メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

LP(ランディングページ)制作の費用相場を徹底解説|制作会社8社の費用実例表つき

「LP制作にかかる費用相場を知りたい」
「LP制作は価格幅が広く、どこに依頼すれば良いのかわからない」

結論、LP制作にかかる費用は、平均して「10万円〜60万円以上」となります。

費用に大きな幅がある理由は、依頼する制作範囲によって費用が左右するためです。

また、費用によって依頼先がフリーランス〜大手Web制作会社など異なります

そこで本記事では、LP制作にかかる費用相場を的確に把握するための次の情報を公開します。

これまで様々な業種業界のLP制作、広告運用、LPOをコンサルティングしてきたこそ提供できる、StockSun独自の情報を絡めて紹介します。

成功事例やLP制作のノウハウを掲載しているため、LP制作の依頼を検討している際は参考にしてみてください。

StockSunでは、貴社の抱える課題や商材に合わせて、LPの戦略設計から制作、その後の広告運用まで全てお引き受けいたします。
ご相談いただいた段階で、具体的な戦略や施策をご提案し、実際の支援はご納得いただいたうえで実行しております。

商材に適したLPの戦略や施策を知りたい場合は、お気軽にご相談ください。

\特典:利益率150%UP?!貴社に最適なLPの戦略をご提案!/

LP制作の無料相談
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

目次

LP(ランディングページ)制作にかかる費用相場

LP(ランディングページ)制作にかかる費用相場

LP(ランディングページ)制作にかかる費用は、依頼する会社や内容によって異なります。
費用相場を以下の表にまとめたので、まずは確認してみてください。

依頼の目的・背景費用相場依頼先自社で負担する作業LP制作にかかる期間納品後のLPO(修正)への対応メリットデメリット
・安さ重視でひとまずLPを制作したい
・自社にWebマーケティングの知見があり、制作のみ外注したい
10万円以下・フリーランス
・個人で活動しているWeb制作会社
・土台となる戦略設計
・構成や原稿の作成
・公開後のLPO、修正
〜1ヶ月程度なし・最安の価格でLPが作れる
・納期が早い
・デザインがテンプレート
・競合調査は対応なし
・原稿・構成案を自社で用意
・素材を自社で用意
・LPの公開後の改善などのサポートなし
・安さ重視だが多少デザインにこだわりたい
・自社にWebマーケティングの知見があり、制作のみ外注したい
10〜30万円・フリーランス
・個人で活動しているWeb制作会社
・中小規模のWeb制作会社
・土台となる戦略設計
・構成や原稿の作成
・公開後のLPO、修正
〜1.5ヶ月程度なし・独自のデザインでLP制作
・構成案の制作を行う場合もあり
・競合調査は対応なし
・原稿・構成案を自社で用意
・素材を自社で用意
・LPの公開後の改善などのサポートなし
・中身の構成や原稿にこだわり売れるLPを作りたい30〜60万円・中小規模のWeb制作会社・公開後のLPO、修正1.5ヶ月〜2ヶ月程度会社によっては対応あり・戦略や構成を一部依頼できる
・デザインの自由度が高い
・競合調査/戦略立案も依頼可能
・LPの原稿作成も依頼できる
サポートの質は簡易的
・原稿や画像などは自社で用意の可能性あり
・LPを活用して自社の利益を拡大させたい
・Webマーケティングの知見がないため、まるっと代行会社へ依頼をしたい
60万円以上・中小規模・大手のWeb制作会社なし1.5ヶ月〜3ヶ月程度運用後の分析・改善施策の考案・修正まで対応あり・LP制作をフルサポート
・運用後に改善や修正ができる
・納期に時間がかかる
・高額な費用がかかる

費用相場ごとに、それぞれ詳しく解説していきます。

10万円以下相場のLP(ランディングページ)制作

向いているケース・安さ重視でひとまずLPを制作したい
・自社にWebマーケティングの知見があり、制作のみ外注したい
依頼先・フリーランス
・個人で活動しているWeb制作会社
制作期間〜1ヶ月
修正・LPO対応不可

10万円以下でLP制作を依頼したいときには、「自社にWebマーケティングの知見があり、とりあえず安価でLPデザイン・コーディング作成だけ対応してほしい」という場合に適しています。

10万円以下が相場のLP制作の詳細

10万円以下の価格でもLP制作は可能です。

しかし、大手はもちろん、中小規模のWeb制作会社でも10万円以下では請け負っていません。

10万円の予算感でLP制作するには、フリーランスや個人で活動しているWeb制作会社に依頼する必要があります。

LP制作の費用を抑えたい方は、クラウドソーシングを利用してフリーランスに依頼を出してみるといいでしょう。

また、クラウドソーシングで依頼する場合、費用が抑えられるだけでなく1週間〜1ヶ月程度と短期間でLP制作できるという嬉しい利点もあります。

基本的にこちらの希望納期に合わせて制作を行ってもらうことができるため、急ぎの方は利用してみて下さい。

ただし、10万円以下の予算でLP制作を依頼する場合は、以下のデメリットがあることを理解しておく必要があります。

・デザインがテンプレートしか利用できない
・競合調査をしてくれない
・構成案を自身で作成する必要がある
・原稿を自身で用意する必要がある
・素材を自身で用意する必要がある
・LPの公開後の改善などのサポートがない

