メールで
無料相談
LINEで
無料相談

















TOP

SNS集客がうまくできない?原因と改善策を大公開!

SNSはビジネスにおいて、重要なツールと言えます。企業はSNSを集客目的で活用するケースが増えているためです。
帝国データバンクの調査によると、企業の「40.8%」が社外に向けてSNSを活用しています。特に一般消費者向けビジネスを展開するBtoC企業においては「70%超」の割合です。
しかしSNSでの集客で、思うような効果が出せていない場合も多くあるでしょう。SNSを効果的に活用することができれば、大きな利益につながる可能性があります。SNSを効果的に活用し、集客効果を高めることは重要な要素となるでしょう。
この記事では、SNSの集客が効率良くいかない原因、改善方法などについて紹介します。
参考記事:帝国データバンク「企業におけるSNSのビジネス活用動向アンケート(2023)

なお、弊社StockSunでは、格安でSNSの集客をはじめとするWeb集客全般の施策を依頼できる「マキトルくん」というサービスを提供しています。
月5万円からの定額サービスになっているので、Web施策を通じて効果的に、最小限のコストで売上を最大化させたい方に最適です。

最小限のコストで迅速に結果を出したい方は、ぜひマキトルくんの利用をご検討ください。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。

SNS集客ができない原因は?

企業の集客ツールとして、SNSを利用することは有効な手段となります。スマートフォンの普及に伴い、SNSを利用するユーザーが増えているためです。
個人のSNS利用としては、13歳〜39歳は「約9割」、40歳〜59歳は「約8割」、全年齢層を通じて見ると「約8割」の利用状況となっています。
しかしSNS集客が効率良くいかない場合も多くあるでしょう。ここでは、SNS集客が効率良くいかない原因について紹介します。
参考記事:総務省「令和4年通信利用動向調査の結果(Page-4)

顧客ターゲットの絞り込みが甘い

企業が顧客とするターゲット層を絞り込めていない場合、集客が効率よくいかないと言えるでしょう。例えば職業、居住地、性別、趣味、悩み、興味、などの属性による絞り込みです。
ターゲット層を絞り込めていないとSNSに投稿してもターゲット層の興味を引くことができないため、効果がありません。ターゲット層の必要としている情報をSNSに投稿する必要があります。
ターゲット層がどのような情報を必要としているのかを明確にするためには、ターゲット層の絞り込みが重要です。どのようなユーザーをターゲットするのかを具体的に設定し、そのターゲットが必要な情報をSNSに投稿するのが良い方法となるでしょう。

投稿内容がユーザーの興味を引かない

SNSへの投稿数や投稿頻度を増やしても、集客が効率良くいかない場合があります。これは投稿の内容に問題がある可能性が高いでしょう。
ユーザーの興味を引いたり、共感が得られるような内容をSNSに投稿したりすることが必要です。
ユーザーがSNSを使う場面を分析すると、仕事の合間ではなく休憩時間や暇な時間に利用していることが多くあります。休憩時間では、頭を使って考えることは通常しません。考える要素が少ない情報であることが重要です。
そのため、SNSの投稿は視覚的に短時間で理解できる内容、共感できる内容にする必要があります。有益な情報が詰まった膨大なプレゼンテーションなどは、SNSには不向きと言えるでしょう。

相互コミュニケーションが乏しい

SNSは、一方向のコミュニケーションツールではありません。双方向に情報をやり取りすることが可能です。投稿内容に対してフォロワーからメッセージやコメントなどの応答が書き込まれたり、応答に対して返信したりします。
ユーザーへの返信を迅速に行うことで、信頼関係を構築していくことが重要です。それによって、ユーザーの購買意欲や来店意欲を高めることにつながるでしょう。

適切なツールや機能を活用していない

SNSには、さまざまな機能が搭載されています。例えば、ライブ配信やハッシュタグなどの機能です。SNSで集客を行う場合、それらの機能を有効活用することが重要と言えるでしょう。
これらの機能を理解した上で、集客に活かすことが大切です。

更新頻度が不十分で見込み客への訴求力が低い

SNS投稿の更新頻度は、重要な要素です。SNSを集客に活用する場合、1日に1回は投稿するのが望ましいでしょう。SNSの更新頻度が少ないと、最新情報を取得したいと考えているユーザーが離れてしまう可能性があります。また新規のフォロワーを取り込むことも難しくなると言えるでしょう。
次々に新しい情報が出てくる昨今においては、更新頻度が低いと新しい情報に埋もれてしまうことも考えられます。ユーザーに興味を持ち続けてもらうためには、頻度の高い更新が重要になると言えるでしょう。
また更新頻度以外にも、ユーザーへの訴求力のある投稿内容が重要です。ターゲット層にあっていない投稿内容だった場合は、集客にはつながりません。ユーザーのニーズを把握し、それに合わせた内容を提供することが大切です。

