メールで
無料相談
LINEで
無料相談

















TOP

MEOとSEOの違いとは【2024最新一覧早見図解つき】それぞれの重要性や特徴を解説

更新日
MEOとSEOの違いとは【2024最新一覧早見図解つき】それぞれの重要性や特徴を解説

「SEO対策とMEO対策の違いはなに?」
「それぞれの特徴を把握して自社に最適な方の施策を打ち出したい」

結論、MEO対策はGoogleマップで上位を獲得するための施策、SEO対策はGoogleなど検索エンジンで上位を獲得するための施策という違いがあります。

上記の違いから、ターゲットとなるユーザーや達成できる目的、かかる費用などさまざまな違いがあります。

そこで今回は、初心者の方でもMEO対策とSEO対策の違いを全て把握できるよう、以下のトピックを解説しています。

さまざまなクライアントのMEO対策とSEO対策を実施してきたStockSunの知見をもとに解説いたします。

なお、弊社StockSunでは、格安でSNS運用代行をはじめさまざまなWeb集客施策を依頼できる「マキトルくん」というサービスを提供しています。月5万円からの定額サービスになっているので、最小限のコストで売上を最大化させたい方に最適です。

迅速に結果を出したい方は、ぜひマキトルくんの利用をご検討ください。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。

MEO対策とは

MEOとSEOの違い:MEO対策とは

MEO(Map Engine Optimization(地図エンジン最適化))は、主に地図検索エンジン(Google マップ、Apple マップなど)で、自社の表示を最適化するための施策を指します。

この最適化は、地域検索やローカルビジネスの探索に関係してきます。主な目標は、ユーザーが地図検索で特定の場所を見つけやすくすることです。

MEO対策を実施することで、マップ上で自社の情報が上位表示されるだけでなく、以下のとおり検索エンジン上でも自社情報を上位表示させられます。

Google検索にて、Googleマップと、上位3店舗が表示される箇所は、ローカルパックと呼ばれています。

MEO SEO、ローカルパック

また、Googleマップだけでなく、Google検索で店舗を探すユーザーも刈り取れるということです。

MEOには、正確な住所情報の提供、カテゴリーや業種の選択、地図上のマーカーやレビューの管理などが含まれます。

一方で、地域に特化していない大手企業やオンラインサービス、国際展開を行っている企業にとっては、MEO対策が直接的には必要ない場合もあります。彼らのビジネスは地域に限定されず、地図アプリや地域検索エンジンでの上位表示よりも、一般的なSEO戦略やオンラインマーケティングが重要になることがあるのです。

SEO対策とは

MEO SEO、SEO対策とは

SEO(Search Engine Optimization )は、自社のウェブサイトやコンテンツを検索エンジン(Google、Bingなど)での高い順位に表示されるように最適化する戦略です。

主な目標は、特定のキーワードやクエリに対して、検索エンジンの検索結果ページで上位にランク付けされることです。SEOには、キーワードの選定、コンテンツの最適化、リンクビルディング、サイトのテクニカルな側面の最適化などが含まれます。

要約すると、SEOは一般的な検索エンジンでのランキングを向上させるための戦略であり、MEOは地図検索エンジンでのビジネスや場所の表示を向上させるための戦略です。どちらもオンラインプレゼンスの向上に貢献する重要な要素ですが、それぞれ異なる基盤とコンテキストに関連しています。

MEO対策とSEO対策のメリットデメリット

MEO対策とSEO対策のメリット、デメリットを比較してみると以下の通りです。

  MEO対策 SEO対策
メリット ・GoogleマップとGoogle検索で上位表示させられる
・来店見込みのユーザーへ訴求できる・費用対効果が高い
・潜在層〜顕在層まで訴求できる
・中長期的な効果が期待できる
デメリット ・対策できる地域が限られる
・効果的な業種が限られる・ネガティブな口コミをもらう可能性
・効果が出るまでに時間がかかる
・専門的な知見やノウハウが必須

