軽にご相談ください。

\特典:成約率倍増?!貴社サイトとマッチするLINEの戦略をご提案/

LINEについて無料相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

目次

不動産会社で活用できるLINE公式アカウントとは?

不動産会社で活用できるLINE公式アカウントとは?【機能と料金プランを解説】

LINE公式アカウントとは、コミュニケーションアプリであるLINE上で企業や店舗がアカウントを作成し、友だち追加してくれたユーザーに対して直接情報を届けられるサービスのことです。

LINE公式アカウントを活用すると、企業・店舗のLINEアカウントでセールや新商品の情報を配信したり、イベントの告知に使えたりします。
アカウントと友だちになったユーザーの多くが、クーポンの利用やキャンペーン応募などの行動につながっています。

不動産会社にとって、LINE公式アカウントは日常生活に欠かせないLINEを通じてユーザーとのネットワークを深め、多くの利用者に貴社のサービス・商品をPRすることにつながる革新的なツールだといえます。

不動産会社がLINEを活用するメリット【不動産業界で重視される理由】

不動産会社がLINEを活用するメリット【不動産業界で重視される理由】

本章では、不動産会社がLINE公式アカウントを活用するさまざまなメリットの中から、代表的な4つの内容をピックアップし、順番に詳しく解説します。

不動産会社がLINE公式アカウントを活用するメリット①:開封率が高くタイムリーな情報を発信できる

メールの場合、迷惑メールフォルダに入ってしまったり、せっかく届いても開封されなかったりと、送信件数に対して思ったような効果が出にくいです。
その点、LINE公式アカウントは、ブロックされない限りメッセージが確実に届きます。

また、メールは届いたとしても大量のメールに埋もれてしまって気づかれないことも多いです。一方で、LINEは通知が来るため、配信後すぐに情報に気づいてもらいやすいというメリットもあります。ユーザーに読まれたかどうかについても、既読がつけば判別可能です。

不動産会社がLINE公式アカウントを活用するメリット②:顧客情報を蓄積できる

LINE公式アカウントには、チャットできる友だち一人ひとりの顧客情報を入力できるメモ機能とタグ機能が備わっています。LINE公式アカウントの機能の中で顧客情報を蓄積できるため、情報を確認しながらチャットのやり取りをおこなえるメリットがあります。

また、それぞれの友だちに「要対応」「対応済み」などのラベルを付与することも可能で、対応が必要な顧客の識別を簡単におこなえます。

不動産会社がLINE公式アカウントを活用するメリット③:情報の一斉送信が容易になる

LINE公式アカウントには、メールよりも一斉送信が容易というメリットもあります。

また、メッセージの一斉配信にあたって、送信先を絞り込んでメッセージの配信を行う機能があります。絞り込みの方法には次の2つがあります。

①属性による絞り込み

LINE側で5つの属性が用意されており、ユーザーはそれぞれ属性内で自動的に分類されます。

・友だち期間
・性別
・年齢
・OS
・居住エリア

属性は1つのみの利用も可能ですし、複数を組み合わせることも可能です。

具体例を挙げると、属性を組み合わせることで「年齢(30代)× 性別(男性) × エリア(東京)」のセグメントにだけメッセージを配信できます。

②「タグ」を用いた配信先の絞り込み

例えば、チャットで問い合わせを受けたところ「都内郊外のマンション」の購入を希望していることがわかった場合、その顧客に対して「都内郊外のマンション」というタグを作成し付与しておきます。

その後、都内郊外のマンションの物件情報が出たタイミングで、このタグが付与されている顧客にだけメッセージを配信することが可能です。

絞り込みを活用することで、ユーザーにとって必要な情報だけを届けることができるため、ブロックの防止や信頼性の向上につながります。

不動産会社がLINE公式アカウントを活用するメリット④:顧客が容易に登録でき気軽に問い合わせできる

顧客が不動産会社に対して質問や問い合わせをおこなうにあたって、電話をするには時間や場所を選ばなければなりません。また、電話やメールでの問い合わせには、心理的障壁を感じる方も多いです。

その点、LINE公式アカウントのチャット機能を活用すれば、好きなタイミングで気軽に送信できるため、メールや電話に比べて手軽に問い合わせをおこなえるメリットがあります。

また、問い合わせを不動産会社のスタッフとしても、営業時間内に回答を送信でき、電話のようにすれ違いが起こる問題も生じません。ささいな不安や疑問に対してもスピーディーに回答することで、営業の機会損失を防ぐ効果が期待できます。

