メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

外注で成功するバナー制作!おすすめサービス紹介

更新日
外注で成功するバナー制作!おすすめサービス紹介

効果のあるバナーを作成すればWebサイトに訪れたユーザーを誘導することが可能です。そのため、ユーザーが興味を引くバナーが重要となります。

バナーを作成したいがどのようなデザインにすれば良いか分からない。そのように考えている人も多いでしょう。解決策の1つとして、バナー制作を外注する方法があります。

バナー制作を外注に依頼することで、希望に沿った効果のあるバナーを手に入れることができるでしょう。

この記事では、バナーを外注に依頼する場合のメリットや注意点、料金相場、おすすめのサービスなどを紹介します。

なお、弊社StockSunでは、格安でリスティング運用代行をはじめとするWeb集客全般の施策を依頼できる「マキトルくん」というサービスを提供しています。

月5万円からの定額サービスになっているので、Web施策を通じて最小限のコストで売上を最大化させたい方に最適です。

 

最小限のコストで迅速に結果を出したい方は、ぜひマキトルくんの利用をご検討ください。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。

バナー作成依頼とは?

TバナーはWebサイトに設置する小さな広告です。バナー作成を外注に依頼すると言われても、その必要性を感じない人も多いのではないでしょうか。

ほとんどの人が「小さな広告なので自分で作成できるの」と考えてしまうためです。
しかしバナーの質や完成度によって、クリック率が確実に違ってきます。Webサイトに良いバナーを配置すれば、効果が保証されると言えるでしょう。

一方効果のあるWebサイトを作成したにも関わらず、バナーの質が低いとWebサイト自体の評価が下がってしまうことも考えられます。
このようにバナーの質は、Webサイト全体に影響してくるものです。

バナーの作成を外注する目的

バナー作成を外注に依頼する目的は、効果のあるバナーをWebサイトに貼り付けるためです。

バナーのデザインや質が低いとWebサイトを訪れたユーザーの評価が上がらないため、すぐに離脱されてしまうでしょう。
Webサイトの内容が魅力的だった場合でも、ユーザーがその部分にたどり着く前に離脱されてしまっては意味がありません。バナーはWebサイトの第一印象を決める重要な役割を担っていると言えるでしょう。
そのためバナー作成は自分で作成するよりも、プロである外注に依頼する方が安心と言えます。費用は発生しますが、Webサイトへの効果を考慮すれば効率的と考えられるでしょう。

ただし注意しないといけないのは、外注に依頼したからと言って必ずしも効果のあるバナーが出来上がるわけではないと言うことです。Webサイトにマッチしていなければ、意味がありません。
そのため、効果のあるバナーを作成できる外注を吟味する必要があると言えるでしょう。

関連記事

Webデザインをサブスク出来るおすすめ企業5選を紹介

Webデザインをサブスク出来るおすすめ企業5選を紹介

Read More

バナーを外注するメリット

バナー作成は単に画像編集の技術があればできるものではありません。Web広告やコピーライティングのスキルも必要です。そのため、自分でバナーを作成するよりプロである外注に依頼した方が効率良いと言えるでしょう。ここではバナー作成を外注に依頼するメリットを紹介します。

効果的な広告バナーを手に入れられる

バナー広告は新しい発想が必要とされる高度な作業です。Webサイトに訪れたユーザーの目線を考慮します。プロに任せた場合、豊富な経験によってWebサイトに合った効果のあるバナーの作成が可能となるでしょう。作成を依頼する際にイメージを伝えておくことで、認識のずれを防ぐことも可能となります。
バナー広告はデザインだけでなく、効果的なメッセージが求められると言えるでしょう。この両者をバナー広告に盛り込むためには、スキルや経験値が必要です。外注に依頼した場合は、視覚的な要素であるレイアウト、フォント、コンポジション、色彩などを駆使して魅力的なデザインに仕上げてくれます。また対象としているターゲット層に対して、訴求できるメッセージを戦略的にバナー広告に盛り込むことも可能となるでしょう。

時間と費用を節約できる

バナー広告を作成する場合、イメージが決まっていてもそこからデザインの構想や実際の制作などで多くの時間を費やします。外注に依頼した場合、スキルや知識が蓄積されているため、決まった業務フローを進めることで質の高いバナー作成が可能です。
自分でバナー広告を作成した場合は時間と費用ばかりかかって、作業が進まないことが考えられるでしょう。それと比較すると、外注に依頼した場合は短い期間で質の高いバナー広告を作成することができるため、時間と費用の節約につながると言えます。