このようにデメリットも多いですが、多少質が落ちたとしてもコストを抑えたい方や、LPを公開後に改善を自社で行うことができる方にはおすすめです。

10~30万円相場のLP(ランディングページ)制作

向いているケース・安さ重視だがテンプレートを使用したデザインは避けたい
・自社にWebマーケティングの知見があり、制作のみ外注したい
依頼先・フリーランス
・個人で活動しているWeb制作会社・中小規模のWeb制作会社
制作期間〜1.5ヶ月
修正・LPO対応不可

「自社にWebマーケティングの知見があるため、制作のみ対応してほしい」
「ただしテンプレートのデザインは避けて、オリジナルデザインで制作したい」

10〜30万円が相場のLP制作は、上記の場合に選定するのが適しています。

10〜30万円が相場のLP制作の詳細

10〜30万円でのLP制作は、一般的な費用相場と言われています。
フリーランスや中小規模のWeb制作会社に依頼すれば、この予算感でLPを制作してもらえることが多いでしょう。

なお、10〜30万円の予算で製作すると以下のメリットがあるため、この予算感で依頼を検討する企業が数多くいます。

・構成案の制作を行ってくれる
・オリジナルデザインのLPを制作できる

ただし、以下のデメリットもあるため、注意も必要です。

・競合調査を実施してくれない
・原稿を自身で用意する必要がある
・素材を自身で用意する必要がある
・LPの公開後の改善などのサポートがない

自社で対応すべきことが多いため、10〜30万円の予算ではすべて任せることができないということを理解しておきましょう。

30~60万円相場のLP(ランディングページ)制作

向いているケース・中身の構成や原稿にこだわり売れるLPを作りたい
依頼先・中小規模のWeb制作会社
制作期間1.5ヶ月〜2ヶ月程度
修正・LPO会社によっては修正に対応可能

「原稿の制作、構成作成から依頼したい。」
「競合や自社の分析、戦略設計から対応している会社へ依頼したい」

30〜60万円が相場のLP制作は、上記の場合に選定するのが適しています。

30〜60万円が相場のLP制作の詳細

30〜60万円は中小規模のWeb制作会社が対応していることが多い相場です。
この価格帯でLP制作を依頼すると、企画戦略から専門家に任せることができます。

具体的に、専門家に外注できる作業は以下の通りです。

・競合調査・戦略設計
・キャッチコピー・ライティング
・素材の選定
・コーディング

上記のように制作時に必要な工程をすべて任せることができるため、競合サイトへの対策を講じたうえで、オリジナルデザインのLPを作ってもらうことができます。

ただし、依頼する会社によっては、LP制作後の運用や改善などのアフターフォローを対応してもらえない点に注意が必要です。
30〜60万円の予算感でLP制作を依頼する場合は、アフターフォローの対応など予算の範囲内でどこまで対応してくれるのかを確認するようにしてください。

60万円以上相場のLP(ランディングページ)制作

向いているケース・LPを活用して自社の利益を拡大させたい
・知見がないため、LP制作〜運用、改善施策などまるっとお任せしたい
依頼先・大手のWeb制作会社
制作期間〜1.5ヶ月
修正・LPO運用後の分析・改善施策の考案・修正まで対応可能

「自社にWebマーケティングの知見がない」
「戦略設計、制作、運用、その後の改善施策まで一気通貫して依頼をしたい」

60万円以上が相場のLP制作は、上記の場合に選定するのが適しています。

60万円以上が相場のLP制作の詳細

60万円以上予算を出せるのであれば、競合調査からLP制作、制作後の運用までのすべての工程を制作会社に依頼することが可能です。
基本的に、中小規模や大手のWeb制作会社がこの価格帯で対応しており、制作から運用まで一貫してプロが行うため、高品質なLPを制作してもらえます。

また、60万円以上の相場で制作会社に依頼した場合、ランディングページの最適化である「LPO」も行ってもらうことが可能です。
実績が豊富で多くのノウハウと知見を持った制作会社がLPOを実施してくれるため、短期間でサービスの申し込みなどが増加することを期待できます。

ただし、LPを制作して公開するまで2ヶ月程度の時間がかかるため、スケジュールに余裕をもって依頼するようにしましょう。
場合によっては、制作会社のリソースが空いておらず2ヶ月以上かかる可能性も十分に考えられるため、できるだけ早めに業者を選定し依頼することをおすすめします。

LP制作を依頼する会社を探しているときには、以下記事が参考になります。

関連記事

東京でおすすめのLP制作会社10選!選び方のポイントや費用の目安など解説

東京でおすすめのLP制作会社10選!選び方のポイントや費用の目安など解説

Read More

LP制作会社ごとの実際の費用相場事例【フリーランス〜大手制作会社まで8社の実例を紹介】

LP制作会社の費用相場実例|会社の種類別にまとめた図解

フリーランスによるLP制作の費用相場事例

マキトルくん

LP制作会社の費用相場_マキトルくんのファーストビュー
LP制作費用相場月額定額制サービス:初月月額50,000円〜
対応可能範囲戦略設計のアドバイス
LP制作
広告運用
LP改善施策/LPO
依頼がおすすめの企業・Webマーケティングの知見がある人材に格安でLP制作を依頼したい
・戦略設計や施策についても提案してほしい
・その後の運用、改善施策も依頼をしたい
マキトルくんによるLP制作の特徴

