メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

LINE集客に成功するStockSun式戦略【リピート率20倍UPの成功事例】

「LINE集客に興味があるけど、本当に効果がある?」
「LINE集客のやり方を知りたい」

LINE集客は新規顧客やリピーターの集客に非常に有効です。
そのため、ぜひ貴社の事業に取り入れていただきたいツールです。

この記事では、LINEで集客する際のStockSun式の施策をご紹介しています。

また、StockSunが実施したLINE集客の成功事例も合わせてご紹介します。
事例が成功した理由を分析し、なぜ成功につながったかポイントを大公開します!

そのため、最後まで読めば、LINE集客が成功するコツを理解でき、LINE集客のやり方を知ることが可能です。
今すぐに貴社でLINEを用いた集客を取り入れていただけます。

\特典:成約率倍増?!貴社サイトとマッチするLINEの戦略をご提案/

LINE集客の無料相談
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

LINEを利用した集客方法とは

LINE集客とは、LINE公式アカウントの運用などで自社の商材の認知の拡大や集客を狙う方法のことです。

特徴や運用費などLINE集客を行うために理解しておくべき基本的な内容を解説するのでチェックしておきましょう。

LINEの特徴

LINEは、商材を問わず多くの企業の集客に有効です。
その理由は、LINEの以下の特徴にあります。

特徴を知っていることでユーザー層などのほかのSNSとの違いを理解することが可能なため知っておきましょう。

・国内9,200万人(人口の約7割)が利用している
・男女比は女性が53.3%、男性46.7%とやや女性が多い
・10~50代の80%以上が利用し、60代も過半数が利用しており各年代にユーザーがいる
・会社員が最も多く、ついで主婦や学生が多い
・すべての年代で男女とも「毎日利用する」ユーザーが6割以上にいるためアクティブ率も高い

参考:LINE株式会社マーケティングソリューションカンパニー2022年10月〜2024年3月期版v1.2

上記のように、LINEは幅広い年代で多くの方が利用しているため、商材やターゲットを問わず多くの企業にとって効果的な集客方法と言えます。

LINE@(アット)と公式アカウントの違い

LINE@とLINE公式アカウントには以前は違いがありましたが、2019年4月にLINE@が公式アカウントに統合されています。
つまり、現在はLINE@(アット)は存在しません。

ちなみに以前は、LINE@(アット)はLINEが提供するサービスのひとつで、ビジネス用のLINEを指します。
消費者に向けて商品をPRするなどマーケティングに特化しており、主に中小企業や中小店舗向けのサービスとして提供されていました。

一方、LINE公式アカウントは、大企業や公官庁向けのサービスで大手外食チェーンや市役所などを対象としたサービスとして提供されていました。

LINE公式アカウントの運用費

LINE公式アカウントは、以下の3つの料金プランが用意されています。

フリープラン ライトプラン スタンダードプラン
月額固定費(税別) 0円 5,000円 15,000円
無料メッセージ通数 1,000通 15,000通 45,000通
追加メッセージ料金(税別) 不可 5円 〜3円

※上記の料金プランは2024年6月に改定を予定しています。

参考:料金プラン|LINEforBusiness

​​顧客数に合わせたプランが用意されているため、顧客数が少ない企業から大企業まで幅広く利用することが可能です。

反面、LINE公式アカウントを利用する際は、自社の事業規模に合わせてどのプランを利用するのか慎重に検討する必要があります。

LINEで集客するときに活用する基本機能

LINE公式アカウントには、集客を行ううえで役立つ機能が多数搭載されています。

ここでは、LINE公式アカウントで集客の際に利用する5つの基本機能を紹介します。

メッセージ機能

メッセージ機能はLINE公式アカウントを友だちに追加したユーザーに対して、メッセージを送れる機能です。
メルマガをイメージしていただくとわかりやすいです。

ユーザーに対して伝えたい情報をテキストや画像、スタンプなどで一斉に送れます。

また、ひとりひとりに合わせ個別にメッセージを送ることも可能です。
ユーザーの興味関心度に合わせて効率良くサービスや商品を宣伝できます。

チャット

チャットは、メッセージ機能のように一方的にメッセージを送るのではなく、ユーザーとやりとりができる機能です。

1対1だけでなく、複数のユーザーとグループチャットのようなやりとりも可能です。
そのため、予約や問い合わせの活用に有効です。

テキストだけでなく動画やボイスメッセージなどを送ることもできます。

また、自動応答の設定もできます。
ユーザーから送られてくるキーワードに対して、あらかじめ設定したメッセージを送ることができるbotのような機能です。

同じような問い合わせが多い場合は、自動返信を設定しておくことで返信する手間を省くことが可能です。

リッチメニュー

リッチメニューとは、トーク画面の下部に固定される、以下画像の赤枠のメニューです。

例えば、「クーポン一覧」「ポイントカード」「メニュー一覧」「予約問い合わせ」など、さまざまなメニューを固定できます。
ユーザーは、貴社のホームページに足を運ばなくとも、メニューだけで情報収集が可能です。

