メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

MEOで上位表示を獲得する施策12選!順位の上げ方から重視される要素を解説

MEO
更新日
MEOで上位表示を獲得する施策12選!順位の上げ方から重視される要素を解説

「MEO対策で上位表示させるために自分でできる方法を知りたい」
「MEOで上位表示させることは重要?どのような効果がある?」

MEOで上位表示させるためには、Googleビジネスプロフィールへ登録後、上位獲得のための施策を打ち出します。

MEOで上位表示を獲得できれば、直近で訪れる店舗を探すユーザーに自社をアプローチできるため集客効果を見込めます。

本記事では、上位表示を獲得するためにやるべきことや、MEO対策の効果を理解できる、以下のトピックを解説しています。

これまで数々のクライアントのMEO対策やWEBマーケティング支援を提供してきたコンサルタントの知見をもとに解説いたします。

「MEO対策を自社ですすめたい」場合の参考にしてください。

なお、弊社StockSunでは、格安でMEO上位表示をはじめとするWeb集客全般の施策を依頼できる「マキトルくん」というサービスを提供しています。
月5万円からの定額サービスになっているので、Web施策を通じて最小限のコストで売上を最大化させたい方に最適です。

最小限のコストで迅速に結果を出したい方は、ぜひマキトルくんの利用をご検討ください。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。

目次

MEOとは|上位表示に向けて知っておくべき基礎知識

MEOとは|上位表示に向けて知っておくべき基礎知識の図解

MEOとは、MapEngineOptimization(マップ検索エンジン最適化)の頭文字をとったものです。

Googleマップなどの地図エンジンで、「カフェ」「薬局」など業種名で検索されたとき、上位表示を獲得するために打ち出す施策です。

検索結果で上位表示されると、貴社の認知度アップにつながります。

また、地図エンジンにて特定の業種名で検索するユーザーは、直近で訪れる店舗、事業所を探しているユーザーです。

そのため、来店する可能性の高いユーザーと接点を持てるため、集客につなげられます。

MEOとローカルSEOの違い

MEOの上位表示に必要な知見:MEOとローカルSEOの違い

ローカルSEOとは、ユーザーの位置情報、検索KWに含まれる地域名など、地域によって検索結果が左右されるとき、その中で上位表示を獲得するための施策です。

MEO対策は、Googleマップの検索結果にて上位表示を獲得する施策を指すためその点が異なるでしょう。

ローカルSEOの施策のひとつとして、MEO対策が存在していると位置付けることができます。

ローカルSEOを具体的に説明すると、「新宿 ラーメン」「渋谷 ラーメン」でGoogle検索したとき、それぞれで表示される検索結果は異なります。

その地域に所在しているラーメン屋が上位表示されやすくなるためです。

また、デバイスの位置情報がオンの状態で、新宿駅から「ラーメン」と検索するとき、渋谷駅から「ラーメン」と検索するときにも、周辺のラーメン屋が上位表示される仕組みのため、検索結果が異なるでしょう。

上記のように特定の地域がフォーカスされた検索結果の中で上位を獲得するための施策がローカルSEOです。

ちなみに、ローカルSEOを実施することで、検索結果のローカルパック枠と、ナレッジパネル枠に貴社の情報を表示させられます。

ローカルパックは、特定のキーワードのときにGoogleマップの情報が検索結果に表示されるというもの。MEO対策を実施することで地図エンジンだけでなく、検索エンジンの検索結果にも店舗情報を表示させられます。

<ローカルパック>

MEOで上位表示されるとローカルパックに表示される

<ナレッジパネル>

MEOで上位表示されるとナレッジパネルにも表示される

MEO対策とは|登録の基礎知識

MEOで上位表示するための基礎知識:MEO対策とは?登録の図解

MEO対策とは、マップの検索エンジンで自社情報を上位表示させるために実施する施策です。MEO=MEO対策です。

Googleマップで自社の情報を表示させるためには、次のことを実施します。

  • Googleビジネスプロフィールへ登録する
  • オーナー確認を実施
  • Googleビジネスプロフィールの情報を上位表示させる施策の実施

MEO対策ではGoogleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)への登録が必須

MEOで上位表示させるにはGoogleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)への登録が必須
Googleビジネスプロフィール https://www.google.com/intl/ja_jp/business/

MEO対策するには、Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)への登録が必須です。

Googleマップの検索結果に表示される店舗情報は、すべてGoogleビジネスプロフィールに登録された情報のためです。

Googleビジネスプロフィールは、店舗情報をWEB上に公開できるGoogleが提供する無料サービスです。

店舗情報の登録、管理、第三者から店舗のレビューを投稿してもらうこともできます。

Googleビジネスプロフィールの作り方・登録方法

Googleビジネスプロフィールは以下の手順にて登録します。

手順 詳細
Googleアカウントにログインする ・アカウントがない場合には以下から新規作成する
自社のビジネス情報の確認と登録ページへ進む ・画面に従い、貴社名を登録する
ビジネスカテゴリを選択する ・検索結果に関わるので正確なカテゴリを入力
接客対応のある実店舗ビジネスかどうかを選択 ・店舗にスタッフがいるビジネスの場合は「はい」
・店舗にスタッフがいないようなビジネスの場合は「いいえ」
自社の商圏内の地域を選択 ・郵便番号などから選択可能
自社サイトや電話番号などの情報を入力 ・Googleビジネスアカウントに登録された情報と、WEB上に存在する貴社が同一ビジネスえあることを認識させるため正しい情報で入力
終了→オーナー確認のオプションへ進む  