マキトルくんは、フリーランスのうち上位20%の優秀な人材だけを厳選して、貴社専属のチームを組んでWebマーケティングの支援を提供しています。

貴社のフロントとなるディレクターは、LP制作に専門的な知見を有しているだけでなく、貴社の業種業界への支援に特化した人材を選定しています。

月額50,000円〜と格安な料金設定ですが、LP制作だけでなく戦略設計、構成原稿の作成、LP制作、広告運用、その後の改善施策など、一気通貫して支援できることが特徴です。

優秀なフリーランスを抱えたStockSunだからこそ提供できるサービスと言えます。

「費用を抑えてLPを制作したいが、結果につながるようマーケティングも支援してほしい」

その場合にぜひご検討ください。

LP制作におすすめのマキトルくん

PLuS Works

LP制作会社の費用相場_PLuS Worksのファーストビュー
LP制作費用相場ライトプラン:50,000円〜
通常プラン:80,000円〜
対応可能範囲デザイン制作
コーディング
依頼がおすすめの企業・格安でLP制作のみを依頼したい
PLuS WorksによるLP制作の特徴

PLuS Worksは、LPにおけるデザイン、コーディングの制作のみに対応しているフリーランスです。

ライトプランでは、テンプレートを活用してLPを制作しています。

通常プランの場合、Word10枚分のボリュームのLPを制作します。

「テンプレートを使って格安で制作してほしい」
「自社で制作した構成、原稿に沿って安い価格でオリジナルデザインでコーディングしてほしい」

上記のニーズに格安で対応していることが魅力です。

格安LP制作サービスを提供するWeb制作会社の費用相場事例

Bgreen

LP制作会社の費用相場_Bgreenのファーストビュー
LP制作費用相場33,000円〜
対応可能範囲デザイン制作
コーディング
依頼がおすすめの企業・ひとまずコストをかけず短納期でLP制作したい
BgreenによるLP制作の特徴

Bgreenは、最短5営業日納品で33,000円にて制作に対応している、安さと短納期が強みの会社です。

デザイン制作は、テンプレートを活用しています。

「最短でLPを制作し、運用しながら自社で改善施策を進めていきたい」

上記のように、ある程度社内にWebマーケティングの知見があり、制作のみ格安で依頼をしたいケースに最適と言えます。

ディーズ

LP制作会社の費用相場_ディーズのファーストビュー
料金プランLP1本制作:200,000円
対応可能範囲デザイン制作
コーディング
依頼がおすすめの企業・成果につながりやすいLPを最短で制作してほしい
・LP制作の実績が豊富な会社へ依頼をしたい
ディーズによるLP制作の特徴

ディースのLP制作は、最短5営業日で成果につながりやすいLPを制作できることが強みです。

20年以上に渡るLP制作のノウハウが蓄積されているため、成果につながりやすい構成を活用して制作します。

「コスト・納期を重視で成果につながるLPを制作したい」ケースに向いている会社でしょう。

中小規模のWeb制作会社によるLP制作の費用相場事例

ZERO

LP制作会社の費用相場_ZEROのファーストビュー
LP制作費用相場ライトプラン:330,000円
スタンダードプラン:550,000円
対応可能範囲ライトプラン:デザイン制作コーディング
スタンダードプラン:競合分析構成・原稿作成デザイン制作コーディング
オプションにてLPの分析・改善もあり
依頼がおすすめの企業・競合調査や構成、原稿についてアドバイスしてほしい
・依頼したい範囲が確定しているため明瞭な料金プランの会社へ依頼したい
ZEROによるLP制作の特徴

ZEROは2つのプランを用意していることが特徴です。

ライトプランの場合、競合調査や構成、原稿の作成は自社対応となりますが、アドバイスをもらえることが他社にない強みです。

土台となる戦略設計の基礎を固めることができるため、成功確率も上がるでしょう。

また、スタンダードプランであれば、戦略〜制作完了まで一気通貫して任せることが可能です。

オプションでは、改善施策の考案やLP修正にも対応しています。

ラヴィゴット

LP制作会社の費用相場_ラヴィゴットのファーストビュー
LP制作費用相場平均制作単価:380,000円
対応可能範囲戦略設計
構成原稿作成
写真撮影
デザイン制作
コーディング
依頼がおすすめの企業・戦略設計〜LP完成まで一気通貫して対応してほしい
ラヴィゴットによるLP制作の特徴

ラヴィゴットのLP制作は、平均相場380,000円で戦略設計からオリジナルの写真撮影、デザイン制作、コーディングまでまるっと依頼できます

これまで5,000社以上のLP制作に対応しており、顧客満足度も98%を超えているため、安心して依頼できるでしょう。

Googleアナリティクス個人認定資格・AdWords認定資格・Googleモバイルサイト認定資格等を保有した有資格者も在籍しています。

そのため、LP制作後には、LPの改善施策も相談していくことが可能です。

大手Web制作会社によるLP制作の費用相場事例

StockSun

LP制作会社の費用相場_StockSunのファーストビュー
LP制作費用相場平均制作単価:300,000〜600,000円
対応可能範囲戦略設計
構成原稿作成
写真撮影
デザイン制作
コーディング
依頼がおすすめの企業・戦略設計〜LP完成、その後のLPOまで一気通貫して対応してほしい
StockSunによるLP制作の特徴

