メールで
無料相談
LINEで
無料相談

















TOP

不動産会社必見!MEO対策で集客力アップ術

更新日
不動産会社必見!MEO対策で集客力アップ術

昨今では目的のお店を探す場合、多くの人がインターネットの検索エンジンを利用しています。検索エンジンに詳細なキーワードを入力することで、正確な回答を得ることができるからです。
総務省の調査によると、個人のインターネット利用率は2022年の時点で84.9%でした。この数値は今後も増えると考えられるでしょう。
お店の集客力を向上させる場合、インターネットの利用が必要不可欠と言えます。特に地域に密着した不動産会社では、ローカル検索が重要です。
ローカル検索とは、ユーザーの現在位置や指定した地域の検索結果が表示される仕組みになります。ローカル検索で上位表示されることで、集客力が向上すると言えるでしょう。
この記事では、ローカル検索に効果的なMEO対策の方法、メリット、成功事例などを紹介します。自店舗の集客力アップに役立ててください。

参考記事:総務省「情報通信白書 – 第2部 情報通信分野の現状と課題

なお、弊社StockSunでは、格安でMEO対策はじめとするWeb集客全般の施策を依頼できる「マキトルくん」というサービスを提供しています。
月5万円からの定額サービスになっているので、Web施策を通じて効果的に、最小限のコストで売上を最大化させたい方に最適です。

最小限のコストで迅速に結果を出したい方は、ぜひマキトルくんの利用をご検討ください。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。

不動産ビジネスでのMEO対策の重要性

不動産ビジネスは地域に特化したサービスを展開しています。そのためローカル検索で上位表示するためのMEO対策が重要と言えるでしょう。

MEOとは?

MEO(Map Engine Optimization)とは、Googleマップなどの地図検索で自店舗を上位表示させるための施策のことです。MEOはマップ検索エンジン最適化と呼ばれています。Googleマップなどの地図検索で上位表示された場合、自店舗の認知度拡大や集客促進につながるため重要な施策です。具体的には、検索アルゴリズムに則った形でビジネス情報や店舗情報を最適化する方法となります。
近年では、スマートフォンなどのモバイルデバイスが急速に普及している状況です。総務省の調査では、モバイル端末の普及率は97.5%という結果でした。モバイルデバイスの普及により、検索ユーザーの行動が急激に変化していると言えるでしょう。
ユーザーは「買いたい」「やりたい」「行きたい」「知りたい」と思った場合、すぐにモバイルデバイスで検索して行動を始めます。実際にGoogleを使用して周辺情報を検索するユーザー数は増加している状況です。そのためモバイルデバイスによるローカル検索の対策は、今後ますます重要になってくると言えるでしょう。

参考記事:総務省「情報通信白書 – (1)情報通信機器・端末

MEO対策が不動産会社にもたらすメリット

広告戦略としてWebの利用が主流になっている昨今においては、MEO対策は重要なマーケティング戦略の一つと言えるでしょう。不動産会社でMEO対策することで、対象とする地域で検索した多くのユーザーに認知してもらうことが可能となるためです。
不動産の賃貸情報や売買情報を知りたいユーザーにとっては、全国的な広範囲の情報は必要ありません。ユーザーが知りたいのは、ターゲットとしているエリアのローカル情報です。MEO対策することで次のようなメリットが得られるでしょう。

メリット 説明
競合がほとんどいない 多くの不動産会社では、集客戦略としてポータルサイトの利用が主流となっています。MEO対策を実施している不動産会社が少ない状況です。

自店舗のMEO対策を行うことでGoogleマップの上位表示が容易にでき、競合他社との差別化も図れます。早期にMEO対策に取り組むことで、ユーザーからのレビューや口コミの蓄積も可能です。レビューや口コミの件数が多いと、ユーザーからの信頼を獲得するのに役立つでしょう。

コストを抑え短期間で上位表示が期待できる MEO対策を行う場合、Googleビジネスプロフィールへの登録を実施します。登録は無料のため、コストが抑えられるでしょう。

