メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

LP制作の流れをプロが解説|初心者でも5分で分かる!

更新日
LP制作の流れをプロが解説|初心者でも5分で分かる!

著者

山口雄貴

「LPを制作することになったが、どんな流れで何から進めればいい?」
「適切な構成の流れを把握しておき、成果が生まれるLPを制作したい」

結論LPは、8つの工程を踏んで制作します。また、売れるLPにするためには、5つのステップを抑えた構成作りが欠かせません。

本記事では、初心者でも成果が生まれるLP制作の流れを把握していただくために、以下のトピックを公開しています。

この記事を作成しているStockSunでは、これまで数多くのLP制作を手がけてきました。

その知見をもとに実際に成果の出る方法を紹介していきます。

下記のお申込みから山口までお問い合わせいただければ、弊社サービスの無料お試しを実施しております。

LP制作のコンサルティングはもちろん、貴社の商材・課題に合わせたマーケティング施策や具体的な施策案・改善案のご提示を行っております。

ぜひ一度現状の課題をご相談ください。

人物

山口指名なら
無料改善診断実施中

問い合わせフォームに山口指名

毎月10社限定 今すぐ相談する

目次

LP(ランディングページ)とは

lp制作の流れ、LP(ランディングページ)とは

そもそもLP(ランディングページ)とは、ユーザーがインターネット上の広告やリンクをクリックして最初にたどり着くウェブページのことを指します。

またLPの最上部に表示されるメイン画像や写真を、メインビジュアルと呼びます。

現在はPCだけでなく、スマートフォンにも対応したWebページが必須です。

これらのページは、特定の商品やサービス、プロモーション、イベント、または情報を提供する目的で設計されており、ウェブサイトの他の部分とは異なることが多いです。

LPの主な目的は、ユーザーにアクションを起こさせることです。

これには、製品の購入・サービスへの登録や成約・メーリングリストへの参加・資料のダウンロード・サロンへの申し込みなどが含まれます。

また見込み客を獲得するなど、複数の役割があります。

ただ実際にLPを使って成果をあげるとなった場合には、制作前からしっかりと準備や調査をしないと意味がありません。

実際に効果を上げるためのLP制作の流れについて次で解説していきます。

LP制作の流れ|8つの基本ステップ

 

LP制作は大きく分けると、8つの手順に分けることができます。

lp制作の流れ、8つの手順
  • ステップ1:LP制作の目的を決める
  • ステップ2:リサーチを行う
  • ステップ3:ペルソナや訴求軸を決める
  • ステップ4:LPの構成を決める(ワイヤーフレーム作成)
  • ステップ5:デザイン作成
  • ステップ6:ライティング作成
  • ステップ7:コーディング実装
  • ステップ8:公開・効果測定

基本的にどんなLPもこの流れで制作していくことになりますので、わかりやすく順を追って説明していきます。

文章ではなく動画で確認されたい方は、上記のyoutubeでも詳しく解説していますので、あわせてご参照ください。

(本記事の内容と若干だけ異なる点がありますが、大枠は同じです。)

ステップ1:LP制作の目的を決める

まず初めにLPの目的を決めることです。

「LPとは」でも説明したようにLPは、

  • 製品の購入
  • サービスへの登録
  • メーリングリストへの参加
  • 資料のダウンロード など

を目的に制作されることが多いです。

なぜこの目的を明確にしなければならないのかというと、実際に作る制作物が変わることもあります。

実際、予算がある企業では目的や状況にわけて作るLPを変えており、よりユーザーに興味・関心をもってもらうためのデザインや文言を作成しています。

そのため、準備段階で「なんのために作るのか」をしっかり明確にしておく必要があります。

ステップ2:リサーチを行う

次にリサーチを行います。

リサーチする項目はさまざまありますが、StockSunでは3C分析をおすすめしています。

3C分析とはそれぞれ、

  • 顧客 (Customer)
  • 競合 (Competitor)
  • 企業 (Company)