MEO対策のメリット

GoogleマップだけでなくGoogleの検索結果でも表示される

MEO対策を実施することで、次の2つで検索結果上位を獲得できるのがメリットです。

①Googleマップの検索結果

MEO SEO、Googleマップの検索結果

②Google検索の検索結果

MEO SEO、Google検索の検索結果

Googleマップの検索を利用するユーザー、Google検索を利用するユーザーどちらにも店舗や事業をアピールできます。

また、自社サイトを保有していなくても、MEOを実施して上位を獲得できれば、Googleの検索結果にも表示されるのは魅力的な点です。

来店見込みのユーザーへ訴求できる

MEO対策を実施することで来店する可能性が高いユーザーへ訴求できるのもメリットです。

その理由は、次にあります。

  • Googleマップで店舗や会社を検索するユーザーは、直近で来店・訪問する場所を探しているため
  • 「地域+業種」などすぐの来店につながるキーワードでGoogle検索したときにGoogleマップの情報が検索結果に上位表示される仕組みがあるため

MEO対策を実施することで最もCVに近いユーザーを集客できるのは大きなメリットです。

費用対効果が高い

MEO対策では、自社サイトの構築や記事型コンテンツの制作など費用のかかる制作物をつくる必要がありません。

Googleビジネスプロフィールへの登録、店舗写真の登録などを実施すれば良いので、構築に費用がかからないのはメリットです。

費用がかからなくても上位表示を獲得できれば大きな効果を期待できるため、費用対効果が高い点はメリットと言えます。

MEO対策のデメリット

対策できる地域が限られる

MEO対策は、対策できる地域が限られます。その理由は次の通りです。

  • 「地域+業種」など特定の地域名によって検索結果は左右される
  • ユーザーの位置情報によって検索結果が左右される

MEOの検索結果は、ユーザーの位置情報と店舗の距離も大きく関係する仕組みです。

渋谷でカフェを経営しているケースの場合、渋谷にいるユーザーが「カフェ」と検索したときに貴社が上位表示されたとしても、原宿にいるユーザーが「カフェ」と検索した場合には、原宿のカフェが上位表示されて貴社は上位表示されません。

そのため対策できる地域が限られる点はデメリットといえます。

効果の期待できる業種が限られる

MEO対策を実施して効果を得られる業種は限られます。

その理由は以下の特徴があるためです。

  • 対策できる地域が限られる
  • 直近で訪れる店舗や会社を探すユーザーへ訴求できる

BtoB企業や、全国どこからでも利用できるECサイト、オンライン教育などはMEO対策を実施しても大きな効果を得られないでしょう。

実店舗や塾など地域に密着したサービスを展開しているときに効果がある施策です。

ネガティブな口コミを書かれる可能性がある

MEO対策では、質の良い口コミが集まると上位表示される仕組みがあるため、口コミ獲得の施策を実施します。

MEO SEO、ネガティブな口コミを書かれる可能性がある

口コミは、サクラなどで集めることが禁止されており、サクラの口コミはペナルティとなり検索結果に大きな悪影響を及ぼします。

顧客からのリアルな口コミが求められるため、サービスの品質が悪い場合には、ネガティブな口コミをもらう可能性もあります。

ネガティブな口コミが多い場合には、貴社の信頼性やブランディングに影響があるため注意が必要です。

SEO対策のメリット

潜在層〜顕在層まで狙った層へ訴求できる

SEO対策は、それぞれキーワードを設定した記事型コンテンツを作成し、それぞれのコンテンツで検索結果上位を目指す施策です。

貴社が上位表示させたいキーワードを自由に設定できるため、潜在層〜顕在層までさまざまなユーザーへ訴求できるのがメリットと言えます。

また、サイト内に投稿しているさまざまなコンテンツを通して、潜在層を顕在層へとナーチャリングできるのも自社サイトだからこそできる施策です。

中長期的な効果を期待できる

SEO対策では、特定のキーワードで一度上位表示されれば、継続的に上位を獲得していくことができます。

時流の流れに合わせて定期的にリライトする必要はありますが、コンテンツを1から作り直す必要がありません。

そのため、少ない工数とコストで中長期的に集客効果を得られるのはメリットでしょう。

SEO対策のデメリット

効果が出るまでに時間がかかる

SEO対策では、検索結果上位を獲得しCVを得るためには最短で3ヶ月程度かかります。一般的には半年〜1年程度かかるため、すぐに効果を得られない点はデメリットと言えます。

