メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

【初心者必見】Webマーケティングの手法と戦略を解説

Webマーケティングは、現代ビジネスの成功において不可欠な要素となっています。しかし、Webマーケティングの構造は複雑なため、初心者にとっては難しく感じることもあるでしょう。

この記事では、Google Analyticsなどの解析ツールでで分析を行い、広告運用ツールやメールマーケティングを利用することで、Webマーケティングの効果を最大限に活用する方法を学びます。また、Webマーケティングの戦略立案と実行方法についても実例を交えて紹介します。

さらに、Webマーケティングとデジタルマーケティングの違いについて説明し、効果的なWebマーケティングの手法と実行法を詳細に解説します。

なお、弊社StockSunでは、格安でWebマーケティングをはじめとするWeb集客全般の施策を依頼できる「マキトルくん」というサービスを提供しています。
月5万円からの定額サービスになっているので、Webマーケティングを通じて効果的に、最小限のコストで売上を最大化させたい方に最適です。

最小限のコストで迅速に結果を出したい方は、ぜひマキトルくんの利用をご検討ください。

Webマーケティングとは?

Webマーケティングとは、インターネットを利用したマーケティング活動のことを指します。これにより企業はより多くの顧客にアプローチして、売上やブランド認知を向上させることができます。Webマーケティングは、デジタルマーケティングの一部であり、ウェブサイトやソーシャルメディア、SEO、オンライン広告などが使われます。

なぜ現代ビジネスにWebマーケティングが必要なのか?

現代のBtoB、BtoCビジネスにおいて、Webマーケティングはもはや選択肢ではなく必要不可欠な要素となっています。これは消費者がオンラインだけでさまざまな業務や売買を成立させてきているため、オンライン上での競争が激化しているからです。

その中で企業が成功するためにはWebマーケティング戦略を練り、実行することが不可欠です。そして、Webマーケティングは幅広いな視聴者にアクセスしつつ、リアルタイムで顧客との契約を可能にし、Webマーケティングの成果をデータ分析で測定できます。

また、ブランドの認知と顧客満足度の向上をサポートして​​、検索エンジンやソーシャルメディアなどのデジタルチャネルを活用して顧客との機会を繋ぎます。これらの要素により、Webマーケティングは現代のビジネスにおけるBtoBやBtoCにおいて成功のための重要な要素となっているといえるでしょう。

参考:2022年度電子商取引に関する市場調査結果を公表(経産省) – 日本商工会議所

Webマーケティングとデジタルマーケティングの違い

Webマーケティングとデジタルマーケティングの主な違いは、プラットフォームの範囲にあります。Webマーケティングはインターネットを中心に活動し、ウェブサイトやSEO、オンライン広告、ソーシャルメディアなどを利用します。

一方で、デジタルマーケティングはより広範で、インターネット以外のデジタルチャネル、例えばモバイルアプリやSMSマーケティングも含みます。この区別は企業にとって重要で、どのチャネルがビジネスの目標達成に適しているかを判断し、効果的なマーケティング戦略を練る助けとなります。

デジタルマーケティングの全体的な枠組みの中で、Webマーケティングはその重要な一部を担うことで、顧客との関係性を強固なモノになります。

項目

Webマーケティング

デジタルマーケティング

定義

インターネットを利用したマーケティング活動

インターネットおよびその他のデジタルチャネルを利用したマーケティング活動

主なプラットフォーム

ウェブサイト、ソーシャルメディア、SEO、オンライン広告

ウェブサイト、ソーシャルメディア、SEO、オンライン広告、モバイルアプリ、SMSマーケティングなど

目的

ウェブ上での顧客獲得とエンゲージメントの強化、ブランド認知の向上

顧客獲得とエンゲージメントの強化、ブランド認知の向上、データ解析を通じた効果測定

戦略の範囲

オンライン上での活動が中心

オンラインおよびオフラインのデジタル活動を含む広範な戦略

測定可能性

オンライン解析ツールを利用した効果測定

オンラインおよびオフラインのデジタル解析ツールを利用した効果測定

この表のように、どちらの戦略も顧客の獲得とエンゲージメントの強化を目的としていますが、利用するプラットフォームや戦略の範囲が異なります。デジタルマーケティングはより広範で包括的なアプローチを取り、Webマーケティングはオンライン空間での活動に特化しています。

