メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

採用動画制作会社5選!費用相場や選び方、成功事例も紹介【プロ解説】

更新日
採用動画制作会社5選!費用相場や選び方、成功事例も紹介【プロ解説】

採用動画は今や企業の採用戦略において、欠かせないツールとなっています。しかしその制作方法には、自社内制作とプロへの外部委託の二つがあり、それぞれメリット・デメリットがあります。

この記事では、採用動画の制作を自社で行う場合のポイントと、制作会社に依頼するメリット、そしてそれぞれのコスト面での考察をプロの視点から解説します。費用と品質、そして制作プロセスをバランスよく進めるための秘訣を、本記事で詳しく学びましょう。

「採用HPに200万円以上費用をかけている」
「毎月100件以上スカウトメールを送付している」
「毎月のように求人票をブラッシュアップしている」

その場合、採用施策にムダが生じている可能性があります。

StockSunが生み出した『YouTube×採用』施策を用いれば、採用コストを削減しながら約30万人に貴社の求人を即リーチできます。

・貴社の採用動画制作し、ターゲット層と相性の良いメディアから集客を実施!

・GMARCH/関関同立以上の高学歴ビジネス層26万人が登録する就活系YouTube「年収チャンネル」と、
StockSunとつながりを持つビジネス系YouTuberが、貴社の採用動画を拡散!

低コストで優秀な人材の採用が叶う、StockSunにしか提供できないサービスをぜひご検討ください。

拡散支援枠には限りがあります。ご興味のある企業様は以下バナーから詳細をご確認ください。

\特典:最短で収益化!?貴チャンネルとマッチする動画戦略をご提案/

採用動画の無料相談

本記事で紹介している制作会社5選の比較表は以下のとおりです。選定時の参考にしてください。

 StockSunGlobal Japan CorporationVIDWEBプルークスヒューマンセントリックス
総合評価4.53.63.23.63.6
費用感30万円前後円〜1本あたり25〜100万円要問合せ100〜200万円18万円〜
特徴動画制作・採用支援どちらも専門知見のあるコンサルタントが対応・4,000社・60業種以上の動画制作実績4,000本以上の動画制作実績オンライン動画広告に強みあり・BtoB向けの動画を毎月200本以上制作
※評価は1~5段階評価です

採用動画とは

採用動画は、文字情報だけでは伝わりにくい企業の魅力、職場の雰囲気、ビジョンなどを具体的に可視化し、より深く伝えるためのツールです。特に、ミレニアル世代やZ世代などの若い層が情報を得る際の主要な手段として、動画コンテンツの消費を好む傾向があります。

採用動画は、企業が提供する職種や働く環境、社風、そして企業が大切にしている価値観を効果的に、潜在的な応募者に伝えます。

従来のテキストベースの求人情報とは異なり、視覚的・感情的な訴求が可能で、応募者が企業に対して感じる親近感や信頼感を高める効果があります。

さらに、採用動画を通じて企業は自社のブランドを強化し、求職者に対して競合他社とは一線を画した印象を与えることができます。これにより、企業と求職者とのマッチング精度の向上や、より適切な人材の応募を促すことが期待できます。

採用動画の制作会社5選を比較紹介

採用プロセスは、潜在的な候補者にとって会社の第一印象を形成する重要なステージです。この分野でのプロフェッショナルサービスを提供する制作会社は数多く存在しますが、それぞれに一貫性のある品質、クリエイティブなアイデア、特定のニーズに応じたサービスを提供していることが重要です。

このセクションでは、採用動画制作のプロフェッショナルとして高い評価を受けている5つの制作会社を紹介します。それぞれがどのように企業の採用プロセスを強化し、候補者との強力なコネクションを築くのか、その秘訣に迫ります。

StockSun株式会社

費用感月額30万円前後〜
公式HPhttps://stock-sun.com/

StockSunの特徴

YouTubeでの動画制作を数年前より何千本以上ご依頼いただき、動画制作の他にもそれを活用するYouTubeチャンネルや広告運用や、Webサイト制作などWebに関わるあらゆることを行うコンサルティング会社です。

