メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

MEO対策とは?自分でできるやり方・上位獲得の方法を全公開【登録や設定のコツがわかる】

MEO
更新日
MEO
MEO対策とは?自分でできるやり方・上位獲得の方法を全公開【登録や設定のコツがわかる】

「MEO対策とは、具体的にどのようなことをするの?」
「自社で実施したいので、設定方法のやり方や上位表示させる方法を知りたい」

MEO対策とは、Googleマップの検索結果で、貴社の情報を上位表示させるための施策を指します。

Googleマップに表示されるGoogleビジネスプロフィールへの登録、設定は簡単にできるので貴社内で取り組んでいただけます。

また、実際に上位表示させるためにはコツが必要です。

本記事では、貴社内でMEO対策を実施するために必要な知見である以下トピックを解説します。

さまざまな店舗のMEO対策を実施し集客してきたコンサルタントの知見を踏まえて解説いたします。

なお、弊社StockSunでは、格安でMEO対策をはじめとするWeb集客全般の施策を依頼できる「マキトルくん」というサービスを提供しています。

月5万円からの定額サービスになっているので、Web施策を通じて最小限のコストで売上を最大化させたい方に最適です。

最小限のコストで迅速に結果を出したい方は、ぜひマキトルくんの利用をご検討ください

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。

目次

MEO対策とは

MEO対策とは何かの図解

MEO(Map Engine Optimization(地図エンジン最適化))とは、主にGoogleマップ向けの地図エンジンで検索結果が上位に表示されるために様々な施策を行うことです。 

Googleビジネスプロフィールへ登録することでGoogleマップに貴社の情報が公開されます。

地図エンジンの検索結果で上位表示されることで、自身が提供するビジネスの認知を拡大し、来店促進につなげることを目的に実施されています。

MEO対策は、ビジネスやサービスが地域に特化している場合には重要な意義を持ちますが、すべてのビジネスにとって必ずしも必要とは言えません。効果的かどうかは、対象とするビジネスやその地域、競合状況、マーケティング戦略によって異なります。

店舗を探すユーザーのインサイトと接点を持てる【MEO対策は店舗集客に有効】

結論として、MEO対策が意味あるかどうかは、ビジネスの特性や目標、ターゲット地域などを考慮して判断する必要があります。必要性を見極めたうえで、適切なマーケティング戦略を立てることが重要です。

ただし地域に密着した店舗型ビジネスであれば、MEO対策が適しているケースが多いです。その理由を解説します。

MEO対策が地域に密着したビジネス・店舗に適している理由

地図アプリや地域検索エンジンは、特に地域に密着したビジネスや店舗にとって有益です。例えば、地域の飲食店、小売店、美容院、サービス業などが対象になります。これらのビジネスでは、地域の顧客にリーチすることが重要であり、MEO対策によって地域検索結果での上位表示が実現されることで、集客や顧客獲得につながる可能性が高まります。

具体的に店舗へ来店するまでのユーザーのニーズと行動は、次の図解のように移り変わります。

MEO対策、店舗へ来店するまでのユーザーのニーズと行動

具体的な行動や心理を次のように紐解いていくと、MEO対策を実施することで、興味関心度が高く来店までの難易度が低いユーザーと接点を持てるとわかります。

段階 心理 行動 Googleマップが接点を持てる可能性
非認知 その業界について興味を持っていない
認知 その業界にどんな店舗があるのか知りたい その地域の店舗について調べている
「地域 店舗」で調べるとGoogleマップの情報が上位に表示されるため
興味関心 認知した貴社に興味がある
・価格
・メニュー
・店舗情報
などの詳細を知りたい
店舗名を検索したり、店舗の公式サイトを見たり、口コミや写真を調べたりしている
Googleマップの店舗ページにある、写真や口コミから情報収集するため。
比較検討 競合店舗と比較して最終的にどこへ来店するか決めたい サービスの良さだけでなく、予約の取りやすさなども重視して決めたい
Googleマップに表示される近くの店舗から比較する可能性があるため
来店 来店する