ビジネスに適したサイズとデザイン選びが容易

外注に発注した場合、豊富な経験からWebサイトや自社の業務にあったバナー広告を提案してくれるでしょう。単にデザイン性が良いだけでは、意味がありません。バナー広告は、自社のブランドや自社の商品を主張するものであることが必要です。外注に依頼した場合、自社のイメージも重視したデザインで作成してもらうことが可能となるでしょう。
また外注に依頼した場合は、最新の技術やトレンドを加味したバナー作成が可能です。Web広告業界は日々変化し続けています。その中で次々に出てくる技術やトレンドに追従していくことは、自社だけでは困難と言えるでしょう。
外注に依頼した場合、最新のツールや技術を用いたり市場の動向を加味したデザインを適用したりして、バナー作成が可能です。これにより、競争力の高いバナー広告をWebサイトに設置することが可能となります。

バナー作成依頼をする際の注意点

外注に発注した場合、豊富な経験からWebサイトや自社の業務にあったバナー広告を提案してくれるでしょう。単にデザイン性が良いだけでは、意味がありません。バナー広告は、自社のブランドや自社の商品を主張するものであることが必要です。外注に依頼した場合、自社のイメージも重視したデザインで作成してもらうことが可能となるでしょう。
また外注に依頼した場合は、最新の技術やトレンドを加味したバナー作成が可能です。Web広告業界は日々変化し続けています。その中で次々に出てくる技術やトレンドに追従していくことは、自社だけでは困難と言えるでしょう。
外注に依頼した場合、最新のツールや技術を用いたり市場の動向を加味したデザインを適用したりして、バナー作成が可能です。これにより、競争力の高いバナー広告をWebサイトに設置することが可能となります。

経験のあるデザイナーがいるか確認しておく

外注先にもさまざまな企業が存在しています。バナー作成に関して、経験あるデザイナーが在籍していない場合も考えられるでしょう。またバナー作成の経験があっても、自社と異なる分野の経験しかない場合は、注意が必要です。自社と同じ分野で、バナー作成の経験がある外注に依頼することが望ましいといえます。
外注先には幅広くさまざまな分野のバナー広告を手がけている企業もあれば、特定の分野に特化している企業もあるでしょう。またシンプルなデザインが得意な企業や、インパクトのあるデザインが得意な企業など、それぞれに特徴が異なる場合もあります。
作成期間や価格だけでなく、過去の作品を参考にして自社のイメージに一致するか確認することが大切です。

イメージを明確化しておく

バナー広告を外注に依頼する場合、どのようなイメージにするのかを伝える必要があります。出来上がってきたバナー広告が、要望していたものと異なっていては意味がなくなるからです。どのようなものを作成してほしいのかイメージを明確にしておく必要があります。
例えば、シンプルでさりげないイメージだったり、目立つイメージだったり、バナー広告にもさまざまな内容があるためです。この場合はデザインの知識は必要ありません。要望する思いを伝える形です。
また、フォントや色、使ってほしいモチーフだけを伝えて、後はお任せする形でも構いません。何を重視しているのかを相手に伝えることが大切です。
イメージが決まらない場合は、さまざまなWebサイトでバナーを見てみる方法があります。特にバナーを集めたサイトを参照するのが良いでしょう。Webサイトによっては、テイストや色、商品カテゴリーなど、絞り込んで検索できる場合もあります。
サンプルを見つけることができれば、外注に依頼する場合にイメージを共有することが可能です。イメージが決まらない場合は参考にすることをおすすめします。

利用者からの評価と実績が高いか確認する

バナー広告を外注に依頼する場合、過去の作成実績や評価を確認することが重要です。過去の作品を見て、魅力的な作品を作成しているかどうかチェックしましょう。
バナー広告は、魅力的かどうかという点が重要です。Webサイトに訪れたユーザーは、魅力的な作品に引き込まれてクリックします。そのため魅力的なバナーは、クリック率の向上につながると言えるでしょう。
過去に作成したバナー広告をチェックする場合、バナー作成専門企業やWeb制作企業なら公式サイトに掲載されている過去の実績を確認します。個人のWebデザイナーならポートフォリオを確認する方法です。
過去にどのような作品を作成しているのかを見ることで、求めているイメージと一致しているかどうか判断することができます。
Webサイトの掲載されている過去の実績が少ない場合、他の作品を見せてもらうよう問い合わせるのも一つの方法です。

