メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

ネット広告の料金相場は?種類と費用形態・格安で良質なネット広告を依頼する方法も紹介

更新日
ネット広告の料金相場は?種類と費用形態・格安で良質なネット広告を依頼する方法も紹介

「ネット広告を出すにはどれくらいの料金がかかるのか知りたい」
「ネット広告には種類がありすぎて、どれが自社にとって最適なのか分からない」

ネット広告を出稿したいと考えても「料金の相場が分からないまま着手するのは不安」という方は少なくないでしょう。おおよその費用感を把握しておかないと、見積もりを取っても適切な料金なのか判断できません。

効果的な運用を行うためには、ネット広告の相場を十分に理解しておくことが大切です。

そこで本記事では、ネット広告の種類ごとに料金相場を紹介します。

なお、弊社StockSunでは、格安でネット広告の配信・運用をはじめとするWeb集客全般の施策を依頼できる「マキトルくん」というサービスを提供しています。
月5万円からの定額サービスになっているので、Web施策を通じて最小限のコストで売上を最大化させたい方に最適です。

最小限のコストで迅速に結果を出したい方は、ぜひマキトルくんの利用をご検討ください。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。

ネット広告の料金はどう決まる?8つの費用形態

ネット広告の主な費用形態には、主に以下のような種類があります。

費用形態 条件・特徴 配信形式
インプレッション課金型 ユーザーに表示された回数×広告単価

広告がユーザーに表示された回数に応じて課金される方式。例えば、1,000回表示されるごとに100円など、広告が表示されるごとに一定の費用が発生する。

・ディスプレイ広告
・SNS広告
・DSP広告
インプレッション保証型 特定の回数広告が表示されることを保証し、表示回数に応じて費用が決まる。 ・Google/Yahoo!
・SNS広告
・YouTube広告
・アプリ広告
クリック課金型 広告がクリックされるたびに課金される。 ・リスティング広告
・ディスプレイ広告
・SNS広告
エンゲージメント課金型 ユーザーが広告に「いいね!」をつけたり、広告をシェアしたり、フォローしたりするなどの反応があった場合に課金される。 ・SNS広告
・動画広告
・クイズ形式の広告
動画視聴型 動画広告に特化しており、動画が再生される回数によって課金される。 ・YouTube広告
・SNS広告
成果報酬型 特定の条件(商品の購入や問い合わせなど)が達成された時点で課金される。 ・アフィリエイト広告
・Google広告
・SNS広告
掲載期間保証型 広告が一定の期間表示されることが保証され、その期間によって費用が決まる。 ・ポータルサイト
・求人サイト
・口コミサイト
配信課金型 広告が実際に配信された回数に応じて課金される。 ・メルマガ広告
・SMS広告

「配信形式」には、メジャーな広告の配信形式をまとめています。

例えば「ディスプレイ広告」の費用形態は「インプレッション課金型」と「クリック課金型」が一般的です。費用形態の条件や特徴もまとめていますので、広告運用を始める際の参考にしてみてください。

費用形態と配信形式の組み合わせを理解しておくと、広告運用の目的を達成しやすくなるでしょう。

ネット広告の料金相場【種類別】

前章で取り上げた費用形態を踏まえて、ここからはネット広告の種類別に具体的な料金相場を解説します。

それぞれの広告の特徴や向いている商材、どのような課題解決に役立つのかも紹介していますので、順番に把握して自社のネット広告運用にお役立てください。

ネット広告の料金相場①リスティング広告

リスティング広告は、ユーザーが検索エンジンで特定のキーワードを検索した際に表示される広告です。

主にGoogleやYahoo!などの検索エンジンが提供している広告サービスで、検索結果の上部・側面・下部などに表示されます。

リスティング広告の大きな特徴は、広告主が設定したキーワードに対してのみ広告が表示される点です。広告が検索ユーザーの興味・ニーズに直接関連した形で表示されるため、ターゲットとするユーザーへ効率的にアプローチできます。

