メールで
無料相談
LINEで
無料相談

















TOP

LPOにかかる費用相場を徹底解説!費用を抑えるコツもプロが直伝【最速で広告費半減!LPOの成功事例】

更新日
LPOにかかる費用相場を徹底解説!費用を抑えるコツもプロが直伝【最速で広告費半減!LPOの成功事例】

著者

深井嵐丸

StockSun株式会社の深井です。
私は、StockSunの事業領域において、LP制作やLPO対策に特化したコンサルタントです。

「LPOの費用相場はどれくらい?」
「費用を抑えるにはどうしたらいい?」

LPOを実施しようと考えている企業の担当者の方には、以上のような悩みを抱えている方も多いでしょう。
LPOには複数の実施方法があり、それぞれかかる費用が異なるからです。
また、代行業者は料金を公開していないケースも珍しくありません。

そこで本記事では、LPOにかかる費用相場を実施方法ごとに徹底解説します。
費用を抑えつつ高い効果を得るコツや、広告費が半減したStockSunのLPOの成功事例も紹介します。

実際の事例から成果が出るLPOの施策について知れるので、CVR向上を目指している方はぜひご覧ください。

LPに課題を抱えている際は、お気軽にご相談ください。
貴社のLPを確認させていただき、経験に基づいた定性的な観点から独自の改善案をご提案いたします。
LPは、ボタン色の変更といった、すぐにできる簡単な施策を実施するだけで利益率が1.5倍になることもありますので、この機会にぜひ無料相談をご活用ください。

\特典:最速で利益率150%UP!?CV率が向上するLPOの戦略をご提案/

LPOの無料相談
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら

LPOとは【費用相場を理解する前に必要な知識】

LPOはランディングページ最適化のことです。
LPの改善をすることで、売り上げアップを目指します。

LPへの来訪者が多いにも関わらず商品が売れない場合には、LPOを行ってCVRの向上を狙っていきましょう。

LPとは

LPは、商品の購入や問い合わせにつなげるための縦長のページのことで、ランディングページとも呼ばれます。

読者のニーズに訴えかけ、購入者の口コミやよくある質問への回答などを通してアプローチします。

LPO・SEO・EFOの違い

それぞれの意味は以下の通りです。

LPO
=ランディングページ最適化
LPを改善して売り上げを伸ばす
SEO
=検索エンジン最適化
サイトの内部対策や外部対策、コンテンツの対策を実施して検索エンジンで上位表示させる
EFO
=エントリーフォーム最適化
問合せや購入フォームを改善して離脱率を防ぐ

「LPO・SEO・EFOの違い」や、「LPOとは何か」は、以下の記事で詳しく解説しています。合わせてご確認ください。

関連記事

LPO対策とは?SEO・EFO・CROとの違い、対策のポイントを解説【広告予算50%削減のマーケターが解説】

LPO対策とは?SEO・EFO・CROとの違い、対策のポイントを解説【広告予算50%削減のマーケターが解説】

Read More

LPOの費用相場【やり方別に解説】

LPOの費用相場はやり方によって異なります。
やり方別にLPOの費用相場を紹介していきます。

LPOの費用①自社で行う

自社で行う場合には、外部に支払う費用はかかりません
ただし、人件費は必要なので費用が無料というわけではないので注意してください。

自社でLPOを行う際には、ABテストなどを実施してCVRが高いLPを探っていきます。
ABテストとは、異なるLPを作成してどちらの方がクリック率が高いのかデータから判断することです。

たとえば、購入を促すボタンの色を変更したり、画像を変更したりなどして、どちらの方がCVにつながりやすいのかを検証します。

このようなLPOを実施する方法について、知見やスキルのある人材を採用する必要があります。
自社にLPOに詳しい人材がいない場合には、新たに採用したり育成したりする費用がかかることにも留意してください。