StockSunは、上流のコンサルティングにも対応しているWebマーケテイング会社です。

「貴社の課題を最短で解決するための施策として、LP制作が適しているのか」からアドバイスすることが可能です。

また、LP制作や広告運用、各業種への支援に特化したコンサルタントが在籍していることも強みのひとつです。

貴社の業種業界への支援実績が豊富で、成果を出すためのノウハウや勝ち筋を把握しているコンサルタントが支援を実施いたします。

コンサルタントは、StockSunと一定回数取引を行い信頼を獲得した人材だけを厳選しています。

クライアントの利益を生み出せないコンサルタントはクビにする仕組みも構築しているため、貴社の利益に貢献することを第一にLP制作、広告運用、LPOを実施することが強みです。

\特典:利益率150%UP?!貴社に最適なLPの戦略をご提案!/

LP制作の無料相談
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

LIG

LP制作会社の費用相場_LIGのファーストビュー
LP制作費用相場平均制作単価:1,000,000〜2,000,000
対応可能範囲戦略設計
構成原稿作成
写真撮影
デザイン制作
コーディング
依頼がおすすめの企業・戦略設計〜LP完成、その後のLPOまで一気通貫して対応してほしい
LIGによるLP制作の特徴

LIGのLP制作は、デザイン、コーディングのクオリティが担保されていることはもちろん、戦略設計企画にも強みがあります。

通常の広告運用で使用するLPではなく、「SNSでバズらせたい」「新規事業や企業のブランディングを進めたい」という場合に最適です。

LP(ランディングページ)制作にかかる費用相場を左右する6つのポイント

LP(ランディングページ)制作にかかる費用相場を左右する6つのポイント

素材の用意、写真撮影

素材撮影の平均相場15,000〜50,000円
(5カット〜25カット)

LP内で使用する写真素材の用意や、撮影を依頼するかどうかで費用が異なります。

撮影するカット数や、パターン数、撮影にかかる時間により、写真にかかる費用は左右します。

節約したい場合には、自社で商材の撮影を実施することをおすすめします。

ページの長さ

ページの長さによる平均相場制作会社へ要相談

原稿の文字量、ページの長さによっても作成費用が左右します。

ページの長さによる費用の差分は、会社によって異なります。

そのため、膨大な情報量のLPを制作する場合には、一社だけでなく、複数の会社から見積もりをとりましょう。

納品形式はサーバーへのアップロードか

サーバーアップロード・実装の平均相場100,000円程度

LP完成後に、どのような形式で納品してもらうかでも費用が左右します。

具体的には以下2パターンの納品形式が考えられます。

納品形式特徴費用
ファイルにて納品自社でサーバーへのアップロード、実装を実施する必要あり安い
サーバーへのアップロード、実装にて納品LPがWeb上で公開された状態で納品してもらえる高い

実装まで制作会社へ依頼する場合には、10万円〜費用がかかるケースが多いです。

レスポンシブ対応か

レスポンシブ対応の平均相場150,000円程度

レスポンシブ対応の有無によっても費用が左右します。

レスポンシブ対応とは、PCやスマホ、タブレットなど、デバイスごとにLPの表示を最適化させることです。

レスポンシブ対応とする場合、15万円程度プラスで費用がかかります。

Web広告の運用

Web広告の運用費用相場200,000〜1,000,000円

LP制作後、その後の広告運用まで依頼する場合も費用が大きく異なります

Web広告の運用では、会社によっては100万円以上の広告費をかける運用でないと対応していないような業者もあります。

安い会社の場合、20万円程度からの運用に対応する場合もあるでしょう。

LPO

LPOコンサルティングの費用相場150,000円程度
実装費用は別途かかる

LP運用後に、ユーザー行動や成果の数値分析をし、その後の改善施策の考案実行まで依頼する場合にも費用感が大きく異なります

上記のLPOを継続的に依頼していく場合、コンサルティング費用として15万円程度が毎月かかるイメージです。別途実装費用がかかるケースもあります。

LPを制作後すぐに結果を得ていくことは難しいものです。

分析、改善を繰り返していくことで貴社へ利益をもたらすLPへと改善されていくため、LPOも専門的な知見を有する会社へ依頼することをおすすめします。

LP(ランディングページ)制作の流れ【StockSunのプロ直伝!必ず結果が出るLP作成手順】

LP(ランディングページ)制作の流れのかかる期間の図解

ここまでLP制作にかかる費用相場について解説しましたが、外注を検討している方の中にはどのような流れで行うのか分からないと疑問を抱いている方も多いでしょう。

そのため、ここではStockSunの必ず結果が出るLP制作を行う手順についてご紹介します。
StockSun独自のノウハウも含めて詳しく解説していくので参考にしてみてください。

なお、StockSunのLP制作の手順については、以下の動画で詳しく解説しています。

ヒアリング

LP制作を行う際は、まずコンセプトを決めるためにヒアリングを実施します。

その際に重要視しているポイントは、想定している流入元を確認することです。

具体的には、「自社LPに顧客がweb広告から流入していると想定しているのか」、「SNSから流入していると想定しているのか」などを確認します。

上記の流入元を確認することで、LPのデザインや訴求の仕方を決めることが可能です。

例えば、リスティング広告からの流入を想定している場合は顕在層が流入しやすいため、その層に対して訴求できるLPを制作する必要があります。

一方で、SNSは潜在層が流入しやすいため、SNSからの流入を想定しているなら、潜在層に対する訴求を軸にしたLPを制作しなければなりません。

訴求軸がズレているとLPを訪問したユーザーがすぐに離脱してしまいます。

離脱を防ぐためにも想定している流入元をしっかりと確認しています。

リサーチ

ヒアリングを実施した後は、リサーチを行います。

具体的には、「市場・顧客」、「自社」、「競合」について分析する「3C分析」という方法を用います。

なお、LP制作における3C分析の手順は以下の通りです。

1.ターゲットニーズを調査することでユーザーが抱えている悩みを理解する。
2.悩みに対して訴求できるキャッチフレーズなどを作成する。
3.競合調査を行い競合の価格や特徴を調べる。
4.自社調査を行い自社商品の強みを把握する
5.LPの訴求内容を決める