無料で利用可能なサービスがあるか確認する

依頼を検討している外注で、無料で利用可能なサービスがあるか確認しましょう。例えば無料で見積を出してもらうことができたり、バナー広告完成後に無料で修正ができたりするサービスです。直接外注候補の企業に問い合わせてみるのも、有効な方法となります。

バナー作成依頼時の料金と納期の相場

バナー作成を外注に依頼する場合の費用と納期の相場を紹介します。バナー作成にかかる費用は、デザイン料に加えて素材にかかる費用や修正する場合の費用などです。依頼先の企業によって含まれる内容が異なるため、確認することが大切です。
またバナー作成の費用が決まる要素として、バナー広告の種類、サイズがあります。

項目

説明

バナー広告の種類

バナー広告には種類があり、種類ごとに料金相場が変わります。バナー広告の種類は、テキスト、画像+イラスト、動画などで、順番に高額になる状況です。

さらにはバナー広告で使用する素材を、依頼側が準備するのか外注先が準備するのかでも費用が変わってきます。

バナー広告のサイズ

サイズが大きいと、費用が高額になります。そのため大きさの異なるバナーを複数依頼する場合は、同じデザインを使いまわす方が費用を抑えることが可能です。

バナー広告の種類別料金相場

バナー広告にはいくつかの種類が存在しています。それぞれの種類ごとに料金相場が違っている状況です。それぞれの料金相場を次の表にまとめています。

バナー広告の種類

料金相場

説明

静止画バナー

3000~1万円程度

写真やイラスト、文字などの素材で作成したバナーです。SNSやWebサイトに設置する際、視覚的な効果を得るのが目的となります。

さまざまなサイズで作成が可能です。サイズが大きいと、費用が高額になります。また大量に作ることができる点が特徴です。

ボタンリンクバナー

1500円~

ボタン上に「ここをクリックしてください」「詳細はここ」などの文字を表示するバナー広告です。クリックを誘導する目的で使用されます。

配置や色彩、デザインが重要となるため、高度なスキルが要求されると言えるでしょう。

動画広告バナー

3~100万円程度

このバナー広告は、SNSに広告を配置する際に使われます。バナーに再生ボタンが配置されており、再生時間は15〜30秒ほどです。

動画のキャスティング、演出、クオリティによって費用が変わります。外注に依頼する場合は事前に費用を確認するのが良いでしょう。

GIFアニメバナー

7000~8000円程度

パターンが多い場合は、1万円以上

このバナー広告は、動画と静止画の中間に位置するような形式です。いくつもの静止画をつなぎ合わせることで、動画を表示する仕組みになっています。丁度パラパラ漫画のようなイメージです。

静止画よりも動きがあるため、ユーザーの興味を引きやすく、狭いスペースでも存在感を出すことができます。

FLASHアニメバナー

2万円程度

Adobe社のFLASHを利用したバナーです。動画のようなスムーズな動きを制作することが可能ですが、FLASH環境が無いと観ることができません。

また2020年にサポートが終了しており、後継としてGoogle推奨のHTML5バナーが普及しています。

参考URL:クラウドソーシングTimes「【2024年版】バナー制作料金の相場を紹介」

サイズ別料金相場

サイズによって料金が変わってきます。サイズごとの料金の相場をまとめました。

バナー広告サイズ

料金相場

説明

極小サイズ

1000~3000円程度

極小サイズは300px以下のバナー広告です。スマートフォンなどの小さな画面向けに使用されています。次のようなサイズです。

  • 133×55px(横長の長方形)
  • 120×60px(長方形)
  • 200×200px(正方形)

小サイズ

4000~5000円程度

小サイズのバナー広告は550px以下です。Webサイトのヘッダーやフッター、サイドバーなどに使用されています。次のようなサイズです。

  • 300×50px(横長の長方形)
  • 300×250px(長方形)
  • 200×200px(正方形)

中サイズ

5000~9000円程度

中サイズのバナー広告は900px以下です。タブレットやパソコン向けや、Webサイトのコンテンツ文章の間に入れる場合に使われます。次のようなサイズです。

  • 728×90px(横長の長方形)
  • 120×600px(縦長の長方形)
  • 300×600px(長方形)

