メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

動画広告の単価を媒体種類別に解説【出稿のポイントをStockSunが解説】

StockSun株式会社の植本です。
私は、StockSunの事業領域において、動画を活用したマーケティングを専門におこなうコンサルタントです。

動画広告はインターネット広告の中でも、近年注目が上がってきた広告形態です。その理由として、多くの情報を音声・文字・映像と多方面で提供でき、新聞広告などの文字より情報量を多くできる点があります。一方で、動画広告の制作にはコストや時間がかかり、配信するメディアによって単価にも違いがあります。

そこで本記事では、動画広告の種類と単価について、プロの視点から解説します。各種SNSによって単価のみならず特性や出すべき広告まで変わるため、これから広告を出そうか迷われている方のご参考になれますと幸いです。

\特典:売上倍増!?貴社の事業課題を解決する広告戦略をご提案/

動画広告の無料相談
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

動画広告とは

動画広告とは、インターネット上で動画を利用して行われる広告のことです。テレビや映画館などで行われる動画広告とは異なり、主にYouTubeやTikTokなどの動画共有サイトや、ニュースサイトやSNSなどのウェブサイト上で配信されることが一般的です。

動画広告には、様々な種類があります。

例えばYouTubeの場合、15秒~30秒程度の短い広告映像が流れる「スキップ広告」や、広告をスキップできないようにした「ノンスキップ広告」、インフルエンサーが製品を紹介する「インフルエンサーマーケティング広告」、配信前に流れる「プレロール広告」、再生中に表示される「インタラクティブ広告」などがあります。

また、動画広告はその映像とともにリンクを貼り付けたり、バナーやテキスト広告などの広告フォーマットを追加したりすることができ、広告をクリックすることで、ウェブサイトにアクセスしたり、購入したりすることができます。

動画広告は、視聴者に強い印象を与えることができ、商品やサービスのアピール効果が高いため、近年広告費の増加傾向が見られています。

しかし制作費が高くなりやすいため、小規模な企業や個人事業主などが制作することが難しいというデメリットもあります。

動画広告の単価種類

動画広告には、広告主が支払う単価の種類が複数存在します。

CPV

CPV(Cost Per View)は、動画広告の再生回数に応じて広告主が支払う単価です。

この単価は、動画広告の再生数に基づいて算出されます。

一般的に、再生数が多いほど広告主にとって有利な単価となり、ブランド認知度の向上や製品の認知度向上を目的とした広告に適しています。

CPM

CPM(Cost Per Mille)は、1,000回の広告表示回数に対して広告主が支払う単価です。

つまり、広告の表示回数に応じて料金が発生します。

CPMは、広告の露出回数を重視する広告主にとっては適しています。

反対に広告表示回数が多くても再生されなかった場合にも料金が発生するため、再生回数が少ない動画広告には向いていません。

CPC

CPC(Cost Per Click)は、クリック数に応じて広告主が支払う単価です。

つまり、動画広告に設置されたリンクをクリックしたユーザー数に基づいて料金が発生します。

CPCは、特定のアクションを促す広告に適しています。例えば、製品の購入やサイトへのアクセスを促す場合に利用されることが多くなります。

CPF

Cost Per Foot(コスト・パー・フット)の略で、動画広告の視聴時間に応じて課金される単価方式です。

視聴された秒数に応じて料金が発生するCPVに対し、視聴されたフット数に応じて料金が発生するという点が異なります。

フット数とは、映像の長さを1フット=約30.5cmとした単位です。

CPFの場合、視聴された動画の長さに応じて課金されるため、実際に興味を持ったユーザーが長時間動画を視聴した場合に効果的な課金方式といえます。

CPE

Cost Per Engagement(コスト・パー・エンゲージメント)の略で、動画広告において、視聴者がアドのリンク先にアクセスするまでにかかるコストを示す単価方式です。

例えば、視聴者が広告のバナーをクリックして商品ページにアクセスするまでにかかった費用を表します。

CPEの場合、広告のクリックなどの具体的なアクションが目的となるため、クリック単価(CPC)よりも高めの単価が設定されることが多く、広告主にとってリターンオンインベストメント(ROI)が高いという特徴があります。

