メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

Webマーケティングの外注にかかる費用相場は?【業務委託を格安で依頼する方法】

「Webマーケティングを外注する時の費用はどれくらいなんだろう?」
「格安で業務委託する方法はあるのかな?」

Webマーケティングの重要性を理解しているものの、自社にリソースやノウハウがないと悩んでいる企業は少なくありません。

プロの力を借りて、Webマーケティングに乗り出そうと考えている方も多いでしょう。しかし、施策を外注できる委託先はたくさんあるもので、いざ探してみると「どれを選べばいいんだろう?」と頭を悩ませてしまうもの。

成果を出すには、自社に合った外注先を見つけることが大切です。

本記事では、Webマーケティングの外注に関して、費用相場や選び方を解説します。

弊社StockSunでは、月額定額5万円からWebマーケティング全般の施策を依頼できる「マキトルくん」というサービスを提供しています。最小限のコストで成果に繋げたい方は、ぜひマキトルくんをご検討ください。

Webマーケティングの外注・業務委託する際の費用相場

Webマーケティングの外注にかかる費用相場をまとめました。

依頼内容 費用相場
データ解析と改善 3万円〜50万円
SEO対策のみ実施 月額5万円〜50万円
サイトの制作から
SEO対策まで実施
50万円〜200万円
SNSの戦略立案と施策実行 月額5万円〜50万円
YouTubeの戦略立案と動画制作 月額20万円〜100万円
売上アップするための
戦略提案と施策実行
月額20万円〜
(大規模であれば100万円を超える場合もあり)

上記はあくまで目安です。

大手Webマーケティング会社に依頼する場合は、費用感も高めになります。依頼内容や業務を委託する範囲によっても、かかる費用が変わってくる点を覚えておいてください。

データ解析と改善では、自社サイトの問題点を分析して改善します。

SEO対策では、サイト内部や被リンク獲得などの外部対策、コンテンツ作成などを依頼できます。専門性の高いコンテンツを作成する場合は、費用も高くなりがちです。

SNS運用ではコンセプトの策定や、投稿コンテンツを作成します。YouTube運営に関しても同じように戦略から動画制作などを外注可能です。

予算に応じたWebマーケティング戦略や、実行支援を依頼することもできます。この場合、月毎にコンサル料が発生する点を覚えておいてください。

上記の施策以外にも、広告運用やMEO対策など、Webマーケティングには様々な選択肢があります。

最小限の費用で最大限の効果を出すには、信頼できるパートナーとタッグを組むことが何よりも大切です。「大手なら安心」や「安いからダメ」と判断すると損をする可能性もあるので気をつけましょう。

関連記事

【2024年最新】Webマーケティング支援会社ランキング30選!選定時のポイントをプロのマーケターが解説

【2024年最新】Webマーケティング支援会社ランキング30選!選定時のポイントをプロのマーケターが解説

Read More

関連記事

WEBマーケティング とは?成功のポイントや種類、始め方を分かりやすく解説

WEBマーケティング とは?成功のポイントや種類、始め方を分かりやすく解説

Read More

Webマーケティングを外注するメリット

Webマーケティングを外注するメリットは、以下の通りです。

  • 内製化の手間を省ける
  • プロに施策を任せられる
  • 客観的な分析ができる

外注するメリット①内製化の手間を省ける

Webマーケティングを外注するメリットは、内製化の手間を省けることです。

自社で内製化を図ろうとすると、様々な労力がかかります。

  • 人材の採用・育成
  • ツールの導入・設定
  • 最新トレンドへの対応

Webマーケティングに必要な知識は実にたくさんあるものです。

変数が多いため「〇〇で成果を出すには〇〇をすればOK」といった正攻法もありません。SEO対策だけでも内部対策、外部対策、コンテンツSEOなど、身につけなければならない知識は膨大です。

