メールで
無料相談
LINEで
無料相談

















TOP

美容室の広告手法全部知ってますか?美容室のムダな広告費を失くす方法

更新日
美容室の広告手法全部知ってますか?美容室のムダな広告費を失くす方法

美容業界での激しい競争に打ち勝つために、技術力の向上だけでは不十分です。

なぜなら、常に新規のお客様にあなたの美容室を見つけてもらう必要があるからです!

とはいえ、ホットペッパービューティーに掲載するだけでは人が来ないし、費用が少ないと上位に表示されず、集客につながらないため無駄になるだけという美容室もたくさんあります。
結局SNSをはじめてみたり、友人に来てもらったり、その友人の紹介をしてもらったりしたり、効果が出るか分からないポスティングを実施してみたり試行錯誤している美容室の声をよく聞きます。

先日も美容室のオーナーが次のような愚痴をこぼしていました。

「ただでさえ、接客や技術の向上に忙しいのにも関わらず、集客のためのマーケティングに時間を割かれて、しかも結果が出ないという状況は絶望的です。」
「本来やりたかったことは、サービスの質を高めることであって集客のために苦労し続けるのはいやだなぁ..」

広告にはお金がかかります。

そして、単純な広告の費用だけではなく、その広告を出すための施策を実行する人件費などが必要です。
手持ちの広告費用が限られている中で、いかに費用対効果の高い方法を見つけ出すかがポイントになります。

美容室の集客を増やしたい!と思っている方がこの記事を読んでいると思います。

『なぜ、この記事を読むべきか。』

それは、『美容室が実施すべき広告やマーケティング手法を全部知っていただきたい!!』からです。
全体像を知っていることで、何に今あなたの美容室が注力すべきかが分かります。

「表参道のあの美容室が、SNSでバズっているから、私たちもSNSをはじめよう」
「この美容室、よくチラシでみるし、お客さんも入ってそうだし、チラシやってみようかな」
と安易にマネしてしまうと広告費のムダになってしまいます。

結局は、あなたの美容室の現状にあわせた広告費を配分をどのように行うか、また、どのマーケティング施策があっているかを設計することが重要なのです。

本記事では、美容室の広告の全手法を解説します。

弊社StockSunのマキトルくんは、「格安でマーケティングのプロに業務を依頼できるサービス」です。弊社が抱える約2,000名のWebマーケティングに強いフリーランスの中から貴社専属の担当をアサインします。
「新しく人を雇うコストがない」「社内にノウハウがない」「自社の施策スピードが遅い」というお悩みを最短で解決いたします。

現在、オンライン無料相談を実施中です。
「スキルのある人材に格安で依頼したい」という方は、マキトルくんのオンライン無料相談をご利用いただき、貴社のWeb課題解決にお役立てください。
(※現在無料相談枠の空きがございます)

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。

美容室広告を打つ前に決めたいKPI

効果的な広告活動を行うには、まず目的を明確にする必要があります。

ただ、ひたすらに大きい集客目標を立てるのは危険です。

まずは、実現可能な目標を設定することで、施策の精度もあがりますし、何に予算を投下すべきか (逆に何をやらないべきか) がわかります。

  • 3か月、6か月、1年などの軸で、どれぐらいの顧客数を増やしたいか
  • 集客に使える全体の広告予算、1人当たりの集客増加のための広告コスト (CPA)
  • 集客増加のために使える時間 (経営者、従業員が業務中マーケティングに割く時間)

上記は最低限整理するようにしましょう。

施策が始まってから行き当たりばったりになってしまうよりも、どこの目標に向かっているのかは常に認識しておく必要があります。

広告の目的は、新規顧客獲得 or リピーター確保

そして、美容室の広告には主に2つの目的があります。
1つは新規顧客の獲得です。
これは事業拡大に直結するため、最も重視される目的です。
もう1つがリピーター確保です。
リピーター顧客は安定した売上源となり、さらに新規顧客の口コミ獲得にもつながります。このように目的に合わせて、広告の内容や手法を使い分ける必要があります。
一度きたお客様に対して、思い出してもらい、再来店してもらう目的のために 広告を実施します。

ペルソナ・ターゲット層の設定(年齢、性別、地域など)が重要

次に重要なのがターゲット層の設定です。髪型のトレンドや価格帯の選好は年代や性別で異なるため、対象を絞り込む必要があります。
マーケティング用語では、「ペルソナ 」と言われる顧客対象です。
現状来ているお客様などをベースに、出来る限り細かく決めていくのがいいでしょう。
例えば、ある美容室が20代の女性向けの美容室を運営しているとします。
そうすると、ペルソナは下記のようなものになるでしょう。

