メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

SNSマーケティングでよくある企業の失敗事例【これだけは避けるべき10のポイント】

更新日
SNSマーケティングでよくある企業の失敗事例【これだけは避けるべき10のポイント】

「企業のSNSマーケティングで失敗する原因に共通点はあるだろうか?」
「過去の失敗事例を参考にして、自社のSNS運用を成功させたい。」

SNSマーケティングに取り組んでいるものの、期待する成果が出ずに悩んでいる企業の方は少なくないでしょう。

企業がSNSを使って目的を達成する際、過去の失敗事例が役立ちます。

失敗要因を把握して、自社のSNS戦略を立てることが重要です。

本記事では、SNSマーケティングでよくある企業の失敗事例を紹介します。

過去の事例をもとに、効果的なSNS運用を行っていきましょう。

「SNS運用を格安でプロに依頼したい」

その場合は、月額定額5万円から経験豊富なマーケターへ依頼できる「マキトルくん」がおすすめです! コンサル料不要でSNS運用をはじめ、Web業務全般を巻き取ります。

費用対効果の高い施策をご希望の方は、ぜひマキトルくんの無料相談へお問い合わせください。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。

SNSマーケティングで失敗する7つの原因

SNSマーケティングで失敗する原因を7つに厳選しました。

  • 目標・目的が定まっていない
  • ターゲット設定が不明確
  • プラットフォームの選択が間違っている
  • KPI設定を行っていない
  • リソースが不足している
  • 悪い口コミが広まっている
  • ユーザーにメリットがない