認定パートナーと呼ばれる品質担保者がそれぞれフリーランスと提携することにより、品質や納期に満足いかない場合はすぐ担当者を変えることが可能です。

そのため社員を雇うリスクや高額が必要となるプロ集団への発注コストを抑えたプロジェクト進行を行いやすくなります。

何から発注すれば、そもそも発注する必要があるのか等、下ボタンより無料相談承らせていただきますので、お気兼ねなくご相談ください。

\特典:最短で収益化!?貴チャンネルとマッチする動画戦略をご提案/

採用動画の無料相談
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

StockSunの総合評価

株式会社 Global Japan Corporation

費用感1本あたり25〜100万円
公式HPhttps://gjc.me/

Global Japan Corporationの特徴

株式会社 Global Japan Corporationは、動画・映像制作に特化した会社であり対応カテゴリの1つとして、求人や会社紹介動画の制作も受けております。

これまで4,000社・60業種以上の動画制作に取り組んでおり、多種多様な要望に応えることが可能です。

採用映像の料金相場は1本あたり25〜100万円で、もし撮影を自社で行い1分未満の短尺であれば3〜10万円ほどでも発注することができます。

Global Japan Corporationの総合評価

株式会社VIDWEB

費用感要問合せ
公式HPhttps://vidweb.co.jp/

VIDWEBの特徴

動画制作実績は4,000本以上にのぼり、YouTubeに適した数分の動画からCM風・商品紹介など幅広く映像制作を行なっている会社です。

撮影や編集を担当するのは会社員ではなく提携するクリエイターであり、これまで大手企業の制作にも携わっている創業5年目の企業となります。

VIDWEBの総合評価

株式会社プルークス

費用感100〜200万円
公式HPhttps://proox.co.jp/

プルークスの特徴

株式会社プルークスは動画・映像制作を中心とした、動画マーケティングサービスを提供しております。オンライン動画広告が強みであり、設計や規格から配信まで一気通貫で行うことが可能です。

これまで2,000社6,000本以上の動画制作実績があり、新卒・中途の採用動画についても豊富な実績が公式HPから確認できます。

会社紹介・採用の料金相場は100〜200万円となっております。

プルークスの総合評価

株式会社ヒューマンセントリックス

費用感18万円〜
公式HPhttps://www.humancentrix.com/

ヒューマンセントリックスの特徴

株式会社ヒューマンセントリックスは動画・映像の制作だけでなく、オンラインセミナーや動画カタログサービスといった配信に携わることまで手がける、2004年創業の企業です。

BtoB向けの動画を毎月200本以上制作しており、3つのプランより料金・サービスを選択できます。撮影に監督や役者。3DCGを活用するものでは最高350万円にのぼりますが、撮影・編集といった簡易的なものであれば18万円から相談可能です。

ヒューマンセントリックスの総合評価

採用動画の制作にかかる費用相場【動画の種類別の解説】

採用動画制作における費用は、動画の種類やスタイル、制作会社の料金体系、付加価値等に大きく依存します。このセクションでは、異なる種類の採用動画ごとの費用相場について詳しく解説します。

企業紹介・文化紹介型動画の制作費用

費用相場10数万円〜100数十万円

企業の魅力を前面に押し出すこのタイプの動画は、従業員のインタビューやオフィスの様子など、リアルな職場の雰囲気を伝える内容が多いです。

高品質な映像作品にはプロのカメラマンや編集技術、時にはドローンを使った空撮など、高度な技術が求められる場合があります。そのため、制作費用は一般的に10数万円から100数十万円の範囲で変動します。

ジョブ紹介・職場体験型動画の制作費用

費用相場30万円〜200万円程度

特定の職種や実際の仕事の一日を追ったドキュメンタリースタイルの動画は、候補者に具体的な仕事のイメージを提供します。これらの動画は、従業員との連携や撮影スケジュールの調整が必要で、撮影自体は1日から数日かかる場合が多いです。費用は一般的には30万円から200万円程度が相場です。

アニメーション・CGI採用動画の制作費用

費用相場50万円から数百万円

アニメーションやCGIを使用した採用動画は、視覚的魅力があり、複雑な情報や抽象的な概念も分かりやすく伝えることができます。しかし、専門的なスキルやソフトウェアが必要なため、制作費は比較的高価です。動画尺にもよりますが、本格的な仕様では50万円から数百万円が一般的な価格帯となります。