専門的な知見とノウハウが必要となる

SEO対策では、次の作業を実施します。

  • サイト構造の戦略設計
  • キーワードの設計・選定
  • 記事型コンテンツの制作
  • 被リンク獲得などの外部対策
  • 内部リンクの設置やサイトスピード改善などの内部対策

これらの作業は、専門的な知見が必要です。知見がない状態で見よう見まねで実施しても、思ったような効果を得られないケースがほとんどです。

そのためSEO対策を実施するときには、専門的な知見が必要となる点はデメリットと言えます。

MEO対策とSEO対策の違い

MEO対策とSEO対策の違いを比較して見ると、次の表の通りです。

  MEO対策 SEO対策
実施するときの難易度・工数 低コンテンツ制作が容易 高記事型コンテンツ制作に工数がかかるすべての作業に専門的な知見必要
対象ユーザー 周辺地域にいるCVに近い顕在層のユーザー さまざまな地域にいる潜在層〜顕在層までのユーザー
対策範囲 店舗や会社の周辺地域 幅広い地域
表示される箇所 ・Googleマップの検索結果
・Google検索のローカルSEO箇所
・Google検索
目的・対象媒体 Googleマップで検索上位を獲得するために実施する Googleの検索エンジンで上位表示を獲得するために実施する
対策のやり方 ・Googleビジネスプロフィールに詳細の情報を入力する
・口コミを集める、口コミへの対応
・外部サイトやSNSから自社について言及してもらいサイテーションを獲得する
・自社サイトのキーワードを設定した記事型コンテンツを投稿
・内部リンクやサイト構造の最適化
・外部サイトから被リンクを獲得
競合 地域に存在している同業種 全国に存在している同業種
かかる費用 月額 20,000~60,000円 月額 50,000~500,000円
効果が出るまでの期間 2週間~2ヶ月 3ヶ月〜1年

実施するときの難易度・工数

  難易度・かかる工数
MEO対策
SEO対策

結論から申し上げると、MEO対策は、SEO対策よりも難易度が低いです。

SEO対策の方が実施する際に、打ち出す施策や制作するコンテンツ量が多いためです。

SEO対策は、土台となるキーワードの設計、記事型コンテンツの制作、外部対策、内部対策などやらなくてはならない作業が多岐に渡ります。

またそれぞれの作業に専門的な知見が必要です。

MEO対策は、登録作業など土台の戦略設計のみできれば、あとは専門的な知見は必要ありません。

土台さえWEBマーケティング会社に構築してもらえばあとは自社で内製化していくことも可能です。

対象のユーザー、ターゲット層

対象のユーザーとターゲット層は、次のように異なります。

MEO対策 周辺地域にいるCVに近い顕在層のユーザー
SEO対策 さまざまな地域にいる潜在層〜顕在層までのユーザー

Googleマップで検索するユーザーは、特定の地域で来店、訪問する店舗や会社を探していることになります。

またGoogleマップの情報は、検索エンジンで特定のキーワードで検索した際も上位表示されます。

この特定のキーワードをローカルキーワードと呼びます。ローカルキーワードは、以下のとおりです。

  例:
飲食店 居酒屋、ファミレス、焼肉、カフェなど
美容系店舗 美容院、美容サロン、ネイルサロン、エステなど
教育施設 塾、学校、習い事、カルチャースクールなど
クリニック 歯科医院、内科、眼科、美容外科など
士業 税理士、弁護士事務所など
トラブル解決系の業種 ハウスクリーニング、害虫駆除、水道トラブルなど

