メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

LP制作にかかる期間は?【依頼範囲・依頼先別に費用相場も紹介】

「LP制作にはどれくらいの期間を要するんだろう?」
「LPを短期間で制作するコツはあるのだろうか?」

LP制作を依頼する際、どれくらいの期間が必要なのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

キャンペーンの開始日が決まっている方や、期間限定のセールを計画している場合、LP制作に必要な期間を把握しておきたいものです。事前にどれくらいの期間を要するのか理解しておけば、スムーズにLP制作が行えるでしょう。

本記事では、LP制作にかかる期間の目安や期間を短縮する方法について解説します。

「成果の出るLPをできるだけ早く作りたい」

その場合は、弊社StockSunの無料相談をご利用ください。
貴社の課題をヒアリングした後、費用対効果の高い戦略を提案させていただきます。既存のLPの改善なども対応可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

特典:CVR4倍を達成したStockSun式戦略・戦術をご提案

LP制作について相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

LP制作にかかる期間の目安【依頼範囲別】

LP制作にかかる期間は、作業内容や依頼の範囲によって異なります。

ここでは、以下の依頼範囲別のLP制作にかかる期間の目安について見ていきましょう。

  • 戦略設計・要件定義から依頼する際の期間の目安
  • コンテンツ作成から依頼する際の期間の目安
  • デザインから依頼する際の期間の目安
  • コーディングから依頼する際の期間の目安

