メールで
無料相談
LINEで
無料相談

















TOP

LPOでCVRを改善するための手順とポイントを解説!【CVR4倍!StockSun式成功事例】

更新日
LPOでCVRを改善するための手順とポイントを解説!【CVR4倍!StockSun式成功事例】

著者

深井嵐丸

StockSun株式会社の深井です。
私は、StockSunの事業領域において、LP制作やLPO対策に特化したコンサルタントです。

「LPから思ったような売上が発生していない」
「そのためLPOを実施してCVRを向上させたい」

LPからの売上に伸び悩むとき、LPO対策を実施することでCVRを向上させることができます。

この記事では、CVRを向上させるためのLPO対策の手順やポイントを解説します。

また、すぐにマネしていただける成功事例も合わせて公開いたしますので、ぜひ参考にしてください。

CVRを向上させたいときには、お気軽にご相談ください。 貴社のLPを確認させていただき、経験に基づいた定性的な観点から独自の改善案をご提案いたします。

LPは、ボタン色の変更といった、すぐにできる簡単な施策を実施するだけで利益率が1.5倍になることもありますので、この機会にぜひ無料相談をご活用ください。

\特典:最速で利益率150%UP!?CV率が向上するLPOの戦略をご提案/

LPOの無料相談
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら

CVR改善前に理解しておくべきLPOとCVRの概要

まずは、LPにおけるCVRとは何かや、LPOとは何かについて簡単に解説いたします。

LPにおけるCVRとは

LPのCVRとは、LPの訪問者数のうち成約(購入)につながった割合を示します。

具体的には、次の計算方法でCVRを導き出すことができます。

LPのセッション数 ÷ 成約(購入)数 × 100 = CVR

LPOの目的と実施すべきタイミング

LPOはLPに訪問したユーザーをLPから離脱させず商品の購入や資料請求などを行えるように、サイト全体を最適化する施策です。

LPのCVR率を高めるためには、LPOは必須と言えます。

ちなみにLPOを実施すべきタイミングは、例えばリスティング広告を出稿しているケースでいうと次の2つの条件が満たされるときです。

・広告のクリック率が3.14%を超えている
・LPのCVRが2~3%を下回っているとき

LP事態にある程度の流入数がないと、適切な効果検証をおこなうことができず最適な施策を検討していくことができません。
もしも流入数が少ない場合には、まずはWeb広告の運用方法を見直す必要があります。

ちなみに、リスティング広告における平均クリック率は3.14%だと言われています。

参照参考:Google Ads Benchmarks for YOUR

広告のクリック率が3.14%を下回っている場合には、まずは広告のパフォーマンスを改善しましょう。

また、LPのCVRは平均2〜3%です。

広告のパフォーマンスに問題がないにも関わらず、CVRが2〜3%を下回っているときにはLPOを実施すべきタイミングと言えるでしょう。

もちろん、ある程度CVが発生しているため、さらにCVRを向上させ売上を伸長させたいというケースでもLPOを実施すべきです。

LPOとSEO・EFOの違い

「LPO」と類似する言葉に「SEO・EFO」などがありますが、それぞれ意味が違います。

具体的な違いは以下の通りです。

名称 目的
LPO
(Landing page optimization)
LPに訪問したユーザーが離脱せずに商品の購入や資料請求などをするようにボタンやキャッチコピーの改善などLP全体の最適化を図ることを目的とした施策
SEO
(Search Engine Optimization)
Google検索などの検索エンジンで上位表示されるようにし、Webサイトの認知度を向上させてWebサイトの訪問数を増やすことを目的とした施策
EFO
(Entry Form Optimization)
LPのなかでもエントリーフォームの最適化を図り、ユーザーの離脱を防ぐことを目的とした施策

上記のように違いがありますが、どの施策もCVRを高めて売上を向上させるための重要な施策であることは覚えておきましょう。

LPOについては以下の記事で詳しく解説しているため、合わせてご確認ください。

関連記事

LPO対策とは?SEO・EFO・CROとの違い、対策のポイントを解説【広告予算50%削減のマーケターが解説】

LPO対策とは?SEO・EFO・CROとの違い、対策のポイントを解説【広告予算50%削減のマーケターが解説】

Read More

関連記事

CRO対策を効率的に進める方法とは? データ分析で効果検証!

