メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

弁護士におすすめのマーケティング方法7選【集客のコツとStockSunの成功事例】

「法律事務所を開設したけど新規顧客を獲得するのが難しい」
「マーケティングが重要って聞いたけど、どんなアプローチが効果的なんだろう?」

昨今の弁護士業界は「弁護士が増えているが依頼件数は減っている」といった状況になっています。

需要と供給のバランスが崩れたことで、営業に力を入れざるを得ないのが現状です。しかし、営業活動に慣れていない弁護士は少なくありません。営業活動ばかりに時間を取られて、業務にリソースを避けないと悩んでいる方もたくさんいます。

このような課題を解決するのに役立つのがマーケティングです。

本記事では、弁護士におすすめのマーケティング方法を7つ紹介します。

弊社StockSunには、弁護士の集客戦略を得意とするマーケターが多数在籍しています。現状の課題をヒアリングした後、数あるマーケティング方法の中から、予算内で費用対効果の高い施策を提案いたします。

集客を仕組み化して業務に集中したい方は、お気軽に無料相談フォームよりお問い合わせください。

特典:問合せ月60件超を達成したStockSun式戦略・戦術をご提案

Webマーケティングについて相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

弁護士の集客にマーケティングが必要な理由

弁護士の集客にマーケティングが必要な理由は以下の通りです。

  • 差別化や独自性の強化
  • 顧客行動の変化
  • デジタル化への対応

差別化や独自性の強化

弁護士が集客を成功させるには、強豪との差別化や独自性を強化することが大切です。

過去10年間で弁護士の数は顕著に増加しており、市場は飽和状態に陥っています。

実際、日本弁護士連合会の「基礎的な統計情報(2020年)」によると、2010年の弁護士の数は28,789人だったのに対し、2020年の時点で42,164人まで増えているとの調査結果がでています。

また、潜在顧客からすると「どの弁護士がどのように優れているのか」を判断するのは簡単ではありません。というのも、弁護士や法律事務所を頻繁に利用する人は少ないため、顧客側もハッキリとした判断基準を持っていないからです。

数ある法律事務所がある中で、潜在顧客の目に止まるにはマーケティングを通して差別化や独自性を強化する必要があるでしょう。

顧客行動の変化

弁護士の集客にマーケティングが重要になっている1つの理由が、顧客行動の変化です。

一昔前までは、弁護士がクライアントを獲得する方法といえば口コミや紹介が主流でした。しかし、インターネットが普及した現在は、ネット上で複数の弁護士を比較して吟味するようになったのです。

このような現状から、マーケティングの重要性が高まっています。

実際に「自分はどのような弁護士で、何を専門にしているのか」をアピールすることで、潜在顧客のアンテナにかかりやすくなるでしょう。

対象を絞ることで、特定のターゲットに価値を提供できるようになります。

デジタル化への対応

顧客行動の変化によって、現在はデジタル化への対応が必須になってきました。

弁護士事務所を調べる際、ほとんどの人はインターネットを使って検索するはずです。そのため、インターネット上にあなたの情報がない場合、潜在顧客と接点を持てない可能性もあります。

デジタル化と合わせて多様化も進んでいる現在では、Google検索だけでなく、SNS内で検索したり、YouTubeで調べる人も増えてきました。

こういった層を取りこぼさないためにも、適切なマーケティングを行うことが大切です。

弁護士におすすめのマーケティング方法7選

弁護士の顧客獲得におすすめのマーケティング方法を7つ紹介します。

  • SEO(ホームページ)
  • リスティング広告
  • SNS
  • YouTube
  • MEO(Googleビジネスプロフィール)
  • 弁護士ポータルサイト
  • オフラインイベント

SEO(ホームページ)

弁護士の集客方法としてSEOは効果的なマーケティング手法になります。

なぜなら、潜在顧客は主にGoogle検索で弁護士を探すからです。SEOを実施することで検索結果で上位表示が可能になり、より多くの潜在顧客にリーチできます。

  • 検索上位を獲得したいキーワードを選定
  • 検索意図に合ったコンテンツを作成
  • 複数の関連コンテンツを作成

上記のような対策を打つことで、検索エンジンの上位表示が狙えるでしょう。

SEOのメリットは以下の通りです。

  • 長期的に安定した集客ができる
  • 費用対効果が高い
  • ターゲットを絞りやすい

SEOのデメリットは以下の通りです。

  • 成果が出るまでに時間がかかる
  • 記事やホームページのメンテナンスが必要

検索上位を獲得できれば、たくさんのアクセスや問い合わせにつながります。ただし、競合も多いため、上位表示を達成するには長期的に取り組むことが大切です。

あなたの得意分野なども加味して、最適なキーワードを選定していきましょう。

関連記事

【結果が出る】ホームぺージ制作に必要なSEOを完全解説!