LPOの費用②ツールを利用する

LPOツールを利用する場合には、初期費用月額利用料金の2つが必要です。
それぞれの相場は以下の通りです。

  • 初期費用:10万前後
  • 月額利用料金:2〜4万

初期費用についてはクラウド型ツールの場合には無料のケースも多いです。
機能などと比較しつつコストパフォーマンスの高いツールを選ぶと良いでしょう。

具体的には、以下のような機能が搭載されたLPOツールがあります。

  • ユーザーごとに最適化されたLPを表示する
  • LP上でのユーザーの動きを分析する
  • ABテストを実施する
  • LPのUXを改善する など

関連記事

LPOツールおすすめ12選を比較解説!【失敗しない選び方とStockSun式成功事例】

LPOツールおすすめ12選を比較解説!【失敗しない選び方とStockSun式成功事例】

Read More

LPOの費用③代行業者に依頼する

LPO代行業者に依頼する場合の費用相場は以下の通りです。

  • 単発:5〜20万
  • 継続:月額10〜30万

代行業者への依頼は、実際に行う施策によって費用に大きな差が出ます
たとえば、LPに掲載する画像や動画の作成も行う場合には費用が高額になる傾向があります。

逆にレイアウトの変更など、コーディングを少し変えるだけの場合には費用が安く済みます。

提示されている料金プランに、画像や動画の作成にかかる費用が含まれていないケースもあるので、依頼前に確認するようにしてください。

関連記事

LPOコンサルティングにおすすめの代行会社8選|プロが厳選【2024年最新】

LPOコンサルティングにおすすめの代行会社8選|プロが厳選【2024年最新】

Read More

LPOを実施するメリットデメリット【費用相場別に解説】

LPOのやり方はそれぞれメリットデメリットがあります。
費用だけにとらわれず、総合的に見て自社に合う方法を実施することが重要です。

メリットデメリットを考慮した上で、それぞれのやり方がおすすめなケースは以下の通りです。

  • 自社で行う:費用の安さを重視する方
  • ツールを利用する:手軽さを重視する方
  • 代行業者に依頼する:費用対効果を重視する方

何を重視するかは人それぞれですが、LPOをやるからには高い効果を得たいものです。
効果が出て売り上げがアップすれば、LPOにかかる費用も結果的に取り返せるでしょう。

代行業者への依頼は効果が出やすく、長い目で見てコストパフォーマンスが高いのでおすすめです。

では、やり方別にメリットデメリットを見ていきましょう。

費用の安さを重視するなら①自社で行う

LPOを自社で行う場合のメリットデメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
  • 費用がかからない
  • うまくいかない可能性がある
  • 知識が必要になる
  • 手間がかかる

自社でLPOを行う場合には人件費はかかるものの、依頼料などがかからないためコストを安く抑えられます

しかし、知識がなければLPOの実施も難しいですし、実施できたとしてもうまくいかない可能性もあります。
知識を習得する時間が必要だったり、知見のある人材を確保したりする時間が必要でしょう。

また、どのLPが効果的であるかを検証するには、多くのLPを作成しデータを集めて分析する手間がかかります。
人材リソースや時間的な余裕がある場合に向いている方法です。

手軽さを重視するなら②ツールを利用する

LPOツールを利用する場合のメリットデメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
  • 手軽にできる
  • 費用がかかる
  • 知識が必要になる
  • 対応できない部分がある

ツールはLPOを実施するために必要な機能があらかじめ備えられているため、手軽にLPOができるのが魅力です。

一方でツールの利用には費用がかかりますし、機能をうまく使いこなすにはLPOの知識も必要です。

ツールによって異なりますが、対応できない範囲もあり実施できない施策があるかもしれません。
対応範囲を広げようと複数のツールを契約すれば、それだけ費用も膨れ上がります。

ある程度LPOの知識がある人材がおり、実施したい施策が限定的な場合にはツールの利用が向いているでしょう。

費用対効果を重視するなら③代行業者に依頼する

LPO代行業者に依頼するメリットデメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
  • 問題点ややるべきことが理解できる
  • 実装までしてもらえる
  • 効果が高い
  • 費用が高額になりやすい

代行業者はLPOのプロフェッショナルなので、高い効果を得られます。
「なぜその施作をしたのか」についての見解も聞けるので、現状のLPにどんな問題点があるのか、改善のために何をすべきなのかも理解できます。