CRO対策を効率的に進める方法とは? データ分析で効果検証!

Read More

LPのCVRが低下する3つの原因

LPのCVRが低迷している際、主に3つの原因があるケースが多いです。
原因を知り、自社のLPに当てはまっている部分はないかを確認しましょう。

広告のターゲティングに誤りがある

広告のターゲティングとLPのターゲットがズレてしまっていることが原因として挙げられます。

例をあげると、次のような状況のときユーザーにLPが刺さらずに離脱されてしまいます。

<例:乾燥肌を改善する美容クリームが商材のとき>

広告の出稿KW ユーザーの悩み LPの内容
「ニキビ跡 改善」 ニキビ跡を改善できる商品を知りたい

ニキビに悩んでいる

1日中乾燥しないことをアピール

上記の場合、そもそも商材のターゲットではないユーザーに向けて広告を打ち出してしまっていることになります。ターゲットのニーズに刺さるはずがなく、離脱されてしまうでしょう。

広告のターゲティングが適切かどうかを見直す必要があります。

ちなみに、あらかじめ複数のLPを用意しておき、ユーザーの属性に合わせて最適なLPを表示させる行動ターゲティングLPOという施策もあります。
以下にて詳しく解説しているため、合わせてご確認ください。

関連記事

行動ターゲティングLPOとは?導入のメリット、対策のポイントを解説!【売上単月1億円!StockSunの成功事例】

行動ターゲティングLPOとは?導入のメリット、対策のポイントを解説!【売上単月1億円!StockSunの成功事例】

Read More

ファーストビューに問題がある

ファーストビューはLPの印象を決める非常に重要な要素です。

ユーザーは3〜5秒以内にランディングページが自分にとって価値があるかどうかを判断するとされており、ファーストビューは滞在時間に大きな影響を与えると言われています。

このため、LPを制作する際はファーストビューにこだわって、ユーザーにとってわかりやすい内容にすることが重要です。

例えば、ファーストビューにテキストが多すぎると、ユーザーが必要な情報を素早く見つけることができず、早々に離れてしまいます。

一方で、ユーザーに刺さるキャッチコピーや画像を使用したファーストビューの場合、滞在時間が長くなり商品やサービスへの理解が深まるため、CVRの向上が見込めます。

導線の設定を最適化できていない

CVへの導線が分かりづらい場合、セッション数や滞在時間が伸びても成果に繋がらない可能性があります。

どこから問い合わせるのかがわからないと、ユーザーが離脱しやすいためです。

このため、C Vへの導線を最適化することが非常に重要になります。

なお、ユーザーの離脱が起きているかどうかは、Webサイトの特定ページにおけるユーザー行動を可視化できるヒートマップ解析を活用すれば分かります。

解析したデータをもとに、ページ内の適切な箇所に複数のCVボタンを配置するようにしましょう。

例えば、ファーストビューに1つのCVボタンを設置するのではなく、ユーザーがスクロールしても表示され続けるフローティングボタンを設置すると効果的です。

このような工夫を施すことでユーザーが迷わずCVに至る導線が明確になり、結果的にCVRの向上に繋がります。

ちなみにスマホ用LPに最適な導線設計は次の記事にて解説しています。

関連記事

スマホサイトのLPO施策7選!【CVR1.2%向上!StockSun式成功事例】

スマホサイトのLPO施策7選!【CVR1.2%向上!StockSun式成功事例】

Read More

LPO対策でCVRを改善するための手順

LPO対策でCVRを改善するための手順は以下のとおりです。

1.現状分析を行う
2.改善策を決める
3.効果を測定する
4.PDCAを回す

上記の手順について詳しく解説するので、LPOを実施してCVRを向上させたい方は参考にしてみてください。

現状分析を行う

最初に行うことは現状分析です。

現状分析を行い、現行のLPにどのような課題が存在するかを特定します。

現状分析時には以下のポイントを確認することが重要です。

・CV数、CVR、PV数、セッションに問題ないか
・どのような属性のユーザーがアクセスしているのか
・ページの表示速度に問題はないのか
・スマホやPCなどどのデバイスでアクセスが多いのか
・クリックされることが多いCTAボタンはどれか
・どのキーワードから流入しているのか
・離脱ポイントどこなのか

