メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

【24最新】TikTok採用大全|メリデメや事例から費用までプロ解説

更新日
【24最新】TikTok採用大全|メリデメや事例から費用までプロ解説

昨今、採用活動に革命をもたらすツールとして注目を集めているのが「TikTok採用」です。TikTokは若者を中心に全世界で爆発的な人気を持つ動画共有アプリで、企業もこれを見逃すわけにはいきません。

しかし、一体TikTokを採用活動にどのように取り入れ、どんな効果が期待できるのでしょうか。また、そこにはどのようなメリットやデメリットが潜んでいるのでしょう。

この記事では、2024年最新の情報をもとに、TikTok採用のすべてを徹底的に解説します。そもそもTikTokを詳しく知らない方や初めての導入を考えている企業はもちろん、既に開始している方も参考になる情報を盛り込んでいますので、最後までご覧いただけますと幸いです。

「採用HPに200万円以上費用をかけている」
「毎月100件以上スカウトメールを送付している」
「毎月のように求人票をブラッシュアップしている」

その場合、採用施策にムダが生じている可能性があります。

StockSunが生み出した『YouTube×採用』施策を用いれば、採用コストを削減しながら約30万人に貴社の求人を即リーチできます。

・貴社の採用動画制作し、ターゲット層と相性の良いメディアから集客を実施!

・GMARCH/関関同立以上の高学歴ビジネス層26万人が登録する就活系YouTube「年収チャンネル」と、
StockSunとつながりを持つビジネス系YouTuberが、貴社の採用動画を拡散!

低コストで優秀な人材の採用が叶う、StockSunにしか提供できないサービスをぜひご検討ください。

拡散支援枠には限りがあります。ご興味のある企業様は以下バナーから詳細をご確認ください。

\特典:売上倍増!?貴社の事業課題を解決するYouTubeの戦略をご提案/

TikTok採用の無料相談

TikTokとは

近年、一気に全世界の注目を集めるプラットフォームとなったTikTok。この短時間動画共有アプリは、何がそんなに注目される要因となっているのでしょうか。その魅力と特徴、さらにはユーザー層やグローバルでの影響力について詳しく掘り下げてみましょう。

TikTokの特徴と魅力

近年、一気に全世界の注目を集めるプラットフォームとなったTikTok。この短時間動画共有アプリは、何がそんなに注目される要因となっているのでしょうか。その魅力と特徴、さらにはユーザー層やグローバルでの影響力について詳しく掘り下げてみましょう。

TikTokのユーザーデモグラフィー

TikTokの主なユーザー層は、GenZを中心とした10代から20代前半。しかし、その魅力は若い世代だけに留まらず、30代、40代のユーザーも増加しています。特に緊急事態宣言や外出自粛が続いたことで、家で過ごす時間が増え、新たにTikTokを開始するユーザーが増加しました。各年代のユーザーが自分らしいコンテンツをアップロードすることで、多様な動画が日々TikTok上に投稿されています。

グローバルでの影響力と拡大状況

TikTokは、中国を始めとするアジア地域での拡大を皮切りに、アメリカ、ヨーロッパ、南米など世界中でユーザー数を増やしてきました。特にアメリカやインドでは、国のトップダウンロードアプリとなるなど、その影響力を強化。さらに、TikTokは様々な国や地域で独自の文化やトレンドを生み出し、グローバルでのコミュニケーションの場としての役割も果たしています。

TikTokの採用活動がおすすめの理由とは

TikTokはエンターテインメントの領域から、ビジネスの世界にもその影響を広げつつあります。特に採用活動において、このアプリを効果的に活用する企業が増えてきました。では、なぜTikTokが採用活動での新たなスタンダードとなりつつあるのでしょうか。そのメカニズムや、採用活動における長期的な効果について詳しく探っていきましょう。

TikTok採用のメカニズム

TikTok採用の背後には、特有のメカニズムが存在します。まず、TikTokは非常に短い動画を中心にしているため、瞬時に情報をキャッチしてもらいやすいという特長があります。これにより、企業の魅力を短い時間で伝えることが可能です。また、ハッシュタグを利用することで、ターゲットとなる求職者や興味を持ったユーザーに直接届けることができます。さらに、TikTokのアルゴリズムはユーザーの興味や行動履歴を元にコンテンツを配信するため、関心のある求職者に採用情報が届く可能性が高まります。

