メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

LPOのA/Bテストで効果検証する方法【広告費300万円削減したStockSunの戦略紹介】

更新日
LPOのA/Bテストで効果検証する方法【広告費300万円削減したStockSunの戦略紹介】

著者

深井嵐丸

「見た目の整ったLPを作ったけど反応がないのはなぜだろう」

「コンバージョン率を上げるには、どんな改善をすればいいんだろう」

LPを最適化(LPO)する際に欠かせない作業の1つがA/Bテストです。

複数のサンプルを用意して「どちらがより成約しやすいか」を検証します。A/Bテストを繰り返すからこそ、ターゲットにとって魅力的なLPが完成するとも言えるでしょう。

しかし、A/Bテストを闇雲に行っても、LPのCVR(成約率)が改善できるわけではありません。

正しい実行方法を理解したうえで、試行錯誤を繰り返す必要があるのです。

本記事では、LPOのA/Bテストで効果検証する方法について解説します。

LPに課題を抱えている際は、お気軽にご相談ください。 貴社のLPを確認させていただき、経験に基づいた定性的な観点から独自の改善案をご提案いたします。 LPは、ボタン色の変更といった、すぐにできる簡単な施策を実施するだけで利益率が1.5倍になることもありますので、この機会にぜひ無料相談をご活用ください。