戦略設計・要件定義から依頼する際の期間の目安

LP制作における戦略設計と要件定義は、計画の土台として非常に重要であるため、通常1ヶ月から2ヶ月の期間を要します。

戦略設計の段階での方向性はLPの質や成果に直結するため、以下の要素を明確にしておきましょう。

  • ターゲット層の特定
  • コンバージョンを促す要素の確認
  • 競合との差別化ポイントの設定

これらの戦略的要素を適切に考慮しないと、制作フェーズでの方向転換が必要となる原因になります。

結果としてLP制作の期間が伸びてしまったり、追加費用がかかってしまったりする可能性があるので注意してください。

要件定義は、LPの具体的な機能や仕様を決める工程になります。

LPを通じて、ターゲットに何をどのように伝えてコンバージョンさせるのかを明確にする工程です。

要件定義が不十分の場合、制作途中で仕様を変更しなければならないこともあるでしょう。結果として制作期間が伸びてしまう原因になりかねません。

重要度の高い工程なので、制作会社と頻繁に連絡を取って認識のズレがないように努めましょう。

コンテンツ作成から依頼する際の期間の目安

コンテンツ作成から依頼する場合、2週間から1.5ヶ月ほどが期間の目安になります。

この期間は、LPの成功を決定するコンテンツの品質を確保するために不可欠です。

高品質なコンテンツは、ターゲット層に対する強力な訴求力を持ち、正確な情報提供とブランドの価値伝達の役割を果たします。

コンテンツの要素は多岐にわたりますが、以下のものが代表的です。

  • 文章・説明文
  • キャッチコピー
  • ヘッドライン
  • 画像の選定・編集

これらの要素は全て、ターゲットの関心を喚起することを目的としています。

そのため、リサーチ、ドラフト作成、修正のプロセスを繰り返しながら、クオリティを追求することが必要です。

つまり、効果的なコンテンツ作成には時間と手間がかかります。

その価値と重要性を理解し適切な期間を確保することが、成果の出るLPを制作するうえで大切です。

デザインから依頼する際の期間の目安

デザイン作業の期間は通常、1〜2週間ほどの期間がかかります。

ただし、作業期間は以下のような複数の要因によって変動する点を覚えておいてください。

デザインの詳細度

デザインの複雑さや特定のブランドガイドラインへの対応度によって、作業時間が変わることがあります。

例えば、シンプルなデザインは短期間で実現可能ですが、アニメーションや特殊エフェクトを取り入れる場合、時間がかかることが予想されます。

ページの総数

単一ページのLPと比較して、複数ページからなるデザインは、各ページのデザイン調整が必要となり、作業期間が伸びる可能性があります。

フィードバック

デザイン過程でのクライアントの意見や要望は重要です。

提案されたデザインに対する修正やフィードバックがある場合、その反映のための時間が追加で必要となります。

デザイン作業の期間がこれらの要因によって異なることを認識し、適切なスケジュール管理を行うことで、クオリティの高いデザインを確保できます。

コーディングから依頼する際の期間の目安

コーディングから依頼する際は、3〜10日間の期間が目安になります。

具体的な作業時間については、コーディングの複雑さによって変動する仕組みです。

  • パララックス効果
  • アニメーション
  • A/Bテストの組み込み
  • 入力情報に応じて変化する申込みフォーム

例えば、上記のような機能を実装する際は、コーディングから動作チェックまでの期間も長くなりやすいです。

このように、コーディングの要件や技術的な側面によって、期間が異なることを覚えておきましょう。

LP制作の期間は依頼先によっても異なる【費用相場も紹介】

LP制作の期間は依頼先によっても異なります。

ここでは、以下の依頼した場合の期間と費用相場について解説します。

  • 制作会社にLP制作を依頼する場合
  • フリーランスにLP制作を依頼する場合

制作会社にLP制作を依頼する場合

制作会社にLP制作を依頼する場合の期間と費用相場を以下の表にまとめました。

項目 費用 期間
戦略設計・要件定義 30〜60万円ほど 1ヶ月~2ヶ月
コンテンツ作成〜 作成するコンテンツや素材の種類、数によって変動する 2週間~1.5ヶ月
デザイン〜 30〜50万円ほど 1週間~2週間
コーディング〜 10〜15万円ほど(テンプレート使用の場合は5万円以下でも可能) 3日~10日間

制作会社に依頼する際は、フリーランスに依頼する時と比べて費用と期間が掛かってしまいがちですが、フリーランスに依頼するよりも高品質なLPを制作してもらえる可能性が高くなります。

フリーランスにLP制作を依頼する場合

フリーランスにLP制作を依頼する場合の期間と費用相場を以下の表にまとめました。

項目 費用 期間
戦略設計・要件定義 20-30万円ほど 2週間~1.5ヶ月
コンテンツ作成〜 作成するコンテンツや素材の種類、数によって変動する 2週間~1.5ヶ月
デザイン〜 10-30万円ほど 1週間~2週間
コーディング〜 2-5万円ほど 3日程度

制作会社に依頼する時と比べて費用と期間は抑えられますが、LPの質に問題が出ることも珍しくありません。

また、優秀なフリーランスは複数の案件を抱えているため忙しいものです。

「短い期間で成果の出るLPを制作したい」

その場合は、StockSunへご依頼ください。

戦略設計からコーディングまで、貴社の要望に合った提案をさせていただきます。

特典:CVR4倍を達成したStockSun式戦略・戦術をご提案

LP制作について相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

LP制作に必要な7つのステップ


LP制作に必要な期間を正確に把握するためには、各工程を理解しておくことが大切です。

具体的には、以下の7つの工程です。

  1. 要件定義
  2. ワイヤーフレーム(構成)
  3. コンテンツ作成
  4. ライティング
  5. デザイン作成
  6. コーディング
  7. 公開・効果測定

要件定義

LP制作の要件定義は、成果を左右する重要なステップです。

要件定義を明確にできるかが成功の鍵になります。

要件定義において重要な要素は以下の通りです

  1. 目的の明確化
    新商品の紹介、イベント告知、メルマガ登録促進など、LP制作の主な目的を定義する。
  2. 成果目標の設定
    「1ヶ月で100件の問い合わせ」や「イベント参加者を500人集める」のように、具体的な数字や成果を目指す。
  3. ユーザー属性の理解
    LPを閲覧するユーザーの属性やニーズを理解し、効果的なメッセージやデザインを考案する。
  4. コンバージョンの数値目標
    ページ訪問者のコンバージョン率や期待する成果数などを設定する。
  5. 内容・機能のリストアップ
    必要な情報、コンテンツ、そしてCTA(コールトゥアクション)の配置に関する詳細を明確にする。

