メールで
無料相談
LINEで
無料相談

















TOP

SNS広告ターゲティングで集客向上!ターゲティング方法を徹底解説

SNSのプラットフォーム上に表示される広告が、SNS広告です。SNS広告は、おすすめのアカウント欄、ストーリーズ、タイムラインなど、さまざまな場所に表示されます。
近年ではSNSの利用者数が増加している状況です。総務省の調査によると、2022年に日本国内でSNSを利用している人は「1億200万人」でした。2027年にはさらに増え「1億1300万人」と予測されています。SNSを利用すれば多くの人の目に留まるため、宣伝効果が高いと言えるでしょう。

参考記事:総務省「令和5年版 情報通信白書-SNS

SNS広告には、いくつかの種類があります。テキスト、カルーセル、動画などです。自社のサービスや商品に合った形を選択できると言えるでしょう。
またSNSにはユーザーの詳細な情報が登録されています。趣味や学歴、勤務先、役職、性別、年齢などです。SNSを利用することで、これらの情報を使った精度の高いターゲティングが可能となるでしょう。
この記事では、SNS広告のターゲティング戦略、媒体ごとの設定方法、効果測定方法などを紹介します。

弊社StockSunのマキトルくんは、「格安でマーケティングのプロに業務を依頼できるサービス」です。弊社が抱える約2,000名のWebマーケティングに強いフリーランスの中から貴社専属の担当をアサインします。
「新しく人を雇うコストがない」「社内にノウハウがない」「自社の施策スピードが遅い」というお悩みを最短で解決いたします。

現在、オンライン無料相談を実施中です。
「スキルのある人材に格安で依頼したい」という方は、マキトルくんのオンライン無料相談をご利用いただき、貴社のWeb課題解決にお役立てください。
(※現在無料相談枠の空きがございます)

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。

SNS広告のターゲティング戦略とは?

SNSは多くのユーザーが利用しています。自社のサービスや商品を売り込むターゲットを設定することで、効果的な宣伝が可能となるでしょう。ここではSNS広告を利用したターゲティング戦略について紹介します。

SNS広告ターゲティングの精度と効果

SNS広告では、詳細な精度の高いターゲティングを設定することが可能です。ユーザーがSNSに登録する際、さまざまな情報を入力しており、それらの情報を利用することができます。さらにユーザーの詳細情報とユーザーがSNS上で「シェア」や「いいね」などの行動を合わせることで、より精度の高いターゲティングが実現可能です。
ターゲティングの方法として、主に次の6つの方法があります。

ターゲティングの方法 説明
キーワードターゲティング ユーザーがSNS上で投稿したキーワードを元に、自社のサービスや商品に合うターゲットを設定する方法です。主にX(旧Twitter)の広告で使うことができます。投稿内容からユーザーのジャンル、関心のレベルを予測することが可能です。
類似オーディエンス 自社の顧客リストや、過去に購入した履歴のあるユーザーと類似しているユーザーに対して、広告を送信することが可能です。購入履歴のあるユーザーと同じ行動をしている新たなユーザーは、自社サービスや商品を購入する可能性が高いと言えるでしょう。
リターゲティング ユーザーの行動に合ったターゲティングを行います。例えば、自社のサービスや商品を購入したユーザーに対しては、新商品の宣伝などです。新商品の認知度を高めることが可能となります。
カスタムオーディエンス 自社のWebサイトに訪れたことのあるユーザーと、Facebookなどに登録されている情報を利用して、ターゲットを絞り込み広告を送信する方法です。ユーザーの興味に合った配信が可能となります。
興味に一致したターゲティング ユーザーがSNS上で投稿した内容、「いいね」した内容、リツイートした内容など、ユーザーの関心や興味を把握し、広告配信する方法です。ユーザーの関心や興味に沿った形で、広告を表示することができるため、効果が見込めるでしょう。
基本情報のターゲティング ユーザーのパーソナル情報からターゲットを設定する方法です。住所や年齢、性別、職業などの情報になります。例えば「30代既婚男性」「関東在住の20代独身女性」などの絞り込みです。

