メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

CVRを上げる方法は? 効果的な施策と改善ポイントを解説

更新日
CVRを上げる方法は? 効果的な施策と改善ポイントを解説

コンバージョン率(CVR)の最適化は、オンラインビジネスにおいて避けて通れない課題です。特に、高いトラフィックを持つウェブサイトやEコマースプラットフォームでは、CVRの僅かな変動が大きな影響を及ぼすことがあります。この記事では、CVRを理解し、効果的に向上させるための具体的な方法と改善ポイントに焦点を当てて、サイトデザインの改善からマーケティング施策、SEO対策まで、多角的なアプローチでCVRを高めるためのヒントを紹介します。

なお、弊社StockSunでは、格安でCVR最適化をはじめとするWeb集客全般の施策を依頼できる「マキトルくん」というサービスを提供しています。
月5万円からの定額サービスになっているので、CVR最適化を通じて効果的に、最小限のコストで売上を最大化させたい方に最適です。

最小限のコストで迅速に結果を出したい方は、ぜひマキトルくんの利用をご検討ください。

コンバージョン率(CVR)とは?

コンバージョン率(CVR)は、ウェブサイトやアプリケーションなどのデジタルプラットフォームにおいて、特定の目標行動(購入、問い合わせ、ダウンロードなど)を行ったユーザー数を、全訪問者数で割った値です。例えば、広告が100回クリックされた時にお問い合わせが1件発生すると、CVRは1%(=1÷100×100)と表されます。それでは、CVR向上のための実践的な知識を一緒に学んでいきましょう。

コンバージョン率の重要性と目的

コンバージョン率は、主にマーケティング活動や広告のROI(投資対効果)を評価する際に用いられます。この数値が高いほど、ウェブサイトやアプリケーションが目的に対して効果的に機能していることを示しています。

CVRの主な目的は、顧客の購買行動や問い合わせ、ダウンロードなどの「コンバージョン」を促進することです。例えば、1000人の訪問者であれば、何人が商品を購入したか、何人がメールアドレスを登録したかといった行動を数値化します。この数値が高いと、マーケティング活動が成功していると評価してよいでしょう。

しかし、CVRだけを追求すると、短期的な売上は上がるかもしれませんが、長期的な顧客満足度やブランドイメージが損なわれる可能性もあります。例えば、強引な広告やプロモーションでCVRを上げた場合、顧客が一度しか購入しない、「ワンタイム顧客」を増やす要因にもなることには注意が必要です。

そのため、CVRを上げる際には、顧客満足度やブランドイメージも考慮しなければなりません。具体的な施策としては、UX(ユーザーエクスペリエンス)の向上、価格設定の最適化、製品の品質向上などが挙げられます。これらの要素をバランスよく取り入れることで、CVR向上と同時に長期的なビジネス成功も見込めるでしょう。

コンバージョン率の計算方法と指標

コンバージョン率を正確に計算するためには、まず何を「コンバージョン」と定義するかが重要です。一般的には、「ウェブサイトの訪問者が商品を購入する」「メールアドレスを登録する」「ダウンロードを行う」などの目標を達成した場合に、一つの「コンバージョン」とされます。計算方法は、以下のようになります。

コンバージョン率=コンバージョン数/訪問数

例えば、1000人の訪問者があり、そのうち50人が商品を購入した場合、CVRは5%になります。このように、ウェブサイトやアプリケーションの効果をパーセンテージで表現することができます。

CVRを評価する際には、以下のような指標も併せて考慮すると良いでしょう。

指標名

概要

計算式

ROAS(広告費用対効果)

広告費に対する売上の効果を測定。

売上÷広告費×100(%)

CPA(獲得単価)

一つのコンバージョンを獲得するのにかかった費用を示す。

広告費用÷CV数

LTV(生涯価値)

顧客一人当たりが生涯で生み出す利益を測定。

平均顧客単価×収益率×購買頻度×継続期間

これらの指標を総合的に分析することで、より精度の高いCVR改善策を練ることができます。

業界別のコンバージョン率平均値

コンバージョン率は、業界によって大きく異なることが一般的です。Google、Facebook、Microsoftのパートナー企業になるなど、アメリカの広告業界で注目されている存在であるアメリカ・マサチューセッツ州ボストン市のネット広告分析会社、WordStream社による業界別のコンバージョン率の分析結果によれば、Eコマース業界では1.84%が平均的なCVRとされています。一方で、金融業界では高い場合で20%以上にもなることが報告されています。