要件定義をしっかり行うことで、LP制作における明確な指針と方向性を確立できます。

ワイヤーフレーム(構成)

LP制作のワイヤーフレームは、ページの骨組みを示す重要な設計工程です。

これはページ構造や要素の配置を明確にし、ユーザー体験を最適化します。

ワイヤーフレーム作成の際に考慮する点は以下の通りです。

  • デザインや色調
  • テキストやボタンの配置
  • フォームの位置関係やサイズ
  • ページ内の移動フロー

例えば、LPの目的が商品の販売促進の場合、商品の特徴やベネフィットを強調するセクションを前面に持ってきます。

また、アクションを促すCTAボタンの位置やサイズを最適化することにより、ユーザーのコンバージョンを向上することも可能です。

このように、ユーザー視点でワイヤーフレームを作成することで、情報伝達やアクション促進の効果を最大化します。

適切に設計されたワイヤーフレームは、LPの成果を向上させてくれるでしょう。

コンテンツ作成

LPのコンテンツ効果を最大化するためには、ユーザーの求める情報や体験の提供が必須です。

適切なコンテンツ作成は、ターゲット層を引きつける鍵となります。

コンテンツ作成のステップは以下の通りです。

  1. 製品やサービスの情報整理
    特徴、価格、使い方、メリットや効果など、ユーザーが求める情報を明確かつ分かりやすく伝達する。
  2. 競合分析
    他の競合との差別化を明確にし、独自性や質の高い情報を提供する。
  3. ビジュアルコンテンツの制作
    静止画、動画、インフォグラフィックなど、情報伝達を効果的にサポートするコンテンツの選定と制作。

上記のステップを通じて、ユーザーに価値ある情報や体験を提供することが可能です。

ターゲット層の疑問や課題に的確に応えるコンテンツは、LPの成功を大いに後押しする要因となるでしょう。

ライティング

LPのライティングの質は、成果に直結する重要な要素です。

ユーザーの関心を引き付ける優れたコピーは、購買意欲を掻き立てる効果があります。

ライティングを効果的に行うための重要ポイントを以下にまとめました。

  1. ユーザーの求めるものの理解
    ターゲットユーザーが求めている内容や反応する言葉を正確に捉え、効果的なメッセージを伝達する。
  2. シンプルな表現
    過度な専門用語や複雑な表現は避け、直感的に理解できる文章を作成する。
  3. 感情を動かす表現
    心を打つような情熱的な表現を取り入れ、ユーザーの興味を引き付ける。
  4. アクションを促すCTA
    「詳しく見る」「今すぐ購入」など、ユーザーに具体的なアクションを促す文言を使用する。
  5. SEOキーワードの組み込み
    ライティングには、SEOの観点から適切なキーワードを取り入れる。

上記のポイントを意識してライティングを行うことで、ユーザーとの強い繋がりを築くことができます。

デザイン作成

ターゲットに最適なデザインの作成は、購買率を向上させます。

商品やサービスを引き立てつつ、ストレスなく操作できるデザインが理想です。

効果的なデザインを取り入れることで、ブランドのメッセージを明確に伝え、ユーザーの関心や行動を促進できることでしょう。

デザイン作成のステップは以下の通りです。

  1. ワイヤーフレームとコンテンツを基盤としたビジュアルデザインの構築
    ブランドのイメージやメッセージを正確に反映することが重要です。
  2. 色とフォントの選択
    青は信頼感、赤は情熱を示すなど、色の特性を理解し、適切に活用する。
  3. 直感的なナビゲーションと操作性
    ユーザーが迷わないデザインと、求める情報やアクションへのスムーズな遷移は、コンバージョン率の向上に寄与する。