の略で、市場の状況を理解し、競争力を持つ戦略を立てるための重要となります。

たとえば競合を調査した結果、自社の商品・サービスのストロングポイントが明確になり、その点をLPで訴求することが可能となります。

ステップ3:ペルソナや訴求軸を決める

次にペルソナや訴求軸を考えます。

ペルソナとは簡単に言うと、「ユーザーをより具体的にした人物像」のことを指します。

ペルソナを明確にすることによって、ターゲットを絞り訴求方法を明確にできるのでKPには必須の項目です。

たとえば、ペルソナの具体例とは下記のような人物です。

<ペルソナの具体例>

lp制作の流れ、ペルソナ

年齢や居住地だけでなく、プライベートな悩みや不安まで仮定できるとより、細かなイメージを作り出すことができます。

一方、ペルソナ設計にも注意点があり、それは「実在しない人物を作らないこと」。

ペルソナ設計は、イメージで作成することができるぶん、架空の人物を作ってしまいがちですが、自社内のデータや調査を根拠にペルソナを作ることが大切です。

そのためにも、普段顧客とコミュニケーションをとっている社内のメンバーと協力することも大切です。

実在するペルソナに近づけるよう、客観的な根拠を収集しましょう。

詳細なペルソナ設計の方法は下記の記事で解説しています。

関連記事

サイト制作のペルソナ設計を徹底解説~簡単テンプレつき~

サイト制作のペルソナ設計を徹底解説~簡単テンプレつき~

Read More

今回の例のようにペルソナが決まっていれば、「20代中盤・男性・東京住み・仕事の○○で悩んでいる」という情報から訴求方法を考えることができます。

ステップ4:LPの構成を決める(ワイヤーフレーム作成)

次にLPの構成を決めましょう。

「LPとは」でも説明したように、LPは基本的に「ユーザーにアクションを起こさせること」を目的しています。

そのため、順序よくスムーズに説明してユーザーに納得してもらう構成を作らなければなりません。


LPの構成は大まかに3つのストーリーに分けて考えるようにしましょう。

  • トップに表示されるファーストビュー
  • 関心を引いたり信頼を得たりする中盤のボディーコピー
  • 最後の締めであるクロージング

大まかにこの3つを順番に構成を考えることができれば、基礎は問題ありません。

ステップ5:デザイン作成

構成(ワイヤーフレーム)ができたら、次はデザインです。

デザインはLP作成でも重要な要素となります。

デザイン次第で数字が大きく変わることもあるので、作りこむ必要があります。

ポイントは、リサーチやペルソナから成果につながるデザインにすること

たとえば、ペルソナが女性であれば明るい色を選んだり、競合と同じにならないように差別化したりなど、注意点は数多く存在します。

メインの画像のサイズや配置にこだわったり、スマホ向けに画面をスクロールしやすく整理するなどデバイスに応じた工夫をしてユーザーに魅力を伝え行動してもらうのが目的です。

その中で効果的な施策をうつ上では、これまで紹介したリサーチやペルソナ設計が重要になるので、準備で妥協しないようにしましょう。

※仮にLPを他社に外注する場合でもリサーチやペルソナができていれば、依頼された企業も制作しやすいです。

ステップ6:ライティング作成

ライティング作成も前提はデザイン作成と似ており、リサーチやペルソナが鍵となります。

分析やペルソナが明確であれば、作る文言の内容も次第と決まってくるからです。

その他のポイントとしては、

  • ユーザーの悩みを指摘する
  • 具体的な数値を入れる
  • 悩みを解決した後の未来を想像させる など

ユーザーの関心を引くことができるテキストを作ることが肝心で、文字だけではわかりにくい箇所はイラストを入れたり、フォントの色やサイズの調整が必要です。

また見出しや構成の作り方も、ユーザーファーストを意識して作りましょう。

文中には共感を得られる表現や言葉が豊富に含まれていると、ゴール達成により近づきます。

最後にユーザーのアクションを一押しする、CVボタンを設置するとより効果的です。

ステップ7:コーディング実装

ここまで来たら、あとはWebサイトにページを公開する「コーディング」を行います。

企業内に行うことができるエンジニアか、制作会社に依頼して作成しましょう。

HTMLやCSSどちらの言語でも大丈夫ですので、依頼前に確認しておきましょう。

LP制作のコーディング(開発)では、

  • LPのURL
  • 問い合わせが来た時に受信するアドレス
  • 問い合わせに返信するメールの文章 など

が必要になります。

また、LPは運用しながらその都度改善していくものなので、修正のしやすさも確認しておく必要があります。

ステップ8:公開・効果測定

コーディングが終われば実際に「公開」です。

ブラウザ&デバイスチェックやサーバーにデータがアクセスできているかなど、完成後はアクセスを維持するためにPDCAを回して、Googleアナリティクスなど分析ツールを使って、効果測定をしながら検証・改善を重ねていきましょう。

