メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

WEBマーケティング とは?成功のポイントや種類、始め方を分かりやすく解説

「WEBマーケティングってなんだろう?」
「どんな種類があるんだろう?」
「どうやって始めたらいんだろう?」

WEBマーケティングという言葉は最近よく耳にするようになってきましたが、具体的にどういう内容なのか分からない方も多いかと思います。

本記事ではWEBマーケティングの意味や種類、始め方などを具体的に説明いたします。

なお、弊社StockSunでは、格安でWEBマーケティングをマルっと依頼できる「マキトルくん」というサービスを提供しています。
月5万円からの定額サービスになっているので、最小限のコストで売上を最大化させたい方に最適です。

最小限のコストで迅速に結果を出したい方は、ぜひマキトルくんの利用をご検討ください。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。

WEBマーケティングとは

WEBマーケティングとは、WEB(インターネット)を利用したマーケティングの手法や戦略のことを指します。具体的には、ウェブサイト、ソーシャルメディア、検索エンジン、メールマーケティングなどのデジタルチャネルを活用して商品やサービスの集客やブランディングをするための販促活動や認知活動を行うことを言います。

WEBマーケティングとデジタルマーケティングの違いとは

WEBマーケティングとデジタルマーケティングは意味を混合して使用されることが多いですが、厳密に言うと示す内容が違います。

WEBマーケティングはWEB(インターネット)上での販促や認知などを進める施策のことを指します。

一方、デジタルマーケティングは、ウェブ上のみならず、モバイルデバイスやデジタル技術を利用した他のプラットフォームやチャネルなどあらゆるデジタル情報を活用してマーケティングに繋げることを指します。

つまり、デジタルマーケティングの方が意味が広く、デジタルマーケティングの中にWEBマーケティングが含まれる形となります。

しかし、最近ではWEBマーケティングもデジタルマーケティングと同じような意味で使用されるケースも多くなってきているため、同義として扱われるようになってきています。

なぜWEBマーケティングが重要なのか

ビジネスをやるうえで切っても切れない関係なのがWEBマーケティングです。
ではなぜビジネスをやるうえでWEBマーケティングは重要なのでしょうか。

それは、近年多くの企業はWEBサイトを作成してWEB上で集客をするケースが主要となってきているからです。

しかし、ただやみくもにWEBマーケティングを実施しても上手くいくということではありません。

例えば、WEBサイトを適当に作成しただけでは商品の魅力を伝えることができないですし、また、商品を買ってくれそうなユーザーに接触することができなければ商品やサービス自体を知ってもらうことさえできません。

つまり、WEBマーケティングはネット社会でのビジネスにおいて必要不可欠なマーケティングであり、多くの経営者がWEBマーケティングについて学んでおく必要があります。

そもそも、従来のマーケティングの方法として新聞やテレビなどを使ったマス広告や、立て看板やチラシなどを使ったオフラインのマーケティングが主流な時期がありました。

しかし、そういったマスメディアを使った広告やオフラインのマーケティングでは狙いたい層に対してピンポイントでアプローチができないという非効率な側面が目立っていました。

そこで新しく出てきたWEBマーケティングというのがそれらのデメリットを解決してくれるようになりました。

WEBマーケティングではWEB上のデータなどを活用して商品やサービスを購入してくれそうな層にアプローチすることが可能になったため、効率的に自社サービスの宣伝をすることが可能になりました。

それではWEBマーケティングには具体的にどのような手段などがあるのか次の章で解説したいと思います。

WEBマーケティングの種類

WEB広告

WEB広告は、WEBサイトや検索エンジン、SNSなどのオンライン上のプラットフォームに配信できる広告です。

WEB広告の特長として、広告の配信を特定のターゲットに絞り込むことができ、年齢や性別などのデモグラフィック情報やユーザーの興味関心などを活用して狙いたい層に対して精度の高い広告を配信することができます。

また、WEB広告では広告の効果をリアルタイムで測定し、クリック率やコンバージョン率などのデータを分析することで、スピーディに効果の改善などができることも大きな特徴となっております。

さらに、柔軟な予算管理や広告形式の多様性も特長であり、広告主は予算に応じた広告戦略を立てることができます。

これらの特長により、WEB広告は効果的なオンラインマーケティングの一環として広く活用されています。

では具体的にWEB広告にはどのような種類のものがあるのでしょうか。
よく使われているWEB広告について解説いたします。

リスティング広告

リスティング広告はGoogleやYahooなどの検索エンジンでユーザーが検索した際に検索画面の上部に表示される広告で、キーワードを指定して広告を表示させることができるのが特徴となっています。

自社サービスと関連のありそうなキーワードを指定することで、購買意欲の高いユーザー層に効率的にアプローチすることができるのがリスティング広告の大きな特長となっています。