SNS集客の改善策

オンラインで集客をする場合、SNSを利用することは有効な手段です。ここでは、SNS集客がうまくいっていない場合の改善策について紹介します。

ターゲットユーザーの特徴を洗い出す

どのような顧客をターゲットにするのかを、明確に決めることが重要です。ターゲットが明確になっていない場合、投稿内容やコンテンツの効果を発揮することができません。ユーザーが欲しいと思っている情報を提供できないため、ユーザーが離れてしまう可能性も出てしまうでしょう。
ターゲットユーザーの特徴を洗い出し、具体的に設定することで、SNSを効果的に活用することができます。ターゲットユーザーに商品の特徴を訴求する場合、掘り下げやすくなるでしょう。また商品のアピールポイントや魅力も伝えやすくなります。
ターゲットユーザーの特徴を洗い出し、具体的に設定することで、ユーザーに対してピンポイントに届く内容を発信することが可能となるでしょう。

SNSグラムなどのハッシュタグ機能を活用

SNSグラムを集客に利用する場合、写真を投稿するだけでは効果はありません。ハッシュタグを活用することが、重要と言えるでしょう。
ハッシュタグとは、投稿した内容をいろいろなキーワードで検索できるようにするためのラベルです。例えば「#ケーキ」のようにキーワードとなる言葉の頭に「#」を付けることで、ハッシュタグを設定できます。ハッシュタグはSNSグラムだけでなく、LINE、Facebook、X(旧Twitter)など多くのSNSで使われている仕組みです。
ハッシュタグを付ける場合、ターゲットとしているジャンルで人気のある投稿を分析し、真似することが効果的となります。人気のある投稿を分析することで、ユーザーのニーズを把握することが可能となるでしょう。

ハッシュタグを使った検索には、次のような特徴があります。

  • 検索結果は完全一致したものを表示
  • ハッシュタグは複数同時に検索できない
  • テキスト文章にハッシュタグと同じ文言が使用されていても検索対象にはならない

ハッシュタグを活用することで、集客数や閲覧数を高めることが可能となります。

画像や動画を駆使したビジュアル重視の投稿

SNSでは動画や画像を使った投稿が可能です。例えば、サービスや商品のプロモーションなどに関連した動画を投稿するなどの方法になります。
SNSグラムで動画を投稿する場合、最大60秒まで可能です。X(旧Twitter)の場合は、最大で140秒になります。SNS集客で動画を活用する場合、注意すべきポイントは次の通りです。

注意すべきポイント 説明
ビジネス色を出しすぎない 動画の目的は集客です。企業のサービスや商品を知ってもらい、購入してもらうことになります。しかしサービスや商品の説明ばかりでは、ユーザーの興味を引くことはできません。動画には「美しさ」「面白さ」など、コンテンツとしての魅力が必要となります。

ビジネス色が出すぎないようにすることが大切です。

拡散を意識する ユーザーの興味を引いたり、面白いと感じてもらえたりする動画だった場合、SNS上で自然に広がっていきます。拡散することを「バイラル現象」と言います。バイラルな動画を投稿することが集客につながると言えるでしょう。
共感を意識する ユーザーは共感する動画に反応します。共感を得るには、人間の五感や喜怒哀楽に訴えかけることです。
インパクト重視 SNSでの投稿は川の流れのように、次々と新しいものが表示されて古いものは埋もれていきます。そのためユーザーの印象に残るインパクトの強い動画にすることが重要です。投稿できる動画の時間は決まっているため、短い時間でインパクトの強い動画にすることが大切となります。
賛否両論になるような内容 ユーザーの記憶に残るように、賛否両論の議論が生まれるような動画内容を意識するのが良いでしょう。注目を集め、集客につながるためです。しかし過激すぎると炎上してしまうため、バランスを意識する必要があります。

