メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

LP制作を優秀なフリーランスに格安で依頼する方法とは?料金相場や発注の流れも解説

「LP制作をフリーランスに依頼しても問題ないだろうか」
「LP制作の相場や各価格帯で依頼できる納品物のイメージやクオリティを知りたい」

LP(ランディングページ)を作るなら「最小限のコストで売上を最大化させたい」と誰もが思うでしょう。

質の高いLPがあれば、営業をかけなくても継続的に商品が売れていきます。

しかし、LP制作案件の相場は依頼先、作業範囲によって大きく変わるため、事前に相場を把握しておくことが大切です。

特に「フリーランスに格安で依頼すればコスパの良いLPができる」と思っている方は注意してください。

下記のような失敗パターンに陥らないために、本記事で「売れるLPをフリーランスに依頼する方法」を学んでいきましょう。

・他社とそっくりなLPが納品されてきて使えない
・レイアウト崩れが起きたまま公開されている
・購入ボタンを押してもらえず売上につながらない
・お問い合わせもまったく来ない
・LPの運用・改善に多額の費用をつぎ込むことに

最小限のコストで最大限の成果を上げたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

LP制作の料金相場はいくら?制作会社と個人(フリーランス)の単価を解説!費用を抑えるコツは?

ちなみにStockSunでは、格安で優秀な人材にLP制作を依頼したい企業様向けに『マキトルくん』というサービスを運営しています

「LP制作を外注したいがお金がない…。広告の運用まで優秀な人材にとにかく安く依頼をしたい!」

その場合は、StockSunの新サービス『マキトルくん』がおすすめです!

・貴社の目的に合わせ専属のWebマーケティングチームを組みます!効率的かつスピーディーにWebマーケティングの施策を実行!
・【月5万円のトライアルプランあり】月額定額制!優秀なWebマーケティングチームに格安で依頼可能!


StockSunの新サービス『マキトルくん』では、貴社に適した最適施策をご提案し、知見豊富なプロ人材が施策を実行します。
リスティング広告の運用だけでなく、さまざまなWebマーケティングの施策提案と実行支援に対応しております。

限られた予算の中で売上を短期間で伸ばしたいときや、Web周りのマーケティングを知見豊富なプロに丸投げしたいときはぜひご活用ください。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。

LP制作を依頼するときの料金相場【フリーランスと代理店を比較】

LP制作の相場は5〜60万円以上まで多岐にわたり、依頼先や作業範囲も異なります。依頼先別の相場は下表の通りです。

フリーランスに依頼する場合 5万円~
代理店に依頼する場合 20万円~

ここでは5つの費用感に分類して、それぞれ「何ができるか」「どんな人におすすめか」などをご紹介していきます。

10万円以下

10万円以下でLP制作案件を依頼する場合の概要は、以下の通りです。

依頼先 フリーランス
納期の目安 1週間〜1ヶ月ほど
メリット ・最安価格でLPが作れる
・納期が早い
デメリット ・テンプレートを使った簡易的なLP
・LP制作以外はサポート対象外
向いている人 LP運用スタッフがおり、LPの型のみ外注したい会社

テンプレートを使ってLPを作るだけのため、最短1週間ほどで仕上げてくるでしょう。依頼先はフリーランスのみで、クラウドソーシングサイトで探すのが一般的です。

テンプレート使用のため、依頼主がデザインを決められるわけではありません。既存のデザインの中から選ぶかたちになります。

商品の売れ行きを左右する原稿や、市場調査などはプランに含まれない点に留意してください。

自社にLPの原稿作成や市場調査などができるスタッフがいる場合、最安かつ最短でかたちにできます。

LP制作以外の作業を、別のフリーランスに依頼する場合は当然、人件費がかさみます。

文章や運用も含めトータルでLP制作をサポートしてもらいたいとお考えなら、もっと上の価格帯で依頼したほうが安心です。

10〜20万円

10〜20万円でLP制作案件を依頼する場合の概要は、以下の通りです。

依頼先 フリーランス
納期の目安 2週間〜2ヶ月
メリット ・独自のデザインでLPが作れる
・納期が早い
デメリット ・LP制作以外はサポート対象外
・独自デザインだが自由度は低い
向いている人 独自のデザインでLPを制作したい方