大手企業やオンラインサービスはMEO対策が適さない理由

一方で、地域に特化していない大手企業やオンラインサービス、国際展開を行っている企業にとっては、MEO対策が直接的には必要ない場合もあります。彼らのビジネスは地域に限定されないためです。

地図アプリや地域検索エンジンでの上位表示よりも、一般的なSEO戦略やオンラインマーケティングが重要になることがあります。

「自社はMEO対策をする意味があるのか?」という場合は、以下記事を参考にしてください。

関連記事

MEO対策をしても意味ないって本当?MEO対策の重要性や効果が出ない理由などを紹介

MEO対策をしても意味ないって本当?MEO対策の重要性や効果が出ない理由などを紹介

Read More

MEO対策を実施する目的は2つ

MEO対策を実施する目的の本質は、来店者数をアップすることにあります。ただし、来店者数アップにつながる次の目的を果たすためにMEO対策を実施することを知っておきましょう。

上位を獲得して認知度アップする

MEO対策を実施することにより、Googleマップの検索結果に店舗は上表示されることになります。

それにより、以下の層へ店舗を認知させられることにつながります。

  • 認知段階にいる層
  • 興味関心段階にいる層

ユーザーの比較検討軸の中に入るためには、まず認知してもらうことが大切です。そのために検索結果上位の獲得が重要となります。

さまざまなキーワードで上位表示されるよう対策を打つのがコツと言えます。

コンテンツを充実させて信頼性をアップする

Googleマップに表示される店舗情報に、写真、口コミ、メニュー、価格などのコンテンツ情報を充実させることで、次のユーザーから信頼を獲得できます。

  • 興味関心段階にいる層
  • 比較検討段階にいる層

MEO対策を実施する目的は、店舗の認知ではなく来店させることにあります。

そのため、店舗を認知したユーザーの比較検討軸に入らなくてはなりません。

その際に、店舗の写真や、ユーザーの口コミ、価格などの店舗詳細情報の提供が役立ちます。

MEO対策・ローカルSEO・SEO対策の3つの違い

MEO対策、MEO対策・ローカルSEO・SEO対策の3つの違い

MEO対策とローカルSEOの違い

ローカルSEOとは、Google検索において、ユーザーの現在地や居住地など、地域によって検索結果が左右されるとき、その中で上位表示を獲得するための施策です。

MEO対策は、Googleマップの検索結果上で上位表示されるための施策を指すため、その点が異なります。

具体的にいうと、「渋谷 歯医者」「千葉 歯医者」でGoogle検索したとき、それぞれで表示される検索結果は異なります。

また、デバイスの位置情報がオンの状態で、渋谷駅から「歯医者」と検索するとき、千葉駅から「歯医者」と検索するときにも、周辺の歯医者が上位表示されるため検索結果が異なるものです。

上記のように特定の地域がフォーカスされた検索結果の中で上位を獲得するための施策がローカルSEOです。

ちなみに、以下赤枠のローカルパックと、ナレッジパネルが表示されるようにするのがローカルSEOです。

MEO対策、ローカルパック
MEO対策、ナレッジパネル

上記はMEO対策を実施することで、表示されるようになるため、ローカルSEOの施策のひとつとして、MEO対策が存在すると位置付けられます。

MEO対策とSEO対策の違い

SEO対策は、Googleの検索結果で自社サイトを上位表示させるための施策です。

MEO対策は、Googleマップ上でGoogleビジネスプロフィール上に登録した自社情報を上位表示させる施策のため、そこに違いがあります。

対策内容は大きく異なりますが、次のようにお互いに関係性があります。

  • SEOで自社サイトが上位を獲得しているときMEOでも上位を獲得しやすい
  • MEO対策を実施することでGoogle検索結果のローカルパックの中に自社情報を表示できる

