メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

効果的なWebマーケティング集客とは? 基本戦略&最新情報を一挙公開

インターネットやスマホが普及し、マーケティング戦略の中心はWebとなりました。自社の商品やサービスの売上を上げるには、制作したWebページにユーザーを集め、成果につなげる必要があり、集客戦略が重要となります。
ユーザーは主にGoogleやYahoo!などの検索エンジンからキーワード検索によって、目的のWebページへとアクセスします。そのために必要となってくるのはSEOなどを含むWebマーケティング戦略となります。一般的な集客戦略として広告を打ち出すことや、展示会を開くことが挙げられますが、それらに比べオンライン上で可能なWeb集客戦略は低コストですぐに始めることができます。一方で効果がすぐ現れるわけではなく、長期的な計画が必要となるので、Webマーケティングで集客を成功させるには、効果的な戦略を構築していく必要があります。
この記事では、Webマーケティング戦略で集客を成功させるために必要な基本戦略の概要から最新情報を紹介していきます。

なお、弊社StockSunでは、格安でサイト改善や広告運用をはじめとするWeb集客全般の施策を依頼できる「マキトルくん」というサービスを提供しています。
月5万円からの定額サービスになっているので、最小限のコストで売上を最大化させたい方に最適です。

最小限のコストで迅速に結果を出したい方は、ぜひマキトルくんの利用をご検討ください。

Web集客の重要性

Web集客とはさまざまなWebサービスを活用することで、顧客になるユーザーを多く集める手法を指します。マーケティング戦略がWeb中心となり、多くのビジネスが展開されている中、自社商品やサービスで売上を出すには、まずWebサイトにユーザーを集める必要があります。

Web集客によって得られる利点は、新規顧客となるユーザーを獲得するだけでなく、認知度の向上やブランド価値の向上に繋がることが挙げられます。

最近では多くのSNSが普及したことで、Web集客による認知度の拡大は容易になってきました。ユーザー同士がシェアし、高い評価を得ることができれば、瞬発的な売上だけではなく、継続的に購買してくれるリピーター獲得にも繋がります。

Webマーケティングの成功には、まずWeb集客の段階で多くのユーザーを流入させることが重要になります。

Web集客の役割とは?

Web集客における役割は、主に以下のような点です。

  • 認知度の向上
  • ブランド価値の向上
  • ユーザーの流入を増やし、購買機会を増やす

Web集客の目的はユーザーの流入数を増やし、顧客の母数を増やすことです。これにより売上の向上だけではなく、リスクを分散させることによって経営を安定させることにも繋がります。
しかしWebマーケティングが主流となりつつある現代では、Webでキーワード検索をかけると関連したWebサイトが大量にヒットします。その中でユーザーの流入率を上げるには、ターゲットを明確化し、検索ワードに対するユーザーの意図を正しく汲み取る必要があります。
Web集客とは単に利用者の多いSNSで宣伝を行ったり、Webサイトを立ち上げたりすることを指すのではなく、ユーザーの注目を集めるための施策を戦略的に実行していくことを指します。

なぜ今Web集客が必要なのか

Webでの集客が重要性が高まったのは、コロナ蔓延により、人々のライフスタイルにインターネットが深く浸透してしまったことがきっかけでしょう。さまざまなビジネスにおいて店舗経営での不振が起こり、多くの企業がWeb中心のマーケティング戦略へとシフトチェンジしたことで、Web市場があっという間に膨れ上がってしまいました。
Webマーケティング担当者へのアンケートによると、2019年と2021年度では、Webマーケティングにかける費用の割合が50%を超える企業が2019年では20.6%に対し、2021年では29.3%まで上がっています。
そしてそれに呼応するようにインターネットやSNSを利用するユーザー数も増え、ターゲットとなる客層をどれだけ効率的に集客できるかが、成功のための鍵となりました。
またオンラインでのマーケティングは、オフラインでのマーケティング施策に比べてコストを抑えることができます。一方でオフラインのようにユーザーを限定することもないので、集客率が高ければ、それだけコンバージョン数も増えていきます。
そのため今の時代においてWeb集客は、マーケティングを成功させる上で最重要課題ともいえるのです。