専門業者に依頼した場合でも、SEO対策に比べるとMEO対策はリーズナブルな価格相場となっています。

また、MEO対策を行っている不動産会社は少ない状況です。そのため短期間での上位表示が期待できます。

大手よりも上位表示される可能性がある MEO対策では、Googleマップなどに自店舗の情報を上位表示させることが目的です。MEO対策を行うことで、大手不動産のポータルサイトよりも上位に表示される可能性が高まります。
ローカル検索と相性が良い ユーザーが不動産会社の情報を知りたい場合、ターゲットとなる地域が存在しています。そのため、地域に特化した検索結果を表示するローカル検索と相性が良いと言えるでしょう。

ローカル検索で自店舗の情報が表示されれば、集客の向上につながります。

費用や時間をかけずに効果的な集客方法

MEO対策は自身で行うことが可能です。自分で行った場合は費用がかかりません。そのためMEO対策は費用をかけずに対策することができると言えるでしょう。自分で行うのが困難であったり時間をかけたくなかったりする場合は、専門家に依頼することができます。その場合でも月に数万円程度が一般的となるため、費用を抑えて対策することが可能です。
MEO対策を実施することで、自店舗がGoogleマップの上位に表示されます。広くユーザーに認知されるため、集客に効果的と言えるでしょう。

不動産に特化したMEO対策

不動産に特化したMEO対策を行うことで、Googleマップの上位表示を目指し集客力を向上させます。ターゲットとしている地域の情報やキーワードを用いて実施する方法です。ここでは具体的なMEO対策について紹介します。

Googleマップ上での上位表示を目指すポイント

Googleマップで上位表示を目指すためには、自店舗の情報を常に最新に保っておくことが重要となります。これはいつでもユーザーに最新情報を提供する必要があるためです。情報が古いと集客力に影響します。
例えば定休日や営業時間を変更した場合、情報を更新していないとユーザーが来店できない可能性があるためです。したがって最新情報を提供することは重要と言えるでしょう。
店舗の情報などは、Googleビジネスプロフィールに登録する形になります。Googleビジネスプロフィールとは、無料で使えるGoogleが提供している情報管理ツールです。
Googleビジネスプロフィールに自店舗の情報を登録することで、Googleマップ検索やGoogl検索の結果に表示することが可能となります。Googleビジネスプロフィールで登録するのは次の項目です。

  • 店舗情報
  • サービスやメニュー
  • 商品
  • 写真
  • WebサイトURL
  • 予約リンク
  • カテゴリ
  • サブカテゴリ
  • 説明

登録や運用に役立つ無料ツールの活用法

MEO対策を実施する場合、キーワードのリサーチや順位の計測、口コミの管理など、多くのことを行う必要があります。これらを手動で実施していく場合、膨大な労力や時間がかかってしまうでしょう。MEO対策ツールを利用することで、効果的にMEO対策を実施することが可能です。ツールを用いることで次のようなメリットが考えられます。

ツール活用のメリット 説明
各種情報の管理を効率化 MEO対策では、口コミの管理や順位のモニタリングなどを実施します。ツールを用いた場合は、これらを効率的に行うことが可能です。

口コミ管理では、Web上の評価や評判を追跡します。順位計測では、キーワードの検索順位をモニタリングし、変化を通知することが可能です。

ツールを用いて自動化することで、管理を効率化することができます。

正確な情報を保つ Googleビジネスプロフィールに登録している情報や口コミ情報は、常に最新である必要があります。ツールを用いることで、正確な情報を取得することが可能です。
データ分析や情報の一元化 MEO対策では、ターゲットとする市場の情報や地域の情報などを分析する必要があります。また複数の店舗を経営している場合は、情報の一元化も必要です。

ツールを用いることで、市場の情報、地域の情報を分析することが可能となります。また複数店舗の情報を一元管理することも可能です。

データの分析や一元管理を行うことで、効果のある広告戦略を実施することができます。

競合店の分析や比較 ツールを用いることで同一エリア内にある競合店の活動を監視し、分析や自店舗との比較が可能となります。競合店を分析することで、差別化が可能となるでしょう。