また、料金形態は「クリック課金」が主流で、広告をクリックしたユーザー数に対してのみ費用が発生します。これにより、広告主はコストを抑えつつ、ユーザーの反応に応じた広告運用が可能です。

その他、リスティング広告は高度な設定が可能で、表示する時間帯・地域・検索デバイス(スマートフォン・パソコンなど)を選択したり、広告文・タイトルなどを設定できます。これにより、具体的なユーザーセグメントに対して最適化された広告配信を実現しやすくなるでしょう。

料金相場の目安を下表にまとめました。

費用形態 料金相場
クリック課金型 1クリックあたり数十円〜数千円程度(一般的に月額20~50万円ほど)

リスティング広告の活用にあたっては、 ユーザーに検索されやすい商材が適していると考えられています。例えば、家電・サプリ・教育サービス・旅行パッケージ・不動産などです。顕在層へのリーチ拡大を目指すうえで、効果的なネット広告と言えるでしょう。

関連記事

リスティング広告とは?運用を代行するにあたってのポイントやおすすめ代行会社を紹介

リスティング広告とは?運用を代行するにあたってのポイントやおすすめ代行会社を紹介

Read More

ネット広告の料金相場②ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、広告枠のあるWebサイトやアプリ内に表示される広告です。

画像、動画、テキストなどを使うことができます。
また、ディスプレイ広告は、純広告、アドネットワーク広告、DSP広告、リターゲティング広告に細分化されます。

それぞれの種類の特徴と料金相場を下表にまとめました。

種類 特徴 料金相場
純広告 広告主が直接Webサイトのオーナーと交渉し、特定の位置に広告を掲載する方式 数十万円〜数千万円程度/週
アドネットワーク広告 複数のWebサイトを一つのネットワークでつなぎ、広告主が一括管理する方式 クリック課金型:1クリック表示あたり10円~数百円程度
インプレッション課金型:1,000回表示につき10円程度
DSP広告 広告主が自動的に広告枠を購入できるプラットフォームを用いる方式 広告表示1,000回につき10円~数百円程度
リターゲティング広告 一度自社のウェブサイトを訪れたユーザーに対して広告を表示する方式 クリック表示あたり数十円〜

ディスプレイ広告は視覚的な情報を豊富に用いるため、商品やサービスの特徴を直感的に伝えることが可能です。特に動画・アニメーションを用いることで、ユーザーの注目を引きつける効果が期待できます。

上記のような特徴から、ブランドイメージや商品のビジュアルを強く訴求したい商材に向いています。例えば、ファッションアイテム・美容製品・フィットネスなどです。

ブランドの認知度アップやイメージの向上を図るうえで、ディスプレイ広告は大いに貢献してくれるでしょう。

バナー制作のみ依頼したい場合は、以下記事を参考にしてください。

関連記事

外注で成功するバナー制作!おすすめサービス紹介

外注で成功するバナー制作!おすすめサービス紹介

Read More

ネット広告の料金相場③動画広告

動画を視聴する前や途中に表示される広告のことです。

視覚と聴覚の両方を活用し、製品・サービスの魅力を多角的に伝えられます。また、ストーリーテリングにより、視聴者の感情に訴えることも可能です。ブランドへの深い理解と親近感を促すことができるでしょう。

料金相場の目安を下表にまとめました。

費用形態 料金相場
クリック課金型 1クリックあたり3〜20円程度
インプレッション課金型 1,000インプレッションで400〜600円程度
動画視聴型 動画再生時間による相場は、1再生あたり520円程度