\特典:売上倍増!?貴社の事業課題を解決する広告戦略をご提案/

動画広告の無料相談
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

媒体別での動画広告単価

さまざまなプラットフォーム・媒体で動画広告を出稿することができますが、その単価の設定方法はそれぞれ異なります。

ここでは各媒体での動画広告単価をまとめていきます。

YouTube

YouTubeは世界中で最も広告収益の高い動画共有サイトの一つであり、多くの企業がYouTubeを広告配信のメイン媒体として選択しています。そのため、YouTube広告の相場は他の動画広告媒体と比較して比較的高くなっています。

YouTube広告の単価はCPV(Cost Per View)に基づいています。

CPVは、広告が再生された回数に基づいて課金されるため、広告の再生回数が多いほど費用がかかります。

YouTube広告のCPV(クリック単価)の相場は、地域・ターゲット層・競合状況・広告の種類などによって異なりますが、一般的には100〜450円前後と言われています。

また、YouTube広告には複数の種類があり、その種類によって単価が異なります。インストリーム広告やバンパー広告は比較的低コストで利用できますが、アウトストリーム広告は広告再生の保証ができないため、CPVが高く設定されています。

総じて言えることは、YouTube広告の相場は様々な要因によって異なるため、自社の予算や目的に合わせた適切な広告戦略を立てることが必要です。

関連記事

YouTube広告の攻略事例【種類別にプロが解説】

YouTube広告の攻略事例【種類別にプロが解説】

Read More

Facebook

Facebookの動画広告の相場は、CPM(コストパーミレ)単価で計測されます。

CPM単価は広告を表示するために必要な1000回の表示回数ごとに発生する費用のことで、競合状況やターゲットオーディエンスによって大きく異なります。

一般的に、Facebookの動画広告は、競合が多い分野ほど高価である傾向があります。

また広告主が設定する広告予算や広告の表示時間帯・地域によっても価格が変動しますが、平均的なCPM単価は、1,000円から3,000円程度と言われています。

さらに、Facebookは広告主が自由に入札価格を設定できるオークション形式の広告配信システムを採用しており、競合環境に応じて最適な単価で広告配信が可能です。

ただし、広告主が安易に入札価格を上げてしまうと、コンバージョン率の低下などのリスクがあります。

そのため、Facebookで動画広告を配信する際には、目的と予算に合わせて的確なターゲットオーディエンスを設定し、入札価格を適正に設定することが重要です。

また、広告配信後には、配信結果を確認し、改善点を把握しながら、戦略の修正を繰り返していくことが大切となります。

Instagram

Instagram広告は、Facebook Ads Managerによって管理され同じ入札競争を共有します。

そのためFacebook広告と同様に、広告配信の単価は時期や需要に応じて変動します。

Instagramでの広告配信にかかる費用は、多くの要因に依存していますが、いくつかの一般的な基準があります。

まず、Instagram広告の配信には入札競争があります。

これは、広告主がどれだけの金額を入札するかに応じて決定され、入札金額が高いほど広告が配信される可能性が高くなります。

また、広告の品質やCTR(クリックスルー率)も広告配信に影響を与えます。

Instagram広告の配信単価は、通常、クリック数やインプレッション数に応じて決まります。

現在、Instagram広告の単価は、1回のクリックあたり50〜300円程度であり、1,000回のインプレッションあたり100〜900円程度です。

ただし、広告の品質や広告主のビジネス目的によっても異なります。

また、Instagram広告の配信単価は、広告のフォーマットや広告をターゲットにした人々の属性によっても異なります。

Instagram広告のフォーマットには、ストーリーズ広告、フィード広告、リールズ広告などがあり、それぞれのフォーマットにおける配信単価は異なります。

さらに、広告をターゲットにした人々の属性によっても単価が変動します。

