メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

リスティング広告運用の外注はフリーランスvs代理店どちらが良い?【広告運用で売上20倍達成のプロが解説】

リスティング広告は、インターネット上でビジネスを展開する企業にとって欠かせないマーケティング手法です。
しかし、リスティング広告の運用は複雑なターゲティングや分析、クリエイティブ制作など専門的な知識が必要なため、外部の専門家に依頼することが一般的です。

そこで、リスティング広告運用を外注する際に、フリーランスと代理店のどちらが適しているのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

本記事では、リスティング広告運用を外注する際のそれぞれのメリット・デメリットや、考慮すべきポイントについて解説します

さらにフリーランスを選ぶ際に優秀な人材を見分ける方法も解説しています

ちなみにStockSunでは、格安で優秀な広告運用者に依頼したい企業様向けに『マキトルくん』というサービスを運営しています

「リスティング広告の運用を外注したいがお金がない…。優秀なマーケターにとにかく安く依頼をしたい!」

その場合は、StockSunの新サービス『マキトルくん』がおすすめです!

・貴社の目的に合わせ専属のWebマーケティングチームを組みます!効率的かつスピーディーにWebマーケティングの施策を実行!
・【月5万円のトライアルプランあり】月額定額制!優秀なWebマーケティングチームに格安で依頼可能!


StockSunの新サービス『マキトルくん』では、貴社に適した最適施策をご提案し、知見豊富なプロ人材が施策を実行します。
リスティング広告の運用だけでなく、さまざまなWebマーケティングの施策提案と実行支援に対応しております。

限られた予算の中で売上を短期間で伸ばしたいときや、Web周りのマーケティングを知見豊富なプロに丸投げしたいときはぜひご活用ください。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。

目次

リスティング広告の運用を依頼する際の費用相場【フリーランスと代理店を比較】

リスティング広告の運用を外注したときの費用相場を解説します。

リスティング広告だけでなく、その他Web広告の運用を外注した際にかかる費用相場も合わせて掲載しているため、ご参考になさってください。

ちなみに手数料を比較しています。こちらで紹介する費用に加えて広告費がかかることも押さえておきましょう。

フリーランスと広告代理店の手数料の費用相場を比較すると次の通りです。

【フリーランスに広告運用を発注した際の手数料相場】

広告名 費用相場
リスティング広告 時給2,000円程度~
ディスプレイ広告 時給1,200円程度~
SNS広告 時給2,000円程度~
動画広告
時給2,000円程度~

※クラウドソーシングにおける最低単価のため参考値です。
※能力の高いフリーランスのWebマーケターに依頼する場合、時給5,000円〜10,000円が想定されます。
※時給ではなく毎月15,000円〜などの固定単価で契約できる場合もあります。

【広告代理店に広告運用を発注した際の手数料相場】

広告名 費用相場
リスティング広告 広告運用費の20%〜
ディスプレイ広告 広告運用費の15〜20%
SNS広告 広告運用費の10〜20%
動画広告
広告運用費の20%

※代理店によっては、広告費100万円以下の少額案件は対応不可のケースもあります。
※運用費100万円以下の場合、手数料とは別に固定報酬「5〜10万円」が必要なケースもあります。

上記をまとめると、リスティング広告の運用代行にかかる費用では、手数料の費用相場の他に次の点も押さえておくべきポイントです。

フリーランス ・広告費の縛りなし
広告代理店 ・広告費100万円以下の少額案件は依頼できない場合もある
・少額案件の場合は別途5〜10万円の費用がかかる

関連記事

リスティング広告とは?運用を代行するにあたってのポイントやおすすめ代行会社を紹介

リスティング広告とは?運用を代行するにあたってのポイントやおすすめ代行会社を紹介

Read More

リスティング広告の運用代行利用を検討されている際は、以下記事も合わせてご確認ください。

関連記事

リスティング広告とは?運用を代行するにあたってのポイントやおすすめ代行会社を紹介

リスティング広告とは?運用を代行するにあたってのポイントやおすすめ代行会社を紹介

Read More

リスティング広告の運用をフリーランスに依頼するメリット

リスティング広告の運用をフリーランスに依頼した際のメリットを解説します。

主に次の7つのメリットがあります。

・安い費用でリスティング広告を運用できる
・土日も動けるため対応のスピードが早い
・コミュニケーションが円滑に進む
・担当者を選べる
・担当変更がない
・契約の縛りがない
・成果にフルコミットしてくれる