WEBサイト制作の流れは、以下の記事でも解説しています。

関連記事

WEBサイトの制作方法を全解説【全体の流れがわかる図解つき】

WEBサイトの制作方法を全解説【全体の流れがわかる図解つき】

Read More

LP制作の流れ|構成(ワイヤーフレーム)の作り方

LP制作の流れ|構成(ワイヤーフレーム)の作り方図解

LP制作における構成(ワイヤーフレーム)の作り方は、次の5ステップです。

  • ステップ1:ファーストビュー
  • ステップ2:ボディコピー|興味関心
  • ステップ3:ボディコピー|エビデンスの提示と説得
  • ステップ4:ボディコピー|信頼の獲得
  • ステップ5:クロージング・アクション導線

ステップ1:ファーストビュー

lp制作の流れ、ファーストビュー

ファーストビューはLPにおいてユーザーが最初に目にする箇所です。

ユーザーは、ファーストビューを見て、「自分が理想の未来を手に入れられる商材なのか?」を無意識的に判断します。

そのため、ファーストビューでしっかりとユーザーにとってのメリットを伝えることが大切です。

そのための要素として次の3つがあります。

キャッチコピー

「どんな悩みを解決できるのか」
「どんな未来が手に入るのか」

キャッチコピーにて商材の魅力を伝えます。

商材の核心をつき、魅力と使用価値を訴求するのがポイントです。

ユーザーを惹きつけ興味や欲求を引き出すことができれば、ユーザーがその後LPを読み進めてくれます。

CTAボタン

CTAボタンは、ユーザーにアクションを促す箇所です。

「⚫️⚫️を購入する」「⚫️⚫️日無料で試す」など、手に入れられる具体的な事柄をボタンに入れ込みましょう。

CTAは、ボタンの配色、大きさでもクリック率が変化するものです。

トンマナを揃えたボタンではなく、あえてトンマナを無視したボタンにしたことでCVRが向上した事例もあります。

メインビジュアル画像

メインビジュアルは、商材を使用することで手に入れられる未来を視覚的に訴求できる要素です。

悩みに訴求するあまり、ユーザーが悩んでいる状況の画像を設置するケースも多いですが、それよりも手に入れられる理想の状況を入れ込む方が効果的です。

ステップ2:ボディコピー|興味関心

lp制作の流れ、ボディコピー|興味関心

ファーストビューに引き込まれたユーザーが、ボディーコピーを見て次のアクションに進むかどうかを決めます。

興味関心をひきつけるためのボディコピーとして次が挙げられます。

ベネフィット

ベネフィットでは、次のことを具体的に伝えます。

  • 商材の特徴
  • ユーザーにもたらす価値

例えば、美容商材の場合にはどんな成分を使っていて、どんな状態へ変化させられるのかを具体的に提示します。

関心喚起

ユーザーがページに訪れた際、彼らが何を求め、どんな疑問を持っているのかを的確に捉え、それに応える情報やコンテンツを提供することが関心喚起の鍵です。

例えば、新しい製品を知らないユーザーには、その製品が解決する問題や、その製品の存在価値を明確に伝えることが必要になります。

ステップ3:ボディコピー|エビデンスの提示と説得

lp制作の流れ、ボディコピー|エビデンスの提示と説得

ユーザーにとって有益な商品であることを証明するエビデンスを提示します。

具体的には、次の要素などを提示して、ユーザーを説得します。

専門性

貴社が商材の分野で専門的な会社であることや、商材の分野での専門家が開発に携わっていることなどをアピールします。

専門家による成分の分析などを掲載できると説得性にもつながります。

また、グラフや図解、研究結果などの画像を用いることでユーザーが理解しやすくなるでしょう。

実績

商材を使用したことで得られた実績、商材で使用している成分の実績なども盛り込みましょう。

ここでも、具体的な画像などを用いることでユーザーからの信頼性が増します。

活用例

「どのような場面で、どのように活用することで、どんな未来を得られるのか」具体的な活用事例を明確に提示しましょう。

具体的には次の通りです。

場面枝毛ばかりのとき
活用例2週間連続で使用する
得られる未来枝毛が⚫️%改善髪がつやつやに生まれ変わる

どんな状況で利用するのが適した商品化を明確にすると、競合の商材と差別化を図れます。

ステップ4:ボディコピー|信頼の獲得

lp制作の流れ、ボディコピー|信頼の獲得