上記の手順に沿ってリサーチを行うことで、効果的なLPを制作することが可能です。

例えば、競合のサービスよりも自社のサービスのほうが高品質の場合、品質を訴求することで購入につながりやすいLPを制作することができます。

ちなみに、リサーチを行う際は、サジェストを調べる方法がおすすめです。
例えば、「脱毛+〇〇」を調査し、〇〇の部分に多く出てくるキーワードからユーザーの悩みを仮説として立てることができます。

ユーザーの悩みに対する解決方法を訴求軸におくことで、ユーザーのニーズを満たし離脱されないLPを目指すことができます。

ワイヤーフレーム作成

ワイヤーフレームの作成では、3C分析の調査結果から把握したユーザーの悩みや「ペルソナ」に適したものを作ることが重要です。
ペルソナや悩みを把握することで、ストーリー性のある構成やコンバージョンにつながる導線設計ができます。

リサーチからワイヤーフレームの設計まではLP制作において命とも言える工程です。
効果の高いLPを制作したいと考える方はこれらの工程をプロに任せた方が安心です。

デザイン提出

デザインに関してはお客様側からサンプルをもらわないようにしており、StockSun側から提案するように意識しています。
お客様はデザインの好みでサンプルを選ぶことが多いためです。

好みで選んでしまうとCVにつながるデザイン設計ができない可能性が高まるため、StockSunにご依頼いただいた場合は効果的なデザインを複数ご提案しています。

コーディング実装

デザインなどのすべての項目を決めた後は、コーディングと実装に入ります。
具体的には、スマートフォンでLPが問題なく表示されているのか、PCの画面幅に違和感がないのかなどを検証する工程です。

上記のような問題が生じていなければ納品し、LP制作は完了となります。

LP(ランディングページ)制作会社を選ぶときのポイント

LP(ランディングページ)制作会社を選ぶときのポイント

一言でLP作成できる制作会社と言ってもさまざまな会社があるため、事前に業者を選ぶ際のポイントを押さえておくことが重要です。

これから紹介する制作会社を選ぶ際のポイントを理解しておきましょう。

依頼前に3つのことを明確にしておく

目的・依頼背景

まずは、LPを運用することで達成したい目的を明確にしましょう。

抱えている課題や依頼の背景、達成したい目的を明確にしておけば、LP制作会社と戦略の方向性や構成などを一緒に検討しやすくなります。

また、コンサルティング会社の場合には、目的によってはLP制作以外に貴社に貢献する施策を提案してもらえるでしょう。

納期

納期についても明確にしておきましょう。

  • 新商品リリースの⚪️月⚪️日までに実装完了させたい
  • トレンド性が高い案件のため2週間で実装完了まで持っていきたい

具体的な期日を設定して、制作会社に打診することが大切です。

予算

かけられる予算も定めておく必要があります。

制作会社へ依頼する際に具体的な予算を提示できれば、予算内で最適な施策を打ち出してもらえます

依頼する範囲に対して妥当な予算を提示するためにも、本記事にてLP制作にかかる費用相場を把握しておくことは必須です。

制作の事例や実績を確認する

Web制作会社やフリーランスに依頼を検討する場合、自社の商品やサービスと同じジャンルのLP制作実績があるのかを確認しておきましょう。


自社のサービスや商品とは異なるジャンルの制作実績しかないと、求める成果を得られないLPを制作されてしまう可能性が高いためです。
自社と同じジャンルのLPを制作した実績があれば、成功したノウハウが蓄積されているため、高い効果を得られる可能性があります。

また、実績の確認だけでなく実際に制作したLPページを確認しておきましょう。

なぜなら、デザインやキャッチコピーなどの品質を確認できるためです。
自社が求めるクオリティのLPを制作できる会社なのか見極めましょう。

依頼できる範囲に対して妥当な費用相場かを確認する

LP制作にかける費用によって依頼できる範囲が異なります。
そのため、依頼する範囲を明確にしておくことが必要です。

例えば、自社でキャッチコピーやライティングを書ける人材がいるなら、ライティングを依頼する必要はありません。

また、予算が限られている場合には、その予算の範囲内で依頼できる内容を確認して、制作会社に依頼できない作業を自社で行う必要があります。

このように、自社の予算や体制によって制作会社に依頼できる工程が異なるため、依頼できる範囲と料金を確認するようにしてください。

実行支援の担当者を確認する

Web制作会社では、営業担当者と実際の制作者が異なるケースも多いです。

そのため、営業担当者の提案が良く依頼を決めた際、実際の支援では思ったような成果を得られないケースもあります。

安いプランで依頼する場合には、新人や若手の練習案件とされてしまうケースも少なくありません。

そのため、実際の制作に関わる担当者の人柄、社歴、実績は要確認です。

若手が担当する場合には、ベテランがチェックする体制が整っているのかまで確かめましょう。

上流のコンサルティングや、制作後の広告運用LPOに対応しているか

自社にマーケティングの知識がない場合には、戦略設計などの上流のコンサルティングに対応しているか、広告運用やLPOまで対応しているかは確認しましょう。

上流のコンサルティングに対応している会社であれば、貴社の商材、課題、ターゲットを分析したうえで少ないコストかつ最短で成果を出せるソリューションを提案してもらえます。

