メールで
無料相談
LINEで
無料相談

















TOP

効果的なWebマーケティング分析手法と活用法

Webマーケティングを始めてみたいけど「始め方がわからない」「始めることでどのような効果があるのかわからない」という人も多いのではないでしょうか。しかしインターネットが発展し、多くの人がスマホやパソコンで検索するようになった現在では、良い製品やサービスをネットで販売しても、他のモノに紛れてしまい成果が上がらないということも多いでしょう。多くの人が製品やサービスの購入をインターネットで検索して考えている現代では、より多くの人の目に付くようにWebマーケティングを活用する必要があります。
ここではWebマーケティングの重要性を紹介したうえで、分析手法の一例や他社の事例などを紹介します。

なお、弊社StockSunでは、格安でWebマーケティングをはじめとするWeb集客全般の施策を依頼できる「マキトルくん」というサービスを提供しています。
月5万円からの定額サービスになっているので、Web施策を通じて効果的に、最小限のコストで売上を最大化させたい方に最適です。

最小限のコストで迅速に結果を出したい方は、ぜひマキトルくんの利用をご検討ください。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。

Webマーケティング分析の重要性

インターネットが普及するにつれて、Webマーケティングの重要性は高まっています。しかし、Webマーケティングは戦略を立てて終わりではありません。製品やサービス販売後には繰り返し分析を行い、効率的に購入者にアピールすることが重要です。ここでは、Webマーケティング分析の重要性について紹介します。

なぜWebマーケティング分析が必要なのか

インターネットが普及する前は電話やメールなどの販売手法が多く、データ分析もできない状況であったため、不特定多数の人に一斉にアプローチする方法が主流でした。しかし、パソコンやスマホ、インターネットが普及してくると顧客は情報の取捨選択を迅速に行うことができるようになり、販売する側は受動的にしか広告を見てもらえなくなります。

そのため、積極的に購入者に自社の製品やサービスを見てもらえるようにWebマーケティングの重要性が高まりました。Webマーケティングを駆使して、ターゲット層を限定したり、購入者の目に留まりやすい広告にしたりすることで、顧客の視認率を向上させ効果的にアピールすることが可能です。このように購入者がよりインターネットを使うからこそ、販売する側もインターネットを使った効果的なWebマーケティングが求められるようになってきています。

成果を最大化するための分析手法

作ったモノやサービスがどんなによい商品であったとしても、それを顧客に届けなければ、成果が上がったことにはなりません。成果を上げるために必要な手法がWebマーケティングになります。

webマーケティングでは、販売しているモノやサービスを的確に分析することで、ターゲットとなる消費者に対する認知度を高めるなどの効果が得られることに加えて、具体的な売上やリードの獲得にも直結します。

また、顧客の動向や嗜好などを分析することで、個々の消費者に対してパーソナライズされたコミュニケーションを行うことも可能です。

しかしWebマーケティングの方法は、多種多様のためこれらを完璧に使いこなすのは至難の技といってもよいでしょう。しかし、できるところから始めるだけでも成果を上げることができるかもしれません。

自社で対応できることから始めれば、少しずつでも成果が表れてくるでしょう。

顧客獲得・競合分析の重要性

ひと昔前は新しいモノやサービスができたとしても、世の中にモノが飽和している状態ではなかったため、明確な販売戦略を考えなくても販売することが可能でした。しかし近年ではモノやサービスは飽和状態になりつつあり、新しいモノやサービスが出てきたとしても、差別ポイントを明確に伝えるのが難しくなっています。

そこで重要となるのが、顧客獲得のプロセス立案と競合他社の分析です。競合他社の分析を行うことで他社との差別ポイントを明確にし、顧客に伝えやすいメッセージを考案することが可能となります。

また、顧客獲得のプロセス立案と同等に重要なのが顧客獲得のシナリオを作ることです。顧客は「どのような目的」「どのような理由」があってそのモノやサービスに惹きつけられ購入にまで至るのかを分析をして1つのシナリオとしています。顧客が購入するシナリオを想定することで、顧客に対して効果的にアプローチすることが可能です。

このように、現在ではWebマーケティングのどのような手法も非常に重要です。しかし、Webマーケティングに精通していない人が競合分析やプロセス立案をすると、誤った方向に導かれる可能性があります。そのため、自社でWebマーケティングを行うのか他社に依頼して顧客の獲得や分析などをおこなってもらうのか検討する必要があります。