リソースの確保からツールの導入などを行い、実際に施策の実行ができる頃には、Webマーケティングのトレンドが変わっている可能性もあるでしょう。

この点、外部に業務委託すれば、予算に応じた施策を即実行できます。

成果を求めるのであれば、外部に委託する方がメリットが大きいと言えるでしょう。

外注するメリット②プロに施策を任せられる

外注することで、Webマーケティングの施策をプロに依頼できるメリットもあります。

  • 自社の課題をヒアリング
  • 予算に合った施策を提案
  • 成果のレポート作成

上記の流れで自社に合った施策を提案してくのも魅力です。

自社に知識を持った人間がいなくても施策を実行できます。そのため、自社のリソースを得意分野に使いつつ、効果的なWebマーケティングを実行できるでしょう。

また、外注パートナーは成果を出すことが求められるため、ROIを最大化するための戦略を立てるものです。

クライアントの利益に直結する施策を、自身の経験や過去のデータに基づいて提案してくれます。

外注するメリット③客観的な分析ができる

Webマーケティングの施策を外部に委託すると、客観的に分析できるメリットもあります。

自社にWebマーケティングチームがある場合、ついつい主観的な分析になることも。無意識のうちにバイアスが入ってしまい、問題点の分析が上手くいかないケースもあります。

この点、外注すればデータをもとに冷静な分析が可能です。

経験値の豊富なプロに依頼すれば、過去の成功事例や競合他社の状況を分析したうえで、改善案を提案してくれるでしょう。

外注先を探しているときには、次の記事をご確認ください。

関連記事

Web集客代行のおすすめ5社を紹介【優秀な担当者を見抜く方法とは】

Web集客代行のおすすめ5社を紹介【優秀な担当者を見抜く方法とは】

Read More

Webマーケティングを外注するデメリット

Webマーケティングを外注するデメリットも見ていきましょう。

  • 費用がかかる
  • 自社にノウハウが貯まりにくい
  • 担当者の質で成果が変わる

外注するデメリット①費用がかかる

Webマーケティングを外注するデメリットは、費用がかかることです。

  • 初期費用
  • 施策の実行費
  • コンサル料

上記のような費用がかかってくるため、毎月少なからず固定費が発生します。

施策内容によっては、追加で費用が発生するケースも珍しくありません。そのため、自社に合ったパートナーを選んだ場合、成果が出るまでに時間がかかり予算が尽きてしまう可能性もあるでしょう。

スキルや実績をもとに、自社に合ったパートナーを見つけることが重要です。

外注するデメリット②自社にノウハウが貯まりにくい

外注する場合、自社にノウハウが蓄積しにくいデメリットがあります。

「近い将来、Webマーケティングを内製化したい」といった計画がある方は、業務委託しつつ内製化支援を行う必要があるでしょう。

前述した通り、Webマーケティングを内製化するには時間がかかります。成果を出せる人材を育成するには、それなりにコストもかかってしまうものです。

Webマーケティングを外注しつつ、徐々に内製化を進めていきましょう。

外注するデメリット③担当者の質で成果が変わる

Webマーケティングの担当者の質が悪い場合、成果が出ないデメリットもあります。

  • スキルや実績が不十分
  • 円滑なコミュニケーションができない
  • 自社の課題を理解できていない

上記のような担当者にあたってしまうと、費用対効果が悪くなってしまうでしょう。

経験値が浅いにも関わらず、誇張した実績をアピールしてくる人も少なくありません。

また、コミュニケーションスキルが未熟なため、意思疎通をするために膨大な時間が必要になる担当者もいます。

問題を未然に防ぐには、外注する前に担当者と面談することが大切です。

自社の課題をしっかりヒアリングしてくれて、こちらの質問に的確な回答をしてくれる担当者が理想的と言えるでしょう。

Webマーケティングの実行支援でお悩みの方は、コンサル料不要・月額定額制で利用できる「マキトルくん」がおすすめです。StockSunに在籍する2,000名以上のフリーランスの中から、上位20%の優秀な人材が業務を担当します。

貴社の課題をヒアリングした後、予算に最適な施策をご提案させていただきます。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