この価格帯から、オリジナルデザインを発注できます。

ただし依頼できる作業範囲は、LP制作のみで運用サポートや原稿作成などは含まれません。

オリジナルのデザインではあるものの、細かいカスタマイズには対応してもらえないことが多いです。

・迅速に見た目の整ったLPを制作したい
・細かい肉付けは自社で行うため問題ない

そのような方に向いています。

まれに10〜20万円でLP制作に関する全ての業務を引き受けるフリーランスもいますが、過去携わったLPの原稿を使い回したり、競合他社のLPを模倣したりと、成果につながらないことが多いのでその点、ご注意ください。

20〜40万円

20〜40万円でLP制作案件を依頼する場合の概要は、以下の通りです。

依頼先 フリーランス/代理店
納期の目安 1〜2ヶ月
メリット ・戦略や構成を一部依頼できる
・デザインの自由度が高い
デメリット ・サポートの質は簡易的
・原稿や画像などは自社で用意
向いている人 ・LP運用の一部を外注化したい方
・コピーライターがいて原稿作成ができる会社

オリジナルデザインで細かい修正にも対応してくれるようになるのが20〜40万円の価格帯で、代理店も活用できるようになります。

依頼先によっては、簡易的な構成や戦略立案も行ってくれますが、フリーランスとは違い代理店の場合、原稿作成には応じてくれません。

そのため「質の高いデザインなのに売れない」LPになってしまう可能性があります。

見込み顧客はLPデザインだけではなく、文章も読んで購入を検討します。

・10〜20万円の価格帯で依頼しつつ原稿作成に費用を割く
・40〜60万円の価格帯で原稿作成から依頼する

上記の選択肢もありえますので、検討して成果につながるLP制作を目指しましょう。

40〜60万円

40〜60万円でLP制作案件を依頼する場合の概要は、以下の通りです。

依頼先 代理店
納期の目安 1〜2ヶ月
メリット ・競合調査/戦略立案も依頼可能
・LPの原稿作成も依頼できる
デメリット ・費用が高い
・LP完成後のサポートは対象外になる場合がある
向いている人 LP制作の事前調査や原稿作成を依頼したい方

LPについて予備知識やノウハウがなくても1から代理店主導で制作が進行していきますので、必要な情報を預けたあとは、安心して本業に集中できるのが、この価格帯です。

依頼先はフリーランスではなく、代理店一択となります。

原稿作成からデザインまで一気通貫で作業を行ってもらえることから、統一感のあるLPが仕上がってくるでしょう。

ただしLPは運用と改善を繰り返してこそ、完成度の高いものに近づくため「LP完成後のサポートがつかない」のは、考えものです。

自社にPDCAを回せるスタッフがおらず、成果につながらなかった場合、別途コンサルを依頼する必要が出てくるかもしれません。

また、ヒアリングや市場調査などに時間を要しますので、納期は最短でも1ヶ月ほどかかります。

・質の高いLPを制作したい
・運用サポートは自社または別で依頼する予定

上記の方なら、この価格帯で依頼しても、後悔することはないと考えます。

60万円以上

60万円以上でLP制作案件を依頼する場合の概要は、以下の通りです。

依頼先 代理店
納期の目安 2〜3ヶ月
メリット ・LP制作をフルサポートしてもらえる
・運用後に改善や修正ができる
デメリット ・納期に時間がかかる
・高額な費用がかかる
向いている人 ・LPに関する作業を一任したい方
・予算に余裕があり効果的なLPを制作したい方

LP制作だけでなく、Webマーケティング全般のサポートをしてくれるのがこの価格帯相場の特徴です。

LP制作というよりも「商品を売るためのコンサル」といったイメージです。

売りたい商材に合わせて「どのようなデザインでどのように訴求するのか」をプロデュースしてくれます。

ただし予算の上限が決まっている場合、代理店によっては満足のいくLPが納品されない可能性がある点にご注意ください。

また全ての商品やサービスが、LPと相性が良いわけではなく、代理店がいくら頑張っても期待する成果を得られないケースもあります。

その際、代理店は別の提案をしてくるはずですから、よく耳を傾けるようにしましょう。

それでもLPを出したいとお考えなら安い価格帯に戻り、引き受けてくれるフリーランスを探して、制作してもらう手もあります。

そこで次章では、LP制作をフリーランスに依頼する流れについても見ていきましょう。

費用を抑えて優秀な人材にLP制作を依頼したい場合は、StockSunの新サービスマキトルくんをご検討ください

月額5万円〜の定額プランを用意しております。また、チームメンバーはフリーランス2,000人の中から、上位20%の優秀なフリーランスだけをStockSunが厳選しています。

