メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

Twitter集客のコツ!今すぐ実践できる施策【フォロワー8,000人UPの成功事例!】

「Twitterを集客に活用したいものの、何から始めればいいののかわからない」
「Twitterの運用から集客に成功した事例を知りたい」

昨今、Twitterを活用した集客に人気が集まっていますが、うまく活用しきれずに悩みを抱えている企業も数多くあります。

この記事では、Twitterの運用により集客に成功したStockSunの成功事例をご紹介します。
成功に至った理由を分析し深掘りして解説
しています。
そのため成功につながるコツをつかんでいただくことが可能です。

Twitterで集客を始めるための基本ステップや、集客で失敗しないための注意点も解説しているため、Twitterによる集客のコツをさまざまな観点から理解していただくことができます。

最後まで読めば、Twitterによる集客のコツとやり方を理解でき、明日から貴社でも実践していただくことが可能です。Twitterによる集客に悩んでいる企業の方は、この記事をぜひご参考ください。

\特典:フォロワー即8,000人超え!?貴社とマッチするTwitterの戦略をご提案/

Twitter運用について無料相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

Twitterによる集客を始めるべき4つの理由【StockSunのスペシャリストが解説】

Twitterは、140字までの短文コミュニケーションを中心とするSNSであり、10代〜70代以上の幅広い年齢層が利用しています。
すでにTwitterを活用し、多くの企業が集客活動を行っており、商品PRや企業の情報発信などに活用されている状況です。

ここでは、StockSunのスペシャリストが考える「Twitterによる集客を始めるべき理由」として代表的なものを4つピックアップし、順番に解説します。

認知を拡大できる

企業がTwitter運用すると、Twitterをメインに商品・サービスのリサーチを行う層からの認知を拡大できます。

Webサイトに掲載されているレビューの中には、宣伝感の強い内容のものも多くあります。これに対して、Twitterでは、商品・サービスを実際に使用して感じたリアルな意見が書かれる傾向にあります。そのため、近年ではTwitterを活用して商品・サービスをリサーチする層が増えている状況です。

また、Twitterは知名度の高いSNSであり、ユーザー数が非常に多いです。そのため自社のアカウントでそれなりに注目を集められれば、集客ツールとして機能しはじめ売上につながるようになります。

企業の内実を顧客にアピールできる

一般的な企業広告の場合、どうしてもその商品・サービスの良い部分ばかりを切り取って見せてしまいがちです。

その一方で、SNSを活用すると、ストーリー性を持ってリアルタイムで商品・サービスの情報を発信できるので、顧客が安心感を持って商品・サービスを購入することにつながります。

Twitterの特徴のひとつとして、広告には反応がつきにくいものの、商品・サービスのリリースに至る開発過程などには反応がつきやすい傾向があります。上記の点を踏まえて運用すればステマ感のない告知をおこなうことが可能です。

信頼性をアピールできる

Twitterでは、アカウントのフォロワー数が多いほど信頼性の向上につながります。業界によってはTwitterの運用にコミットしている企業が少ない場合があり、しっかりと戦略立てて運用していけば競合他社に対して優位性を取りやすいと考えられています。

集客だけでなく採用にもつなげられる

企業がTwitterを運用することで、集客だけでなく人材採用の面でもメリットが期待できます。

具体的には、自社の持っている強みや魅力を効果的にアピールしつつ、採用したい人材に訴求できるtweet(ツイート)をすれば、コストを抑えて優秀な人材採用をおこなうことが可能です。

人材採用につなげる際も、集客の場合と同様に、tweetにストーリー性を盛り込むことが大切です。自社の強み・魅力が生まれた背景やメリットを深掘りしてアピールしましょう。これにより、情報の受け手がイメージしやすくなり、企業のブランディングにつながります。

例えば、エンジニアを採用したい企業において、「残業は悪」というコンセプトを掲げて「休憩時間に利用できるバーを社内に設置した」旨のtweetをするといった施策が効果的です。