美容室で広告を出すときのペルソナの例

  • 名前: 田中 美咲(たなか みさき)
  • 年齢: 25歳
  • 職業: 事務職員(大手企業勤務)
  • 居住地: 東京都渋谷区
  • 趣味: ファッション、メイク、カフェ巡り
  • お気に入りのSNS: Instagram(ファッション・美容関連の情報収集に利用)
  • ご予算:カット 10,000円(2ヶ月に1回)、カラー 10,000円 (3か月に1回)
  • 美容室での希望: トレンドに敏感で、最新のヘアスタイルやカラーリングに興味がある。忙しい日常を送っているため、予約が取りやすく、施術時間も効率的な美容室を希望している。美容室内の雰囲気もおしゃれで落ち着いた空間であることが好み。
  • 悩み: 仕事が忙しく、なかなか美容室に行く時間を確保できない。近くに良い美容室があったとしても、予約が取りづらいことが多く、毎回違うスタイリストに担当してもらうのが不安。
  • 今後の美容に対する意識: 自分磨きやスキンケア、ヘアケアに関して投資を惜しみなく行いたいと考えており、自己投資の一環として美容室での時間を有効活用したいと考えている。

上記のように出来る限り細かく顧客情報や悩みを決めてあげるとよいでしょう。

費用対効果が高い美容室広告の種類

美容室の広告にはさまざまな種類がありますが、ここでは費用対効果が高い主要な手法について解説します。

項目 説明
リスティング広告

検索結果の上位に広告を出稿できます。クリック単価を支払うため、費用が発生しますが、検索ユーザーに直接訴求できる効果的な手段です。予算に応じて調整が可能です。
リスティング広告の詳細や費用について詳細は下記の記事から

リスティング広告とは?運用を代行するにあたってのポイントやおすすめ代行会社を紹介

SNS広告

FacebookやInstagramなどで広告を配信します。興味関心に合わせてきめ細かくターゲティングできるのが特徴で、費用対効果が高い手法として注目されています。運用次第では低コストで効果が出せます。
SNS広告について詳細は下記の記事から

SNS運用代行の費用相場は?作業範囲ごとの相場を早見表付きで解説【2024年最新】

MEO

MEOは、Map Engine Optimization(マップ検索エンジン最適化)の略で、主にGoogleマップで検索結果が上位に表示されるために様々な施策を行うこと。
例えば、「新宿 美容室」とGoogleで検索して美容室を探しているユーザーに対して美容室を知ってもらうために行うマーケティング施策です。有料で広告を出すことも出来ますが、登録は無料でできます。
MEOに詳しい記事は以下から

MEO対策とは?自分でできるやり方・上位獲得の方法を全公開【登録や設定のコツがわかる】

SEO

SEOとは、ウェブサイトを検索エンジン(Google等)に優しい形に整えることです。検索した際に、自分のサイトが上位に表示されることを目指します。

美容室のSEO対策としては、店名や所在地、提供メニューなどキーワードを適切に入れたり、ブログで美容に関する役立つ情報を発信することが考えられます。

MEOとSEOの違いについては下記の記事から

MEOとSEOの違いとは【2024最新一覧早見図解つき】それぞれの重要性や特徴を解説

紙媒体広告(チラシ、フリーペーパーなど)

従来からある手法ですが、街頭で配布するチラシやフリーペーパーの広告は、今でも一定の効果があります。

地域での知名度を高める効果が見込めますが、集客に直接的かつすぐに結果が出るとは限りません。また、投下予算に対する効果が図りにくいという特徴があります。

・Webマーケティングは費用をコントロールしやすく、ターゲティング機能が優れていますが、一定の専門知識が必要です。
・チラシやフリーペーパーは、特定エリアの認知度を高めることには効果がありますが、製作物のコストがかさみます。そして、効果計測がしにくいという特徴があります。

実際に検討する際は、投資額に対する反響度や売上の増加など、費用対効果を総合的に見極める必要があります。予算に合わせながら、複数の手法を組み合わせることで、よりパフォーマンスを発揮できるはずです。

広告制作のポイント!美容室の広告を作るとき、何に気をつければいいの?