自ら積極的に情報を収集しているユーザーや商品やサービスの利用を検討しているユーザーにアプローチできるため、自社商品の成約まで到達する可能性が高くなります。

また、リスティング広告はクリック課金型の広告となるので、チラシなどのオフラインの広告と比較すると無駄な費用を抑えて狙いたいユーザーにのみ広告を配信できるのも大きな特徴となっています。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告はWEBサイトやモバイルアプリ内などに表示される広告で、テキスト、画像、動画、バナーなどの様々な形式での表示が可能です。
リスティング広告とは異なり、特定のキーワードに関連して表示されるのではなく、ターゲットの興味関心に応じてターゲットを設定する仕組みとなっています。

ターゲットの設定の種類としては大きく二つあり、一つは配信面に対してターゲットを設定する方法で、もう一つはユーザーに対して設定する方法です。
配信面に対して設定する場合は、広告を出したい商材に近いジャンルのコンテンツページに配信面を絞るように設定して広告を表示することができます。

一方で、ユーザーに対して設定する方法に関しては、ユーザーの閲覧データや検索データなどを元に特定のジャンルに興味を持っていそうなユーザーにアプローチすることができる方法となります。

リスティング広告に比べると潜在層に近い層へのアプローチとなりますが、リスティング広告に比べて費用を抑えられる特徴があるため、より多くの人に広告をリーチさせたい際に使用されるケースが多いです。

SNS広告

SNS広告は、Facebook、Instagram、Twitter、TikTokなどのSNS上に配信される広告です。
各SNSプラットフォームは様々なユーザーデータを持ち、興味、行動履歴、デモグラフィック情報などを活用した精密なターゲティングが可能です。

SNSはユーザーのコミュニケーションの場として重要な役割を果たしているため広告への反応やシェアが活発で、動画やクリエイティブなコンテンツを活用してユーザーとの相互なコミュニケーションができるのも特長となっています。

また、近年では多くのユーザーが日常的にSNSを利用しているため、リスティング広告やディスプレイ広告ではリーチすることができない層に対してアプローチすることで自社の見込み客の取りこぼしを防ぐことができるのも特徴となっています。

動画広告

動画広告は動画形式で表示される広告のことでYouTube、Facebook、Instagram、Twitter、TikTokなどさまざまなプラットフォームで活用できます。

動画広告は視覚的なインパクトが強いためユーザーの注意を引きやすく、ブランドの認知度向上やコンバージョン率の向上に効果的な広告手法として利用されています。
また、動画広告では動画にストーリー性を持たせることで、テキストや画像だけでは伝えきれない製品やサービスの魅力をよりリアルに伝えられることも特長となっています。

ネイティブ広告

ネイティブ広告は、ニュースサイトなどの記事中に挿入された記事広告のようにユーザーがコンテンツを読み進める中でコンテンツに自然に溶け込むような広告のことです。

ユーザーに広告としての違和感を与えず、より自然な形でブランドや製品を紹介できるため、ユーザーの心理的ハードルを下げて商品やサービスを紹介できるのが特徴となっています。

そのため、競合サービスなどが多いコスメティックの商品だったり、ダイエットや薄毛治療などのコンプレックス系の商材などで多く活用されている広告となります。

リターゲティング広告

リターゲティング広告は、WEBサイトを訪れて一度サイトから離脱したユーザーに対して、その後別のWEBサイトやSNS上で広告を再表示する広告です。
リターゲティング広告は、過去に特定のウェブページに訪れたユーザーに対して、興味を持っていた製品やサービスを再度リマインドすることで商品の購入やサービスの申し込みを促す目的で使用されます。

例えば、オンラインショッピングサイトを訪れたユーザーに対して、一度見た商品の広告を別のウェブサイトで再度表示することで、ユーザーが購買を検討しやすくする効果があります。
リターゲティング広告は、ユーザーの興味を再喚起させ、広告の効果を高める重要なマーケティング手法として利用されています。

SEO

SEO(Search Engine Optimization)は、検索エンジン最適化の略称で、WEBサイトやウェブページがGoogleやYahooなどの検索エンジンの検索結果で上位に表示されるように改善するための対策などを指します。
SEOの目的は、自社サイトへ検索エンジンから広告以外のトラフィックを獲得し、ウェブサイトの露出やアクセス数を増やすことです。

主なSEO対策としては、WEBサイトの構造を最適化したり記事コンテンツなどを追加する内部対策と、外部サイトから自社サイトへのリンクの参照を増やす外部対策というものがあります。
内部対策と外部対策を適切な方法で進めることにより、WEBサイトの信頼性や品質を向上させ、検索エンジンから正しく評価されることで検索画面で上位に表示されやすくなります。