Googleビジネスプロフィールの作り方、登録方法は、MEO対策について詳細を解説して記事でキャプチャを用いながら説明しているので参考にしてみてください。

関連記事

MEO対策とは?自分でできるやり方・上位獲得の方法を全公開【登録や設定のコツがわかる】

MEO対策とは?自分でできるやり方・上位獲得の方法を全公開【登録や設定のコツがわかる】

Read More

上位表示させる施策を打つためにオーナー確認も必須

Googleビジネスプロフィールの登録完了後に「オーナー確認のオプション」を選択して、オーナー確認を実施します。

登録した自社が実際に自分のビジネスであることを証明するステップです。

オーナー確認を実施することで次ができるようになります。

  • 上位表示に向けたビジネス情報の詳細入力
  • 他人が貴社になりすますことを防ぐ

上位表示させるための施策を実施していくうえでオーナー確認は必須事項なのです。

ちなみにオーナー確認は、ビジネスの種類によりますが以下の方法で登録できます。

  • 住所へ郵送されるハガキ
  • 電話
  • テキストメッセージ
  • メール
  • Google Search Console

オーナー確認のやり方・手順

一般的なやり方は、住所へ郵送されるハガキをもとに実施する方法のため、本記事ではハガキを用いた方法の手順を解説します。

①オーナー確認のオプションへ進む

②「今すぐオーナー確認」をクリックする

③オーナーハガキの請求をする

④後日ハガキが届いたら、再度「今すぐオーナー確認」をクリック

⑤画面に従い、ハガキに記載されたコードを入力

上記の手順でオーナー確認が完了します。

MEOで上位表示させることの重要性は5つ

MEO 上位表示、MEOで上位表示させることの重要性は5つ

スマホの普及率が向上しているため

MEO対策での上位表示獲得が重要視される理由として、スマホの普及率が年々増加していることにあります。

PCを持っていなくてもスマホで手軽に行きたいお店を探せる状況のため、MEO対策を実施して上位表示を獲得しWEB上での露出増やすことが重要といえます。

実際に、総務省が実施している通信利用動向調査によると、携帯電話やスマホなどモバイル端末の普及率は年々増加し2020年には、90%を超えている結果がでました。

情報通信機器の世帯保有率のデータ

参照参考・画像引用元:総務省「第1部 特集 デジタルで支える暮らしと経済

さらに2023年1月にNTTドコモ モバイル社会研究所が実施したスマホ普及率の調査結果によると、2023年には、モバイル端末所有者のうち95.9%がスマホを利用している結果がでています。

スマートフォン比率のデータ

参照参考・画像引用元:モバイル社会研究所「第1章 携帯電話の所有・利用状況

上記を踏まえ店舗を検索するユーザーと接点を持つためにもMEO対策で上位表示を獲得するのは重要な施策です。

ポータルサイトだけに依存した集客からの脱却

ポータルサイトに依存した集客から抜け出すためにも、MEO対策で上位表示を獲得するのは重要です。

ポータルサイトへ依存した集客は次の問題があるためです。

  • 掲載費用が高い
  • 2018年以降ローカルSEOの精度が上がったため

ポータルサイトは、すぐの来店につながる顕在層が利用していますが、競合店舗が多いです。目立つ位置へ掲載できるプランを選択するとかかる費用も高額になります。

費用感は、ぐるなびを一例として取り上げると、露出を増やせるプランを選択した場合月額33,000円かかります。月額費用と合わせて予約数に応じて予約手数料もかかる仕組みです。