これを見ると、ローカルキーワードの検索意図も、周辺地域でこれから来店・訪問する店舗や業種を探していることがわかります。

上記を踏まえると、MEO対策の対象ユーザーは、CVに近い顕在層であるとわかります。

一方SEO対策は、潜在層〜顕在層までを対象にしています。

例えば、「簡単に痩せる方法を知りたい」という、エステへの来店を決めていないようなユーザーは「痩せる 方法 簡単」などで検索することになります。

その際、SEO対策した簡単に痩せる方法についての記事が上位表示されていれば、ユーザーと接点を持てることになります。

記事や、ホームページ内の他の記事を通して、解決策としてエステへの来店を誘導することで集客につなげられます。

上記のようにSEO対策は、来店まで遠い潜在層〜顕在層までさまざまなユーザーがターゲットとなります。

対策できる範囲

MEO対策 店舗や会社の周辺地域
SEO対策 幅広い地域

MEO対策は、ユーザーの位置情報と、「地域名+焼肉」など地域に関連して検索結果が変動する仕組みがあります。そのため、店舗や会社周辺などの特定の地域で対策できます。

一方SEO対策は、ユーザーの位置情報などには左右されません。そのため幅広い地域で対策することが可能です。

表示される箇所

MEO対策 ・Googleマップの検索結果
・Google検索のローカルSEO箇所
SEO対策 ・Google検索

MEO対策を実施することで、Googleマップの検索結果だけでなく、Google検索で「地域+業種」などで検索したときの検索結果に表示させることができます。

一方、SEO対策を実施して表示される箇所は、Googleの検索結果のみとなります。

Googleの検索結果に表示されるとき、以下画像のような違いがあります。

MEO SEO、Googleの検索結果

MEOでは、ローカルSEOと呼ばれる、地図と周辺店舗がセットとなった箇所に表示されます。

SEO対策では、サイトのタイトルやディスクリプションが表示される検索結果箇所に表示されます。

検索結果でMEOとSEOどちらが最上部に表示されるかは、次の条件で変動します。

  • キーワードで出稿されているリスティング広告の有無

→該当のキーワードで他社がリスティング広告を出稿している場合にはリスティングが最上部に表示される

  • 検索するキーワード
  • ユーザーの位置情報

上記を踏まえると、リスティング広告、MEO対策、SEO対策の全てを掛け合わせて実施することで検索結果の3面を占めることになります。

認知度をアップしていきたい場合にはおすすめの手法です。

実施する目的と対象の媒体

  目的と対象媒体
MEO対策 Googleマップで検索上位を獲得するために実施する
SEO対策 Googleの検索エンジンで上位表示を獲得するために実施する

それぞれの目的の詳細は、以下にて解説しています。

MEO対策の目的

MEO対策とは、地図検索エンジン(例:Google マップ、Apple マップ、Yahoo! マップなど)でビジネスや場所を効果的に表示し、地域検索やローカルビジネスの探索においてユーザーに価値ある情報を提供することです。

具体的なMEO対策の目的を6つ、以下に挙げてみました。

ローカルビジネスの表示

MEOは、特定の地域や都市で営業しているローカルビジネスが地図検索エンジン上で正確に表示されることを確保します。これによって、ユーザーは近くにあるビジネスを簡単に見つけることができます。

正確な情報提供

MEOは、ビジネスの正確な住所、電話番号、営業時間などの情報を提供することで、ユーザーが求める情報を正確に入手できるようにします。

クライアントへのアクセス向上

適切なカテゴリを選択することで、地域検索エンジンで正しいカテゴリに分類され、ユーザーの検索ニーズに合った表示を行います。

レビューや評価の管理

MEOは、ビジネスの評価やレビューを管理し、ポジティブな評判を強調することで、信頼性を向上させます。

地域コミュニティへの統合

MEOは、地域コミュニティにおけるビジネスや場所の統合を促進し、地域内での認知度を向上させます。

要するに、MEOの目的は、地図検索エンジンを通じてビジネスや場所を見つけやすくし、地域の顧客やユーザーに便益をもたらすことです。この最適化を行うことで、ビジネスはローカル市場での存在感を高め、顧客とのつながりを強化することができます。