【結果が出る】ホームぺージ制作に必要なSEOを完全解説!

Read More

リスティング広告

リスティング広告は効率的に集客できる弁護士におすすめのマーケティング方法です。

リスティング広告は潜在顧客が検索エンジンで特定のキーワードを検索した際に表示できます。

例えば、あなたが「知的財産 弁護士」というキーワードでリスティング広告を設定したとします。潜在顧客が同じキーワードをGoogle検索した場合、あなたの広告が検索結果の上位に表示できる仕組みです。

特定のキーワードで検索しているユーザーは、課題が明確なため案件獲得できる確立も高くなります。

リスティング広告のメリットは以下の通りです。

  • 即時的な成果が見込める
  • ターゲットを絞れる
  • データをSEOに活かせる

リスティング広告のデメリットは以下の通りです。

  • 広告費がかかる
  • 競合性が高いキーワードは高額になりがち

集客したい層を絞れるため、うまく活用すれば非常に費用対効果が高いマーケティング方法になるでしょう。

SNS

SNSは弁護士が潜在顧客と関係を築くために活用できるマーケティング方法です。

SNSには検索エンジンでは出会えない幅広い層のユーザーがいます。あなたの投稿に対して、ユーザーがいいね!、コメント、シェアなどの反応を示してくれるのもポイントです。

反応(エンゲージメント)が得られる内容を追求していくことで、費用対効果を高めていけます。

法律に関するアドバイスや話題になっているニュースを取り上げることで、潜在顧客の興味や関心を得られるでしょう。発信内容によって、自分が何の専門家なのかをコントロールできるのも特徴です。

SNSのメリットは以下の通りです。

  • 潜在層の興味を引きやすい
  • ユーザーとコミュニケーションが取りやすい
  • 拡散力がある

SNSのデメリットは以下の通りです。

  • 定期的な投稿が欠かせない
  • 悪い評判が拡散されるリスクもある

潜在顧客とつながったりセルフ・ブランディングを強化したい方は、SNSを活用するとよいでしょう。

関連記事

「SNS集客」がスゴい?失敗ゼロなノウハウを解説!

「SNS集客」がスゴい?失敗ゼロなノウハウを解説!

Read More

YouTube

YouTubeは、動画による情報提供ができるマーケティング方法です。

難しい内容が多い法律関係の悩みを動画で解説するコンテンツを作成できると、ユーザーから多くのエンゲージメントを獲得できるでしょう。わかりやすい動画コンテンツを作成することで潜在顧客が「この人に相談してみようかな」と思ってくれるきっかけを作れます。

YouTubeのメリットは以下の通りです。

  • 文字では伝えづらい内容をわかりやすく伝えられる
  • 顔出しで信頼性を高められる
  • エンゲージメント率が高い

YouTubeのデメリットは以下の通りです。

  • 動画コンテンツを作る労力がかかる
  • 定期的なコンテンツの作成が不可欠

YouTubeチャンネルの運用は、資産性が高いです。はじめは労力がかかりますが、チャンネルが成長すると低いコストで成果を得られるようになります。

その他の選択肢としてはYouTube広告も活用できます。YouTube広告は迅速な成果が見込めるところです。ただし、広告の資産性は低いため、継続的に投資しなければなりません。

チャンネル運用と広告はどちらも一長一短です。

目的や予算などを考慮して、適宜使い分けていくことをおすすめします。

MEO(Googleビジネスプロフィール)

MEO(Googleビジネスプロフィール)は「マップエンジン最適化」という意味で、シンプルにいうと「Google Mapsで上位を取るための対策」です。

例えばユーザーが法律事務所がある周辺で「(地域名) 弁護士事務所」と検索したとします。この際、MEOができていると、Googleマップや検索エンジンの上位に表示されるようになるのです。