効果的な広告を制作するためには、様々なポイントに気をつける必要があります。以下の3点が特に重要となります。

項目 説明
キャッチコピー/画像の重要性 広告を見た人に最初に目を引くのがキャッチコピーと画像です。ここが弱ければ、広告自体が無視されてしまう可能性が高くなります。キャッチコピーは簡潔に要点を伝え、興味を惹きつけるものでなければなりません。例えば「韓国風髪質改善ならおまかせ!」「KPOPアイドル○○ちゃんと同じヘアスタイル を手に入れよう」など、具体的なメリットを訴求することが大切です。
画像も同様に重要です。美容室の場合、スタイリッシュな髪型の画像やスタッフの笑顔など、サービスの良さを伝えられるビジュアルが求められます。高画質で魅力的な画像であれば、広告の印象が大きく変わってきます。

オファー(割引・特典)の設定 広告には何らかのオファーを打ち出すことが一般的です。初回限定の割引、サンプルプレゼントなど、サービス内容に合わせて検討する必要があります。
オファーがあれば広告に応募する人は増えますが、オファーの内容次第でコストがかさみ、利益を圧迫する可能性があります。また、卑近すぎるオファーは逆効果となり、ブランドイメージをダウンさせかねません。
来店・予約の導線を簡易化する いかにサイトや店舗に誘導し、実際の契約や売上に結びつけるかがカギです。そのため、コンバージョン率を高める工夫が求められます。

具体的には、以下のような施策が効果的です。

– わかりやすい店舗所在地と連絡先の記載
– オンライン予約の簡素化
– 効果的な誘導(QRコード、公式LINEなど)

あくまで参考程度の例ですが、来店を意識したさまざまな施策を組み合わせることが大切です。多ければ多いほど成果が出る可能性が高まります。

美容室広告の効果測定と継続的な改善

広告を出すだけでは十分とはいえません。投資に見合う成果が出ているかを確認し、継続的に改善を重ねていく必要があります。

解析項目 説明
Webサイトのアクセス解析 Webサイトにアクセス解析ツールを設置し、広告別の流入数やコンバージョン数を測定します。どの広告が効果的だったかを細かく分析できます。
店舗へのアクセス測定 実際に広告をみて店舗にきた人数、店頭に設置したQRコードの読み取り数や入店した人数を計測します。Webだけでなく実店舗の集客状況もわかります。

効果的だった広告手段がわかれば、予算の重点配分を検討できます。逆に効果が低かった広告は、改善または中止を検討する材料にもなります。
接客時のヒアリング (定性調査) 問診票に来店のきっかけ書いてもらうだけではなく、接客の際に「何をみてこられましたか?」「どんなことで悩まれてこられましたか?」と聞くことで、潜在顧客がどのようなことで悩んでいるかがわかるため、広告の設定や発信する記事の情報に活かせます。
ABテストによる最適化 広告の細かな部分を変えてパフォーマンスの違いを計測する「ABテスト」も有効です。たとえばリスティング広告の場合であれば、以下のようなABテストが考えられます。

– 広告文言のパターンを変える
– 使用する画像を変更する
– リンク先のページデザインを変更する

数値の変化を細かく計測することで、よりコンバージョン率の高い最適な広告表現が見つかります。

上記のように、アクセス解析やABテストなどにより広告の効果を検証した上で、定期的に広告の内容や運用方法を見直し、改善を重ねていきます。

新しい施策を取り入れたり、予算の配分を変更したりするなど、PDCAサイクルを回しながら、より良い広告活動を目指すことが重要です。同じ広告を長期間継続するのではなく、適宜改善を加えることで、常に最適なパフォーマンスを発揮できるはずです。

常に新しい視点を取り入れながら、試行錯誤を重ねることが継続的な改善へとつながります。定期的な効果検証と見直しを欠かさぬよう心がけましょう。それが将来的な集客アップと費用対効果の向上に繋がるのです。