LP制作や広告運用のみ対応可能な会社へ依頼すると、本来貴社に利益をもたらす施策が他にある場合でも、そのままLP制作を進めることになってしまいます。

また、LPを制作しただけで利益につなげることは難しいものです。

戦略的に広告を運用し、LPのユーザー行動や数値分析は必須といえます。

そのうえで、広告の運用方法における改善、LPの中身の改善(LPO)を繰り返していくことで大きな成果を得られるでしょう。

上記を踏まえると、Webマーケティングの知見がない場合には、LP制作だけに対応した会社でなく、さまざまなWebコンサルティングや、さまざまなWeb施策に対応した会社へ依頼することを推奨いたします。

StockSunでは、貴社の抱える課題や商材に合わせて、LPの戦略設計から制作、その後の広告運用まで全てお引き受けいたします。
ご相談いただいた段階で、具体的な戦略や施策をご提案し、実際の支援はご納得いただいたうえで実行しております。

商材に適したLPの戦略や施策を知りたい場合は、お気軽にご相談ください。

\特典:利益率150%UP?!貴社に最適なLPの戦略をご提案!/

LP制作の無料相談
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

LP(ランディングページ)制作にかかる費用の内訳

LP(ランディングページ)制作にかかる費用の内訳

LP制作にかかる費用は、制作にかかる作業工程をどこまで任せるかによって異なります。
そのため、LP制作を外注する際にはある程度作業工程を把握したうえで、どの工程を外部に依頼して自社で対応するかを決めておくことが必要です。

ここでは、LP制作の作業工程について解説するので、どの工程を依頼するのかを検討する際の参考にしてください。

競合調査

まず競合調査を始める前に以下の4つのポイントを明確にしておく必要があります。

・LP制作の目的
・自社のサービス・商品の強み

・競合調査を行う目的
・検索するキーワードの選定
・閲覧するデバイス

上記の部分が明確でないと、競合調査を行っても何を調べれば良いのかわからず、時間の無駄になってしまう可能性が高いです。

例えば、競合調査を行う目的が「LP制作を作成するための参考にしたい」というものであっても、調べる内容は以下のように多岐に渡ります。

・競合の商品・サービスの数
・競合他社のLPのデザイン
・競合他社のLPのキャッチコピー
・競合他社のLPの入力フォームの取得項目
・競合他社の商品・サービスの価格

調べたい内容が明確になっていないと漠然と競合のLPを眺めるだけになってしまい、競合調査の効果が薄くなってしまうため、自社で行う場合は調べたい内容や目的を明確にしてから調査をするようにしてください。

なお、競合調査は30〜60万円以上の金額でLP制作を依頼しないと外注できないケースが多いです。
費用を抑えてLP制作を行う場合には、自社で競合調査を行う必要があることを覚えておきましょう。

構成案作成・ライティング

競合調査を行い自社で制作したいLPのイメージができた後は、構成を考える必要があります。
構成を考えることでLPサイトの設計図であるワイヤーフレームを作成できるためです。

例えば、以下のような構成が例として挙げられます。

1.ファーストビュー
2.CVボタン
3.共感
4.ベネフィット
5.実績・事例
6.CVボタン
7.お客様の声
8.フロー
9.FAQ
10.クロージング
11.CVボタン

上記のような構成でLPを作成することで、ストーリー性のある構成を作ることができるため、CV率を高めることが可能です。
構成が決まればイラストや画像の選定、キャッチコピーなどのライティングを行います。

その中でもキャッチコピーは自社の商品の魅力を伝えるために非常に重要なポイントになるため、しっかりと検討することが必要です。
仮に、ユーザーが訪問しても自社の商品の魅力が伝わらないキャッチコピーを設定してしまうと、購入につながらない可能性があります。

そのため、キャッチコピーを作成する際は、以下のポイントを押さえて作成するようにしてください。

・ターゲットの悩みや問題点を指摘する
・数字を使って具体的に表現する
・相手に抱いて欲しいイメージを考える

上記のポイントを押さえておくことでユーザーの関心を惹くことができるため、商品の購入につなげやすくなるはずです。
とはいえ、キャッチコピーだけに注力すれば良いという訳ではありません。

キャッチコピー以外のテキスト部分の文字数が多くなるとユーザーに読んでもらえず途中離脱につながる可能性があるため、その他の文章を簡潔かつわかりやすい表現で書くように心がけましょう。

なお、ライティングも含めた制作を外注する場合は、30〜60万円以上の予算が必要なケースが多いです。
基本的にこの価格帯で請け負っている業者が多く、30万以下だと外注できない可能性があるため、ライティングも依頼したいと考えている方は予算を多く確保しておくことをおすすめします。