目標・目的が定まっていない

SNS運用の目標や目的が定まっていないことが原因で、失敗している企業は少なくありません。

どの企業もSNS運用をしているから、とりあえずアカウントを作成して投稿をしている」といった方もいるでしょう。

しかし、明確なコンセプトがなければ、投稿内容がブレてしまいます。

統一感のない投稿をするアカウントは、SNSから悪い評価を受けてしまう可能性もあるのです。

ユーザーも、投稿内容がバラバラであれば興味を持ちづらいでしょう。

結果としてエンゲージメントが下がり、企業のブランドイメージも希薄になってしまいます。

ターゲット設定が不明確

ターゲットの設定ができていないままSNS運用をスタートすると、失敗する可能性が高いです。

明確なターゲット選定ができていないと、以下のような問題が生じます。

  • 見込み客に響く投稿が作成できない
  • リソースを無駄に使ってしまう
  • 競合他社の投稿内容に見劣りする

ターゲットが決まっていなければ、投稿内容や具体的な投稿内容を決めることは難しいでしょう。

SNSマーケティングに労力がかかってしまい、時間や予算などのリソースを浪費する原因になります。

ターゲット選定ができている競合他社がいた場合、不利になるはずです。

現在は個人の趣味や嗜好が多様化しつつあります。

ユーザーのニーズや興味・関心に最適化した投稿をするためには、的を絞ることが非常に重要です。

プラットフォームの選択が間違っている

プラットフォームの特性を把握せず選択を誤ると、失敗につながりやすいです。

SNSを活用する目的には以下のようなものがあるでしょう。

  • リードの獲得
  • 商品のセールス
  • 採用の問い合わせ獲得

業種や目的によって、最適なプラットフォームは変わります。

  • どのSNSがリストインしやすいか
  • 最終的なコンバージョン率が高いのはどのSNSか

上記のような要素を考慮して、自社に合ったプラットフォームを見つけるのがおすすめです。

また、投稿するコンテンツにどれだけ時間を費やせるかも、SNSのプラットフォームを選択する際の検討要素になります。

  • 動画制作ができるならYouTube
  • 画像メインならInstagram
  • テキストメインならTwitter

予算やSNS運用の目的などを照らし合わせて、自社に合ったSNSを選択しましょう。

KPI設定を行っていない

KPI(Key Performance Indicator)とは、中間目標のようなものです。

最終目標(KGI)を達成するために、複数のKPIを設定して成果を定量的に判断するために活用します。

KPIを設定せずにSNSマーケティングを行うと、以下のような問題が起きてしまうでしょう。

  • やるべきことが明確にできない
  • 効果を検証できない
  • 最適な改善方法が分からない

具体的な数字を用いたKGIがなければ、今がどんな状況でどんな改善を行うべきかが明確にできません。

  • 3ヶ月でフォロワー数を500人以上増やす
  • 1ヶ月でエンゲージメント率を20%上げる
  • 3ヶ月でSNS経由の問い合わせを50件獲得する

KPIを設定して定期的に検証・改善できる仕組みを作りましょう。

明確な数値を設定することで、失敗要因をあぶり出しやすくなります。

リソースが不足している

SNS運用に費やせるリソースが不足している場合、マーケティングに失敗する可能性が高いです。

例えば人的リソースの不足。

自社にSNS運用に適したスキルを持った人材がいない場合、ユーザーから反応を得られる投稿を作ることは難しいでしょう。

時間的リソースが不足していれば、投稿頻度が落ちたり、コンテンツの質が低下する原因になります。効果検証や分析を行うことも困難です。

予算的リソースが不足していれば、十分な施策を実行できません。 正確な効果測定や予約投稿など、SNSマーケティングに役立つツールを活用できないため、作業の手間が増えてしまう問題もあるでしょう。

効果的にSNSマーケティングを行うには、リソースの確保が不可欠です。

自社のリソースが不足している場合は、外部に委託することも検討してみてください。

悪い口コミが広まっている

SNSでの投稿内容がきっかけで、悪い口コミが拡散されてしまうケースもあります。

  • 政治的・宗教的な発言
  • 競合企業への誹謗中傷
  • 人種差別的な発言

上記のような内容は、ユーザーが不快な思いをしてしまう可能性が高いです。

企業のブランドイメージを傷つけてしまうこともあるでしょう。

個人がSNSを活用する場合、あえて過激な発信をして注目を集める「炎上マーケティング」もありますが、企業にとってはリスクでしかありません。

投稿内容を企画する際は、第三者を傷つけてしまわないか配慮するようにしてください。

関連記事

SNS集客がうまくできない?原因と改善策を大公開!

SNS集客がうまくできない?原因と改善策を大公開!

Read More

ユーザーにメリットがない

ユーザーに対してメリットがない投稿をしてしまうのも、SNSマーケティングの失敗要因になります。

  • 軽薄な情報の投稿
  • 感情が揺さぶられない投稿
  • 一方的な宣伝

このような投稿をしても、ユーザーの興味を引くことはないでしょう。

また、どんなに内容がいいコンテンツでも、パッと見た時に理解できなければ、クリックされることもありません。

  • アイキャッチ画像
  • 訴求文
  • 投稿するタイミング

上記のようなポイントを意識して、ターゲットとなるユーザーが思わずクリックしたくなるような投稿を追求しましょう。

「自社に最適なプラットフォームを検証したい」
「最短でSNSマーケティングを成功させたい」

その場合はプロのマーケターに月額定額5万円からSNS運用を委託できる「マキトルくん」をご検討ください。 貴社の課題と予算をもとに最適なプラットフォームを選定。レピュテーションリスクを考慮し、ターゲットに刺さる投稿内容をご提案させていただきます。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

SNSマーケティングでよくある企業の失敗事例10選

企業のSNSマーケティングでよくある失敗事例をまとめました。

  • 過度な自社宣伝
  • 不適切なハッシュタグの使用
  • 顧客対応の不手際
  • 不適切なコンテンツの投稿
  • インフルエンサー選定の失敗
  • 過剰な投稿
  • 複数アカウントの管理ミス
  • 偽アカウントの使用
  • オートメーションの悪用
  • プライバシーの侵害