実際にLINE公式アカウントを導入しただけでCV率が3%から3.7%にまで上がったという事例もあります。

不動産会社のLINE活用術|不動産会社で活用できるLINE公式アカウントの主な機能

不動産会社のLINE活用術|不動産会社で活用できるLINE公式アカウントの主な機能

ここからは、LINE公式アカウントに備わっている機能の中で、特に不動産会社で活用できるものを順番に紹介します。

メッセージ配信

不動産会社のLINE活用術|メッセージ配信

LINEで友だちとなっているユーザーに対して、メッセージを配信できる機能です。配信できるメッセージには以下のようにさまざまな種類があります。

・テキスト
・スタンプ
・画像
・クーポン
・リッチメッセージ
・リッチビデオメッセージ
・動画
・ボイスメッセージ
・リサーチ
・カードタイプメッセージ

テキストだけではなく、スタンプや画像などを組み合わせることで、友だちに興味を持ってもらいやすいメッセージの配信を目指しましょう。なお、メッセージは、月1,000通まで追加料金なしで配信できます。

チャット機能

1対1のチャットを行う機能です。チャットのメッセージは他の友だちに読まれることはなく、個人宛に送れます。この機能を活用すれば、ユーザーからの問い合わせや相談を受け付けることが可能です。

リッチメニュー

不動産会社のLINE活用術|リッチメニュー

トーク下部に固定で表示させられる画像のことです。リッチメニューの各ボタンをタップすることで、ホームページなどの外部リンクに遷移させることが可能です。

例えば、ホームページ上に新着物件の情報を掲載しているページを持つ不動産会社では、リッチメニューのボタンに「新着物件」といった名称のボタンを用意しておき、友だちにタップさせることでHPへの誘導を図れます。

来店予約

不動産会社のLINE活用術|来店予約

専用のツールと連携させれば、LINE上で予約受付・管理を行えるようになる機能です。LINEで問合せから来店予約まで対応できるようになるため、ユーザーだけでなく社員の手間を軽減させられます。不動産会社からすれば、集客効果が見込めるうえに、予約ミスを防止できる点も魅力的なメリットです。

なお、LINEと連携する予約システムについてはツールごとに初期費用や利用料が異なるため、予算・機能・操作性などを比較検討したうえで導入するものを選択しましょう。

LINE VOOM投稿

不動産会社のLINE活用術|LINE VOOM投稿

動画コンテンツをメインに、テキストや画像を投稿・閲覧する機能のことです。投稿された情報は、フォロワーがメッセージやLINE VOOM上で「共有」することで、フォロワーになっていないユーザーにも発信できます。友だち数以上の認知拡大が期待できるほか、メッセージ配信とは異なり従量課金の対象にならない点も魅力的です。

部屋探しのポイントやキャンペーン情報など、ユーザーの興味を引く投稿をおこない、来店率の向上を目指しましょう。

LINEコール

ユーザーからLINE公式アカウントに対して無料で通話できる機能のことです。急ぎの要件を通話で伝えたり、チャットだけではニュアンスが伝わりづらい内容を口頭で補足したりすることが可能です。

不動産会社では、ビデオ通話を通じたオンライン内見にも活用できます。近年のコロナ禍により、不動産会社ではオンライン内見のニーズが高まっています。LINEであれば新たにアプリをダウンロードすることはほとんどないため、ユーザーに与える負担が少ない点も魅力的です。

レポート機能

不動産会社のLINE活用術|レポート機能

友だちの人数やメッセージを開封した人数など、さまざまな観点から分析できる機能です。友だちの属性情報やメッセージ配信のレポートのほか、LINE VOOM投稿のインプレッション数(どれだけユーザーの画面に表示されたか)やクリック数も確認できます。

また、メッセージや友だちの情報を集約して閲覧できるダッシュボード機能も活用可能です。

不動産会社がLINE公式アカウントを開設するときの料金プラン【2024年10月最新情報】

不動産会社がLINE公式アカウントを開設するときの料金プラン【2024年10月最新情報】

LINE公式アカウントでは、3種類の料金プランが用意されています。無料からでも導入を開始でき、シンプルな料金プランとなっている点が特徴的です。

料金プランの内容を下表にまとめました。

 