動画広告は、説明が必要な商品、またはストーリー性を強調したい商品などに適しています。例えば、新商品・新サービス・自動車・バイクなどです。

ユーザーから感情的なエンゲージメントを引き出したいときや、視覚的な商品説明を行いたい場合などに役立つでしょう。

ただし、効果的な動画広告を制作するためには、コンテンツの企画力や動画編集スキルなどが求められます。

関連記事

動画広告の単価を媒体種類別に解説【出稿のポイントをStockSunが解説】

動画広告の単価を媒体種類別に解説【出稿のポイントをStockSunが解説】

Read More

ネット広告の料金相場④SNS広告

Facebook、Twitter、Instagram、 TikTokなど、SNS上で投稿の形で配信される広告です。

SNSはアカウント作成時に本人確認が必要になります。この特性から年齢、性別、地域、趣味など、細かいターゲティングが可能です。ピンポイントで広告を出せるので、広告効果を高めやすいでしょう。

情報を共有しやすいのもSNSの特徴です。

話題性のある広告を作ることで、多くのユーザーへ届けることができるでしょう。広告効果をリアルタイムで把握し、必要に応じて修正や戦略の見直しが行えます。

料金相場の目安を下表にまとめました。

費用形態 料金相場
エンゲージメント課金型 エンゲージメント1件につき40~100円程度
クリック課金型 クリック1回につき20~200円程度
インプレッション課金型 表示1000回につき数百円程度
動画視聴型 視聴1回につき4~7円程度

SNS広告は、ユーザーとのコミュニケーションや共有が期待できる商品に向いています。
例えば、映画・音楽・ゲームなどのエンタメ商品、ライフスタイル製品、イベント・セール情報などです。

ターゲットを細かく設定したい場合、ユーザーと触れ合い興味・関心を引きたい場合などに適したネット広告と言えるでしょう。

関連記事

SNS広告代理店おすすめ10社をプロが徹底解説【メリット・デメリットや選び方を紹介】

SNS広告代理店おすすめ10社をプロが徹底解説【メリット・デメリットや選び方を紹介】

Read More

ネット広告の料金相場⑤記事広告

多くのPVを持つWebメディアが独自に提供している広告枠に掲載される広告です。

Webサイトのコンテンツ一覧や関連記事などのスペースに自然な形で表示されるため、広告費を最小限に抑えることができます。ユーザーのエンゲージメントを高めることができるでしょう。

料金相場の目安は下表のとおりです。

費用形態 料金相場
掲載期間保証型 100〜200万円程度

記事広告は、情報提供や専門知識が必要な商品に向いています。
例えば、金融商品・保険・健康食品などです。

ユーザーに対して詳細な情報を提供したい場合や、専門的な信頼性を高めたい場合などで大いに貢献してくれるでしょう。

ネット広告の料金相場⑥アフィリエイト広告

成果報酬型の代表的なネット広告です。
ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)に登録して広告を出稿することで、アフィリエイターのブログやWebサイトで商品やサービスを紹介してもらいます。

アフィリエイト広告は、広告の表示やクリックではなく、具体的な成果(商品購入、問い合わせ、会員登録など)が生じた場合のみ費用が発生します。これにより、広告主は無駄な広告費用を抑えることが可能です。

料金相場の目安は以下のとおりです。

費用の種類 料金相場
初期費用 4〜5万円程度
月額費用 3〜5万円程度
成果報酬 定率型→商品販売価格の数
定額型→1件成約につき定額を支払う
手数料 アフィリエイターに支払う報酬額の30%前後

アフィリエイト広告は、オンライン上で購入を完結できる商品に適しています。

そのほか、まとまった予算があり、出来るだけ早く結果を出したいものの、社内にリソースが足りない場合にも適しているネット広告だといえます。

ネット広告の料金相場⑦メルマガ広告

メールマガジン内に掲載される形式の広告です。

特定のトピックに興味を持つ読者が登録しているメルマガは、エンゲージメント率が高いため、広告主にとって効果的なプロモーション手段となり得ます。

自社の商材と関連性が高い媒体のメルマガを活用することで、効率的に複数のユーザーへリーチできるでしょう。

料金相場の目安を下表にまとめました。

費用形態 料金相場
クリック課金型 1クリックあたり約300~800円程度
配信数課金 1件あたり5~100円程度
一斉配信契約 配信メルマガ数×0.1~2円程度

