メールで
無料相談
LINEで
無料相談

















TOP

【2024年版】医療系広告代理店14選!選び方やリスクも徹底解説

「本当は集患よりも治療や診察に集中したい」

「広告代理店に依頼したら本当に集患に困らなくなるのかな」

クリニックの主要業務である治療や診察に専念でき、集患に困らない状態は非常に魅力的です。

しかし、広告代理店に依頼した際、結果が出ないと貴重な資金が無駄になってしまいますよね。

広告代理店に集患を依頼する際のメリットとリスクを理解し、代理店の種類についても知識を持っておくことが重要です。そうすることで、診察に集中できる状態を実現し、品質を担保できない代理店を選んでしまうリスクを避けられます。

そこで、本記事ではこれまでのクリニック集患支援の実績を踏まえて医療系広告代理店を選ぶためのノウハウについて網羅的に解説していきます。

また、StockSun株式会社では、クリニック関係者や開院予定の方に向けて無料のプランニングを行っています。

とくに立地に関しては診療圏調査だけでなく、Google広告のシミュレーションから、医療マーケティングのコンサルタント目線でクリック数や集客数の見込みをデータで提供できます。

また、無料カウンセリングではお客様の成し遂げたい未来をお伺いしながら、カウンセリングを実施させていただいております。

具体的には下記の通りです。

  1. お客様の現状、目標のヒアリング
  2. 目標達成のために解決すべき課題の抽出
  3. 課題解決に向けた方針、施策の策定

ぜひこの機会にお問い合わせください。

\月商1億UP?!戦略・戦術をご提案/

無料カウンセリング

医療系広告代理店14社を比較

早速、医療系広告代理店の14社を比較していきます。

会社名StockSun株式会社株式会社デジタルアイデンティティ株式会社協和企画株式会社デジタリフト株式会社メディカ・アド株式会社ピージー株式会社サイバーホルン株式会社ファーマインターナショナル一般社団法人ダーマインターナショナル株式会社プラスファクトリー株式会社コルボ株式会社Union株式会社ゼロメディカル
サービス内容・事業コンサルティング
・採用コンサルティング
・YouTube, TikTokコンサルティング
・Web広告運用コンサルティング
・Webサイトコンサルティング
・CRMコンサルティング
・CRO, LPOコンサルティング
・総合Webコンサルティング

etc
・全体戦略
・AD / デジタル広告
・SNS, PR
・CMO代行
・マーケティングDX

etc
・製品パンフレット編集, 作成
・医薬品広告のビジュアル制作
・医薬出版

etc
・CdMO
・アジャイル広告運用
・アフィリエイト
・インフルエンサーマーケティング
・医学, 看護領域のメディアをトータルにご提案

etc
・医療分野におけるデザイン, コンサルティング全般
・医療用医薬品
・OTC医薬品の広告宣伝とブランディング

etc
・リスティング広告運用
・Facebook広告運用代行
・YouTube広告運用代行

etc
・多種多様なデジタルコンテンツ, アプリケーション, イベント等の企画制作

etc
・データマネジメント知識体系ガイドやデータマネジメント辞書などのベストプラクティスの提供

etc
・Webコンサルティング
・Webサービス運営
・Web集客代行

etc
・メディカルライティング
・グラフィックデザイン
・映像制作
・Web制作

etc
・リスティング広告運用
・SNS広告運用
・アフィリエイト広告運用
・広告用LP, バナー制作, 広告用動画制作

etc
・サイト制作
・SEO対策
・サポートセンターによる運用サポート
・リスティング広告
・ライティングサービス

etc
おすすめポイント・圧倒的
かつ客観的な実績
・集患から採用までマルっと依頼が可能
(Web領域からオフライン領域まで)
・デジタルマーケティングにおいて全領域を支援
・金融のチームが対応
・メディアだけではなく、医薬出版の支援も行う
・医療団体とのタイアップが可能
・少額から支援が可能
・インフルエンサーマーケティングを得意領域としている
・医歯薬に特化
・広告, パンフレット, 映像などの企画, 制作に即応できる
・医療分野を専門としたデザイン+コンサルティングを提供
・1ヶ月からの契約が可能
・LP制作から広告運用まで対応
・海外の学会におけるコーディネートも可能・世界各地に80の支部を持ち8,000名を超える会員を擁する全世界のデータ専門家のための国際的な非営利団体・コストパフォーマンスが良い
・士業に特化の広告代理店
・医療専門の社内校閲部による品質管理
・映像制作も依頼可能
・薬機法,景表法遵守企業である
・SDGsへの取り組みにも力を入れている
・HP制作だけではなく開業支援や人材支援も行う
HPhttps://stock-sun.com/service/clinic/https://digitalidentity.co.jp/https://www.kk-kyowa.co.jp/https://digitalift.co.jp/https://www.medica-ad.co.jp/https://pgdc.jp/https://cyberhorn.co.jp/https://www.pharma.co.jp/https://www.dama-japan.org/https://m-p-h.jp/https://www.colbo.co.jp/https://union-company.jp/https://zeromedical-web.com/