ちなみに、LINE公式アカウントの料金プランは、2024年6月に改訂がありました。新しい料金プランを掲載しております。

プラン 特徴・向いているケース 月額固定費(税別) 無料メッセージ通数 追加メッセージ料金(税別)
コミュニケーションプラン 1対1のチャット利用がメインの場合 0円 200通 不可
ライトプラン 友だち全体へメッセージの配信を実施したい場合 5,000円 5,000円通 不可
スタンダードプラン 友だち全体へメッセージの配信を実施したい場合 15,000円 30,000通 〜3円(詳細は要問い合わせ)

無料メッセージ通数は、LINEの友だち全体へ一斉配信するメッセージのことを指します。送付する友だち数と、月の送付回数が多く月に5,000通を超える場合には、スタンダードプランを検討しましょう。

1対1のチャット利用の場合は、通数に含まれず無制限で無料利用できます。

ちなみに旧料金プランの内容は、下表の通りでした。

プラン 月額固定費(税別) 無料メッセージ通数 追加メッセージ料金(税別)
フリープラン 0円 1,000通 不可
ライトプラン 5,000円 15,000円通 5円
スタンダードプラン 15,000円 45,000通 〜3円(詳細は要問い合わせ)

それぞれの違いを把握し、貴社に適した料金プランを選択しましょう。

不動産会社でLINE公式アカウントを活用する手順・流れ

不動産会社でLINE公式アカウントを活用する手順・流れ

概要を確認したところで、本章ではLINE公式アカウントを活用するための基本的な流れを解説します。

不動産会社におけるLINE公式アカウントの活用手順①:LINE公式アカウントの登録・準備

まずは、LINE公式アカウントの登録・利用準備をおこないます。具体的な手順は、以下のとおりです。

・貴社のLINE公式アカウントを開設する
・LINEの管理画面よりアカウント認証の申請をおこなう
・QRコード読み取りなどで、友だち追加のテストをおこなう
・追加した人のトークに通知が来れば問題なく運用できる

アカウントの認証によってLINEの審査を通過すると、ユーザーが貴社のアカウントを見つけやすくなるなどのメリットがあります。ここまでの準備が済んだら、貴社のWebサイトやSNSなどでLINEアカウントを宣伝し、ユーザーからの友だち登録を促しましょう。

不動産会社におけるLINE公式アカウントの活用手順②:仲介業務で活用する

仲介業務で用いる際の基本的なフローを以下にまとめました。

・ユーザーにLINE公式アカウントの友だちを追加してもらう
・物件情報を配信する
・物件問合せに対して回答する
・内見希望のスケジュールを調整する
・購入または入居希望の連絡を受ける
・契約準備に関する連絡をおこなう
・契約や決済のスケジュール調整をおこなう
・入居関連のフォローをおこなう

LINE公式アカウントを活用すれば、上記のフローを効率的に進められます。成約までは追客のための定期的な配信、成約後は連絡事項のやりとりに関して業務効率化につながるでしょう。

不動産会社におけるLINE公式アカウントの活用手順③:管理業務で活用する

管理業務においてLINE公式アカウントの基本的な活用フローとしては以下が想定されます。

・賃料入金の延滞の確認および督促をおこなう
・定期清掃・排水の高圧洗浄などの連絡を一斉送信する
・更新の意思確認のやりとりをおこなう
・入居者からの設備・住民トラブルなどの連絡を受ける
・その他の諸連絡をおこなう

物件ごとにアカウントを分けて管理すると、日程連絡などを一斉送信できるうえに、返信は個別で対応可能です。ポスティングやメールでお知らせをおこなっても入居者から返事がなかなか来ず困っていたというトラブルの改善にもつながるでしょう。スケジュール調整などのやり取りも気軽におこなえるため、繁忙期の業務効率化も期待できます。

そのほか、設備に関する問い合わせを受ける際は写真や動画を添付して送ってもらえるため、効率的にヒアリングでき、業者への依頼なども的確に実施できます。

StockSunでは、トップ1%の実力を持つフリーランスの認定パートナーが貴社の課題に合わせてサービスを提供いたします。
相談をいただいた段階で不動産業界と、LINEマーケティングに特化した認定パートナーが具体的な施策を提案し、ご納得いただいたうえで支援を実施いたします。