MEO対策ならば、ポータルサイトと同様に顕在層を集客できるだけでなく利用料は無料となります。

ポータルサイトだけに依存せずMEO対策も実施することで、集客における顧客獲得単価を軽減できるでしょう。

また、2018年以降ローカルSEOの精度が向上していることも重要視すべき点です。

2017年までは検索結果にローカルパックが表示される仕組みがなく、多くのユーザーは、周辺店舗が一覧で表示されるポータルサイトを活用していました。

2018年以降、ローカルSEOの精度が向上したことにより、ユーザーは検索結果に表示されるMEOの情報を元に来店店舗を比較検討できるようになりました。

競合数が多く費用もかかるうえに、ローカルSEOを利用するユーザーが増えていることを踏まえると、ポータルサイトに依存した集客は、抜け出す必要があるでしょう。

ユーザーへの認知度を向上できる

MEO対策で上位表示を獲得することで、Googleマップで狙ったキーワードで検索されたとき、貴社の店舗が上位表示されます。

MEO 上位表示、Googleマップで検索されたとき、貴社の店舗が上位表示される

さらにGoogleの検索エンジンで地域と業種に関連したキーワードで検索されたとき、MEOの情報が検索結果の上部に表示されるのはMEO対策ならではのメリットです。

MEO対策ならではのメリットを説明した図解

検索キーワードによっては、SEO対策を実施したときに表示されるエリアよりも、上部に表示されることもあります。

上記を踏まえるとMEOで上位表示されていれば認知度を向上できるため、重要視されています。

口コミやレビューによる来店促進

MEOで上位表示されることで、ユーザーが来店する店舗を選ぶときの比較検討軸に入れます。

その際、貴社のGoogleビジネスプロフィール上に投稿された第三者からの口コミやレビュー評価がユーザーの来店促進につながります。

実際に、マイボイスコム株式会社が2023年に実施した「ネット上の口コミ情報」に関するアンケート調査によると、商品・サービスなどを購入・利用する時に、55.1%の人がネット上の口コミ情報を参考にしていることがわかります。

MEO 上位表示、口コミやレビューによる来店促進

さらに、10~30代の女性は、70〜80%が口コミを参考にしているようです。

他にも口コミの信頼性については、口コミの数や質だけでなく「よくない点が書かれた口コミがあるか」も重視されているとわかります。

MEO 上位表示、口コミ情報、信頼される口コミ種類

参照参考・画像引用元:マイボイスコム株式会社「ネット上の口コミ情報に関するアンケート調査(第6回)

Googleビジネスプロフィールでは、Googleアカウントさえ保有していれば来店したユーザーは誰でも口コミを投稿できます。

ポータルサイトと比較して多くの口コミを集められるだけでなく、5段階評価の口コミレビューを集められます。

MEOで上位表示させるときに必要な5段階評価の口コミレビュー

利用ユーザーのリアルな口コミとなるため、品質の低い店舗には正直な良くない評価がついています。

良くない口コミも数多く投稿されているサービスのため、Googleビジネスプロフィール上の口コミへの信頼性は高いと判断しているユーザーは多いでしょう。

来店につながりやすい顕在層と接点を持てる

Googleマップで周辺の店舗や事業所を探すユーザーは、直近で訪れる店舗を探しているユーザーです。

また、Google検索にローカルパックが表示されるキーワードも、直近で来店する店舗を探している顕在層だとわかります。

ローカルパックが表示される、ローカルキーワードは以下のとおりです。

  例:
飲食店 居酒屋、ファミレス、焼肉、カフェなど
美容系店舗 美容院、美容サロン、ネイルサロン、エステなど
教育施設 塾、学校、習い事、カルチャースクールなど
クリニック 歯科医院、内科、眼科、美容外科など
士業 税理士、弁護士事務所など
トラブル解決系の業種 ハウスクリーニング、害虫駆除、水道トラブルなど

「地域名+ローカルキーワード」で検索する来店につながりやすい顕在層と接点を持てるため、MEOで上位表示を獲得することが重視されています。

関連記事

MEO対策とは?自分でできるやり方・上位獲得の方法を全公開【登録や設定のコツがわかる】

MEO対策とは?自分でできるやり方・上位獲得の方法を全公開【登録や設定のコツがわかる】

Read More

MEO対策で上位表示させる仕組み|評価される要素

要素①キーワードとの関連性

ユーザーが検索するキーワードと、貴社のGoogleビジネスプロフィール内に含まれるキーワードの関連性は、評価される要素です。

関連性が高ければ高いほど、MEOで上位表示されるようになります。

貴社のターゲット層が貴社を利用するときのシチュエーションを考えながら、自社の強みを訴求できるキーワードを盛り込みましょう。

例として焼肉屋の場合には、以下図解のように客層・メニュー・サービスごとに関連するキーワードを洗い出せます。

MEOで上位表示に必要なキーワードの関連性を説明した図解

ターゲットと関連性の近いキーワードを取り入れて上位表示を目指しましょう。

要素②知名度

貴社の店舗名の知名度についても、上位表示するために必要な要素です。

知名度の判断基準は、次で評価されています。

  • オンライン上に貴社の情報がどれほど公開されているか:自社サイト、他社サイトのコンテンツなど
  • 第三者による口コミ評価が存在しているか:SNSのコンテンツやポータルサイト内の口コミ情報など