上記のポイントを確認することでLPの問題点が明確になり、改善点もわかりやすくなります。

ちなみに、課題を明らかにする際は、「デザインが古い」といった主観的な意見よりも、ユーザーの実際の行動やニーズを把握することが重要です。

解析ツールや分析ツールを使って定量分析と定性分析を行い、ユーザーの実際の行動やニーズを把握しましょう。

関連記事

LPOツールおすすめ12選を比較解説!【失敗しない選び方とStockSun式成功事例】

LPOツールおすすめ12選を比較解説!【失敗しない選び方とStockSun式成功事例】

Read More

改善策を決める

分析を通じて明らかになった問題点に対して仮説を立て、具体的な改善策を決定します。

具体的には次のように実施します。

問題点 ページの表示速度が遅い
仮説 ページの読み込み速度が遅く、ユーザーが表示前に離脱してしまっている
検討できる改善施策 GoogleのPage Speed Insightなどを使用し、ページ表示速度に問題がないか確認し改善を行う

仮説を立ててから改善策を決定することで効果的なLPOが実施できる可能性が高くなります。

効果を測定する

仮説を立てた後は、改善策に基づいて修正を行いましょう。

効果を測定するためには異なる要素を持つ2つのページを同じ条件下で運用し、どちらのバージョンがより効果的であるかを判断する方法である「A/Bテスト」が有効です。

具体的な手順は以下になります。

1.ランディングページにアクセスしたユーザーに対して、パターンAとパターンBをランダムに表示する
2.一定期間後に各ユーザーの反応を評価する
3.検証結果に基づいて効果が高かったバージョンを採用する

上記の手順で改善が見られなかった場合は再度テストを実施することで、ランディングページの性能を向上させられます。

A/Bテストを実施する際のポイントは、次の記事で詳しく解説しているため、あわせてご確認ください。

関連記事

LPOのA/Bテストで効果検証する方法【広告費300万円削減したStockSunの戦略紹介】

LPOのA/Bテストで効果検証する方法【広告費300万円削減したStockSunの戦略紹介】

Read More

PDCAを回す

LPOはひとつの改善策だけでCVRが向上するものではありません。

また、仮説を立てて実行した施策から必ずしも良い結果が出るとは限りません。

そのため、打った施策の効果を測定し、結果をもとに改善施策を立てて施策を実行する必要があります。

PDCAサイクルを回しながら段階的に最適化を進めましょう。

CVRを向上させたいときには、お気軽にご相談ください。 貴社のLPを確認させていただき、経験に基づいた定性的な観点から独自の改善案をご提案いたします。

LPは、ボタン色の変更といった、すぐにできる簡単な施策を実施するだけで利益率が1.5倍になることもありますので、この機会にぜひ無料相談をご活用ください。

\特典:最速で利益率150%UP!?CV率が向上するLPOの戦略をご提案/

LPOの無料相談
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら

LPO対策でCVRを改善するための施策【導入するだけで即改善⁉︎StockSun式戦略】

ここでは、LPO対策においてCVRを改善するための施策を3つ紹介します。

導入していただくだけでCVR改善につながる施策のためぜひ実施してみましょう。

ポップアップを導入する

ポップアップは、PCやスマートフォンでウェブサイトを閲覧する際に現れるバナーのことです。

クーポンやおすすめ商品など、ユーザーの状況に応じて表示内容を変更できます。

例えば、ユーザーがブラウザをバックした際に「お忘れではありませんか?」といったポップアップバナーを表示させることで、離脱を防止することに期待ができます。

上記の離脱ポップアップバナーを導入したことで、利益率が150%アップした事例もあります。

ただし、タイミングやサイズによっては、ポップアップがユーザーに不快感を与える可能性もあります。

そのため次のポイントを抑えて表示させることを推奨します。

・ユーザーにとって有益な情報を表示させる
・ユーザーの体験を阻害しない
・コンテンツに被らない範囲で目立つサイズ

上記を抑えたバナーの導入を検討してみましょう。

チャットボットを導入する

チャットボットは人工知能を利用して自動的に会話ができるシステムです。

導入することで、ユーザーからの問い合わせに自動的に対応できます。

また、チャットボットを導入することで以下の効果を期待することが可能です。

・サポート担当者の作業負荷が軽減され、他の業務に時間を割くことができる
・チャットボットは同時に複数のユーザーに対して24時間返答ができる
・ユーザーを待たせることなく、ストレスを軽減できCVRの向上が期待できる
・電話よりも気軽に相談できる