 

全業界平均

Eコマース

法務ビジネス

BtoB企業

金融

中央値

2.35%

1.84%

2.07%

2.23%

5.01%

上位25%

5.31%

3.71%

4.12%

4.31%

11.19%

上位10%

11.45%

6.25%

6.46%

11.70%

24.48%

出典:WordStream「What’s a Good Conversion Rate? (It’s Higher Than You Think)」

Eコマース業界では、商品の多様性や価格競争が激しく、CVRを高めるためにはユーザーエクスペリエンスの向上が求められます。具体的には、サイトの使いやすさ、商品説明、レビューなどが重要です。

一方で金融業界では信頼性が重要視されるため、専門的な情報提供や顧客サービスが充実していると、CVRが高くなる傾向にあります。信頼性を高めるためには、専門家の意見や認証情報をしっかりと掲載することが有効です。

また、BtoB業界では長いセールスサイクルが一般的であり、一度の訪問でのコンバージョンは少ないですが、質の高いリードを獲得することが重要です。そのため、資料ダウンロードや問い合わせが多く、CVRもそれに応じて低めです。しかし、一つのコンバージョンが非常に価値のあるものであるため、低いCVRでもROIは高い場合が多いです。

業界別のCVR平均値を知ることで、自社の施策が効果的であるかどうかの判断材料になります。また、業界平均を上回るような施策を打つことで、競合他社に差をつけることが可能です。CVR向上のために、業界特有のニーズに合わせた施策を考えていきましょう。

CVRを上げるための効果的な施策

CVRを上げるためには、多くの要素が影響を与えます。サイトデザインやコンテンツの質、ユーザーの行動分析、マーケティング施策、SEO対策など、多角的なアプローチが必要です。特に、ユーザーが目標行動を容易に行えるようなUI/UXの設計や、効果的なコール・トゥ・アクション(CTA)の配置が重要です。それではそれぞれ詳しく解説していきます。

サイトデザインやコンテンツの改善

CVRを向上させるためには、サイトデザインとコンテンツの質が非常に重要です。以下に、具体的な改善策をいくつか紹介します。

1.レスポンシブデザインの採用

ユーザーが使用するデバイスに応じて、サイトが適切に表示されるようにすることが必要です。これにより、ユーザー体験が向上し、CVRも高まるでしょう。

2.高品質な画像とビデオ

商品やサービスの画像は、高解像度で鮮明なものを使用することが推奨されます。ビデオコンテンツも同様に、プロフェッショナルな品質が求められます。

3.明確なCTA(コール・トゥ・アクション)

CTAボタンやリンクは、目立つ色と大きさで配置することが有効です。また、アクションを促す文言も明確にする必要があります。

4.ユーザーレビューと評価

購入意欲を高めるためには、既存の顧客からのレビューと評価が有効です。これらは、新規顧客に対して信頼性を提供するために役立ちます。

5.速度の最適化

サイトのロード速度が遅いと、ユーザーが離脱してしまう可能性が高まります。そのため、画像の圧縮やキャッシュの活用などで、ページのロード速度を速くすることが推奨されます。

6.ナビゲーションの簡素化

サイト内での移動が容易であれば、ユーザーはより多くのページを訪れ、最終的にはコンバージョンにつながりやすくなります。そのため、メニューやサイドバーはシンプルかつ直感的なものが好まれます。

以上のような改善策を実施することで、サイトデザインとコンテンツの質を高め、CVRの向上が期待できます。ただし、これらの施策は継続的に見直しと最適化が必要ですので、定期的な分析と改善が欠かせません。

ユーザーの行動分析と最適化

ユーザーの行動分析は、Google AnalyticsやAdobe Analyticsなどの分析ツールを使用して、ユーザーの行動パターンや滞在時間、クリック率などを詳細に調査します。

分析により、どのページや要素がユーザーにとって魅力的であるのか、または逆に離脱を促しているのかを明らかにすることができます。たとえば、特定の製品ページでの滞在時間が短い場合、そのページのコンテンツやデザインに問題がある可能性が高いです。サイト改善の方向性を明確にし、より効果的な施策を打つために、ユーザーの行動分析は非常に効果的な手段です。