デザイン

構成やライティングが決まった後は、それを基にデザインを作成していきます。

デザインはLPのCV率を上げるために重要な要素になるため、以下のポイントを押さえて作成するのがおすすめです。

・ユーザーの動線を考えて設計する
・ファーストビューでユーザーにインパクトを与える
・イメージや画像を挿入して分かりやすくする
・申込ボタンは目につく場所に配置する
・必要以上に画像、文字を配置しないでメリハリを付ける
・テーマに合ったテキストスタイルを選ぶ

上記のようなポイントを押さえておくことで、ユーザーが途中離脱するリスクを大幅に減らせるため、CVにつなげることが可能です。

なお、デザインにはテンプレートとオリジナルデザインのものがあり、費用によって選べる内容が異なります。

例えば、10万円以下のLP作成依頼をした場合は、基本的にテンプレートのデザインしか選べないため、競合のLPと差別化が図りにくい特徴のないLPになってしまう可能性が高いです。

仮に、特徴のないLPになってしまうとユーザーが離脱してしまう可能性が高く、オリジナルデザインのものよりもCV率が低くなってしまいます。
このため、CV率が高く成果が得られるLPにしたいと考えている方は、多少費用がかかってもオリジナルデザインのLPを作成することを検討してみてください。

コーディング

LPをデザインしたら、次はHTMLやCSSなどの言語を使ってコーディングを行います。
コーディングはデザインや構成に含まれるテキストやキャッチコピーなどを、決められた場所に配置する作業です。

主なコーディングの作業は、下記の通りになります。

・ボタンの大きさ・形・色・位置などの決める
・コンテンツのフォントや色を決める
・キャッチコピーのフォントや色を決める

上記のように、コーディングは設計したデザインを視覚化する重要な作業になります。
決定したデザインや構成通りにさまざまな素材を正確に配置し、実際に意図したとおりのLPが作成できていればコーディングの作業は完了です。

ただし、デザインや構造を正確にコーディングしていても、実際に出来上がったものがイメージと大きく異なっていたというケースも珍しくありません。
コーディングが微妙にズレていたり、画面上で見たときに違和感を感じたりする場合が多いです。

このため、LP制作が完了し確認テストを行う際は、パソコンやスマートフォンから作成したLPを確認するようにしてください。
ズレや違和感がある場合は、その部分を制作会社に指摘することで修正してもらえます。

ちなみに、コーディングはどの費用相場でも対応してくれますが、10万円以下などの安価な予算でLPを依頼した場合は一度OKを出すと修正できないケースがあるため注意が必要です。

公開

上記までの一連の流れが完了したら、テキストの誤字脱字の確認やデバイスごとにどのように制作したLPページが表示されるのかをテストします。
このテストで問題がなければ公開し、LP制作の工程は完了です。

なお、LPを公開するためにはサーバーの契約とドメインの取得が必要になるため、テスト完了後にすぐアップしたい方は事前に用意する必要があります。

Web制作会社によっては用意してくれるケースもあるため、自社で用意するのが難しい場合は依頼できるのかを契約時に確認すると良いでしょう。

運用・改善

高品質なLPを作成したとしてもすぐに大きな成果が出る訳ではありません。
LPの効果を最大限発揮させるためには、Googleアナリティクスやヒートマップツールなどのアクセス解析ツールを利用して分析することが重要です。

分析を行いながら定期的に改善・実行を繰り返すことで、期待する成果を得ることができます。

ちなみに、LPの運用や改善は手間がかかる作業であるため、LP制作のプランに含まれていないケースが多いです。
運用や改善も含めたLP制作をお願いしたい場合は、対応してくれる事業者を探すようにして下さい。

StockSunでは、貴社の抱える課題や商材に合わせて、LPの戦略設計から制作、その後の広告運用まで全てお引き受けいたします。
ご相談いただいた段階で、具体的な戦略や施策をご提案し、実際の支援はご納得いただいたうえで実行しております。

商材に適したLPの戦略や施策を知りたい場合は、お気軽にご相談ください。

\特典:利益率150%UP?!貴社に最適なLPの戦略をご提案!/

LP制作の無料相談
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

LP(ランディングページ)制作の成功事例【StockSun式!申込数1.2倍増加!】

LP(ランディングページ)制作の成功事例【StockSun式!申込数1.2倍増加!】

StockSunによるLP(ランディングページ)制作の成功事例を紹介します。
解説した内容を参考にして、LP制作に活かしてみてください。

なお、以下で解説する内容は下記の動画で解説しております。

ボタンの色を変更してクリック率が3%向上した事例

ボタンの色を変更したことでクリック率が3%向上した事例を紹介します。

この事例ではページ背景と同色のCTAボタンが設定されており、CVに関わる重要なボタンが目立っていませんでした。
そのためボタンの色を変更したところクリック率が3%向上しました。

このようにLPのカラーに合わせたボタンの色にすることでクリック率を向上させることができます。

FV(ファーストビュー)を変更してCVRが0.51%向上した事例

FVのテキストを変更したことでCVRが0.51%向上したシャンプーのLP事例を紹介します。

この事例で実施した内容は、FVのテキストの変更です。

具体的には、「新登場」というテキストをリスティング広告のキーワードと商材の強みとの整合性を合わせた「サロン帰りのうる艶髪」というテキストに変更しました。
その結果CVRを「0.51%」UPして、離脱率も15%改善できました。