貴社の事業課題を解決するWEBマーケティングの施策を知りたいときには、お気軽にご相談ください。

\特典:成約率倍増?!貴社サイトとマッチするLINEの戦略をご提案/

LINEについて無料相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

不動産会社がLINEを活用して商談化率を高める方法

不動産会社が、リード獲得から商談化に至るまでのフローの中でLINEを活用できるポイントを以下図解に起こしました

不動産会社がLINEを活用して商談化率を高めるときのフロー図解

商談化率を高めるためには、特に以下のポイントでの活用が必須です。

  • 問い合わせ(CVポイント)
  • リードナーチャリング

LINEの最大のメリットは、ユーザーがワンタップで友だち登録でき、顧客リストを容易に集められることです。

そのため、Web広告や、HP、SNSなどを活用しリーチを拡大した後、LINE問い合わせへ誘導し、まずはリストを集めましょう

その後、集めたリストに対し、お得情報などのメッセージ配信を実施し、潜在顧客を顕在顧客へと育成します。

特にLINEでは、セグメント分けして、それぞれのセグメントに合わせたメッセージを配信することが可能です。

友だち追加と同時にアンケートを実施し、顧客をニーズごとに分類しておくことで、それぞれの顧客の興味関心とマッチした配信になります。

これにより、商談に向けて効率的に顧客を育成できるでしょう。

さらに、商談の日程予約、その後のアップセル・クロスセルもLINEにて実施可能です。

関連記事

LINE運用代行で集客力アップ!おすすめサービスを比較

LINE運用代行で集客力アップ!おすすめサービスを比較

Read More

不動産会社がLINE公式アカウントを活用して売上を倍増させる成功のポイント【StockSun式戦略】

不動産会社がLINE公式アカウントを活用して売上を倍増させる成功のポイント【StockSun式戦略】

本章では、StockSun式の不動産会社がLINE公式アカウントを活用して売上を倍増させるためのポイントを詳しく解説します。具体的なやり方を詳しく説明していますので、明日からでもすぐに実践していただくことが可能です。

LINE公式アカウントへの友だち登録数を増やす

LINE公式アカウントを活用して売上アップにつなげるには、まず友だち登録数を増やすことが大切です。

そのためには、ユーザーが貴社のLINE公式アカウントに登録するモチベーションを高めてあげることが大切です。具体的には、LINE公式アカウントへの登録後の一通目でユーザーが欲しいと思っている情報やクーポンなどを配信することが望ましいです。

報やクーポンなどを配信することが望ましいです。

「登録すればすぐにこの情報・クーポンが手に入る」ということを告知して、友だち登録を促します。

また、それぞれの導線別に、友だちを増やすためのコツと施策を解説します。

店舗やモデルルームへの来店時

店舗やモデルルームへの来店時には、口頭でLINE友だち追加を促しましょう。

実店舗へ来店しているユーザーは、契約までの温度感が非常に高く比較検討段階にいます。そのため、取りこぼすことがないようリストを獲得しましょう。

すでにさまざまな物件を閲覧していて比較検討段階にあるので、「非公開物件情報」などのベネフィットは響かない可能性が高いです。

  • LINE登録すると後日の契約でも手数料が⚪️%オフ
  • LINE登録するとその場で粗品をプレゼント

上記のようにユーザーが「今登録しておきたい」と思うベネフィットを用意しましょう。

また、来店後に登録したユーザーの場合、温度感に合わせてその後も1対1のチャットで営業を進めましょう。

HP、SNS、Web広告

Web施策を実施してリーチを拡大しているときには、問い合わせの導線に必ずLINEを設置しましょう。

また、情報収集の段階にいるユーザーが多いです。そのため、次のような情報を提示して、友だち追加を促しましょう。

  • LINE限定の非公開物件
  • 売れ残り区画最新情報をLINEで公開

また、ユーザーが登録後必ず1通目に有益な情報を届けましょう。

看板・チラシなどのオフライン広告

看板、チラシなどに興味を抱いたユーザーは、物件自体に興味があるユーザーです。

そのため、以下のような情報を提示して、LINE登録を促しましょう。

  • LINEで物件の360°動画や価格の詳細を公開
  • LINEのメッセージから24時間物件の問い合わせが可能

このとき、ただ漠然とお得だと考えている情報やクーポンなどを配信することは控えましょう。ユーザーの興味関心を引かなければ意味がないので、行動や興味関心別に顧客の潜在ニーズ(本当に欲しいと思っているもの)をしっかり深掘りしたうえで、それに合った情報やクーポンなどを配信することが大切です。

LINE公式アカウントへの友だち登録数を増やす施策について、詳しくは以下の動画で解説していますので、併せてチェックして理解を深めましょう。

セグメントを分けて発信情報の内容・頻度を顧客により最適化する

友だち登録数を増やしたら、次はそのリストに対して適切なアプローチをおこなうことが大切です。

セグメントごとに分けることで、ユーザーのニーズに応じた配信をおこなえるようになります。反対に、その顧客にとって関連性の薄い情報を配信してしまうと、ブロックされる可能性が非常に高いです。