大サイズ

6000円~1万円程度

大サイズのバナー広告は1500px程度の大きさです。Webサイトのトップページやサイドバー型の広告などに使用されています。次のようなサイズです。

  • 970×250px(横長の長方形)
  • 300×1050px(縦長の長方形)
  • 1200×628px(長方形)

参考URL:クラウドソーシングTimes「【2024年版】バナー制作料金の相場を紹介」

バナー作成料金の内訳

バナー作成料金の内訳としては、次のような項目があります。

費用の種類

費用相場

説明

制作管理費・ディレクション費

制作費全体の10~20%

バナー作成業務の進捗管理や品質のチェックにかかる費用です。

デザイン費

必要に応じて決定

バナー広告のデザインにかかる費用です。CG加工や有料写真、修正費用まで含まれる場合があります。

撮影費

2000~2万円程度

バナー広告で使用する写真の撮影を依頼する場合にかかる費用です。モデルや遠方での撮影が必要な場合は、相場よりも高額になる可能性があります。

その他の費用

必要に応じて決定

その他費用は、例えば短納期による特急料金などが含まれます。特急料金は通常の1.5〜2倍程度かかることがあるでしょう。

期間に余裕をもって依頼することで、抑えることができる費用です。

納期の相場

納期が短い場合には費用が高額になります。下表は静止画バナーを作成する際の相場です。

日数

費用の相場

1日納期

7000~1万円

3日納期

5000~8000円

7日納期

3000~5000円

参考URL:フリーランス名鑑「バナー制作の料金相場はいくら?外注依頼の見積もり費用や金額を抑えるコツを紹介!」

急ぎ対応を依頼した場合は、その分費用が高額になります。納期に余裕を持つことで、費用を節約できると言えるでしょう。

SNSやWebサイトで効果的なバナーの活用法

コンテンツマーケティングの導入手順10ステップ|導入時の注意点やBtoBでの成功事例も紹介

SNSやWebサイトに効果のあるバナー広告を配置することで、クリック率が向上する場合があります。これは効果的にバナーを活用しているためです。ここでは、どのような方法が効果的なのかを紹介します。

画像と文字のバランスを揃える

バナー広告に伝えたいことを盛り込みすぎると、情報過多で見づらくなってしまいます。画像を使用する場合は、文字ともバランスを揃えると、見やすいバナー広告になるでしょう。例えば見えないガイド線を引いて、各要素を整える方法です。一定のルールに基づいて整列していると、それだけで見やすくなるでしょう。
また情報はグルーピングした方が分かりやすくなります。人は近いものを情報のまとまりとして判断するためです。関連のある情報をまとめることで、見やすくなるでしょう。

クリック率が上がるようにバナーを作成する

クリック率が向上するようなバナー広告を作成することで、ユーザーの興味を引くことが可能となります。クリック率が上がるバナーとしては、次の要素を満たしていると言えるでしょう。

  • 文字配置が適切
  • 適切な画像が選定されている
  • Zの法則に従っている
  • メリットが理解しやすい

Zの法則とは、人の目線が移動するラインを示しています。人の目線は「左上→右上→左下→右下」のように「Z」の動きです。この動きに合わせた配置を行うことで、高い効果を狙うことが可能となります

ターゲットユーザーに応じたデザインの重要性

バナー広告は、ターゲットユーザーに合わせたデザインにします。例えば若い男性や若い女性、年配の男性や年配の女性、妊婦さんなどです。ターゲットが異なると、興味のポイントも違ってきます。そのため、バナー広告のデザインをターゲットユーザーに合わせたものにする必要があるでしょう。

GoogleやFacebook広告でのバナー使用例

インターネット上に広告を出そうと考えた場合、候補に挙がるのは「Google」と「Facebook」ではないでしょうか。どちらも多くの人が利用しているため、広告を出せば世の中の人に広く知ってもらえることができます。

Google広告の特徴

Googleが手がけている広告は、Discover、Youtube動画、ディスプレイ広告、検索広告です。このうちバナー広告を配置できるのは、「ディスプレイ広告」となります。
ディスプレイ広告は、アプリの広告枠やGoogle提携のWebサイトの広告枠に表示されるものです。画像のバナーでも、動画のバナーでも表示することができます。

Facebook広告の特徴

FacebookはSNSの一つで、世界中の人が利用しているプラットフォームです。Facebook広告は、Facebook上、Instagram上、提携サイトのオーディエンスネットワーク上の3つで配信することができます。性別、年齢、地域、Webサイトの訪問者、顧客など、さまざまなカテゴリーでターゲットを設定することが可能です。

バナーの作成依頼ならマキトルくんがおすすめ!