参考記事:コロナ前後で、BtoB企業のWebマーケティングの割合は増加。ユーザの情報収集は、デジタルへシフト「1.マーケティング予算のうち、Webマーケティングが占める割合が増加」

マーケティングとの違いを理解しよう

Webに限らず「集客」と「マーケティング」は異なる用語です。集客とは店舗やWebサイトに客を流入させることで、取り扱っている商品やサービスを浸透させることを目的としています。
一方でマーケティングというのは、商品やサービスにおける認知度を広げるだけではなく、その先の売上につなげていくための企画や商品改良、販促活動といった施策も含まれています。マーケティングの最終的な目標は、効率的に商品やサービスを売ることができる仕組みを構築していくことです。集客というのはマーケティング戦略における第一目標のようなもので、マーケティング戦略の方向性によって、Web集客における効果的なアプローチも変わってきます。

効果的なWeb集客戦略の構築

ここでは、効果的なWeb集客の戦略について紹介していきます。Web集客の方法としては以下のような手法が代表的です。

  • SEO対策
  • SNSの活用
  • リスティング広告
  • コンテンツマーケティング

Web集客の手法は、マーケティング戦略の方向性によって変えていかなければなりません。例えばSEO対策は即効性がなく、長期的な運用が必要であるのに比べて、リスティング広告は短期的な集客効果を見込めます。
またマーケティングに使える費用によっても、最適なWeb集客法は変わってきます。Web集客は一度落ち込んでしまうと、立て直すことが困難な場合がほとんどです。そのため事前にマーケティング戦略の方向性と合っているか、費用感にマッチしているかなどを検討し、最適な戦略を構築していく必要があります。
ここで紹介するWeb集客戦略の特徴を参考に、自社のマーケティングに最適な戦略を構築していきましょう。

目的別に最適な集客手法を選択

マーケティングにおける最終的な目標は、商品やサービスを「売る」ことにあります。また顧客満足度を最大化し、継続的に利益を上げることができれば、経営を安定化させることにも繋がります。
どのような商品やサービスを取り扱っているか、どのようなビジネスモデルかによって、最適な集客方法というのは変わってきます。長期的に浸透させるか、季節やトレンドを考慮して短期的な効果が必要なのか、口コミで広げるか、広告を打ち出すかなど、売上に繋がる目的をまず明確にすることで、最適なWeb集客の手法が見えてきます。
Web集客の競争率は常に高く、施策実施後僅かな時間で成功か失敗か決まってしまうこともあります。そのためWeb集客で成功するには、最適な集客手法を厳密に検討していくことが重要です。

SEOで検索エンジンからの集客を強化

Web集客の手法の1つとして、「SEO」があります。これは「検索エンジン最適化」という意味です。検索エンジン最適化というのは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索されたワードに対して、その検索結果のページ上部に自社のWebサイトが表示されるようにサイトを最適化していくことを指します。
SEOの最大の特徴は費用対効果の高さと、検索上位を獲得することができれば、一定期間安定して多くのユーザー流入が見込めることです。
SEOは検索エンジンからの自然流入を増やすために、サイト内のワードやリンクなどを最適化していく取り組みなので、広告やコンテンツマーケティングのように、1度の配信にお金がかかるというわけではありません。
比較的安価で実施でき、一度検索上位に入ったWebサイトはその後しばらく上位表示され続けます。上位表示されるサイトはGoogleからの評価が高く、ユーザーからも信頼されやすいので、安定して多くのユーザー流入が見込めます。
ただしSEOには大きなデメリットとして、即効性がないことが挙げられます。そのためSEOによる集客強化だけではなく、同時進行で別の施策を実施していくことで、より効率的に集客することができます。

SNS活用で広くリーチしよう

現在SNSはさまざまな種類があり、幅広い年齢層のユーザーが利用しています。Web集客においても、SNSを活用することは広くリーチするために必須といえます。ただしSNSの活用で注意すべき点は、どのSNSで情報発信するのが適切かを見極めることです。
SNSにはそれぞれ投稿するフォーマットが違っていたり、おすすめ機能などの注目を集めるために必要な条件が異なります。
またSNSによってユーザー層の厚い年齢や性別があったり、トレンドも日々更新されていきます。その中でリーチを効率的に獲得していくには、自社商品やサービスのターゲット層を明確化する他、情報の発信の仕方にも工夫をしていくことが重要です。
SNSは更新速度が速く、一度投稿して成果を得られなかった場合あっという間に埋もれてしまいます。時には詳しい説明よりもインパクトが重要なこともあるので、それぞれのSNSの特色を見極めながら、自社にとってベストな方法でリーチを獲得していきましょう。