とはいえ、Twitterの運用で人材採用効果を得るには、ある程度フォロワーを獲得することも大切です。そのための施策としては、真面目にリプライしてくれるアカウントにできるだけ早くリプライしてあげたり、時折リツイートをしたりして「絡んでいて楽しいアカウント」だと思ってもらうことが有効策です。

他のSNSを用いた集客成功事例は以下の記事にまとめています。

関連記事

企業SNSマーケティングの成功事例7選【2ヶ月でフォロワー1万人に達成した戦略】

企業SNSマーケティングの成功事例7選【2ヶ月でフォロワー1万人に達成した戦略】

Read More

StockSun式!Twitterによる集客成功事例【2ヶ月でフォロワー8,000人増加!】

本章では、StockSunがコンサルティングした企業におけるTwitterの集客成功事例を、成功要因を分析しながらご紹介いたします。

事業会社のTwitterアカウントにて完成度の高いtweetを投稿し続けたところ、2ヶ月で8,000人程度のフォロワーを増やすことに成功し、問い合わせ数の増加につなげた成功事例です。

ここで成功につながったポイントは、次の2つにあります。

・企業のアカウントではなく、その分野の知識に詳しい担当者が運営するアカウントという位置付け
・フォロワーが工数をかけずにその分野の知識を仕入れることができる有益なtweet

企業アカウントは、その企業にもともと興味のあるユーザーしかフォローしません。専門知識が豊富な個人のアカウントの方がフォローされやすい傾向にあるため、知見豊富な担当者がつぶやくアカウントという位置付けで運用を開始。

また、Botのようなtweetや広告臭のあるtweetは嫌われるため、フォロワーにとって有益な情報を発信することに注力しました。
1tweetに3時間程度の時間をかけて投稿内容を戦略的に検討しています。近年、Twitter市場は成熟してきており、集客方法として活用する際はtweetの質を意識することが重視されています。

上記をおこなった結果、2ヶ月でフォロワーは8,000人に到達し、結果として問合数も増加しています。

これから新たに企業アカウントを創設して集客を始める場合であっても、tweet数ではなく質にこだわることが大切です。
目安としては、有益かつ共感性のある良質なtweetを1日に1〜2回ほど発信することが望ましいです。そのため、集客手段として企業がアカウントを運用する場合は、Twitter(SNS)専属の担当者を設けることをおすすめします。

この成功事例の詳細は以下の動画で話しています。

以下の記事では、他のTwitter集客成功事例をご紹介しています。合わせてご確認ください。

関連記事

Twitter企業アカウントの成功事例&成功のポイントを徹底解説!【最速でフォロワー8,000人!】

Twitter企業アカウントの成功事例&成功のポイントを徹底解説!【最速でフォロワー8,000人!】

Read More

Twitterによる集客を始める方法【成功のための基本ステップ】

ここからは、成功事例でも実施している、Twitterによる集客を始めるための基本的な流れを4つのステップに分けて解説します。

運用の方向性を決める

Twitterの運用は気軽に始められるものの、集客効果を見込むためには運用の方向性を決めることが大切です。

まずはどのような方向性でTwitterを運用していくか明確にしましょう。以下の項目を意識すると、方向性を決めやすくなります。

・運用目的(例:売上の向上、認知度の向上、ファンの獲得など)
・ポジション(アカウント名は企業単位ではなく個人名で登録する)
・ターゲット層(商品・サービスを訴求したい相手を明確化する)
・発信内容(テーマや文章構成など)

目的が定まればターゲットが明確になります。ターゲットがわかると、発信内容を検討していくことが可能です。

プロフィールを設定する

運用の方向性を決めてアカウントを作成したら、tweetをおこなう前にプロフィールを設定します。

ユーザーからの離脱を避けるプロフィールを作成するコツは以下のとおりです。

・アイコン画像:理想は発信者個人の写真(個人の特定を避け一部を隠してもよい)
・アカウント名:「個人名@会社名」でひと目見てわかるように設定する
・自己紹介文:発信する内容をわかりやすく記載
・URL・場所欄:誘導したい自社のWebサイトやブログなどのリンクを設置
・固定tweet:プロフィール欄のみで伝えきれない補足情報や評価の高いtweetを固定