医療系広告代理店に依頼するメリット4選

医療業界は特殊な規制やニーズがあり、これに精通した専門の広告代理店に依頼することで、多くのメリットがあります。

結論として、医療系広告代理店に依頼するメリットは以下の4つです。

  • メリット1:クリニックマーケに精通したプロに運用してもらえる
  • メリット2:医療の広告規制を熟知している
  • メリット3:診察や治療に集中できる
  • メリット4:一般的な広告代理店よりも成果が出やすい

それぞれ解説していきます。

クリニックマーケに精通したプロに運用してもらえる

医療系広告代理店の最大のメリットの一つは、病院・クリニックマーケティングに関する多くの経験と知識を持っていることです。各診療科ごとにどういった患者様のニーズがあるのか、どういったWeb施策を打ち出せばいいのかといった知識と経験に基づいた戦略の立案を行います。

例えば、患者の診療体験を強調したキャンペーンや、治療法の特徴を明確にする広告など、ターゲットとなる患者層に合わせた具体的なアプローチが可能です。

医療の広告規制を熟知している

医療業界には厳格な広告規制があります。医療系広告代理店は、これらの規制を熟知しており、法律を遵守しながら効果的な広告を展開することができます。

一般的な広告代理店の場合、これらに熟知しておらず確認の手間やコストがかかるでしょう。

誤った情報の掲載や不適切な広告によるリスクを避ける上では、そもそも医療系の広告代理店を選ぶということが賢明です。

診察や治療に集中できる

クリニックや医療機関のスタッフは、患者の診察や治療に集中することが求められます。

医療系広告代理店にマーケティング活動を委託することで、医療専門家は自らの専門領域に専念できるでしょう。

患者へのサービス品質の向上やスタッフの負担軽減など、結果としてクリニックの評判や信頼性を高めることにつながるはずです。

一般的な広告代理店よりも成果が出やすい

医療系広告代理店は、他の広告代理店よりもクリニックに特化したマーケティング支援を行っています。そのため過去の蓄積されたデータを元に戦略作成を行い、スピーディーかつ成果が出やすい特徴があります。

例えば新しくリスティング広告を打つ場合を想定してみましょう。

既に多くのクリニックに対してリスティング広告の支援を行っている広告代理店に依頼すると、どういったキーワードや広告文だと予約につながるのか、目安の新規予約数に対して予算はどれくらい必要かをデータや経験に基づいて算出してくれます。

このように経験の有無によって確度の差は必ず存在するので、医療系を専門にしている代理店やクリニックの支援経験のある代理店の方が結果は出やすいです。

StockSun株式会社では、医療業界に特化したWEB広告運用のノウハウも沢山ありますので、ぜひこの機会にお問い合わせください。

\月商1億UP?!戦略・戦術をご提案/

無料カウンセリング

医療系広告代理店に依頼するリスク

医療系広告代理店に依頼する際には、多くのメリットが存在する一方で、考慮すべきリスクも存在します。ここでは、医療系広告代理店の利用に伴う潜在的なリスクについて詳しく探り、それらをどのように回避または最小限に抑えることができるかを解説します。

医療系広告代理店に依頼するリスクは以下の4つです。

  • リスク1:高額なコストと投資リターンの不確実性
  • リスク2:ブランドイメージとメッセージの不一致
  • リスク3:規制違反のリスク
  • リスク4:コミュニケーションの不足

それぞれ見ていきましょう。

高額なコストと投資リターンの不確実性

医療系広告代理店は専門性が高く、その分高額なサービス料金を取られる可能性があります。

特に小規模なクリニックや新設の医療機関では、高額な広告費用が経営に大きな負担となることがあります。また、広告の投資リターンは常に確実なものではなく、期待した成果が得られないリスクも存在します

