メールで
無料相談
LINEで
無料相談

















TOP

SEO戦略とは?効果的な戦略設計・実行手順を解説!アクセス数1,800%アップの事例も紹介

SEO
更新日
SEO戦略とは?効果的な戦略設計・実行手順を解説!アクセス数1,800%アップの事例も紹介

著者

舟崎友貴

「具体的なSEO戦略を知りたい」

「SEO戦略を立てるべきか悩んでいる」

上記のように悩んでいる方は少なくないかと思います。

本記事では、StockSunが、SEO戦略の必要性、具体的なSEO戦略設計の内容をお伝えします。

※SEO戦略に悩んでいる方は、StockSunの無料相談をご活用ください。経験豊富なSEOコンサルタントが貴社のサイトの状況にあったSEO戦略を提案させていただきます。

StockSun式SEO対策戦略をご提案

SEO戦略の相談する
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら

SEO戦略とは?

SEO戦略とは

SEO戦略とは、SEO対策において成果を出すために立案する戦略のことです。

競合が激化しているSEO市場において、戦略なしでSEO対策を実施しても、成果にならないことがほとんどです。

特に競合が一定存在する領域の場合、戦略を練ったうえで、SEO対策を実施しないと、全くアクセスや売上に繋がらなかったというケースも少なくありません。

そのため、本記事で記載していくSEO戦略を設計し、実際に実行していくことをおすすめします。

関連記事

SEOとは?基本知識から上位表示をするための効果的な施策を紹介!

SEOとは?基本知識から上位表示をするための効果的な施策を紹介!

Read More

StockSun流「SEO戦略設計・実行の流れ」

SEO戦略流れ

SEO対策の開始を検討する際に、いきなりSEO対策を始めるのではなく、まずはSEO戦略を構築してから、優先度をつけて開始することが大切になります。

ここからは、SEO戦略の設計方法についてお伝えさせていただきます。

SEO対策の目標確認

SEO戦略を設計するうえで、最初に実施するべき内容は「SEO対策の目的確認」になります。

SEO対策の目的確認ができていない場合、対策の方針がズレたものになってしまうケースも珍しくありません。

<対策の方針がズレてしまう例>

  • SEO対策の目標→売上を増やしたい
  • 実際の対策内容→サイトのアクセスを増やすことがいつの間にか優先事項になってしまい、購入や問い合わせから遠いキーワードばかり対策してしまう

このようなズレは、対策方針を最初に確認することでなくすことができますので、まず最初にSEO対策の目的を確認することが大切になります。

対策キーワードの決定

対策方針が明確になった場合、方針に合致するキーワードを洗い出し、対策キーワードを決めます。

例えば、問い合わせや売上の増加といったコンバージョンが目的である場合は、顕在層や準顕在層が検索することが想定される、Buyクエリ(「買いたい」という意図のクエリ)を中心に選定することがおすすめです。

もし、リスティング広告を運用しており、コンバージョンが出ることが分かっているキーワードがある場合は、そういったキーワードを対策キーワードとして選定することも有効な手法となります。

一方で、すでにコンバージョンは獲得できているが、さらに商品やサービスの認知も獲得したいという場合は、潜在層が検索するキーワードを選定することも良いでしょう。

関連記事

SEO対策はキーワード選定が重要!選定の手順や入れ込み方!おすすめのツールも紹介

SEO対策はキーワード選定が重要!選定の手順や入れ込み方!おすすめのツールも紹介

Read More

【補足】具体的なキーワードの選定方法

対策キーワードを漏れなく洗い出すためには、以下の3種類のツールを使うことが有効になります。

ツール名 役割
キーワードプランナー 軸となるキーワードと関連があるキーワードを抽出
サジェストツール サジェストキーワードを抽出
ahrefs 競合キーワードを抽出