上記の様な効果が期待できるため、顧客のストレスを軽減でき、顧客満足度の向上、CVRの向上につながります。

ライブコマースの活用

ライブコマースはLPとライブ配信を組み合わせた施策です。

LPに設置することで、ビデオ通話のような形式で相互コミュニケーションが可能となります。

ライブコマースを活用することにより、次のことからCVRの向上につながります。

・ユーザーの疑問をその場で解決できる
・比較検討が必要な高額な商品でもその場でセールスしクロージングできる

ユーザーが比較検討をおこなう必要のある高額な商品のときや、仕組みが複雑なサービスのときに導入を検討すると良いでしょう。

LPO対策でCVRを改善するための4つのコツ【StockSun式成功のポイント】

LPO対策でCVRを改善するための4つのコツを紹介します。

StockSun式成功のポイントについても詳しく解説しているので参考にしてみてください。

なお、ここで解説するポイントの詳細は以下の動画でも解説しています。

商品やサービスの利点を明確に提示する

LPでは商品やサービスを利用することにより、ユーザーにどのようなメリットがあるのかを明確に伝えましょう。

例えば、シャンプーを取り扱う場合、使用後に叶う「理想の姿」をユーザーに視覚的に分かりやすく伝える必要があります。

そのためには、次のようなファーストビューとすることが効果的です。

ファーストビューの画像 艶のある髪の女性の画像
ファーストビューの文言 「うる艶髪」といった商品を使用することで手に入れられる状態

「商品を使用することでどんな未来が手に入るのか」を明確にすることでCVRの向上を期待できるでしょう。

導線をシンプルにする

LP制作では、導線をシンプルで少なくすることが重要になります。

導線をシンプルにすることで、LPで伝えたい内容がユーザーへ伝わりやすくなるためです。

また、ユーザーの悩みを解決しCVにつなげるため、ほとんどのLPはストーリー性を持たせて作成されています。

ストーリーが際立つようにするためにも、他の導線をできるだけ省くようにしましょう。

クリック率とCV率の両方を改善する

LPの改善を評価する際は、ボタンのクリック率とコンバージョン率の両方を考慮することが重要です。

例えば、LP内に問い合わせボタンを多く配置すれば、クリック率の向上が期待できます。

しかし、ユーザーが他のページに移動してしまい、LPのストーリーを最後まで読んでもらえなくなると、コンバージョン率の向上にはつながらない可能性が高いです。

売上向上のためには、クリック率とコンバージョン率の両方を高めることができる施策を選択するようにしましょう。

同時に複数のテストを実施しない

LPOの施策を検証するA/Bテストを実施する際は、複数のテストを実施しないようにしましょう。

複数のテストを実施すると、何が効果のあった施策なのかがわかりにくくなってしまうためです。

そのため、実施する時期をずらすなどして効果を正確に分析できるようにしてください。

LPOでCVRが改善した6つの成功事例【StockSun式施策でCVRが4倍になった事例】

LPO対策のStockSun式成功事例を6つ紹介します。

ここで紹介する事例は、高い効果を得られるLPO施策になっているため、CVRを向上させたい方は参考にしてください。

問い合わせフォームを改善してCVRが4倍になった事例

問い合わせフォームを改善してCVRが4倍になった事例をご紹介します。

この事例で実施したことは縦長の問い合わせフォームではなく、タップして画面が切り替わる3ステップの問い合わせフォームに変更したことです。

画面の切り替えでフォームを入力できるため、スクロールを手間と感じるユーザーの離脱を防ぐことができました。

このようにフォームを改善することでも、LPのCVRを大きく改善することができます。

ボタンテキストを変更してクリック率が1.56%向上した事例

ボタンテキストを変更してクリック率が1.56%向上した事例を紹介します。

この事例では、「お問い合わせはこちら」というボタンテキストを「無料で相談する」というものに変更しました。

「ユーザーが何を求めているのか」 というのを理解したうえでユーザーアクションに沿ったボタンテキストに変更することでクリック率が向上しました。

簡単な施策ではあるものの、ペルソナの設定などユーザーの分析をしっかりと行い、ユーザーが求めるものを理解することで効果的な改善につながります。

上記の事例は以下の動画で詳しく解説しています。