店舗集客を実施したいときには、どちらの施策も進めることで相乗効果を得られるでしょう。

SEO対策とMEO対策の違いは、次の記事でより詳しく解説しています。

関連記事

MEOとSEOの違いとは【2024最新一覧早見図解つき】それぞれの重要性や特徴を解説

MEOとSEOの違いとは【2024最新一覧早見図解つき】それぞれの重要性や特徴を解説

Read More

MEOでの検索順位の決まり方・評価される指標

MEO対策、MEOでの検索順位の決まり方・評価される指標

MEO対策では、Googleビジネスプロフィールに登録している次の指標が評価されて、検索結果に反映されます。

  • キーワードとの関連性
  • 店舗や企業の知名度
  • 店舗との距離

それぞれの項目について解説いたします。

キーワードとの関連性

ユーザーが検索キーワードと、貴社のGoogleビジネスプロフィール内に含まれるキーワードの関連性は、評価される指標となります。

関連性が高ければ高いほど、上位表示される仕組みです。

貴社がターゲットとしているユーザーとマッチングできるよう、ユーザーが使用するシチュエーションを考えながら、自社の強みを訴求できるキーワードを盛り込みましょう。

以下図解のように、客層、メニュー、サービスごとに貴社のターゲットと関連するKWを明確にしてみてください。

MEO対策の検索結果が決まる要素においてキーワードとの関連性

店舗企業の知名度

 貴社の店舗名の知名度についても、検索順位を左右する指標となります。

知名度については、以下の点が重視されています。

  • オンライン上に貴社の情報がどれほど公開されているか:自社サイト、他社サイトのコンテンツ
  • 第三者による口コミ評価が存在しているか:SNSのコンテンツやポータルサイト内の口コミ情報など

店舗との距離

ユーザーの位置情報と、店舗の距離も検索結果を左右する指標となります。

距離が近ければ近いほど、上位表示される傾向です。

Google検索結果に地図情報とローカルパックが表示される仕組み

キーワードで検索したときに、Googleマップの情報が上位表示される箇所をローカルパックといいます。

MEO対策、Google検索結果に地図情報とローカルパックが表示される仕組み

この、ローカルパックは、特定のキーワードで検索したときに表示されるアルゴリズムがあります。

そして、ローカルパックが表示されるキーワードのことを「ローカルキーワード」といいます。

ローカルパックが表示される、ローカルキーワードは以下のとおりです。

  例:
飲食店 居酒屋、ファミレス、焼肉、カフェなど
美容系店舗 美容院、美容サロン、ネイルサロン、エステなど
教育施設 塾、学校、習い事、カルチャースクールなど
クリニック 歯科医院、内科、眼科、美容外科など
士業 税理士、弁護士事務所など
トラブル解決系の業種 ハウスクリーニング、害虫駆除、水道トラブルなど

貴社がどのジャンルの業種なのかをGoogleビジネスプロフィール上で明確にする必要があります。

MEO対策の具体的なやり方!自分でできる6つのポイント

MEO対策、MEO対策の具体的なやり方!自分でできる6つのポイント

ここでは、MEO対策を始めるための6つのポイントについて紹介します。

「Googleビジネスプロフィールへの登録方法がわからない」その場合には、Googleビジネスプロフィールへの登録方法を手順を追って解説している章を先にご確認ください。

ビジネス情報を正確に入力する

ビジネスの住所、電話番号、営業時間、ウェブサイトなどの情報を正確に入力・更新し、地域検索エンジンでの表示情報を最新かつ信頼性のあるものにすることが重要となります。

ユーザーの検索結果に表示されるようにするため、検索キーワードと関連づけた内容を正しく入力しましょう。

特に、以下の内容は検索結果に大きく影響します。店舗の強みがわかる正しい情報を入力しましょう。

  • カテゴリ
  • 店舗の公式ホームページ
  • 住所・マップピンの設定
  • 営業時間
  • 電話番号
  • 写真、メニュー、商品

カテゴリを設定する

地域検索エンジンではビジネスカテゴリを選択することが求められます。

MEO対策の登録手順ビジネスカテゴリ

ビジネスのカテゴリは、特に重要視すべき項目です。ここが貴社の店舗のカテゴリとズレていると、検索結果にすら表示されなくなってしまいます。

カテゴリは、サブカテゴリを合わせると最大9つ登録できますが、無理に関係ないカテゴリを登録するのは避けるべきです。マイナス評価となり、検索順位の下落につながります。