出典:Webマーケティングとは?デジタルマーケティングとは何が違うのか? – UX/Webソリューション

効果的なWebマーケティング手法

Webマーケティングは、今の激戦区となっているビジネス環境において欠かせない要素となっています。企業はオンラインでの存在感が増すと同時に、目標とする読者にアプローチするために多様なマーケティング戦術を取り入れています。

ここでは、効果的なWebマーケティング手法に焦点をあてて詳しく解説します。これらの手法を適切に活用することで、企業はROI(投資対効果)を高め、ビジネスにおける目標を達成することが可能となります。

出典:2022年度電子商取引に関する市場調査結果を公表(経産省) – 日本商工会議所

SEO対策

SEO(Search Engine Optimization、検索エンジン最適化)対策は、ウェブサイトの可視性を向上させ、検索エンジンのランキングを改善するための一連の手法を指します。これにより、ウェブサイトは検索結果ページで最初に表示され、より多くのユーザーによりアクセスされる可能性が高まります。以下にSEO対策の主な要素を挙げています。

  • キーワードリサーチ
  • オンページSEO
  • オフページSEO

キーワードリサーチ

キーワードリサーチはSEO対策の基盤であり、ターゲットとするキーワードやフレーズを特定します。そして、これらのキーワードがウェブサイトのコンテンツに適切に組み込まれていることを確認します。

GoogleキーワードプランナーやAhrefsのようなツールを利用することで、効率的にキーワードリサーチを行い、ウェブサイトのコンテンツに適切にキーワードを組み込むことが可能です。

公式サイト:

キーワード プランナーで最適なキーワード選択 – Google 広告

Ahrefs

オンページSEO

オンページSEOは、ウェブサイトの各ページが検索エンジンにとって最適化されていることを確認するプロセスです。これには、メタタグの最適化、ヘッダータグの使用、キーワードの適切な配置、画像最適化などが含まれます。

これらを効率よく行うために、Yoast SEOやAll in One SEO Packのようなプラグインがあります。この二つはWordPress用のSEOプラグインであり、ユーザーが自分のウェブサイトのSEOを向上させて検索エンジンでのランキングを向上をサポートします。また、これらのプラグインは特定のSEOタスクを簡単に行うための多くのユーザーフレンドリーな機能が揃っています。

オフページSEO

オフページSEOはウェブサイト外部で行われるSEO活動を指し、主にバックリンクの構築やソーシャルメディアのプロモーション、他のウェブサイトとの連携などを含みます。

BuzzSumoやMozのようなツールを利用することで、バックリンクの機会を見つけたり、競合他社のバックリンク戦略を分析したりすることができます。

名称

概要

ホームページ

BuzzSumo

コンテンツマーケティングの支援ツールで、流行りのコンテンツを発見し、コンテンツのキュレーションを手助けする。

キーワード検索機能により、リアルタイムで話題のトピックやコンテンツを見つけることができ、市場の動向や競合分析に役立つ。

https://buzzsumo.com/

Moz

SEOのためのツールセットを提供し、ウェブサイトの調査、リンク作成の目標設定、ページ最適化の機会を提供する。

キーワード研究やバックリンク調査を通じて、ウェブサイトのSEO性能を向上させ、競合分析やランク追跡を行うことが可能。

これにより、オンラインでの可視性とトラフィックの増加をサポートする。

https://moz.com/

SNSマーケティング

SNSマーケティングは、ソーシャルメディアプラットフォームを利用してブランドの認知を高め、顧客エンゲージメントを強化し、最終的には売上を増加させるための戦略です。企業はFacebook、X(旧Twitter)、Instagramなどのプラットフォームを活用し、ターゲットである顧客と直接コミュニケーションを図ります。以下では、SNSマーケティングの特徴を3点挙げます。

  • コンテンツの共有
  • 広告キャンペーン
  • フィードバックとインタラクション

コンテンツの共有

企業は魅力的なコンテンツを作成し、ソーシャルメディア上で共有することで、ブランドのメッセージを広め、フォロワーとの関係を築きます。

この信頼関係はフォロワーが企業のコンテンツをさらに共有し、新しいフォロワーを獲得するきっかけを作ります。また、信頼関係が築かれることで、フォロワーは企業の新製品やサービスに対してもより前向きな姿勢を取り、企業のマーケティングメッセージへの反応が良くなります。これらの効果は、最終的には企業のオンライン上でのブランドロイヤルティを高め、企業の売上と収益性の向上を促します。