TikTok採用の長期的な効果

TikTokを採用活動に取り入れることで得られる長期的な効果には、いくつかのポイントが挙げられます。

一つ目は、企業ブランドの認知度向上です。継続的な投稿やユーザーとのコミュニケーションを通じて、企業の魅力やカルチャーを広く伝えることが可能になります。

また、TikTok採用を行うことで、新たなターゲット層とのコンタクトが増え、多様な才能の獲得が期待できます。さらに、TikTokならではのエンゲージメントの高いコンテンツを通じて、求職者との深い関係性を築くことができるため、採用後もその効果が続くと考えられます。

TikTok採用のメリット・デメリット

TikTok採用は、昨今の人材採用戦略において大きなトピックとなっていますが、全てがメリットだけではありません。効果的にTikTokを採用活動に取り入れるためには、そのメリットとデメリットをしっかりと理解しておく必要があります。以下にてメリットとデメリットを2つずつご紹介します

TikTok採用のメリット

TikTok採用のメリットは、主にそのユニークなプラットフォーム性に起因しています。短時間の動画コンテンツと、若いユーザー層を中心とした大規模なユーザーベースは、新しいタイプの採用活動を可能にします。

若い世代との直接的なコミュニケーション

TikTokは10代から20代のユーザーに圧倒的な人気を誇っています。このユーザーベースの特性を活かすことで、企業は新しい卒業生や初の求職者といった、

今後のキャリアを築いていく若い層に直接アピールするチャンスを得ることができます。更に、この世代はトラディショナルな採用方法よりもSNSを通じた情報収集やコミュニケーションを好む傾向があるため、TikTokを採用戦略に取り入れることは、企業がこの価値あるターゲット層にリーチする最も効果的な方法の一つと言えるでしょう。

動画コンテンツの魅力

動画は情報の伝達力が非常に高いメディアとして知られています。

TikTokでは数秒から数十秒の短い動画を通じて、求職者に対して会社の魅力を伝えることができます。企業文化の紹介、従業員の日常、オフィスの様子など、静止画やテキストでは伝えきれない情報を、動画という形式でリアルタイムに共有することができるのです。

この点は、求職者が企業の雰囲気やカルチャーを感じ取る上で非常に価値があると言えます。

TikTok採用のデメリット

もちろん、TikTok採用には挑戦とともにデメリットも存在します。新しいプラットフォームであるがゆえの不確実性や、ターゲット層の限定性など、考慮すべき点は多いです。

長期的な効果の不確実性

TikTokは新しいプラットフォームとして急速に成長していますが、その一方で、このプラットフォームの将来性や持続的な成果にはまだ疑問符が付く部分もあります。

特に採用活動は中長期的な視点で行うものであり、短期的なブームに乗って導入を急ぐのではなく、長期的な視点での効果をしっかりと評価する必要があるでしょう。

ターゲット層の限定性

TikTokのユーザーデモグラフィーは特定の年齢層に偏っていると言われています。

この点は、特定の年齢層に特化した採用活動を目指す企業にとっては大きなメリットとなる可能性がありますが、一方で幅広い年齢層や職種をターゲットとする場合、その効果が限定的になる可能性も考慮する必要があります。

\特典:売上倍増!?貴社の事業課題を解決するYouTubeの戦略をご提案/

TikTok採用の無料相談
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

TikTok採用でのポイント・コツ

TikTokを活用した採用活動は、新しい方法として多くの企業に導入されています。しかし、他の採用方法とは異なるアプローチが求められるため、そのポイントやコツをしっかりと理解することが成功への鍵となります。

動画内容の工夫と最適化

TikTokの採用動画では、従来のようなフォーマルな内容よりも、企業の魅力を伝えるエンターテインメント性の高い内容が求められます。

例えば、従業員の日常や、オフィスの雰囲気を伝える動画は非常に効果的です。また、動画の最適な長さや編集方法も考慮することで、より多くのユーザーの注目を集めることができます。

ターゲットユーザーの洞察と理解

TikTokの主要なユーザー層は若い世代です。したがって、その世代の興味や関心を理解し、それに合わせた採用動画の制作が必要です。

アンケートやインタビューを通じて、求職者のニーズを把握し、それを反映した動画作成に努めましょう。

効果的なハッシュタグの使用方法

TikTokでは、ハッシュタグを使用することで、関連するコンテンツを効果的に拡散することが可能です。

採用活動においても、ハッシュタグを活用することで、ターゲットとする求職者に正確にアプローチすることができます。企業の特徴や職種、募集内容などを反映したハッシュタグを工夫して使用しましょう。