ユーザーからの信頼を獲得するために、他の顧客の評価やレビュー、会社の実績や歴史、専門家の推薦など、第三者の視点からの肯定的な意見やデータを掲載する箇所です。

利用者の声

第三者からの口コミや感想などのコンテンツは、ユーザーが商材を信頼するきっかけとなります。

ただし口コミを挿入する際、商材への感謝の言葉を述べるだけでは具体性に欠けてユーザーを惹きつけることができません。

利用者がどのような未来を得られたのかを提示するために、具体的な数値を盛り込むことが大切です。

  • 髪の水分率が⚫️%UP
  • 枝毛が⚫️%から⚫️%に

上記のように数値を盛り込んだ内容としましょう。

専門家や著名人によるおすすめ

その分野での専門家が商材をおすすめするコンテンツを入れることも信頼性の獲得につながります。

また、おすすめするだけでなく「専門家も使用していて、これほどの結果が出た」という感想を入れ込めたらさらに良いでしょう。

その際も具体的な数値を盛り込んだコンテンツを意識してみてください。

料金やサービス内容、効果などの比較表

競合他社と自社商材の料金、サービス内容、効果についての比較一覧表を盛り込むことも信頼性の獲得につながります。

商材の優位性もアピールできるため、⚫️を重視するなら貴社の商材と印象付けることができます。

よくある質問を盛り込む

商材を検討する際にユーザーが抱える懸念点や疑問点は、よくある質問のコンテンツを用意して解消します。

ユーザーが抱えている不安要素を排除することにより、信頼性がアップして問い合わせにつながります。

ステップ5:クロージング・アクション導線

lp制作の流れ、クロージング・アクション導線

クロージング、アクション導線は、ユーザーがサイト内で迷わず、そしてスムーズに目的のアクション(購入、登録、問い合わせなど)を達成できるようにするための箇所です。

CTAボタンの色やサイズ、配置場所の工夫や、情報の提示の仕方やページの構成、そしてスクロールのしやすさなど、ユーザーが快適に情報を受け取りながら進むためのデザインや配置が求められます。

単にデザインの問題ではなく、ユーザーの心理や行動を理解することに基づいた戦略的な取り組みであり、最終的にはビジネスの成果に直結する重要な要素です。

LPの制作手段

lp制作の流れ、LPの制作手段

ここまでLP制作の流れを説明しましたが、次に制作する手段について説明します。

LP制作には主に下記の3つの手段があります。

  • 自社制作
  • フリーランスに依頼
  • WEB制作会社に依頼

これらについて、1つずつ詳しく解説していきます。

自社制作

最初に自社制作の特徴を紹介します。

  • 予算=社内次第
  • メリット
    ・予算がかからない

・自社ビジネスへの理解が深い

  • デメリット
    ・WEBのマーケティングに詳しくない

・自社内の思考や視点にとらわれている可能性がある

メリットとしては、大きな予算がかからないことや自社ビジネスの理解が深いことがあげられます。

一方で、WEBマーケティングの知識が乏しかったり、業界や自社の思考にとらわれて解決策を出せない場合もあります。

そういった場合は、対応できない箇所だけ外注する方法もあるので覚えておいてください。

StockSunでは、上記のマーケティングの課題を解決するために、ノーコードを使ったLP制作とマーケティング支援を行うサービス「マキトルくん」を運営中です。

  • マーケティング予算を安くおさえたい方
  • 広告のコンバージョンの改善を考えている方
  • スタートアップでテストマーケティングを考えている方

など、予算を押さえたい方や適切なマーケティング施策をうちたい方のためのサービスです。

lp制作の流れ、Webマーケティング支援マキトルくん

無料のWEB診断や無料相談も行っているので、是非ご覧ください。

フリーランスに依頼

次はフリーランスに依頼した場合です。

フリーランスに依頼した場合は、一般的に下記のような特徴があります。

  • 予算=数万円~30万円
  • メリット
    ・安価でLPが作れる
    ・簡単なLP制作なら短期間で納品できる
  • デメリット
    ・テンプレートなデザインしかない
    ・競合調査などマーケティングやリサーチができない
    ・原稿や素材を自分で用意することがある
    ・公開後の改善サポートがない