分析ツールの活用法

ここでは分析ツールとして、Google Analyticsの活用方法やSEO対策用のツールを紹介します。

Google Analyticsでデータ分析を行う方法

Google Analyticsとは、自社のホームページや購入ページの分析を行うのに用いられるツールの1つです。ユーザーが自社のサイトに訪れてから、離脱するまでの行動を追うことができます。一方でSEO対策やWeb広告の分析などはできないため、サイト訪問前の動きやサイト訪問後の動きをたどることはできません。SEO対策やサイト訪問前の行動観点の分析や調査を行いたい場合には「アンケート調査」や「インタビュー」などを実施すると良いでしょう。

Google Analyticsでの概要ページでは、ユーザーあたりのセッション数/ページビュー数//平均セッション時間/直帰率などが確認できます。以下では、概要ページに記載の項目について説明します。

  • ユーザーあたりのセッション数:セッションとはユーザーのサイト流入から離脱までの一連の行動を表します。ユーザーあたりのセッション数はGoogleAnalyticsで設定して特定の期間内にユーザーが平均でどれくらい訪問したのかを表しています。
  • ページビュー数:ユーザーがWebページを表示した回数のことを表します。
  • 平均セッション時間:ユーザーが1セッションあたりにホームページに滞在している時間を表します。
  • 直帰率:ユーザーがサイトの 1 ページのみを閲覧し、他のリクエストを行うことなくサイトを離脱した割合を表します。

これらの項目を用いることで具体的には以下のような方法の分析が可能です。

ユーザーの導線を確認したい場合

ユーザーの動向を確認したい場合は、ランディングページの直帰率を確認してみるようにしましょう。直帰率とは訪問したユーザーがそれ以外のページを確認せずにサイトを離脱してしまう割合を指します。

例えば、リスティング広告経由のページであれば、直帰率は低くなります。理由としては、ユーザーが検索したキーワードに関連したページが広告として表示されるからです。一方、ディスプレイ広告のような表示がメインの場合には、関係ないページにも表示される広告ですので直帰率は高くなる傾向になるでしょう。まずは直帰率を分析して、直帰率を下げられないか検討をしてみる必要があります。

また、ランディングページからゴールとなるページ間で極端に離脱率が高いページがないかも注目ポイントです。この場合、離脱率が高いページには「次のアクションに至らない要因がある」「魅力が伝えきれていない」などの要因がある可能性が高いです。仮説を立てて、ページの改修を行いましょう。

集客効果を分析したい場合

集客効果の分析を行いたい場合にもGoogle Analyticsを活用すると良いでしょう。例えば、Web広告を出したとしても広告の管理画面では、以下の2つしかわかりません。

項目 説明 計算式
CTR 広告やコンテンツがユーザーに表示された回数のうち、ユーザーがクリックした回数の割合を表した指標 ユーザーのクリック回数 / 広告の表示回数
CVR Webサイトやアプリへの訪問者のうち、どの程度がコンバージョン(最終成果)に至ったかを示す指標 コンバージョン数 / 訪問者数

そこでGoogle Analyticsを活用します。Google Analyticsで直帰率やページ滞在時間を見てみることで、それぞれの広告がどのような顧客を呼び込んでいるかがわかります。例えば直帰率が高く、ページ滞在時間が低いようなユーザーを呼び込んでいる場合、流入しているユーザーが狙っているターゲット層とずれている可能性があります。
Google Analyticsを使うことで広告がどのように利用されているか分析することが可能です。

SEO対策用のツール

SEO対策とは、ウェブサイトの記事を検索順位の上位に表示させるために行う対策のことです。SEO対策を実施することで検索結果の上位に表示させることができますが、上位に表示させるためにはさまざまな条件をクリアしなければなりません。

またSEOは、GoogleやYahoo!などの検索ツールごとに変化して、そのロジックも定期的に更新されます。したがって、常に検索結果の上位にいるためには継続的な分析・改善作業が必要不可欠になります。ここでは、SEO対策用のツールとして有用なものを4つ紹介します。

対策できる場所 ツール名 ツール料金
内部対策ツール Lumar

(https://www.lumar.io/)

月額33,000円~
外部対策ツール ahrefs

(https://ahrefs.jp/)

月額12,500円~
コンテンツSEOツール TACT SEO

(https://tact-seo.com/)

月額50,000円〜
検索順位チェックツール GMO順位チェッカー

(https://rank-checker.com/)