SNSの失敗例①過度な自社宣伝

企業の失敗事例でよくあるのが、自社の宣伝ばかりしてしまうことです。

  • 自社商品をゴリ押しする投稿
  • 企業の日記のような投稿
  • スタッフ紹介

上記のような内容ばかり投稿していると、ユーザーが魅力を感じることはないでしょう。

世界中の投稿がひしめき合うSNSでは、ユーザーに対してメリットのある投稿をしなければなりません。

  • 悩みや疑問を解消する方法
  • 今日から使えるTips
  • 専門家だからこそ知っているお得情報

自社の宣伝は控えめにして、まずは上記のような投稿を心がけましょう。

SNSの失敗例②不適切なハッシュタグの使用

間違ったハッシュタグの使い方をしてしまう失敗事例も少なくありません。

  • 投稿と関係ないハッシュタグを設置
  • 人気のハッシュタグを大量に設置
  • 不快感のあるハッシュタグの設置

上記のような行為は、ユーザーに不快な印象を与える原因になります。

「商品をたくさんの人に知ってほしい」からと大量にハッシュタグを使うと、SNS慣れしたユーザーの反感を買うリスクもあるでしょう。

  • 関連性の高いハッシュタグを選定
  • 3〜5つほどのハッシュタグに厳選
  • 独自のハッシュタグを作る

適切なハッシュタグを適度に使うことで、ターゲットとなるユーザーに見つけてもらいやすくなります。

また、企業名や商品名など、独自のハッシュタグを作って投稿を積み上げていくのもよいでしょう。

SNSの失敗例③顧客対応の不手際

顧客対応が原因でSNSマーケティングに失敗する企業も少なくありません。

  • コメントへの返信が遅い
  • 問い合わせのDMを放置
  • クレーム対応の放置

上記のような対応をすると、企業イメージを壊してしまう原因になります。

SNSは情報を手軽に拡散できるため、悪い口コミが拡散されてしまうリスクもある点に注意してください。

  • コメントへ迅速に返信する
  • 企業として適切な言葉使いをする
  • サポート体制を構築する

上記のような対策を取ることが大切です。

顧客対応を怠ると炎上に発展してしまう可能性もあります。

ネガティブなコメントにも真摯に向き合って、企業イメージを壊さないようにしましょう。

SNSの失敗例④不適切なコンテンツの投稿

投稿の内容が不適切なため、ユーザーから悪い印象を持たれる失敗例もあります。

  • 下品な表現
  • 企業に関連性のない釣り表現
  • 著作権侵害

暴力的なコンテンツが含まれる投稿や、差別的なコンテンツの投稿などは企業のイメージを著しく悪くしてしまうでしょう。

「あの企業はSNSを正しく使うことすらできない」

このような情報がネット上に拡散されてしまうと、セールスはもちろん、付き合いのある業者やクライアントにも迷惑をかけるリスクがあります。

  • コンテンツの品質管理を徹底する
  • 自社でSNSのガイドラインを作成する
  • 複数名で投稿内容をチェックする

上記の対策を講じて、リスクヘッジすることが大切です。

SNSの失敗例⑤インフルエンサー選定の失敗

起用したインフルエンサーが原因で、SNSマーケティングを失敗してしまう事例もあります。

  • 過去に不祥事を起こしていたことが後に判明した
  • ターゲット層に好かれていない人を起用してしまった
  • 知名度はあるが影響力がない人を起用してしまった

上記はインフルエンサー選びでよくある失敗例です。

人気のインフルエンサーを起用して、SNS上で商品を紹介してもらっていたところ、ユーザーから過去の不祥事が暴露されてしまい、商品自体のイメージも下がってしまったといったケースも散見されます。