Webマーケティングを業務委託する5つの流れ

ここでは、Webマーケティングを業務委託する流れを5つに分けて解説します。

  • 自社の課題を明確にする
  • 施策の依頼内容を決定
  • 外注先の選定
  • 施策内容を決定
  • 施策の実行

自社の課題を明確にする

はじめに自社の課題を明確にします。

  • サイトの流入数不足
  • コンバージョン率の低下
  • 差別化不足

上記のように課題を洗い出していく工程です。

課題の洗い出しから外注することもできますが、事前に仮説を立てておいた方が、よりスムーズに戦略を立てられるようになります。

自社の課題をリストアップする際は、複数名で行うのがおすすめです。

個々にアイデアを出し合って、課題と解決策を検討しましょう。

施策の依頼内容を決定

課題を明確にしたら「どのような施策を依頼するか」を決定します。

洗い出した課題に対して優先順位をつけていき、最も費用対効果の高そうな施策を見つける工程です。

  • 記事数が足りないのでコンテンツ作成を依頼する
  • 商品の販売促進のためにLP制作と広告運用を依頼する
  • 認知度を上げるためにInstagram運用を依頼する

上記のようなイメージで、課題解決に効果がありそうな施策を考えてみてください。

Webマーケティングを外注する際の1つの指標になるため、できるだけ明確にしておきましょう。

外注先の選定

業務委託するパートナーを選定する工程です。

外注するパートナーを探す際は、以下のような確認作業を行いましょう。

  • 過去の実績やポートフォリオ
  • 得意分野と対応範囲
  • ネット上の口コミやレビュー

Webマーケティングには実にSEO、SNS運用、広告運用など実に様々な施策があります。

そのため、人によって得意分野が異なる点に注意してください。

依頼したい施策がSEOとSNS運用だった場合「SEOは得意だけどSNS運用は苦手」といったパートナーを選んでしまうと、費用対効果が悪くなります。

やる気はあるものの、専門知識が不足している担当者も珍しくありません。

まずは信頼できそうなパートナーを数名選んで、実際に面談してみましょう。質問への回答や費用感などを考慮して、自社とのバランスが良さそうなパートナーを選ぶことをおすすめします。

施策内容を決定

外注先と協力して、具体的な依頼内容を決定する工程です。

  • 自社の課題を説明
  • 外注先に施策を提案してもらう
  • 費用や期間などをすり合わせる

自社の課題解決に貢献度が高く、なおかつ費用対効果の高い施策を外注先と相談して明確にしましょう。

場合によっては、外注先から想定外の提案をされることもあります。

「SEO対策をご希望ですが、予算的にTwitter運用を行った方が良さそうです」
「新規記事の作成よりも、リライトを行った方が良さそうです」

上記のような提案があった際は、具体的な理由や詳しい施策内容を聞いてみてください。

プロならではの視点からアドバイスを行ってくれる担当者もいるので、時間をかけてすり合わせを行うようにしましょう。

施策の実行

策定した施策を実行する工程です。

事前に決めておいたスケジュールをもとに、外注先と連携を取りながらWebマーケティングを進めていきます。

施策を実行する際は、以下の点を意識してください。

  • 定期的に進捗状況を把握する
  • 成果をモニタリングできるようにする
  • 気になることをこまめに質問する

外注先へ施策を任せきりにしてしまうと、相手のモチベーションが低下する可能性があります。

進捗状況や質問など、こまめなコミュニケーションを取ることで、一定の緊張感を維持することができるでしょう。

また、成果状況をモニタリングできる仕組みを作っておくと、依頼主として安心できます。アクセスやコンバージョン率が分かるツールなどを共有してもらい、定点観測できるようにしておくのがおすすめです。

定期的なコミュニケーションや調整を通じて、施策の最適化や修正が必要な場合に柔軟に対応しましょう。

関連記事

CVRを上げる方法は? 効果的な施策と改善ポイントを解説

CVRを上げる方法は? 効果的な施策と改善ポイントを解説

Read More

関連記事

【初心者必見】Webマーケティングの手法と戦略を解説

【初心者必見】Webマーケティングの手法と戦略を解説

Read More

Webマーケティングの外注・業務委託で失敗しない選び方

Webマーケティングの外注選びで失敗しないためのポイントをまとめました。

  • 過去に似たような施策で成功した実績がある
  • 料金プランや作業範囲の説明が明白
  • 費用感が自社と合っている

過去に似たような施策で成功した実績がある

外注先の選定においては、過去の成功実績を重視しましょう。

似たような施策で成功した実績がある業者であれば、過去の経験を活かして自社の課題を解決できる可能性が高いです。

成功事例について質問した時に、具体的な施策内容や期間、費用感などを教えてくれる人は信頼できるでしょう。反対に「同様の実績はある」と言ってくるものの、具体性にかける業者は疑うべきです。