自店舗の強みをユーザーにアピールすることで、集客力の向上につなげていきます。

地域密着型不動産会社がSNSでの集客を活性化する方法

Googleマップの検索結果で上位表示させるためには、知名度が重要となります。これはGoogleが提唱している評価の項目に「知名度(視認性の高さ)」があるためです。
インターネット上で知名度を上げる方法としては、SNSの活用が有効となります。SNSで自店舗が話題になることで知名度が評価される仕組みです。
総務省の調査によると「SNSを利用している」や「今後利用したい」と考えている人は、全体の75%となっています。SNSは多くの人が利用しているため、影響力が大きいと言えるでしょう。

参考記事:総務省「情報通信白書 – 13.SNSの利用状況(日本)

SNSで自店舗の情報を発信することで、多くの人に知ってもらうことが可能となります。X(旧Twitter)やFacebookとGoogleビジネスプロフィールを連携する方法は、次の通りです。

  1. 使用するSNSにログインする
  2. Googleビジネスプロフィールの最新情報を開く
  3. 右下の「共有」ボタンを押す
  4. 使用するSNSを一覧から選択する
  5. SNS操作画面でGoogleビジネスプロフィールの投稿をリポストする

InstagramとGoogleビジネスプロフィールを連携する方法は、次のようになります。

  1. 予め画像を以下のサイズに最適化しておきます。
    Googleビジネスプロフィールは「4:3」、Instagramは「1:1」です。
  2. 読みやすい文章を入力します。必要なら改行を入れる方法です。
  3. Instagramの文章には、ハッシュタグを含めます。

効果的な物件の見せ方とMEO対策の関連性

MEO対策を実施し、Googleマップで検索の上位表示させるためにはいくつかのポイントがあります。物件の写真や口コミを掲載したり、キーワード戦略を行ったりすることです。ここではポイントについて紹介します。

写真や口コミを活用した物件詳細ページの魅力アップ

写真を活用し、自店舗の魅力がユーザーに伝わるようにします。Googleがローカル検索におけるビジネスの表示回数を最大化する方法として推奨しているのは、写真の掲載です。写真の掲載を増やすだけで、ユーザーのリアクション、閲覧数、表示頻度などの向上が期待できます。
例えば店内の写真、ユーザーに物件を紹介している様子を撮った写真、営業スタッフの写真などの掲載です。主に次のような写真を掲載することで、ユーザーに対して自店舗の雰囲気を伝えることができるでしょう。

  • 会社のロゴの写真
  • 営業スタッフがサービスを提供している時の写真
  • 不動産営業スタッフの個性や人間味が伝わる写真
  • 店舗の内装やデスクの配置、全体の雰囲気などが伝わる写真
  • 店舗の外観を左右や正面など、さまざまな方向から撮った写真

写真を掲載する場合、注意しないといけないのが画像のサイズです。Googleでは次のような推奨基準が存在しているので、守るようにしましょう。

項目

基準

画像形式 PNGまたはJPG
画像サイズ 10KB~5MB
推奨解像度 縦720ピクセル、横720ピクセル
最小解像度 縦250ピクセル、横250ピクセル
品質 明るさが十分あり、ピントが合っているもの。

過度のフィルタ使用や大幅な加工は避ける。

店舗の様子をそのまま伝える画像を選ぶ。

参考記事:Googleビジネスプロフィールヘルプ「ビジネス プロフィールの写真や動画を管理する

またローカル検索の順位を上げる有効な方法としては、口コミの掲載があります。Googleは、評価が高く口コミの件数が多い店を「価値の高いお店」と判断するためです。
来店したユーザーに対して、口コミ投稿のためのQRコードやポップを配布するなどの取り組みが大切となります。口コミを投稿してくれたユーザーに特典を付けるなど、ユーザー側にもメリットがあるようにすることで、促進できるでしょう。
投稿された口コミ情報は検索画面に表示される場合があります。そのため、次の情報を入れてもらうように依頼することで効果が期待できるでしょう。