美容室広告の成功事例

美容室の広告事例をいくつか例を挙げながらご紹介します。

SNS広告を活用した新規顧客獲得

都内の人気サロンAは、SNS広告を積極的に活用していました。

ターゲットを20-40代の女性に絞り、興味関心に合わせた細かいターゲティングを実施。キャンペーンごとに適切な予算設定と投稿内容の最適化を行いました。

結果、比較的低コストながら新規顧客の獲得につながり、売上がアップ。SNSユーザーの声を参考にしながら、さらにブラッシュアップを重ねています。

フリーペーパーとWebで両面から新規獲得

地方の老舗サロンBは、フリーペーパーとWeb広告の併用で好循環を生みだしています。

地元の情報誌に掲載する広告から中高年の固定客層を維持。一方でWebではリスティング広告でSEO対策を行い、若年層の新規顧客も取り込んでいます。

費用は抑えつつも幅広い層に対してリーチできる効果を発揮。双方の顧客がお互いをフォローする形で認知度も上がり、集客力アップにつながっています。

オファー設計を工夫して集客が向上した事例

立地が無名だったサロンCは、新規顧客獲得のため工夫を凝らしたオファーで成果を出しています。

半額キャンペーンといった前例踏襲ではなく、「カラー+カット」のセット割引の提案。本来有料のカラーサービスが付与されるため、お得感は大きく魅力的なオファーとなりました。

チラシ広告でこの内容を打ち出したところ、お試しの新規顧客が大幅に増加。リピーターにもなる好循環が生まれています。

このように、様々な角度からアプローチすることで費用対効果の高い広告活動が可能となります。現状をよく分析し、ターゲットに合わせて最適な手法を選ぶことが成功のカギとなるでしょう。

美容室広告運用の際の注意点

効果的な広告運用を行う上で、様々な注意点があります。ここでは主な留意事項を確認しましょう。

広告目的と手法の整合性

前述のとおり、広告の目的が新規顧客獲得なのかリピーター確保なのかで、訴求内容や手法は大きく異なります。目的に合っていない手法を選んでしまうと、費用対効果が下がってしまう可能性があります。

例えば、新規顧客獲得を目的としながらサービス内容の細かな説明をメインに広告を打つのは不適切です。初めての顧客にとっては分かりづらく、興味を持ってもらえない可能性が高くなります。

このように、広告の目的と手法の整合性を常に意識する必要があります。

注意点 説明
ターゲット設定の重要性 ターゲティングが適切でないと、予算を無駄に消費してしまう恐れがあります。美容室の場合、年代、性別、地域などに加え、ペルソナに合わせることが何より重要です。

具体例として、10代の女性をターゲットとしてメンズ向けの髪型の広告を打つ等は、的外れな運用と言えるでしょう。リソースの無駄使いにもなりかねません。

広告掲載の前提として、的確なターゲット設定を徹底することが求められます。
適切な予算設定と配分 広告には必ず費用がかかります。しかし予算に対して過剰な広告運用を行えば、損失が生じる可能性があります。

一方で広告費を極端に抑えすぎると、効果が出づらくなります。結局のところ費用対効果が下がってしまうことにもなりかねません。

そのため、慎重な試算の上で、適正な予算設定と配分を行う必要があります。効率的な運用を心がけ、投資に見合った効果を出せる範囲内での運用を心がける必要があります。
法令順守と倫理的配慮 広告の運用においては、関連する法令を順守することは当然のことですが、同時に人々の嗜好や信条にも十分配慮しなければなりません。

差別的な表現や攻撃的すぎるコピー、不適切な画像なども避けなければいけません。

企業イメージを傷つけないよう、広告倫理にも意識を払い、社会規範に沿った運用を心がける必要があります。

このように、多岐にわたる注意点を意識しながら、適切な広告運用を行うことが求められます。リスクを未然に防ぎ、効果的で責任ある運用につなげていきましょう。

美容室広告を始めるためにマーケティング体制をつくる

効果的な広告運用を行うためには、適切な体制の構築が不可欠です。人員の確保や役割分担、外部委託などについて、戦略的に検討する必要があります。

広告を出せば集客がうまくいくわけではないということは、ここまで読んだみなさまならお判りいただけたかと思います。言い換えれば、効果測定を含めてマーケティングを継続的に行う体制が作られているかどうかが重要です。

広告担当者の配置

まずは広告運用を専門に担当する人員を置くことが重要です。効率的な運用を行うには、一定の知識と経験が求められます。

自社のマーケティング担当者に広告運用を任せるのが一般的でしょう。マーケティングとも密接に関係する分野ですので、知見があるスタッフがいれば有利です。

人員が確保できない場合は、採用や社内の異動人事を検討するとよいでしょう。広告運用の重要性が高まる中、専門の担当者は必須と言えます。

役割分担と連携

広告運用には様々な役割が存在します。企画立案、制作、運用、効果測定、分析、改善など、多岐にわたる業務があります。

複数の担当者がいれば、役割分担を行い、効率的な運営を行うことができます。一方で、一人で全てを担うのは現実的ではありません。

そのため、担当者同士がうまく連携を取れる体制づくりも重要となります。全体を統括するリーダーを設け、定期ミーティングを開催するなど、コミュニケーションを密にすべきです。