関連記事

MEO対策とは?自分でできるやり方・上位獲得の方法を全公開【登録や設定のコツがわかる】

MEO対策とは?自分でできるやり方・上位獲得の方法を全公開【登録や設定のコツがわかる】

Read More

SEO対策の目的

SEO対策とは、ウェブサイトやコンテンツを検索エンジンの検索結果ページで上位に表示されるように最適化することです。これによって、特定のキーワードやフレーズに関連するウェブサイトがユーザーに見つけやすくなり、オンラインでの可視性やアクセスが向上します。

ここではSEO対策の具体的な目的を6つ、以下に挙げてみました。

ウェブサイトの可視性向上

上位にランク付けされることで、ユーザーが特定のキーワードで検索した際に、あなたのウェブサイトが表示されやすくなります。これにより、ウェブサイトへのアクセスが増加します。

ターゲットオーディエンスへのリーチ

SEOを行うことで、特定のキーワードやフレーズで検索する可能性のあるターゲットオーディエンスにリーチすることができます。ユーザーが関心を持つコンテンツや情報を提供することができます。

ウェブサイトの信頼性と権威性の向上

上位ランキングは、ウェブサイトの信頼性や権威性を示す要素とされます。高いランキングを維持することで、ユーザーはあなたのウェブサイトを信頼しやすくなります。

オーガニック(有料ではない)トラフィックの増加

検索エンジンからのオーガニックトラフィックは、ウェブサイトへの自然なアクセスです。SEOの改善によって、有料広告の依存度を減少させ、長期的なトラフィック源を確保できます。

コンバージョン率の向上

ターゲットキーワードに関連するコンテンツを提供することで、ユーザーがウェブサイト上で望む情報や行動に簡単にアクセスできるようになります。これによって、コンバージョン率が向上する可能性があります。

競合他社との差別化

上位ランキングは、ウェブサイトの信頼性や権威性を示す要素とされます。高いランキングを維持することで、ユーザーはあなたのウェブサイトを信頼しやすくなります。

対策のやり方、方法

MEO対策もSEO対策も以下2つの対策を実施します。

  • 内部対策
  • 外部対策

それぞれの対策においてやることが異なるため、次の表にまとめました。参考にしてください。

  内部対策 外部対策
MEO対策 ・Googleビジネスプロフィールの情報を全て埋めること
・Googleビジネスプロフィールと公式サイトやSNSなどのNAP情報を統一
・店内の写真やメニューの写真などビジュアルコンテンツも投稿する
・新メニューや営業時間などは最新情報を常に更新する
・キャンペーンやイベントなど写真つきで定期的に更新する
・キーワードが含まれているかつ写真つきの質の良い口コミを集める
・口コミへの返信
・外部サイトやSNSで店舗を取り上げてもらう
SEO対策 ・キーワードの検索ニーズに合わせた記事型コンテンツの作成
・内部リンクの最適化
・WEBサイト全体の構造の最適化
・WEBサイトの速度改善など
・外部サイトから被リンクを獲得
・外部サイトやSNSなどから店舗や会社を取り上げてもらう

競合

MEO対策 地域に存在している同業種
SEO対策 全国の同業種

MEO対策は、前述の通り対策できる地域が限られるので、貴社が所在する地域の同業種が競合となります。

SEO対策の場合には、地域関係なく対策できるため、全国の同業種が競合です。

上記を踏まえると、MEO対策は、地域密着型の事業を展開している時に最適です。

また、ECサイトなどの全国どこからでも利用できるオンライン型サービスやBtoB企業の場合にはSEO対策が適していると言えます。

かかる費用

  成果報酬型 固定報酬型 初期費用
MEO対策 500~2,000円 / 日 月額 20,000~60,000円 0~50,000円
SEO対策 500~5,000円 / 日 月額 50,000~500,000円 0~200,000円

費用について細かく説明すると、MEO対策とSEO対策の費用は成果が出てから支払う「成果報酬型」と、成果にかかわらず支払う「固定報酬型」の2つに分かれます。
MEO対策はSEO対策に比べて金額が低く、業者に依頼をしても大きな負担にはならない事が多いため、気軽に対策をしやすいです。

SEO対策は、MEO対策よりも費用が高く、対策の内容によって幅があります。狙っているキーワードやサイトの規模・競合サイトの状況によっては対策しなければならない項目が多く、難易度も高いからです。