セグメントを分ける際は、集めたユーザーに対して診断テストを実施する方法を採用するとスムーズです。診断を通じて、「都内でマンションを購入したい人」「郊外に戸建が欲しい人」など、属性ごとに分類しておきます。

その後、都内でマンションを購入したい人に対しては都内のマンションの物件情報、郊外に戸建が欲しい人には新築一戸建てや建売の情報を配信します。

上記のようにLINE公式アカウントを活用してユーザーの属性を把握し、そのうえでセグメントごとに分ければ、よりニーズに刺さる情報を配信できます。ユーザーの満足度を高められ、集客につながるでしょう。

不動産会社の集客方法は次の記事でも解説しています。LINE以外のWeb施策が知りたいときに参考にしてください。

関連記事

不動産会社の集客方法16選【成約件数9倍アップ!StockSun式戦略!】

不動産会社の集客方法16選【成約件数9倍アップ!StockSun式戦略!】

Read More

私的な内容に偏った発信は避ける

LINEのメッセージは、気付きやすく読まれやすい一方で、何度か送ったメッセージが「自分には関係ない情報だ」と判断されれば簡単にブロックされてしまいます。

気軽にメッセージをやりとりできるLINE公式アカウントの場合、特に発信内容の公私混同に注意しましょう。追客や契約の打ち合わせのつもりが私的な内容に偏りすぎたために、ユーザーから嫌がられてしまうおそれがあります。

ブロックされてしまったら、もう読んでもらうことはできません。そうならないように、適切な頻度で、ユーザーにとって本当にためになる情報のみを送りましょう。

コミュニケーションの内容によって連絡手段を使い分ける

不動産会社の商談率を高めるうえでLINE公式アカウントは非常に便利なツールですが、これだけに頼りきってしまうと顧客のニーズを満たせなくなる可能性があります。

不動産など高額な商品の購入にあたっては、LINEよりもメールや電話の利用を希望するユーザーも中にはいます。顧客の要望に沿うことが最優先ですが、具体的な契約の話はメールを利用するなど、コミュニケーションの内容によって連絡手段を使い分けることが望ましいです。

不動産会社がLINE公式アカウントを活用する際のデメリット

不動産会社がLINE公式アカウントを活用する際のデメリット

続いて、不動産会社がLINE公式アカウントを活用するにあたってデメリットとなりやすい内容の中から、代表的な2つの項目をピックアップし、順番に詳しく解説します。

不動産会社がLINE公式アカウントを活用するデメリット①:ブロック率が高い

LINE公式アカウントは、オプトイン(ユーザーが友達登録し配信の許可をすること)のハードルが低い分、オプトアウト(メールマガジンの配信停止・アカウントのブロックをおこなうこと)もされやすいです。

貴社のLINE公式アカウントについてブロック率が高い状況が続く場合、配信内容や頻度を見直さなければなりません。

とはいえ、むやみに友だちの数だけ増やしてしまうと、配信数が多くなり大きなコストがかかりやすいです。そのため、「ターゲットではないユーザーが離脱している」というように考えてネガティブに捉え過ぎずに、ターゲットの離脱を防ぐ工夫を講じましょう。

不動産会社がLINE公式アカウントを活用するデメリット②:他のWeb施策と掛け合わせた集客が必要

貴社のLINE公式アカウントを知ってもらい友だち追加してもらう(集客につなげる)ためには、LINE友だち追加の広告を活用しなければなりません。

ただし、平均すると2万円で100人の友だちを獲得できる程度の規模間であるため、多くのユーザーを確保するにはまとまった予算が求められます。

そこで、リーチを拡大し、より多くの顧客を効率的に集客するためには、InstagramやSEO・Web広告・YouTubeなどと掛け合わせた施策が必要です。

関連記事

不動産業界向けSEO対策!キーワード選定方法や具体的な施策方法を解説!

不動産業界向けSEO対策!キーワード選定方法や具体的な施策方法を解説!

Read More

関連記事

注文住宅や工務店向けSEO対策!メリットや具体的な施策を解説!

注文住宅や工務店向けSEO対策!メリットや具体的な施策を解説!