固定ファンを増やす

SNS集客で重要な要素の一つとしては、長期的に利用したり支援したりする既存のユーザーを持つことです。商品やサービスの「ファン」を作ることを意味しています。
ファンとは、つながりの深いユーザーのことです。一般のユーザーをつながりの深いユーザーにするための「ファン化」が重要となります。
ユーザーを「ファン化」することができれば、商品やサービスの「支援者」「愛好家」になってもらうことが可能です。ファン化することで、たとえ他に良い商品を見つけたとしても、長く既存の商品を使い続けてもらえる可能性が高まります。
ビジネスでは、売上の「8割」が既存ユーザーの「2割」で支えられているという考え方が可能です。これをパレートの法則と言います。
参考記事:
TOSHI DIGITAL「ファン化とは?顧客と長く深い関係を築くための3つのポイント
野村総合研究所(NRI)「パレートの法則

既存ユーザーの「2割」とはファンのことを指しているので、ファン化は売上を延ばすためには重要な要素と言えるでしょう。ファン化するための重要ポイントは次の通りです。

ファン化の重要ポイント 説明
顧客満足度の向上 商品やサービスを利用するユーザーが期待している要素を洗い出し、実現することが重要です。ユーザーの満足度を向上させることができれば、ファン化する可能性が高まると言えます。
細かい施策 ユーザーは商品やサービスが「自分に合っている」と感じることで、信頼感や満足感を得られます。そのためには、ユーザー一人ひとりと良い関係を築くことが重要です。ユーザーのデータを分析し、有効な施策を行うことが大切となります。
ユーザーの共感を得る ユーザーは企業に対して共感を得ることで、熱烈なファンになる可能性があります。例えば企業のスタンスや社会活動の内容、発信するメッセージなどです。またユーザーと企業の距離を近づけることも重要な方法となります。例えば新商品の開発にユーザーの声を反映するという企画があった場合、商品開発に携わったユーザーは作り手側の一員として商品を支えている気持ちになるでしょう。この意識が「ファン化」につながっていきます。

ユーザーがファン化することで、次のようなメリットがもたらされます。

  • 商品やサービスのリピーターとして再購入してもらえる
  • 他のユーザーに商品やサービスを広めてもらえる
  • 口コミなどで高評価をつけてくれる
  • 高単価の商品の購入も期待できる
  • 価格競争から脱却することが可能となる

成功事例やおすすめサービスなどを発信する投稿

SNSでユーザーの欲しい情報を発信することが重要です。例えば役立つ情報であったり、成功事例であったり、おすすめサービスの紹介であったりします。
ユーザーが、SNSの投稿を見ることで得られるメリットを重視した方法です。多くのユーザーが投稿を見ることでメリットが得られると感じた場合、集客が可能となるでしょう。
ユーザーに対して有益な情報を発信することで、アカウントを認知してもらいフォロワーになってもらうことが大切です。

SNS以外の集客方法も取り入れて効果を最大化!

SNSは費用を掛けずに始められたり、ユーザーとの関係性を構築できたりするため、集客には有効な手段です。しかしデメリットも考えられ、次のような内容になります。

  • 炎上する可能性がある
  • 反応を気にしすぎて精神的な負担となる
  • 細かい運用が手間に感じる
  • 半永久的に投稿を継続する必要がある

SNS以外のもので集客することは可能です。ここではSNS以外の集客方法について紹介します。

ホームページやブログでのSEO対策を実施

新規ユーザーを獲得するためには、Web上の検索エンジンでWebサイトを上位表示させることです。ブログやホームページなどに検索されやすい記事を設置し、ユーザーに閲覧してもらい商品やサービスを宣伝する方法になります。
即効性は無いのですが集客が安定してきた場合、ブログやホームページは放置状態でも効果が出るでしょう。
検索エンジンでブログやホームページなどのWebサイトを上位表示させるためには、SEO(Search Engine Optimization)対策が重要です。SEO対策とは、検索エンジンでWebサイトを上位表示させるための手法となり、例えば以下のような方法になります。

主なSEO対策 説明
内部施策 Webサイトの中身を整理したり改善したりして、検索エンジンに情報を伝えやすくする方法です。
外部施策 外部リンクと呼ばれる、外部のWebサイトから自身のWebサイトへのリンクを獲得する方法です。外部リンクが多く存在する場合、自身のWebサイトが高評価を得ていると判断されます。
コンテンツSEO 高品質なコンテンツを制作する方法です。高品質とは、ユーザーのニーズにあった内容になります。ユーザーの抱えている疑問や課題などが、Webサイトを見ることで解決するという形です。

メールマーケティングによる顧客囲い込み

ユーザーのリストが存在している場合、それぞれのユーザーに対してメールマーケティングを実施する方法です。メールマーケティングとは、ユーザーに向けてメールを発信して関係を深めていく方法になります。メールマーケティングにはいくつかの種類が存在している状況です。