リスティング広告で効果的なアプローチ

リスティング広告とは、検索エンジンによるキーワード検索結果と連動して、ページ上部に表示される広告のことを指します。検索エンジンの作用を利用していることからSEOと混同されることがありますが、リスティング広告はSEOとは違い、クリックごとに課金されるものです。検索ページでタイトルの前に「PR」や「広告」という文字が付いていることが特徴的です。
SEOはWebサイトを検索エンジンに評価されやすいように最適化していくことで検索上位を狙っていくものですが、リスティング広告は打ち出せば検索ページの上部に表示されることになります。
そのためSEOとは違い、短期的に連動した検索キーワードからユーザーを引き込むことができます。SNSなどと同時並行で運用することで、より集客効果を高めていきましょう。

コンテンツマーケティングでユーザーの興味を引く

コンテンツマーケティングとは、自社商品やサービスで1つのコンテンツ(動画や記事など)を制作し、ユーザーの興味を惹く施策のことを指します。
最近ではYoutube、Twitchなどの動画配信サイトが活発になっています。マーケティングにおいても、文字や画像よりも多くの情報を短い時間で伝えられることから、動画コンテンツは多くビジネスで採用されています。
コンテンツマーケティングの注意点としては、コンテンツを制作する上でかかるコストと、一定以上のクオリティがなければ効果が薄いという点が代表的です。
動画となれば、ユーザーの意識を惹くために押さえておかなければならない点が多くあり、専門的なノウハウが必要となってきます。中途半端な出来では全く集客効果が出ないことも考えられるので、必要なノウハウが不足している場合は、外注という手段も視野に入れて検討しましょう。

公式サイト:Twitch

Web集客施策の分析と改善

Web集客戦略はただ実施するだけではなく、その後の効果測定や分析も重要となります。オフラインでの集客とは異なり、Webサイトへの流入による利益は実感しづらくなっています。そのためWeb集客によって具体的にどれだけの利益へと繋がったかを詳しく分析することは、その後のマーケティング施策や、戦略の見直しのためにも重要なフェーズです。
さらに詳しいデータを収集し、振り返ることでノウハウを蓄積していくこともできます。そうすればWeb集客におけるメリットやデメリットを浮き彫りにしていくことにも繋がるので、次回以降のリスク回避にも繋がります。
Web集客による効果測定や分析には、Googleで提供されている公式ツールや、その他企業の分析アプリやサービスを利用することをおすすめします。

Google Analyticsで効果測定

GoogleアナリティクスはGoogleが提供しているWebサイト分析ツールとなります。SEO対策では国内シェアが7割を超えているGoogle検索エンジンのアルゴリズムに対して最適化を行うため、GoogleアナリティクスはWeb集客の効果測定を行う上で使うことが多くなるであろうツールです。
GoogleアナリティクスではWebサイトに訪れたユーザーの動向について詳しく分析することができます。例えば自社サイトのどのページにどれくらいの間ユーザーが滞在したか、ユーザーの性別や年齢層、アクセスが集中する時間帯など、解析できるデータはさまざまです。
また予めコンバージョンを設定しておけば、その達成率も測定することができるので、自社サイト用にカスタマイズしていけば、必要な情報を効率的に取得していくことも可能です。

参考記事:国内検索エンジンシェア率

成功事例を参考に戦略を見直し

Web集客戦略を構築していく上で、成功事例について参考にすることも重要です。Web集客は比較的新しい分野なので、成功事例を調べると意外な切り口から成功している企業も多くあります。
似たような業種や分野の成功事例で、どのようにして施策が成功したのかを考察し、自社戦略に落とし込んでいく作業はWeb集客を成功させる上で重要です。
参考するべきは課題・目的とターゲット層についてどのように考えていたかを知ることです。Web集客では、明確な目的とターゲット層を持ち、それらに合致した手法で取り組むことが成功に繋がります。
成功した企業がどのように考えてWeb集客戦略を構築していたかを、1つ1つの要素に切り分けることで、自社戦略に不足していること、見直さなければならないことが自ずと見えてきます。
ノウハウが不足している状態であるなら多くの成功事例を参考にし、戦略を組み立てていくことをオススメします。