特に、誘導したいリンク先を設置することは必須条件です。

見込み顧客になりそうなユーザーをフォローする

最初のtweetのみでフォロワーが急増する確率は低いです。そのため、tweet前に見込み顧客になってくれそうなユーザーをフォローすることが大切です。ここでは、競合他社のアカウントに反応しているアカウントを中心にフォロワーを選ぶと良いでしょう。

tweetする

ユーザーをフォローしたら、さっそくtweetで情報を発信します。最初のtweetでは、開設連絡と自己紹介をまとめることが望ましいです。

今後、tweetしていく際は、可能な限り相手に利益を与えるギブの精神のもと、見返りを求めない姿勢を意識しましょう。

自社だけで運用を進めるのが難しい場合には、代行業者の力を借りながら運用していくことをおすすめします。

土台となる戦略設計や、売上につなげるための動線を設計してもらえるため、売上獲得に向けて効率的な運用を実施することが可能です。

以下記事では、代行費用や、依頼できる範囲、技術力などを比較しながら、代行業者を紹介しています。合わせてご確認ください。

関連記事

Twitter運用代行とは? 成功へ導くポイントと注意点

Twitter運用代行とは? 成功へ導くポイントと注意点

Read More

Twitterによる集客で成果をあげるコツ4選【StockSun式】

続いて、StockSunが成功事例でも実施している、Twitterによる集客で成果をあげるコツとして代表的な4つをピックアップし、順番に解説します。

ここで取り上げているポイントは、以下の動画でまとめて解説しています。

以下の記事では、Twitter広告を使った集客方法も解説しています。合わせてご確認ください。

関連記事

【意外と知られていない】Twitter広告のノウハウを日本一の井上が公開

【意外と知られていない】Twitter広告のノウハウを日本一の井上が公開

Read More

プロフィールのクリック数とCVRを上げる

Twitterによる集客を成功させるうえで、フォロワー数を増やすことが重要になります。

フォロワー数を増やすためには、自社アカウントのプロフィールのクリック数およびCVR(ここではフォローボタンを押してもらう割合のこと)を上げることが必要不可欠です。

プロフィールのクリック数を上げるための具体的な施策のひとつは、バズらせること(多くの人に拡散されて注目を浴びること)です。tweetにあるあるネタや網羅性のある情報などを盛り込むと、バズる可能性が高まります。

また、見込み顧客となるユーザーをリストに追加したり、ユーザーに対していいねボタンを押したりすることも、プロフィールのクリック数を上げるうえで効果的です。

タイムラインの魅力度を高める

自社アカウントのプロフィールをクリックしたユーザーにフォローしてもらうためには、魅力度の高いタイムラインを用意しておくことが大切です。

つまり、「このアカウント面白い!」と思ってもらえるようなタイムラインづくりを心がけましょう。具体的には、「常に最新のtweetを追いたい」と思ってもらえるような面白い(有益で共感性ある)tweetを普段からすることが大切です。

そのためには、プロフィールを見た時にそのアカウントの特徴がひと目でわかる「ブランディング」が大切になってきます。「〇〇な人」とひとことでまとめられるような、イメージしやすく非常にシンプルなブランディングが求められます。

大まかに分けると、ブランディングの方向性には以下のような種類があります。

・タメになる(お役立ち系tweet)
・面白い(例:他の人が言語していないことをまとめたtweet)
・癒される(例:動物や赤ちゃんの動画を載せたtweet)

自社にとって適した方向性を選び取り、ブランディングにつなげましょう。

定期的にオリジナルのtweetを発信する

自社アカウントのプロフィールをクリックしたユーザーにフォローしてもらうためには、リツイートや宣伝を多用しないことが大切です。なぜなら、プロフィールをクリックしたユーザーのフォローする意欲を削いでしまうためです。