メールマガジン

あらかじめ登録しているユーザーに対して、定期的に企業のメールマガジンを配信する方法です。同じ内容を登録ユーザーに配信するため、すべてのユーザーにメリットのある情報を掲載する必要があります。サービスや商品の「重要なお知らせ」「キャンペーン情報」「新製品の情報」などです。
メールマガジンを活用することで、顧客との関係性を強化することが可能となるでしょう。

メール広告

メール広告は、メール内に貼り付けられた広告のことです。例えばメールマガジンの文章の間やヘッダー部、フッター部などに配置されます。またはメールが丸ごと広告になっているタイプも存在している状況です。
送信先のターゲットにあった広告を設置することが可能となります。しかし、スパムメール扱いとなったりユーザー環境によっては広告画像がうまく表示されなかったりすることもあるので注意が必要です。

ステップメール

ユーザーのアクションやユーザーの検討状況に応じて、あらかじめメールを準備しておき、必要なタイミングで自動配信する方法です。
例えば、企業のWebサイトからカタログを取得したユーザーに対して、次のアクションを促すためのメールを配信する方法となります。

  1. ユーザーがカタログをダウンロード
  2. ダウンロードについてのお礼メール
  3. サービスや商品の導入事例紹介メール
  4. キャンペーン案内メール

セグメントメール

ユーザーを一定の条件でセグメント分けし、それぞれのセグメントに対して要求されている情報をメールで配信する方法です。例えば、ユーザーの業種、性別、年齢層などでセグメント分けを行います。
あらかじめ複数のメールを準備しておき、それぞれのセグメントにあったものを選んでいくのが効率良い方法です。
セグメントメールは、配信先のユーザーを絞り込んでいるため、ユーザーにとって有益な情報となります。そのためメールのクリック率や開封率が高い傾向です。

休眠ユーザー発掘メール

動きのないユーザーに対して、一定期間経過したころにアクションを促すメールのことです。今まで送付したメールには興味がないことが考えられるため、違った内容を意識してメールコンテンツを制作する必要があります。
休眠メールに反応が返ってきた場合、ステップメールやセグメントメールを活用していく形が良いでしょう。

オフラインイベントでの宣伝活動

オフラインイベントとは、インターネットを利用せずに集客する方法です。例えば、ダイレクトメール、新聞折り込み、ポスティング、マスメディアの利用、駅看板などになります。オンライン集客とオフライン集客を組み合わせることで、効果を見込むことが可能です。オフラインイベントには、主に次のような種類があります。

主なオフラインイベント 説明
イベント開催 ユーザーを集めてイベントを開催する方法です。自社のサービスや商品をユーザーに紹介したり、対面することで信頼感を高めたりすることが可能です。

例えば不動産業界の場合だと「住宅ローンセミナー」「展示会」などになります。来場特典を用意しておけば、多くの人に来場してもらえる可能性が高まるでしょう。

ダイレクトハンド 通行人に広告入りのティッシュや、商品の試供品を直接手渡しで配ることです。ティッシュは気軽に受け取ってもらえるため、不特定多数の人に宣伝することが可能となります。
電車内の中刷り広告 バスや電車内の中刷りポスターや広告、扉近くのステッカー、デジタルモニターなどで、利用者に宣伝する方法です。サービスや商品の認知拡大の効果が高いと言えます。
駅看板やのぼり 駅など一目につきやすい場所に看板やのぼりを設置する方法です。デジタル式の看板などもあり、定期的に違うデザインを表示することができます。また長期間設置することで、通行人の記憶に刷り込むことが可能と言えるでしょう。
地域紙の広告 地域限定で配っている新聞や雑誌、フリーペーパーなどの広告に出稿する方法です。特集されている記事に連動した内容の広告を選択することで、注目度が高まる可能性があります。またクーポンなどの特典を付けることで、ユーザーを誘導することが可能です。
テレビCM テレビCMに出稿する方法です。マスメディアの影響はたかいため、認知度拡大やブランディングに最適と言えます。ただし高額な費用がかかる点に注意が必要です。
ダイレクトメール(DM) ユーザーの住所に直接はがきや印刷物を送付する方法です。顧客一人一人に通知する目的で、カタログやはがきを使って限定クーポンやキャンペーン情報を伝えます。ユーザーごとに提示する情報を変更することができるため、要望に沿ったものを提案することが可能です。
FAXを利用したDM ダイレクトメールをFAXで行う方法です。FAXを持っている家庭は少ないため、主に企業や法人向けの手段となります。
新聞チラシ 新聞の折り込みチラシで宣伝する方法です。新聞の購読率は、高齢者層が高い状況です。そのため高齢者層に向けた宣伝を行うことができます。例えば小売店やスーパーの特売情報など、即効性が必要な場合に有効活用が可能です。
ポスティング マンションや一軒家など、建物の郵便受けに広告を配布する方法です。地元に特化した情報を掲載することで効果が期待できます。

SNSの集客ならマキトルくんがおすすめ!