また、検証でわかった結果を実装するところまで依頼でき、手間がかかりません。
人的リソースに余裕がないケースに向いています

ただ、LPO代行業者への依頼は費用が高額になりやすいため、会社選びが重要です。
複数の会社に見積もりを依頼し、比較検討することをおすすめします。

LPに課題を抱えている際は、お気軽にご相談ください。
貴社のLPを確認させていただき、経験に基づいた定性的な観点から独自の改善案をご提案いたします。
LPは、ボタン色の変更といった、すぐにできる簡単な施策を実施するだけで利益率が1.5倍になることもありますので、この機会にぜひ無料相談をご活用ください。

\特典:最速で利益率150%UP!?CV率が向上するLPOの戦略をご提案/

LPOの無料相談
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら

LPOを実施する手順と方法

LPOを実施する手順と方法を紹介します。
自社で行ったりツールを利用したりする際には、このステップに沿ってLPOを行う必要があるのでここで理解しておきましょう。

現状確認をして目的を明確にする

まずは現状のLPのアクセス解析を行います。
その上で目指すべきゴールを設定して施策を行う準備を整えてください。

データをもとに以下2点を明らかにしましょう。
具体的であればあるほど効果的な施策がしやすくなります。

  • どこに着目して改善を行うのか
  • どのくらいの数値を目指すのか

たとえば、アクセスが少ない場合にはLPへの導線を改善する必要があり、離脱率が高いなら該当箇所のコンテンツを改善する必要があります。
データから数値が悪い箇所を見つけてみてください。

仮説を立てる

見つけた問題点に対して、どう対処すれば効果が出るのかを検討しましょう。
たとえば、直帰率が高いのであればファーストビューの改善が必要だと判断できます。

  • 画像を変える
  • テキストを変える
  • レイアウトを変える

以上のように複数の観点から考えて、数値を改善する仮説を立ててみてください。

ちなみに、商材によっては、スマホ用にLPOした方が良いケースもあります。以下の記事で詳しく解説しているため、あわせてご確認ください。

関連記事

スマホサイトのLPO施策7選!【CVR1.2%向上!StockSun式成功事例】

スマホサイトのLPO施策7選!【CVR1.2%向上!StockSun式成功事例】

Read More

改善策を実施する

仮説を実施してみて、効果があるのかABテストなどで確認します。

元々のLPと改善策を施したLPでアクセス解析して、違いを確かめてみましょう。

LPOでABテストを実施する際のコツは以下の記事で解説しています。

関連記事

LPOのA/Bテストで効果検証する方法【広告費300万円削減したStockSunの戦略紹介】

LPOのA/Bテストで効果検証する方法【広告費300万円削減したStockSunの戦略紹介】

Read More

効果を検証し改善する

実施した施策に効果があったかを確認します。
効果がなかった場合には新たな改善施策を検討しましょう。
また、効果があった際は、他の改善点を洗い出し施策を検討します。
仮説はあっていても実装の仕方に問題があるケースもあれば、仮説自体が間違っているケースも。
繰り返し改善を試みることで、CV率の高いLPとなるでしょう。

費用を抑えてLPOを成功させるためのポイント【StockSun式】

費用を抑えてLPOを成功させるStockSun式の方法を3つご紹介いたします。

StockSunに無料相談する

StockSunの無料相談では、貴社のLPの問題点や改善点を明確にします。
実際の支援はご提案内容にご納得いただいてから実施するため、無料で貴社のLPに必要な具体的な施策を知れるのが魅力です。

また、貴社の予算感と目的に合わせて、利益から逆算した最善の施策をご用意いたします。
いただいたコンサル料金以上の利益を上げることをモットーとしているため、結果として最もコスパよくLPOを成功させることが可能です。

LPは、ボタン色の変更といった、すぐにできる簡単な施策を実施するだけで利益率が1.5倍になることもありますので、この機会にぜひ無料相談をご活用ください。

\特典:最速で利益率150%UP!?CV率が向上するLPOの戦略をご提案/

LPOの無料相談
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら

ノーコードサービスを活用する

ノーコードサービスを使って手軽に検証を行うと、コストカットしつつ成果の出るLPを制作できます。
動画でも取り上げていますので、あわせてご覧ください。

ノーコードとは、プログラミング言語の記述なしにコンテンツを作成することです。
コード入力の手間がないため、膨大な検証を行う際の手間を大幅に削減できます。

LPのコーディングの依頼は10万円が相場ですが、ノーコードならコーディング分の外注費用がコストカットできることになります。

ただし、ノーコードサービスはあくまで検証に向いているものであり、本格的なページの作成には不向きです。
ノーコードサービスで検証の時間とコストを抑えた上で、LPは専門家に依頼することをおすすめします。