LP制作をフリーランスに依頼するときの流れ

StockSunに在籍するフリーランスは

・ヒアリングと戦略設計
・リサーチ
・ワイヤーフレーム作成
・デザイン案の決定
・コーディング実装
・運用・改善サポート

の順でLP制作を行っており、詳細については順を追って解説していきます。

ヒアリングと戦略設計

はじめに、想定する流入元のヒアリングを行い、戦略を設計していきます。顧客がどこからLPに入ってくるかによって、訴求するべき内容が変わるからです。

顕在層と潜在層の両方で流入元を把握すると、取りこぼしが少ないLPを作りやすくなります。

顕在層はすでに商品に興味があるため、自ら商品名を検索して検索連動型広告(リスティング広告)をクリックし、LPに流入するのが一般的です。

潜在層はたまたま見つけた広告や、おしゃれなバナーに興味を持ってLPに流入してきます。流入元は、SNSのタイムラインやInstagramのストーリー、ディスプレイ広告などです。

予算に余裕があれば、顕在層向けと潜在層向けのLPを分けて制作すると良いでしょう。

リサーチ

リサーチは、3C分析などを行い、的を得たLP制作ができるようにするための工程です。

3Cとは顧客・競合・自社のことで、

顧客調査 ・なぜこの商品を選ぶのか
・商品に対する不満はあるのか
・どんな条件なら選ばれるのか
競合調査 ・自社商品が競合他社と比較してどのように優れているのか、または劣っているのか
<例>料金の安さ、効果の高さなど
自社調査 顧客調査と競合調査を行った結果、自社が訴求すべき強みを明確にする

自社の強みが明確になったら、以下3つの分析も行います。

1.競合と比較してどうなのか
2.市場が望んでいるもの
3.自社ができること

顧客や競合を徹底的に洗い出すことで自社のポジションを確立し、CVにつながるLP制作が可能となります。

訴求軸を決めるときは、検索エンジンのサジェストワードも参考にされるといいです。

<例>脱毛の場合
・脱毛 痛い
・脱毛 効果

上記の「痛い」や「効果」に当たる部分が、サジェストワードです。

上記の例ですと「痛みが少なくて効果の高い脱毛」にニーズがあると仮定できます。このように関連するキーワードから逆算して、ニーズに合った訴求を分析するのもリサーチの重要項目です。

リサーチは、LP制作の明暗を分ける、非常に重要な工程になります。

ワイヤーフレーム作成

リサーチ結果を元にペルソナを設定し、LPのワイヤーフレームを作成します。

ワイヤーフレームはLPの設計図です。あらかじめどこに何を配置するか、どんな訴求を行なうかなど、LP制作に必要な情報をまとめておきます。

設計図から作り込むことで質の高いLP制作が可能となるのですが、ワイヤーフレームのクオリティが低いと、以下の問題が生じます。

・何を訴求しているか分からない
・デザインがペルソナにマッチしていない
・似たような訴求でくどいLPになってしまう

ワイヤーフレームに力を入れないと、ヒアリングやリサーチの意味もなくなってしまいますので、納得がいくまで作り込むようにしましょう。

デザイン案の決定

顕在層だけでなく、潜在層の興味を引くために必要不可欠な要素がデザインですが、できあがったワイヤーフレームを元に、デザイン案を決定していきます。

そしてデザイン案の参考となりえるのは、やはり競合他社などのLPです。

お互いのイメージのズレをなくすために、制作を担当するフリーランスが参考サイトを提案していくのですが、デキるフリーランスはクライアントの好みではなく「成果につながるデザイン」を見つけて提案します。

提案を受けたら、その中から最大限の効果が得られそうなデザインを選択しましょう。

コーディング実装

実際にLPを制作する工程です。コーディングが完了したら、目視確認作業に入ります。

・各種デバイスで正常に表示されるか
・PCブラウザごとにレイアウト崩れが起きないか
・ボタンやリンクの動作は正常か

確認して問題がなければ納品という流れです。

運用・改善サポート

運用・改善サポートでは、主にA/Bテストを実施して、その効果を測定し比較することで費用対効果を最大化させることができます。

例えば広告費が月50万円で、A/Bテストの結果を受けてテコ入れしたところCVRが1%から2%に改善したとします。

当初、広告費が年600万円はかかると言われていたのに、年300万円でよくなる計算となり、300万円も節約できる算段なのです。

たった1%の改善で必要広告費が大幅に減るため、運用・改善は自社でできるに越したことはありませんが、自社でできない場合はぜひある程度の費用をかけてでも外注すべきです。