例えば広告をターゲットにした人々の年齢層や地理的位置、興味関心などによってさえ、配信単価が変わることがあります。

Twitter

Twitterでの動画広告の相場は、多くの場合CPM(1,000回の表示単価)で表されます。

ただし、Twitterの広告プラットフォームは、広告主が自分で価格を設定できるオークション形式を採用しているため、相場は常に変動しています。

一般的に、Twitterの動画広告のCPMは600〜1,000円程度と言われています。

ただし、広告のフォーマット、ターゲット、競合などによって、この金額は大幅に変化する可能性があります。

例えば、広告主が競合が少ない特定の業界にいる場合、CPMが安くなる可能性があります。

また、広告がユーザーのターゲットに完全にマッチした場合、より高い効果を期待できるため、CPMが高くなる傾向があります。

Twitterの動画広告を効果的に活用するためには、ターゲティングの精度を上げ、ユーザーの関心を引くクリエイティブを提供することが重要です。

また、広告の配信状況を定期的に監視し、最適な金額とターゲティングを見つけ出すことも必要となります。

TikTok

若者を中心に人気が高まっている動画共有アプリであり、多くの企業が広告宣伝を行っています。

TikTokでの動画広告の相場は、広告タイプや配信地域、広告出稿期間、広告表示位置などの要因によって大きく異なります。

以下では、TikTokでの動画広告の相場の一例を紹介します。

TikTokの広告タイプには、

・インフィード広告

・ブランドトップ広告

・トップビュー広告

・ブランド効果調査広告

などがあります。

インフィード広告は、ユーザーがフィードをスクロールしているときに表示される広告で、その相場は日本国内でCPM(1,000人あたりの広告料金)で約800円〜1,000円程度です。

ブランドトップ広告は、トップページに表示される広告で、その相場は日本国内でCPD(1回の広告再生に対する料金)で約50円〜100円程度です。

トップビュー広告は、ユーザーがTikTokを開いたときに最初に表示される広告で、その相場は日本国内でCPDで約400円〜500円程度です。

ブランド効果調査広告は、ユーザーが広告を見た後の認知度や興味度合いを測定するための広告で、その相場は日本国内でCPMで約1,500円〜2,000円程度です。

TikTokの広告出稿期間については、1日単位から最長180日まで選択できます。広告出稿期間が長くなるほど、広告料金も高くなる傾向があります。

TikTokの広告表示位置については、インフィード広告はユーザーのフィードの中に表示されます。

また、トップビュー広告は、TikTokを開いたときに最初に表示され、ブランドトップ広告はトップページに表示されます。

Yahoo!

Yahoo! JAPANの動画広告の単価形式は、CPV(Cost Per View)です。

CPVは動画が再生された回数に応じて広告主が料金を支払う方法です。

Yahoo! JAPANの場合、1回の再生が3秒以上であればカウントされます。

Yahoo! JAPANでは、広告主が利用できる動画広告のフォーマットは、インストリーム広告とアウトストリーム広告の2つがあります。

インストリーム広告は、ユーザーが動画コンテンツを視聴しているときに挿入される動画広告です。

アウトストリーム広告は、動画コンテンツを視聴していない場合でも表示される動画広告です。

Yahoo! JAPANのインストリーム広告の単価は、平均でCPV 5円〜20円程度です。アウトストリーム広告の場合、平均でCPV 1円〜5円程度です。

Yahoo! JAPANは、日本国内でのユーザー数が多く、ビジネスやショッピングに関する情報が多く掲載されているため、商品やサービスを紹介する動画広告に適していると言えます。

また、Yahoo! JAPANは、地方自治体などの公的機関や大手企業が利用することが多く、地方のターゲットに向けた広告配信が可能であるため、地域に特化した企業やサービスを展開する中小企業などにも向いています。

ただし、Yahoo! JAPANでの動画広告の相場は、他の媒体に比べて高めであることがあります。また、競合が激しく、クリック率や再生数に応じた課金制度のため、予算を大きく割かなければ露出数や効果が出づらくなる場合があります。