Read More

LINEとその他のWeb施策を掛け合わせた戦略については、StockSunにご相談ください。StockSunでは、WEBマーケティングの全方位型のソリューションを提供しており、トップ1%の実力を持つフリーランスの認定パートナーが貴社の課題に合わせてサービスを提供いたします。

相談をいただいた段階で認定パートナーが具体的な施策を提案し、ご納得いただいたうえで支援を実施いたします。
貴社の事業課題を解決するWEBマーケティングの施策を知りたいときには、お気軽にご相談ください。

\特典:成約率倍増?!貴社サイトとマッチするLINEの戦略をご提案/

LINEについて無料相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

StockSun式!不動産会社で生かせるLINEの活用事例3選【売上9倍、CV激増の成功事例】

StockSun式!不動産会社で生かせるLINEの活用事例3選【売上9倍、CV激増の成功事例】

本章では、不動産会社で活用できるStockSunによるLINEの集客成功事例を3つ紹介します。

以下の記事でもStockSunのコンサルタントがLINEを活用して売上UPにつなげた具体事例を解説しています。合わせてご確認ください。

関連記事

【2024年最新】LINE公式アカウントの活用法【成約率20%UP!貴社のビジネスに生かせる成功事例あり】

【2024年最新】LINE公式アカウントの活用法【成約率20%UP!貴社のビジネスに生かせる成功事例あり】

Read More

LINEのステップ配信による展示会への集客で売上を9倍にした事例

はじめに紹介するのは、展示会への集客ツールとしてLINEのステップ配信を活用したところ、売り上げを9倍に上昇させることに成功した不動産会社の事例です。

ステップ配信とは、友だち追加したユーザーに対して、あらかじめ用意しておいた内容・タイミング・期間でメッセージを自動配信できる機能のことです。ステップ配信を集客につなげるためには、オファーからゴールまでの道のりを細分化して設定しておく必要があります。

このとき、現在ユーザーがどのような悩みを抱えていて、どのような心理状態になれば問い合せおこなうのかを考慮したうえで設計することが大切です。

そこで本事例では、まずユーザーの心理状況を的確に判断するために、1通目でアンケートをおこないました。これにより、以下のようにユーザーが最重視しているニーズを確認できました。

・駅近物件を重視している
・価格を重視している
・設計を重視している

そのうえで、以下の構成でステップ配信をおこなっています。

①信頼した会社であるという説明
②この物件なら理想を叶えられるという説明
③現状いい物件が見つからない問題点への刺激
④自社なら理想を叶えられるという解決策の提示

ユーザーのニーズを明確化し、オファーからゴールまでのステップを道筋立てたことで、結果として展示会への集客に成功し売上を9倍アップさせることに成功しました。

事例の詳細については以下の動画で詳しく解説しています。

LINE公式アカウントを利用して成約率を2倍にした事例

次に紹介するのは、LINE公式アカウントを利用して成約率を2倍にアップさせたリサイクル会社の事例です。

この事例の成功要因として考えられるものの1つに、ユーザーにとって有益な告知をしたことが挙げられます。この事例のリサイクル会社では、自社のホームページ上で「写真だけですぐにLINE査定できます」という告知をおこなったところ、LINE公式アカウントの登録者数を増やすことに成功しました。

そのほかの成功要因には、LINEの自動応答機能を活用したことが挙げられます。ユーザーが質問に回答するだけで瞬時に査定できるようなシステムを構築したことで、ユーザーに離脱されなくなり成約率が7%から15%にまで上昇しています。

さらに、査定にかかっていたオペレーションコストの削減にもつながっています。こちらはリサイクル会社の事例であるものの、不動産売買のシーンでも活用できる成功事例です。

この事例について、詳しくは以下の動画で詳しく解説しているのでご参考ください。

LINEとYouTubeを活用し高単価商材のCVを上昇させた事例

最後に紹介するのは、LINEとYouTubeを活用したことで、高単価商材のCVを上昇させることに成功した教育サービス会社の事例です。

この会社では、かねてよりYouTubeチャンネルとLINE公式アカウントによる集客を図っていました。しかし、YouTubeチャンネルからLINE公式アカウントに誘導し、契約に結びつけることに課題を感じていました。

そこで、StockSunでは、LINEにおいてステップ配信を活用し、リードナーチャリング(見込み顧客の育成)をおこなう施策をサポートしました。具体的には、コース別の紹介動画・英語力診断・試聴コンテンツを用意し、リードナーチャリングをおこなっています。