A/Bテストの比較具体例は、以下の通りとなります。

・フロントビュー(商品画像・人物画像)
・グローバルナビ(設置・非設置)
・LP内ボタン数変更
・広告バナーデザイン
・!と?のクリック率

LPは商材や時期など、状況により効果にバラつきが出ます。当初は効果が出ていても、競合の登場によって半減することもあるでしょう。

そのため運用・改善を行い、状況に合ったLPに更新していくことで、CVRを高め安定で維持させていくことも不可能ではないのです。

以下の動画で、LPの改善に関するA/Bテストをクイズ形式でご紹介しています。効果的なLPにするには?を知りたい方は、ぜひご覧ください。

ちなみに、LP制作を広告代理店に外注する場合の費用相場や依頼の流れ、失敗しないポイントは以下の記事で解説しています。

関連記事

LP(ランディングページ)制作の費用相場を徹底解説|制作会社8社の費用実例表つき

LP(ランディングページ)制作の費用相場を徹底解説|制作会社8社の費用実例表つき

Read More

ここまで読み進めてきて、フリーランスに頼んでもよさそうと思われた方に、お伝えしておきたいリスクがあります。それはごく一部のダメダメなフリーランスに頼んでしまうことです。

詳しくは次章で、解説していきます。

LP制作をダメなフリーランスに依頼するリスク

予算の都合上「なるべく安くLPを制作したい」と希望している方も多いでしょう。

しかしフリーランスは専業・副業、スキルレベルもピンからキリまであり、未熟なフリーランスに依頼すると、時間も費用もムダになる可能性があります。

ダメなフリーランスに依頼してしまうリスクは

・CVにつながらない
・実績と実力に乖離がある
・安かろう悪かろうになりがち
・フリーランスによってスキルに差がある

上記4つです。本章で順に解説していきます。

CVにつながらない

LP制作は「LPを作る前にどれだけリサーチできたか」が明暗を分けます。

LP制作自体は決して難易度の高いものではありません。テンプレートでカンタンにできてしまいます。

しかし、いくら見た目が良くても、中身のないLPがCVにつながることはないのです。

格安でLP制作を引き受けるフリーランスの中には、リサーチが必要なことやワイヤーフレームの存在すら知らない人もいます。

見た目だけ整ったLPを使っても、商品が売れるわけではありませんので心に留めておいてください。

CV率が悪いときには、CRO対策が必須です。次の記事で解説しているので、参考にしてください。

関連記事

CRO対策を効率的に進める方法とは? データ分析で効果検証!

CRO対策を効率的に進める方法とは? データ分析で効果検証!

Read More

実績と実力に乖離がある

フリーランスの中には、過去の実績を少々盛っている人もいます。例えば、

「大手〇〇LP案件を担当」

これを見たら間違いなく、超凄腕フリーランスと勘違いしてしまうでしょう。

しかし実際はLPのコーディングのみ担当しただけだったとしたら、どうなるでしょうか?

またWebデザイナーとしてではなくWebライターとしてLP制作を実績とされている場合は、おそらく原稿作成のことを指しています。

こういったフリーランスに依頼すると、最終的に時間も費用もムダになるのです。

安かろう悪かろうになりがち

残念ながら価格でLP制作を依頼するフリーランスを決めてしまうと、後々「安かろう悪かろう」だったことに気付かされます。

なぜなら格安でLP制作案件を引き受けるフリーランスは、公開後のことなどまったく考えていないからです。運用・改善など知ったことではなく、結果についても責任を持ちません。

依頼する側は「LPは商品が売れてこそ存在価値が生まれる」と考えますが、一方で格安で作る側は「LP制作の対価だから、その先のことまで求められても…」と考えています。

結局、商品も売れず、集客もおぼつかず、まったく使えないため、別のLPを新規で作ることになり、また時間も費用もかかってしまうのです。

フリーランスによってスキルに差がある

フリーランスは基本、独学で画一的な教育を受けてLP制作を受注しているわけではありませんので、保有知識もスキルも人によりバラバラです。

運が良ければ相場より安くて優秀な人が見つかることもありますが、最悪なケースですと

・画像を要望通りに編集できない
・レイアウト崩れを修正できない

など、初歩的なことすらできないフリーランスを引き当ててしまいます。

実績はあるものの人並みの知識やスキルがあるとは言えず、無責任な仕事を返されるケースも少なくありません。

コミュニケーションスキルに難があるとヒヤリングと戦略設計からつまづき、知識や制作スキルがないとワイヤーフレームがいつまで経ってもあがってこないのが容易に想像できます。

ここでやっぱりフリーランスに頼むのをやめようかなと思われた方、実はリスクなしで、安心してフリーランスに外注できる『マキトルくん』という方法があります!