  • 自店舗の特徴の紹介
    例えば、〇〇市のマンション購入に特化している店舗など
  • 検索されやすいキーワードを入れる
    例えば、マンション、賃貸、駅近など

ユーザーに口コミを投稿してもらえた場合、返信するようにしましょう。口コミ投稿を通して、ユーザーとコミュニケーションを取ることが重要です。良い内容の口コミだけでなく、悪い内容の口コミに対しても、真摯に返信することが大切となります。
口コミの内容が誹謗中傷などに該当する場合は、Googleに削除依頼を出すことが可能です。

キーワード戦略を活用して検索結果上位狙い

ユーザーはGoogleマップで検索を行う場合、キーワード検索を使用します。例えば「横浜 マンション」「川崎 賃貸」などです。そのため、検索キーワードに対応することが重要と言えるでしょう。
不動産会社のMEO対策としては、「地域名」+「ユーザーのニーズを示す文言」になる場合が多いです。地域名には都道府県のような広い範囲ではなく、「〇〇市」「〇〇区」などの限定したものを選びます。
ユーザーのニーズを示す文言に関しては、不動産会社を探しているユーザーの場合は「不動産」、マンション購入を検討しているユーザーの場合は「マンション購入」といった内容です。さらに「アパート」「賃貸」「戸建」などのキーワードも検索されやすいでしょう。キーワードの例としては次のような内容です。

  • みなとみらい 賃貸マンション
  • 青葉区 不動産
  • 神戸駅 マンション
  • 渋谷 賃貸

選定したキーワードは、Googleビジネスプロフィールの情報に意識的に入れるようにしましょう。自店舗のGoobleビジネスプロフィールとユーザーが検索で選んだキーワードの関連が深まり、上位表示されやすくなります。

ただし、不自然に同じキーワードを繰り返すなどの方法は逆効果なので注意が必要です。

不動産向けのMEO対策成功事例

まとめ

ここでは不動産会社のMEO対策成功事例を紹介します。

株式会社エイブル

株式会社エイブルは、日本最大級の賃貸仲介企業です。エイブルではGoogleビジネスプロフィールを使って集客対策を実施していますが、次のような課題があり期待する効果が現れていません。

  • 複数店舗の管理に時間と手間がかかる
  • 集客の効果測定が難しい
  • 理想的な運用ができていない

集客対策として何をすべきかを明確にするため、MEO専門業者にGoogleビジネスプロフィールの運用代行を依頼しました。その結果、ほとんど全ての店舗において検索順位が上位表示されるようになり、ユーザーが来店する数も増えています。Webサイトの閲覧数や経路検索数、電話件数も対策前に比べて増加している状況です。
具体的な取り組みとしては、現状のGoogleビジネスプロフィールの最適化、品質の均質化から開始しました。全店舗の情報を全て収集し整理しています。その上で必要な情報の更新、写真の追加などを実施する方法です。
Googleビジネスプロフィールの最適化が完了した後は、以下の定常業務の代行を依頼しています。

  • Googleビジネスプロフィール新機能への対応
  • 店舗が新たに増えた場合の最適化
  • 営業時間などの情報が更新された場合の対応
  • 全店舗の口コミ情報の管理や分析
  • 動画や写真の登録

インサイトの結果や現状の検索順位など、随時確認できるように可視化してもらっています。定期的な会議の場において、分析結果の報告を受けたり要望に対する相談を行ったりして情報交換しながら進めている状況です。専門業者に依頼することで、MEOに関する豊富な知識や経験、業務遂行能力は必要不可欠と感じました。