詳細については、以下の動画で解説してありますので、参考にしてください。

キーワードの検索意図を満たすように、ページの作成を行う

対策キーワードが決定した場合、キーワードの検索意図を満たすような良質なページを作成することが重要となります。

また、キーワードによってどのような種別のページを作成していけば良いのか異なるため、慎重に見極める必要があります。

例えば、SEO事業者が、SEOコンサルティングのお客様を獲得するために、以下のキーワードを対策キーワードと設定した場合、それぞれのキーワードで作成すべきページの種類は異なります。

  • 「SEOコンサルティング」単ワード→サービスページ(※)

※2024年6月時点では、比較ページでも上位表示できる可能性があるが、サービスページの表示割合が多いため、事業者の場合はサービスページで取る方が良いと判断ができる

  • 「SEOコンサル 費用」→コラムページ

上記のような内容も踏まえたうえで、検索意図を満たしやすい適切なページを作成することが大切になります。

StockSun式SEO対策戦略をご提案

SEO戦略の相談する
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら

マイナス要素の排除

ここまでの手順を行うことで、SEO対策の土台が出来上がります。

その次のプロセスとして、マイナス要素の排除を行います。

サイトに大きなマイナス要素がある場合、良質なコンテンツの投稿や被リンク対策といった相対対策項目のSEO対策を行った場合でも、全く成果が出ない場合があります。

大きなマイナス要素の例として、「重要なページにnoindexタグが設定されている」というものが挙げられます。

noindexタグは、検索エンジンに対して、インデックスさせないためのタグであるため、設定されていると、どんなに良質なページを公開していても、いつまで経っても検索結果に表示すらされないことになります。

こうしたマイナス要素の排除は、土台が整ったタイミングで、最初に実施すべきことと言えます。 その他のマイナス要素の例については、以下に記載しておきます。

  • 本来indexさせるべきページに、noindexタグが設定されていた
  • robots.txtの記載が間違っており、重要なページがクロールされていなかった
  • 予期せぬ低品質ページが大量に発生しており、index登録されていた
  • 重複ページが大量発生していた

相対評価項目の強化

ここまでの対策項目が一通り実施できて、ようやく着手するのが、相対評価項目の強化です。

相対評価項目とは、他のサイトとの相対的に比べられる項目のことです。王道のSEO対策として知られる、「コンテンツの強化」、「被リンク集め」などは、こちらの項目に該当します。

SEO対策では、相対評価項目がどうしても注目されがちですが、これまで解説してきたような手順を抑えずに実施してしまうと、効果が全くでない、期待していたほど十分な効果が出ないといったケースは少なくありません。

そのため、相対評価項目を実施する前に、必ず以下のようなことを実施することをおすすめします。

  • キーワード調査
  • キーワードに対応したページの作成
  • マイナス要素の排除 など

なお、以下では相対評価項目の強化として、いくつか例を挙げます。

<コンテンツ面>

  • 検索意図を満たす良質なコンテンツの作成
  • オリジナル画像の作成
  • 権威性のある専門家による監修
  • メリット、デメリットの記載 (レビュー記事の場合)
  • 体験の明記

<被リンク>

  • 権威性のあるリンクの獲得(例:行政リンク、大企業からのリンク)
  • 関連性の高いリンクの獲得
  • 地域と関連性のあるリンクの獲得(地域キーワードを狙う場合)

SEO戦略を行うメリット

SEO戦略を行うメリット

検索結果の上位に表示されると集客率が上がる

SEO戦略により、集客率が上がる場合があります。SEOの効果が出てくると、Google検索結果の上位にサイトが表示されるためです。

Google検索で常に1位に表示されていれば、顕在層の目に留まる機会が多くなります。顧客になるユーザーを集客できるため、売り上げにも繋がる可能性が高いです。

また、Googleは「良質なコンテンツ」を上位表示する傾向があります。サイトが上位に表示されてユーザーが求める価値を提供することで、企業イメージのアップにもつながるでしょう。