月額485円~

Lumar

SEOの内部対策とはWebサイトの階層構造を最適化したり、構造化データマークアップなどを施すことによって、SEOを内部からサポートする方法を指します。
LumarはLenovoやNestle、IKEAなどさまざまな大手企業が取り入れています。
ページ内部にある無効なリンクや紐づいていないWebサイトなどを表示させることにより、効率的なWebサイトの運営が可能となっています。
参考:Lumar

ahrefs

SEOにおける外部対策とは、主に被リンク(外部のサイトが自社サイトを引用すること)の獲得を意味します。どの程度の被リンクを獲得できているのか調査できるツールとしておすすめなのがahrefsです。
ahrefsは60万人が導入しているツールであり、自社サイトだけでなく競合他社のサイトの被リンク分析(バックリンク)が可能です。それ以外にも検索エンジンの上位表示コンテンツ、想定流入キーワード、ソーシャルメディアの反応を把握することが可能です。
参考:Ahrefs

TACT SEO

コンテンツSEOとは、近年普及してきているSEO対策の1つです。潜在顧客に製品やサービスを認知してもらうことを目的に、検索ツールの上位に表示させるようにする手法です。広告に頼ることなく、検索ツールの上位に表示させるため、難易度が高くなっています。
TACT SEOは、現在5000社以上が導入しているSEO対策ツールです。SEO課題を迅速に抽出できるほか、競合と自社サイトの集客差分をキーワード単位まで一覧化することができます。これにより、キーワード選定の効率化をすることが可能です。
参考:TACT SEO

GMO順位チェッカー

SEO対策を行うにあたり、自サイトの検索順位をまずは把握しなければ、有効な対策はできません。
そこで有用なのが、GMO順位チェッカーです。GMO順位チェッカーはクラウド型の検索順位チェックツールであり、迅速に検索順位を確認することが可能です。クラウドのため、OS関係なく、スマホでもPCでも結果を確認できるほか、キーワード順位取得も迅速です。
また、業界最安値を目指しており、最大で1キーワードあたり、月間約3.2円のコストを実現してます。
参考:GMO順位チェッカー

SNSやコンテンツマーケティングを活用した分析

SNSやコンテンツマーケティングを活用した分析も重要です。コンテンツマーケティングとは、企業の自社サイトに掲載するブログ・コラムなどを活用して、商品・サービスの売上向上を目指すマーケティング手法のことです。企業の自社サイトだけでなく、SNSを利用することも最近は求められています。

近年では多くの人がSNSを利用しています。SNS利用者は年々増加しており、令和3年には全体の78.7%が利用しています。そのため、コンテンツマーケティングでSNSを活用する重要性は高まっています。SNSを活用することで、より多くの人に拡散することができるほかターゲット層同士で繋がっていることも多いため、より効率的に潜在顧客にアプローチすることができます。

そのため、SNSのコンテンツマーケティングも重要になっています。SNSのコンテンツマーケティングはSNSによって分析するツールが異なっており、以下のようなツールがあります。
参考:令和3年通信利用動向調査の結果

Keywordmap

X(旧Twitter)に対して強みを持っている分析ツールです。ユーザーのニーズをテーマごとに分類することができるほか、競合分析、キーワード調査、コンテンツ制作、広告最適化といったWebマーケティングをサポートする豊富な機能があります。これらの機能で、マーケティング業務の負担を大きく軽減します。
参考:Keywordmap

SINIS

Instagram運用の成果を可視化するツールです。Instagramのアカウント状況を一目で把握できるほか、分析に掛かる時間を大幅に削減することができます。
SINISを導入した結果、多くのアカウントが改善しており、リーチ率は平均641%も向上するなど大きな効果を上げているツールです。
参考:SINIS

分析データを活かした施策立案

【2024年最新版】Googleキーワードプランナーは無料で使える?初心者向けに使い方を徹底解説!