それぞれの動画の種類には、特有のメリットと制作における課題があります。予算の許す範囲で最も効果的な動画を選び、企業の魅力を最大限に伝える内容を計画することが重要です。また、明確な予算計画と効果測定を行うことで、ROIが最大化され、成功への道が開かれます。

採用代行会社を比較した記事も合わせてご確認ください。

関連記事

採用代行(RPO)おすすめ8社を比較【2024年】会社の選び方を採用コンサルタントが解説

採用代行(RPO)おすすめ8社を比較【2024年】会社の選び方を採用コンサルタントが解説

Read More

採用動画制作会社の選び方

採用動画制作を外部のプロフェッショナルに依頼する際、以下のポイントを参考に最適な制作会社選びを行いましょう。

信頼できる実績と専門知識

採用動画の制作会社選びにおいて、信頼できる実績と専門知識は最も重要な基準の一つです。制作会社のポートフォリオを詳しく調べることから始めましょう。

これまで手がけたプロジェクトは、彼らの技術的な能力、クリエイティブな思考、そして特定の業界やニーズに対する理解を示す実証となります。ここで、過去の動画がターゲットオーディエンスにどのような影響を与えたか、具体的なKPI(重要業績評価指標)に基づく成果物も、可能であれば確認します。

また専門知識についても、単に映像制作のスキルだけでなく、マーケティング戦略や人材採用のトレンドに精通しているかどうかも重要となります。

コミュニケーションとフィードバックのプロセス

コミュニケーションは、制作会社がどのようにしてプロジェクトの進行状況を報告し、フィードバックを受け入れ、必要に応じて調整を行うかが明確である必要があります。

初期の打ち合わせからプロジェクトの終了まで、透明性を持ってコミュニケーションを行う制作会社を選ぶことは、プロジェクトを円滑に遂行する上で不可欠な要素の一つです。

プロジェクトの途中での誤解やコンセプトのすれ違いを避けるためにも、こうした対話のプロセスは非常に重要です。

予算と品質のバランス

予算は多くの企業にとって敏感な問題であり、特に採用動画のようなクリエイティブな作業に関しては、コストと品質のバランスを見極めることが不可欠です。

高品質なビデオ制作には費用がかかりますが、最も高価なオプションが常に最適なわけではありません。

重要なのは、企業の目的と予算に合った制作会社を見つけることです。また、予算と品質のバランスを評価する際には、追加料金や将来的な編集コストなど、初期見積もりに含まれない費用にも注意を払う必要があります。

採用動画の活用事例

採用動画のメリットについて前のセクションで上げましたが、具体的にどのような動画が企業に変化をもたらしたのでしょうか。

ここでは、多くの人々にインパクトを与え、採用に成功した3つの採用動画事例をピックアップして紹介します。これらの事例から、効果的な採用動画がいかにして応募者の心をつかみ、彼らを行動に移すかを学ぶことができます。

社員・社長インタビュー形式

社員インタビュー/ANA客室乗務職

こちらは社員インタビューの音声を流しながら、実際に働いている様子を流し続けることで動画の尺を短縮化し、1分40秒でしっかりとメッセージを伝えられています。

実際の社員や社長がインタビューに応じる形式は人気なスタイルの一つです。メリットとして、起用された役者でなくのちに一緒に働くかもしれない社員が登場することでリアリティが増すと共に、情報が操作されない透明性を確保することができます。

CM・ドキュメンタリー調

テレビCM「夢に挑め。総集篇」(15秒)

こちらも企業CMであり、実際にテレビCMとして使われたものを投稿しております。概要欄には特設のページURLが添付してあり、そこから新卒エントリーへ誘導することができます。

先ほどと違って演出が入る形式ですが、迫力あるBGMやグラフィックモーションなどによって見ている人に臨場感を与え、ただ解説する動画の何倍もの高揚感を与えることにもつながります。