自分で対策を行う事も出来ますが、SEO対策の幅広い知識やHTML、サイトによってはphpなどのプログラミングの知識も必要になるため、本格的に対策したいのであれば業者に依頼しないと成果が出ない事が多いです。

効果が出るまでの期間

  費用(1ヶ月) 効果が表れる期間
MEO対策 約2万~5万円 2週間~2ヶ月
SEO対策   約5万~50万円 3ヶ月~1年

MEO対策の場合は、周辺地域に競合店舗が少ない場合には、2週間程度で効果が現れることもあります。

一方SEO対策は、記事型コンテンツを投稿してから検索順位を獲得できるまで最短でも3ヶ月がかかります。

順位が安定するまで半年〜1年かかることが一般的なため、効果が現れるまでの期間は大きく異なります。

MEO対策とSEO対策がどちらも重要な理由

MEO の重要性

ローカルビジネスの認知度向上につながるため

MEOは、ローカルなビジネスや場所に関連する地図検索エンジンでの表示を最適化するための戦略です。特に実店舗を持つビジネスにとっては非常に重要です。
ローカルビジネスは地域の顧客にアピールする必要があり、MEOはその地域市場での存在感を高めるための有力な手段です。
地域コミュニティにおける評判や評価の管理もMEOの一部です。ユーザーの信頼性を高めることができます。

来店の可能性が高いユーザーへ訴求できるため

MEO対策は、今すぐ周辺の店舗や施設を探すユーザーへ訴求できることも重要視される理由です。

「渋谷+カフェ」などのキーワードは、これから訪れる周辺のカフェを検索しているユーザーとなります。

そのためCVに最も近いユーザーだと判断できます。

来店につながりやすいユーザーの比較検討軸に入ることができるのは大きなメリットでしょう。


SEO の重要性

SEOは、一般的なウェブ検索エンジンでの可視性を向上させるための戦略です。ウェブサイトのトラフィックを増やし、ターゲットオーディエンスにリーチする手段として非常に重要です。
ウェブサイトが関連するキーワードで上位に表示されることで、多くのユーザーにアクセスされる可能性が高まります。競争の激しい業界では、SEOが重要な差別化要因となることがあります。ウェブサイトの質やコンテンツ、ユーザーエクスペリエンスの向上もSEOの一環です。これによってユーザーの満足度が向上し、長期的な成果をもたらす可能性があります。

どちらを優先するかは、ビジネスの性質、目標、競争状況によって異なります。多くの場合、オンラインプレゼンスを強化するためには両方の最適化を考慮することが重要です。地域での存在感を高めたい場合はMEOを重視し、幅広いオーディエンスにアプローチしたい場合はSEOを重視するなど、バランスを取ることが大切です。

関連記事

CVRを上げる方法は? 効果的な施策と改善ポイントを解説

CVRを上げる方法は? 効果的な施策と改善ポイントを解説

Read More

MEO対策とSEO対策を使い分ける方法

結論、MEO対策とSEO対策は掛け合わせて実施することで、双方の検索結果に良い影響を与えるため、できれば両方実施すべきです。

「渋谷+カフェ」などで検索したとき、結果に表示される「SEO対策枠」と「ローカルSEO枠」をどちらも占領できるため、集客につながります。

ただし、予算やリソースの兼ね合いで使い分ける場合には、以下の活用具体例を参考にして判断しましょう。

MEO対策が適しているときの具体例

MEO対策は以下を実施したいという目的がある場合に向いています。

想像してみてください、あなたがローカルなピザ店を経営しているとします。ユーザーが地図検索エンジンで「近くのピザ店」と検索した場合に、あなたの店が表示されるようにMEOを行います。
・正確な住所情報
MEOでは、ピザ店の正確な住所情報(住所、電話番号、営業時間)を提供します。これにより、 ユーザーが店舗にアクセスする際に混乱することなく、正確な情報を得られます。
・カテゴリーや業種の選択
ピザ店としてのカテゴリーを選択し、地図上で適切な業種として分類されるようにします。これによって、ユーザーが関連性の高い業種カテゴリーから店舗を見つけやすくなります。
・地図上でのマーカー
ピザ店の場所を正確に地図上にマーカーで表示し、ユーザーが目的地に到達する際のナビゲーションを容易にします。