\特典:最速で利益率150%UP!?CV率が向上するLPOの戦略をご提案/

LPOの無料相談
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

目次

LPOに欠かせない「A/Bテスト」とは

はじめにLPOとA/Bテストの概要を把握しておきましょう。

LPOとは

LPOとは「Landing Page Optimization」の略で、日本語では「ランディングページ最適化」という意味になります。

LPOの目的は「LPに訪れた見込み客を離脱させることなく成約させる」ことです。LPのCVRを最大化させるために行う施策をLPOと呼びます

LPO対策で実施する「A/Bテスト」とは

A/Bテストは、仕様のことなるLPを用意してどちらがよりコンバージョンするか」を検証するテストです。

見込み客の反応をダイレクトに計測できるのがポイント。

パターンAとBを用意して、CVRが高いLPを採用します。A/Bテストを繰り返すことで、CVRを高めていくイメージです。

LPをターゲットに最適化するには、A/Bテストの実施が必須になります。

どんなに質の高いLPを作っても、CVRが低ければ意味をなしません。売れるLPを作るには、A/Bテストが欠かせないことを覚えておきましょう。

LPOする際にA/Bテストを実行するメリットとデメリット

A/Bテストを行うメリットとデメリットは以下の通りです。

LPOでA/Bテストを実施するメリット

  • LPの費用対効果を上げられる
  • 手軽に取り組める
  • 施策の工数が少ない

LPOでA/Bテストを実施するデメリット

  • LPの流入数が少ないと正確なデータが取れない
  • 仮説立てが甘いとドツボにハマってしまう
  • 継続的に効果検証する必要がある

LPOでA/Bテストを実施するメリット①LPの費用対効果を上げられる

A/Bテストを繰り返し実施すれば、LPの費用対効果を上げられるメリットがあります。

「既存のLPよりもCVRが高いLPを採用する」

非常にシンプルな施策ですが、だからこそ強力な施策とも言えるでしょう。

LPOでA/Bテストを実施するメリット②手軽に取り組める

A/Bテストは、手軽に取り組めるのもメリットです。

  • キャッチコピー
  • 画像
  • ボタンの色やサイズ
  • 各パーツのレイアウト

上記のようなポイントを変更して検証するだけなので、難しい作業はありません。

手軽に取り組めてCVRの改善が見込めるため、やりがいのある施策と言えます。

LPOでA/Bテストを実施するメリット③施策の工数が少ない

A/Bテストは、大きな変更を必要としないので、施策の工数が少ないのもメリットです。

例えば、ボタンの色を2パターン用意したり、キャッチコピーを2パターン用意したりなど、少ない工数で効果を検証できます。

効果的なテストでありながら、施策実行に対するハードルが低いのが魅力です。

LPOでA/Bテストを実施するデメリット①LPの流入数が少ないと正確なデータが取れない

A/Bテストのデメリットは、そもそもの流入数が少ないと正確な効果検証ができないところです。

そもそもの母数が少ない場合、CVRの改善ではなく、インプレッションやクリック率を見直す必要があるでしょう。

  • 商品のUSPを明確にする
  • ターゲット選定
  • 広告のキーワード選定
  • 広告のキャッチコピーを改善

上記のような要素を見直して、母数を確保してからA/Bテストを行う必要があります。

LPOでA/Bテストを実施するデメリット②仮説立てが甘いとドツボにハマってしまう

効果検証する際の仮説立てが甘いと、A/Bテストで悪い方向へ進んでしまうリスクがあります。

競合やターゲットのリサーチをせずに仮説を立てても、的を得た改善点は見つけられません。A/Bテストを何度行っても、望むような結果が出ない原因になってしまいます。

様々な角度からリサーチを行う必要があるのです。

LPOでA/Bテストを実施するデメリット③継続的に効果検証する必要がある

A/Bテストは、継続して効果を検証しなければなりません。

なぜなら、A/Bテストの性質上、1度にたくさんの変更をしてしまうと「どこが問題だったのか」を明確にできないからです。

A/Bテストを行う際は、毎回異なるコンセプトを決めて実行します。

継続的に行うからこそ、結果的に売れるLPが完成するのです。

LPOについて理解を深めたいときには以下記事もご確認ください。

関連記事

LPOにかかる費用相場を徹底解説!費用を抑えるコツもプロが直伝【最速で広告費半減!LPOの成功事例】

LPOにかかる費用相場を徹底解説!費用を抑えるコツもプロが直伝【最速で広告費半減!LPOの成功事例】

Read More

A/Bテストのやり方【LPOの実行方法】

LPを最適化する際の、A/Bテストのやり方について見ていきましょう。

  • 改善点を明確にする
  • 仮説を立てる
  • A/Bテストを実行する
  • 統計を取って次のA/Bテストに活用する

改善点を明確にする

A/Bテストの目的を明確にする工程です。

現状のLPにどんな問題点があるのかをチェックしましょう。

  • アクセスはどれくらい流れているか
  • トップページに問題はないか
  • LPの離脱率はどれくらいか
  • ボタンのクリック率はどれくらいか

ターゲットの行動を分析しつつアクセス解析を行って、改善する価値があるポイントをあぶり出していきます。

改善点をリストアップしておけば、次回のA/Bテストをスムーズに行なえるでしょう。

スプレッドシートやメモアプリなどに改善点をまとめておくと、効率的に作業できるのでおすすめです。

ちなみにアクセス解析する際には、ツールを活用しましょう。

関連記事

LPOツールおすすめ12選を比較解説!【失敗しない選び方とStockSun式成功事例】

LPOツールおすすめ12選を比較解説!【失敗しない選び方とStockSun式成功事例】

Read More

仮説を立てる

あぶり出した改善点をもとに、課題解決に向けた仮説を立てる工程です。

CVRの改善に効果的な方法」を考えて、A/Bテストの戦略を立てましょう。

  • ファーストビュー
  • 商品画像
  • リンクボタン
  • 購入フォーム
  • 訴求文

例えば、上記のような改善点があった場合、どの要素が最もCVRに関わっているのかを考えてみてください。

CVRの改善に貢献度の高い要素から変更することで、費用対効果の高いLPOを実現できます。

この工程では、ターゲットの視点に立って考えることも大切です。

女性向けダイエットサプリのLPにも関わらず、男性ウケしそうな色使いに改善してもCVRは上がらないでしょう。結果を出している競合他社のLPなどを参考にして、ターゲットに合ったLPを考察してください。