また、外部サイトへの誘導もできるため、自社のECサイトに集客したい場合も活用できます。

ショップカード

ショップカードはLINE上で、ポイントカードを作成できる機能です。

ユーザーがポイントカードを忘れたり、失くしたりすることを防げます。
しかも、デジタル上でポイントカードを作成できるため、ポイントカードの制作や印刷代などのコスト削減も可能です。

したがって、ユーザーと企業双方にとって便利な機能と言えます。

クーポン

店舗や企業で使用できるクーポンを作成し、LINE上でメッセージとして配信することができます。

ちなみに、クーポンを発行することで来店促進だけでなく、公式アカウントのブロック防止も期待可能です。
しかも、手軽に発行できるため、作成や配布にかかる手間と時間を削減することにも繋がります。

SNSマーケティングに強いLINEの運用代行会社を選びたい場合は、次の記事も合わせてご確認ください。

関連記事

【2024年最新版】SNSマーケティング企業11社を厳選比較ランキング!選定時のポイントをプロ視点で解説

【2024年最新版】SNSマーケティング企業11社を厳選比較ランキング!選定時のポイントをプロ視点で解説

Read More

集客におけるLINE構築成功のポイントは4つ【StockSun流】

ここでは、成功事例でも実施したStockSun式のLINE集客のポイントを解説します。

今すぐ実践に移せるよう、具体的なやり方を解説しているため参考にしてみてください。

以下でも構築方法をより詳しく解説しています。

関連記事

LINE構築代行の全貌!導入・運用・副業まで解説

LINE構築代行の全貌!導入・運用・副業まで解説

Read More

また、運用代行会社への依頼を検討しているときには、以下記事が参考になります。

関連記事

LINE運用代行で集客力アップ!おすすめサービスを比較

LINE運用代行で集客力アップ!おすすめサービスを比較

Read More

ユーザーにとってお得な内容を配信する

クーポンやポイントカードの活用など、ユーザーにとってお得に感じる内容を配信することが大切です。
クーポンの配信を行うことで、商品の購入や来店につながる可能性があります。

また、ポイントカード制度では、来店しなくても毎日ログインすることでポイントが貯まる仕組みを作っておけば、ブロックされることなくユーザーと常にコミュニケーションを取り続けることが可能です。

貯まったポイントは、クーポンとして利用できるようにすると、リピーターの集客につながります。
ユーザーにとってお得に感じる情報を用意し、新規顧客とリピーターの集客に繋げましょう。

読んでくれる少数を意識した配信をする

LINEの公式アカウントでメッセージを配信する際は、「読んでくれる少数を意識する」ことが重要です。
100人中5人は、LINEのメッセージを読んでくれる可能性があるためです。読んでくれる少数ユーザーを成約に繋げることに注力した配信としましょう。

公式アカウントから配信されるメッセージは、疎ましく感じた経験があるからこそ、95名に嫌われないようなメッセージを設計してしまうケースが多いです。
しかし95人は、すでに商品には興味がない状況のため、教育し成約に結びつけることは非常に困難です。

そのため、5人を教育し成約につなげる配信を行うことを意識しましょう。

上記でご説明した、メッセージを作成する際の前提となるポイントは、下記の動画でも解説しています。

セグメントを分ける

LINEのユーザーリストを、ユーザーの興味関心に合わせてセグメントで分けることも重要になります。
セグメントごとに分けることで、ユーザーのニーズに応じた配信をすることが可能なためです。

セグメントを分けるやり方は、例えば美容系の企業の場合ならば、集めたユーザーに対して診断テストを実施します。
そして「目にコンプレックスがある人」「口元にコンプレックスがある人」など、属性ごとに分類しておきます。

その後、口元にコンプレックスを抱えている人に対しては口紅や口元のメイク動画を配信し、目にコンプレックスを持っている方には、アイプチやアイライナーなどの商品を紹介します。

上記のようにLINEを活用してユーザーの属性を把握し、そのうえでセグメントごとに分ければよりニーズに刺さる配信が可能です。
ユーザーの満足度を高めることができるため、集客につながります。