例えば、メルマガ広告1通に対して10円、配信数3万回で契約した場合の費用は30万円程度となります。

メルマガ広告は、メルマガ会員限定の特典・定期購入商品・オンラインコース・セミナー、サブスクサービスなどを商材とするケースで向いています。

ネット広告を利用するメリット・デメリット

ネット広告を利用するメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット

・ターゲティング精度が高い
・コスト効率が高い
・リアルタイムで効果検証できる

デメリット

・正しい知識がないとROIが下がる
・効果測定と改善スキルを持つ担当者が必要

メリット①ターゲティング精度が高い

ネット広告はテレビや新聞などの広告と比較して、高度なターゲティング設定ができます。

広告主は広告を特定のユーザーに合わせて最適化し、広告効果を最大化することが可能です。

ネット広告では以下のような要素に基づいて、ターゲットユーザーを設定できます。

デモグラフィック 性別、年齢、教育レベル、所得レベルなどの基本的な人口統計学的情報
ジオターゲティング 地理的な位置(国、地域、都市、郵便番号など)
興味・行動 ユーザーのオンライン行動や興味(ユーザーが過去に訪問したウェブサイト、クリックした広告、購入した商品などの情報)
リマーケティング 過去にウェブサイトを訪れたなど、特定のアクションに関する情報

特定のユーザーに届けたい広告の場合は、ネット広告のターゲティング精度が大きく役立つでしょう。

メリット②コスト効率が高い

テレビや印刷広告などと比較して、コスト効率が高い点もネット広告のメリットです。

広告主は「一回クリックあたり」「一千回表示あたり」「成果報酬」など、自社の目標と戦略に合わせて最適な広告費用の支払いモデルを選択できます。そのため、無駄な広告費を削減し、ROIを向上させることが可能です。

また、印刷代が不要なので、クリエイティブにかかる費用も安く抑えやすくなっています。近年はAIの登場によって、広告効果の最適化に関しても低コストで実現できるようになってきました。

メリット③リアルタイムで効果検証できる

ネット広告は、ユーザーの反応をリアルタイムに把握し、データに基づいた改善をすることが可能です。効果検証を繰り返すことで、費用対効果の高い広告を迅速に完成させられます。

・クリック数
・クリック率
・クリック単価
・コンバージョン率

上記のようなデータをリアルタイムで収集できます。

デメリット①正しい知識がないとROIが下がる

ネット広告は、正しい知識を持っていないとROIが下がるデメリットがあります。

ネット広告は自社の商材・状況に合わせて細かく運用設定ができる反面、運用スキルがない人にとってはハードルが高いです。正しい設定ができない場合、予想以上に高額な料金がかかったり、広告効果が低くなる可能性があります。

デメリット②効果測定と改善スキルを持つ担当者が必要

ネット広告で成果を上げるには、効果測定と改善スキルが必要です。

広告費を設定して出稿すれば成果が出るわけではありません。仮説と検証を繰り返すからこそ、広告効果が最大化できるのです。

これを実現するためには、デジタルマーケティングに詳しい担当者を確保する必要があるでしょう。ネット広告の運用ノウハウのない状態でスタートしても、効果が得られず費用ばかりがかかってしまうため、専任の担当者を確保することが大切です。

そのうえで、専門的なノウハウと合わせて、効果検証と改善を繰り返す時間も必要なことを覚えておきましょう。

ネット広告の費用対効果を高めるポイント

前章で取り上げたメリット・デメリットを踏まえて、ここからはネット広告の費用対効果を最大限に高めるために実践したいポイントを2つピックアップし、順番に解説します。

目標CPAから逆算して予算を定め許容コストを把握する

ネット広告の予算を決める際は、目標とするCPA(顧客獲得単価)から逆算して検討するのが一般的です。ネット広告の予算は、以下のように表せます。

広告予算=目標のCPA×目標のコンバージョン数

次に、目標CPAの算出方法を紹介します。まず、損益分岐点の1件あたりの金額を限界CPAといいます。限界CPAとは、赤字にならないものの、利益も出ないギリギリの金額のことです。ここから利益として確保したい1件あたりの金額を引くと、目標CPAを算出できます。