また、知名度はあるものの影響力が低く、費用対効果の合わないインフルエンサーもいるでしょう。

インフルエンサー選びは、自社のイメージを左右する重要な要素です。

選定する際は複数のメンバーで検討しましょう。

過去の販売実績などを提示してもらうのも、リスクヘッジになります。

SNSの失敗例⑥過剰な投稿

過剰な投稿が原因で失敗している企業も多いです。

  • 投稿がフレンドリーすぎて煙たがられる
  • 投稿頻度が多すぎてフォローを外される
  • 同じ内容の投稿が続いて飽きられる

例えば、友達口調で馴れ馴れしい投稿をしてしまうと、失礼な印象を持たれる可能性があります。

投稿頻度が多すぎる場合、ユーザーのタイムラインが自社の投稿で埋まることを嫌がられて、フォローを外されてしまう原因になりかねません。

同じ内容の投稿を連投することも同様です。

  • 時間を空けて投稿する
  • 投稿内容にバリエーションを持たせる
  • 投稿以外でコミュニケーションを取る

SNSでは投稿以外にもいいね!やコメントなどで、ユーザーとのコミュニケーションができます。

InstagramやFacebookであれば、ストーリーズを活用することも可能です。

ユーザーのタイムラインを邪魔せずに、認知度を高める戦略を取りましょう。

SNSの失敗例⑦複数アカウントの管理ミス

複数アカウントの管理ミスで、トラブルが起きてしまった失敗事例もあります。

  • 企業用のコンテンツを個人アカウントで投稿
  • 複数アカウントで同じ内容の投稿をしてしまった
  • 同じパスワードを使い回して不正アクセスにあった

例えば、ネガティブな発言を連投している裏アカウントに、企業用のコンテンツを投稿してしまうと、それに気づいたユーザーが拡散してしまうリスクがあるでしょう。

また、複数のアカウントで同じ内容の投稿をしてしまい、フォロワーから不信感を抱かれてしまう可能性もあります。

すべてのアカウントで同じパスワードを使うのも危険です。

不正アクセスによって、パスワードが盗まれてしまうと、大切なアカウントが削除されてしまうかもしれません。

パスワードの管理、投稿前のアカウントチェックなど、管理は徹底するようにしましょう。

SNSの失敗例⑧偽アカウントの使用

企業によっては、偽アカウントを使っていることがバレて問題になった失敗事例もあります。

  • 顧客を装った投稿やコメント
  • サクラレビュー
  • 個人アカウントを装って競合他社を中傷

SNSマーケティングで偽アカウントの使用がバレてしまうと、大切なフォロワーの信頼を欠いてしまいます。

場合によっては規約違反としてアカウント停止や、法的なトラブルに発展する可能性もあるでしょう。

企業のブランドイメージも壊れてしまいます。

偽アカウントを使ったステルスマーケティングではなく、正攻法でSNSを活用するようにしてください。

SNSの失敗例⑨オートメーションの悪用

オートメーションツールの使い方を間違って、SNSマーケティングに失敗した事例もあります。

  • 無差別にフォロー・いいね!をつける
  • 自動でDMを大量に送ってしまう
  • ボットのような投稿を繰り返す

自動化に役立つオートメーションツールは、SNS運用を効率化できる便利なツールです。

しかし、間違った使い方をすると、プラットフォームやユーザーからスパムと判断されてしまいます。