フォローを集めるためには、なるべく定期的にオリジナルのtweetを発信しましょう。

アクティブユーザー数の獲得を意識する

Twitter運用を集客につなげるためには、ただ単純にフォロワーを獲得すれば良いというわけではありません。フォロワーの中でも、アクティブフォロワー(一過性のフォロワーではなく、自社の本来のファン)の割合を増やすことが大切です。

アクティブフォロワーを増やすことで、自社アカウントのtweetを潜在顧客に届ける機会ができるため、結果的に集客効果が得られるようになります。

アクティブフォロワーを増やすためには、有益な内容のtweetを心がけることが大切です。「おはよう」や「おやすみ」など内容の薄いtweetは控えて、ギブの精神でユーザーに有益なtweetを発信するよう心がけましょう。

\特典:フォロワー即8,000人超え!?貴社とマッチするTwitterの戦略をご提案/

Twitter運用について無料相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

Twitterによる集客を進める際の注意点【StockSunのスペシャリストが解説】

本章ではTwitterによる集客を進める際にやってはいけない3つの注意点をStockSunのスペシャリストが解説します。

成功事例でも必ず以下の3点は抑えたうえで施策を実施していました。

企業そのものを全面に押し出さない

集客目的でTwitterを運用する際は、企業そのものを全面に押し出すことは控えましょう。なぜなら、以前からその企業に興味のあった人しかフォローしてくれなくなり、集客効果が薄くなってしまうためです。

集客目的でTwitterを運用するならば、その企業の分野(近い分野)に関するコンテンツを発信することが望ましいと考えられています。また、企業ではなく個人を広告塔にしたブランディングを行うことでも、企業の主張を抑えることが可能です。

他のSNSリンクのみを転載しない

せっかくTwitter運用を開始しても、InstagramやFacebookといった他のSNSリンクのみを転載するようなtweetで運用してしまうと、集客効果が見込めなくなります。

基本的にユーザーは、興味が強いリンクしかクリックしてくれません。そのため、他のSNSリンクのみを転載しても、クリックしてくれる可能性は非常に低いと考えられます。

ユーザーの興味を集めるためには、tweet内で情報を完結することが望ましいです。tweetだけで顧客を教育し、興味関心度に合わせたCVポイント(LINE問合せや商品の購入ページなど)のリンク先をプロフィール欄に設置する設計がおすすめです。

また、やむを得ず他のSNSリンクを転載する場合でも、関連する画像をつけるなどしてエンゲージメント(ユーザーの反応を数値化したもので、リツイート、返信、いいね、投票、ハッシュタグのクリックなど、tweetに対するあらゆるクリックをさす)の獲得を意識しましょう。

Bot系アカウントとして運用しない

Bot系アカウントとして運用しないことも、Twitterで集客をおこなううえで注意すべきポイントです。Botとは、一定のタスクや処理を自動化するためのアプリケーションやプログラムのことです。指定した特定の時間に登録した特定の形式のtweetが自動で呟かれます。

作りこんだtweetとは明らかに異なるため、多くのユーザーから「見る必要のないアカウント」と認識され集客効果は薄いと考えられています。Botのように類似する情報を発信し続けることは、集客をおこなううえで得策ではありません。

なお、TwitterにはBot系の企業アカウントも多く存在するため、完成度の高いtweetを発信することでこれらのアカウントと差別化を図ることが可能です。加えて、「属性の掛け合わせ」を意識した発信をおこなうと、業界内で独立したポジションを取りやすくなり、アカウントの成長にもつながります。

ただし、属性を掛け合わせる分野が離れすぎていると、効果的な差別化につながりにくくターゲットも設定しづらくなります。また、すでに他の企業が採用している掛け合わせを選ぶことも控えましょう。

他のコンテンツを活用した集客方法を知りたいときは、以下の記事も合わせてご確認ください。25選の成功事例を基に、具体的な施策を解説しています。

関連記事

Webマーケティングの成功最新事例27選!戦略や集客のポイントを全公開【月利益500万円UP例も!】

Webマーケティングの成功最新事例27選!戦略や集客のポイントを全公開【月利益500万円UP例も!】

Read More

Twitter集客のよくある質問

最後に、Twitterを活用した集客を検討している企業の方からよくある質問として、代表的な3つをピックアップし、回答とともにまとめました。

Twitter集客に使えるツールは?