フィードバックと分析を活用した改善策

TikTokには、動画の視聴回数やいいねの数など、様々な分析データが提供されています。

これらのデータをもとに、採用動画の効果を分析し、改善点を見つけ出すことが大切です。また、ユーザーからのコメントやフィードバックも重要な参考情報となるため、これを活用して、次回の採用動画制作に役立てましょう。

TikTokで採用するフロー

TikTokを採用活動に取り入れる際の成功は、単にアプリを使うことによるものだけではありません。

その背景には、具体的なポイントやコツが存在します。これらのポイントを押さえることで、TikTokを最大限に活用し、質の高い求職者を引き寄せることが可能となります。

TikTok採用のスタートアップ方法

TikTokの最大の特徴は、動画コンテンツを中心にしている点です。そのため、企業が採用活動で効果を上げるためには、動画の内容を工夫し、最適化することが不可欠です。

具体的には、従業員の日常を描写する動画や企業文化を紹介する動画など、視聴者が興味を持ちやすい内容の選定が求められます。さらに、動画の長さや編集、音楽選びも重要な要素となります。

ターゲット層の特定と分析

TikTokのユーザー層は比較的若い世代が中心となっています。

このユーザーデモグラフィーを踏まえ、ターゲットとなるユーザーの趣味や興味、価値観を深く理解することが重要です。求職者がどのような企業に興味を持つのか、何を求めているのかを把握することで、適切なアプローチが可能となります。

魅力的な動画コンテンツの制作

TikTokにおけるハッシュタグは、動画を特定のカテゴリーやトピックに関連付けるためのツールです。

適切なハッシュタグを使用することで、求職者が興味を持つ分野や職種に関連する動画を効果的に配信することができます。ハッシュタグの選定時には、一般的なものだけでなく、企業独自のハッシュタグを作成することも一考の価値があります。

フォロワーとのエンゲージメント戦略

TikTokには、動画の再生回数やいいねの数、コメント数といった多くのデータが取得できる機能が備わっています。

これらのデータを活用して、動画の反響や効果を分析することができます。この分析結果をもとに、動画の内容や配信方法を改善することで、更なる効果の向上を目指すことが可能です。

結果分析と改善のサイクル

TikTok採用活動の成功の鍵は、単に動画をアップロードして終わりというものではありません。TikTokには、各動画の詳細な統計情報を確認することができる機能が備わっており、これを利用することで、採用動画のパフォーマンスを定量的に測定することができます。

どのポイントが効果的であったのか、どの部分が改善の余地があるのかを明確にすることができる上、ユーザーからのコメントやフィードバックも貴重な情報源となります。

このような結果分析の結果をもとに、次回の採用動画の内容やアプローチ方法を改善していくことが、継続的な採用活動の成功に繋がります。反応が良かったポイントをさらに強化し、反応が薄かった部分を見直すというサイクルを回すことで、より多くの求職者とのマッチングを期待できるでしょう。