参考記事:おもてなしドットコム「多店舗向けGoogleマイビジネス運用代行導入事例|エイブル様

株式会社ホームセレクト

株式会社ホームセレクトは、仙台市を中心に業務展開をしています。新築一戸建て、土地や中古住宅を取り扱っている企業です。
ローカル検索からの集客を高めることを目的に、MEO専門業者に依頼をしています。専門業者が提供しているパッケージプランを、宮城野店、若林店、南光台店に導入しました。その結果、GoogleマップやGoogle検索での表示回数、間接検索が大きく上昇しています。
GoogleマップやGoogle検索でのビュー数は、導入後3ヶ月を過ぎたあたりから伸び始め、9ヵ月目には3倍近くなっている結果です。間接検索の数は導入後4ヶ月目あたりから伸び始めて、9か月目には2倍を超える数字となっています。
導入して便利だと思える点は次の通りです。

  • 順位変動を簡単に確認できる
  • 検索結果で上位表示の傾向の確認
  • 検索ボリュームから次の施策を検討するなどマーケティングに活かせる
  • 口コミで安心を発信できる

依頼した専門業者さんは、うわべの知識やテクニックではなく常に本質を改善しようと取り組まれている企業です。顧客のことを第一に考えて、サービスや商品を提供する姿勢が重要だと感じました。

参考記事:Gyro-n「パッケージプラン導入の効果/株式会社ホームセレクト様

不動産仲介業

東京都内の地域で不動産仲介業を営んでいる企業の事例です。対象の地域で不動産会社を検索するユーザーにターゲットを絞って、検索結果の上位表示を対策しました。「地域名」+「不動産」などのキーワードです。
対策前と対策後の変化としては、次のようになっています。

項目 対策前と対策後の数値
平均順位 10位 → 1位
Googleビジネスプロフィール閲覧回数 918回 → 1820回(198%の上昇率)

実施した内容は次の通りです。

  • Googleビジネスプロフィールの情報更新や修正
  • Googleビジネスプロフィールでの投稿を実施
  • 外部対策

MEO対策を意識してGoogleビジネスプロフィールを作ることが重要です。意識することで、結果が大きく変わってきます。

参考記事:Webmo「不動産会社がMEO対策するのは効果的?9つのポイント・成功事例を紹介 – 不動産会社のMEO成功事例

不動産会社地域名

この事例は、不動産会社にMEO対策を実施した内容です。対策後の現在では、「不動産会社」+「地域名」の検索結果は第1位になっています。また数値の結果としては、およそ2ヶ月後にはGoogleマップからのユーザーアクション数が2.6倍に増えている結果です。具体的な項目は次の通りとなります。

項目 対策前と対策後の比較
経路検索数 1.8倍
電話問い合わせ数 3.8倍
サイトのクリック数 2.5倍

対策した内容は次の通りです。

  • NAP情報の統一と構造化マークアップ
  • 複数のWebサイトでのサイテーション強化
  • 定期的な投稿の実施(スタッフ紹介、店内紹介、ロゴ、営業時間など)
  • ユーザーへの口コミ投稿を依頼
  • 口コミ投稿への返信
  • 店舗情報や営業時間などを定期的に更新
  • キーワードを含めたビジネス情報を充実させる

参考記事:KB company「【不動産のMEO対策】成功事例や上位表示のコツ7つや仕組みを解説 – 不動産のMEO対策成功事例

引っ越し先の不動産情報

不動産会社でMEO対策を実施した成功実績の事例です。ユーザーが引っ越しを検討している場合、引っ越し先の不動産情報をGoogleマップで検索する場合が多くあります。MEO対策で上位表示されれば、自店舗への集客向上が期待できるでしょう。そのため、検索キーワードの対策を実施しています。
MEO対策を実施後、2ヶ月経った時点での検索キーワードごとの結果は次の通りです。

検索キーワード 月間上位表示率
〇〇区+リロケーション 100%達成
〇〇区+不動産管理 50%以下
〇〇区+賃貸管理 80%達成
〇〇区+不動産 50%以下
〇〇区+不動産買取り 100%達成
〇〇区+不動産下取り 80%達成

100%を達成できているキーワードや、50%以下となっているキーワードもあります。多くの競合他社が対策している「〇〇区+不動産」に関しては、早めに対策した企業の強さが目立っていると言えるでしょう。競合他社に勝つためにも、早めの対策が重要となります。

