メールで
無料相談
LINEで
無料相談

















TOP

【全網羅】採用マーケティングの手法や流れ、メリデメから企業事例まで解説

更新日
【全網羅】採用マーケティングの手法や流れ、メリデメから企業事例まで解説
採用マーケティングとは、マーケティングの手法を活用して優秀な人材を惹きつけるアプローチであり、近年多くの企業に注目されています。しかし、「採用マーケティングを実際にどのように進めるべきか」疑問を持たれるのではないでしょうか。 この記事では、採用マーケティングの基本的な手法、その流れ、そしてメリットとデメリットを詳しく解説します。さらに、実際に採用マーケティングを成功させた企業の事例もご紹介し、採用マーケティングを効果的に進めるための参考にしていただきたいと思います。採用戦略に新たな風を吹き込むための知識を、この記事で全網羅します。

「採用HPに200万円以上費用をかけている」 「毎月100件以上スカウトメールを送付している」 「毎月のように求人票をブラッシュアップしている」

その場合、採用施策にムダが生じている可能性があります。

StockSunが生み出した『YouTube×採用』施策を用いれば、採用コストを削減しながら約30万人に貴社の求人を即リーチできます。

・貴社の採用動画制作し、ターゲット層と相性の良いメディアから集客を実施! ・GMARCH/関関同立以上の高学歴ビジネス層26万人が登録する就活系YouTube「年収チャンネル」と、 StockSunとつながりを持つビジネス系YouTuberが、貴社の採用動画を拡散!

低コストで優秀な人材の採用が叶う、StockSunにしか提供できないサービスをぜひご検討ください。

拡散支援枠には限りがあります。ご興味のある企業様は以下バナーから詳細をご確認ください。

\特典:最短で収益化!?貴チャンネルとマッチする動画戦略をご提案/

リクルート動画の無料相談
[line_btn_lg text1=”LINE登録スペシャル特典” text2=”【売上倍増】YouTubeチャンネル運用で結果を出すための攻略法がわかる限定資料” text3=”” btntext=”LIN

目次

そもそも採用マーケティングとは

採用マーケティングとは、基本的にはマーケティングの手法を用いて最適な人材を引き付け、採用する戦略のことを指します。 従来の採用方法が単に空席を埋めることに焦点を当てていたのに対し、採用マーケティングはブランドの認知度向上や企業文化の伝播など、より広範な目的を持っています。

採用マーケティングの基本概念

採用マーケティングは、企業がターゲットとする人材に対して、自社を魅力的な職場としてアピールする一連の戦略です。 これには、ターゲット層のニーズや関心を理解し、彼らが求める情報を提供することが含まれます。 また、ポテンシャルのある候補者に対して企業文化や働く環境を積極的にアピールし、ブランドのファンを作ることも重要な要素です。

採用ブランディングとの違い

採用ブランディングは、採用マーケティングの一環として位置付けられますが、その焦点は主に企業のイメージ作りと認知度向上にあります。 一方で、採用マーケティングはより広範囲に渡るアプローチを取り、候補者のエンゲージメントの促進、候補者の体験の最適化、そして最終的な採用に至るまでの全プロセスを包括します。

従来の採用活動との違い

従来の採用活動は、空いている職位の広告を出し、応募があった候補者の中から選考を行うというパッシブな形態が一般的でした。 これに対し、採用マーケティングでは企業が積極的に候補者にアプローチし、自社が提供する価値を前面に出して候補者との関係を築きます。 これにより、より質の高い候補者の獲得が期待できるのです。

なぜ採用マーケティングが注目を集めるのか

採用市場の現状と企業のニーズが変化する中で、採用マーケティングは人材獲得の新たな手段として注目を集めています。 採用市場が競争激化し、デジタル技術の進化が進む現代において、従来の採用手法だけでは十分な人材を確保することが難しくなってきています。このような状況の中、採用マーケティングは企業にとって重要な戦略となっているのです。