具体例や口コミを追加してCVRが0.7%向上した事例

具体例や口コミを追加してCVRが0.7%向上した事例を紹介します。

成功要因は、実際の具体例を追加したことです。

以下の2つのポイントを押さえて具体例を追加しました。

・どんな結果を得られたのか具体的に提示する
・具体的な数字を入れる

その結果、CVRを0.7%向上させることに成功しています。LPでは、商材を利用することでどのような結果を得られるのか具体的に提示してあげることが大切です。

その際、定量的な数字を用いていただくと、ユーザーは叶う未来を的確に認識しやすくなります。

ファーストビューを改善してCVRが0.51%向上した事例

ファーストビューを改善してCVRが0.51%向上した事例を紹介します。

この成功要因は以下の2つです。

・リスティング広告からのキーワードを参考に、ユーザーのニーズに応えるテキストを追加
・商品の特徴と一致するテキストへの変更

この事例では、「髪ゴワゴワ」「髪きしむ」といったネガティブなキーワードでCVRが低い状況でした。

そのため、FVのテキストを「新登場」から「サロン帰りのうる艶髪」に変更し、シャンプー使用により問題解決が可能であることを訴求しています。

さらに、艶をもたらす成分が豊富な商品であったため、テキストを変更することで商品との整合性が取れました。

この結果、離脱率が15%改善されるだけでなく、コンバージョン率も0.5%向上しています。

このようにLPでは、商品やサービスを利用することでどのような利点があるのか、ユーザーに分かりやすく伝えることが重要です。

上記の事例は以下の動画で詳しく解説しているので確認してみてください。

問い合わせフォームの入力アシストを利用してCVRが0.7%向上した事例

フォームの入力アシストを実装したことで、CVRが0.7%向上した事例を紹介します。

このケースでは、住所入力フォームでの離脱が多かったため、「入力が面倒であることが離脱の原因」という仮説を立てて改善を図りました。

具体的には、郵便番号を入力するだけで、自動的に住所が入力されるような支援機能を導入したのです。その結果、CVRが0.7%向上しました。

このようにユーザーの離脱している原因を分析し、改善することでCVRが向上します。

離脱ポップアップを導入しCVRが向上し利益率が150%UPした事例

離脱ポップアップの導入により、利益率が150%向上した事例を紹介します。

訪問者がウェブサイトを去ろうとする際に、「お忘れではありませんか?」などのメッセージが表示されるポップアップが「離脱ポップアップ」を指します。

今回の事例では、コンテンツや特典などのオファーを提示し、ウェブサイトからの離脱を防ぐ効果を目指して導入しました。

この離脱ポップアップを導入したことで、問い合わせが15〜20件増加し、利益率が150%UPしました。

まとめ

LPのCVRを改善するためには、LPO対策は必須の施策です。

そこで、この記事ではStockSun式のポイントや成功事例を交えてLPO対策の手順や施策のポイントを解説しました。

CVRが低下して悩んでいる方は参考にしてください。

なお、下記のような悩みを抱えている場合は、無料相談がおすすめです。

「LPO対策の手順はわかったものの、複雑でうまくできるかわからない…」
「自社のLPはどこを改善すればCVRが向上するのかわからない…」

無料相談では貴社のLPを確認させていただき、経験に基づいた定性的な観点から独自の改善案をご提案いたします。

LPは、ボタンのテキスト変更といった、簡単な施策を実施するだけでCVRが大きく向上することもありますので、この機会に無料でLPを改善しましょう。

\特典:最速で利益率150%UP!?CV率が向上するLPOの戦略をご提案/

LPOの無料相談
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら

関連記事

LPOにかかる費用相場を徹底解説!費用を抑えるコツもプロが直伝【最速で広告費半減!LPOの成功事例】

LPOにかかる費用相場を徹底解説!費用を抑えるコツもプロが直伝【最速で広告費半減!LPOの成功事例】

Read More

関連記事

LPOコンサルティングにおすすめの代行会社8選|プロが厳選【2024年最新】

LPOコンサルティングにおすすめの代行会社8選|プロが厳選【2024年最新】

Read More

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。