次に集客効果に関しての結果を確認します。以下は、MEO対策の実施前と実施後の増加率です。

項目 実施前と実施後の比較
Googleマップ経由の電話問い合わせ数 0件/月 → 3件/月に増加
Web閲覧数 4件/月 → 17件/月に増加
経路案内数(来店者数) 3件/月 → 7件/月に増加

MEO対策を実施した場合、結果が顕著に現れている状況です。

参考記事:MEO prime「不動産会社がMEO対策を導入し集客&売上アップを目指す【事例】

MEO対策を依頼する業者選びのポイントと注意点

MEO対策の専門業者に依頼する場合、業者選びは重要です。ここでは、ポイントと注意点を紹介します。

信頼できるMEO対策業者の選び方と評価基準

MEO対策は信頼できる専門業者に依頼したいと考えるでしょう。業者選びには次のポイントがあります。

ポイント 説明
MEO対策の情報を発信 MEO対策の専門業者を名乗る企業は多くあります。中には怪しい企業もあるでしょう。

信頼のおける企業かどうかを判断する指標としては、MEO対策に関する情報を発信しているかどうかで判断可能です。またGoogleビジネスプロフィールの最新情報を理解していない企業もあるため、発信している内容で判断する必要があります。

実績の有無 MEO対策の実績があるかどうかも重要です。特に同じ業界である不動産業界での実績の有無を確認しましょう。

実績がある場合、安心して依頼することができます。

料金と契約期間 料金プランや契約期間の確認は重要です。成果が出た場合に料金が発生する「成果報酬型」、成果に関係なく作業に対し他の費用が発生する「固定報酬型」のどちらかに分類されることが多いでしょう。

店舗の予算や依頼内容によって、決定する必要があります。

ガイドラインの遵守 Googleのガイドラインを遵守する必要があります。Googleビジネスプロフィールでは、禁止事項がいくつか存在している状況です。これを遵守しないと、Googleからペナルティを科せられる可能性があります。
順位計測について MEO対策の結果を計測するための、順位計測ツールを提供してくれるかどうかを確認してください。

順位計測ツールがある場合、現在の状況やMEO対策の効果を確認しやすくなるためです。

サポート体制 MEO対策では、Googleマップの上位表示が目的です。ただし上位表示した後も継続して運用していく必要があります。運用のアドバイスなど、サポートしてもらえる業者を選ぶのが良いでしょう。
契約内容の確認 MEO専門業者の中には、契約が終了した場合にGoogleアカウントを削除する業者も存在しています。このような業者と契約した場合、解約できない状況に陥ってしまうでしょう。

事前に契約内容を確認することが重要です。

他社の批判など 他社のことを悪く言ったり批判したりしている企業は、避けるようにしましょう。自社のサービス内容に自信のある企業であれば、他社を貶めるようなことは言いません。

自社でできる範囲と業者に依頼すべきタスクの分析

MEO対策として実施する項目は、次の通りです。

  • Googleビジネスプロフィールへの登録と情報の掲載
  • 定期的な投稿
  • 口コミの管理
  • SNSなど他の媒体に掲載する
  • MEO対策ツールで順位を確認

これらのMEO対策は、自社で実施することが可能です。自社で実施すれば費用を抑えることが可能となるでしょう。ただし現実的な問題として、本業がある中で実施していくことは困難と言えます。またノウハウが無い場合は、効果が出ない可能性もあるでしょう。
専門業者に依頼すれば必要なツールやノウハウがあるため、成果につながりやすくなります。また自社の人員は本業に集中できるため、作業効率が高まると言えるでしょう。業者に依頼すると費用がかかるので、作業効率や費用面を検討して依頼するかどうかを決定する必要があります。

不動産のMEO対策ならマキトルくんがおすすめ!