他サイトやSNSなどで貴社の店舗名を言及してもらう必要があります。

要素③店舗との距離

ユーザーの位置情報と、店舗の距離も検索結果を左右する指標となります。

距離が近ければ近いほど、上位表示される傾向です。

MEO対策で上位表示獲得のために実施すること12選

MEO 上位表示、MEO対策で上位表示獲得のために実施すること

上位表示を狙う際に役立ついくつかのコツを以下に挙げます。これらのアプローチを取ることで、地図検索エンジンでの可視性を向上させることができるかもしれません。

Google My Business(GMB)へ詳細の情報を入力し最適化

Google My Businessプロフィールを最適化し、詳細な情報を提供します。

ユーザーの検索結果に表示されるようにするため、検索キーワードと関連づけた内容を正しく入力しましょう。

特に、以下の内容は検索結果に大きく影響します。店舗の強みがわかる正しい情報を入力しましょう。

  • カテゴリ
  • 店舗の公式ホームページ
  • 住所・マップピンの設定
  • 営業時間
  • 電話番号
  • 写真、メニュー、商品

写真の追加や更新、投稿の投稿などを通じて、ユーザーエンゲージメントを高めることができます。

正確なNAP情報を登録

NAP情報は、半角や全角などもすべてのWEBサイトと統一して正確な情報を入力しましょう。

NAP情報とは以下のことを指します。

  • N(Name):会社名
  • A(Address):住所
  • P(Phone):電話番号

Googleは、WEBサイト上で貴社の情報が言及されているのかを判断するとき、NAP情報を見ています。

Googleビジネスプロフィールと同じNAP情報の場合、貴社が外部サイトにて言及されている知名度の高い店舗だと判断し上位表示につながります。

Googleビジネスプロフィール、公式サイト、ポータルサイト、SNSなど、すべてのWEBコンテンツの表記を統一させましょう。

具体的には、以下の細かい点も統一させることが大切です。

・住所の番地表記(1-8-2、1丁目8-2などを統一する)
・株式会社の書き方(株式会社か(株)か)
・英字の大文字小文字
・階数の書き方(5階、5F)

誤った情報が表示されるとユーザーの信頼を損ねる可能性もあるため注意しましょう。

カテゴリの最適化

ビジネスカテゴリは、自社と関連性の高いものだけを設定しましょう。

MEOで上位表示されるために必須のカテゴリの最適化

カテゴリが貴社の業種と異なっていると、検索結果に表示されなくなってしまいます。

カテゴリは、サブカテゴリを合わせると最大9つ登録できますが、無理に関係ないカテゴリを登録すると順位の下落につながるためNGです。

カテゴリを設定する際には、検索結果で上位を獲得したいKWを検索してみて、競合店舗がどのようなカテゴリを設置しているのか確認必須です。

MEO 上位表示、競合店舗がどのようなカテゴリを設置しているのか確認

地域キーワードの使用

地域に関連するキーワードをタイトル、説明、カテゴリ、およびコンテンツに適切に組み込むことで、地域検索において上位表示される可能性が高まります。

例として津田沼というエリアで焼肉を検索したとき、タイトルに津田沼というエリア名が含まれている店舗が上位表示されています。

MEO 上位表示、地域キーワードの使用

商圏の地域名は必ず散りばめて入れ込みましょう。

キーワードが含まれた良い口コミを集める

上位表示させたいキーワードが含まれたレビューを獲得するのが大切です。

以下の図のとおり、検索キーワードが口コミに含まれているものが上位表示される傾向があります。

MEO 上位表示、キーワードが含まれた良い口コミを集める

そのため、上位表示させたいキーワードを取り入れた口コミを書いてもらえるようなアナウンスを整えましょう。

例として口コミを投稿したらその日のお会計から使えるクーポンをその場で贈呈するような施策も有効です。

口コミの管理・返信をする

口コミの返信に関連したキーワードを含める方法も、上位表示を狙える作戦です。

来店してくれたユーザーのプライバシーを損なわない程度に、狙ったキーワードを入れ込んだ返信を実施しましょう。

ただ単に口コミを集めるのではなく、上位表示させたいキーワードを狙って、戦略的に口コミを集めていきましょう。

また、ユーザーからの口コミに迅速かつ適切に対応することで、ユーザーからの信頼性も獲得できるでしょう。

地域に関連するWEBサイトから自社サイトへのバックリンクを獲得する

商圏の地域内の他のウェブサイトからのバックリンクを獲得することも大切です。

Googleが、該当の地域で信頼性と信用性の高い事業だと判断し、MEOの上位表示にもよい影響をもたらします。

地域に関連するサイトからバックリンクをもらうには、地域で開催されるイベントなどに参加をしましょう。

地域のWEBサイトに貴社サイトのリンクが掲載される可能性があります。

投稿機能を活用する

地域イベントへ出展する際の告知などもGoogleビジネスプロフィールに投稿していくことが大切です。

MEOで上位表示させるには投稿機能を活用する

地域のイベントやトピックに関連するコンテンツを提供することで、地域ユーザーに価値を提供し、エンゲージメントを増やすことができます。

地図の埋め込み

ウェブサイトに地図を埋め込むことで、ユーザーがビジネスの場所を確認しやすくなります。これによって地図検索エンジンにおける表示順位向上に寄与します。

MEOで上位表示させるにはHPに地図を埋め込む

モバイルフレンドリーなウェブサイト

スマートフォンやタブレットからのアクセスを考慮して、ウェブサイトをモバイルフレンドリーに最適化します。モバイルユーザーにとって使いやすいサイトはランキングにも影響します。

定期的な情報の更新と監視

情報や営業時間が変更された場合は、すぐに更新することを忘れずに。また、ランキングやレビューの変動を監視し、必要に応じて調整を行います。

自社サイトをSEO対策する

MEO対策とSEO対策は、相互作用があるため、MEOで上位を獲得するためにはセットで実施するのがおすすめです。

自社サイトが上位表示されることにより、他のサイトからサイテーションや被リンクを獲得することにつながります。MEOで重視されている要素である認知度の向上につながり、MEOでも上位表示されやすくなるのです。