SNS運用

SNS運用は、Facebook、Instagram、Twitter、TikTokなどのSNSを活用して企業や個人のブランドやメッセージを効果的に伝えるための施策となります。
SNSを使って商品やサービスの魅力をしっかり伝えることで商品やサービスの宣伝、コンバージョンの促進など、さまざまなマーケティング目標を達成するための重要な手段として活用されています。
さらに、SNS上のコンテンツはユーザー同士が簡単に共有できるため、情報が迅速に拡散しやすく、魅力的なコンテンツは多くのSNSユーザーに到達しやすいというものSNSの特長となっています。

SNS広告との違いとしては、SNS広告はプッシュ型で短期的に興味を持たせるのに対し、SNSの運用では日々の投稿などでファンとしっかりコミュニケーションを取ることでよりコアなファンを育てていくことが可能となります。
メールとLINEの活用
メールやLINEを使ったマーケティングでは、企業や組織が持つリストに対して情報やプロモーションを送信するマーケティング手法です。
リストに登録されたユーザーに対してニュースレターやプロモーション情報、特典、割引クーポンなどの情報を送信することで、まだアクションを起こしていなかったユーザーに対して購買などを促進することができます。

また、まだ自社商品の購入や申し込みまで至らないユーザーに教育コンテンツを配信することでサービスの理解を深めてもらい、将来的な顧客として育てるために利用されるケースもあります。

動画

動画マーケティングでは、ユーザーの興味を引くような動画コンテンツを制作・配信することで、自社が獲得したいユーザーに対してブランドの認知度を高めたり、製品やサービスの特徴を伝えたり、顧客とのエンゲージメントを促進したりすることができます。
動画の特長としてテキストや静止画に比べて視覚的な情報を多く伝えることができ、ストーリーテリングやエンターテイメント性を通じて、視聴者の感情に訴えることができる点です。

動画マーケティングの一例としては、YouTube広告やソーシャルメディアでの動画広告、企業のウェブサイトやSNSプラットフォームでのオリジナル動画コンテンツの公開、ライブストリーミングなどが挙げられます。

WEBメディア運用

WEBメディア運用は、WEB上のメディア(情報サイト、ブログ、比較サイトなど)を運営・管理することを指します。

WEBメディア運用では、訪問者に有用な情報やコンテンツを提供してユーザーの満足度を向上させることで届けたい情報を多くの人にリーチさせたり、商品やサービス理解を深めさせることで自社ブランドの信頼度を高めることができます。

また、コンテンツの質や更新頻度を高めることで、検索エンジンから質の高いトラフィックを増やすためのSEO対策にも繋げることができます。

アフィリエイト

アフィリエイト(Affiliate)とは、企業や個人が自社の商品やサービスを他のWEBサイトやSNSなどのメディアを通じて紹介し、その結果発生した成果に対して報酬を支払う仕組みです。

ユーザーが紹介者(アフィリエイター)のサイトから広告主のウェブサイトに訪れ、商品を購入したりサービスを利用したりすると、アフィリエイターは成功報酬として広告主から一定の報酬を受け取ります。この報酬は、成果に応じてクリック数、購入数、登録数などに基づいて支払われることが一般的です。

アフィリエイトは、成果に応じて報酬を支払うため顧客の獲得コストが読みやすく、また、紹介者を増やすことで販促のスピードを加速させられるという特徴があります。

オンラインセミナー

オンラインセミナーは、インターネットを利用して行われるセミナーまたはウェビナー(Webinar)のことを指します。従来のオフライン型のセミナーと同様に、特定のテーマについて専門家や講師が情報や知識を提供する形式ですが、オンライン上で行われるため、参加者は自宅やオフィスからパソコンやスマートフォンを通じて参加することができます。

オンラインセミナーの利点は、場所や時間に制約されずに参加できること、参加者同士の交流が可能なチャット機能があること、録画を提供することで後から再視聴ができることなどです。これにより、多くの人々に向けて効率的に情報を発信し、知識の共有や学習の機会を広げることができます。オンラインセミナーは、ビジネスや教育分野をはじめ、さまざまな分野で活用されています。

オンラインセミナーの目的は、興味を持つユーザーを集めて見込み客のリードを獲得することや、自社の専門知識や専門分野でのリーダーシップをアピールすることでブランドの認知度を高めることです。