シナリオを構成する

分類したセグメント別に、配信する内容や時間を決めたシナリオを構成するのも重要です。
シナリオの構成を行わないと、ユーザーを成約する心理状況まで教育することができません。

まずは、ユーザーの興味関心別にセグメントを分けます。
そしてそれぞれのユーザーにはどのような悩みがあり、どんな心理状況になれば成約に結びつくのかゴールまでのシナリオを作成します。

さらに、シナリオに合わせメッセージを作成していきます。
ここで重要なことは、メッセージのパターンを10〜20通り用意しておくことです。

セグメントが5つあるとすれば、50〜100通りのメッセージを作成してくことになります。

工数と手間のかかる作業ですが、ユーザーにダイレクトに刺さる配信ができ、ユーザーを教育することができるため、成約率の向上に期待ができます。

\特典:成約率倍増?!貴社サイトとマッチするLINEの戦略をご提案/

LINE集客の無料相談
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

LINE公式アカウントで友だちを増やすためのStockSun式3つのコツ

LINEに登録してもらわないことには、ユーザーを集客できません。

成功事例でも実施した、LINE公式アカウントで友だちを増やすための3つのコツを解説します。

LINE公式アカウントを告知する

そもそもLINEの公式アカウントに連絡先を登録してもらうためには、利用者がその存在を知っている必要があります。
当然ですが、認知していないと登録をするはずがないためです。

例えば、店舗の場合は店頭でLINEアカウントのQRコードを貼った看板を設置したり、会計時にお得な情報を表示してみるといいでしょう。

また、ECページやソーシャルメディア上で、告知を行うことも認知の拡大に有効です。

さまざまな媒体を利用して告知をして、より多くのユーザーにLINE公式アカウントを認知してもらうようにしましょう。

1通目にお得情報を配信する

登録率を上げるためには、「1通目の配信」も重要です。1通目の配信では、顧客にとって特典となる内容を配信します。
しかし、1通目はLINE登録してから送るものなので、1通目の配信をお得情報に変更しただけでは登録率はあがりません。

そのため、1通目に何を配信するのか具体的な内容を告知してLINE登録を促すことが重要です。

例えば、「登録してくれたら定期的にクーポンを配信します」といった告知では、ユーザーにとってクーポンがいつ配信されるのかがわからず、登録にはつながりません。

一方で、「登録すると今すぐに500円割引クーポンを送付!」といった内容であれば、その場ですぐに利用したい方が登録してくれます。
このように、1通目のメッセージはユーザーがLINE登録するモチベーションにつながるものを設計し、そのうえで1通目に配信することを明確に告知しましょう。

上記でご紹介したLINE登録数を増やす1通目の作り方については以下の動画でも解説しています。

友だち追加広告を配信する

LINEでは、「友だち追加広告(CPF)」を配信することも可能です。
この広告システムは、獲得した連絡先の数に応じて課金されるため、費用対効果が高いのが特徴です。

またLINEの広告機能では、「特定のアカウントと友達になっているユーザー」に狙いを絞って広告出稿することもできます。
貴社に興味を持ってもらいやすいユーザーに配信できるため、友だち登録に繋げることが可能です。

LINE広告については以下の記事で詳細を解説しているため、あわせてご確認ください。

関連記事

【LINE広告がアツい!】配信メリットと最新事例をご紹介!

【LINE広告がアツい!】配信メリットと最新事例をご紹介!

Read More

LINEを利用した集客の5つのメリット【一瞬で売上2倍に!StockSunが解説】

LINEを利用した集客には多くのメリットがあり、うまく活用することで売上を2倍にすることも可能です。

ここでは、LINEを利用した集客の5つのメリットをご紹介します。

LINEはオプトインのハードルが低い

LINEはメールマガジンとは違って情報を得られるようにユーザーが登録する行為(オプトイン)のハードルが低いです。
メールマガジンの場合、登録するために名前やメールアドレスを記載して送信されたメールを確認や承認する作業が必要になり、オプトインするまでの工数が多くなってしまいます。

このため、面倒と感じてメールマガジンに登録しない方も少なくありません。

その点、LINEの場合はLINE登録ボタンを押して、友だちの追加ボタンを押すことで登録が完了します。
2タップで登録できるため、簡単で時間もかからずユーザーが面倒だと感じずに登録してもらえる可能性が高いです。