また、SEO対策の一貫としてプレスリリースサイトへの投稿などを実施することも認知度アップにつながるでしょう。

SNSを運用する

SNSを運用することで、SNSを利用しているユーザーへ貴社を認知してもらえます。

そして、ユーザーがSNS上で貴社について言及してくれるような仕組みの構築も大切です。

SNSなどWEB上で貴社について言及されればされるほど、Googleは貴社が認知度の高いビジネスだと判断します。

それにより、MEOの上位表示につながります。

MEOで上位表示させるにはパフォーマンス(旧インサイト)機能を活用した分析が重要

Googleビジネスプロフィールは、アクセスやユーザー行動を分析できるパフォーマンス(旧インサイト)機能が備わっています。オーナー登録していれば誰でも利用でき、費用も無料です。

ユーザーが貴社のプロフィールをどのような経路で認知したのかや、どの方法で予約をしたのかなど数値でみることが可能です。

具体的に計測できる数値は以下のとおり。

概要 指定した期間内で電話、メッセージ送信、ルート検索などユーザー実施したインタラクション数の全てがグラフとして表示される
ユーザーがビジネスを見つけた経路 Google検索・Googleマップやデバイスごとのユーザー数が表示される
ビジネス プロフィールの表示につながった検索 自社のビジネスプロフィールが検索結果に表示されたときに、ユーザーが検索していたキーワードの一覧が表示される
パフォーマンスの各インタラクション数 ビジネスプロフィールに登録されている以下項目をユーザーが閲覧、利用した数が確認できる
各項目ごとに確認可能
・メニュー
・通話
・メッセージ
・予約
・ルート検索
・自社サイトへの遷移
・商品

PCからパフォーマンス(旧インサイト)を確認する方法

MEOで上位表示させるためにPCからパフォーマンス(旧インサイト)を確認する方法

Googleビジネスプロフィールの管理画面にある「パフォーマンス」をクリックすることで確認可能です。

アプリからパフォーマンス(旧インサイト)を確認する方法

MEOで上位表示させるためにアプリからパフォーマンス(旧インサイト)を確認する方法

Googleのアプリからも同様で、管理画面にある「パフォーマンス」をクリックすることで確認ができます。

MEOで上位表示されると集客効果を得られるビジネス分野

MEO 上位表示、MEOで上位表示されると集客効果を得られるビジネス分野

ここではMEOの上位表示を必要とするビジネス分野を8つ、以下に挙げてみました。

小売業

小売店舗や飲食店などの小規模ビジネスは、地域の顧客に直接サービスを提供します。地元の人々や観光客が店舗を見つけやすくするために、MEO上位表示が重要です。

医療・健康

医院、歯科医院、薬局などの医療関連施設は、地域住民に対して必要な情報を提供する必要があります。緊急時にも正確な場所情報を提供するため、MEO上位表示が重要です。

ローカルビジネス(地域密着型)への影響

地元のビジネスにとって、地図検索エンジンで上位に表示されることは、集客や売上向上に繋がる可能性があります。特に、近隣の検索を行うユーザーにとって、正確な情報が提供されることが重要です。

ホテル・宿泊施設

観光地や旅行先でのホテルや宿泊施設は、旅行者が容易に見つけられるようになることが求められます。MEO上位表示によって、宿泊施設の予約や利用が増加する可能性があります。

自動車関連

自動車修理、カーショップ、ガソリンスタンドなど、自動車関連のビジネスは地域に密着したサービスを提供します。地域住民や遠方からのドライバーに向けて、MEO上位表示は需要を引き寄せる要因となります。

不動産

地域のイベントや催し物を宣伝するためにも、MEO上位表示は有効です。地域住民や近隣地域からの参加者を集めるための助けとなります。

地域イベント・催し物

自動車修理、カーショップ、ガソリンスタンドなど、自動車関連のビジネスは地域に密着したサービスを提供します。地域住民や遠方からのドライバーに向けて、MEO上位表示は需要を引き寄せる要因となります。

専門職業

弁護士事務所、会計士事務所などの専門職業は、地域内のクライアントをサポートするために地元の顧客に見つけられることが必要です。

これらは一部の例であり、地域に関連する様々なビジネス分野でMEO上位表示が重要です。地域の需要をターゲットにしたビジネスは、ユーザーが直接検索エンジンで情報を探す際に、目立つことが求められます。

MEOで上位表示されても集客効果を得られないビジネス分野

次にMEO上位表示には向かない(力を入れても、あまり有効な施策となりづらい)ビジネス分野を以下に挙げます。

ECなどのオンライン専業ビジネス

物理的な場所を持たないオンライン専業ビジネス(ウェブショップ、情報提供サイトなど)は、地図上での表示よりもウェブ検索エンジンでのSEO(Search Engine Optimization)に重点を置くことが一般的です。