次に、最適化の手法ですが、A/Bテストは非常に有用です。この方法では、同じページの異なるバージョンを用意し、どちらがより高いCVRを出すかを比較します。例えば、購入ボタンの色を変えたり、キャッチコピーを変更したりすることで、どの要素がコンバージョンに影響を与えるのかを明らかにできます。

また、ヒートマップ分析も効果的な手法の一つです。これは、ユーザーがページ内でどの部分をよくクリックしているのか、またはどの部分を長時間見ているのかを視覚的に表示するものです。この情報を元に、必要な情報やCTA(Call to Action)ボタンをより目立つ位置に配置することで、CVRの向上が期待できます。

最後に、ユーザーの行動データをリアルタイムで分析することで、即座にサイトを最適化する手法もあります。これには、AI(人工知能)を用いた自動最適化ツールが有効です。例えば、OptimizelyやVWOなどが該当します。

以上のように、ユーザーの行動分析とそのデータに基づく最適化は、CVRを高めるために非常に重要です。適切なツールと戦略を用いて、効果的な施策を展開しましょう。

公式サイト:

Optimizely

VWO

マーケティング施策と広告の最適化

CVRを高めるためには、広告のターゲティング精度を高めることが重要です。年齢や性別、地域、興味・関心に基づいて広告を配信することで、無駄な広告費を削減しながら効果的なリーチが可能です。さらに、ユーザーが最も活動的な時間帯に広告を配信することで、CVRの向上が期待できます。広告予算の配分も戦略的に行い、高いCVRを持つ広告に予算を集中させることが有用です。

リターゲティング広告もCVR向上のための強力な手段となります。一度サイトを訪れたユーザーを再度サイトに誘導することで、CVRの向上が見込まれます。特に、カート放棄率が高い場合には、この手法が効果的です。

また、検索エンジン広告などのキーワード広告の最適化も欠かせません。適切なキーワード選定、入札価格の調整、広告ランクの最適化などを行うことで、質の高いトラフィックを獲得し、CVRを向上させることができます。

以上のように、マーケティング施策と広告の最適化は、CVR向上に不可欠な要素です。各要素をしっかりと最適化することで、CVRの向上が期待できるでしょう。

入力フォームやボタンの効果的な配置

入力フォームやボタンの設計も、CVR向上において重要な要素です。フォームは必要最低限の項目に絞り、ユーザーが煩わしさを感じないようにすることが基本です。また、明確なCTA(コール・トゥ・アクション)を上部に配置することで、ユーザーに対して次に何をすべきかを明示します。

ボタンに関しては、ユーザーが目を向けやすい画面の中央や下部に配置すると良いでしょう。その上で、ボタンの色やサイズもテストを通して最適化します。これにより、ユーザーがクリックしやすい環境を作り出せます。

モバイル対応も欠かせません。スマートフォンの画面は小さいため、操作性を考慮した設計が必要です。レスポンシブデザインを採用することで、デバイスに応じた表示が可能となります。

さらに、ユーザビリティを考慮することも大切です。エラーメッセージやツールチップを用いて、操作ミスがあった場合にもスムーズに修正できるようガイダンスを提供すると、ユーザーの満足度が高まります。

SEO対策で検索流入を増やす

SEO(検索エンジン最適化)は、CVRを高めるために非常に重要な要素です。検索エンジンから多くのユーザーを引き込むことで、コンバージョンの機会が増加します。

まず最初に行うべきは、ターゲットとなるキーワードの選定です。このキーワードは、ユーザーが何を求め、どのような問題を解決したいのかを反映したものでなければなりません。次に、そのキーワードに基づいて高品質なコンテンツを作成します。質の高いコンテンツは検索エンジンからも高く評価され、検索順位が上がります。

内部リンクと外部リンクもSEO対策において重要です。内部リンクは、サイト内で関連するページへと誘導するリンクです。これにより、ユーザーはサイト内をスムーズに移動できます。外部リンクは、他の信頼性の高いサイトからのリンクです。これらが多いと、サイトの信頼性が高まります。

SEO対策は、一度きりのものではありません。定期的に分析を行い、改善を続ける必要があります。Google Analyticsなどの分析ツールを活用して、キーワードのパフォーマンスやユーザー行動を確認することが有用です。

また、モバイル対応も必須です。モバイルからのアクセスが増えている現在、モバイルフレンドリーなサイト設計はGoogleにも評価されます。

以上のように、SEO対策を継続的に行うことで、検索エンジンからの流入を増やし、CVRを向上させることができます。最新のSEO情報を常に確認し、持続的な努力が必要です。