A/Bテストを実行する

実際にA/Bテストを実行していきます。

A/Bテストは必ず、同じタイミングで行なうようにしましょう。

実施する日時や期間がズレてしまうと、正確な効果を検証できません。季節によって売行きが変わる商品は、結果が大きく変わってしまう可能性があります。

基本的に、データが多いほど正確な効果検証ができます。

十分な流入数がない場合は、検証期間を長く設定してください。より多くのデータが取れれば、偶然による誤差に左右されにくくなります。

また、A/Bテストの実行中に条件を変更するのはよくありません。

よい効果が出ていると「今〇〇も変更すれば、もっとよくなるのでは?」といった欲が出てくるものです。

しかし、A/Bテストの最中に別の変更を加えると、肝心の効果測定ができなくなってしまいます。

正確なデータを取得するためにも、条件を変えずに1つ1つ効果を検証するようにしましょう。

統計を取って次のA/Bテストに活用する

A/Bテストを行った結果、CVRが高かったLPを採用します。

取得したデータは、大切に保管しましょう。次回のA/Bテストに応用できるだけでなく、他の商品でLPを作成する際にも役立つからです。

また、A/Bテストをしたものの、仮説通りの効果が出ないこともあります。

いずれのパターンも誤差レベルの結果だった際は、仮説立てから見直してみてください。

A/Bテストは失敗要因を潰していく作業でもあります。

実際のA/Bテストだけでなく、仮説や改善点なども含めてPDCAを回していきましょう。

LPO対策の際にA/Bテストを成功させるコツ【StockSun式成功戦術】

A/Bテストの成功率を上げるコツを解説します。

  • CVRに影響があるポイントのみ改善する
  • 小手先のテクニックではなくユーザー目線で考える
  • A/Bテストの回数を増やす

CVRに影響があるポイントのみ改善する

A/Bテストの効果を高めるには、CVRに影響度の高いポイントを変更する必要があります。

CVRに影響する主なポイントは以下の通りです。

ファーストビュー 初見で商品の特徴やベネフィットが伝わっているか
CTAボタン ボタンの色や配置、訴求文がターゲットに最適化されているか
 登録フォーム 入力のしやすさ、入力項目の多さは適切か

ファーストビューで商品の特徴が伝わらない場合、見込み客は離脱して類似商品を販売するページに行ってしまいます。

CTAボタンが分かりにくいと、見込み客はストレスを感じてしまうでしょう。

登録フォームまでたどり着いたとしても、入力項目がたくさんならんでいたら「面倒くさい」と感じて、購入にいたらない原因になることも。

このような要素はCVRに直結する重要なポイントになります。

影響度の高いポイントを優先してA/Bテストを行いましょう。

小手先のテクニックではなくユーザー目線で考える

「ボタンは緑色がおすすめ」といったような、小手先のテクニックを目の当たりにするのはよくありません。

なぜなら、商品によってターゲットが変わるからです。

ネット上には様々なテクニックがありますが、他社の成功事例が必ずしも自社に応用できるとは限りません。ターゲットと商品の特徴を理解したうえで、最適な見せ方を模索する必要がある点を覚えておきましょう。

弊社StockSunでは、LPOの無料相談が可能です。

経験に基づいた定性的な観点から、A/Bテストの実施項目や改善点をご提案いたします。

この機会に無料でLPの改善点を確かめてみましょう。

\特典:最速で利益率150%UP!?CV率が向上するLPOの戦略をご提案/

LPOの無料相談
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

A/Bテストの回数を増やす

A/Bテストの回数自体を増やすことは、CVRを高めるうえで非常に重要です。

1年に1回よりも、1ヶ月に1回、1週間に1回などの頻度で行った方がスピーディーにLPを改善していけます。一定数のアクセスがある場合、A/Bテストの頻度を上げることで、費用対効果の高いLPを迅速に完成できるのです。

また、回数を重ねるごとに、場数を積んで的確なA/Bテストができるようになります。

仮説立てや改善点の優先順位などもつけやすくなるでしょう。

実際にご支援させていただく際も、最低でも100回ほど改善を繰り返しています。LPを含め、広告や媒体選定など、様々な要素でテストを重ねるからこそ、商品の売れ行きをアップできるのです。