外部リソースの活用

自社で全ての広告運用を行うことも可能ですが、外部リソースを上手く活用することで、運用を効率化できる可能性もあります。

例えば、広告制作は外部に委託することで、クオリティの高い広告素材を確保できます。Web広告運用においては、専門のベンダーに一括して委託するケースも多くみられます。

費用対効果を考慮し、得意分野と不得手な分野を見極めた上で、アウトソーシングを検討するのがよいでしょう。

冒頭にご紹介したマキトルくんでは、月額定額5万円より優秀なフリーランスにWeb施策を依頼できます。

適切な予算配分

広告運用においては、予算の配分が肝心です。どの広告手段にどれだけの予算を割くかについて、慎重に検討する必要があります。

新規施策へのチャレンジ予算、既存の効果的な手段への予算配分、人件費など、用途ごとに適正な配分を行わければなりません。PDCAサイクルを回しつつ、常に見直しを重ねましょう。

このように、効果的な広告運用のためには、運用体制の構築が欠かせません。リソースの確保や役割分担、連携体制の強化など、戦略的なアプローチが求められるのです。

美容室における広告の重要性

美容業界では広告の役割がますます重要視されています。ここでは、美容室が積極的に広告活動に取り組む必要性について解説します。

競争力の維持・向上

近年、美容室の数が増え続けており、業界全体で厳しい競争が行われています。このような状況下で、自社の存在をアピールし、集客力を維持・向上させるために、戦略的な広告活動が不可欠となっています。

効果的な広告を行うことで、新規顧客の獲得や知名度アップ、売上の維持・拡大など、競争力の強化につながります。広告は、美容室が生き残るための重要な手段なのです。

ブランディングの機会

広告は単に集客だけでなく、ブランディングの観点からも重要です。どのようなサービスを提供しているのか、どんな思いを込めているのかといったブランドの世界観を発信できるツールになります。

上手くブランディングできれば、顧客の心象に強く訴求することができ、ロイヤリティの向上やリピート率の高まりにもつながります。良質な広告活動は、長期的な発展に寄与するのです。

マーケティングデータの収集

広告運用を行えば、マーケティングに関する貴重なデータを収集できます。特にWeb広告では、アクセス解析によって様々なユーザー動向を把握できます。

そのようなデータを活用して、ターゲット設定の最適化や売れ筋サービスの特定、広告の改善などのPDCAサイクルを回すことができます。つまり、よりよい広告活動に向けた分析が可能になるのです。

立地の影響を克服

立地が不利な状況であれば、広告は特に重要な役割を果たします。店舗に人が集まりにくい環境では、何らかの広告を行わなければ新規顧客を獲得するのは困難です。

そのような状況でも、地域限定の広告や検索連動型広告などを活用することで新規顧客に訴求できます。立地の影響を克服する手段として、広告は非常に有効なのです。

このように様々な理由から、美容室における広告活動の重要性は高まり続けています。前向きな広告運用を通じて、集客力を高め、発展的な経営を目指していくことが求められます。

費用対効果を意識する理由

広告活動においては、費用対効果を常に意識する必要があります。ここではその理由について説明します。

経営的な観点から

まず何より経営的な観点から、費用対効果は重要な指標となります。広告には必ず費用がかかるため、投資に見合った効果が出るかどうかは経営に直結する問題です。

効果が低ければ無駄な支出になり、利益を圧迫する可能性があります。一方で効果が高ければ、収益源の確保やさらなる再投資につながります。経営の健全性を左右するファクターと言えるでしょう。

広告予算の適正化

広告には限られた予算しかつけられません。そのため、費用対効果を意識して、予算の使い道を適正化する必要があります。

例えば、費用対効果の低い広告手法に予算を割きすぎると、本来効果が期待できる部分に予算が回せなくなってしまいます。このようなムダを省き、できる限り効率的な予算配分を行うことが求められます。

持続可能な広告運用

短期的な視点だけでなく、長期的な広告運用を見据えた際にも、費用対効果は重要な要素となります。  

費用対効果が低い広告を続けていては、いずれ予算的に維持が難しくなります。一方で費用対効果を意識した運用であれば、継続が可能になります。長期的な視野に立った持続可能な広告活動が実現するのです。

競合他社との差別化 

費用対効果を無視した広告運用では、競合他社に大きく遅れをとってしまう可能性があります。限られた予算の中で、どう賢く配分するかがカギとなります。

費用対効果を意識した上手な運用ができれば、それ自体が競合他社との差別化要因になり得ます。無駄な支出を省いた上で、さらに他社に勝る効果的な広告施策が打てるはずです。

このように、費用対効果を意識することは経営的にも広告運用の面でも重要な意味を持ちます。短期的にも長期的にも、メリットのある効率的な運用を実現するためにも、常に費用対効果を考えていく必要があるのです。

美容室の広告で安く集客アップを狙うならマキトルくんがおすすめ!