SNS広告を利用することで、さまざまな効果を得ることができます。主な効果としては次の内容です。

ターゲティングの効果 説明
若者へのリーチ SNSは若い世代の利用率が高い状況です。総務省の調査によると、SNSの利用率が最も高いのが「20代」で「93.2%」、次に多いのが「10代」で「90.7%」となっています。そのため若年層へのリーチがしやすいと言えるでしょう。若年層向けのサービスや商品を提供している企業にとっては、高い効果が期待できます。
拡散が期待できる SNSを利用しているユーザーは、自身が利用しているサービスや商品が気に入った場合、多くの人に知ってもらおうとして拡散します。ユーザーが拡散した情報は、多くの人の目に留まることになるため、広く認知されると言えるでしょう。また費用や労力が発生しないため、拡散のコストパフォーマンスは高いと言えます。ユーザーに拡散してもらうためには、サービスや商品の質が重要です。ユーザーに気に入ってもらい、便利だと思われることが重要となります。
正確なターゲティング SNSにはユーザーの基本情報が登録されています。そのため自社のサービスや商品を購入する可能性のあるユーザーに絞って、広告を配信することが可能です。見込みのありそうなユーザーにアプローチすることで、効率の良い宣伝戦略を実施することができます。

参考記事:総務省「令和3年 通信利用動向調査ポイント-3 SNSの利用動向(個人)

ターゲティング広告と従来の広告との比較

広告にはさまざまな種類があります。大きく分類すると「オンラインの広告」「オフラインの広告」に分けられるでしょう。
オンライン広告とは、インターネットで配信したり表示したりする広告です。SNS広告やリスティング広告、ディスプレイ広告などがあります。ターゲティングが可能な広告は、オンライン広告です。
一方オフライン広告とは、看板、新聞、雑誌、ラジオ、テレビなどの媒体を利用した広告となります。それぞれのメリットとデメリットは以下の通りです。

項目 オンライン広告 オフライン広告
メリット ターゲティングを設定しやすい効果の測定ができる手軽に始めることができる 場所によるターゲティングがやりやすい広告表示が保証されている
デメリット 競合が多く存在している運用する場合はスキルや知識が必要となる 効果測定が難しい高額な費用が発生する場合がある
広告の種類 デジタル音声広告、リワード広告、アフィリエイト広告、リターゲティング広告、ディスプレイ広告、リスティング広告、SNS広告、ネイティブ広告、動画広告、タイアップ広告、純広告など。 タクシー広告、デジタルサイネージ、屋外広告、交通広告、マスメディア広告(ラジオ、新聞、雑誌、テレビ)など。

オンライン広告は手軽に始められますが、手軽さゆえに競合が多数存在しています。またターゲティングを設定しやすいため、見込みのあるユーザーに絞った広告配信が可能です。
オフライン広告は、広告を出稿するエリアを設定することができます。そのため実店舗への集客など、場所が重要な場合に有効と言えるでしょう。

SNS広告ターゲティングのメリットとデメリット

高い効果の見込めるSNS広告ですが、メリットだけではありません。デメリットも存在しています。SNS広告を利用する場合は、デメリットも把握しておくことが重要です。

メリット

SNS広告は多くのメリットがあります。以下はSNS広告のメリットについての紹介です。

メリット 説明
コストパフォーマンスが良い SNS広告で費用がかかるのは、インプレッション数が一定以上になった場合と、クリックされた場合です。そのため予算内での運用が可能となります。コストを抑えることができ、余分な費用がかからないため、魅力的な広告と言えるでしょう。
拡散力が高い ユーザーに気に入ってもらえることで、自社のサービスや商品を拡散してもらえる可能性があります。リツイートやシェアで一気に広がることも期待できるでしょう。またSNSで話題になると、他のメディアで取り上げられる可能性も出てきます。SNS広告は、さまざまな可能性を秘めた広告と言えるでしょう。
若年層へアピール可能 SNSは若年層の利用率が高い状況です。そのためSNS広告を配信すると、若年層へのアプローチにつながります。若年層が興味を示しそうなキャンペーンやサービスを訴求することで、高い効果が期待できるでしょう。
ターゲティングの精度が高い SNSにはユーザーの住んでいる場所、年齢、性別、職業、役職、趣味など、さまざまな情報が登録されています。それを利用して、ターゲットとするユーザーを絞り込むことが可能です。無駄のない広告配信が可能になると言えるでしょう。