デメリットを把握し、リスクを回避

Web集客の手法にはそれぞれメリット・デメリットがあります。自社のマーケティング戦略の目的に合わせた手法を選択することで集客の成功率を上げることができますが、デメリットについて予め把握し、起こりうるリスクを回避するための準備も行っておくことも重要です。
例えばSEO対策では大きなメリットとして時間がかかるというものがあります。SEO対策自体は地道な作業なので、集客戦略として1つの軸として考えつつも、アクセスを増やすためにSNSやコンテンツマーケティングを活用することで、SEOのデメリットを小さくしていくことができます。
企業がマーケティングにおいて抱える課題はさまざまであり、それを解決するためのWeb集客戦略も数多く存在します。施策を実施する前に、まずは成功事例や過去のデータを参考にしてシュミレーションし、予め発生しうるリスクへの対処法を考えておきましょう。

関連記事

効果的なWebマーケティング分析手法と活用法

効果的なWebマーケティング分析手法と活用法

Read More

Web集客の今後の展望

コロナによる影響で多くの企業がWeb集客戦略を軸としたマーケティング戦略に参入したことで、競争率が上がるとともにさまざまな戦略が開発されてきました。昨今では、動画配信サイトの普及や、AI技術の発展により、Web集客戦略にも新しい可能性が示されています。
Web集客ではユーザーの興味を惹くことが、成功の鍵となることがあります。動画コンテンツやAI技術といった最先端の流行や技術は、注目度の向上の他にも、それまで手間のかかっていた作業や施策の一部を肩代わりさせ、効率性を上げていくことにも繋がります。Web集客では常にさまざまな企業が新しい施策を打ち出しているため、迅速で最大効果を発揮することが重要です。
ここでは、Web集客戦略として大きな軸となっていくであろうディスプレイ・動画広告やAI技術に関することを紹介し、今後の展望について解説していきます。

ディスプレイ広告や動画広告の活用

インターネットやスマホが普及したことで、ECサイトや動画配信サイトを利用するユーザーが多くなりました。SNSにおけるトレンドの流れも早く、Webマーケティングで結果を出すためには常にアンテナを張り、インターネットにおけるユーザーの動向を追っていかなければなりません。
そしてユーザーの関心を効率的に集めるには、トレンドや需要を把握した訴求力のあるコンテンツを、より注目されやすい状況で発信することが必要です。そこで効果を期待できる手法として、ディスプレイ広告や動画広告が台頭してきました。
従来の動画広告というのはTVのCMで、大企業にしか打てない施策でしたが、動画配信サイトの広告の登場により、個人でも多くのユーザーに宣伝できる機会が増えました。
TVCMのように莫大なコストがかかるわけでもなく、文字や画像よりも多くの情報を短い時間で伝えることができるディスプレイ・動画広告というのは、Web集客において効率的にユーザーの関心を惹くことができる手法です。
戦略的に活用していくことで、幅広いユーザーに自社商品やサービスの魅力を伝えることができます。

AI技術を駆使した施策の可能性

現在さまざまなシチュエーションで注目を集めているAI技術についても、今後Web集客において活用することができる未来も近いと考えられます。現在AI技術の進化は目まぐるしく、始めこそ精度に課題がありましたが、現在ではその多くが改善されつつあり、ユーザーが求める成果を瞬時に生成することができます。
AI技術として代表的なものといえば、画像生成AIやChatGPTなどが挙げられます。例えばこの2つにおいても、将来的にWeb集客戦略の大きな力となる可能性があります。
画像生成AIでは学習させる絵柄のジャンルを絞りこむことで、理想に近い生成を可能としています。今では写真情報を学ばせることで、本物の写真のような画像を生成することができます。
現在でもAI画像に少しの修正を加えたり、AI画像の不自然さをあえて表現することで、ユーザーを楽しませるといった手法でマーケティング戦略に組み込まれています。
AIと対話することで、さまざまなテキストを生み出すことができるChatGPTの進化も早く、時間が経つにつれてより多くの情報を学び、ビジネスでもアイデア出しや情報をまとめる際に利用されることが多くなってきています。
今後さらにAIが進化すれば、Web集客においても大きな力を発揮することでしょう。

Webマーケティングで集客するならマキトルくんへ!