カテゴリを設定する際には、検索結果で上位を獲得したいKWを検索してみて、競合店舗がどのようなカテゴリを設置しているのかを調査してみましょう。

MEO対策の登録手順:競合店舗のカテゴリ調査

地域のキーワードリサーチ

配信地域に特化したキーワードを適切に設定しましょう。設定することで、特定の地域での検索で上位に表示される可能性を高めます。

そのために対象とする地域に関連するキーワードをリサーチします。地域に特化したキーワードを適切に使用することで、地域のユーザーが検索した際に上位に表示される可能性が高まります。

口コミへ返信しレビューや評価管理

レビューや評価は地域検索エンジンでの表示に影響を与えることがあります。ポジティブなレビューや評価を増やし、信頼性を高めることで、ユーザーの信頼を獲得しやすくなります。

さらに以下の図のとおり、検索キーワードが口コミに含まれているものが上位表示される傾向があります。

MEO対策の登録手順:口コミへ返信しレビューや評価を管理

そのため、上位表示させたいキーワードを取り入れた口コミを書いてもらえるようなアナウンスを整えることが大切です。

他にも、口コミの返信に関連したキーワードを含める方法もあります。

ただ単に口コミを集めるのではなく、上位表示させたいキーワードを狙って、戦略的に口コミを集めていきましょう。

写真などのビジュアルコンテンツを入れ込む

MEO対策の登録手順;写真などのビジュアルコンテンツを入れ込む

メニューや店内の写真などのビジュアルコンテンツを充実させることも重要です。

検索結果に良い影響をもたらすだけでなく、ユーザーが来店する動機にもつながります。

ユーザーの温度感を高めたり、信頼性を獲得したりするために、解像度が高くわかりやすい写真を掲載しましょう。

また、ユーザーからの口コミ内に写真が掲載されていることも検索結果に良い影響があります。

「写真つきの口コミを投稿したらその日の会計で使えるクーポンプレゼント」などの工夫を取り入れて、写真つきの口コミも集めましょう。

地域マーケティング戦略の立案

地域に特化したマーケティング戦略を立案して実行します。地域の特性やニーズに合ったキャンペーンやプロモーションを展開することが重要です。

MEO対策をするメリット・デメリット

MEO対策、MEO対策をするメリット・デメリット

前章で取り上げたMEO対策の手法を踏まえて、ここからはMEO対策のメリット・デメリットを解説します。

MEO対策には多くのメリットがあります。
特に地域に特化したビジネスやサービスを提供する企業にとっては、顧客獲得やブランドの認知度向上に大きな効果が期待できるのです。

メリット①地域の顧客にアプローチ

マップエンジン最適化を行うことで、地域のユーザーに対して直接アプローチできます。

地域に特化したキーワードやカテゴリ設定を行い、地域のニーズに合った表示をすることで、地域の顧客の関心を引きやすくなるのです。

メリット②ローカルマーケティング強化

MEOはローカルマーケティング戦略の一部となります。地域の特性や文化に合わせたキャンペーンやイベントを展開することで、地域の顧客との結びつきを強化することができます。

メリット③地域の競合他社との差別化

地域に特化したMEO対策を行うことで、競合他社との差別化が図れる。地域のユーザーに対して特別なサービスやオファーを提供し、自社の特長をアピールすることができます。

次にデメリットについて解説します。

デメリット①難易度の高さ

地域に特化したMEOは、競合他社との戦いが激しい場合がある。特に競合が多く、需要が高い地域では上位表示を得ることが難しいことがあります。

デメリット②結果が見えるまでに時間がかかる

MEOの効果は即時ではなく、結果が出るまでに時間がかかることがあります。上位表示を得るためには、継続的な努力と時間をかける必要があるのです。

すぐに結果が出ないからといって挫折せずに、時間をかけて対策を行う必要があるものと認識しておきましょう。

MEO対策で検索上位を目指す方法

自社のWEBサイトをSEO対策する

MEO対策とSEO対策は、相互作用があるため、上位を獲得するためにはセットで実施することを推奨します。

自社サイトが上位表示されることにより、他のサイトからサイテーションや被リンクを獲得することにつながります。これにより、MEOで重視される認知度の向上につながり、MEOでも上位表示されやすくなるのです。