デメリット

ここでは、SNSのデメリットについての紹介です。SNS広告運用を開始する場合、デメリットについて理解しておく必要があると言えるでしょう。

デメリット 説明
頻繁に改善する必要がある SNS広告の効果を挙げるためには、定期的に効果測定の結果を集計し、改善していく必要があります。SNSは多くのユーザーへの配信が可能ですが、それだけでは効果は上がりません。問題点を明確にして改善策を講じていく必要があります。
炎上の可能性がある SNSでは良い評価が拡散していくのと同じように、悪い評価も拡散していきます。悪い評価が拡散し炎上してしまうと、自社のサービスや商品のブランドイメージ低下につながるでしょう。インパクトのある広告を配信してしまうと、ユーザーからの評価が得られない場合もあるので注意が必要です。
魅力的なコンテンツを作る ユーザーは魅力的なコンテンツでないと、満足しません。自社のサービスや商品のイメージも向上しないでしょう。そのため、魅力的なコンテンツを作っていく労力がかかる点がデメリットと言えます。
高い年齢層への配信が困難 SNSは若年層の利用率は高いですが、高年齢層の利用率は低い状況です。総務省の調査によると、「70代」の利用率は「60.7%」、「80代以上」の利用率は「47.4%」でした。自社のサービスや商品が高年齢層向けの場合は、効果が得られない可能性もあります。
ユーザー属性を掘り下げる SNS広告は多くの人に対して広告配信するのが特徴です。そのため自社がターゲットとしているユーザー属性を掘り下げておかないと、無駄に広告配信してしまうことになります。ターゲットとするユーザーの属性を明確にし、ターゲット層に対して広告配信することで、費用対効果を高められるでしょう。ターゲット設定は慎重に行う必要があります。

参考記事:総務省「令和3年 通信利用動向調査ポイント-3 SNSの利用動向(個人)

媒体別SNS広告のターゲティング方法と特徴

SNS広告は、ターゲティングを詳細に設定できる点が特徴です。SNSごとに方法が異なります。以下はSNSごとの特徴や設定方法の紹介です。

Facebookターゲティングの活用方法

Facebookでは、実名を使ったコミュニケーションを基本としています。そのため登録情報に正確性があるのが特徴です。他のSNSと比較すると、精度の高いターゲティングができると言えるでしょう。
Facebookの広告はFacebook内での表示だけでなく、関連サービスでも表示させることが可能です。関連サービスとは、Messenger、Audience Network、Instagramなどになります。
関連サービスごとに、表示させる広告の形式を設定することが可能です。また自動配信機能を使うこともできます。

自動配信機能を利用することで、効果の見込める形式を自動で判断してもらい広告表示してもらうことが可能です。無駄な広告を省き、費用対効果が期待できる方法となります。
Facebookはユーザーの趣味や職業の情報が正確となっている状況です。したがって自動車販売の広告や企業経営者向けの講演会など、特定のユーザーへの情報提供に適しています。

Instagram広告でのユーザーターゲティング

Instagramを使用した広告は、大きく2つの手法があります。1つはフィード投稿の間に入れられるフィード投稿形式の広告、もう一つはフォローしている人のストーリーズを3回閲覧するたびに入れられる、ストーリーズ形式の広告です。

Instagramはユーザーの要望に合わせる形で、広告の方法を拡張していくことができます。例えば、発見タブにフィード投稿の広告を載せることなどです。また自社製品のカタログなどを投稿に載せておき、商品購入サイトに移動してもらうコレクション広告機能も利用することができます。

Instagramの利用ユーザーで多いのは10代、20代です。また女性の割合が多いのも特徴と言えます。自社のサービスや商品が、10代、20代の女性向けであった場合、Instagramの広告は有効な手段となるでしょう。
写真投稿もInstagramの特徴の一つです。自社のサービスや商品が、写真を使った訴求に適している場合もおすすめです。