このように、LINEはオプトインのハードルが低く、メールマガジンよりも登録してもらえる可能性が高いため、より効率的な集客が見込めます。

開封がされやすい

LINE公式アカウントからのメッセージは開封される可能性が高いです。
実際、LINEの公式アカウントが公表しているLINE公式アカウントからのメッセージを受け取って見るまでの体感値を調査したデータによると、約2割の方がすぐに内容を確認しており、過半数が3〜6時間で内容を確認しています。

また、約8割の方がその日のうちにメッセージを確認しているため、非常に開封率が高いと判断できます。
出典:LINE公式アカウント

配信したメッセージを見てくれる可能性が高い分、集客や売上の向上に繋がる可能性も高くなります。

内容を全部読んでもらいやすい

LINEはメールマガジンよりも発信した内容を全部読んでもらいやすいという特徴があります。
メールマガジンはメールを送る以外のアクションを起こすことができないうえに、多くの情報を配信しようと長文になってしまいがちです。

その点、LINEの場合は続きを読もうとタップしたら自動配信でメッセージを送ることができます。

ユーザーがメッセージを読んでいる最中に新しいメッセージが届くため、ついつい全部読んでしまうという心理を働かすことが可能です。

このように、LINEはメッセージを送信した後も送信側にアクションを起こさせる仕組みであるため、内容を最後まで読んでもらいやすいおすすめの集客ツールと言えます。

メールマガジンよりもCV(コンバージョン)率が高い

メールマガジンからの問い合わせ導線をLINEに変更するだけでCV率が上がります。
そもそもLINEは多くのユーザーが利用しており、反面メールを見る方は減少し続けている状況であるためです。

そのため、メールよりもLINEの方がアクティブユーザーが多く、メールマガジンでは取りこぼしていた層を獲得できます。

実際、冒頭の動画で話している事例ではメールマガジンをLINEに変更しただけで、CV率が3%から3.7%になっています。
LINEをうまく活用することで、CV率を向上させることができます。

無料で利用できる

LINEの大きな魅力のひとつが無料で利用できることです。
しかも、初期費用も必要ないため、まずは試しに利用してみることができます。

このため、あまり金銭的な余裕がない小規模の店舗や企業でも、施策を実施することが可能です。

ただし、費用がかからない「フリープラン」は、メッセージを毎月1,000通しか送信できません。

このように、配信できるメッセージ数が限られるため、規模が大きい会社などは無料ではなく、有料プランのほうが向いています。

以下の記事では、StockSunの事業領域においてLINEマーケティングに特化したコンサルタントが、LINEの活用術を解説しています。合わせてご確認ください。

関連記事

【2024年最新】LINE公式アカウントの活用法【成約率20%UP!貴社のビジネスに生かせる成功事例あり】

【2024年最新】LINE公式アカウントの活用法【成約率20%UP!貴社のビジネスに生かせる成功事例あり】

Read More

LINE集客成功事例3選【StockSun式!来店率爆上がりの成功事例】

ここでは、StockSunが実施したLINEを用いた集客の成功事例をご紹介します。

成功した理由についても、分析しながら解説します。集客するためのLINEの活用術を理解することができ、すぐにマネしていただくことが可能です。

リサイクル会社の成約率が2倍になった成功事例

リサイクル会社がLINE公式を利用して成約率を2倍にした事例を紹介します。

この事例の成功要因として大きかったことは、リサイクル業者が自社のホームページ上で「写真だけですぐにLINE査定できます」という告知を行ったことです。
ユーザーにとって有益な告知をした結果LINE公式アカウントの登録者数が増えました。

また、他の成功要因は、LINEの自動応答機能を活用したことです。

従来からLINE査定を行っていましたが、査定額を出すまでに、以下の項目を担当者からユーザーに伺う必要がありました。

商品の傷の具合
・何年製造のものか
・持ち込み買取か、訪問買取か

上記のやりとりに時間がかかっているうちに、ユーザーが他の買取業者に乗り換えてしまうケースも多くありました。
査定するうえでユーザーに確認すべき内容はあらかじめ確定しているため、自動応答機能を活用することに。

ユーザーが質問に回答するだけで瞬時に査定をできるような仕組みを作ったことで、ユーザーに離脱されなくなり成約率が7%から15%に上がりました。
さらに査定にかかっていたオペレーションコストの削減にも繋がっています。

リサイクル会社がLINE公式を利用して成約率を2倍にした事例については以下の動画で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