「効果的な不動産のMEO対策をする料金を抑えて依頼したい」
「でも質の高い広告代理店を探す自信や時間がない」

こうした方におすすめしたいのが、月額5万円からご依頼いただける「マキトルくん」です。

Webコンサル会社であり、実績豊富なフリーランス集団であるStockSunだからこそできる費用対効果の高いサービスになっています。

ここでは、不動産のMEO対策においてマキトルくんを活用するメリットを3つご紹介させてください。

  • 月5万円から優秀なフリーランスに業務委託の依頼ができる
  • Webデザイン全般の実行支援に対応
  • 外注を一本化できるためコスト削減につながる

月5万円から優秀なフリーランスに不動産のMEO対策を依頼できる

マキトルくんでは、月額定額5万円より優秀なフリーランスに不動産のMEO対策を依頼できます。

コンサル料がかからないため、「優秀なプロに依頼したいものの、高額な費用を支払う予算がない」といった企業にも安心してご利用いただけます。

また、不動産のMEO対策を担当するのは、StockSunに在籍する2,000名以上のフリーランスの中から、上位20%の優秀な人材に厳選しております。自社で優秀な人材を探す手間がかかりません。

  • 不動産のMEO対策を依頼するスキル
  • コミュニケーションスキル
  • 目的の達成意識

上記の要素を備えたフリーランスだけをアサインいたしますので、高クオリティーな不動産のMEO対策を依頼することが可能です。

Webマーケティング全般の実行支援に対応

マキトルくんでは、Webマーケティング全般の実行支援を月額定額制で依頼いただけます。

  • 不動産のMEO対策の依頼を内製化したい
  • コンバージョン率の高い不動産のMEO対策を依頼をしたい
  • 不動産のMEO対策だけでなくSNS運用やLP制作なども任せたい

上記のようなニーズにも柔軟に対応可能です。

まず貴社のニーズ・課題を丁寧にヒアリングした後で、最適なご提案をさせていただきます。施策の内容が決定したら、次に必要な人材を集めて独自のチームを構築し、業務に取り掛かっていく流れです。

「とはいえ、複数のフリーランスを集めたら連絡を取り合うのが面倒そう」

この問題を未然に防ぐために、マキトルくんでは専属のディレクターが貴社とフリーランスの間に入ります。ヒアリング能力の高いディレクターが担当いたしますので、コミュニケーションコストを最小限にすることが可能です。

外注を一本化できるためコスト削減につながる

現在、複数の外注先に業務を委託している場合、マキトルくんに外注を一本化すればコストを削減できます。これまで個別に発生していた固定費をまとめるだけでも、支出を最小限にできるでしょう。

マキトルくんに一本化した場合、チーム内で綿密にコミュニケーションを取ることが可能です。それぞれの担当者が成功事例・進捗状況を共有しながら、スピーディーかつ費用対効果の高い施策を実行できます。

最小限のコストでスピーディーにWebデザインのサブスクを依頼したい方は、ぜひマキトルくんの無料相談へお問い合わせください。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

まとめ

今回は、ローカル検索に効果的なMEO対策の方法、メリット、成功事例などを紹介しました。ローカル検索とは、ユーザーが指定した地域に限定した検索結果を表示する仕組みのことです。Googleマップなどの地図検索が、ローカル検索になります。
例えばユーザーが「名古屋市中区」に引っ越しを考えていた場合、「名古屋市中区 アパート賃貸」といったキーワードで検索が考えられるでしょう。名古屋市中区のアパートを扱っている不動産会社の場合、検索結果の上位に表示されることで集客の向上につながります。
このようにMEO対策は集客に直結するため、重要な取り組みです。
本記事で紹介した内容を、自店舗の集客力向上に役立ててください。

なお、弊社StockSunでは、格安で不動産のMEO対策の依頼はじめとするWeb集客全般の施策を依頼できる「マキトルくん」というサービスを提供しています。

月5万円からの定額サービスになっているので、Web施策を通じて効果的に、最小限のコストで売上を最大化させたい方に最適です。

最小限のコストで迅速に結果を出したい方は、ぜひマキトルくんの利用をご検討ください。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。