・方向性の違いが起きやすい

まとめると、安価でスピード感のある対応がメリットですが、できることが限られているというデメリットがあると言えます。

WEB制作会社に依頼

WEB制作会社に依頼した場合は、下記のような特徴があります。

  • 予算=10万円~
  • メリット
    ・戦略や構成のサポートがある
    ・デザインの自由度が高い
    ・競合調査などマーケティングやリサーチも行ってもらえる

・原稿の制作も依頼できる

・公開後の改善にも対応している

  • デメリット
    ・予算によっては自社で用意する必要がある

・納期に時間がかかる

・予算がかかる

WEB制作会社の場合は、ノウハウや人材がストックされているので、個人や自社にはできない強みがあります。

一方で、クオリティが高い分予算や納期がかかってしまうことがデメリットととしてあげられます。

制作手段の予算・メリット・デメリット まとめ

制作手段の予算・メリット・デメリットをまとめると下記の表になります。

制作手段予算相場メリットデメリット
自社制作社内次第・予算がかからない・自社ビジネスへの理解が深い・WEBのマーケティングに詳しくない・自社内の思考にとらわれている可能性がある
フリーランスに依頼予算=数万円~30万円・安価でLPが作れる・簡単なLP制作なら短期間で納品できる・テンプレートなデザインしかない・競合調査などマーケティングやリサーチができない・原稿や素材を自分で用意することがある・公開後の改善サポートがない
WEB制作会社に依頼予算=10万円~60万円以上・戦略や構成のサポートがある・デザインの自由度が高い・競合調査などマーケティングやリサーチも行ってもらえる・原稿の制作も依頼できる・公開後の改善にも対応している・予算によっては自社で素材などを用意する必要がある・納期に時間がかかる・予算がかかる

LPは自社の状況や外注先の特徴を踏まえた上で、制作しましょう。

さらに詳細に相場を知りたい場合は、下記の記事をご覧ください。

LP制作にかかる費用相場と依頼する会社の選び方を解説【売上倍増!StockSun式LP制作外注の成功戦術】

LPを制作するときの注意点

レスポンシブ対応で制作する

LPを制作する際、レスポンシブ対応にすることは必須条件といえます。

レシポンシブ対応とは、スマホ、PC、タブレットなど、ユーザーがさまざまなデバイスから閲覧したとき、そのデバイスに合わせて適宜ページのレイアウトが最適化されるもの。