オフィスツアー

ヤフーの歩き方:オフィスツアー

こちらはオフィスツアー動画となり、実際のオフィスを社員が歩きながら解説するコンテンツです。動画によってはVR(仮想現実)を用いて視聴者が自由に見る箇所を選べるものもございます。

写真だとどうしてもイメージと現実のずれが生じやすいですが、動画や実際に人が動いていることによってそのギャップが埋まりやすく、人気のコンテンツとなっています。

\特典:最短で収益化!?貴チャンネルとマッチする動画戦略をご提案/

採用動画の無料相談
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

採用動画にかかる費用を決めるうえで重要な知識

採用動画の制作には様々なコストが発生しますが、それぞれの企業が抱えるニーズや予算に応じて最適な方法が異なります。

自社での制作は初期投資が必要ですが、長期的にはコストを抑える選択となるでしょう。一方、専門的な技術やリソースを持つ外部の制作会社を利用する方法もあります。この場合、質の高いプロダクトが期待できますが、費用は一般的に高くなります。

ここではどの点にコストがかかるのか、自社と外部委託のケースを比べながら解説していきます。

自社制作の場合のコストとリソース

採用動画を自社で制作する場合、考慮すべき主なコストは機材、人件費、およびその他の関連経費です。

高品質のビデオを生産するためには、適切なカメラや照明機材の購入またはレンタルが必要となります。加えて、スキルを持ったスタッフの雇用または現行スタッフの研修が必要で、これには人件費と時間の投資が伴います。

さらに、撮影場所の設定や編集作業にもコストがかかりますが、長期的には毎回外部に依頼するよりコストを抑える可能性があります。

外部制作会社の料金体系

外部の制作会社に採用動画の製作を依頼する場合、料金はプロジェクトの規模、動画の長さ、使用される機材、撮影場所、ポストプロダクションの要件などによって大きく異なります。

基本的な動画制作パッケージから、カスタマイズされた高度な要求を含むプロジェクトまで、料金は数十万円から数百万円の範囲で変動することが一般的です。

正確な見積もりを得るためには、複数の制作会社から見積もりを取ることが重要となります。

費用対効果の最適化手法

予算を最大限に活用するためには、明確な目標設定が必要です。

何を達成したいのか、どのターゲット層に訴求したいのかを明確にし、その基盤の上で最もコスト効果の高い制作方法を選ぶべきです。また、動画のリユースやシリーズ化でコンテンツの寿命を延ばす、SNSでの有効活用や従業員の参加を通じたプロモーションなど、予算をオーバーすることなく効果を最大化する方法も考慮するべきです。

採用動画による効果・メリット

これまで採用動画を外注することを前提に話を進めてきましたが、そもそも採用動画にはどのようなメリットがあるのでしょうか。以下に採用動画の効果・メリットについて4つ挙げさせていただきます。

エンゲージメントの向上とブランド認知度の強化

採用動画を用いる最大のメリットの一つは、エンゲージメントの向上とブランド認知度の強化にあります。

映像はテキストベースのコンテンツよりも感情に訴える力があり、視覚的なストーリーテリングを通じて応募者の興味や関心を引き付けます。具体的な職場の様子や従業員の声を映像で見せることで、応募者に対し企業文化を直感的に理解してもらい、自社への帰属意識や志望動機を高めることができます。

また、SNSなどで容易に共有できる動画コンテンツは、ブランドの露出を格段に高め、より多くの潜在的応募者にアプローチするチャンスを生み出します。

採用プロセスの効率化

採用動画は、採用プロセスの時間とコストを削減する効果もあります。

動画を通じて職場環境や企業文化、求める人物像を事前に紹介することで、応募者が自らの適性や興味を判断しやすくなります。これにより、人事部門は最初からより適した候補者と接触することができ、不適切な候補者を事前にスクリーニングする時間を省くことが可能です。