Web広告と比較して費用対効果が高くなるケースがある

SEOはWeb広告と比較して、費用対効果が高くなる例が少なくありません。

例えば、リスティング広告を利用すれば、検索結果の上部にPRとして表示させることができます。

コストをかけることで比較的容易に上位表示が可能ですが、長期的な費用面でのコストの発生や、出稿キーワードの調整のような運用面のコストがかかるなど、デメリットが存在することも事実です。

一方、SEOはリスティング広告などと比較して、そのようなコストを抑えられる傾向にあります。 具体的には、クリック数に応じて費用が発生することはないため、費用面のコストを抑えやすいです。

顕在層以外にも、潜在層の目に触れる機会が高まる

SEO戦略によって上位表示されていると、顕在層だけではなく、潜在層にも、企業名やサービスなどを知られる機会が高まります。

潜在層とは、今後顧客になる可能性のあるユーザー層です。自社が提供しているサービスを認知していない状態でも、上位表示されたサイトを訪れることで、顧客に変わる可能性があります。

メインターゲットではない潜在層にもアプローチしやすくなる点がSEOのメリットと言えます。

売り上げに直結する場合もある

SEO戦略を行うメリットとして、売り上げに直結することも挙げられます。

SEO戦略において対策するキーワードによっては、今すぐにでも商品がほしい・サービスを利用したいと考えている、購買意欲の高いユーザーが訪れる可能性があります。

例えば、「おすすめ」のようなキーワードで上位表示できた場合、よりサービス購入に近いことが想定されるユーザー層にアプローチできます。

他にはECサイトの場合は上位表示され、ページビュー数がアップすると、売り上げに直結する可能性が高まるでしょう。

SEO戦略を行うデメリット・注意点

SEO戦略を行うデメリット

SEO戦略の立案の時点で専門知識や経験が必要

SEOの戦略を立案する際には、先述の通りさまざまな工程が必要ですが、中でも重要なものが「対策キーワード」の選定です。

すべてのキーワードにおいて、上位表示すればコンバージョンに繋がるかと言われるとそうではありません。

そのため、どのようなキーワードが求める成果に近いユーザーを集められるか、調査することが必要になります。

さらに、集客後のコンバージョンに繋がる率のシミュレーションも必要です。

このように、戦略立案の時点で細かい調査や経験値に基づく数値の分析、想定が必要になります。この点は、SEO戦略を立てる時点で難易度が高い内容です。

StockSun式SEO対策戦略をご提案

SEO戦略の相談する
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら

SEOに関する専門的な知識が必要

SEO戦略を練る際には、SEOに関する専門的な知識が必要となります。

Googleは上位表示される条件などを公開しておらず、効果的なSEO対策を判断することが難しい状況です。

そのため、上位表示させるには、SEOに関する知識と経験が少なからず必要になります。

また、的確なSEO対策を行っても、上位表示される保証はありません。さまざまな手段を試すことになるため、時間がかかる場合もある点もデメリットと言えます。

SEO対策において重要な知見は、次の記事にて詳細を解説しています。

関連記事

YMYLとは?対象ジャンルやSEOにおける効果的な対策のポイントを紹介

YMYLとは?対象ジャンルやSEOにおける効果的な対策のポイントを紹介

Read More

関連記事

E-E-A-T(旧E-A-T)とは?SEOで重視されるGoogleの評価基準と上位表示にむけた14選の施策を紹介

E-E-A-T(旧E-A-T)とは?SEOで重視されるGoogleの評価基準と上位表示にむけた14選の施策を紹介

Read More

施策の効果が表面化するまでに時間がかかりやすい

SEOは対策してすぐに目に見えた効果が出ることは少ないと言えます。

戦略時点での方向性の決定に時間を要することはもちろんですが、個別にSEO対策を行ってから一定の時間がかかることも理解しておく必要があるでしょう。

また、競合するサイトが強い場合は、さらに時間を要することが考えられます。コンテンツを制作する前に競合の調査を行い、効果が現れるまでの時間を想定しておくことが大切だと言えます。