LPO対策でA/Bテストを実施するとき効果検証に役立つ3つのツール【無料あり】

ここではLPO対策のA/Bテストに使えるツールを3つ紹介します。

  • Googleオプティマイズ
  • ヒートマップツール
  • 有意差判定ツール

Googleオプティマイズ

Googleオプティマイズは、Googleが提供する無料のA/Bテストツールです。

アクセス解析ツールであるGoogleアナリティクスと連携ができ、テストの結果をスムーズに分析できます。

Googleのリスティング広告を活用している方は、各ツールと連携して効果検証することも可能です。

ヒートマップツール

ヒートマップツールは、LPのどの部分がよく見られているかを分析できます。

  • ターゲットが興味を持っているポイントが分かる
  • 改善するべきポイントが見つかる

ヒートマップツールは、サーモグラフィーと同じ見た目で直感的に理解できるのがメリット。

CVRに影響するポイントが見られていないと分かれば、自然と改善策も見えてくるでしょう。

有意差判定ツール

有意差判定ツールは、A/Bテストの結果が確かなものかチェックできるツールです。

効果測定の結果によっては、誤差なのか判断しづらいケースがあります。この際、ツールを使えば、有意な差が出ているかを確認可能です。

手動で有意差を判定するよりも正確なので、適宜活用するとよいでしょう。

LPOでA/Bテストを実施した成功事例【広告費を300万円削減したStockSunの戦略】

ここでは弊社StockSunが行ったA/Bテストの成功事例を紹介します。

  • LPのCVRを2倍にして年間広告費を300万円削減した成功事例
  • テキストのA/BテストのみでCVRを0.51%アップさせた成功事例
  • 口コミに定量的な数字を用いてCVRを1.2%アップさせた成功事例
  • 登録フォームの改善でCVRを0.7%アップさせた成功事例

次の2つの動画を元に解説しています。

LPのCVRを2倍にして年間広告費を300万円削減した成功事例

LPのCVRを2倍にアップさせて、年間広告費を600万円から300万円に削減した成功事例です。

成功要因は、CTAボタンを視認性の高い色に変更したことでした。

通常、LPは同系色でまとめるのがセオリーになります。 トンマナを守ることで、LPのデザインに一貫性が出るからです。

しかし、こちらの事例の場合、LPの背景色とCTAボタンの色が似ていたため、視認性が悪く、ターゲットの目に止まりにくかった問題がありました。

LPが緑色を基調にしていたので、CTAボタンをオレンジ色に変更したところ、CVRが1%から2%に改善。

CVRが2倍になったため、広告費を半額にできたのです。

テキストのA/BテストのみでCVRを0.51%アップさせた成功事例

ファーストビューのテキストを変更しただけで、CVRを0.51%アップさせた成功事例です。

成功要因は、見込み客に対してベネフィットを提示したことでした。

商品は「ノンシリコンシャンプー」です。

  • 変更前:新登場
  • 変更後:サロン帰りのうる艶髪

変更点は上記のテキストのみでしたが、見込み客に対して明確なベネフィットを提示したことで、CVRを上げられました。

商品を知らない人に対して「新登場」と記載しても「それで?」となりがちです。

「このシャンプーを使うと、どんな髪質になれるのか?」といった、最も興味のあるポイントをファーストビューに入れたことで、CVRだけでなく、LPの離脱率の改善にもつながりました。

LPへの流入元はリスティング広告です。

リスティング広告では「髪 ごわごわ」のようなネガティブキーワードから流入があったものの、CVにつながっていない問題がありました。

そのため、商品の強みである「艶」を強調した訴求文に変えた流れです。

商品を購入するべき理由をファーストビューで伝えることを意識しました。

口コミに定量的な数字を用いてCVRを1.2%アップさせた成功事例

口コミに定量的な数字を入れたことで、CVRを1.2%アップさせた成功事例です。

成功要因は、感想ではなく効果を強く打ち出したことでした。

こちらの事例は塾のLPだったため、卒業生の口コミがCVRを左右する要素になっていました。

しかし、一般的な口コミは感想文になりがちで、塾を検討している人に対して具体的なメリットを提示できていないのです。

課題を解決するために、口コミの目立つ場所に「偏差値55→70.5」と「20.5UP」と明記しました。 その結果、CVRが1.2%アップすることができたという流れです。

登録フォームの改善でCVRを0.7%アップさせた成功事例

登録フォームを改善してCVRを0.7%アップさせた成功事例です。

成功要因は、登録フォームの住所入力の手間を最小限にしたことでした。

具体的には、郵便番号を入力すると、自動で住所が入力される仕組みを使いました。

特に高額な商品の場合、ターゲットとなるユーザーは事あるごとに購入をやめようとします。「住所の入力が面倒」→「とりあえず買わないでおこう」といったイメージです。

スムーズな購入できる導線設計を行った結果、CVRを上げられた成功事例になります。

LPOのA/Bテストに関するよくある質問

最後にLPOのA/Bテストに関するよくある疑問を解消しておきましょう。

  • LPOでA/Bテストを3パターンで行うのはよくないですか?
  • LPOのA/Bテストにはどれくらいの時間をかければいいですか?
  • LPOのA/Bテストは意味ない?