「効果的なSNSの集客の料金を抑えて依頼したい」
「でも質の高い広告代理店を探す自信や時間がない」

こうした方におすすめしたいのが、月額5万円からご依頼いただける「マキトルくん」です。

Webコンサル会社であり、実績豊富なフリーランス集団であるStockSunだからこそできる費用対効果の高いサービスになっています。

ここでは、SNSの集客においてマキトルくんを活用するメリットを3つご紹介させてください。

  • 月5万円から優秀なフリーランスにSNSの集客を依頼できる
  • SNSの集客全般の実行支援に対応
  • 外注を一本化できるためコスト削減につながる

月5万円から優秀なフリーランスにSNSの集客を依頼できる

マキトルくんでは、月額定額5万円より優秀なフリーランスにSNSの集客を依頼できます。

コンサル料がかからないため、「優秀なプロに依頼したいものの、高額な費用を支払う予算がない」といった企業にも安心してご利用いただけます。

また、SNSの集客を担当するのは、StockSunに在籍する2,000名以上のフリーランスの中から、上位20%の優秀な人材に厳選しております。自社で優秀な人材を探す手間がかかりません。

  • SNSの集客スキル
  • コミュニケーションスキル
  • 目的の達成意識

上記の要素を備えたフリーランスだけをアサインいたしますので、高クオリティーなSNSの集客が可能です。

Webマーケティング全般の実行支援に対応

マキトルくんでは、Webマーケティング全般の実行支援を月額定額制で依頼いただけます。

  • SNSの集客を内製化したい
  • コンバージョン率の高いSNSの集客したい
  • SNSの集客だけでなくSNS運用やLP制作なども任せたい

上記のようなニーズにも柔軟に対応可能です。

まず貴社のニーズ・課題を丁寧にヒアリングした後で、最適なご提案をさせていただきます。施策の内容が決定したら、次に必要な人材を集めて独自のチームを構築し、業務に取り掛かっていく流れです。

「とはいえ、複数のフリーランスを集めたら連絡を取り合うのが面倒そう」

この問題を未然に防ぐために、マキトルくんでは専属のディレクターが貴社とフリーランスの間に入ります。ヒアリング能力の高いディレクターが担当いたしますので、コミュニケーションコストを最小限にすることが可能です。

外注を一本化できるためコスト削減につながる

現在、複数の外注先に業務を委託している場合、マキトルくんに外注を一本化すればコストを削減できます。これまで個別に発生していた固定費をまとめるだけでも、支出を最小限にできるでしょう。

マキトルくんに一本化した場合、チーム内で綿密にコミュニケーションを取ることが可能です。それぞれの担当者が成功事例・進捗状況を共有しながら、スピーディーかつ費用対効果の高い施策を実行できます。

最小限のコストでスピーディーにSNSの集客を依頼したい方は、ぜひマキトルくんの無料相談へお問い合わせください。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

まとめ

この記事ではSNSの集客がうまくいかない原因、改善方法などについて紹介しました。インターネットやスマートフォンが普及している昨今においては、SNSを活用した集客は効果的な方法と言えます。
しかしSNSを活用しても効果が出ていないというケースも少なくありません。この記事で紹介した集客できない原因を参考にして自社の原因を調査し、改善策を検討していくのが良いでしょう。
またSNS集客と合わせて、オフラインでの集客も実施すれば効果的です。オフラインの集客方法にはいくつも種類があるため、自社にあったものを選ぶのが良いでしょう。

なお、弊社StockSunでは、格安でSNSの集客をはじめとするWeb集客全般の施策を依頼できる「マキトルくん」というサービスを提供しています。
月5万円からの定額サービスになっているので、Web施策を通じて効果的に、最小限のコストで売上を最大化させたい方に最適です。

最小限のコストで迅速に結果を出したい方は、ぜひマキトルくんの利用をご検討ください。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。