広告キャンペーン

SNSプラットフォームは効果的な広告ツールを提供し、企業はこれを利用してターゲットの読者にアピールすることで、新しい顧客を獲得します。さらに、満足した顧客は他の潜在的な顧客に対してポジティブな口コミを提供し、企業の信頼性と認知度を向上させる可能性があります。

フィードバックとインタラクション

SNSは顧客フィードバックを受け取り、顧客と直接対話するプラットフォームを提供します。これにより企業は市場の要求を理解し、製品やサービスを改善できます。

SNSマーケティングは費用対効果が良く、企業が多くのな視聴者にアクセスされることで企業の信頼を築くことができます。さらに正しい戦略を活用することで、企業はSNSマーケティングを通じて持続可能な成長を達成できます。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは、質の高いコンテンツを通じてブランドの信頼と認知を高める戦略です。このアプローチは、顧客が抱えている課題やニーズに対応する有益な情報を提供することで、企業と顧客との間に信頼関係を築くことを目的としています。顧客はコンテンツを通して、製品やサービスの利点を受け取るとともに、関連するトピックについての知識や最新情報も受け取ることができます。

効果的なコンテンツマーケティングは、顧客ロイヤルティの築き、新規顧客の獲得、そして企業の持続可能な成長をサポートする強力なツールとなります。コンテンツの共有と拡散は、企業のブランドコミュニティを形成し、売上と顧客満足度の向上につながります。

Webマーケティングの戦略立案と実行方法

しかし、効果的なWebマーケティングを展開するには、明確な戦略立案とその実行、ターゲット設定、KPI(キーパフォーマンスインディケータ)の設定、そして効果分析と改善が必要です。

ここではこれらの重要な要素を順を追って解説し、読者がWebマーケティングの活動を最適化し、より良い結果を得るための具体的な手法と戦略について説明します。

ターゲット設定

ターゲット設定はWebマーケティングの成功の基盤となる作業で、どの顧客にどのメッセージを送るかを明確にします。市場調査を通じて、顧客の属性やニーズを理解し、適切なメッセージを作成することが重要です。

また、ターゲットになる読者の区分けを行い、各グループに対して適切なマーケティング戦略を策定します。さらに、顧客の商品購入までのプロセスを考慮して情報提供を行うことで購入を促進し、顧客満足度を向上させます。ターゲット設定は効果的なマーケティング戦略を展開し、企業のオンラインでの成功を支える基盤となります。

KPI設定

KPI(キーパフォーマンスインディケーター)設定は、Webマーケティングの効果を測定して評価するための重要なステップです。まずビジネスの目標を明確にし、それに連動するKPIを選定することが必要です。例えば、ウェブサイトの訪問者数やコンバージョン率がKPIとして選ばれることがあります。

次にKPIの測定方法と周期を定め、データ収集の手段やツール、測定頻度を設定します。KPIのデータを収集し分析することで、マーケティング戦略の効果を評価し、戦略を調整することが可能となります。この分析により、マーケティング活動の強化点や改善点を明らかにできます。

KPI設定は継続的なプロセスであり、市場環境やビジネスの目標が変化するにつれて、KPIも見直し、更新する必要があります。これにより、企業は最適なマーケティング戦略を保持し、ビジネスの成功を支援できます。

効果分析と改善

Webマーケティングの効果分析と改善は、企業がオンラインでの成果を最大化するために重要なプロセスです。以下に、効果分析と改善を3つの主要ステップに分けて説明します。

  • データ分析
  • 改善点の特定
  • 改善活動の実施と評価

関連記事

効果的なWebマーケティング分析手法と活用法

効果的なWebマーケティング分析手法と活用法

Read More

ステップ1:データ分析

まず、事前に設定されたKPI(キーパフォーマンスインディケーター)に基づいて、ウェブ解析ツールを利用してデータを収集し分析します。この分析は、マーケティング活動のどの部分が目標を達成しているのか、どの部分が達成できていないのかを明らかにすることを目的としています。