\特典:売上倍増!?貴社の事業課題を解決するYouTubeの戦略をご提案/

TikTok採用の無料相談
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

採用活動にTikTokを導入すべき企業と導入が向かない企業

TikTokは若年層を中心に全世界で人気のアプリであり、それぞれの企業のニーズや目的によって、その活用の仕方や向き不向きが考えられます。

以下では、TikTokを採用活動に取り入れることが向いている企業のタイプと、導入を検討すべきでない企業の特徴について説明します。

その他SNSを採用に活用したい場合は以下記事を参考にしてください。

関連記事

SNS採用の全て!メリット・デメリットから成功の秘訣まで徹底解説

SNS採用の全て!メリット・デメリットから成功の秘訣まで徹底解説

Read More

採用活動にTikTokを導入すべき企業

若年層をターゲットにした企業

TikTokの主なユーザー層は若年層です。特にZ世代をターゲットとする企業や、新しい世代の意識や価値観に合わせた採用を行いたい企業には最適です。

彼らは情報を動画で短時間で消費することに慣れており、従来の長文の求人広告よりも、TikTokのような動画コンテンツを通じた採用活動が効果的です。

創造的なコンテンツ制作が可能な企業

TikTokの主なユーザー層は若年層です。特にZ世代をターゲットとする企業や、新しい世代の意識や価値観に合わせた採用を行いたい企業には最適です。

彼らは情報を動画で短時間で消費することに慣れており、従来の長文の求人広告よりも、TikTokのような動画コンテンツを通じた採用活動が効果的です。

ブランドの認知度向上を目指す企業

TikTokは短時間で広範囲なユーザーに露出することができるため、ブランドの認知度を向上させたい企業におすすめです。

独自のハッシュタグを活用することで、多くのユーザーとのエンゲージメントを生むことが期待できます。

短期間での大きなインパクトを狙う企業

TikTokはトレンドが日々変わる速度が速いプラットフォームであり、一つの動画が短期間で大きな注目を集めることがあります。

短期間でのインパクトを求めるキャンペーンや、イベントなどのタイムリーな情報を伝えたい場合には非常に効果的です。

導入が向かない企業

TikTokの特性上、全ての業界や企業に適しているわけではありません。特に以下のような特徴を持つ企業はTikTokの導入に慎重になるべきです。

非常にフォーマルな業界や企業

金融や法律などの伝統的な業界や、非常にフォーマルな社風を持つ企業は、TikTokのカジュアルな雰囲気とは合わない可能性が高いです。

対象とする求職者層が若年層でない場合

TikTokの主なユーザー層は若年層です。中高年層をターゲットとする採用活動を行いたい企業は、TikTokが最適なプラットフォームではないかもしれません。

長期的なブランディングを重視する企業

TikTokは短期間でトレンドが日々変わるため、長期的なブランディングを行いたい企業には不向きな場合があります。

情報セキュリティが非常に重要な業界や企業

TikTokのプラットフォーム自体に情報セキュリティのリスクがあるわけではありませんが、公開された情報が広範囲に拡散されやすいため、情報の取り扱いに非常にシビアな業界や企業は注意が必要です。

TikTok広告について

採用活動において、TikTok広告は非常に有効なツールとして注目されています。TikTokの若者を中心としたユーザーベースとそのエンゲージメントの高さは、新たな採用チャンネルとしての可能性を秘めています。

このセクションでは、採用活動に特化したTikTok広告の活用方法に焦点を当てて解説します。

TikTok広告の基本機能と特徴

TikTokの広告はユーザーのフィード内で自然に流れるため、求職者に対して直接的にアプローチすることが可能です。

この独自のエンゲージメントの高さを活かし、企業文化や魅力を効果的に伝えるコンテンツ作成が求められます。

採用広告を成功させるための設計方法

採用を目的としたTikTok広告の成功の鍵は、短時間の動画の中での求職者への訴求力です。

企業文化、社員の声、職場環境などを織り交ぜたリアルな動画が、求職者の関心を引く要素となります。

ターゲティングオプションの最適化

TikTokの広告ターゲティングは非常に詳細に設定することが可能です。特に、新卒採用や経験者採用などのターゲットを明確に定義し、それに合わせた最適なターゲティングを行うことで、効果的な広告配信が実現します。

広告予算と効果測定のポイント

採用活動における広告予算の配分や効果測定は、求職者の反応をリアルタイムで確認しながら柔軟に調整することがポイントです。

特に、採用のコンバージョンを上げるための広告の最適化は継続的な取り組みが必要です。

他SNSとの併用によるシナジー効果

TikTokだけでなく、他のSNSとの連携を取ることで、さらに幅広い層の求職者へのアプローチが可能となります。

TikTokでの採用動画を他のSNSでシェアすることで、採用活動の範囲を広げることができます。

TikTok採用のFAQ

TikTok採用に関する疑問や懸念は、多くの採用担当者が共有しているものです。このセクションでは、よくある質問とその回答をまとめて、TikTok採用を検討している企業の皆様に有益な情報を提供します。

TikTok採用の主なターゲット層は?

TikTokの主なユーザー層は、10代後半から30代前半までの若い世代に集まっています。この層は新しい情報へのアクセスが早く、トレンドを追い求める傾向が強いです。

採用活動でTikTokを活用する場合、この年代層を中心とした求職者をターゲットとするのが効果的です。

広告予算の目安はどれくらい?