美容系サロンが1カ月でリピーター0人→20人にした成功事例

メイクレッスンや服のコーディネートを行う美容サロンがLINE公式を利用したことで、リピート客が0人から20人になった事例を紹介します。

この事例の成功要因は、ユーザーの興味関心度に合わせ、セグメントを分けてユーザーのニーズに刺さる配信を行ったことです。
一度利用した顧客には、リピーター割引メニューの配信を行いました。

また一度顧客を接客した際に「私も資格をとってサロンで働きたい」というニーズがあることを知り、美容サロンの資格受講講座に関する配信も行いました。
そして新規ユーザーには、季節の変わり目にショッピング同行メニューを配信。

ユーザーの興味関心に合わせた配信をおこなうことで新規顧客の獲得だけでなく、リピーターのニーズにも刺さる配信ができ、1カ月でリピーターが0人から20人に跳ね上がりました。

この事例のように、LINEは集客した潜在顧客を顕在顧客に育成するのに最適です。そのため、工務店のような単価の高い業種でもぜひ取り入れたい集客ツールです。

LINEで育成する前に、工務店がリーチを拡大し潜在顧客を集客する方法は、次の記事で解説しています。

関連記事

工務店の集客方法8選!【成約数7倍アップ!】

工務店の集客方法8選!【成約数7倍アップ!】

Read More

工務店の集客アップ施策8選を解説しています。工務店でWeb集客を実施したい場合はぜひご参考になさってください。

美容院での3回目のリピート率が17%UPした成功事例

LINEを導入したことで、美容院の3回目のリピート率が25%から42%にアップした事例です。

成功要因は、次の2つです。

・LINEからリピートしない理由を調査
・リピートにつながるお得な配信をLINEから実施

まずは、LINEを使って既存顧客にサロンをリピートしない理由をアンケート調査しました。すると、明確な理由はなく「なんとなく」が理由となりリピートに結びつかないことがわかりました。
そこで、リピートしたくなる特典を実施することに。

定期的なクーポンの配信だけでなく、LINEのポイントシステムを使って、来店しなくてもログインするだけでポイントが貯まる仕組みをつくりました。
貯まったポイントは来店時に割引で使用できるようにして、リピーターの集客につなげています。

上記の施策をおこなったことで、3ヶ月でリピート率が42%になりました。

他のSNSを用いた集客成功事例は、以下の記事にまとめているため合わせてご確認ください。

関連記事

企業SNSマーケティングの成功事例7選【2ヶ月でフォロワー1万人に達成した戦略】

企業SNSマーケティングの成功事例7選【2ヶ月でフォロワー1万人に達成した戦略】

Read More

また、LINEは不動産会社のマーケティングにおすすめなツールです。以下の記事で解説しているためあわせてご確認ください。

関連記事

不動産会社のLINE活用術|商談化率倍増のテクニック【不動産会社のLINE活用事例7選】

不動産会社のLINE活用術|商談化率倍増のテクニック【不動産会社のLINE活用事例7選】

Read More

まとめ

LINEによる集客は従来多く利用されていたメールマガジンにはない、多くのメリットがあります。
そのため、集客するためのツールとして非常におすすめです。

効果を発揮するためには、本記事でご紹介した構築ポイントを理解し実施することが大切です。
記事を参考にして貴社でもLINE集客を取り入れましょう。

「LINEのどの機能をどんな風に扱えばいいのかわからない…」
「自社の商材に適したLINEの運用方法がわからない…」

上記の場合はStockSunにご相談ください。StockSunのコンサルティングでは、貴社の商材に合わせた最適なLINE集客方法をご提案しています。
現状の課題をヒアリングさせていただいたうえで、最適な施策をご提案します。そしてご納得いただいてから支援を実施しております。

これまでさまざまな業種のLINE集客を支援したスペシャリストが、施策のご提案から実行まですべてお引き受けいたします。

\特典:成約率倍増?!貴社サイトとマッチするLINEの戦略をご提案/

LINE集客の無料相談
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

「公式LINEを運用しているものの使いこなせていない…」
「LINEから集客を成功させるまでにさまざまなソリューションがあり、リソースを確保できない…」

そこでマキトルくん!貴社の悩みを全て解決します!

・貴社の目的に合わせ専属のWebマーケティングチームを組みます!効率的かつスピーディーにマーケティング施策を実行!
・定額制!優秀なWebマーケティングチームに格安で依頼可能!

StockSunの新サービス「マキトルくん」では、貴社の商材に適した最適施策をご提案し、知見豊富なプロ人材が施策を実行します。

限られた予算の中で売上を短期間で伸ばしたいときや、Web周りのマーケティングを知見豊富なプロに丸投げしたいときはぜひご検討ください。


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。