タクシー

移動中に広告を見るという状況が多いため、印象に残りやすく、ブランド認知度の向上に効果的です。

タクシー広告での動画広告は、特に注目を集めています。一部のタクシー広告にはGPSを利用した配信システムがあるため、配信範囲を指定することも可能です。

相場はタクシー会社や地域によって異なりますが、一般的には30秒程度の動画広告であれば、1か月あたり数万円から数十万円程度が相場となります。

タクシー広告は、地域性が強いため、地域によって価格差がある場合があります。また、広告素材の作成費用や広告の配信期間によっても価格は変動します。

タクシー広告は、移動中に広告を見る機会が多いため、視認性が高く、ブランド認知度の向上に効果的です。

地域性が強いため、地域密着型の企業やサービスに向いています。広告配信期間が短期間であっても効果が見込めるため、期間限定のプロモーションやイベント告知などにも適しています。

\特典:売上倍増!?貴社の事業課題を解決する広告戦略をご提案/

動画広告の無料相談
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

動画広告を正しく活用するポイント4点

予算を無駄にせず、良い費用対効果で動画広告を活用するには、以下の5つのポイントに注意する必要があります。

ターゲット・目的を明確にする

動画広告を制作する前に、ターゲットとなるユーザー層と広告の目的を明確にすることが重要です。

広告の目的は、商品やサービスの認知拡大、購入促進、ブランドイメージの向上など、様々なものがあります。

またターゲットとなるユーザー層については、年齢、性別、趣味、関心分野などを考慮して、細かく設定することが大切です。

SNSにより特性が違う、媒体を使い分ける

動画広告を配信する媒体によって、視聴環境やターゲット層が異なるため、媒体ごとに適した動画広告を作成する必要があります。

例えば、FacebookやInstagramは、スマートフォンを利用しているユーザーが多く、短い動画広告が効果的です。

一方、YouTubeは、視聴者が動画に集中しているため、長めの動画広告が受け入れられやすいです。

分析と検証を繰り返す

動画広告の効果を正確に把握するためには、配信後のデータ分析が重要となります。

配信回数や視聴回数、CTR(クリックスルーレート)などの指標を確認し、改善点を把握することが必要です。

また、同じ動画広告でも、ターゲットや配信タイミングを変えてA/Bテストを行うことで、最適な配信方法を探ることも重要です。

コンテンツの魅力を高める

視聴者を引きつけるようなストーリーや映像、音楽、アニメーションなどを工夫することで、印象に残る広告を制作することができます。また、企業のブランドイメージやメッセージを伝えるために、ロゴやスローガンを効果的に使うことも必要です。

ただし、あまりにも派手すぎたり、目立ちすぎたりすると、かえって視聴者に嫌悪感を与えることがあります。そのため、コンテンツの魅力を高めると同時に、視聴者の感情に訴えるようなバランスの良い広告制作が求められます。

広告以外に動画を活用する方法

動画は広告だけでなく、企業の宣伝やPR、商品やサービスの紹介など、様々な場面で活用されています。

広告以外の動画の活用方法としては、以下の3つが挙げられます。

YouTubeチャンネルの設立・運用

YouTubeは世界中で多くの人々に利用されている動画共有サイトであり、ビジネスにも活用されています。

企業がYouTubeチャンネルを設立することで、商品やサービスの紹介動画やイベントの模様を公開することができます。

また、企業の社員が出演する企業紹介動画を公開することで、社員の人間性や企業文化をアピールすることもできます。

さらに、YouTubeには広告配信プログラムもあり、広告収入を得ることもできます。

公式HPへの掲載

企業の公式HPに動画を掲載することで、商品やサービスの魅力や特徴を訴求することができます。

また、商品の使い方やサービスの手順を動画で説明することで、ユーザーの理解を促進することができます。

さらに、企業のイメージを高めるために、企業の理念や取り組みを動画で紹介することも可能です。

各種SNSにて配信する

広告出稿によって有料で配信することが可能ですが、SNSを使えば配信自体は無料で行うことができます。

もちろん全く同じ効果が期待できるとは限りません。

例えばYouTubeの場合、広告は視聴者の元へ自動的に流れるため、基本的に見たがらない視聴者をいかに惹きつけるかが鍵になります。

しかし自分のチャンネルにてアップロードする場合、ユーザーが視聴するときはユーザー自らクリックしたときです。

その場合、いかに冒頭で惹きつけるかも大事ですが、動画の内容に満足してもらうことやチャンネルのファンになってコメント・高評価等のアクションを起こしてもらうことが、広告と違う大事なポイントとなります。