関連記事

CVR改善の全てが分かる!成功事例と効果的手法

CVR改善の全てが分かる!成功事例と効果的手法

Read More

CVR低下の原因と改善策

CVRの低下が見られた場合、その原因を特定し、改善策を講じることが必要です。具体的には、離脱率の高いページを特定したり、広告の効果を評価して最適化するなどの手段があります。また、ターゲット顧客のニーズに合わせた商品やサービスの提供も、CVR向上に寄与します。

離脱率の高いページを特定し改善する

CVRが低下する一因として、離脱率の高いページが存在することが挙げられます。特に、ランディングページや商品詳細ページでの高い離脱率は、直接的にCVRに影響を与える可能性が高いです。

まず、Google Analyticsなどの解析ツールを用いて、離脱率の高いページを特定しましょう。このデータは、ユーザーがどのページでサイトを離れる傾向にあるのかを明らかにします。次に、そのページのコンテンツやデザイン、UI(ユーザーインターフェース)を改善する必要があります。

コンテンツの面では、必要な情報が不足している、または過剰である場合があります。ユーザーが求める情報を提供することで、サイト内での滞在時間を延ばし、CVRを向上させることが可能です。デザインやUIの面では、操作が煩雑である、または直感的でない場合が考えられます。これにより、ユーザーが求めるアクションを取りづらく、CVRが低下する可能性があります。

集客チャネルや広告の効果を最大化する

CVRを向上させるためには、集客チャネルや広告の効果を最大化することが不可欠です。特に、オンライン広告の場合、広告費用対効果(ROAS)を高めることで、CVRも自然と上がることが多いです。

まず、広告のターゲティングを精緻に行いましょう。具体的には、顧客の年齢、性別、趣味、地域などを考慮して、広告を表示する対象を絞り込むことが有効です。このようにすることで、広告が表示される確率が高くなり、CVRの向上が期待できます。

次に、広告クリエイティブも重要な要素です。画像やテキスト、CTA(コール・トゥ・アクション)ボタンの配置など、ユーザーが興味を持ちやすいデザインにすることが求められます。例えば、CTAボタンは「今すぐ購入する」よりも「詳しくはこちら」の方がクリック率が高いとされています。

また、広告の配信時間や曜日も戦略的に考える必要があります。多くの人がアクティブな時間帯や曜日に広告を出すことで、より多くの人々に広告を見てもらい、CVRを向上させることができます。

ターゲット顧客のニーズに合わせた商品・サービス提供

CVRが低下する一因として、ターゲット顧客のニーズに合わせた商品やサービスが提供されていない場面があります。この問題を解決するためには、まずターゲット顧客の特性やニーズをしっかりと把握することが重要です。

具体的には、顧客の年齢層、性別、趣味、購買履歴などのデータを収集し、それを基に商品やサービスの改善を行います。例えば、20代女性が多く訪れるファッションサイトであれば、トレンドに敏感な商品を多く取り揃えることが求められます。一方で、40代以上の男性が主な顧客であれば、実用性や品質に重点を置いた商品展開が効果的です。

次に、顧客が求める価格帯も考慮に入れるべきです。高級品を求める顧客と、コスパ重視の顧客では、商品の価格設定やプロモーション戦略が大きく異なります。

また、季節やイベントに合わせた商品展開も効果的です。例えば、夏にはクーラー関連の商品、冬には暖房器具を前面に押し出すなど、タイミングに合わせて商品を提供することで、CVRの向上が期待できます。

このように、ターゲット顧客のニーズに合わせた商品・サービス提供は、CVRを向上させるために非常に重要な要素となります。

定期的なサイト運営の見直しと改善

サイトのCVRを向上させるためには、定期的な運営の見直しと改善が不可欠です。特に月に一度の見直しを推奨し、その際にはアクセス解析ツールを用いて、ユーザーの行動やページのパフォーマンスを詳細に調査することが重要です。このデータを基に、改善が必要なポイントを特定します。具体的には、ページビュー数、離脱率、セッション時間、コンバージョン数などの指標を参考にすると良いでしょう。データをしっかりと分析し、改善ポイントを明確にすることが成功の鍵となります。このプロセスを繰り返すことで、サイトのパフォーマンスは確実に向上するでしょう。

正しい方法でデータ分析を行うには、アナリティクスの設定を最適化することが必須です。自社だけでは対応できないときには、外注する方法もあります。

関連記事

google アナリティクスの設定代行会社おすすめ10社!!

google アナリティクスの設定代行会社おすすめ10社!!