施策立案においては、分析データを活用することが肝要です。分析データを活用せずに、施策立案を行ってしまうと、検討違いの施策を立案してしまう可能性があり、意味がない施策になってしまう可能性もあります。
ここでは、分析データを活かした施策立案を紹介します。

顧客対応・広告運用等の具体的な改善方法

顧客対応や広告運用等においては、どのような成果をあげるのか目的を明確にすることが必要です。まずは、何をしたいのか明確に確認するようにしましょう。そして目的を明確にしたら、目的を細かく分割してKPI(Key Performance Indicator:重要業績評価指標)という形で目的を細分化しましょう。

例えば、コンバージョン数を上げたいという目的を設定した場合にKPIは、コンバージョン率を上げるのか、コンバージョン率はそのままに流入量を増やすのか、とう施策に分けることができます。

コンバージョン率を上げる施策のKPIとしては、「平均セッション時間を増加させる」「ページ遷移数を増やす」などのKPIがあります。そこから考えられる施策としてはよりユーザーにわかりやすい導線を作る、コンテンツをわかりやすいものにするなどが上げられます。

コンバージョン率は、そのままに流入量を増やすKPIの施策としては、広告表示数を増やす、広告の流入率を増やすために、広告の改善などを行うなどが挙げられます。

このように、顧客対応や広告運用などの具体的な分析を行うためには大きな目標を設定することが重要です。そして細かなKPIを設定してできる限り達成しやすい目標までタスクをブレイクダウンをしましょう。

Webマーケティング戦略へのデータ活用

Webマーケティング戦略を立案するためには、データを活用することが必要不可欠です。データを活用しなければ、効果的な戦略を立てることができません。

例えば、コンバージョン数を向上させたいという目標に対して、広告の流入率が下がっているとします。ここで、広告の流入数を上げようとする施策を打つのは得策ではありません。まずは流入率が下がっている原因を分析をして、広告の流入率を上げることを目標として考えた方が良いでしょう。

ここでデータを確認せずに、流入数を上げるために広告の出展数を増やすことを考えたとしても流入率が下がっている状態では効果は上がらないでしょう。このように、データを活用してWebマーケティング戦略を立案することは非常に重要です。

中・長期的なビジョンをデータに基づいて策定

具体的な改善方法を提示できていて、Webマーケティング戦略をデータを活用した戦略が立案できたとしても、十分な効果をあげるのは難しいです。中長期的なビジョンをデータに基づいて改善策などを策定しなければ、自社の成長戦略とマッチしておらず、効果を上げることは不可能でしょう。

例えばこれからの戦略として、10代から20代向けのモノ・サービスを開発して、企業成長を目指していく場合を考えます。コンバージョン数を上げるために、30代~50代の利用者が多いFacebookに広告を継続的に出展したとしても効果は一時的です。中長期的には、利用者層がマッチしていないため、効果は上げられないでしょう。Facebook広告を継続的に行うことで、コストなどが膨らむ可能性もあります。

広告費用を無駄にしないためにも、会社のビジョンを策定して、それにマッチした広告を打ち出すようにしましょう。

Webマーケティング分析の成功事例

ここでは、Webマーケティング分析の成功事例を3社紹介します。

株式会社VOYAGE MARKETING (現 株式会社DIGITALIO)

株式会社DIGITALIOは利用者数日本最大級を誇る「ECナビ」を運営しています。それ以外にも溜まったポイントを大手共通ポイントや現金、商品や電子マネーなどに交換できる「PeX」をはじめとしたメディア事業を展開している企業です。また、デジタルを活用した事業にも力を入れています。

株式会社DIGITALIOはWebサイトを制作していましたがSEOやコンテンツマーケティングに知見があるわけではなく、とにかくWebコンテンツを制作していた状態だったということです。

そこでSEO対策に注力して、競合他社と自社の差異を明確にしました。例えば、以下の観点から明確化を行いました。

  • ドメインやPV、リファラーなどの数値調査
  • 流入キーワード
  • 被リンクの数と内容の調査
  • トップページの訴求の調査
  • ホワイトペーパーやCV地点の種類調

綿密な議論を重ねて、追加するキーワード選定や、作成するべき記事の骨子をまとめていきました。

その結果として半年足らずでPV数は2.9倍、CV数は1.7倍伸長とすごい伸び率を魅せました。また、検索結果上位を狙ったキーワード選定も60%のキーワードにおいて、検索結果の1行目に表示されるような大きな成果を上げました。

参考:半年間でSEO起点のCV数1.7倍!成功のカギは緻密な分析と施策の優先順位付けにあり

株式会社土屋鞄製造所

土屋鞄製造所は革製のバッグや財布などの小物を取り扱う会社です。土屋鞄製造所は、SNSを活用したWebマーケティング戦略を立案することで成果を納めました。

ターゲット層は、普段からSNSをよく利用しているビジネスパーソンとしています。そして、FacebookやInstagramを活用して画像を掲載し、ものづくりへのこだわりや品質の高さといった価値を伝え、共感を呼んでファンを拡大しました。