結果的に、選考プロセスのスピードアップと、全体的な採用コストの削減につながります。

ミスマッチの削減と長期的な雇用関係の構築

従業員と企業間のミスマッチは、離職率の上昇という形で企業に大きなコストをもたらします。

採用動画によって企業のリアルな姿を応募者に示すことは、期待値のズレを最小限に抑え、よりフィットする人材を引き寄せることができます。

また、応募者が事前に会社の雰囲気を感じ取ることができるため、入社後の適応期間が短縮され、長期的な雇用関係の構築をサポートします。

競合他社との差別化要因

独自の採用動画は、他社との差別化を図る効果的な手段です。

クリエイティブな内容や魅力的な映像は、応募者の記憶に残りやすく、企業イメージを強化します。特に、同じ業界内で競合する他社が似たような採用手法や内容を用いている場合、自社だけのユニークな価値提案を動画で表現することが、ターゲットとなる応募者層に対して強いインパクトを与え、優れた人材を引きつけうる切り札となります。

採用動画を自社で制作する場合のステップは以下の通りです。

関連記事

採用動画の事例20選!作るコツ1から10とトレンドを解説【費用・種類・作るポイント】

採用動画の事例20選!作るコツ1から10とトレンドを解説【費用・種類・作るポイント】

Read More

まとめ

今回の記事にて、採用動画を制作するにあたって制作会社はどのようなものがあるのか、自社で行う際にも考えるべき費用などに触れながら解説させていただきました。

しかし、実際に作りたい動画が手元にあって「これが具体的にどれくらいの見積もりなのか」や「そもそもどんな動画が今の会社に必要なのか」など、御社ではという疑問は解消が厳しいかと存じます。

下ボタンより、ご提示いただいた動画ならどれくらいで制作・納品できるか、そもそもその動画は御社に適しているのか、制作後はどのように活用すれば効果を最大化できるか。

無料相談を承らせていただきますので、お気兼ねなくご相談ください。

\特典:最短で収益化!?貴チャンネルとマッチする動画戦略をご提案/

採用動画の無料相談

「採用HPに200万円以上費用をかけている」
「毎月100件以上スカウトメールを送付している」
「毎月のように求人票をブラッシュアップしている」

その場合、採用施策にムダが生じている可能性があります。

StockSunが生み出した『YouTube×採用』施策を用いれば、採用コストを削減しながら約30万人に貴社の求人を即リーチできます。

・貴社の採用動画制作し、ターゲット層と相性の良いメディアから集客を実施!

・GMARCH/関関同立以上の高学歴ビジネス層26万人が登録する就活系YouTube「年収チャンネル」と、
StockSunとつながりを持つビジネス系YouTuberが、貴社の採用動画を拡散!

低コストで優秀な人材の採用が叶う、StockSunにしか提供できないサービスをぜひご検討ください。

拡散支援枠には限りがあります。ご興味のある企業様は以下バナーから詳細をご確認ください。


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

採用動画の制作に適任のコンサルタント

青笹寛史

青笹寛史

YouTube×LINEのスペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

CRMコンサルティング

植本涼太郎

植本涼太郎

YouTubeスペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

採用コンサルティング

医療・クリニック

転職

新卒

採用代行

工務店、ハウスメーカー

塾・予備校

飯田健登

飯田健登

企業専門のYouTube運用スペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

Instagram・Xコンサルティング

為国辰弥

為国辰弥

採用スペシャリスト

採用コンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

転職

新卒

総合Webマーケティング支援

Webサイトコンサルティング

SEO•MEOコンサルティング

Web広告運用コンサルティング

鳥屋直弘

鳥屋直弘

StockSunNo.1のYouTube制作チーム

YouTube・TikTokコンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

転職

新卒

工務店、ハウスメーカー

不動産投資

受託

製造業

SaaS

CRMコンサルティング

採用コンサルティング

Instagram・Xコンサルティング

濵口魁希

濵口魁希

社長の右腕 WEB戦略のゼネラリスト

Web広告運用コンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

新規事業コンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

SaaS

採用代行

柴田章矢

柴田章矢

動画マーケティングの達人

YouTube・TikTokコンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

新卒

受託

和田悟

和田悟

テレビ番組クオリティをWeb動画に

YouTube・TikTokコンサルティング

山本紘希

山本紘希

WordPress職人

システム・アプリ開発コンサルティング

Webサイトコンサルティング

受託

SEO•MEOコンサルティング

松浦英雅

松浦英雅

住宅領域のスペシャリスト

Instagram・Xコンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

不動産投資

工務店、ハウスメーカー

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。