また、セミナー内で新製品やサービスの紹介、デモンストレーション、特典や割引の提供などを行うことで製品やサービスの売上促進につなげることもできます。

関連記事

【初心者必見】Webマーケティングの手法と戦略を解説

【初心者必見】Webマーケティングの手法と戦略を解説

Read More

その他、Webマーケティングでは、顧客管理も実施していくことが大切です。次の記事で解説しているため、あわせてご確認ください。

関連記事

【BtoB向け】CRMツールの重要性|StockSun流の顧客管理システム選定のポイント5つ

【BtoB向け】CRMツールの重要性|StockSun流の顧客管理システム選定のポイント5つ

Read More

WEBマーケティングを始める際の準備

Webマーケティングを成功させるためには、まずは目的や目標を明確にし、それから市場分析などを元にマーケティングの方針などを事前に決める必要があります。

目的:売上増加、ブランド認知の向上、トラフィックの増加など何を目的としているか決めます。

目標:目的に沿った具体的な数字の目標を定めます。最終的なゴールとなるKGIの設定だけでなく、目標までの過程の状況を把握するためのKPIなども設定する必要があります。

競合分析: 同じ市場や業界で競合している他社のWebサイトやマーケティング戦略を調査したり、どのような強みを訴求してるのかを分析します。

自社の強みの明確化: 自社の商品やサービスの強みや弱みを明確化することで市場においてどのようなポジションでマーケティングを仕掛けて行くのか検討します。

ターゲット: マーケティングの対象となるユーザーを明確に把握します。どのような人々に対してマーケティング活動を行うのかを理解することで、「どの施策」を「どのように進めるべきか」の方針が決めやすくなります。

マーケティング施策の選定:市場分析やターゲットなどを元に「どの媒体」で「どのような方法」でユーザーにアプローチしていくのか方針を決定します。

これらの準備をきちんと行うことで、Webマーケティングのスタートがよりスムーズになり、成功の確率が高まります。

WEBマーケティングの進め方と成功のポイント

WEBマーケティングを実際に進めていく際にどのような手順を踏むのかを解説したいと思います。

施策の選定:まずはWEBサイト制作、WEB広告、SEO、SNS運用など「どの施策」から進めていくのかを決定します。決定する際の判断としては、目標達成までの「期間」「費用」「顧客獲得見込み」「社内リソース」を元に事前にシミュレーションを行い、それらを元に施策の優先度を決めて進めていきます。

KPIの設定:進める施策が決定したら施策内でのプロセスの進捗や要因を分析するためのKPIを設定します。KPIの軸としては「業務の進捗」と「数字の進捗」の2軸で設定するのがオススメです。例えば、SEO施策を進める場合は「業務の進捗」は記事を月に15本書くなどで設定し、「数字の進捗」に関しては3か月後にサイトアクセス数を1,000ユーザーにするなどです。「業務の進捗」が足りてない場合はリソースや優先タスクの見直しをしたり、「数字の進捗」が未達の場合は施策の内容の見直しなどを検討します。

コンテンツや施策の方針決定:「どのような内容」で「どのような方法」で施策を進めていくのかを具体的に計画を立てます。例えば、SNS運用の場合は、届けたい情報の方向性をある程度決めて、どの媒体でどのような形式(動画や画像)で配信するかなどを具体的に落とし込みます。

スケジュールの決定:いつまでに何を行うべきなのかを具体的にスケジュールに落とし込みます。スケジュールの内容としては「事前準備」「作業スケジュール」「確認作業」「分析」「次のアクションの決定」など具体的に一連の流れをスケジューリングすることで、どこが課題で施策が止まってしまっているのかを明確にすることができます。

施策の達成度のチェック:「KPIの設定」を元に「業務の進捗」と「数字の進捗」の2軸で振り返りを行うことで、目標が達成しなかった場合にどこに問題があるのか、どこを改善すべきなのかを具体的なアクションとして明確にし、次の改善へと繋げます。

StockSunのWEBマーケティング成功事例は、以下記事で紹介しています。あわせてご確認ください。

関連記事

Webマーケティングの成功最新事例27選!戦略や集客のポイントを全公開【月利益500万円UP例も!】

Webマーケティングの成功最新事例27選!戦略や集客のポイントを全公開【月利益500万円UP例も!】

Read More

また、WEBマーケティングの代行を検討しているときには、次の記事をご確認ください。

関連記事

Web集客代行のおすすめ5社を紹介【優秀な担当者を見抜く方法とは】

Web集客代行のおすすめ5社を紹介【優秀な担当者を見抜く方法とは】

Read More

まとめ

本記事では「WEBマーケティングとは?」という内容でWEBマーケティングの種類や進め方について解説いたしました。

記事内でも記載もしていますが、WEBマーケティングはやることが多く、成功させるためには綿密な計画と専門的な知識も必要となってくるため、初めてWEBマーケティングを始める方には少しハードルが高いかもしれません。

もしWEBマーケティングをしたいが始め方や進め方に不安がある方は、ぜひ専門業者の力を活用することも検討してみてください。

弊社StockSunでも月額5万円から優秀なフリーランスにWEBマーケティングをマルっと依頼できるサービスを提供しています。

WEBマーケティングに関する相談をされたい方は、まずはお気軽にお問い合わせください。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。