Instagramはツールを使ってアカウントをフォローしたり、いいね!することが禁止されている点も覚えておいてください。

各プラットフォームの規約を熟読したうえで、活用価値を検討するようにしましょう。

SNSの失敗例⓾プライバシーの侵害

プライバシーの侵害を犯してしまいSNSで問題に発展してしまった失敗例です。

  • 個人情報の不正利用
  • 第三者の投稿を無断でコピー
  • 許可なく他者のコンテンツを転載

顧客の情報や投稿を許可なく利用することは違反行為です。

場合によっては法的な問題に発展してしまうので注意してください。

複数のスタッフでSNS運用を行う場合は、自社にルールを作成し共有するとよいでしょう。

企業の信頼性を保つためにも、SNS運用のルールを徹底することが大切です。

「SNSで自社の認知度を高めたい」
「SNSの戦略設計から運用までプロに任せたい」

その場合はマキトルくんが最適です。 経験豊富なSNSマーケターが、貴社の専属チームを構築して実行支援にあたります。

効果的な施策をご希望の方は、ぜひマキトルくんの無料相談をご利用ください。

企業のSNSマーケティング成功事例3選

ここでは、有名企業のSNSマーケティングの成功事例を3つ紹介します。

  • ドミノピザ:Facebook
  • コクヨ:Instagram
  • ローソン:Twitter

ドミノピザ:Facebook

ドミノピザはFacebookを活用したSNSマーケティングで成果を出しています。

成功要因はピザの魅力を自然な形で発信したことです。

  • 主婦層をターゲットに選定
  • 夕食を作る大変さに共感
  • 持ち帰りピザの写真や動画をアップ

「ご飯作りたくない時だってそりゃあるさ。人間だもの。」と、主婦層の気持ちに共感するコメントを添えたことで、売上を伸ばしました。

また、持ち帰り半額キャンペーンを併用して、デリバリーコストを省くことにも成功しています。

ターゲット選定と共感性の高いコメントが効いた成功事例です。

関連記事

Facebook集客は今からでもやるべき!メリットとデメリット!【StockSunが集客成功の秘訣を解説】

Facebook集客は今からでもやるべき!メリットとデメリット!【StockSunが集客成功の秘訣を解説】

Read More

コクヨ:Instagram

文房具でお馴染みのコクヨは、Instagramを使ったSNSマーケティングで12万人以上のフォロワーを獲得しています。

成功要因は、画像と動画で商品の魅力を分かりやすく伝えていることです。

  • 10枚の画像と動画で商品の細部まで伝えることに成功
  • 商品の特徴や仕様をテキストで解説
  • 文房具の紹介に特化してファンを獲得

文房具好きをターゲットにした戦略で、多くのファンを獲得しています。

説明文がテンプレート化されているため、長文でも読み進めやすいです。

文具メーカーの強みを活かしたSNS戦略が参考になります。

企業がInstagramを運用する際に必要なノウハウ・知見は、次の記事で全て公開しています。

Instagramに特化したコンサルタントの富田が、他のサイトの記事にはないInstagramマーケティングを完全攻略できる貴重な内容をまとめているため、あわせてご確認ください。