ステップ2:改善点の特定

データ分析の結果から改善が必要なポイントを特定します。このステップでは、現在のマーケティング戦略や実施中のキャンペーンのどの部分が効果的でないのか、またはどの部分がさらに効果を高めることができるのかを評価します。

ステップ3:改善活動の実施と評価

改善点に対して具体的な改善活動を計画し実施します。改善活動を実施した後は、再度データを分析し、改善活動が目標達成にどの程度寄与したのかを評価します。この評価を基に、さらなる改善活動を計画するか、新たな戦略を策定するかを決定します。

この3ステップのアプローチを繰り返すことで、マーケティング活動の効果を持続的に分析し改善することができます。

Webマーケティングにおけるツールの活用

CVRの低下が見られた場合、その原因を特定し、改善策を講じることが必要です。具体的には、離脱率の高いページを特定したり、広告の効果を評価して最適化するなどの手段があります。また、ターゲット顧客のニーズに合わせた商品やサービスの提供も、CVR向上に寄与します。

離脱率の高いページを特定し改善する

Webマーケティングの効果を最大限に発揮するには適切なツールの活用が不可欠です。ここでは、Google Analyticsなどの解析ツールを利用した効果測定から、広告運用ツール、そしてメールマーケティングツールを通じての戦略展開まで、Webマーケティングのさまざまな面を網羅するツールの活用法を解説します。

Google Analyticsなどの解析ツールで効果測定

Google Analyticsは広範な分析機能を備えており、Webサイトのパフォーマンスを多角的に評価することが可能です。効果測定は、訪問者の動向、コンバージョン率、そして広告キャンペーンのパフォーマンスなど、様々な要素を含みます。

Google Analyticsの基本機能として、リアルタイム解析、顧客解析、新規顧客分析、行動解析、コンバージョン解析などがあります。これらの機能を活用することで、マーケターはWebサイトのトラフィックソースを把握し、ユーザーの行動やサイト内でのコンバージョンパターンを深く理解することができます。

さらに、Google Analyticsの高度なカスタムレポートや目標設定機能を利用すると、マーケティング戦略の効果を具体的かつ継続的に測定することが可能となります。また、他の広告運用ツールやメールマーケティングツールと連携させることで、効果測定の範囲をさらに拡大してマーケティング活動の最適化を実現することも可能となります。

広告運用ツール

オンライン広告はビジネスの可視性を高め、潜在的な顧客との接触接点を生み出します。広告運用ツールは、このプロセスを効率的かつ効果的に実行するための重要な解決策を提供します。これらのツールは、キャンペーンの設計、ターゲット設定、予算管理、効果分析といった多岐にわたる機能を備えています。

キャンペーンの設計段階では、広告運用ツールはマーケターに効果的な広告コピーの作成やビジュアルの選択を支援します。さらには広告の配置とターゲットである顧客の選定を行います。また、ターゲット設定機能を利用することで、広告は最も関心を持っている顧客に正確に配信され、コンバージョン率を向上させます。

予算管理と効果分析は、広告運用ツールのもう一つの重要な機能です。これらのツールは、広告予算の効率的な配分と、キャンペーンのパフォーマンス分析を支援し、ROIの最適化を実現します。特に効果分析機能は、広告キャンペーンの成功を定量的に評価することで、さらなる最適化に役立ちます。

メールマーケティングツール

メールマーケティングは、個人的かつ効果的な顧客コミュニケーションを実現する貴重な手法です。メールマーケティングツールは、マーケターがこのチャネルを効果的に活用するための強力なサポートを提供します。主な機能として、キャンペーンの設計、顧客セグメンテーション、自動送信、効果分析、そしてA/Bテストなどがあります。

キャンペーンの設計機能を利用することで、高品質なデザインのメールテンプレートを簡単に作成し、ブランドメッセージを一貫して伝えることが可能となります。顧客セグメンテーション機能は、顧客データベースを分析し、ターゲットとなる読者を明確に定義することで、パーソナライズされたメッセージを送信する基盤を提供します。

また自動送信機能は、時間と労力を節約しながら、効果的なタイミングでメッセージを送信できます。効果分析機能は、キャンペーンのパフォーマンスを評価し、改善点を明らかにすることで、継続的な最適化を支援します。さらに、A/Bテスト機能を活用することで、異なるコンテンツや送信タイミングでの効果を比較し、最も効果的な戦略を導き出すことができます。

Webマーケティングはマキトルくんがおすすめ!