競争激化の採用市場

現代の採用市場は、特に優秀な人材に対する需要が高く、彼らを獲得するための競争が日に日に激しくなってきました。企業は、限られた資源の中で最適な候補者を惹きつける必要があります。 このような背景から、従来の求人広告やリクルーターによる直接的なアプローチだけではなく、ターゲットとなる候補者に対して企業がどのように価値を提供できるかを示す採用マーケティングが重要視されています。

デジタル変革と採用マーケティング

デジタル技術の進化は、採用活動にも大きな影響を与えています。ソーシャルメディア、SEO、コンテンツマーケティングなどのデジタルマーケティングの手法が、採用活動にも応用されるようになりました。 これにより、企業はより多くの候補者に到達し、効果的に自社の魅力を伝えることが可能になっています。 採用マーケティングは、デジタル技術を活用して候補者との関係を築き、最終的な採用につなげる効果的な手段として注目されているのです。

採用マーケティングのメリット・デメリット

採用マーケティングは、企業が優秀な人材を獲得するための強力な手段となりますが、その一方でいくつかのデメリットも存在します。以下では、採用マーケティングの主なメリットとデメリットについて詳しく掘り下げます。

採用マーケティングのメリット3選

ターゲット層への効果的なアプローチ

採用マーケティングを通じて、企業は特定のスキルセットや価値観を持つ候補者に直接アプローチできます。これにより、企業は自社に最適な候補者を効率的に獲得できる可能性が高まります。

ブランディングとエンプロイヤーブランディングの強化

採用マーケティングでは、企業文化や働く環境などを積極的にアピールすることで、企業の魅力を高めます。これは、企業の一般的なブランド認識にも寄与し、より良い人材を惹きつける効果があります。

長期的な人材戦略の構築

採用マーケティングを行うことで、企業はただ人材を獲得するだけでなく、長期的な人材プールの構築や採用プロセスの改善に繋がります。これにより、持続可能な人材獲得の体制を築くことができます。

採用マーケティングのデメリット3選

高い初期投資

効果的な採用マーケティング戦略を実施するためには、初期段階での高い投資が必要になることがあります。これには、専門的なツールやソフトウェア、専門家への支払いなどが含まれます。

結果が出るまでの時間

採用マーケティングは即効性のある戦略ではなく、時間が経過するにつれて効果が現れることが多いです。したがって、短期間での効果を期待すると失望する可能性があります。

複雑な戦略と実行の必要性

効果的な採用マーケティング戦略は複雑であり、正しい実行には専門的な知識と経験が必要です。これには、適切なターゲットの特定、魅力的なコンテンツの制作、データ分析による戦略の微調整などが含まれます。専門知識が不足している場合、戦略の効果を最大化するのが難しくなる可能性があります。

採用マーケティングに成功した企業例

では実際に採用マーケティングに成功している企業について、以下3社あげさせていただきました。 1点注意点として、最初に挙げさせていただく株式会社グラントホープ様以外の企業につきましては弊社の関与による採用マーケティング成功ではございません。ご留意いただけますと幸いです。

株式会社グラントホープ

エンジニア向けの事業を展開しており、IT人材派遣やキャリアアドバイザリーなどを行っている企業です。 「エンジニアファースト」というYouTubeチャンネルを運用しており、こちらでエンジニアの採用に成功しております。 運用から半年ほどで少しずつ採用することに成功し始め、現在運用開始から1年8ヶ月ほど経過しチャンネル登録者は約1万人に達したため、認知度の向上にもつながっております。

トヨタ自動車株式会社

トヨタ自動車株式会社は日本を誇る自動車メーカーとして有名ですが、近年中途・キャリア採用を強化しており新卒採用に対する比率は4割近く、やがて5割まで引き上げることを目標としております。 またアルムナイ採用というすでに退社済みの方が再び入社する採用手法にも取り組んでいます。共通する目的は、社外や外で得てきた経験や知見を発揮してもらうことであり、先ほどのエンジニアYouTubeチャンネルのように特筆したチャネルはありませんが、採用ブランディングに成功している一例です。