目標CPA=限界CPA-確保したい利益

その後、出稿するネット広告にかけられるコスト上限を決めましょう。ネット広告に使える上限額を決めておくと、その額までに結果が出なければ、別の方法を考えたり、撤退したりといった柔軟な対応が可能になります。

そのうえで、ネット広告の出稿によって得られるアクセスデータ・コンバージョンなどを日々確認します。常に仮説・運用・検証・実行のPDCAを回すことで、広告費用の適正化につながるでしょう。

ターゲット層を明確に定めておく

ターゲット層を明確にして適切なネット広告を配信することも、費用対効果を高める重要なポイントです。

最初のステップとして、商品やサービスを購入する可能性のあるターゲット層を明確に定義しましょう。年齢、性別、地域、趣味、ライフスタイルなど、さまざまな観点からターゲット層を詳細に分析することが大切です。

ターゲット層が明確になれば、その層に最も効果的な広告形態を選択することが可能になります。

例えば、若者向けの商品であればSNS広告が有効であり、非認知層を含む幅広いターゲット層にアプローチしたいならディスプレイ広告が効果的です。

このようにターゲット層を明確に定め、その層に最適な広告を選択することで、ネット広告の費用対効果を高められます。自社の顧客や潜在的な顧客を深く理解し、それを元に適切な広告戦略を立てるようにしましょう。

ネット広告運用を代理店に依頼した時の料金・費用相場

ネット広告の配信・運用にあたっては、自社のリソースで実施するだけでなく、専門知識を持った代理店に依頼する選択肢もあります。

代理店に依頼すると広告運用を一任できるので、自社で行う作業の手間が省けます。ノウハウのない人が広告運用を行うと、費用対効果が悪くなる可能性が高いです。

ネット広告のプロである代理店を活用することで、こうしたリスクを抑えられます。自社のリソースは、コア事業に充てることが可能です。

ここでは、ネット広告運用を代理店に依頼した場合の料金・費用相場について解説します。

初期設定の費用相場

Web広告運用の初期設定にかかる費用の相場は3万〜10万円程度です。

具体的には、以下のような作業内容に対して費用が発生します。

・アカウントの開設
・キャンペーン設定
・ターゲット設定
・キーワード選定

ネット広告の運用を代理店に依頼する際には、どの範囲で代行してもらえるのか、各費用はいくらかかるのかなどを確認しておきましょう。その他、広告代理店によっては、リサーチやマーケティングなどにかかる費用が加算されることもあります。

運用手数料・代行料金

ネット広告の運用を代理店に依頼する場合、一般的にはおおよそ20%程度の手数料・代行料金が上乗せされます。

例えば、20万円を広告費とする場合、代理店費用として4万円程度を見込み、実質16万円での運用となります。また、例のように手数料が5万円を下回る場合は、最低料金として5万円を請求されるケースが一般的です。

クリエイティブ制作の費用相場

ネット広告の運用にあたって、広告の画像、動画、テキスト、ランディングページ(LP)などのクリエイティブ制作も依頼する場合は、追加で費用がかかります。

クリエイティブ制作の具体的な費用相場は、制作内容によって大きく変動するため一概には言えませんが、数万円〜数十万円程度が目安です。

クリエイティブ制作は、運用を依頼する広告代理店にそのまま任せる選択肢もあれば、別業者に発注する選択肢もあります。コミュニケーションコストを減らしたい場合は、広告代理店に一括で任せることが望ましいです。

大まかなイメージを担当者に伝えることで、運用だけでなくクリエイティブ制作や制作ディレクションも代行してくれるでしょう。

その一方で、クオリティを重視したい場合、その広告ジャンルに強みを持つWeb広告制作会社に別途発注するのも一つの手です。

ネット広告の料金を抑えたい方はマキトルくんがおすすめ!