「効果的なWebマーケティングの料金を抑えて依頼したい」
「でも質の高いフリーランスや広告代理店を探す自信や時間がない」

こうした方におすすめしたいのが、月額5万円からご依頼いただける「マキトルくん」です。

Webコンサル会社であり、実績豊富なフリーランス集団であるStockSunだからこそできる費用対効果の高いサービスになっています。

ここでは、Webマーケティングでマキトルくんを活用するメリットを3つご紹介させてください。

  • 月5万円から優秀なフリーランスにWebマーケティングを依頼できる
  • WebマーケティングだけでなくWebマーケ全般の実行支援に対応
  • 外注を一本化できるためコスト削減につながる

月5万円から優秀なフリーランスにWebマーケティングを依頼できる

マキトルくんでは、月額定額5万円より優秀なフリーランスにWebマーケティングを依頼できます。

コンサル料がかからないため、「優秀なプロに依頼したいものの、高額な費用を支払う予算がない」といった企業にも安心してご利用いただけます。

また、Webマーケティングを担当するのは、StockSunに在籍する2,000名以上のフリーランスの中から、上位20%の優秀な人材に厳選しております。自社で優秀な人材を探す手間がかかりません。

  • Webマーケティングスキル
  • コミュニケーションスキル
  • 目的の達成意識

上記の要素を備えたフリーランスだけをアサインいたしますので、高クオリティーなWebマーケティングが可能です。

WebマーケティングだけでなくWebマーケ全般の実行支援に対応

マキトルくんでは、Webマーケティングだけでなく、マーケティング全般の実行支援を月額定額制で依頼いただけます。

  • Webマーケティングを内製化したい
  • コンバージョン率の高いWebマーケティングしたい
  • WebマーケティングだけでなくSNS運用やLP制作なども任せたい

上記のようなニーズにも柔軟に対応可能です。

まず貴社のニーズ・課題を丁寧にヒアリングした後で、最適なご提案をさせていただきます。施策の内容が決定したら、次に必要な人材を集めて独自のチームを構築し、業務に取り掛かっていく流れです。

「とはいえ、複数のフリーランスを集めたら連絡を取り合うのが面倒そう」

この問題を未然に防ぐために、マキトルくんでは専属のディレクターが貴社とフリーランスの間に入ります。ヒアリング能力の高いディレクターが担当いたしますので、コミュニケーションコストを最小限にすることが可能です。

外注を一本化できるためコスト削減につながる

現在、複数の外注先に業務を委託している場合、マキトルくんに外注を一本化すればコストを削減できます。これまで個別に発生していた固定費をまとめるだけでも、支出を最小限にできるでしょう。

マキトルくんに一本化した場合、チーム内で綿密にコミュニケーションを取ることが可能です。それぞれの担当者が成功事例・進捗状況を共有しながら、スピーディーかつ費用対効果の高い施策を実行できます。

最小限のコストでスピーディーにWebマーケティングを依頼したい方は、ぜひマキトルくんの無料相談へお問い合わせください。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

まとめ

この記事では、Webマーケティングを行う手法と戦略について解説しました。Webマーケティングは、ビジネスを行う上では必要不可欠な戦略です。そのため明確な戦略、ターゲット設定、KPIの設定が必要になり効果分析や改善プロセスで戦略の効果を評価が重要になってきます。

これらを行うことで、オンライン上で顧客との関係性を強めビジネスを広げることができるでしょう。

特にマキトルくんでは優秀なフリーランスのみを取り扱っていますし、コミュニケーションも取りやすいのが特徴です。

「Webマーケティングを効果的に、最短で行い、売上アップにつなげたい」
「外注を1本化してコストの最適化を図りたい」

その場合は、弊社StockSunのマキトルくんをおすすめします。

マキトルくんでは、優秀なディレクターとフリーランスによる質の高い実行支援を月額定額で提供しています。効果的なWebマーケティングについてプロによる戦略をお求めの方は、お気軽にお問い合わせください。


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。