ポートフォリオや過去のクライアントの声などがある場合は、参考にしつつ信頼性を確認すると良いでしょう。

料金プランや作業範囲の説明が明白

費用や作業範囲の説明を明確に行ってくれる業者は安心できます。

  • トータルでかかる費用
  • 各作業にかかる費用の内訳
  • 何をどれくらいの期間で行うのか

上記のようなポイントに明確に答えてくれる人は、外注先として信頼できるでしょう。

専門用語について解説しながら、こちらが理解できるように説明してくれる人はより安心できます。中には、難しい用語を並べて、あえて分かりづらくしている業者もいるので注意してください。

不明点がある場合は質問を繰り返し、納得したうえで外注先を選ぶようにしましょう。

関連記事

中小企業向けWebマーケティングのメリット・デメリット【格安で依頼する方法解説】

中小企業向けWebマーケティングのメリット・デメリット【格安で依頼する方法解説】

Read More

費用感が自社と合っている

どんなに優秀な業者でも、費用が高すぎれば継続して依頼できません。

Webマーケティングの業者によっては、費用に見合ったクオリティと成果を提供できない人もたくさんいます。担当者のスキルと費用のバランスが悪い場合、成果が出ずに終わってしまうケースもあるでしょう。

最適解は、予算内で最も価値のある施策を提案できる業者です。

自社とのバランスが取れていれば、継続して施策を依頼できたり、成果を出し続けたりなどのメリットが得られます。

財務状況を考慮して、適切な費用感を持つ外注先を見つけましょう。

Webマーケティングを格安で外注したいならマキトルくん一択!月5万円〜

「できるだけ安い料金でWebマーケティングの実行支援をしてほしい」
「信頼できる会社に戦略設計から依頼したい」

そのような方に最適なのが、弊社StockSunの月額定額サービス「マキトルくん」です。

マキトルくんは月額5万円から、弊社が抱える優秀なフリーランスにWebマーケティング全般の施策を依頼できるサービスです。

「実績のあるWebコンサル会社に依頼したいけど、高額なコンサル料を払うのは予算的に厳しい」

マキトルくんは、上記のような要望に答えるために生まれました!

ここでは、外注を考えているあなたへ、マキトルくんのメリットを紹介させてください。

  • 月額定額制のコストパフォーマンス
  • 専属のマーケティングチーム
  • 迅速な施策の実行

月額定額制のコストパフォーマンス

マキトルくんは、完全月額定額制でWebマーケティング全般の施策を依頼できます。

コンサル料は不要です。

月額定額制のサービスなので「追加料金を請求されたらどうしよう」と心配する必要はありません。

実務を担当するのは、StockSunが抱える2,000名以上のフリーランスの中から、上位20%の優秀な人材です。経験と実績のあるフリーランスを探すのは困難ですが、マキトルくんならデフォルトで優秀な人材をアサインします。

フリーランスは「収入が不安定」という悩みがあるものです。

この点、マキトルくんでは毎月定額で一定の報酬が受け取れるため、フリーランスにとってもメリットがあります。クライアントと外注先の双方がWin-Winになれるのは、マキトルくんならではと言えるでしょう。

専属のマーケティングチーム

マキトルくんでは、貴社に最適化した専属のマーケティングチームを構築します。

クライアントによって、依頼したい施策は様々です。

  • SEOとSNS運用を依頼したい
  • LP制作とリスティング広告を依頼したい
  • MEO、SEO、YouTubeを依頼したい

上記のような要望に柔軟に応えられるのは、Webコンサル会社であるStockSunの強みです。

各分野に精通したフリーランスを必要に応じて収集し、社外チームとなって貴社の課題解決を行います。

「でも、複数のフリーランスと個別に連絡を取るのは面倒なんだけど…」

この問題を解決するために、マキトルくんでは専属のディレクターがフリーランスと貴社をつなぎます。

ディレクション業務に長けた人材が担当するので、コミュニケーションコストもかかりません。

現在、複数の外注先へWebマーケティングの施策を依頼している方は、マキトルくんに一本化することで、費用を削減できる可能性があります。

固定費を節約したい方は、マキトルくんが最適と言えるでしょう。

迅速な施策の実行

マキトルくんは、フリーランスの余剰リソースを活用しているため、迅速にチームを構築して施策の実行ができます。

  • お問い合わせ
  • 課題のヒアリング
  • スケジュール調整とプランの決定
  • 本契約→ツール連携
  • キックオフミーティングと施策決定

上記の流れを最短5営業日ほどで完了し、サービスをスタートできるのが強みです。

課題と予算をディレクターがヒアリングしたのち、費用対効果の高い施策を提案させていただきます。業務に必要な人材を集めてチームを作るため、貴社に負担がかかることはありません。