また、SEO対策の一貫としてプレスリリースサイトへの投稿などを実施することも認知度アップにつながるでしょう。

NAP情報を必ず統一する

以下のNAP情報は、WEB上の全てのサイトで統一させることが重要です。

  • N(Name):会社名
  • A(Address):住所
  • P(Phone):電話番号

WEBサイト上に登録されている情報のうち、NAP情報を見て、Googleは同じビジネスであると認識します。

そのため、Googleビジネスプロフィールや、公式サイト、ポータルサイト、SNSなど、すべてのWEBコンテンツの表記を統一させましょう。

具体的には、半角や全角などの細かい点も統一させることが大切です。

多言語に対応する

コロナも落ち着き、外国人観光客が増えている現代において、観光客の集客も必須といえます。

外国人ユーザーのデバイスからも上位表示させるためには、多言語に対応したビジネス情報の登録が必要です。

現状、Googleビジネスプロフィールからは多言語設定ができないため、Googleマップ上で下記の設定を行い、ビジネス名が多言語で表示されるようにします。

  • Googleマップで自店舗を検索
  • メニューから言語を選択する
  • 言語を選択画面から、対応したい言語(例として英語の場合:English Unitied States)を選択する
  • 「Suggest an edit」をクリックし、「Change name or other details」をクリック
  • 英語のビジネス名フィールドに入力する
  • 英語の端末環境で検索された際、ビジネス名が英語に適宜切り替わるようになる

MEO対策の効果検証と改善施策を打ち出す

MEO対策を実施した効果は、Googleビジネスプロフィールの「パフォーマンス」から確認できます。

具体的には、次のデータなどを確認できます。

  • Googleビジネスプロフィールへのアクセス数
  • Googleビジネスプロフィールから電話・メッセージ・予約などのアクションが入った回数
  • Googleビジネスプロフィールから店舗へのルート検索をしたユーザーの数
  • 商品やメニューなどを閲覧したユーザーの数

など

上記などを数値で確認できるため、数値分析し新たな改善施策を打ち出していくことが大切です。

PDCAサイクルを回していくことで、順位向上に期待ができるでしょう。

MEO対策で上位表示を狙うために実施することは、以下の記事で解説しています。あわせてご確認ください。

関連記事

MEOで上位表示を獲得する施策12選!順位の上げ方から重視される要素を解説

MEOで上位表示を獲得する施策12選!順位の上げ方から重視される要素を解説

Read More

MEOの知見が豊富なWEBマーケティング会社へ外注する

MEO対策の知見が豊富なWEBマーケティング会社へ依頼するのも検索結果上位を獲得するコツです。

StockSunのような上流の経営コンサルから実施できる会社であれば、競合と貴社を調査し分析し、貴社の優位性を明確にしたうえで、対策すべきキーワードを明らかにできます。

ただ単に貴社の業種に合わせて一般的なMEOの戦略を打ち出す場合、競合に埋もれてしまい一向に成果が出ず外注費がムダになってしまうケースも多いです。

StockSunならば、クライアントに利益を出せないコンサルタントはクビにする仕組みを整えているため、成果を生み出すことを第一に支援を実行いたします。

月額定額サービスのマキトルくんであれば月額5万円〜MEO対策を実施しているため、この機会に現状の課題をご相談ください。

MEO対策の実施に向けたGoogleビジネスプロフィールへの登録方法【キャプチャつきで手順を解説】

ステップ1:Googleビジネスプロフィールへアクセスする

まずはGoogleビジネスプロフィールの公式サイトへアクセスします。

MEO対策、Googleビジネスプロフィールの公式サイトへアクセス

公式サイト:https://www.google.com/intl/ja_jp/business/

ステップ2:ビジネス・店舗の基本情報を入力

店舗名やビジネス名などを入力して続行をクリックしましょう。

MEO対策、ビジネス・店舗の基本情報を入力

その後、画面にしたがって必要な情報を適宜いれこんでいくだけです。

 