「料金を抑えてWebでの宣伝効果を高めたい」
「でも質の高い専門業者を探す自信や時間がない」

こうした方におすすめしたいのが、月額5万円からご依頼いただける「マキトルくん」です。

Webコンサル会社であり、実績豊富なフリーランス集団であるStockSunだからこそできる費用対効果の高いサービスになっています。

ここでは、美容室の広告においてマキトルくんを活用するメリットを3つご紹介させてください。

  • 月5万円から優秀なフリーランスにSNS広告を依頼できる
  • Webデザイン全般の実行支援に対応
  • 外注を一本化できるためコスト削減につながる

月5万円から優秀なフリーランスにSNS施策を依頼できる

マキトルくんでは、月額定額5万円より優秀なフリーランスにマーケティング施策を依頼できます。

コンサル料がかからないため、「優秀なプロに依頼したいものの、高額な費用を支払う予算がない」といった企業にも安心してご利用いただけます。

また、広告を担当するのは、StockSunに在籍する2,000名以上のフリーランスの中から、上位20%の優秀な人材に厳選しております。自社で優秀な人材を探す手間がかかりません。

  • 広告のスキル
  • コミュニケーションスキル
  • 目的の達成意識

上記の要素を備えたフリーランスだけをアサインいたしますので、高クオリティーなSNS広告を依頼することが可能です。

Webマーケティング全般の実行支援に対応

マキトルくんでは、Webマーケティング全般の実行支援を月額定額制で依頼いただけます。

  • SNS広告の依頼を内製化したい
  • コンバージョン率の高いSNS広告を依頼をしたい
  • リスティング広告だけでなくSEO対策やLP制作なども任せたい

上記のようなニーズにも柔軟に対応可能です。

まず貴社のニーズ・課題を丁寧にヒアリングした後で、最適なご提案をさせていただきます。施策の内容が決定したら、次に必要な人材を集めて独自のチームを構築し、業務に取り掛かっていく流れです。

「とはいえ、複数のフリーランスを集めたら連絡を取り合うのが面倒そう」

この問題を未然に防ぐために、マキトルくんでは専属のディレクターが貴社とフリーランスの間に入ります。ヒアリング能力の高いディレクターが担当いたしますので、コミュニケーションコストを最小限にすることが可能です。

外注を一本化できるためコスト削減につながる

現在、複数の外注先に業務を委託している場合、マキトルくんに外注を一本化すればコストを削減できます。これまで個別に発生していた固定費をまとめるだけでも、支出を最小限にできるでしょう。

マキトルくんに一本化した場合、チーム内で綿密にコミュニケーションを取ることが可能です。それぞれの担当者が成功事例・進捗状況を共有しながら、スピーディーかつ費用対効果の高い施策を実行できます。

最小限のコストでスピーディーにSNS広告を依頼したい方は、ぜひマキトルくんの無料相談へお問い合わせください。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

まとめ

美容室広告

本記事では、美容室における費用対効果の高い広告戦略について解説してきました。

  • 広告の目的とターゲット設定を明確にする
  • Web広告、紙媒体広告、その他広告の長所短所を理解する
  • キャッチコピー、オファー、コンバージョン率にも注力
  • 効果測定方法を確立し、ABテストなどで最適化を図る
  • 成功事例を参考に、自社に合った手法を選ぶ

このようなポイントに留意しながら、総合的に広告活動を実施することが大切です。

なお、弊社StockSunでは、格安でSNS広告の依頼はじめとするWeb集客全般の施策を依頼できる「マキトルくん」というサービスを提供しています。

月5万円からの定額サービスになっているので、Web施策を通じて効果的に、最小限のコストで売上を最大化させたい方に最適です。

最小限のコストで迅速に結果を出したい方は、ぜひマキトルくんの利用をご検討ください。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。