LP制作の流れにおけるれ子本支部対応の重要性がわかる調査

MMD研究所が10~50代の男女に実施したアンケート調査によると、ネットショッピングの際、ユーザーはさまざまなデバイスを用いていることがわかります。

出典:「2015年版:スマートフォン利用者実態調査

特定のデバイスを利用したときにLPが崩れていたり、表示が不自然だったりすると、それだけでユーザーは商材への信頼性に不信感を持ちます。

機会損失となってしまうため、レスポンシブ対応のLPを制作しましょう。

自社が伝えたいことよりユーザーが知りたいことを重視する

ユーザーのニーズを深掘り、ユーザーが知りたいことを提供したLPを制作しましょう。

自社が伝えたいことと、本来ユーザーが知りたいことにズレが生じている可能性もあります。

ユーザーにとって知りたいことが提示されていないと、ユーザーは商材へ魅力を感じずCVに繋げることは難しいです。

ユーザーが知りたいことを盛り込むためには、「リサーチ」「ペルソナの策定や訴求軸を決める」などの分析が欠かせません。

公開後のPDCAを回すことが重要

LPを制作しただけで売上を伸ばしていくことは難しいです。

LPを公開し、運用後にユーザーの行動や数値分析を実施し、改善施策の考案と実行を重ねていくことで、ようやく成果が生まれるものです。

A/Bテストなどを取り入れながら、成果の生まれるLPでブラッシュアップしていくことが大切です。

CV率を向上させるためのLPOは、次の記事で解説しています。

関連記事

LPO対策とは?SEO・EFO・CROとの違い、対策のポイントを解説【広告予算50%削減のマーケターが解説】

LPO対策とは?SEO・EFO・CROとの違い、対策のポイントを解説【広告予算50%削減のマーケターが解説】

Read More

問い合わせが5倍になったStockSunの成功事例

lp制作の流れ、StockSunの成功事例

ここからは実際に、StockSunで成果の合った事例を5つ紹介していきます。

再現性のある事例もあるので、ぜひ参考にしてください。

なお、今から紹介する内容は下記の動画でも解説していますので、あわせて参照ください。

 

申込数が1.2%向上した口コミ改善の事例

lp制作の流れ、申込数が1.2%向上した口コミ改善の事例

申込数が1.2%向上した塾の事例です。

この事例では、これまでなかった定量的な数値をLPに入れたことです。

具体的にはある大学合格者の口コミを「慶應大学経済学部合格」から「偏差値が20.5UP」したという内容に変更したことで、ユーザーから反応されるLPになりました。

クリック率が3%上がったボタンのデザイン変更の事例

lp制作の流れ、クリック率が3%上がったボタンのデザイン変更の事例

この事例は、ボタンの色を変えてクリック率が3%向上したものです。

今までのLP内のボタンが背景と同色であり、問い合わせにつながる重要なボタンが目立っていませんでした。

そのため、LP上で目立つ色に変更し、クリック率の向上に成功しました。

自身のLPのデザインを考慮したボタン色を考えることが非常に重要です。

問い合わせが0.7%向上したフォーム改善の事例

lp制作の流れ、問い合わせが0.7%向上したフォーム改善の事例

次の事例はフォーム改善の事例です。

この事例では、フォームの住所入力に郵便番号をいれると自動的に住所が追加される機能を追加した例です。

ユーザーの面倒な作業を自動化した結果、問い合わせを0.7%向上させることに成功しました。

StockSunがLP制作で結果を出せる5つの理由

StockSunでは、これまでの数多くの制作案件で結果を残してきましたが、それはStockSunの考え方である「LP制作のポイント」があるからです。

下記では、StockSunがこれまで結果を出すことができたLP制作で大事な5つのポイントについて、紹介していきます。

  • 成果に直結するヒアリング
  • 3C分析による徹底したリサーチ
  • 細部まで設計されたワイヤーフレーム
  • 理想的なデザイン
  • クライアント様に合わせた制作費用

なお、動画でも解説していますので、あわせてご参照ください。

成果に直結するヒアリング

StockSunではLP制作の際に、ヒアリングを重要視しています。

特に「流入元はどこからか」に注目しています。

LPの流入経路はSNSや広告などさまざまですが、その経路によってユーザーの属性が潜在層なのか・顕在層なのか、変わってきます。

たとえば、SNSやディスプレイ広告ではなんとなく広告をクリックした潜在層である可能性が高いです。

そんなユーザーの離脱を防ぐためにも、それぞれの属性にあったLP制作が重要です。

そのため、クライアント様が想定・把握している流入元を確認するためのヒアリングを重視しています。

3C分析による徹底したリサーチ

StockSunではリサーチの手法として、3C分析を活用しています。

3Cとは、「Customer:市場・顧客」・「 Competitor:競合」・「Company:自社」の頭文字を取った略語のことです。

StockSunでは、3C分析で競合やユーザーの調査をした結果をもとに、問い合わせにつながるLP制作を行っています。

たとえば、大手の塾であれば「競合の塾より優れているサービスはなにか」・「自身の塾に通えるユーザーはなにを求めているか」を分析し、LPの要素に盛り込めるようにします。