定期的なメンテナンスが必要

上位表示され、その順位を維持したい場合は、定期的なメンテナンスが必要になります。

例えば、情報が古くなってしまった箇所を最新の情報に更新するなど、過去にアップした記事に手を入れ続ける必要があるでしょう。

また、競合サイトに順位を抜かれてしまった場合は、記事をリライトすることも選択肢のひとつです。リライトを行い、記事をアップデートすることで、再び上位表示される可能性が高まります。

Googleのアップデートに合わせた対策が必要

Googleは検索エンジンのアルゴリズムのアップデートを多く実施します。

その結果、過去のSEO対策では効果が出なくなったり、順位が大きく変動したりと、さまざまな影響を受けてしまうことが多いです。

運営しているサイトがアップデートの影響を受けてしまうと、順位が大きく下がることもあり、予測できない状態になる場合も少なくありません。

そのため、Googleのアップデートに合わせ、常に最新のSEO対策を行うことが大切と言えます。

StockSunオリジナルの成功事例

求人サイトのアクセス数1,800%アップ

StockSunのSEO対策の成功事例として、求人サイトのアクセス数が、1,800%アップした事例があります。

ご相談をいただいた際は、

  • 対策キーワードが定まっていない
  • 最も狙いたい「職種×求人」、「エリア×求人」に対応するページが存在しない

という状態でした。

そのため、StockSun流のSEO戦略に従い、以下のフローでサイトの抜本改善を実施しました。

  1. キーワードの精査、洗い出し
  2. キーワードに対応したページの新規作成
  3. 低品質ページなどのマイナス要素の徹底排除
  4. 被リンク施策を中心とした相対評価項目の向上

結果として、1年間で1,800%のアクセス数アップを達成し、クライアント売上も大きく伸びました。

StockSun式SEO対策戦略をご提案

SEO戦略の相談する
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら

SEO対策に適任のコンサルタント

小原一輝

小原一輝

商談獲得のプロフェッショナル

SEO•MEOコンサルティング

塾・予備校

ジム・エステ

受託

川口健作

川口健作

クリニック名人

SEO•MEOコンサルティング

医療・クリニック

Web広告運用コンサルティング

新規事業コンサルティング

製造業

SaaS

舟崎友貴

舟崎友貴

日本トップクラスのSEO集団統括

SEO•MEOコンサルティング

医療・クリニック

転職

新卒

不動産投資

塾・予備校

為国辰弥

為国辰弥

採用スペシャリスト

採用コンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

転職

新卒

総合Webマーケティング支援

Webサイトコンサルティング

SEO•MEOコンサルティング

Web広告運用コンサルティング

楢本浩太

楢本浩太

StockSunのNo.1サイト制作チーム

Webサイトコンサルティング

総合Webマーケティング支援

SEO•MEOコンサルティング

受託

SaaS

学校

塾・予備校

ポータルサイト

工務店、ハウスメーカー

採用代行

新卒

転職

保険

投資

カード

不動産投資

山崎翔太朗

山崎翔太朗

オウンドメディア請負人

SEO•MEOコンサルティング

医療・クリニック

転職

工務店、ハウスメーカー

不動産投資

保険

カード

受託

SaaS

投資

西田圭佑

西田圭佑

D2C / ECスペシャリスト

EC / D2Cコンサルティング

SEO•MEOコンサルティング

新規事業コンサルティング

飲食・小売

製造業

伊神潤

伊神潤

広告運用費年間10億円以上のプロフェッショナル集団

Web広告運用コンサルティング

SEO•MEOコンサルティング

Webサイトコンサルティング

新規事業コンサルティング

EC / D2Cコンサルティング

森澤佑輔

森澤佑輔

趣味SEO

Webサイトコンサルティング

SEO•MEOコンサルティング

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。