SEO対策の例

SEO対策は以下を実施したいという目的がある場合に向いています。

同じく、あなたがピザ店を経営していると仮定します。これからは、一般的なウェブ検索エンジンで「美味しいピザのお店」というキーワードでランキングを上げるためにSEOを行います。
・キーワードリサーチ
キーワードリサーチを行い、ユーザーがピザ店を探す際に使用する可能性が高いキーワードを特定します。
・コンテンツ最適化
ウェブサイトのコンテンツを、目標のキーワードを適切に含むように最適化します。メニューや料理の説明、店舗の特徴などのコンテンツが対象です。
・メタデータ最適化
ウェブページのタイトルやメタディスクリプションを、目標のキーワードを含むように最適化します。これによって、検索結果ページでの表示が改善されます。
・リンクビルディング
キーワードリサーチを行い、ユーザーがピザ店を探す際に使用する可能性が高いキーワードを特定します。
・ユーザーエクスペリエンス
ウェブサイトの読み込み速度やモバイルフレンドリー性を改善して、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。

MEO対策とSEO対策を併用する方法

MEO対策とSEO対策は併用することでMEOの検索結果に良い効果があります。

SEO対策を実施することで、貴社サイトの各ページがさまざまな検索結果で上位表示されるようになります。

Google検索で高順位を獲得すると、ローカルSEOの検索結果も向上していくというアルゴリズムがあります。

そのため、併用していくことが重要です。

また、良い効果を得るためには、正しい方法でMEO対策を実施したうえで、以下のポイントを抑えてSEO対策するのが大切です。

<SEO対策を実施するときのポイントと理由>

サイトのNAP情報を正しく記載 ・GoogleはNAP情報(会社名・住所・電話番号)を見て自社サイトとGoogleビジネスプロフィールが同じ事業者であると判断するため
・半角や全角などもすべて統一することが大切
外部対策に力を入れる ・他サイトから被リンクを獲得することでサイテーションも獲得できる

上記を抑えてMEO対策とSEO対策を併用しましょう。

参照・参考:https://support.google.com/business/answer/7091?hl=ja

MEO対策を実施する方法

MEO対策を自社で実施するときには、次の5つを行います。

MEO対策の具体的なやり方 詳細
Googleビジネスプロフィールへの登録 Googleマップへ店舗の情報を反映させるためには、Googleビジネスプロフィールへの登録が必須です。
ビジネスの情報を正確にすべて入力する Googleビジネスプロフィールへ以下の情報を正確に全て登録します。
・カテゴリ
・店舗の公式ホームページ・
・住所、マップピンの設定
・営業時間
・電話番号
・写真、メニュー、商品
適切なカテゴリを設定する 適切な店舗のカテゴリを設定します。最大9個設定できますが、関連性の低いカテゴリを設定すると検索結果の下落につながるため注意が必要です。
口コミを集める・管理する 上位表示を狙いたいキーワードが含まれた口コミを集めていきます。口コミへの返信にキーワードを含める施策も有効です。
ビジュアルコンテンツを入れ込みながら最新情報を更新する 写真などのビジュアルコンテンツを含めながら、イベントや新メニューなどの最新情報を更新していきます。

主に上記などを実施して検索結果上位を狙っていくのがMEO対策です。

より詳細なやり方は、次の記事にて全解説しているため、あわせてご確認ください。

関連記事

MEO対策とは?自分でできるやり方・上位獲得の方法を全公開【登録や設定のコツがわかる】

MEO対策とは?自分でできるやり方・上位獲得の方法を全公開【登録や設定のコツがわかる】

Read More

MEO対策とSEO対策、両方行いたいときはマキトルくんがおすすめ!