上記のように、LPデザインの細部に至るまで、ブランドのイメージやメッセージを明確に伝えるための工夫が求められます。

効果的なLPを構築するためには、適切なデザインが不可欠です。

コーディング

コーディングは、事前に設計したワイヤーフレームやデザインをもとに実装する工程です。

主な作業ステップは以下の通りです。

  1. レスポンシブデザインの適用
    あらゆるデバイスや画面サイズに適応し、コンテンツが正確に表示されるようにする。
  2. ブラウザの最適化
    異なるブラウザでの一貫性を保つための表示最適化。
  3. 効率的なページ構築
    最適化されたコードの使用、不要なコードの削除、外部ライブラリの適切な使用によるページ読み込み速度やアクセシビリティの改善。

正確な技術的知識とユーザー体験を考慮することにより、高品質なLPを構築できます。

公開・効果測定

完成したLPを公開して、どのような効果が出るのか検証する工程です。

LPは制作して完了ではなく、効果測定と改善を繰り返してこそ、費用対効果を高めることができます。

具体的には、Googleアナリティクスやヒートマップなどの解析ツールを活用して、以下のデータを収集します。

  • 流入数
  • 流入元
  • ページ滞在時間
  • コンバージョン率
  • 離脱率

上記のデータをもとに、問題のあるポイントを特定して改善していきます。

流入数が十分あるもののコンバージョン率が低い場合は、キャッチコピーや登録フォームなどをA/Bテストして精度を高めていきます。

PDCAを回してターゲットに合ったLPに最適化することで、コンバージョン率を最大化できるのです。

関連記事

LP(ランディングページ)制作の費用相場を徹底解説|制作会社8社の費用実例表つき

LP(ランディングページ)制作の費用相場を徹底解説|制作会社8社の費用実例表つき

Read More

LP制作の期間を短縮するためのポイント3つ

LP制作の期間を短縮するコツを3つ紹介します。

  • 事前に要件定義を決めておく
  • コンテンツに使用できる素材を集めておく
  • 迅速なレスポンスを行う

事前に要件定義を決めておく

制作会社に依頼する前に要件定義をある程度決めておくことで、LP制作の時間短縮やコスト削減ができます。

  • LP制作の目的
  • ターゲット層
  • 達成したい目標

上記のような要素を依頼前に整理しておくと、LP制作にかかる時間を短縮できるでしょう。

例えば、20代の女性をターゲットとするLPならば「どのようなデザインやキャッチコピーが響きやすいか」といった点を考慮して制作を進められます。

また、目標や期待する成果を明記しておけば、その目標に対する最適なコンテンツの配置やCTAボタンの位置など、細かな部分の調整も行いやすくなるのです。

結果として、要件が明確であるため受注側が迷わずに制作工程に入れるので、全体の作業時間が短縮され、より迅速に効果的なLPを完成させられます。

コンテンツに使用できる素材を集めておく

予め、LPに使う素材を集めておけば、制作会社の手間が省けるため期間を短縮できます。

  • 商品画像
  • イラスト
  • アイコン

上記のような素材を集めておけば、期間だけでなくLPの制作費も節約できる可能性が高いです。

例えば、製品のプロモーションのためのLPを作成する場合、製品の高解像度の写真やその特長をアピールするキャッチフレーズ、顧客の声などのテキストをあらかじめ準備しておくと、その素材を効果的に配置していくだけでコンテンツが整います。

事前に必要な素材を収集しておくことで、制作段階での手間や誤解を大幅に減らし、高品質なLP制作を実現できるでしょう。

迅速なレスポンスを行う

LP制作は、様々な要因が絡んでいるため、制作会社との円滑なコミュニケーションが極めて重要です。

円滑なコミュニケーションを意識すれば、その分スムーズにLPを制作できるでしょう。

反対にレスポンスが遅くなってしまうと、作業の進み具合が悪くなってしまいます。

明確かつ具体的なフィードバックは、受注側と発注側の齟齬を最小限にすることが可能です。

LP制作の成功事例4選【StockSun式・CVRが4倍になった事例】

StockSunのLP制作の成功事例を4つ紹介します。

  • 問い合わせフォームの最適化でCVRを4倍に引き上げた事例
  • ボタンの文言変更によりクリック率が1.56%アップした事例
  • 具体的なケースやユーザーの声を取り入れてCVRを0.7%増加させた事例
  • ファーストビューを変更してCVRが0.51%増加した事例