X(旧Twitter)広告のターゲット設定のコツ

Xは他のSNSと比較すると、拡散する力が強いと言えます。利用しているユーザーが「いいね」を押したり「リツイート」したりすると、タイムラインに情報として表示されるためです。「引用リツイート」した際も、タイムラインに表示されるため広く拡散します。

Xに広告を出稿した場合、ユーザーの「リツイート」「いいね」、通常のメッセージ投稿に反応することが可能です。したがって、多くのユーザーのタイムラインに広告が表示され、広い宣伝の効果が期待できます。
Xの利用ユーザーの年代は、10代、20代が大半です。自社のサービスや商品のユーザーが、10代、20代の場合は、XはおすすめのSNSとなります。

またXの拡散力を活かした広告運用も重要です。話題性や季節性の観点から、ユーザーから注目を集めそうなサービスや商品を掲載するのがコツと言えるでしょう。

LINE広告で効果的なターゲティングの仕方

LINEの広告は、さまざまなメディアに掲載することが可能です。これはLINEを運用している「LINE株式会社」が、多くのメディアを手がけていることが大きいと言えます。例えば次のようなメディアです。

  • LINEマンガなどのLINEファミリー
  • LINE NEWS
  • LINEのタイムライン
  • LINEのトーク画面

またLINE NEWSを利用して広告掲載する場合、記事型のLPが良いでしょう。ユーザーがニュースを閲覧する際に、記事型LPは違和感が無く自然に読むことができるためです。
LINEは他のSNSと比較すると、利用率が高い点が特徴となります。また全年齢を網羅しているとも言えるでしょう。
そのため、広く情報を配信したい場合に効果が期待できる広告です。どのようなサービスや商品にも適していると言えます。ただし注意しなければいけないのが、LINE広告で掲載ができないサービスや商品があるということです。掲載ができないのは、主に次のような内容となります。

  • マッチングサイト、出会い系
  • アダルト系
  • ギャンブル系(公営くじや公営競技は除く)

TikTok広告のターゲティングの活用法

TikTokは、高い拡散力のあるSNSです。アプリ内でユーザーがどのように行動したのか、どのようなカテゴリーに興味があるのかを分析し、ターゲティングに活かすことができます。
TikTok広告では、20種類の大分類と、さらに小分類を設定して広告を配信する方法です。ユーザーが使用しているデバイスを限定したり、OSや通信環境を限定したりすることもできます。
また、ユーザーリストを使ったターゲティングも可能です。次の2つの方法があります。

ユーザーリストターゲティング 説明
類似オーディエンス 既存にあるユーザーリストを使って、既存ユーザーと似ている行動パターンや属性を持っているユーザーに広告を出す方法です。
カスタムオーディエンス 過去に自社のWebサイトに訪れたユーザー、既存のユーザーリストを使った広告配信です。リマーケティング手法と呼ばれています。

TikTokは若年層の利用率が高い状況です。自社のサービスや商品が、若年層向けだった場合、広告の効果が期待できるでしょう。

YouTube広告でのターゲティング戦略

YoutubeもSNSの一種となります。アンケート機能やコメント機能を使用して、ユーザーとのコミュニケーションを取ることができるためです。Youtubeを使用した広告は、多くの種類があります。以下は、Youtubeの広告9種類です。

  • ディスプレイ広告
  • オーバーレイ広告
  • マストヘッド広告
  • アウトストリーム広告
  • バンパー広告
  • TrueViewアクション広告
  • インフィード動画広告
  • スキップができるTrueViewインストリーム広告
  • スキップができないTrueViewインストリーム広告

これらの9種類を活用することで、目的に沿った広告表示が可能となります。Youtube広告では次のような効果が期待できるでしょう。

  • ユーザーのアクションを促す
  • ユーザーの「比較したり検討したりする気持ち」を高める
  • ユーザーの認知度向上
  • ユーザーの広告想起率の向上

Youtubeは全年齢層で利用者数が高い状況です。そのため、どのようなサービスや商品でも効果的に利用することが可能です。動画での訴求となるため、ユーザーに伝えやすい点が特徴と言えるでしょう。