「効果的なネット広告の配信・運用を料金を抑えて依頼したい」
「でも質の高い広告代理店を探す自信や時間がない」

こうした方におすすめしたいのが、月額5万円からご依頼いただける「マキトルくん」です。

Webコンサル会社であり、実績豊富なフリーランス集団であるStockSunだからこそできる費用対効果の高いサービスになっています。

ここでは、ネット広告の運用でマキトルくんを活用するメリットを3つご紹介させてください。

・月5万円から優秀なフリーランスにネット広告の制作・運用を依頼できる
・ネット広告の配信だけでなくWebマーケ全般の実行支援に対応
・外注を一本化できるためコスト削減につながる

月5万円から優秀なフリーランスにネット広告の制作・運用を依頼できる

マキトルくんでは、月額定額5万円より優秀なフリーランスにネット広告の制作・運用を依頼できます。

コンサル料がかからないため、「優秀なプロに依頼したいものの、高額な費用を支払う予算がない」といった企業にも安心してご利用いただけます。

また、ネット広告の制作・運用を担当するのは、StockSunに在籍する2,000名以上のフリーランスの中から、上位20%の優秀な人材に厳選しております。自社で優秀な人材を探す手間がかかりません。

・ネット広告の制作・運用スキル
・コミュニケーションスキル
・目的の達成意識

上記の要素を備えたフリーランスだけをアサインいたしますので、高クオリティーなネット広告を制作・運用が可能です。

ネット広告の配信だけでなくWebマーケ全般の実行支援に対応

マキトルくんでは、ネット広告の配信だけでなく、マーケティング全般の実行支援を月額定額制で依頼いただけます。

・ネット広告の運用を内製化したい
・コンバージョン率の高いネット広告を制作したい
・ネット広告の制作だけでなくSNS運用やLP制作なども任せたい

上記のようなニーズにも柔軟に対応可能です。

まず貴社のニーズ・課題を丁寧にヒアリングした後で、最適なご提案をさせていただきます。施策の内容が決定したら、次に必要な人材を集めて独自のチームを構築し、業務に取り掛かっていく流れです。

「とはいえ、複数のフリーランスを集めたら連絡を取り合うのが面倒そう」

この問題を未然に防ぐために、マキトルくんでは専属のディレクターが貴社とフリーランスの間に入ります。ヒアリング能力の高いディレクターが担当いたしますので、コミュニケーションコストを最小限にすることが可能です。

外注を一本化できるためコスト削減につながる

現在、複数の外注先に業務を委託している場合、マキトルくんに外注を一本化すればコストを削減できます。これまで個別に発生していた固定費をまとめるだけでも、支出を最小限にできるでしょう。

マキトルくんに一本化した場合、チーム内で綿密にコミュニケーションを取ることが可能です。それぞれの担当者が成功事例・進捗状況を共有しながら、スピーディーかつ費用対効果の高い施策を実行できます。

最小限のコストでスピーディーにネット広告の制作・運用を依頼したい方は、ぜひマキトルくんの無料相談へお問い合わせください。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

まとめ

ネット広告を配信・運用する際は、種類に応じてかかる料金が異なるため注意しましょう。

ネット広告の運用を代理店に依頼する場合は追加で代行手数料がかかりますが、専門知識を用いた適切な運用が期待できます。費用対効果を高めたい場合は、広告代理店の活用も検討しましょう。

「ネット広告の制作・運用を最短で行い、売上アップにつなげたい」
「外注を1本化してコストの最適化を図りたい」

その場合は、弊社StockSunのマキトルくんをおすすめします。

マキトルくんでは、優秀なディレクターとフリーランスによる質の高い実行支援を月額定額で提供しています。効果的なネット広告の制作・運用についてプロによる戦略をお求めの方は、お気軽にお問い合わせください。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。