フリーランスに外注する

フリーランスへの外注は企業より費用が安いため、コスト削減したい方におすすめです。
しかし、実績等を入念にリサーチしないと、スキルの低い人に依頼してしまうリスクがあるので注意してください。
また、中には途中で飛んでしまうようなフリーランスもいるため、人材選びが肝となるでしょう。

ちなみにStockSunの新サービス「マキトルくん」なら、月額定額で優秀なフリーランスにLPOを依頼できます。フリーランスが貴社専用のチームを作り、LPOを実施する仕組みとなっています。

「予算がないからとにかく費用を抑えたい!」場合にぜひご検討ください。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

LPOの成功事例【広告費を1/2に削減!StockSunの実績】

実際にLPOに成功し、広告費を1/2に削減できたStockSunの3つの事例をご紹介します。

以下の動画では成功事例を視覚的に理解できるので、あわせてご覧いただくことをおすすめします。

ボタンテキストの変更でCVRが0.56%UP!

ボタンテキストを変更しただけでCVRが0.56%UPした事例です。
この事例では以下3つのテキストを検証しました。

  • 「お問い合わせはこちら」→CVR1.1%
  • 「無料で相談する」→CVR1.55%
  • 「簡単1分!問い合わせはこちら」→CVR1.23%

テキストを変更するだけでCVRが0.56%UPしました。
成果が上がった要因として、ユーザーが求めているものを訴求できたことが考えられます。

  • なるべく安いものがいい
  • 簡単にできるものがいい

以上のニーズがあるからこそ「無料」「簡単1分」という文言によって、CVRの向上効果が得られたと推測できます。

そのほか、無料プレゼントのある商材で、商材の購入ではなくプレゼントの受け取りを前面に押し出すとCVRがアップした事例もありました。

これらの事例を踏まえると、ユーザー視点でテキストを組み立てると成果が出ることがわかります。
LPOを実施する際には、ぜひ取り入れてみてください。

ユーザーのニーズや属性に合わせて異なるパターンのLPを表示させる行動ターゲティングLPOという施策もあります。あわせてご確認ください。

関連記事

行動ターゲティングLPOとは?導入のメリット、対策のポイントを解説!【売上単月1億円!StockSunの成功事例】

行動ターゲティングLPOとは?導入のメリット、対策のポイントを解説!【売上単月1億円!StockSunの成功事例】

Read More

問い合わせステップの可視化でゴールを明確にしCVRが0.3%UP!

問い合わせフォームにて流れを可視化することで、CVRが0.3%アップした事例です。
問い合わせフォームの最終項目で離脱率が40%あったことから、この施策を実施しました。

問い合わせの流れが見えると、ユーザーが安心して進めるからです。
問い合わせフォームに入力中のユーザーは以下のような不安を抱えています。

  • 「あといくつ入力項目があるのかな」
  • 「変なページに飛ばされないかな」

こういった不安を流れの可視化によって解消することで、離脱率を下げCVR0.3%アップにつながりました。

今回の事例は入力項目が少ない問い合わせフォームでしたが、離脱率が高くCVRが上がらない状態でした。
問い合わせフォームのCVRをあげたい方は、問い合わせのステップを表示させてみてください。

定量的な数値を含めCVRが0.7%UP!

LPに具体的な数値を入れ込むことでCVRが0.7%UPした事例です。
わかりやすくユーザーのベネフィットを伝えられるLPになり、成果が上がりました。

この事例では保険のサービスを扱っており、サービス内容に小難しい部分がありました。
ユーザーにサービスの良さをうまく伝えられていなかったのです。

そのため、サービスの説明に加えて「サービスを利用するとどうなるかのイメージ像」をLPに入れ込む施策を実施しました。
具体的には、「保険の加入前と加入後では、年間負担が446,088円に!」という定量的な数値を入れ込んでいます。
結果としてユーザーからの理解が得られ、CVRの向上につながったと分析できます。

ユーザーはサービス内容よりも、サービスを使ったらどうなるのかを知りたがっています。
理想像に近づくために利用するサービスを選んでいるだけにすぎません。

サービス内容の説明だけでなく、定量的な数値を盛り込みながら、ユーザーにベネフィットを伝えましょう。

離脱ポップアップをブラウザバック時に表示させCVRが0.3%UP!