「効果的なバナーの作成依頼を料金を抑えて依頼したい」
「でも質の高い広告代理店を探す自信や時間がない」

こうした方におすすめしたいのが、月額5万円からご依頼いただける「マキトルくん」です。

Webコンサル会社であり、実績豊富なフリーランス集団であるStockSunだからこそできる費用対効果の高いサービスになっています。

ここでは、バナーの作成依頼でマキトルくんを活用するメリットを3つご紹介させてください。

  • 月5万円から優秀なフリーランスにバナーの作成を依頼できる
  • バナーの作成だけでなくWebマーケ全般の実行支援に対応
  • 外注を一本化できるためコスト削減につながる

月5万円から優秀なフリーランスにバナーの作成を依頼できる

マキトルくんでは、月額定額5万円より優秀なフリーランスにバナーの作成を依頼できます。

コンサル料がかからないため、「優秀なプロに依頼したいものの、高額な費用を支払う予算がない」といった企業にも安心してご利用いただけます。

また、バナーの作成を担当するのは、StockSunに在籍する2,000名以上のフリーランスの中から、上位20%の優秀な人材に厳選しております。自社で優秀な人材を探す手間がかかりません。

  • バナーの作成スキル
  • コミュニケーションスキル
  • 目的の達成意識

上記の要素を備えたフリーランスだけをアサインいたしますので、高クオリティーなバナーの作成が可能です。

バナーの作成だけでなくWebマーケ全般の実行支援に対応

マキトルくんでは、バナーの作成だけでなく、マーケティング全般の実行支援を月額定額制で依頼いただけます。

  • バナーの作成を内製化したい
  • コンバージョン率の高いバナーの作成依頼したい
  • バナーの作成依頼だけでなくSNS運用やLP制作なども任せたい

上記のようなニーズにも柔軟に対応可能です。

まず貴社のニーズ・課題を丁寧にヒアリングした後で、最適なご提案をさせていただきます。施策の内容が決定したら、次に必要な人材を集めて独自のチームを構築し、業務に取り掛かっていく流れです。

「とはいえ、複数のフリーランスを集めたら連絡を取り合うのが面倒そう」

この問題を未然に防ぐために、マキトルくんでは専属のディレクターが貴社とフリーランスの間に入ります。ヒアリング能力の高いディレクターが担当いたしますので、コミュニケーションコストを最小限にすることが可能です。

外注を一本化できるためコスト削減につながる

現在、複数の外注先に業務を委託している場合、マキトルくんに外注を一本化すればコストを削減できます。これまで個別に発生していた固定費をまとめるだけでも、支出を最小限にできるでしょう。

マキトルくんに一本化した場合、チーム内で綿密にコミュニケーションを取ることが可能です。それぞれの担当者が成功事例・進捗状況を共有しながら、スピーディーかつ費用対効果の高い施策を実行できます。

最小限のコストでスピーディーにバナーの作成を依頼したい方は、ぜひマキトルくんの無料相談へお問い合わせください。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

まとめ

今回はバナーを外注に依頼する場合のメリットや注意点、料金相場、おすすめのサービスなどを紹介しました。バナー広告は決められたサイズ内で、ユーザーに伝えたいことを訴求する必要があるため、豊富な経験値や高度なスキルが必要と言えるでしょう。
自分で作成するよりも外注に依頼した方が、素早く効果のあるバナー広告が作成できます。バナー広告を作成する場合は、外注を活用するのが良いと言えます。

マキトルくんではバーナーの作成だけでなくWeb開発やWeb広告、SNS運用までさまざまな業務を包括的に対応しています。また、月額10万円からのライトプランも用意されており、コストをかけずにお試しで依頼することも可能です。

「バナーの作成を最短で行い、売上アップにつなげたい」
「外注を1本化してコストの最適化を図りたい」

その場合は、弊社StockSunのマキトルくんをおすすめします。

マキトルくんでは、優秀なディレクターとフリーランスによる質の高い実行支援を月額定額で提供しています。効果的なバナーの作成についてプロによる戦略をお求めの方は、お気軽にお問い合わせください。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。