株式会社オンデーズ

1989年創業の株式会社オンデーズはメガネのファストファッションを展開している企業であり、全世界10ヵ国へと店舗展開しております。 採用HPにて社内環境や福利厚生、制度について詳細に説明されているながらもファーストビュー(ページを開いてすぐの画面)は非常にシンプルで、求職者にとって見やすい形をとっております。 またSNS活用としてYouTubeチャンネルを運用しており採用に関する動画も投稿、Wantedlyも積極的に活用することで企業認知拡大にも成功しております。

採用マーケティングの進め方

採用マーケティング戦略の中核をなすのは、ターゲットとなる理想の候補者像の特定です。このセグメントは、企業の独自性、文化、価値観を反映し、それに合致する候補者を引き付けることが目的です。以下では、採用マーケティングでのターゲット設定における重要な要素を探ります。

採用マーケティング戦略の策定

成功する採用マーケティング戦略には、明確に定義されたターゲット層が必要です。これには、候補者のスキルセット、キャリアの志向性、価値観、そして業界や職種に対する関心などを考慮します。このようにターゲット層を特定することで、より効果的なコミュニケーションとリーチが可能になります

ターゲット候補者の特定

ターゲット層のニーズを理解することは、効果的なメッセージングとエンゲージメントに不可欠です。これは、市場調査、フォーカスグループの活用、業界トレンドの分析などを通じて行います。ターゲット候補者が職場環境、キャリアの成長機会、職場の文化などに何を求めているかを把握することが重要です。

コンテンツマーケティングの活用

コンテンツマーケティングは、候補者に対して企業の魅力を伝えるための有力な手段です。 企業ブログ、ビデオ、インフォグラフィック、ソーシャルメディア投稿などを活用し、企業文化、職場環境、従業員の声などを伝えます。これにより、候補者が企業との関連性を感じ、応募の可能性が高まります。

マルチチャネル戦略

個々のターゲット候補者に合わせたパーソナライズされたアプローチが、採用マーケティングにおいて効果的です。カスタマイズされたメール、個別のキャリアイベントの招待、ソーシャルメディア上でのパーソナライズされた広告キャンペーンなど、候補者一人ひとりの関心に合わせたアプローチを実施します。

データ駆動型アプローチ

労働市場は常に変化しているため、ターゲット層のニーズや行動パターンも変化します。そのため、採用マーケティング戦略も柔軟に調整し、市場の変化や新しいトレンドに適応することが重要です。市場データの定期的な分析とフィードバックを基に、戦略を見直し、必要に応じてターゲット層を再定義します。

採用マーケティングでのターゲット

採用マーケティング戦略の中核をなすのは、ターゲットとなる理想の候補者像の特定です。このセグメントは、企業の独自性、文化、価値観を反映し、それに合致する候補者を引き付けることが目的です。 以下では、採用マーケティングでのターゲット設定における重要な要素を探ります。

理想の候補者像の定義

理想の候補者像を明確にすることは、効果的な採用マーケティング戦略の基盤です。これには、必要なスキルセット、経験、業界知識、文化適合性など、企業が求める特性を綿密に分析し、定義します。

ターゲットセグメントの特定

ターゲットセグメントを特定することで、メッセージングを最適化し、適切な候補者にリーチできます。これは、職種、業界、経験レベル、地理的位置、教育レベルなどに基づいて行います。ターゲットセグメントを明確にすることで、より関連性の高い採用メッセージを届けることが可能になります。

ターゲットニーズの理解

ターゲット候補者のニーズと期待を深く理解することは、彼らの心に響く採用メッセージを作成する上で不可欠です。これには、キャリア志向、職場での期待、価値観など、候補者が重視する要素を分析することが含まれます。

ターゲットとのコミュニケーション戦略

ターゲットと効果的にコミュニケーションするための戦略を策定します。これには、ソーシャルメディア、メールマーケティング、採用イベントなど、複数のチャネルを通じたエンゲージメントが含まれます。パーソナライズされたコミュニケーションは、候補者との信頼関係構築に寄与します。