「ここまで読んだけど、結局どのWebマーケティングで集客会社を選べば良いのか分からない」

「費用を抑えつつも、しっかり販売実績も挙げたい」

そんな方には、弊社StockSunの「マキトルくん」をおすすめします!

マキトルくんは「優秀なフリーランスに格安で依頼できる」サービスです。月額5万円からご依頼いただける月額定額サービスで、追加料金が発生する心配はありません。

実績多数のフリーランス集団であるStockSunだからこそ実現できるサービスで、最小限のコストで集客を成功させたい方に最適です。

最後に、マキトルくんの特徴を3つご紹介させてください。

質の高いプロフェッショナルにWebマーケティングで集客を依頼できる

マキトルくんでは、StockSunの厳しい条件をクリアしたディレクターが、お客様とフリーランスの仲介役となり、スムーズに連携しながら施策実行を進めていきます。

  • コミュニケーションコストを大幅に削減できる
  • 意思の疎通がスムーズに行える
  • 専門用語が分からなくても言語化してもらえる

専任ディレクターがいることで、上記のようなメリットが得られます。

また、マキトルくんではStockSunに所属する2,000名以上のフリーランスの中から、上位20%の優秀な人材が実行支援を担当します。

実力のあるフリーランスを集めて専属のチームを構築。チームメンバー同士が情報を出し合って、最速で効果を出すための戦略を策定する仕組みです。

Webマーケティングで集客全般の施策を格安で依頼できる

前述の通り、特定の施策を実行しただけで集客につながるとは限りません。そのため、複数の施策を組み合わせて集客を行う必要があります。

マキトルくんはWebマーケティング全般の施策に対応可能です。

  • SEO
  • MEO
  • SNS運用
  • LINE運用
  • LP制作
  • 広告運用

各分野に精通したプロが業務を担当します。

複数の施策を別々の外注先に発注している方は、マキトルくんに一本化することでコストを削減できる可能性が高いです。毎月かかっていた固定費を削減して、より効果的な施策につなげていきましょう。

クライアントの利益を出すことに注力している

StockSunはWebマーケティングで集客会社であり「もらった報酬以上の利益をクライアントに還元すること」を目的に実行支援を行なっています。

Webマーケティングで集客会社の中には「ある特定の施策を実行すること=ゴール」と設定しているケースも珍しくありません。例えば、サイト制作をゴールにするなど、単発の制作物だけ納品し運用をサポートせず、結果的に集客課題が解決しなかったという事例があります。

StockSunは「クライアントの利益を出す」ことと「Webマーケティング全般の施策に対応できる」という点が強みになります。予算内で売れるWebマーケティングで集客を依頼したい方は、ぜひこの機会にマキトルくんの無料相談をご利用ください。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

まとめ

Webによる集客はマーケティング戦略の大きな主軸の1つとして、今後も大きく発展していくと思われます。
そして同時に動画コンテンツや、AI技術なども参入し、Webで効果的に集客するには専門的なノウハウが必要となってくるでしょう。
Webにおけるユーザーの動きはトレンドや流動的な需要によって大きく影響されてしまうため、新しい技術やコンテンツノウハウを積極的に取り入れていく姿勢が重要となってきます。また取れる選択肢が増えることで、より明確で密な戦略構築が成功の鍵となるので、今回紹介したWeb集客の重要性や手法を念頭に置いて、戦略を組み立てていきましょう。

「売上アップにつなげたい」
「外注を1本化してコストの最適化を図りたい」

その場合は、弊社StockSunのマキトルくんをおすすめします。

マキトルくんでは、優秀なディレクターとフリーランスによる質の高い実行支援を月額定額で提供しています。効果的なWebマーケティングで集客についてプロによる戦略をお求めの方は、お気軽にお問い合わせください。


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。