また、YouTubeチャンネルでは、トークの上手な講師の一人語り動画を中心に月に数本、長尺動画を投稿しました。

上記の施策を講じたところ、0/月だった契約件数が8〜10件/月まで伸長しました。LINE登録への導線を丁寧に設計したことが、成功要因のひとつです。

不動産会社の場合も、物件紹介のYouTubeチャンネルを作成しリーチを拡大することはおすすめです。YouTubeから集客した顧客をLINEにて育成し、問い合わせにつなげましょう。

StockSunでは、トップ1%の実力を持つフリーランスの認定パートナーが貴社の課題に合わせてサービスを提供いたします。
相談をいただいた段階で不動産業界と、LINEマーケティングに特化した認定パートナーが具体的な施策を提案し、ご納得いただいたうえで支援を実施いたします。

貴社の事業課題を解決するWEBマーケティングの施策を知りたいときには、お気軽にご相談ください。

\特典:成約率倍増?!貴社サイトとマッチするLINEの戦略をご提案/

LINEについて無料相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

不動産会社のLINE公式アカウント成功事例4選

不動産会社のLINE公式アカウント成功事例4選

ここからは他社の事例となりますが、不動産会社が集客にLINEをうまく活用している事例を解説いたします。

貴社でも横展開していただけるよう、成功につながっている要因を深掘りしているため、ご確認ください。

SUUMO

不動産会社のLINE公式アカウント活用事例|SUUMO

SUUMOのLINEは、次の点が集客にうまく活かせています。

  • ユーザーのニーズごとに適切なページへ飛べるリッチメニューを用意
  • 引越し業者への誘導
  • タイムラインの更新

SUUMOのリッチメニューは、以下項目が用意されています。

  • 賃貸物件を探す
  • 新築マンションを買う
  • 新築一戸建てを買う
  • 引越し業者を探す

クリックすると、SUUMO公式サイトの各物件一覧ページへ遷移する仕組みです。

ユーザーがどのボタンをクリックしたか計測できるような仕組みを構築すれば、ユーザーごとのニーズを把握できます。

アンケート調査を実施せずとも、セグメント分けできる点が優れていると言えます。

さらに、物件契約後に引越しはつきものです。

引越し業者への誘導も実施することで、提携している引越し業者から収益の獲得も狙えます。

アットホーム

不動産会社のLINE公式アカウント活用事例|アットホーム

アットホームは、ユーザーのニーズを引き出す仕組みが構築されています。

LINE登録後、リッチメニューから物件検索へ誘導します。

問い合わせに繋がらなかったユーザー向けに、気になる物件を選択してもらい、条件が似た物件の新着情報をLINEで配信することを告知しています。

複数の物件を選択可能なため、より細かなニーズを把握できます。

セグメントを細かく分類して配信できるため、その後のブロック率低下にもつながっているでしょう。

賃貸スモッカ

不動産会社のLINE公式アカウント活用事例|賃貸スモッカ

賃貸スモッカのLINEは、友だち登録したときのベネフィットをうまく告知できていることが成功の秘訣です。

LINEでは次の情報を届けることを、事前に提示しています。

  • 最新の物件情報をいち早くLINEで公開
  • キャンペーンの最新情報LINEで告知
  • ニーズと条件に合致した物件だけを配信
  • 条件が合致した物件の情報を1日1回配信

友だち追加後には、チャットボットを活用し、ユーザーの希望の条件を調査しています。質問に対し、適切なボタンを選択するだけのため、ユーザーを離脱させない仕組みです。

また、実施したアンケートごとにセグメントを分けることで、ユーザーの条件に合う物件だけを配信しています。

それにより、たとえ頻繁に配信しても、ユーザーにとって有益な情報のため、ブロック率低下を実現しています。

てまひま不動産

不動産会社のLINE公式アカウント活用事例|てまひま不動産

てまひま不動産のLINEは、1対1のチャットにて、スタッフが対応していることが成功の秘訣です。

電話やメールの問い合わせ、来店は、ユーザーにとってハードルが高いもの。気になった物件があっても、腰が重く離脱してしまうユーザーが多いです。

問い合わせ一歩手前のユーザーを逃してしまうのは非常に勿体無いことでしょう。

そこで、1対1のチャットを用意しておくことで、契約につながりやすい温度感の高いユーザーを獲得できます。

また、1対1のやりとりでは、ユーザーの顕在化したニーズを満たしつつ、チャットボットでは引き出せない、より細かなニーズを聞き出すことができます。

チャットを通して信頼関係を築けるため、商談化につなげやすい運用方法と言えます。

不動産会社がLINE公式アカウントを活用する際のよくある質問

不動産会社がLINE公式アカウントを活用する際のよくある質問

最後に、不動産会社におけるLINE公式アカウントの活用にあたって悩んでいる人からよくある質問とその回答を解説します。

不動産会社はLINE公式アカウントを活用して顧客とやりとりすることは可能ですか?