ターゲット分析と洞察

ターゲットの行動、関心、反応を定期的に分析し、採用戦略の改善に活かします。市場調査、アナリティクスツール、フィードバックなどを用いて、ターゲットの行動パターンや傾向を洞察し、戦略を適宜調整します。この継続的な分析は、採用マーケティングの効果を最大化するのに役立ちます。

採用マーケティングの効果

採用マーケティングは、単に候補者を引きつけるだけでなく、多方面で長期的な利益をもたらします。ここでは、その主要な効果を探ります。

採用成果の向上

採用マーケティングは、より適した候補者を獲得することで採用成果を大幅に向上させます。ターゲット候補者に合ったメッセージングと戦略的なコンテンツ配信を通じて、応募者の質と量の両方を改善します。

採用ブランディングの強化

企業の採用ブランドの認知度と魅力を高めることができます。これは、企業文化や価値を効果的に伝え、候補者に対して企業が理想的な職場であるという印象を植え付けることにより実現されます。

人材の質の向上

採用マーケティングを通じて、企業のビジョンと価値観に合致する高品質な人材を惹きつけることができます。これにより、企業文化にマッチし、長期的に貢献する可能性のある候補者の応募を促進します。

採用プロセスの改善

採用マーケティングは、即時の採用成果だけでなく、長期的な視点での採用成功を促進します。ブランド認知度の向上、応募者との関係構築、採用プロセスの効率化により、企業の長期的な人材確保戦略を支援します。

長期的な採用成功の確立

採用マーケティングは、即時の採用成果だけでなく、長期的な視点での採用成功を促進します。ブランド認知度の向上、応募者との関係構築、採用プロセスの効率化により、企業の長期的な人材確保戦略を支援します。

採用マーケティングでの手法

採用マーケティングには、さまざまな手法が存在し、これらを組み合わせることで効果的な戦略を構築できます。以下に、主要な手法を挙げていきます。

ソーシャルメディアの活用

企業は、LinkedIn、Facebook、Twitterなどのソーシャルメディアを利用して、効果的にターゲット候補者にアプローチします。これらのプラットフォームは、企業文化や仕事の概要を伝え、候補者とのエンゲージメントを築くのに理想的です。

コンテンツマーケティングの応用

ブログ記事、ビデオ、インフォグラフィックなどのコンテンツを通じて、企業の魅力を伝えます。有益で関連性の高いコンテンツを提供することで、候補者に企業の価値と機会を示し、興味を引きつけます。

エンプロイヤーブランディングの構築

企業の魅力的な側面を強調し、なぜそこで働くべきかを明確に示すことで、採用ブランドを構築します。これは、特に人材競争が激しい分野での差別化に効果的です。

インフルエンサーマーケティングの導入

業界のリーダーや意見形成者との協力を通じて、特定のコミュニティやターゲット層に影響力を持つメッセージを発信します。これにより、企業の信頼性と親近感を高め、候補者にアプローチします。

イベントマーケティングとコラボレーション

企業主催のイベントや業界のセミナー、ワークショップへの参加を通じて、直接候補者と接触し、企業文化を体験させます。このようなイベントは、候補者と直接対話する機会を提供し、強い印象を残します。

採用マーケティングにて大事なポイント

採用マーケティングを成功させるためには、いくつかの重要なポイントがあります。これらを理解し、適切に適用することで、採用戦略全体の効果を高めることができます。 以下にて採用マーケティングにて大事とされる5つのポイントについて解説します。

戦略的計画の重要性

採用マーケティングでは、目的意識のある戦略的計画が必須です。市場調査、候補者のプロファイル作成、ブランドメッセージの精査など、計画の各段階を慎重に進めることが、成功への鍵となります。

目標設定と測定基準

採用マーケティング活動の成果を定量的に測定するためには、明確な目標とKPI(重要業績評価指標)の設定が不可欠です。これにより、効果の測定と戦略の調整が可能となります。

クリエイティブな思考法

候補者に印象を残すためには、革新的でクリエイティブなアプローチが求められます。競合との差別化を図り、候補者の心をつかむためのユニークなコンテンツやキャンペーンを考案することが重要です。