専門的なBtoBサービス

BtoB(ビジネス・ツー・ビジネス)向けの専門的なサービスやソリューションを提供する場合、地域に関する上位表示よりも、業界内での専門知識の示唆や信頼性の構築が重要とされることがあります。

グローバル企業

グローバルな対象市場を持つ大規模な企業は、地域的な上位表示よりも、国際的なSEO戦略やブランド戦略に注力することが一般的です。

専門的なコンサルティング

法律事務所、会計事務所、デジタルマーケティングエージェンシーなど、専門的なコンサルティングを提供する場合、特定の地域よりも専門分野での専門性が求められることがあります。

オンラインコンテンツ制作

ウェブサイトやYouTubeチャンネルなどでオンラインコンテンツを制作する場合、地域的な表示よりもコンテンツの品質や関心を引く能力が重要とされることがあります。

これらの分野では、MEO上位表示よりも他の戦略に重点を置くことが効果的かもしれません。ただし、個別のケースによっては、地域情報が必要とされる場合もあるため、事業の特性や目標に合わせて戦略を検討することが大切です。

MEO上位表示のメリット

MEO 上位表示、MEO上位表示のメリット

次にMEOの上位表示のメリットについて説明していきます。

まず、MEO上位表示のメリットは以下の5点です。

  • 地域検索での表示向上
  • 地図アプリでの可視性向上
  • ローカルビジネスへの影響
  • 新規顧客の獲得
  • 競合他社との差別化

地域検索での表示向上

MEOによる最適化は、特定の地域や場所に関する検索結果での表示を向上させることができます。地元のビジネスやサービスが、地域の検索でより目立つようになります。

地図アプリでの可視性向上

地図アプリやサービスを利用するユーザーにとって、地図上でのビジネスやロケーションの表示が重要です。MEOの最適化によって、関連する情報がユーザーに対して正確に表示されることが保証されます。

ローカルビジネスへの影響

地元のビジネスにとって、地図検索エンジンで上位に表示されることは、集客や売上向上に繋がる可能性があります。特に、近隣の検索を行うユーザーにとって、正確な情報が提供されることが重要です。

新規顧客の獲得

MEOの最適化によって、新たな顧客層にアクセスできる可能性が高まります。地域に関心のあるユーザーや旅行者などが、関連するビジネスやサービスにアクセスすることが増えるかもしれません。

競合他社との差別化

MEOの最適化に力を入れることで、同じ業界や地域で競合する他社に対して優位性を持つことができます。類似のビジネスが多い場合でも、正確な情報と高い表示順位が差をつける要因となります。

MEO上位表示の最大のメリットは、地域に関連する情報がユーザーに正確かつ効果的に提供されることです。これによってビジネスの認知度や利益を向上させることができるかもしれません。ただし、具体的な戦略や手法は常に変化する可能性があるため、最新の情報に基づいた最適化が求められます。

MEO上位表示のデメリット

MEO 上位表示、MEO上位表示のデメリット

次にMEOの上位表示のデメリットについて説明していきます。

まず、MEO上位表示のデメリットは以下の5点です。

  • 競争激化
  • 情報の不正確さ
  • 制御の難しさ
  • 地域外からのアクセス
  • アルゴリズムの変更に対する脆弱性

競争激化

MEOで上位表示を狙う多くのビジネスが存在する場合、競争が激化する可能性があります。特に特定の地域や業界では、上位表示を獲得するために競争が激しくなることが考えられます。

情報の不正確さ

地図上の情報は正確であることが重要です。間違った住所、営業時間、連絡先などが表示されると、ユーザーの信頼を損ねたり、誤解を招く可能性があります。MEOの最適化を行う際、情報の正確性に十分な注意が必要です。

制御の難しさ

地図検索エンジンのアルゴリズムや表示順位は外部から直接制御することが難しい場合があります。したがって、上位表示を維持するためには継続的な努力が必要であり、変動するアルゴリズムに適応する必要があります。

地域外からのアクセス

特定の地域をターゲットとしているビジネスでも、地域外からのアクセスがあるかもしれません。これによって、本来のターゲットとは異なるユーザーが表示されることがあり、コンバージョン率の低下や無駄な広告費の浪費が起こる可能性があります。

アルゴリズムの変更に対する脆弱性

地図検索エンジンのアルゴリズムは時折変更されることがあります。これによって、一度は上位表示されていたビジネスが急に順位を下げることもあります。そのため、アルゴリズムの変更に対する脆弱性を考慮する必要があります。

以上のポイントは一般的なデジタルマーケティングにも当てはまる考え方ですが、MEOに特有のデメリットとしても考えられる要素です。地図検索エンジンの上位表示を狙う際には、長期的な戦略を立て、情報の正確性と品質、アルゴリズムの変動に対する適応能力を持つことが重要です。

MEOの上位表示するためには業者に外注する必要はある?

MEO 上位表示、MEOの上位表示するためには業者に外注する必要はある?