MEOのメリットは以下の通りです。

  • 近隣の潜在顧客を集客できる
  • 事業の信頼性や透明性を高められる
  • クライアントの口コミによる信頼性の向上

MEOのデメリットは以下の通りです。

  • 正確な情報を記載する必要がある
  • 悪い口コミを書かれる可能性がある

周辺の潜在顧客にリーチできるため、案件の獲得につなげやすいのが特徴です。

無料かつ取り組みやすいマーケティング手法なので、空いた時間で登録しておくとよいでしょう。

弁護士ポータルサイト

弁護士ポータルサイトへの登録は、弁護士や法律事務所がオンラインでの集客を拡大するための効果的な手段です。

ポータルサイトの集客力を利用することで、多くの潜在顧客にリーチできます。潜在顧客の中には「ポータルサイトに登録している弁護士=信頼できる」と考える人も少なくありません。

名刺代わりとして活用することもできるでしょう。

弁護士ポータルサイトのメリットは以下の通りです。

  • ポータルサイトが集客を行ってくれる
  • 仲介役がいるのでトラブルが少ない
  • 信頼性を担保できる

弁護士ポータルサイトのデメリットは以下の通りです。

  • ポータルサイトの手数料がかかる
  • 価格競争になりやすい

ホームページと合わせてポータルサイトやSNSなど、複数のメディアに露出しておけば、潜在顧客の目に触れる機会を増やすことができるでしょう。

オフラインイベント

オフラインイベントは、顧客と直接コミュニケーションが取れるため、信頼を獲得しやすいマーケティング方法です。

潜在顧客と面と向かって対話ができると、インターネット上では見えない細かなニーズを発見できます。どのような悩みを抱えているのかを顧客から直接聞けるので、マーケティングの戦略を立てる際にも活かせるでしょう。

無料の法律相談会やセミナーなどを開催し、法的問題の知識を共有してみてください。

安心や信頼を獲得できるだけでなく、専門性のアピールにもつながります。

オフラインイベントのメリットは以下の通りです。

  • 直接会うことによる信頼性の向上
  • 地域ブランディングがしやすい
  • 対面でクライアントからフィードバックがもらえる

オフラインイベントのデメリットは以下の通りです。

  • 準備やコストがかかる
  • リーチできる母数が少ない

オンラインとオフラインの両方で信頼を獲得できれば、集客に困らない仕組みを構築できるでしょう。

「最適なマーケティング方法を選定してほしい」

「戦略やコンセプトの部分から設計したい」

その場合は、StockSunの無料相談をご利用ください。熟練のマーケターが地域や競合なども考慮したうえで、最適なマーケティング戦略を提案させていただきます。

特典:問合せ月60件超を達成したStockSun式戦略・戦術をご提案

Webマーケティングについて相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

弁護士がマーケティングを成功させるコツ

弁護士がマーケティングを成功させるコツを3つ紹介します。

  • 特定分野に特化したブランディングを行う
  • 口コミや評価を活用する
  • 効果測定と改善を繰り返す

特定分野に特化したブランディングを行う

弁護士として特定分野に特化したブランディングは、マーケティングを成功させるために重要になります。

なぜなら「なんでもできます」という弁護士よりも「離婚分野を専門にしています」といった方が、相手に伝わりやすいからです。競合との差別化が難しい中で、独自性を出すには何かしらの専門性に特化する必要があるでしょう。

特定分野に特化したブランディングを行うことで「〇〇のことなら〇〇法律事務所がおすすめ」といった評判も広がりやすくなるでしょう。

SNSやホームページで発信する際は、コンテンツの内容を特定の分野に絞ってみてください。

弁護士関連の情報を網羅的に発信するのは大きな労力がかかりますが、ニッチな分野に特化すれば最小限のコストで集客できる可能性をつかめます。

口コミや評価を活用する

口コミや評価の活用は、弁護士の信頼性を高め、新規顧客獲得のために非常に効果的です。

多くの潜在顧客は、弁護士を選ぶ際に過去のクライアントのレビューや評価をチェックします。ポジティブな口コミよりもネガティブなものが多ければ、他の弁護士に変わられる可能性もあるでしょう。