これを回避するためには、事前に明確な予算計画を立て、代理店とのコミュニケーションを通じて期待値を調整することが重要です。

代理店を選ぶ際に実績をしっかり確認し、投資に対してリターンを得られそうかどうかをしっかり判断する必要があります。

▼StockSunの圧倒的な実績で代理店選びのリスクを減らす

ブランドイメージとメッセージの不一致

医療系広告代理店がクリニックや医療機関のコンセプトや自院の強みを十分に理解していない場合、広告内容とブランドイメージが一致しない可能性がございます。これは、患者の信頼を損なう原因となり得ます。

このリスクを軽減するには、代理店と綿密な打ち合わせを行い、クリニックの理念や目指すブランドイメージを明確に伝えることが必要です。

目的とズレたマーケティング施策が行われることがある

前提として、自由診療と保険診療とではWebマーケティングのやり方が多少異なります。

例えば自由診療のクリニックを伸ばしてきた実績のある医療系広告代理店の場合、自由診療のクリニックを伸ばすノウハウはあるけれども保険診療はいまいちといった事が起こりえます。

保険診療を伸ばすためにその広告代理店に依頼したとしても、ノウハウがないため成果があまり出ないといった状態になるかもしれません。

そのため、事前に保険診療と自由診療のどちらを注力するのかを明確にした上で担当者に専門領域を確認すると良いです。

\月商1億UP?!戦略・戦術をご提案/

無料カウンセリング

医療系広告代理店を選ぶポイント5選

医療業界に特化した広告代理店を選ぶ際には、失敗しないためにいくつかの重要なポイントがあります。今一度チェック事項を確認しておきましょう。

ここでは、適切な医療系広告代理店を選択するための5つの重要な要素を詳しく解説します。

医療系広告代理店を選ぶポイントは以下の5つです。

  • ポイント1:医療広告やクリニックコンサルの実績
  • ポイント2:業務範囲
  • ポイント3:得意分野
  • ポイント4:予算や契約条件
  • ポイント5:運用フロー

それぞれ解説していきます。

医療広告やクリニックコンサルの実績

代理店を選ぶ際、まず確認すべきはその実績です。

医療広告やクリニックコンサルティングの経験が豊富な代理店は、業界特有の課題やニーズを理解しているため、より効果的な戦略を提案できます。

成功事例や事例研究を参照することで、代理店の実力を評価することが可能です。過去にどのようなクライアントを扱ってきたか、どのような成果を上げてきたかということについて、打ち出されている結果だけではなく多角的に検証しましょう。

実際に話を聞いてみて疑問点や不安な点をぶつけてみるのも良いでしょう。

\月商1億UP?!戦略・戦術をご提案/

無料カウンセリング

業務範囲

代理店の提供するサービスの範囲を理解することも重要です。一部の代理店は広告の運用のみに特化しているかもしれませんが、他の代理店では広告の運用からLP制作、バックオフィスまで幅広いマーケティング支援を行っている場合もあります。

クリニックや医療機関の目的やニーズに合わせて、適切な業務範囲を持つ代理店を選択することが重要です。

得意分野

医療系広告代理店の得意分野を知ることは、その代理店が自分のニーズに合っているかどうかの判断材料となるでしょう。

例えば、ある代理店は美容クリニックの広告に特化しているかもしれませんし、別の代理店は歯科や整形外科のような特定の分野に強みを持っているかもしれません。

自分のクリニックの専門性と代理店の得意分野が一致していることを確認することで、最適な代理店選びとなるでしょう。

予算や契約条件

予算はどの医療機関にとっても重要な考慮事項です。代理店の料金体系、支払い条件、契約の柔軟性などを事前に確認し、自分の財政計画と整合性が取れるかを見極めることが必要です。短期での契約が可能か、1か月の試用期間はあるのか、運用フィーはあるのかどうかなど、契約の条件も詳細に検討しましょう。

運用フロー

最後に、代理店の運用フローを理解することも重要です。代理店がどのようにプロジェクトを管理し、クライアントとコミュニケーションを取るかは、その代理店との仕事のスムーズさを大きく左右するためです。