総合的に、ビジネスのニーズや自身のスキルセットに合わせて判断することが重要です。外注する場合は、信頼性のあるエージェンシーや専門家を選び、目標や戦略を共有し、コミュニケーションを保つことが成功に向けての重要なステップです。

外注すべき場合

専門知識の不足: MEOは専門的な知識が必要であり、アルゴリズムやベストプラクティスが頻繁に変化することもあります。自身で理解や実行が難しい場合、専門家に外注することが有益です。

時間とリソースの制約: MEOは継続的な作業が必要です。自身のビジネスに集中するために時間やリソースを確保したい場合、外部のエージェンシーや専門家に依頼することが選択肢となります。

成果の迅速な獲得: MEOは時間がかかる場合がありますが、専門家が最適な戦略を提供し、成果を早く獲得できる可能性があります。

専用ツールやリソースの利用: デジタルマーケティングエージェンシーや専門家は、MEOに関連する専用ツールやリソースにアクセスできることがあります。

自身で行うべき場合

予算の制約: 専門家やエージェンシーの外注費用が予算を超える場合、自身でMEOを学び実行することが選択肢となるかもしれません。

ビジネスの理解: 自身がビジネスの専門知識を持っており、地域に関する情報を的確に提供できる場合、自身で取り組むことが可能です。

学習と挑戦: MEOを自身で行うことで、デジタルマーケティングのスキルを学び、新しい挑戦に取り組むことができるかもしれません。

地域理解: 自身が地域の特性や文化に詳しい場合、地域ユーザーのニーズを正確に把握して最適な戦略を立てることができます。

MEO対策で上位表示された成功事例|StockSunの独自事例を公開

MEO対策と総合WEBマーケティングを掛け合わせて月20名来店者数UP

コロナ禍で売上が落ちていた整骨院にて、月20名の集客を成功させた事例です。

この事例が抱えていた課題は、コロナ打撃によって売上が30%落ち込んでいたことです。しかし特段解決策はない状況に課題があり、支援させていただきました。

そこで、MEO対策を掛け合わせながら以下の施策を実施しています。

・MEO

・SEO

・リスティング広告

・サイト制作(サイトリニューアル・LP制作)

・TikTok運用

・CRM運用

特にSEOとMEO対策は力を入れて実施しています。

Googleビジネスプロフィールを正確に入力したうえで、地域で信頼性のあるサイトからの被リンクを多く獲得しました。

それにより、Googleから地域で信頼できるビジネスだと判断されMEOでも上位表示させることに成功。

また、Googleビジネスプロフィールでは、プロフィールを充実させるのではなく、ターゲット顧客が近しい商材のデータを参考にして、キーワード等の盛り込みが効果を発揮しました。

結果的に月20名の集客に成功しています。各Web施策の効果を合わせると、月40万件以上のリーチを獲得中です。

良質な口コミを外部組織と連携して集めて歯科医で月100名の集客に成功

MEO対策で上位表示を獲得したことで、月100名を集客した歯科医の成功事例です。

本記事で解説したとおり、MEO対策において口コミを充実させることは、非常に重要な要素となります。

本事例では、口コミを増やすために外部と連携した施策を実施しました。

外部組織と連携と聞くと、サクラのようなウソの口コミを集めたと思われてしまうかもしれません。

しかしながら、倫理的にもWeb対策的にもサクラの口コミは危険とされ検索結果に悪影響があります。

信頼度も下がりますし、結果的に集客へ繋がらないケースがほとんどです。

本事例では、実際の患者様から、良質な口コミをいただくための方法として外部組織と連携した施策を実施いたしました。

この施策の詳細は、コンサルタントから公開させていただきますので、MEO対策の実施を検討されているときには無料相談をご活用ください。

貴社の経営状況や、競合を確認したうえで、MEO対策を実施することでどれほどの効果が見込めるかから判断することが可能です。

MEO対策ではなく、他のWEB施策を実施した方がコスパが良い場合などもすべてアドバイスさせていただきます。

特典:月100名来店者数UP!?戦略・戦術をご提案

Googleマップを活用した集客を相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

本事例の詳細は動画でも解説しています。

MEO上位表示するための外注おすすめ企業

MEO 上位表示、MEO上位表示するための外注おすすめ企業

Stock Sun

定額制Webマーケティング支援「マキトルくん」があり、Web専属チームを付けることでマーケティング施策を加速させることが可能です。

SEOクリエイティブソリューションズ

SEO対策に特化した企業で、地域SEO(ローカルSEO)に関するサービスも提供しています。地域の特性を考慮したMEO対策を行うことができます。

GMO TECH株式会社

GMO TECH株式会社は、Googleマップ検索にて、店舗情報をユーザーに見てもらう機会を増やし、各店舗での集客を強化するサービス「MEO Dash! byGMO」を提供しています。

Googleビジネスプロフィールの情報の最適化、検索結果を上位表示するためのマーケティング施策を行います。

iProspect Japan

デジタルマーケティング全般に幅広いサービスを提供するエージェンシーで、地域検索の最適化も得意としています。

地域内の他のウェブサイトからのバックリンクを獲得することで、地域に関連する信頼性と信用性を高めることができます。

株式会社プロモスト

株式会社プロモストはWebマーケティングに加え、Webコンテンツ事業を合わせたMEO対策を提供しています。

大きな特徴として、MEOツールを無料で提供していることが挙げられます。MEO対策から内部対策を中心としたSEO対策まで請け負う広いWebマーケティングに対応しています。