細部まで設計されたワイヤーフレーム

3C分析でリサーチが済んだ後に、LPの構成であるワイヤーフレームを作成します。

ここまで綿密に調査をしているので、制作期間の約半分が過ぎていることが多いです。

ここまで積み上げてきた調査を元にベネフィットを意識して、問い合わせに直結できるようなフレームを作成していきます。

理想的なデザイン

ここまできたら後はデザインです。

StockSunでは、参考サイトを下敷きにデザインを制作していきます。

その際、LPやWEBサイト・メディアをまとめているページがあるので、もちろん要望をお聞きしながら、基本的にはこちらから提案をさせていただきます。

というのも、クライアント様にすべて一任をするとStockSun側で判断軸をくみ取る事ができずに制作後にミスマッチが起こる可能性があるからです。

そのため、ヒアリングを重ねながら、目的に適切なサイト例を紹介させていただきます。

予算に合わせた制作費用

LPは制作の内容によって、予算が大きく変わってきます。

そこでStockSunでは、”制作するLPの規模感”で予算を決定し、最適な制作プランを提示させていただきます。

「コストをおさえつつLP制作したい」

「コンサルや制作後の改善も相談しながら制作を進めたい」

下記のお申込みから山口までお問い合わせいただければ、貴社の悩みや経営状況に合わせて最適な施策と費用感をご提案いたします。

LP制作のコンサルティングはもちろん、貴社の商材・課題に合わせたマーケティング施策や具体的な施策案・改善案のご提示を行っております。

ぜひ一度現状の課題をご相談ください。

人物

山口指名なら
無料改善診断実施中

問い合わせフォームに山口指名

毎月10社限定 今すぐ相談する

LP制作の流れについてよくある質問

LP制作の工程は?

LP制作の全工程は、次の8ステップです。

  • ステップ1:LP制作の目的を決める
  • ステップ2:リサーチを行う
  • ステップ3:ペルソナや訴求軸を決める
  • ステップ4:LPの構成を決める(ワイヤーフレーム作成)
  • ステップ5:デザイン作成
  • ステップ6:ライティング作成
  • ステップ7:コーディング実装
  • ステップ8:公開・効果測定

それぞれのステップで実施する作業は、本記事のLP制作の流れ|8つの基本ステップにて解説しています。

LP制作の構成の仕方は?

LP制作の構成は、次の5ステップを踏んで制作します。

  • ステップ1:ファーストビュー
  • ステップ2:ボディコピー|興味関心
  • ステップ3:ボディコピー|エビデンスの提示と説得
  • ステップ4:ボディコピー|信頼の獲得
  • ステップ5:クロージング・アクション導線

各ステップで実施することは、LP制作の流れ|構成(ワイヤーフレーム)の作り方にて解説しています。

LPを作るのに何時間かかりますか?

LPは、成果の生まれる作り込んだものを制作する場合には、4ヶ月〜6ヶ月程度かかります。

1ヶ月程度の短納期で引き受ける会社もありますが、土台となる戦略設計が実施されていなかったり、テンプレートを使用したLPとなるケースがほとんどです。

かかる期間の詳細は、以下の記事を参考にしてください。

関連記事

LP制作にかかる期間は?【依頼範囲・依頼先別に費用相場も紹介】

LP制作にかかる期間は?【依頼範囲・依頼先別に費用相場も紹介】

Read More

LPは流れを理解した上で自社の状況に合った制作を

LP制作は制作工程と同様に自社の状況に合った制作ができると、予算やタイムパフォーマスを最適化できます。

ちなみにStockSunは、LP制作や、広告出稿の運用、改善施策の提案から実行までさまざまな業種で対応してきた実績があります。

「デザインにこだわることはもちろんだが、利益につながるような戦略を立ててLPを制作してほしい」

「LP制作だけでなくその後の広告出稿や改善施策の実行まですべて対応してほしい」

このようにお悩みの場合は、StockSun山口までお任せください。

顧客心理や行動から逆算したロジカルなサイト設計を得意としており、

  • 支援開始から1週間でCVR170%向上
  • CPA59%ダウン

を達成。

制作だけでなく、その他のマーケティング施策も対応可能です。

下記のお申込みから山口までお問い合わせいただければ、弊社サービスの無料お試しを実施しております。

LP制作のコンサルティングはもちろん、貴社の商材・課題に合わせたマーケティング施策や具体的な施策案・改善案のご提示を行っております。

ぜひ見積もり請求だけでも、一度ご相談ください。

人物

山口指名なら
無料改善診断実施中

問い合わせフォームに山口指名

毎月10社限定 今すぐ相談する


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。