SNS広告ターゲティングの最適化

SNS広告では、さまざまなターゲット層にアプローチすることができます。無駄を省いて見込みのあるユーザーに絞り込んだ、効果的な広告配信が可能です。そのためには、ターゲティングの最適化が重要と言えるでしょう。ここではターゲティングの最適化について紹介します。

ターゲット層の分析と設定の重要性

効果的にSNS広告を展開しようとする場合、ターゲットの設定が重要となります。自社のサービスや商品を、どのようなユーザーに訴求するのかを決めることです。そのためには、ターゲット層の分析が大切と言えるでしょう。
ターゲット層は、地域、興味、関心、職業、性別、年齢などの情報をもとに設定します。自社のサービスや商品に興味のあるユーザー、購入の見込みがあるユーザーはどのような特徴があるのかを分析することが重要です。
また、ターゲティングオプション機能を提供しているSNSプラットフォームもあります。ターゲティングオプション機能では、ターゲットの詳細な特性などを設定することが可能です。効果的なSNS広告展開が可能になると言えるでしょう。

広告配信の最適化と効果測定の方法

配信しているSNS広告のデータを分析することで、改善点を見つけ出すことが可能です。SNS広告ごとに、どのような効果が現れているのかを分析します。ターゲットの設定や、広告のコピー、クリエイティブなどに改善点があった場合は、対応する方法です。正確なターゲット設定、無駄のない広告を展開することで、費用対効果を高めることが期待できるでしょう。

SNS広告の効果を測定する場合、SNS広告の目的が達成できているかどうかが指標となります。SNS広告の目的は、次の3つです。

  • 認知:ユーザーから認知される
  • 誘導:ユーザーを誘導する
  • 獲得:ユーザーがサービスや商品を購入する

目的ごとに、指標となる項目が異なります。

認知の指標

ユーザーから認知されることを目的にする場合は、次の指標で効果を測定します。

認知の指標 内容
インプレッション数(IMP) SNS広告が画面に表示された回数
インプレッション単価(CPM) 広告表示1000回あたりの広告単価
リーチ(Reach) SNS広告を見たユーザー数
フリークエンシー(Frequency(FQ)) ユーザー一人あたりにつき表示されたSNS広告の回数

誘導の効果を測定する指標

ユーザーを自社Webサイトなどに誘導することが目的の場合は、次の指標で効果を測定します。

誘導の指標 内容
クリック数(Click) ユーザーがSNS広告をクリックした回数
クリック率(CTR) SNS広告が表示される回数に対してのクリック数の割合
クリック単価(CPC) ユーザーの1クリックあたりの広告単価

獲得の効果を測定する指標

ユーザーが自社サービスや商品を購入したり、資料請求したりすることが目的の場合、次の指標で効果を測定します。

誘導の指標 内容
コンバージョン数(CV) ユーザーがSNS広告を経由して、最終的なアクションまで進んだ回数
コンバージョン率(CVR) SNS広告を経由して訪問したユーザー数に対して、最終的なアクションまで進んだ回数の割合
顧客獲得単価(CPA) コンバージョン1回あたりの広告単価

運用中の広告ターゲティングの見直しと改善

SNS広告の効果測定で、想定通りの数値が出ていない場合、現状を改善する必要があります。適切なターゲットに、広告を配信できていないことも考えられるでしょう。そのような場合は、ターゲティングを見直します。
最初にターゲットを設定したときと同じように、種類から見直す方法です。

  • キーワードターゲティング
  • 類似オーディエンス
  • リターゲティング
  • カスタムオーディエンス
  • 興味に一致したターゲティング
  • 基本情報のターゲティング

また選択しているSNSが、自社のサービスや商品を使用するユーザーと一致しているかも再確認します。SNSごとの主なユーザーの年齢層は次の通りです。

SNS 主な年齢層
Facebook 10~50代
Instagram 10~30代
X(旧Twitter) 10~30代
LINE 10~60代
TikTok 10~20代
YouTube 10~50代

SNS広告でターゲットを絞りたいならならマキトルくんがおすすめ!