Twitterを用いて効果的に集客をおこなうためには、ターゲットの設定をおこなったり、PDCAサイクルを回したりしていく必要があります。その際には、以下のツールなどを活用すると作業を効率化できます。

・Twitterアナリティクス→tweetが表示された回数・プロフィールにアクセスされた回数・フォロワーの増減を確認できるツール
・ツイプロ→特定の地域職業などでユーザーを絞り込めるサービス

いずれのツールも無料で利用可能なので、積極的に取り入れると良いでしょう。

Twitterでバズったとき集客するにはどうする?

集客を狙って運良くtweetをバズらせることに成功した場合、そのtweetを放置せずにすぐに何らかの対応を講じることが大切です。例えば、tweetをさらに伸ばす方策や、インプレッションが伸び続けることのリスクを軽減する方法などを検討し行動に移しましょう。

具体的な施策を挙げると、以下を必ず実践して、CVにつなげる意識を持つことが大切です。

・誘導先(問い合わせ先)のURLをプロフィール欄に明記する
・宣伝すべき内容をツリー状で投稿する
・固定tweetの情報を見直し、最も知ってほしい内容が記載されているか確認する

Twitter集客にDMを使うのは有効?

TwitterのDM(ダイレクトメール)は1日に1,000通まで送付可能であり、集客のツールとしても利用できますが、送付作業を手作業で行う必要があるため大きな手間がかかります。

したがって、拡散力の高いtweetをおこなってターゲットに認知してもらい、顧客に自ら自社ページへアクセスしてもらう設計を講じた方が、結果として手間をかけずに多くのユーザーの集客成功につなげられます。

まとめ

企業がTwitterを運用すると、Twitterをメインに商品・サービスのリサーチを行う層からの認知を拡大できます。また、Twitterの活用は、集客だけでなく人材採用の面でもメリットが期待できます。

ただし、Twitterによる集客を成功させるにはさまざまな課題があり、ソリューションを実践するためのリソースを割けないことも多いです。

「自社の商材は今からTwitterの運用をはじめても集客できる…?」
「どのような施策が適しているのかわからない…。」

その場合は、StockSunにご相談ください。
貴社の商材と課題点、競合他社のTwitterアカウントを分析したうえで、Twitterによる集客をおこなうべきか、またアカウントを運用する際の施策を明確にご提案します。

ご納得いただいたうえで、支援を実施しておりますので、お気軽にご相談ください。

これまでさまざまな企業でSNSの集客に成功してきたスペシャリストが、施策の提案から実行まですべてご担当します。

\特典:フォロワー即8,000人超え!?貴社とマッチするTwitterの戦略をご提案/

Twitter運用について無料相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

「集客Twitterで集客をしているものの、CVにつながらない」
「改善案を検討したいがリソースがなく実行できていない…」

そこでマキトルくん!貴社の悩みを全て解決します!

・貴社の目的に合わせ専属のWebマーケティングチームを組みます!効率的かつスピーディーにマーケティング施策を実行!
・定額制!優秀なWebマーケティングチームに格安で依頼可能!

StockSunの新サービス「マキトルくん」では、貴社の商材に適した最適施策をご提案し、知見豊富なプロ人材が施策を実行します。
限られた予算の中で売上を短期間で伸ばしたいときや、Web周りのマーケティングを知見豊富なプロに丸投げしたいときはぜひご検討ください。


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

この記事の著者

StockSun編集部

StockSun編集部

StockSun株式会社は、一定以上のスキルを持つフリーランスを集めたフリーランス組織。
各業界で目覚ましい実績を上げているパートナー陣が品質担保し、クライアントの事業課題解決を目指してサポートしている。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。