情報はその場ですべて入力する必要はなく、スキップしてあとから入力することも可能です。

ただし以下の住所は、その場で入力しておいた方がいいです。

MEO対策、ビジネスのカテゴリを入力

情報はその場ですべて入力する必要はなく、スキップしてあとから入力することも可能です。

ただし以下の住所は、その場で入力しておいた方がいいです。

MEO対策、送付先住所を入力

Googleビジネスプロフィールでは、郵便による管理者確認があります。

管理者確認を実施することで、より詳細な店舗情報を登録していけるようになります。

ステップ3:管理者確認を実施して店舗情報の詳細を設定

郵送された確認コードを入力すると、店舗の詳細情報を入力していけるようになります。

以上でGoogleビジネスプロフィールの登録は完了です。

MEO対策を外注するときの費用相場

MEO対策を外注するときの費用相場図解

費用相場は、提供するサービスの内容や範囲、対象地域、プロバイダーの経験、競合他社の状況などによって異なります。一般的に、地域に特化したビジネスやサービスを提供する企業にとって、中小規模のプロバイダーやコンサルタントに依頼する場合の費用相場は以下のようになります。

初期費用

初期費用は、地図アプリや地域検索エンジンへのビジネス情報の登録や最適化、キーワードリサーチ、ビジネスカテゴリの選定などを含む場合があります。初期費用は約5万円から数十万円程度が一般的です。

月額費用

月額費用は、地域検索エンジンでのビジネス情報の更新や管理、レビューや評価のモニタリング、地域マーケティング戦略の実施などを含む場合があります。月額費用は約2万円から10万円程度が一般的です。

契約期間

通常、MEOの対策は長期的な取り組みが求められるため、契約期間を設けることがあります。契約期間に応じて割引価格が適用されることがあるため、長期の契約を検討する価値があります。

MEO対策会社の外注におすすめの会社5選

MEO対策会社を紹介していますので、ご参考にしてみてください。

StockSun株式会社

MEO対策、StockSun株式会社
  • 月5万円から優秀なフリーランスにMEO対策を依頼できる
  • MEO対策だけでなくWebマーケ全般の実行支援に対応
  • 外注を一本化できるためコスト削減につながる

集客コボットforMEO

  • MEO対策はディップが代行
  • 競合店舗を分析して順位を改善
  • 集客ノウハウを共有
MEO対策、集客コボットforMEO

360株式会社

  • 初期費用のみ/月額費用なし
  • 掲載順位を確認する無料サポートあり
  • 導入後3か月の無料サポート
MEO対策、360株式会社

株式会社プロモスト

  • 初期費用のみ/月額費用なし
  • 掲載順位を確認する無料サポートあり
  • 導入後3か月の無料サポート
MEO対策、株式会社プロモスト

株式会社コーボー

  • 初期費用0円
  • 成果型と月額型で選べるプラン
  • 3,500店舗突破
MEO対策、株式会社コーボー

MEO対策費用を抑えたい方はマキトルくんがおすすめ!

MEO対策、MEO対策費用を抑えたい方はマキトルくん

「効果的なMEO対策を費用を抑えて依頼したい」
「でも質の高い広告代理店を探す自信や時間がない」

こうした方におすすめしたいのが、月額5万円からご依頼いただける「マキトルくん」です。

Webコンサル会社であり、実績豊富なフリーランス集団であるStockSunだからこそできる費用対効果の高いサービスになっています。

ここでは、MEO対策でマキトルくんを活用するメリットを3つご紹介させてください。

  • 月5万円から優秀なフリーランスにMEO対策を依頼できる
  • MEO対策だけでなくWebマーケ全般の実行支援に対応
  • 外注を一本化できるためコスト削減につながる

月5万円から優秀なフリーランスにMEO対策を依頼できる

マキトルくんでは、月額定額5万円より優秀なフリーランスにMEO対策を依頼できます。
コンサル料がかからないため、「優秀なプロに依頼したいものの、高額な費用を支払う予算がない」といった企業にも安心してご利用いただけます。