関連記事

Instagram運用のノウハウを全公開【Instagramマーケティングを完全攻略!StockSunのマーケターが網羅的に解説】

Instagram運用のノウハウを全公開【Instagramマーケティングを完全攻略!StockSunのマーケターが網羅的に解説】

Read More

ローソン:Twitter

ローソンはTwitterを使ったSNSマーケティングで770万人以上のフォロワーを獲得しています。

成功要因は「SNSでシェアされることを目的とした企画開発」です。

  • リツイートしたくなるコラボ商品
  • フォロー&リツイートで無料券配布
  • 商品の便利な使い方

上記のようなマーケティングを行い、膨大なフォロワーの獲得に成功しています。

Twitterの特性を徹底理解したうえで戦略を立てていることがよく分かる成功事例です。

Twitterの運用代行を検討しているときには、以下の記事が参考になります。

関連記事

Twitter運用代行とは? 成功へ導くポイントと注意点

Twitter運用代行とは? 成功へ導くポイントと注意点

Read More

SNSマーケティングを成功させるためにやるべきこと

失敗事例と成功事例を理解したところで、SNSマーケティングを成功させるためにやるべきことを3つお届けします。

  • アカウントのコンセプトを明確にする
  • PDCAを回す
  • 広告を使う

アカウントのコンセプトを明確にする

第一にやるべきなのは、アカウントのコンセプトを決めることです。

  • SNS運用の目的を定める
  • ターゲットを選定する
  • 企業イメージに合わせた投稿内容を企画

以下で詳しく解説します。

SNS運用の目的を定める

SNSマーケティングを行う目的を決める工程です。

  • 商品の販売促進
  • 自社の認知度アップ
  • ブランドイメージの向上
  • 問い合わせ獲得
  • 採用ブランディング

上記のようなイメージで、どのような目的でSNSを活用するのか決定しましょう。

ターゲットを選定する

どのような層にリーチしたいのかを決定します。

以下にターゲット選定の例をあげてみました。

【アパレルブランドのターゲット選定例】

  • 性別:女性
  • 年齢層:20代後半〜30代前半
  • 居住地:地方都市在住
  • 収入:年収300万円
  • 職業:オフィス勤務
  • 趣味:ファッションに関心が高く、自分なりのスタイルを求めている
  • SNS利用状況:Instagramをメインに利用しており、ファッション関連のアカウントをフォローしている

できるだけ細かいターゲット選定をしておけば、投稿内容を考える際に役立ちます。

身近にターゲットに最適な人物がいる場合は、その方をイメージしてみるのもよいでしょう。

企業イメージに合わせた投稿内容を企画

SNSの運用目的とターゲット選定ができたら、企業イメージに合った投稿内容を企画します。

ユーザーに役立つ情報やお得なキャンペーンなど、反応率がよさそうなテーマをブレインダンプしていきましょう。

競合他社の投稿内容を参考にすることも大切です。 投稿する時間帯やコンテンツのテイストなども細かく分析しましょう。

PDCAを回す

SNS運用を始めたら、効果検証と改善を繰り返していきます。

PDCAの例を以下にまとめました。

意味
Plan:計画 ・コンテンツの投稿内容
・KPI
・ターゲット選定
Do:実行 ・コンテンツの投稿
・ターゲットとコミュニケーション
Check:評価 ・行動をレビュー
・KPIをもとに進捗状況を評価
Act:改善 ・改善点のあぶり出し
・アクションプランをリストアップ

計画→実行→評価→改善のサイクルを繰り返すことで、ターゲットを惹きつけるアカウントに育てていくイメージです。

SNSは様々な要素が絡んでいるため、どんなに緻密に計画を立てても進路変更が必要になります。

適宜KPIを見直す必要もあるでしょう。

まずは仮説を立てて、実際に実行して効果を検証してみてください。

エンゲージメント率やフォロワーの伸び方などを分析して、改善を繰り返していきましょう。

広告を使う

SNS広告を活用することで、ターゲットにリーチする方法もあります。

広告を使うメリットは以下の通りです。

  • 配信するターゲットを細かく設定できる
  • その他の媒体と比較してシェアされやすい
  • 取得したデータをマーケティングに活用できる

SNSは本人確認ができていることから、年齢や性別などの細かなターゲティング機能が使えます。

シェアボタンやリツイートなど、拡散されやすいのもSNS広告のメリットです。

取得したデータをもとに、ターゲットが好む投稿内容を分析することもできるでしょう。

配信形態も各プラットフォームで様々なものが用意されています。

SNS 広告の配信形態
Facebook リンク広告、キャンペーン広告、コンバージョン広告、リターゲティング広告、ダイナミック広告など
Instagram リンク広告、ストーリーズ広告、写真広告、ビデオ広告、キャンペーン広告、リターゲティング広告など
Twitter プロモーション広告、アプリインストール広告、動画広告、リマーケティング広告、カード型広告など
TikTok リップシンク広告、インフルエンサー広告、ブランド効果広告、トップビューワー広告、トップファン広告など
YouTube インストリーム広告、バンパー広告、アウトストリーム広告、ディスカバリーアド、スキップ可能広告、非スキップ広告など

新商品や自社ECの認知度アップなど、目的に合わせてSNS広告を活用することも検討してみてください。

SNSマーケティングを成功させるコツは、以下の記事でも解説しています。

関連記事

「SNSマーケティング」は効果が絶大!その特徴やメリット・デメリットを紹介します。

「SNSマーケティング」は効果が絶大!その特徴やメリット・デメリットを紹介します。

Read More

SNS運用で失敗したくない方は「マキトルくん」がおすすめ!