もちろんできます。LINE公式アカウントにはチャット機能があるため、メッセージ配信後にアクションを取ってくれたユーザーとは、1対1でチャットのやりとりをすることが可能です。

そのほか、LINEを使ったマーケティング方法は以下の記事で解説しているため、あわせてご確認ください。

関連記事

LINE集客に成功するStockSun式戦略【リピート率20倍UPの成功事例】

LINE集客に成功するStockSun式戦略【リピート率20倍UPの成功事例】

Read More

関連記事

【LINE広告がアツい!】配信メリットと最新事例をご紹介!

【LINE広告がアツい!】配信メリットと最新事例をご紹介!

Read More

また、不動産会社で活用できるLINE構築方法は、以下の記事でも解説しています。合わせてご確認ください。

関連記事

LINE構築代行の全貌!導入・運用・副業まで解説

LINE構築代行の全貌!導入・運用・副業まで解説

Read More

不動産でLINEのリッチメニューとは何ですか?

LINEのリッチメニューとは、トーク下部に固定で表示させられるボタンのことです。ボタンをタップすることで、ホームページなどの外部リンクに遷移させることが可能です。

不動産のLINEの場合、リッチメニューでは、自社の物件情報ページへ遷移させるケースが多いです。

ボタンは複数配置できるため、「新築物件一覧」「中古物件一覧」など、ユーザーに合わせて複数の遷移先を設定できます。

LINEの固定費はいくらですか?LINEデベロッパーズの料金はいくらですか?

LINE公式アカウントを利用するときの月額固定費は、以下の通りです。

  • コミュニケーションプラン-0円
  • ライトプラン-5,000円
  • スダンダードプラン-15,000円

また、LINEデベロッパーズも、LINE公式アカウントに登録していれば、利用自体は無料です。

ちなみにLINEデベロッパーズとは、LINE公式アカウントに連携するためのプロダクトを開発できるサイトです。

LINEデベロッパーズを活用することで既存の公式アカウントにたとえば以下の機能などを追加できます。

LINEログイン

特定のサイトの登録時に、LINEのログイン情報を紐付けさせて、簡単に登録できるようにする

Messaging API

公式LINEとユーザーは双方向でチャットのやりとりをできるようにする

LINEミニアプリ

スタンプカードやクーポンなどLINE上で起動できるミニアプリ

利用自体は無料ですが、開発する際は専門的な知見が必要です。
そのため、代理店を活用することになるので、代理店への依頼費用がかかることは考慮しましょう。

まとめ

不動産会社でLINE公式アカウントを導入する際は、仲介業務および管理業務の観点から活用を検討しましょう。うまく活用できれば、商談化率だけでなく業務効率化もアップさせられます。

「LINE公式アカウントを導入したものの、効果的な活用方法がわからない…」
「LINE公式アカウントを通じてどのように集客につなげればよいのかわからない…」

StockSunでは、トップ1%の実力を持つフリーランスの認定パートナーが貴社の課題に合わせてサービスを提供いたします。
相談をいただいた段階で不動産業界と、LINEマーケティングに特化した認定パートナーが具体的な施策を提案し、ご納得いただいたうえで支援を実施いたします。

貴社の事業課題を解決するWEBマーケティングの施策を知りたいときには、お気軽にご相談ください。

\特典:成約率倍増?!貴社サイトとマッチするLINEの戦略をご提案/

LINEについて無料相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

「Webを使った集客施策を進めているものの思ったような効果が出ていない…」
「集客は外注したいがお金がない!とにかく安く依頼をしたい!」

そこでマキトルくん!貴社の悩みを全て解決します!

・貴社の目的に合わせ専属のWebマーケティングチームを組みます!効率的かつスピーディーにマーケティング施策を実行!
・定額制!優秀なWebマーケティングチームに格安で依頼可能!

StockSunの新サービス「マキトルくん」では、貴社の商材に適した最適施策をご提案し、知見豊富なプロ人材が施策を実行します。

限られた予算の中で売上を短期間で伸ばしたいときや、Web周りのマーケティングを知見豊富なプロに丸投げしたいときはぜひご検討ください。

マキトルくんのバナー


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。