LPOでA/Bテストを3パターンで行うのはよくないですか?

A/Bテストを3パターンで行うことは問題ありません。

しかし、パターンが増えると効果検証の分析も複雑になります。 また、流入数が少ないと、正確な効果検証を行うことはできません。

はじめてA/Bテストを実行する方、もしくは不慣れな方は、2パターンでPDCAを回すのがおすすめです。

LPOのA/Bテストにはどれくらいの時間をかければいいですか?

流入数が十分にある場合は、1週間ほどの期間で効果検証ができます。

LPにそこまでアクセスが流れていないのであれば、最大1ヶ月ほどの期間を要するでしょう。

明らかに流入数が少ない場合は、LPの改善ではなく、リスティング広告のキーワード選定や、宣伝する媒体を変更するなどの施策が必要です。

また、LPのCVRを向上させる方法は、以下の記事でも解説しています。

関連記事

LPOでCVRを改善するための手順とポイントを解説!【CVR4倍!StockSun式成功事例】

LPOでCVRを改善するための手順とポイントを解説!【CVR4倍!StockSun式成功事例】

Read More

LPOのA/Bテストは意味ない?

次のやり方でA/Bテストを行うと、正確な分析ができず意味のない結果になってしまうので注意してください。

同時に複数のA/Bテストを実行する

同時にいくつものA/Bテストを実行すると、どの施策に効果があったのかを判断できなくなります。

A/Bテストを行う際は、ピンポイントの改善に絞るようにしてください。

仮説を立てずにA/Bテストを実行する

仮説を立てずにA/Bテストを行うと、思ったような効果が出ずに終わってしまいます。

「どこに問題があるのか」をツールを使って分析し、仮説を立てたうえでA/Bテストを実行しましょう。

効率的にLPOを実施するための会社選びに迷う場合は以下の記事もご確認ください。

関連記事

LPOコンサルティングにおすすめの代行会社8選|プロが厳選【2024年最新】

LPOコンサルティングにおすすめの代行会社8選|プロが厳選【2024年最新】

Read More

まとめ

LPO対策の効果検証に役立つA/Bテストは、繰り返し行ってこそ真価を発揮します。

A/Bテストのやり方は以下の通りです。

  • 改善点を明確にする
  • 仮説を立てる
  • A/Bテストを実行する
  • 統計を取って次のA/Bテストに活用する

CVRを高めるには、現状のLPを冷静に分析して課題を究明しなければなりません。

成功事例からも分かる通り、CTAボタンの色を変えただけでも、CVRが大きく変わります。的確な改善点を見つけられれば、少ない工数で大きな成果が上げられるのです。

シンプルだからこそ、奥の深いA/Bテスト。

だからこそ、テストを実行する前にどれだけ分析ができたかが、成功の鍵を握っています。

「改善するべきポイントをプロの目でチェックしてほしい」

「正しいA/Bテストのやり方をレクチャーしてほしい」

その場合は、弊社StockSunへご相談ください。

LPOはもちろん、リスティング広告の設定や媒体選びなど、貴社の予算に合った勝ち筋を提案させていただきます。

\特典:最速で利益率150%UP!?CV率が向上するLPOの戦略をご提案/

LPOの無料相談
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

関連記事

LPOにかかる費用相場を徹底解説!費用を抑えるコツもプロが直伝【最速で広告費半減!LPOの成功事例】

LPOにかかる費用相場を徹底解説!費用を抑えるコツもプロが直伝【最速で広告費半減!LPOの成功事例】

Read More

関連記事

スマホサイトのLPO施策7選!【CVR1.2%向上!StockSun式成功事例】

スマホサイトのLPO施策7選!【CVR1.2%向上!StockSun式成功事例】

Read More

関連記事

行動ターゲティングLPOとは?導入のメリット、対策のポイントを解説!【売上単月1億円!StockSunの成功事例】

行動ターゲティングLPOとは?導入のメリット、対策のポイントを解説!【売上単月1億円!StockSunの成功事例】

Read More


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。