また土屋鞄製造所は、顧客とのコミュニケーションも大切にしていました。例えば、SNSに投稿されたユーザーのコメントには丁寧に対応します。このようにファンとのコミュニケーションを大切にすることで、エンゲージメントを高めることに成功しました。

参考:土屋鞄製造所のコンテンツマーケティング施策・戦略とは

日本人工芝計画株式会社

日本人工芝計画株式会社は、首都圏を中心に外構業社として法人や個人宅の人工芝の施工をする事業を行っている会社です。
これまで自社ホームページから案件を獲得してきていましたが、ホームページの運用だけでは限界を感じていました。そこでリスティング広告の運用を検討しました。
リスティング広告の運用を行った結果、ホームページからの問合せが月30件から180件まで増加し、会社の規模も大きくすることができました。

Webマーケティング分析ならマキトルくんがおすすめ!

「効果的なWebマーケティング分析の料金を抑えて依頼したい」
「でも質の高い広告代理店を探す自信や時間がない」

こうした方におすすめしたいのが、月額5万円からご依頼いただける「マキトルくん」です。

Webコンサル会社であり、実績豊富なフリーランス集団であるStockSunだからこそできる費用対効果の高いサービスになっています。

ここでは、Webマーケティング分析においてマキトルくんを活用するメリットを3つご紹介させてください。

  • 月5万円から優秀なフリーランスにWebマーケティング分析を依頼できる
  • Webマーケティング分析全般の実行支援に対応
  • 外注を一本化できるためコスト削減につながる

月5万円から優秀なフリーランスにWebマーケティング分析を依頼できる

マキトルくんでは、月額定額5万円より優秀なフリーランスにWebマーケティング分析を依頼できます。

コンサル料がかからないため、「優秀なプロに依頼したいものの、高額な費用を支払う予算がない」といった企業にも安心してご利用いただけます。

また、Webマーケティング分析を担当するのは、StockSunに在籍する2,000名以上のフリーランスの中から、上位20%の優秀な人材に厳選しております。自社で優秀な人材を探す手間がかかりません。

  • Webマーケティング分析スキル
  • コミュニケーションスキル
  • 目的の達成意識

上記の要素を備えたフリーランスだけをアサインいたしますので、高クオリティーなWebマーケティング分析が可能です。

Webマーケティング全般の実行支援に対応

マキトルくんでは、Webマーケティング全般の実行支援を月額定額制で依頼いただけます。

  • Webマーケティング分析を内製化したい
  • コンバージョン率の高いWebマーケティング分析したい
  • Webマーケティング分析だけでなくSNS運用やLP制作なども任せたい

上記のようなニーズにも柔軟に対応可能です。

まず貴社のニーズ・課題を丁寧にヒアリングした後で、最適なご提案をさせていただきます。施策の内容が決定したら、次に必要な人材を集めて独自のチームを構築し、業務に取り掛かっていく流れです。

「とはいえ、複数のフリーランスを集めたら連絡を取り合うのが面倒そう」

この問題を未然に防ぐために、マキトルくんでは専属のディレクターが貴社とフリーランスの間に入ります。ヒアリング能力の高いディレクターが担当いたしますので、コミュニケーションコストを最小限にすることが可能です。

外注を一本化できるためコスト削減につながる

現在、複数の外注先に業務を委託している場合、マキトルくんに外注を一本化すればコストを削減できます。これまで個別に発生していた固定費をまとめるだけでも、支出を最小限にできるでしょう。

マキトルくんに一本化した場合、チーム内で綿密にコミュニケーションを取ることが可能です。それぞれの担当者が成功事例・進捗状況を共有しながら、スピーディーかつ費用対効果の高い施策を実行できます。

最小限のコストでスピーディーにWebマーケティング分析を依頼したい方は、ぜひマキトルくんの無料相談へお問い合わせください。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

まとめ

ここまでWebマーケティング分析の重要性や分析ツールの活用方法、他社事例などを紹介してきました。Webマーケティング分析を丁寧に実施することで、コンバージョン数が向上し、自社の成長に役立つでしょう。
しかし、その一方で自社ではノウハウや経験が不足しているため、自社で全てを行うのは難しいという背景もあります。
そのような時には、Webマーケティング分析の専門会社に依頼するのも一つの手です。この機会に、Webマーケティングの分析や導入を検討してみましょう。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。