よい口コミや高い評価は、新しい顧客にとって信頼性の高い情報源になるのです。

成功事例がある場合は、過去のクライアントに推奨文を書いてもらい、ホームページやSNSでアピールできます。Googleマップの口コミも活用可能です。

第三者の口コミは、あなたにコンタクトを取るか迷っている潜在顧客の背中を押す要素になります。

よい印象を持ってもらうためにも、口コミや評価をうまく活用していきましょう。

効果測定と改善を繰り返す

効果測定と改善のプロセスは、マーケティングを成功させるうえで不可欠です。

データをもとにうまくいっている要素と改善が必要な要素を明確に把握しましょう。これにより、次に取るべき行動が自然とわかってきます。

例えば、SEO、SNS、リスティング広告を分析して、何が最も問い合わせ獲得に貢献しているのかを分析してみてください。

冷静に改善点を見つけられれば、徐々に投資対効果を高めていけます。

弁護士がマーケティングする際に注意すべきポイント

弁護士がマーケティングする際に注意すべきポイントを2つ紹介します。

  • 競合他社との比較を避ける
  • 広告ガイドラインの遵守

競合他社との比較を避ける

弁護士のようなプロフェッショナルな業界では、エチケットやモラルを守ることが重視されます。

競合他社を直接比較するような表現は不適切であり、業界内の信頼を損なったり、悪い評判が出回ったりする可能性が高いです。

そのため自社の強みや特色を強調する際は、成功事例や専門分野の知識、顧客からのポジティブな口コミなどを扱うようにしてください。

これにより、他社との比較に頼ることなく、潜在顧客に自社の価値を伝えることができます。

広告ガイドラインの遵守

広告ガイドラインの遵守は、安全にマーケティングを行うために大切です。

例えば、誇張された表現や不適切なコンテンツは、広告の規約に反する可能性が高いです。業界の信頼性を損なうだけでなく、法的な問題を引き起こすリスクも伴います。

法律事務所や弁護士が信頼性と専門性を維持するためにも、必ず遵守するようにしましょう。

弁護士のマーケティングに応用できる成功事例2選【問い合わせ100件超・StockSun式戦略】

弁護士のマーケティングに応用できるStockSunの成功事例を2つ紹介します。

  • YouTube開始2ヶ月で問い合わせ月60件以上獲得した事例
  • SEO集客で月間20万PV・問い合わせ月100件獲得した事例

YouTube開始2ヶ月で問い合わせ月60件以上獲得した事例

YouTube開始2ヶ月で問い合わせ月60件以上獲得した事例を紹介します。

この事例では、 YouTubeのトレンドにあったキーワードの動画を作成し、問い合わせを月に10件から60件に増加させました。

注目すべき点は、チャンネルの登録者数が2,000人程度と多くないにも関わらず、この成果を達成したことです。

 このように、YouTubeのトレンドを分析し、質の高いコンテンツを作成することで、大きな成果を得られる可能性があります。

上記のアプローチは弁護士事務所にも適用可能なので参考にしてみてください。

なお、上記の事例に関しては以下の動画で解説しています。

SEO集客で月間20万PV・問い合わせ月100件獲得した事例

SEO集客で月間20万PV・問い合わせ月100件獲得した事例を紹介します。

SEO対策を施した結果、エンジニアからの問い合わせが月に100件増加しました。

重要なポイントは、高いコンバージョン率をもたらすキーワードを特定し、それに基づいてSEO対策を行うことです。

例えば、検索数が月間1万を超える「プログラマー」というキーワードと比較して、「アプリエンジニア 初心者」のような検索数が少ないキーワードは競合も少なく、SEO対策において効果的です。

「プログラマー」というキーワードで検索するユーザーは、仕事内容に関心があるなど、様々な目的を持つ可能性がありますが、検索数が少ないキーワードでSEO対策を行うことで、仕事を探しているユーザーを狙い撃ちにし、高いコンバージョン率を達成することができます。

上記の事例は弁護士にも応用できますのでぜひ参考にしてみてください。

なお、上記の事例に関しては以下の動画で解説しています。

まとめ

年々、数が増え続けている弁護士業界では、マーケティングの活用が欠かせません。

効率的な集客を実現するには、仕組みを構築して長期的に取り組む必要があるでしょう。インターネットで弁護士を検索する今の時代だからこそ、Webを中心としたマーケティングが求められているのです。

「費用対効果の高いマーケティング施策を実施したい」
「マーケティングにまで手が回らないのでプロに任せたい」

その場合は、弊社StockSunの無料相談をご利用ください。

プロのマーケター集団であるStockSunでは、貴社の目標や予算をヒアリングしたうえで、最も費用対効果の高い施策をご提案させていただきます。

プロによる間違いないマーケティングについて興味のある方は、以下のリンクより無料相談へお問い合わせください。

特典:月の問い合わせ60件以上を達成したStockSun式戦略・戦術をご提案

Webマーケティングについて相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

この記事の著者

StockSun編集部

StockSun編集部

StockSun株式会社は、一定以上のスキルを持つフリーランスを集めたフリーランス組織。
各業界で目覚ましい実績を上げているパートナー陣が品質担保し、クライアントの事業課題解決を目指してサポートしている。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。