TikTokの広告予算は、目的や期間によって変わりますが、月数万円といった最低予算から始めることも可能です。しかし、広告の効果をしっかりと測定するためには、一定の期間・予算を設定してのテストが推奨されます。最初は少額から始め、もし月数十万円かけることを検討する場合は効果を慎重に確認しながら調整していくのが良いでしょう。

採用動画の理想的な長さは?

TikTokは15秒から60秒の動画が主流です。採用動画の場合、短すぎると情報が伝わりにくく、長すぎると視聴者の興味を失う可能性があります。

理想的な長さは30秒前後で、企業の魅力を簡潔に伝える内容が望ましいです。

応募者への対応方法のベストプラクティスは?

TikTok採用活動では、リアルタイム性が魅力です。応募者からの質問やコメントには迅速に対応することが求められます。

また、定期的にライブ配信を行い、直接応募者とのコミュニケーションを取ることも効果的です。

TikTok採用のリスクや注意点は?

TikTok採用には、他の採用方法にはない独自のリスクが伴います。

例えば、ネガティブなコメントへの対応や、適切でないコンテンツの公開による企業イメージの低下などです。これらのリスクを回避するためには、コンテンツの計画的な制作や、コミュニケーション戦略の策定が必要です。

まとめ

今回の記事にて、SNSの中でもTikTokを用いた採用方法についてメリットデメリットや事例を交えながらご紹介させていただきました。

近年SNS採用がかなり注目を集め、TikTokを用いた採用のご相談も少しずつ増えてきました。

もちろん企業によってはすごく適しているのですが、他のSNSがより合っている場合も多くございます。

以下ボタンより相談をお申し込みいただきますと、SNSに精通したプロコンサルタントが御社にあったご提案をさせていただきます。

費用は一切かかりません、無理な営業もいたしません。

お気軽にご相談いただけますと幸いです。

\特典:売上倍増!?貴社の事業課題を解決するYouTubeの戦略をご提案/

TikTok採用の無料相談

「採用HPに200万円以上費用をかけている」
「毎月100件以上スカウトメールを送付している」
「毎月のように求人票をブラッシュアップしている」

その場合、採用施策にムダが生じている可能性があります。

StockSunが生み出した『YouTube×採用』施策を用いれば、採用コストを削減しながら約30万人に貴社の求人を即リーチできます。

・貴社の採用動画制作し、ターゲット層と相性の良いメディアから集客を実施!

・GMARCH/関関同立以上の高学歴ビジネス層26万人が登録する就活系YouTube「年収チャンネル」と、
StockSunとつながりを持つビジネス系YouTuberが、貴社の採用動画を拡散!

低コストで優秀な人材の採用が叶う、StockSunにしか提供できないサービスをぜひご検討ください。

拡散支援枠には限りがあります。ご興味のある企業様は以下バナーから詳細をご確認ください。


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

TikTokの運用に適任のコンサルタント

青笹寛史

青笹寛史

YouTube×LINEのスペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

CRMコンサルティング

植本涼太郎

植本涼太郎

YouTubeスペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

採用コンサルティング

医療・クリニック

転職

新卒

採用代行

工務店、ハウスメーカー

塾・予備校

飯田健登

飯田健登

企業専門のYouTube運用スペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

Instagram・Xコンサルティング

為国辰弥

為国辰弥

採用スペシャリスト

採用コンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

転職

新卒

総合Webマーケティング支援

Webサイトコンサルティング

SEO•MEOコンサルティング

Web広告運用コンサルティング

鳥屋直弘

鳥屋直弘

StockSunNo.1のYouTube制作チーム

YouTube・TikTokコンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

転職

新卒

工務店、ハウスメーカー

不動産投資

受託

製造業

SaaS

CRMコンサルティング

採用コンサルティング

Instagram・Xコンサルティング

濵口魁希

濵口魁希

社長の右腕 WEB戦略のゼネラリスト

Web広告運用コンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

新規事業コンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

SaaS

採用代行

柴田章矢

柴田章矢

動画マーケティングの達人

YouTube・TikTokコンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

新卒

受託

和田悟

和田悟

テレビ番組クオリティをWeb動画に

YouTube・TikTokコンサルティング

山本紘希

山本紘希

WordPress職人

システム・アプリ開発コンサルティング

Webサイトコンサルティング

受託

SEO•MEOコンサルティング

松浦英雅

松浦英雅

住宅領域のスペシャリスト

Instagram・Xコンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

不動産投資

工務店、ハウスメーカー

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。