「SNSマーケティングの費用対効果を最大化したい」
「知識と経験のある人に自社のSNS運用を丸投げしたい」

そのような場合は、月額定額5万円から優秀なマーケターに業務を委託できるマキトルくんが最適です!

マキトルくんはWebコンサル会社である弊社StockSunが立ち上げた新サービス。

「コンサルを依頼したいけど、高額な費用を払うことはできない」といった声から生まれました。

ここではマキトルくんをSNS運用に活用するメリットを3つ紹介させていただきます。

  • コンサル料不要!格安でSNS運用を依頼できる
  • SNS運用をはじめ様々な施策を依頼できる
  • 上位20%の優秀な人材に依頼できる

コンサル料不要!格安でSNS運用を依頼できる

Webコンサル会社に依頼したいものの、月々のコンサル料がかかる点から見合わせていた方も多いでしょう。

この問題を解決するために、マキトルくんではコンサル料不要で月額定額制のサービスにしました。

すべて実行費にあてられるので、効果的な予算の使い方ができます。

月額料金は5万円から。

格安で社外チームを構築できます。 自社に専門知識のある人材を育成するよりも、迅速かつ低コストで施策を実行可能です。

SNS運用をはじめ様々な施策を依頼できる

マキトルくんというサービス名は「Web業務全般を巻き取る!」というコンセプトのもと生まれました。

SNS運用と合わせて、以下のような施策も依頼したいと考えたことはないでしょうか。

  • SEO対策
  • 広告運用
  • LP制作
  • EC運営
  • LINEやメルマガの運用

マキトルくんなら上記すべての施策を、各分野に精通したプロに依頼できます。

現在、いくつかの外注先へ委託している方は、マキトルくんに業務を集約することで、支出やコミュニケーションコストを削減可能です。

すべての業務をStockSunのチームが受け持つことで、情報の共有がしやすくなり、迅速に施策を実行できるようになります。

上位20%の優秀な人材に依頼できる

業務を担当するのは、StockSunが抱える2,000名以上のフリーランスの上位20%の人材に厳選しています。

専門スキルを持ったフリーランスを、施策内容によって自由に組み合わせられるため、貴社の専属チームを構築できるのです。

また、フリーランスと貴社の間にディレクターが入ります。

複数名のフリーランスと直接やりとりする必要はありません。 ヒアリング能力に優れたディレクターが、貴社のリクエストをフリーランスに伝達させていただきます。

  • どんな投稿内容にするべきか
  • 予算内でSNS運用以外にできる施策はないか
  • 最新のトレンドに合った戦略設計はあるか

専門知識を持ったプロがチームになって意見を出し合い、貴社の課題解決に貢献いたします。

格安で効果的な施策を実行したい方は、ぜひマキトルくんの無料相談へお問い合わせください。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

まとめ

企業がSNSマーケティングを行う際は、投稿内容やターゲット選定など、考慮すべきポイントがたくさんあります。

SNSのユーザーは、お役立ち情報や面白い投稿を求めているものです。

宣伝色が強かったり、差別的な投稿をすると炎上してしまうリスクがあります。企業イメージを高めながら、ターゲットに刺さる投稿をするのは簡単なことではありません。

事前にコンセプトを定めたうえで、戦略設計を行い計画的にSNSを運用していくことが大切です。

「失敗事例と同じミスを犯して企業イメージを下げたくない」

そのような場合は、月額定額でWeb業務全般を依頼できるマキトルくんをご利用ください。 貴社の課題と予算をヒアリングした後、費用対効果の高い施策をご提案させていただきます。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。