問い合わせフォームの最適化でCVRを4倍に引き上げた事例

問い合わせフォームを変更し、CVRが4倍アップした実例です。

成功要因は、長い縦型の問い合わせフォームから3ステップの画面切り替え式のフォームへ変更したことでした。

この方法で、ユーザーは画面をスクロールすることなく簡単にフォームへ入力できるようになり、CVRを向上させることができました。

このシンプルなフォームの変更だけでも、LPのCVRは劇的に向上できます。

なお、上記の事例は以下の動画で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

ボタンの文言変更によりクリック率が1.56%アップした事例

ボタンテキストを一言変えるだけで、クリック率が1.56%もアップした事例です。

この事例では「お問い合わせはこちら」というCTAボタンの文言から「無料で相談する」という文言に変更しました。

非常にシンプルな変更ですが、ターゲットのニーズを文言に反映したことで、クリック率を改善できたと言えます。

最適な文言は、ターゲットによって異なるため、事前のリサーチやニーズの理解が非常に重要です。

詳しい内容は、以下の動画で解説しています。

具体的なケースやユーザーの声を取り入れてCVRを0.7%増加させた事例

具体的な実績やユーザーの口コミを取り入れることで、CVRが0.7%アップした実例です。

成功要因は定量的な数値を盛り込んだことでした。

誰にでも分かりやすい成果を含めたことで、CVRが0.7%向上しました。LPで商品やサービスで得られる具体的な成果の明示は、訪問者の信頼を勝ち取るために欠かせない要素です。

見込み客は具体的にイメージしやすくなり、購入や問い合わせの意欲が高まります。

以下の動画でこの事例について詳しく解説しています。

ファーストビューを変更してCVRが0.51%増加した事例

ノンシリコンシャンプーの販売ページで、ファーストビューのテキストを微調整するだけでCVRが0.51%も向上した事例をご紹介します。

具体的には、キャッチコピーを「新登場」から「サロン帰りのうる艶髪」に変更しました。

キャッチコピーを変更したことにより、商品の魅力や効果を直接見込み客に伝えることに成功。その結果CVRの向上を達成できました。

ターゲットが商品を購入して得られるベネフィットをキャッチコピーにしたことで、魅力を明確に伝えられた成功事例です。

この事例については以下の動画で解説しています。

LP制作の期間に関するよくある質問

LP制作の期間に関するよくある質問について回答します。

LPのデザインにかかる期間は何日ですか?

LPのデザイン作成には内容や複雑さに応じて変動します。

  1. カスタムデザインの場合
    コンセプト策定、要件定義、ターゲットの特定など、詳細なヒアリングが前提となります。このため、平均的に1ヶ月の期間が必要です。
  2. 高度なデザインや緻密な戦略設計の場合
    特定のキャンペーンやコンバージョン最適化を目的とする場合は、詳細な設計や多数のテストが要求されるため、2ヶ月以上の期間が見込まれます。
  3. テンプレート利用の場合
    テンプレートベースのLPは、最短で即日から数日での立ち上げが可能です。

このように、LP制作の期間は、デザインのタイプや目的に応じて変わる点を覚えておきましょう。

関連記事

LP制作会社おすすめ21社を種類別に比較【2024年最新】会社選定のポイントも解説!

LP制作会社おすすめ21社を種類別に比較【2024年最新】会社選定のポイントも解説!

Read More

まとめ

LP制作は依頼する範囲によって制作期間が異なります。

制作期間を短縮するには、事前に要件定義や素材を収集しておくことが大切です。

また、依頼先によっても制作期間が異なるため、複数の会社と面談を行い、自社の目的に合った1社を選ぶようにしましょう。

「キャンペーン開始までにLPを完成させたい」
「費用対効果の高いLPを迅速に制作してほしい」

その場合は、弊社StockSunの無料相談をご利用ください。
予算に合った最適なプランをご提案させていただきます。

戦略設計や広告運用も対応可能ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

特典:CVR4倍を達成したStockSun式戦略・戦術をご提案

LP制作について相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。