効率的なプロジェクト管理、透明性の高いコミュニケーション、定期的な進捗報告などが提供されるかを確認しましょう。

これも過去の実績をもとにヒアリングしてみると良いでしょう。

【厳選】医療系広告代理店TOP3を解説

それでは最後に、医療系広告代理店について、実績と業務範囲のユニークさから厳選し、強みとおすすめの方をご紹介していきます。

StockSun株式会社

画像出典:https://stock-sun.com/

強み

  • 圧倒的な実績
  • 依頼できる業務の幅がダントツ
  • 事業計画書から逆算したソリューションの提案ができる

一般的な代理店は、どの広告媒体を使うのが良いかといったソリューション起点の提案がほとんどです。

しかし、クライアント様の限られたリソースの中で最適なソリューションを用いて結果を出すことがコンサルタントとして本来求められるところです。

StockSun株式会社では、クリニックに特化した専門マーケターが、貴院のマーケティング施策の現状分析、ヒト・モノ・カネのリソースを把握し、最適なマーケティング戦略の立案、実行、改善を行っていきます

おすすめの方

  • 絶対に代理店選びを失敗したくない方
  • 経営の観点からソリューションのご提案が欲しい方
  • リピート施策や採用も包括的にサポートして欲しい方

StockSun株式会社のクリニック支援実績

<メンズクリニック>

BeforeAfter
セッション数:4,856セッション数:226,106(46倍
コンバージョン数:23コンバーション数:1,899(82倍

認定パートナー 川口健作

<美容クリニック>

BeforeAfter
開院のため情報なしWeb広告なしで、月商1,800万円

認定パートナー 川口健作

\月商1億UP?!戦略・戦術をご提案/

無料カウンセリング

株式会社デジタルアイデンティティ

画像出典:https://digitalidentity.co.jp/

強み

  • デジタルマーケティングの全領域を支援することが可能
  • デジタルマーケッター育成サービスあり

CMO(マーケティング責任者)代行のサービスも展開しているなどデジタルマーケティング全般をカバーしている企業です。

マーケター育成のサービスも展開しており、今は外注しているが将来的に自社で内製化していきたいという企業様におすすめです。

おすすめの方

  • とりあえずデジタルマーケティングを伸ばしていきたい方
  • 将来的には内製化したいと思っている方

株式会社 協和企画

画像出典:https://www.kk-kyowa.co.jp/

強み

  • 医療系の製品パンフレットやリーフレットの編集制作から学会の企画、医薬出版など医療業界の広告以外の面でもサポートが可能である

もちろん他社と同様にデジタルのクリエイティブを依頼することやアプリ制作も業務範囲内となっております。

おすすめの方

  • 広告だけではなく、学会企画なども依頼する可能性がある方
  • 広告で集患したいというよりも出版や学会などにリソースを割きたい方

まとめ

医療系広告代理店の一覧をご紹介したり、依頼するメリットやリスクについて解説してきました。

実際にメリットとリスクを理解できた上で代理店の検討が少しでも前進したのではないでしょうか。

それでは本記事の結論をまとめます。

  • 医療系に精通しているかどうかは過去の実績から見極めることが重要
  • どこの領域をサポートしてもらいたいか明確にして、それに合う代理店を選ぶ
  • ソリューションベースではなく売上ベースの代理店を選ぶと費用対効果を最大化できる

売上ベースの代理店なら株式会社StockSunへまずはご相談ください。

クリニック関係者や開院予定の方に向けて無料のプランニングを行っています。

\月商1億UP?!戦略・戦術をご提案/

無料カウンセリング

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事の著者

川口健作

クリニック名人

川口健作

美容クリニックのWebマーケティングを得意としており、クリニックのクライアントは累計60社を超える。美容外科・皮膚科、AGA、歯科などジャンル問わずクリニックの支援を行っている。

2014年にWebマーケティング会社フルスピード入社。動画マーケティング事業部立ち上げや、PR・SNS・SEOの部署マネージャーを務める。営業職として社内MVPを獲得。4年間在籍し独立。

独立後はフリーランスとなり、フロントエンドエンジニア兼総合Webマーケターとして活動。現在はWebコンサルティング会社を創設し、法人としてStockSunに参画。

この記事の監修者

川口健作

クリニック名人

川口健作

美容クリニックのWebマーケティングを得意としており、クリニックのクライアントは累計60社を超える。美容外科・皮膚科、AGA、歯科などジャンル問わずクリニックの支援を行っている。

2014年にWebマーケティング会社フルスピード入社。動画マーケティング事業部立ち上げや、PR・SNS・SEOの部署マネージャーを務める。営業職として社内MVPを獲得。4年間在籍し独立。

独立後はフリーランスとなり、フロントエンドエンジニア兼総合Webマーケターとして活動。現在はWebコンサルティング会社を創設し、法人としてStockSunに参画。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。