商材の強みに合わせたキーワードに変えることで、顧客が商品に魅力を感じやすくなるため、CVRを向上させることができます。

口コミの内容を変更してCVRが1.2%向上した事例

口コミの内容を変更してCVRが1.2%向上した塾のLP事例を紹介します。

この事例で行ったのは、LP内に記載されている口コミに定量的な数値を入れたことです。
具体的には、「慶應大学経済学部合格」という口コミを「偏差値が20.5UP」したという内容に変更したことで、ユーザーにより刺さるLPになり、CVRが1.2%向上しました。

具体的な数値を入れることでユーザーが効果を実感しやすくなります。

すでにLPを制作していて、LPの改善をはかりたい場合には、以下の記事を合わせてご確認ください。

関連記事

LPO対策とは?SEO・EFO・CROとの違い、対策のポイントを解説【広告予算50%削減のマーケターが解説】

LPO対策とは?SEO・EFO・CROとの違い、対策のポイントを解説【広告予算50%削減のマーケターが解説】

Read More

フォームの改善をしてCVRが0.7%向上した事例

フォームの改善をしてCVRが0.7%向上した事例を紹介します。

この事例で行ったのは、フォームに配置されている住所入力の項目に郵便番号を打てば自動的に住所が入力される機能を追加したことです。
面倒な入力を無くすことでユーザーの離脱が減少し、CVRが0.7%向上しました。

上記のような些細な工夫でユーザーの途中離脱を減らしCVRの向上を図ることができるため、自社のLPにも取り入れてみてください。

LP(ランディングページ)制作の費用相場に関するよくある質問

LP(ランディングページ)制作に関するよくある質問

LP制作に関するよくある質問について回答していきます。

回答を読んでLP制作するときの参考にしてみてください。

LP制作にかかる平均費用相場はいくらですか?

LPの制作費用相場は、格安でデザイン制作・コーディングのみ依頼したい場合は〜10万円程度となります。

戦略設計、構成作成も含めたLP制作は30〜60万円程度です。

その後のLPOや修正まで依頼をしたい場合の費用相場は、60万円以上と把握しておくとよいでしょう。

LP制作を依頼する前に自社でおこなうべきことは?

依頼する前に次の6つを明確にしておくことで、制作会社に依頼する範囲や目的が明確に定まります。

・ターゲット
・想定している流入経路(リスティング広告・ディスプレイ広告など)
・LPのボリューム
・自社で用意できる素材
・自社で対応できる範囲
・納品形式(ファイル形式の納品か・ドメインやサーバーごと納品してもらうか)

明確にした内容は、書面にまとめて制作会社へ発注しましょう。

目的やターゲット、自社で対応できる範囲、依頼したい範囲を明確に伝えることで認識の相違なくLP制作を依頼することができます。

おすすめのLP制作会社は以下の記事でも紹介しています。

関連記事

LP制作会社おすすめ21社を種類別に比較【2024年最新】会社選定のポイントも解説!

LP制作会社おすすめ21社を種類別に比較【2024年最新】会社選定のポイントも解説!

Read More

LP制作を個人・フリーランスに依頼するときの費用相場は?

LP制作を個人やフリーランスに依頼した場合、5万円〜依頼することができます。
ただし、信頼できるフリーランス選びが非常に重要です。

以下の記事でLP制作をフリーランスに依頼するときの相場費用やフリーランスの選び方について解説しているため、併せてご確認ください。

関連記事

LP制作を優秀なフリーランスに格安で依頼する方法とは?料金相場や発注の流れも解説

LP制作を優秀なフリーランスに格安で依頼する方法とは?料金相場や発注の流れも解説

Read More

まとめ

LP制作は費用によって依頼する会社や対応している制作工程が異なります。
そのため、費用相場ごとのメリット・デメリットを理解しておかないと、自社に合った最適な方法を見極めることができません。

本記事ではLP制作の費用相場や制作の流れ、StockSunの成功事例などを紹介しました。

LP制作を外注したいが何から始めればいいかわからないときは、本記事を参考に外注すべき範囲を決めましょう。

なお、以下のような悩みを抱いている方は、StockSunにご相談ください。

「どこにLP制作を依頼していいのかわからない…」
「自社のコンセプトに合った高品質なLPをしてほしい…」

StockSunでは、貴社の抱える課題や商材に合わせて、LPの戦略設計から制作、その後の広告運用まで全てお引き受けいたします。

ご相談いただいた段階で、具体的な戦略や施策をご提案し、実際の支援はご納得いただいたうえで実行しております。

商材に適したLPの戦略や施策を知りたい場合は、お気軽にご相談ください。

\特典:利益率150%UP?!貴社に最適なLPの戦略をご提案!/

LP制作の無料相談
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

「LPを制作し広告を運用しているものの効果が得られない!改善したいがLPOはソリューションが多すぎる…」
「LPを制作したいがお金がない!優秀な人材に安く依頼したい…」

そこでマキトルくん!貴社の悩みを全て解決します!

・貴社の目的に合わせ専属のWebマーケティングチームを組みます!効率的かつスピーディーにマーケティング施策を実行!
・定額制!優秀なWebマーケティングチームに格安で依頼可能!

StockSunの新サービス「マキトルくん」では、貴社の商材に適した最適施策をご提案し、知見豊富なプロ人材が施策を実行します。
限られた予算の中で売上を短期間で伸ばしたいときや、Web周りのマーケティングを知見豊富なプロに丸投げしたいときはぜひご検討ください。

LP制作におすすめのマキトルくん


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。