  • サイト運用
  • 広告運用
  • デザイン作成
  • SEO対策
  • SNS運用
  • YouTube運用
  • LINE・メルマガ運用

Webマーケティングに関する様々な分野で、結果を出している優秀なフリーランスが担当させていただきます。

「安かろう悪かろう」ではなく「格安で成果に直結する施策」をお求めの方は、ぜひマキトルくんの無料診断にお問い合わせください!

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

マキトルくんの成功事例【格安なのに結果が出る理由とは?】

マキトルくんの成功事例を3つ紹介します。

  • クリニックのWebサイトでCVRを改善した事例
  • SNS運用の初動でリスト100件獲得した事例
  • 広告運用の内製化を支援した事例

クリニックのWebサイトでCVRを改善した事例

クリニックの公式サイトで、CVR(コンバージョン率)を改善した成功事例です。

コンバージョン率を改善するために、StockSunがマキトルくんのために作成したチェックリストを活用しました。

  • CTAボタンの位置
  • CVRを左右する文言
  • 導線の最適化

チェックリストから上記のような問題点を見つけて改善したところ、CVRを向上させることができました。

課題を潰している最中に、他の施策としてSEO対策も行いました。

具体的には記事のリライトと導線作りを行い、コンテンツを最適化した流れです。

Webサイト周りの最適化を行ったことで、CVRを改善できました。

SNS運用の初動でリスト100件獲得した事例

個人のSNS運用の支援で、初動からリストを100件以上獲得した成功事例です。

要望としては、業界特化型のツールを販売するために、SNS経由での集客を広めたいというものでした。

マキトルくんで行った施策は以下の通りです。

  • 導線の改善
  • コンテンツの制作

「導線の改善」では、SNSからLINEへ誘導するためにプロフィールを最適化したり、流入後のセールスコピーを改善しました。

「コンテンツの制作」では、Twitterでツールの使い方の解説動画を作成したり、効果的な訴求文の作成を担当しました。

適切な導線設計と訴求を行ったことで、成果を出せた成功事例になっています。

広告運用の内製化を支援した事例

広告運用の内製化を支援した成功事例です。

  • 広告運用のノウハウをシェア
  • アクセス解析ツールの導入と設定方法の解説

広告運用に欠かせないノウハウをマニュアル化して、月に何回か研修時間を作り教育を行いました。

通常、内製化に関する教育コストは高くなりがちですが、マキトルくんであれば月額定額制なので、安心してご依頼が可能です。

「自社でWebマーケティングができる人材を育てたい」といった方にも、マキトルくんを使う価値を感じていただけます。

詳しくは以下のYouTube動画でも解説していますので、ぜひご覧ください。

まとめ

Webマーケティングの外注にかかる費用相場は、依頼する内容や範囲、外注先によって大きく異なります。

プロに業務を委託することで、迅速な施策の実行や自社のリソースを得意分野に集中できるのがメリットです。社外の人間による冷静な分析ができるのも魅力と言えるでしょう。

過去の成功事例や料金プランを明確に説明してくれる業者は信頼できます。加えて費用感が自社と合っているのであれば、外注する価値を感じられるはずです。

「できるだけ費用をかけずにWebマーケティングを外注したい」
「優秀で責任感のある人間に業務を委託したい」

その場合は、月額5万円からWebマーケティング全般の施策を依頼できるマキトルくんがおすすめです。

貴社の課題や予算をヒアリングしたうえで、最も費用対効果の高い施策を提案させていただきます。コンサル料不要で、専属のWebマーケチームを構築したい方は、ぜひマキトルくんの無料診断へお問い合わせください!


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。