離脱を防止するためのポップアップを、ブラウザバック時に表示させることでCVRが0.3%UPした事例です。

離脱防止ポップアップは、サイトからユーザーが離脱しないように画面の最前面に表示する手法です。
この事例では離脱防止ポップアップを導入していたものの、タイミングを変えることでさらなる成果を目指しました。

この事例における、離脱防止ポップアップのABテスト結果は以下の通りです。

  • 20%スクロール時に表示:0.15%DOWN
  • ユーザー離脱時に表示:0.31%UP

ユーザー視点で考えると成功の要因が見えてきます。
20%スクロール時ではサービス内容の把握が十分ではない状態です。
この状態で後押しするようなポップアップが表示されてもユーザーは「まだ読んでいる途中なのに」「邪魔だな」と感じ、逆効果になることも。

一方、離脱時に表示される場合には、ユーザーがある程度サービス内容を理解している可能性が高いです。
ほかサービスとの比較をしようとサイトを離れるケースもあるでしょう。

このタイミングで「今なら〇〇円割引クーポンを利用できます」といったお得情報を表示すれば、ユーザーが「だったら利用してみようかな」という心理になり、結果としてCVRがUPしたと考えられます。

CVR向上のために実施するポップアップが逆効果にならないように、表示させるタイミングを工夫してみてください。

関連記事

LPOでCVRを改善するための手順とポイントを解説!【CVR4倍!StockSun式成功事例】

LPOでCVRを改善するための手順とポイントを解説!【CVR4倍!StockSun式成功事例】

Read More

LPOにかかる費用についてのよくある質問

LPOにかかる費用についてよくある質問2つに回答します。

費用を抑えるため自社で実施したい。LPO対策するときの注意点は?

次の4点は、最低限確認すべきでしょう。

  • ファーストビューが適切かどうか
  • 口コミやUGCが掲載されているかどうか
  • ページの読み込み速度は遅くないか
  • スマートフォンに対応しているかどうか

知識のない状態で闇雲に実施すると、リソースや人件費だけが割かれ、結果として業者に依頼するよりも費用がかかるケースが多いです。

知識のある人材がいない場合には、業者に依頼することをおすすめします。

ちなみに、StockSunの無料相談では貴社のLPに必要な施策や課題を明確にいたします。
貴社の予算に合わせて対応いたしますので、まずはご相談ください。

\特典:最速で利益率150%UP!?CV率が向上するLPOの戦略をご提案/

LPOの無料相談
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら

費用をかけてLPOを実施するのが向いているケースは?

すでにある程度の売り上げがあり、費用をかけてもCVR向上によって、さらなるリターンが得られる場合はLPOが向いています。

ある程度の売り上げがない場合には、LPよりも収益モデルの改善をする方が効果的でしょう。
逆にすでにLPを出稿しており、問い合わせや申し込みを獲得できているのなら、CVRを高めるLPOの実施がおすすめです。

StockSunの無料相談では、LPOを実施することで売り上げがあがるのか、他の方法が良いのかについてアドバイスを受けられます。
ぜひこの機会にご活用ください。

まとめ

LPOの費用は実施方法により異なるため、自社のリソースを考慮した上で選ぶことが重要です。
とは言え、高い成果を期待するなら、LPOのプロである代行業者に依頼するのがおすすめです。

代行業者への依頼でかかる費用は幅があるので、サービス内容や実績を細かくチェックした上で依頼先を選びましょう。

「どこに依頼したらいいかわからない」
「実績が豊富な企業に依頼したい」
「自社の製品やサービスに合う施策をしてほしい」

その場合は、StockSunにご相談ください。

また、貴社の予算に合わせてリターンを最大化する施策を設計するため、費用に不安がある場合でもお気軽にご相談ください。無料相談では、これまでの経験に基づき、貴社のLPの改善点を明確にご提案いたします。

\特典:最速で利益率150%UP!?CV率が向上するLPOの戦略をご提案/

LPOの無料相談
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。