「料金を抑えてSNSでの宣伝効果を高めたい」
「でも質の高い専門業者を探す自信や時間がない」

こうした方におすすめしたいのが、月額5万円からご依頼いただける「マキトルくん」です。

Webコンサル会社であり、実績豊富なフリーランス集団であるStockSunだからこそできる費用対効果の高いサービスになっています。

ここでは、SNS広告においてマキトルくんを活用するメリットを3つご紹介させてください。

  • 月5万円から優秀なフリーランスにSNS広告を依頼できる
  • Webデザイン全般の実行支援に対応
  • 外注を一本化できるためコスト削減につながる

月5万円から優秀なフリーランスにSNS施策を依頼できる

マキトルくんでは、月額定額5万円より優秀なフリーランスにSNS施策を依頼できます。

コンサル料がかからないため、「優秀なプロに依頼したいものの、高額な費用を支払う予算がない」といった企業にも安心してご利用いただけます。

また、SNS広告を担当するのは、StockSunに在籍する2,000名以上のフリーランスの中から、上位20%の優秀な人材に厳選しております。自社で優秀な人材を探す手間がかかりません。

  • SNS広告のスキル
  • コミュニケーションスキル
  • 目的の達成意識

上記の要素を備えたフリーランスだけをアサインいたしますので、高クオリティーなSNS広告を依頼することが可能です。

Webマーケティング全般の実行支援に対応

マキトルくんでは、Webマーケティング全般の実行支援を月額定額制で依頼いただけます。

  • SNS広告の依頼を内製化したい
  • コンバージョン率の高いSNS広告を依頼をしたい
  • SNS広告だけでなくSEO対策やLP制作なども任せたい

上記のようなニーズにも柔軟に対応可能です。

まず貴社のニーズ・課題を丁寧にヒアリングした後で、最適なご提案をさせていただきます。施策の内容が決定したら、次に必要な人材を集めて独自のチームを構築し、業務に取り掛かっていく流れです。

「とはいえ、複数のフリーランスを集めたら連絡を取り合うのが面倒そう」

この問題を未然に防ぐために、マキトルくんでは専属のディレクターが貴社とフリーランスの間に入ります。ヒアリング能力の高いディレクターが担当いたしますので、コミュニケーションコストを最小限にすることが可能です。

外注を一本化できるためコスト削減につながる

現在、複数の外注先に業務を委託している場合、マキトルくんに外注を一本化すればコストを削減できます。これまで個別に発生していた固定費をまとめるだけでも、支出を最小限にできるでしょう。

マキトルくんに一本化した場合、チーム内で綿密にコミュニケーションを取ることが可能です。それぞれの担当者が成功事例・進捗状況を共有しながら、スピーディーかつ費用対効果の高い施策を実行できます。

最小限のコストでスピーディーにSNS広告を依頼したい方は、ぜひマキトルくんの無料相談へお問い合わせください。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

まとめ

今回は、SNS広告のターゲティング戦略、媒体ごとの設定方法、効果測定方法などを紹介しました。

SNS広告は費用を抑えて、高い効果の期待できる広告戦略です。自社のサービスや商品に関連するターゲットに限定して、広告配信することが可能となります。そのため、広告配信するSNSの選択、ターゲティングの設定が重要となるでしょう。

ただし目立つように過激な内容にすると、炎上してしまうリスクも抱えています。SNSは多くの人に拡散できる特徴があり、良い情報と同じように悪い情報も広がる危険性があるでしょう。SNSのデメリットも把握した上で、利用することが大切です。

なお、弊社StockSunでは、格安でSNS広告の依頼はじめとするWeb集客全般の施策を依頼できる「マキトルくん」というサービスを提供しています。

月5万円からの定額サービスになっているので、Web施策を通じて効果的に、最小限のコストで売上を最大化させたい方に最適です。

最小限のコストで迅速に結果を出したい方は、ぜひマキトルくんの利用をご検討ください。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。