また、MEO対策を担当するのは、StockSunに在籍する2,000名以上のフリーランスの中から、上位20%の優秀な人材に厳選しております。自社で優秀な人材を探す手間がかかりません。

  • MEO対策スキル
  • コミュニケーションスキル
  • 目的の達成意識

上記の要素を備えたフリーランスだけをアサインいたしますので、高クオリティーなMEO対策が可能です。

MEO対策だけでなくWebマーケ全般の実行支援に対応

マキトルくんでは、MEO対策だけでなく、マーケティング全般の実行支援を月額定額制で依頼いただけます。

  • MEO対策を内製化したい
  • コンバージョン率の高いMEO対策をしたい
  • MEO対策だけでなくSNS運用やLP制作なども任せたい

上記のようなニーズにも柔軟に対応可能です。

まず貴社のニーズ・課題を丁寧にヒアリングした後で、最適なご提案をさせていただきます。施策の内容が決定したら、次に必要な人材を集めて独自のチームを構築し、業務に取り掛かっていく流れです。

「とはいえ、複数のフリーランスを集めたら連絡を取り合うのが面倒そう」

この問題を未然に防ぐために、マキトルくんでは専属のディレクターが貴社とフリーランスの間に入ります。ヒアリング能力の高いディレクターが担当いたしますので、コミュニケーションコストを最小限にすることが可能です。

特にMEO対策は、SEO対策と掛け合わせて実施することによる相乗効果に期待ができるものです。

SEO対策との違いや成功のコツも合わせてご確認ください。

関連記事

MEOとSEOの違いとは【2024最新一覧早見図解つき】それぞれの重要性や特徴を解説

MEOとSEOの違いとは【2024最新一覧早見図解つき】それぞれの重要性や特徴を解説

Read More

外注を一本化できるためコスト削減につながる

現在、複数の外注先に業務を委託している場合、マキトルくんに外注を一本化すればコストを削減できます。これまで個別に発生していた固定費をまとめるだけでも、支出を最小限にできるでしょう。

マキトルくんに一本化した場合、チーム内で綿密にコミュニケーションを取ることが可能です。それぞれの担当者が成功事例・進捗状況を共有しながら、スピーディーかつ費用対効果の高い施策を実行できます。

最小限のコストでスピーディーにネット広告の制作・運用を依頼したい方は、ぜひマキトルくんの無料相談へお問い合わせください。

悪質なMEO対策業者を見分ける方法

成果報酬を提案してくる

MEO対策で成果報酬を提案してくる会社はおすすめできません。

成果報酬とは、以下のような料金形態のことです。

  • 検索結果3位に表示されたら⚪︎円×日数

本記事で解説している通り、検索順位はユーザーと店舗の距離も関係します。

ユーザーが自店舗の最も近くにいれば、3位以内に表示される可能性が高いです。

そのため、MEO対策を成果報酬で実施するケースはありません。

成果報酬を提案してくる会社には注意が必要です。

MEO対策しか対応できない、他のWEB施策の掛け合わせを提案してこない

悪質とまではいきませんが、MEO対策しか実施できない会社や、他のWEB施策の掛け合わせを提案できない会社には注意が必要です。

MEO対策しか対応できない会社の場合には、競合店舗の状況からMEOを実施しても効果を得られないケースでも、MEO対策をおすすめされてしまいます。

また、MEO対策は、SEO対策やSNSマーケティングを掛け合わせることで、知名度の向上につながってより効果を得られるものです。

そのため、他のWEB施策との掛け合わせも提案してくれる会社の方が知見が豊富で成果を得られやすいでしょう。

貴社のコストを無駄にせず最短で成果を得られる会社を選定したい場合には、MEO対策だけに限定されておらずさまざまなWEBソリューションに対応した会社を選ぶことが大切です。

MEO対策の成功事例|StockSunの独自事例

【月20名来店者数UP】MEO対策を駆使した整骨院の総合マーケティング

コロナ禍で売上が落ちていた整骨院にて、月20名の集客を成功させた事例です。

コロナ打撃によって売上が30%落ち込んでいました。

そこで、MEO対策を掛け合わせながら以下の施策を実施しています。

・MEO

・SEO

・リスティング広告

・サイト制作(サイトリニューアル・LP制作)