MEO上位表示をめざすなら、マキトルくんがおすすめ

MEO 上位表示、MEO上位表示をめざすなら、マキトルくんがおすすめ

「MEO上位表示されるよう依頼したい」

「でも質の高い広告代理店を探す自信や時間がない」

こうした方におすすめしたいのが、月額5万円からご依頼いただける「マキトルくん」です。

Webコンサル会社であり、実績豊富なフリーランス集団であるStockSunだからこそできる費用対効果の高いサービスになっています。

ここでは、MEO上位表示の為にマキトルくんを使うメリットをご紹介させてください。

さまざまな業務を、一気通貫で格安で依頼可能!

MEO 上位表示、一気通貫で格安で依頼可能

時間に余裕のある優秀なフリーランスや副業している方に継続的にまとまった仕事を依頼することで、相場よりも格安でWeb業務を依頼できる仕組みとなっています。

Web業務を専属チームに任せることで効率よくスピーディーに進行できる

MEO 上位表示、Web業務を専属チームに任せることで効率よくスピーディーに進行できる

マキトルくんでは目的に合わせた専属のWebマーケティングチームを組むことで

効果的かつスピーディにマーケティング施策を実行いたします。

外注先を一元化できるためやり取りや管理の手間をカットできる

MEO 上位表示、やり取りや管理の手間をカット

専属の担当ディレクターが間に入ることで人材の選定や各担当者とのやり取りの手間を省くことができます。費用を削減できる可能性が高いです。

下記にマキトルくん活用事例を紹介します。

MEO 上位表示、マキトルくん活用事例

マキトルくんに一本化した場合、チーム内で綿密にコミュニケーションを取ることが可能です。それぞれの担当者が成功事例・進捗状況を共有しながら、スピーディーかつ費用対効果の高い施策を実行できます。

最小限のコストでスピーディーにネット広告の制作・運用を依頼したい方は、ぜひマキトルくんの無料相談へお問い合わせください。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

MEO対策で上位表示させたいときによくある質問

MEOで上位表示させるには?

MEOで上位表示させるには、次の12選を実施していただくことを推奨します。

Google My Business(GMB)に詳細の情報を入力し最適化

正確なNAP情報を登録

カテゴリの最適化

地域キーワードの使用

キーワードが含まれた良い口コミを集める

口コミの管理・返信をする

地域に関連するWEBサイトから自社サイトへのバックリンクを獲得する

投稿機能を活用する

モバイルフレンドリーなウェブサイト

定期的な情報の更新と監視

自社サイトをSEO対策する

SNSを運用する

詳細は本記事のMEO対策で上位表示獲得のために実施すること12選にて解説しています。

SEOとMeoの違いは何ですか?

MEO対策はGoogleマップで上位を獲得するための施策、SEO対策はGoogleなど検索エンジンで上位を獲得するための施策という違いがあります。

上記の違いから、ターゲットとなるユーザーや達成できる目的、かかる費用などさまざまな違いがあります。

違いの詳細について、次の記事で解説しているのであわせてご確認ください。

関連記事

MEOとSEOの違いとは【2024最新一覧早見図解つき】それぞれの重要性や特徴を解説

MEOとSEOの違いとは【2024最新一覧早見図解つき】それぞれの重要性や特徴を解説

Read More

MEOの順位決定要素は?

MEOにおける順位決定要素は次の3つです。

キーワードとの関連性

知名度

店舗との距離

詳細については、MEO対策で上位表示させる仕組み|評価される要素をご確認ください。

MEOを上げるためにはどうすればいいですか?

MEOで上位表示を獲得するためには、ビジネスプロフィールへ登録し、オーナー確認完了後に、上位表示させるための施策を打ち出します。

施策は以下12選を推奨しています。

Google My Business(GMB)に詳細の情報を入力し最適化
正確なNAP情報を登録
カテゴリの最適化
地域キーワードの使用
キーワードが含まれた良い口コミを集める
口コミの管理・返信をする
地域に関連するWEBサイトから自社サイトへのバックリンクを獲得する
投稿機能を活用する
モバイルフレンドリーなウェブサイト
定期的な情報の更新と監視
自社サイトをSEO対策する
SNSを運用する

詳細は本記事のMEO対策で上位表示獲得のために実施すること12選にて解説しています。

まとめ

MEO上位表示のためには総合的に、ビジネスのニーズや自身のスキルセットに合わせて判断することが重要です。外注する場合は、信頼性のあるエージェンシーや専門家を選び、目標や戦略を共有し、コミュニケーションを保つことが成功に向けての重要なステップです。

「MEO上位表示を効率的に行い、売上アップにつなげたい」
「外注を1本化してコストの最適化を図りたい」

その場合は、弊社StockSunのマキトルくんをおすすめします。

マキトルくんでは、優秀なディレクターとフリーランスによる質の高い実行支援を月額定額で提供しています。効果的なMEO・SEO対策についてプロによる戦略をお求めの方は、お気軽にお問い合わせください。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。