LP制作を優秀なフリーランスに格安で依頼したいなら【マキトルくん】

「優秀なフリーランスにLP制作を依頼したい」
「成果に繋がるLPを作ってほしい」
「できるだけ費用を抑えたい」

StockSunでは、LP制作にありがちな問題を解決するために新サービス『マキトルくん』をリリースしました。

マキトルくんの特徴は以下の通りです。

・月額定額5万円〜(※トライアル)
・戦略設計から実行までフルサポート
・ムダなコストを10万円以上削減できる

今まで自社でフリーランスを選定していたものの、成果につながらなかったという苦い経験をしている方は非常に多いと思います。

マキトルくんなら安心の定額制で、質の高いLP制作が可能です。以下で「なぜ安さと質を担保できるのか」について解説します。

外注先を1本化できる

マキトルくんでは、必ず専属の担当ディレクターが依頼者とフリーランスの間に入ります。

依頼者は担当ディレクターに連絡するだけとなり、時間と費用を大幅に節約できるのです。一般的な流れでは、担当ごとに連絡をしなければならず、費用もかさむ傾向にあります。

LP制作で言えば、市場調査やワイヤーフレームを担当する人材と、コーディング担当、運用・改善サポート担当などをディレクターが一括管理してくれるのです。

面倒なやり取りを最小限に抑えつつ、依頼主は空いた時間をよりクリエイティブな作業にお使いいただけます。

定額で優秀なフリーランスを雇える

マキトルくんでは、2,000名以上のフリーランスの中で上位20%にあたる優秀なフリーランスがLP制作を担当いたします。

従来のように「クラウドソーシングでフリーランス探し」で消耗する必要はありません。信頼できるフリーランスを、StockSunが責任を持って推薦いたします。

人によっては「なぜ、格安で優秀なフリーランスに依頼できるの?」という疑問が浮かぶと思います。

これはマキトルくんに参加することで、定額報酬を受け取れるため、フリーランスにとってもメリットがあるからです。依頼主とフリーランスの双方に嬉しいWin-Winのサービスになります。

マキトルくんで仕事を獲得するために、よりよい成果物を納品しようと考えるフリーランスがたくさんいるのです。

StockSunだからこその厳しい目利きに通過した、スキルと経験値のあるフリーランスがLP制作を担当します。

プランの見直し・余剰時間の繰越も可能

マキトルくんでは、定額プランの見直しや余剰時間の繰越も可能です。

料金プランは全部で3種類。

ライト スタンダード プレミアム
月額料金 10万円 20万円 30万円
稼働時間 15時間/月 35時間/月 60時間/月

例えば、ライトプランで依頼したものの、稼働時間をオーバーした場合、次月よりスタンダードプランへ変更できます。追加料金をいただければ、当月内に稼働時間を増やすことも可能です。

反対にプレミアムプランで依頼したものの、稼働時間が10時間余った場合、翌月に繰り越すこともできます。

初月は特別限定価格5万円のトライアルプランも利用できますので、内実を覗いてみたい方は、お気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

まとめ

LP制作の相場は5万〜60万円以上まで、依頼先も作業範囲も大きく変わります。

デザインとコーディングのみであれば、最短1週間ほどで制作できますが、原稿作成や市場調査なども含める場合は、納期・予算ともに余裕をもって依頼しましょう。

LP制作の手順は以下の通りです。

・ヒアリングと戦略設計
・リサーチ
・ワイヤーフレーム作成
・デザイン案の決定
・コーディング実装
・運用・改善サポート

LPの費用対効果を最大限高めたい場合は、デザインやコーディングに入る前の準備段階が何よりも重要です。

価格の安さだけでフリーランスを選ぶと、追加の修正に対応してもらえなかったり、別途リサーチが必要になったりと時間・金銭的なリソースを消費してしまう可能性がある点に注意してください。

「本当に満足できるLPを完成させたい」
「今後も長期で付き合える優秀なフリーランスと知り合いたい」

その場合は、StockSunの新サービス『マキトルくん』をご活用ください。

2,000名以上のフリーランスの中から、StockSunの基準を満たした優秀な人材をご紹介いたします。

専属の担当ディレクターがヒアリングを行い、リサーチからコーディング、運用・改善サポートまでトータルでお手伝いさせていただきます!

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。