適切なツールとテクノロジーの活用

デジタルツールやテクノロジーを活用することで、採用マーケティングの効率と効果を大幅に向上させることができます。CRMシステム、分析ツール、オートメーションツールなどを適切に組み合わせて使用しましょう。

継続的な最適化と改善

市場は常に変化しています。そのため、採用マーケティング戦略も定期的に見直し、最新のトレンドやデータに基づいて最適化することが必要です。フィードバックや分析結果をもとに、継続的に改善を図ることで、長期的な成功が実現します。

採用マーケティングにおいて大事な思考法・取り入れ方

採用マーケティングを効果的に行うためには、特定の思考法やアプローチを取り入れることが重要です。以下では、採用マーケティングを成功させるために重要なポイントをいくつか紹介します。

採用マーケティングのマインドセット

採用マーケティングでは、候補者を顧客として見るマインドセットが必要です。これにより、候補者のニーズや期待を理解し、効果的にエンゲージメントを図ることができます。

カスタマージャーニーの活用

候補者の体験を考慮したカスタマージャーニーマップを作成することで、各接点での最適なコミュニケーション方法を策定できます。これは候補者との長期的な関係構築に役立ちます。

エンプロイヤー・ブランドの構築

強力なエンプロイヤーブランドは、優れた候補者を引き付けるのに不可欠です。企業文化、ビジョン、価値観を伝えることで、候補者との信頼関係を構築します。

候補者体験の最適化

採用プロセス全体での候補者体験の質を高めることは、採用マーケティングにおいて非常に重要です。シームレスで快適な応募プロセスは、ポジティブな印象を与えます。

フィードバックと学習の循環

採用活動を通じて得られるフィードバックを活用し、継続的に改善を行うことが重要です。市場の変化や候補者のニーズに応じて柔軟に戦略を調整し、常に学習し続けることで、採用マーケティングの効果を最大化できます。

採用マーケティングの理解に役立つ本

では最後に、採用について学ぶ上で理解に役立つ本を2冊紹介させていただきます。 採用マーケティングに限定するとどうしてもSNSやその時の時流・執筆者のサービス紹介になる本が多いため、ここでは採用全体を学べつつマーケティングについても理解できる本を紹介させていただきます。

採用がうまくいく会社がやっていること

特定社会保険労務士・社会保険労務士の方々により2022年12月に出版された本です。 企業の総務人事や採用支援などに数多く携わり、その中で得た知見をもとに220ページほどでまとめられております。 従業員100名以下の中小企業に注目し、いかに採るべきかではなくどれだけ失敗を減らせるかを考えるべきである点や、これから求職者の目が肥えてくるがゆえに必要な施策などをわかりやすく説明しております。 採用マーケティングに触れ続けるとどうしても応募人数を増やすことに着目しやすいため、採用の質に目を向けさせてくれる本と言えます。

採用に強い会社は何をしているか ~52の事例から読み解く採用の原理原則

大手企業であるLINEやリクルートにて在籍していた著書が2019年に出版された本です。 52社が実際に取り組んだ事例を紹介しつつ、採用活動を出会う・見立てる・結ばれるの3段階に分解してそれぞれに必要な要素も解説するといった内容になっております。 先ほどの本では中小企業に絞ったものでしたが、こちらは地方会社から大手まで事例を含んでいるため幅広い方が対象でありつつ、基本的なところも抑えてくれるため採用担当になって間もない方にもオススメな1冊です。

まとめ

ここまでの記事にて採用活動におけるマーケティングにつきまして事例を踏まえつつ網羅的に解説させていただきました。 当然ながら画一的な方法はなく、事業規模や採用人数および誰に向けて届けたいかなど会社の状況により採るべき手段は変わります。 下記ボタンより採用および動画のプロフェッショナルが、御社の状況に合わせた方法をご提案させていただきます。 無理な営業は一切致しません、費用はかかりません。お気軽にご相談いただけますと幸いです。 ここまでご覧いただきありがとうございました。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。