このように広告用動画が向いていない場合もありますが、配信自体は無料なため費用対効果を最大化させたい場合には悪くない施策とも言えます。

\特典:売上倍増!?貴社の事業課題を解決する広告戦略をご提案/

動画広告の無料相談
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

広告以外に売上を上げる方法

企業が広告以外に売上を上げる方法は、多岐にわたります。

ここでは、Webサービスを活用する中でも注目される「オウンドメディアの運用」と「企業案件の発注」について解説します。

オウンドメディアの運用

オウンドメディアとは、企業自身が運営するWebメディアのことです。

オウンドメディアでは、企業の商品やサービスを紹介する記事や動画を配信し、消費者とのコミュニケーションを図ることができます。

また、オウンドメディアはSEO対策にも役立ち、サイトの集客につながることが期待できます。

オウンドメディアを運用するためには、専門的な知識が必要となります。

例えば、記事の執筆や動画の制作、Webデザインなどが必要になるためです。

また、コンテンツの品質や更新頻度にも注意が必要です。

しかし、オウンドメディアを運用することで、企業と消費者との関係性を強化することができるため、売上アップにつながる可能性があります。

企業案件の発注

企業案件とは、他の企業から受託して行う仕事のことです。

企業案件を発注することで、自社の売上を上げることができます。

例えば、WebデザインやWebマーケティング、動画制作などを発注することで、自社のWebサイトの改善や広告制作を行うことができます。

企業案件を発注する際には、信頼できるパートナー企業を選定することが重要です。

また、自社のニーズに合ったサービスを提供している企業を選ぶことが大切です。

そして、企業案件を発注することで、自社のビジネスの拡大や業務効率の向上につながることが期待できます。

まとめ

動画広告は、活用方法次第で即効性も費用対効果も十分に得られるマーケティング施策です。

ただ競合も多く、一度設定した後も定期的な分析が必要となるため、持続性や資産性はやや薄いとも言えます。

御社の場合ではどのように広告を回すべきか、そもそも広告を打つことが正しいのか、プロが無料相談を承らせていただきます。

以下ボタンより、お気軽にお問合せください。

\特典:売上倍増!?貴社の事業課題を解決する広告戦略をご提案/

動画広告の無料相談
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

動画広告の運用に適任のコンサルタント

青笹寛史

青笹寛史

YouTube×LINEのスペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

CRMコンサルティング

植本涼太郎

植本涼太郎

YouTubeスペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

採用コンサルティング

医療・クリニック

転職

新卒

採用代行

工務店、ハウスメーカー

塾・予備校

飯田健登

飯田健登

企業専門のYouTube運用スペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

Instagram・Xコンサルティング

為国辰弥

為国辰弥

採用スペシャリスト

採用コンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

転職

新卒

総合Webマーケティング支援

Webサイトコンサルティング

SEO•MEOコンサルティング

Web広告運用コンサルティング

鳥屋直弘

鳥屋直弘

StockSunNo.1のYouTube制作チーム

YouTube・TikTokコンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

転職

新卒

工務店、ハウスメーカー

不動産投資

受託

製造業

SaaS

CRMコンサルティング

採用コンサルティング

Instagram・Xコンサルティング

濵口魁希

濵口魁希

社長の右腕 WEB戦略のゼネラリスト

Web広告運用コンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

新規事業コンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

SaaS

採用代行

柴田章矢

柴田章矢

動画マーケティングの達人

YouTube・TikTokコンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

新卒

受託

和田悟

和田悟

テレビ番組クオリティをWeb動画に

YouTube・TikTokコンサルティング

山本紘希

山本紘希

WordPress職人

システム・アプリ開発コンサルティング

Webサイトコンサルティング

受託

SEO•MEOコンサルティング

松浦英雅

松浦英雅

住宅領域のスペシャリスト

Instagram・Xコンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

不動産投資

工務店、ハウスメーカー

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。