Read More

CVR最適化はマキトルくんがおすすめ!

「効果的なCVR最適化の料金を抑えて依頼したい」
「でも質の高いフリーランスや広告代理店を探す自信や時間がない」

こうした方におすすめしたいのが、月額5万円からご依頼いただける「マキトルくん」です。

Webコンサル会社であり、実績豊富なフリーランス集団であるStockSunだからこそできる費用対効果の高いサービスになっています。

ここでは、CVR最適化でマキトルくんを活用するメリットを3つご紹介させてください。

  • 月5万円から優秀なフリーランスにCVR最適化を依頼できる
  • CVR最適化だけでなくWebマーケ全般の実行支援に対応
  • 外注を一本化できるためコスト削減につながる

月5万円から優秀なフリーランスにCVR最適化を依頼できる

マキトルくんでは、月額定額5万円より優秀なフリーランスにCVR最適化を依頼できます。

コンサル料がかからないため、「優秀なプロに依頼したいものの、高額な費用を支払う予算がない」といった企業にも安心してご利用いただけます。

また、CVR最適化を担当するのは、StockSunに在籍する2,000名以上のフリーランスの中から、上位20%の優秀な人材に厳選しております。自社で優秀な人材を探す手間がかかりません。

  • CVR最適化スキル
  • コミュニケーションスキル
  • 目的の達成意識

上記の要素を備えたフリーランスだけをアサインいたしますので、高クオリティーなCVR最適化が可能です。

CVR最適化だけでなくWebマーケ全般の実行支援に対応

マキトルくんでは、CVR最適化だけでなく、マーケティング全般の実行支援を月額定額制で依頼いただけます。

  • CVR最適化を内製化したい
  • コンバージョン率の高いCVR最適化したい
  • CVR最適化だけでなくSNS運用やLP制作なども任せたい

上記のようなニーズにも柔軟に対応可能です。

まず貴社のニーズ・課題を丁寧にヒアリングした後で、最適なご提案をさせていただきます。施策の内容が決定したら、次に必要な人材を集めて独自のチームを構築し、業務に取り掛かっていく流れです。

「とはいえ、複数のフリーランスを集めたら連絡を取り合うのが面倒そう」

この問題を未然に防ぐために、マキトルくんでは専属のディレクターが貴社とフリーランスの間に入ります。ヒアリング能力の高いディレクターが担当いたしますので、コミュニケーションコストを最小限にすることが可能です。

外注を一本化できるためコスト削減につながる

現在、複数の外注先に業務を委託している場合、マキトルくんに外注を一本化すればコストを削減できます。これまで個別に発生していた固定費をまとめるだけでも、支出を最小限にできるでしょう。

マキトルくんに一本化した場合、チーム内で綿密にコミュニケーションを取ることが可能です。それぞれの担当者が成功事例・進捗状況を共有しながら、スピーディーかつ費用対効果の高い施策を実行できます。

最小限のコストでスピーディーにCVR最適化を依頼したい方は、ぜひマキトルくんの無料相談へお問い合わせください。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

まとめ

CVRの推移を定期的に確認して、そのデータに基づいて施策を行うことが重要です。ユーザーの反応や行動をデータで詳細に分析し、その情報に基づいてサイトを改善することが、目指すべきコンテンツの実現に繋がります。ユーザーのニーズをしっかりと分析し、サイト改修を行うことで、需要と供給がマッチし、CVR向上につながり、売上も上がっていきます。この記事を参考にして、より成果を上げるWebサイトへと進化させていきましょう。

特にマキトルくんでは優秀なフリーランスのみを取り扱っていますし、コミュニケーションも取りやすいのが特徴です。

「CVR最適化を効果的に、最短で行い、売上アップにつなげたい」
「外注を1本化してコストの最適化を図りたい」

その場合は、弊社StockSunのマキトルくんをおすすめします。

マキトルくんでは、優秀なディレクターとフリーランスによる質の高い実行支援を月額定額で提供しています。効果的なCVR最適化についてプロによる戦略をお求めの方は、お気軽にお問い合わせください。


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。