 

MEO SEO、定額制Webマーケティング支援マキトルくん

「MEO対策やSEO対策どちらも依頼したい」
「でも質の高い広告代理店を探す自信や時間がない」

こうした方におすすめしたいのが、月額5万円からご依頼いただける「マキトルくん」です。

Webコンサル会社であり、実績豊富なフリーランス集団であるStockSunだからこそできる費用対効果の高いサービスになっています。

ここでは、MEO対策でマキトルくんを活用するメリットを3つご紹介させてください。

優秀なWebマーケティングチームに格安で依頼できる仕組み

時間に余裕のある優秀なフリーランスや副業している方に継続的にまとまった仕事を依頼することで、相場よりも格安でWeb業務を依頼できる仕組みとなっています。

Web業務を専属チームに任せることで効率よくスピーディーに進行できる

マキトルくんでは目的に合わせた専属のWebマーケティングチームを組むことで
効果的かつスピーディにマーケティング施策を実行いたします。

外注先を一元化できるためやり取りや管理の手間をカットできる

専属の担当ディレクターが間に入ることで人材の選定や各担当者とのやり取りの手間を省くことができる。費用を削減できる可能性が高い。

マキトルくんに一本化した場合、チーム内で綿密にコミュニケーションを取ることが可能です。それぞれの担当者が成功事例・進捗状況を共有しながら、スピーディーかつ費用対効果の高い施策を実行できます。

最小限のコストでスピーディーにネット広告の制作・運用を依頼したい方は、ぜひマキトルくんの無料相談へお問い合わせください。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

MEO対策とSEO対策に関するよくある質問

MEOとSEOは関連性がありますか?

MEO対策とSEO対策は、一緒に実施することでMEO対策の検索結果に良い効果をもたらします。

SEO対策を実施することで、貴社サイトの各ページがさまざまな検索結果で上位表示されるようになります。

Google検索で高順位を獲得すると、ローカルSEOの検索結果も向上していくというアルゴリズムがあります。

関連性の高い施策となっているため、併用していくことが重要です。

ローカルSEOとMEOの違いは何ですか?

ローカルSEOとは、Google検索において、ユーザーの現在地や居住地など、地域によって検索結果が左右されるとき、その中で上位表示を獲得するための施策です。

MEO対策は、Googleマップの検索結果上で上位表示されるための施策を指すため、ローカルSEOの施策の中にMEO対策が含まれると位置付けることもできます。

具体的にいうと、「渋谷 歯医者」「千葉 歯医者」でGoogle検索したとき、それぞれで表示される検索結果は異なります。

また、デバイスの位置情報がオンの状態で、渋谷駅から「歯医者」と検索するとき、千葉駅から「歯医者」と検索するときにも、周辺の歯医者が上位表示されるため検索結果が異なるものです。

上記のように特定の地域がフォーカスされた検索結果の中で上位を獲得するための施策がローカルSEOです。

MEOとは何ですか?

MEOとは、Map Engine Optimization(地図エンジン最適化)の頭文字をとったものです。

Googleマップ向けの地図エンジンで検索結果が上位に表示されるために様々な施策を行うことを指します。

MEO対策の具体例は?

MEO対策では、次のようなことを実施していきます。

  • Googleビジネスプロフィールへの登録
  • ビジネスの情報を正確にすべて入力する
  • 適切なカテゴリを設定する
  • 口コミを集める・管理する
  • ビジュアルコンテンツを入れ込みながら最新情報を更新する

詳細は、本記事のMEO対策を実施する方法をご確認ください。

まとめ

MEO対策とSEO対策、各々重要性が違います。

どちらも外注する場合は二重でコストもかかりますが、専門知識を用いた適切な運用が期待できます。費用対効果を高めたい場合は、外注も検討しましょう。

「MEO・SEO対策を効率的に行い、売上アップにつなげたい」
「外注を1本化してコストの最適化を図りたい」

その場合は、弊社StockSunのマキトルくんをおすすめします。

マキトルくんでは、優秀なディレクターとフリーランスによる質の高い実行支援を月額定額で提供しています。

効果的なMEO・SEO対策についてプロによる戦略をお求めの方は、お気軽にお問い合わせください。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。