・TikTok運用

・CRM運用

この中でも特に重要視したのが、SEOとMEO対策です。

地域で強い被ドメインリンクを獲得し、地域での信頼性を向上させると共にGoogleビジネスプロフィールを充実させ、双方向から対策できました。

ただプロフィールを充実させるのではなく、ターゲット顧客が近しい商材のデータを参考にしたキーワード等の盛り込みが効果を発揮しました。

結果的に月20名の集客に成功し、コロナ打撃を感じさせない経営を可能に。

各Web施策の効果を合わせると、月40万件以上のリーチを獲得しています。

【歯科医で月100名集客】Googleビジネスプロフィールの口コミを外部と連携

歯科医で月100名の集客に成功した『Googleビジネスプロフィールを活用した事例』です。

本記事で解説したとおり、MEO対策において口コミを充実させることは、非常に重要な要素となります。

本事例では、口コミを増やすために外部と連携した施策を実施しました。

「口コミを増やす」と言うと、多くの事業者が内部対策をしようとします。従業員に口コミを書かせたり、ウソの口コミを沢山書いてしまうということです。

しかしながら、倫理的にもWeb対策的にもサクラの口コミは危険とされ検索結果に悪影響があります。

信頼度も下がりますし、結果的に集客へ繋がらないケースがほとんどです。

本事例で実施した外部組織と連携する施策は、StockSunコンサルティングにて支援しております。

施策について詳細を知りたいときには、ぜひお気軽にお問い合わせください。

本事例の詳細は動画でも解説しています。

MEO対策についてよくある質問

MEO対策の具体策は?

MEO対策の具体的な施策は次の通りです。

ビジネス情報を正確に入力する
カテゴリを設定する
地域のキーワードリサーチ
口コミへ返信しレビューや評価を管理
写真などのビジュアルコンテンツを入れ込む
地域マーケティング戦略の立案

詳細は、本記事のMEO対策の具体的なやり方!自分でできる6つのポイントにて解説しています。

MEO対策とSEO対策の違いは何ですか?

MEO対策とSEO対策の違いは、次の通りです。

MEO対策 Googleマップでキーワード検索したときの検索結果に、自社のGoogleビジネスプロフィールの情報を上位表示させるための施策
SEO対策 Google検索で検索したときの検索結果に自社サイトなどの自社の情報を上位表示させるための施策

MEO対策とは何の略ですか?

MEO対策とは、Map Engine Optimization(マップエンジン最適化)の略です。

頭文字をとってMEOと呼ばれています。

MEO対策は簡単にできますか?

結論、Googleビジネスプロフィールの登録や、基本的な設定は簡単にできます。

ただし、MEOで上位表示を狙うための施策は、競合調査を実施したうえで他のWEB施策と掛け合わせて実施することが大切なため専門的な知見が必要です。

「自社はMEO対策するだけで、集客につながるのだろうか?」その場合には、貴社と競合店舗を確認させていただいたうえでアドバイスいたしますので無料相談をご活用ください。

 

特典:月100名来店者数UP!?戦略・戦術をご提案

MEO対策を相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

まとめ

MEO対策、まとめ

MEO対策は、種類に応じてかかる料金が異なるため注意しましょう。

MEO対策を外注する場合は追加で代行手数料がかかりますが、専門知識を用いた適切な運用が期待できます。費用対効果を高めたい場合は、外注も検討しましょう。

「MEO対策を効率的に行い、売上アップにつなげたい」

「外注を1本化してコストの最適化を図りたい」

その場合は、弊社StockSunのマキトルくんをおすすめします。

マキトルくんでは、優秀なディレクターとフリーランスによる質の高い実行支援を月額定額で提供しています。効果的なMEO対策についてプロによる戦略をお求めの方は、お気軽にお問い合わせください。

最小限のコストで迅速に結果を出したい方は、ぜひマキトルくんの利用をご検討ください。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。