安い費用でリスティング広告を運用できる

一つ目のメリットは、安い費用でリスティング広告を運用できる点です。

フリーランスに依頼すると費用が安く済む理由は、次の2つです。

・月々の広告費を自由に設定できる
・手数料の安いフリーランスを選べる

代理店の場合、広告費の約20%を手数料として支払います。そのため「月の広告費は100万円以上から」と、広告費に縛りがあることもあります。

一方フリーランスの場合、月々の広告費を自由に設定できる場合が多いです。貴社の経営状況に合わせて少額運用が可能なため、運用にかける費用を抑えられます。

また、手数料もフリーランスによってさまざまです。安く請け負ってくれるフリーランスならば、次の低価格で依頼できます。

・時給2,000円〜
・月額15,000円〜

※クラウドソーシングにおける参考価格です。

上記を踏まえると、広告運用にかかる全体的なコストを最小限に抑えることができるのは、フリーランスに依頼するメリットです。

土日も動けるため対応のスピードが早い

フリーランスは、土日も動けるため、対応のスピードが早いこともメリットです。

代理店の場合、土日は営業日外のため、稼働してもらえない場合もあります。

フリーランスは会社組織ではないため休日でも稼働が可能です。緊急で依頼したい場合、土日や祝日であっても稼働してもらえる可能性があります。

コミュニケーションが円滑に進む

フリーランスは、コミュニケーションが円滑に進むこともメリットです。

コミュニケーションが円滑に進む理由は次の2つにあります。

・就業時間がないためいつでも対応可能
・「担当者=支援実行者」のため回答までにタイムラグが発生しない

フリーランスには、就業時間の規則がありません。フリーランスが連絡を確認した段階で返信をもらうことができます。

さらに、フリーランスの場合は「担当者=支援実行者」のため、運用状況の確認をした際の回答もすぐにもらえます。

広告代理店の場合、窓口の担当者と実行支援の担当者が異なるケースも多いです。
窓口担当者が状況を把握していないときには、実行支援の担当者に確認の工程が発生します。そのため連絡してから、実際の回答をもらえるまでタイムラグがあります。

タイムラグなくコミュニケーションをとれるのはフリーランスに依頼したときの大きなメリットでしょう。

担当者を選べる

担当者を自分で選べることもフリーランスならではのメリットです。

代理店の場合は、担当者を自分で選ぶことができません。

たとえば代理店では、提案時の営業担当者の印象が良くても、実際の実行支援の担当者が異なる場合もあります

そのため、提案で伺っていた支援内容と相違が出るリスクもあるのです。

その点フリーランスは、実行支援の担当者を自分で選べるため、安心して依頼ができます。

担当変更がない

フリーランスの場合、支援の途中で担当者が変更になることはありません

広告代理店は会社組織のため、社内政治という変数も想定する必要があります。

たとえば、広告代理店に依頼をして、エース級の人材が案件に携わっていたものの、社内政治によって担当者が変更になることも考えられます。

その場合、一定期間は前任の担当者と同じ質を求めることは難しいでしょう。

上記を踏まえると、担当変更がなく同じ人材に安定して依頼できるのはフリーランスに依頼をするメリットです。

契約期間に縛りがない

フリーランスには、契約期間に縛りがないこともメリットです。
成果が出なかった場合には、フリーランスを変更したり、案件を停止したりして、リスクを抑えて運用できます。

広告代理店の場合は、半年〜1年など、契約期間に縛りを設けていることが多いです。

営業担当者からの提案と実際の実行支援の内容に相違があった場合も、契約終了まで広告運用を続けなくてはなりません。
思ったような成果が出なかった場合には、経営が傾いてしまうこともあります。

契約期間に縛りがないことは、リスクの軽減につながるため大きなメリットでしょう。

成果にフルコミットしてくれる

フリーランスのほとんどは成果にフルコミットしてくれます。

フリーランスは、いつでも契約解除される立場です。毎月の給料が保証されていないため、契約を解除されないよう成果を上げるために必死に稼働します。

もちろん代理店の社員も、貴社の利益を第一に考え支援を実行します。しかし、さまざまなプロジェクトを抱えている場合は、1つのプロジェクトにかけられる時間が限られます。

その点フリーランスは自分の裁量で案件にかける時間を決められるため、成果を出せるように十分な時間を捻出することが可能です。

フリーランスは、成果にフルコミットしやすい環境にあることも依頼するときの大きなメリットです。

リスティング広告の運用をフリーランスに依頼するデメリット

フリーランスに広告の運用を依頼するのはメリットが多い一方で、当然デメリットも存在します。
特に次の2つがデメリットとして挙げられます。

・対応できる範囲が限られる
・案件の途中で連絡が取れなくなるリスクもある

デメリットも知ったうえで、発注を検討しましょう。

また、広告運用の失敗事例もあわせてご確認ください。

関連記事

広告の失敗事例【企業が陥りがちな7つのミスと効果的な対策方法】

広告の失敗事例【企業が陥りがちな7つのミスと効果的な対策方法】

Read More

対応できる範囲が限られる

一人で活動しているフリーランスは、スキル以上のことを求められても対応できません

フリーランスには明確にできることとできないことがあります。

Webマーケティングにおける全ての支援を依頼することは難しいと想定しておきましょう。

たとえば、案件の途中で「リスティング広告と一緒にInstagram広告も運用して欲しい」と依頼をしても、運用した経験がない場合は対応できません。

そのため、さまざまなWeb広告を使った案件の場合、対応が難しいこともあります。

案件の途中で連絡が取れなくなるリスクもある

フリーランスは「飛ぶ」リスクがあることも想定しておかなくてはなりません

不誠実なフリーランスの場合、突然前触れもなく連絡が途切れることもあります。

たとえば、週次報告が遅れていたことから、状況を確認しようと連絡したものの、そのまま連絡が途絶えてしまうようなケースもよくあります。

突然連絡がつかなくなると、プロジェクトのリスケやリプレイスのための時間的コスト、引き継ぎの手間などが発生してしまいます。

優秀で信頼できるフリーランスに格安でリスティング広告の運用を依頼したい場合は、StockSunの新サービスマキトルくんをご検討ください!

月額5万円〜の定額プランを用意しております。また、チームメンバーはフリーランス2,000人の中から、上位20%の優秀なフリーランスだけをStockSunが厳選しています。

リスティング広告の運用を広告代理店に依頼するメリット

リスティング広告の運用を広告代理店に依頼したときのメリットを解説します。広告代理店には次の2つの強みがあります。

・実績や事例が豊富
・質と量を担保できる

それぞれ確認していきましょう。

実績や事例が豊富

広告代理店では、集合知や実績が豊富に蓄積されています

さまざまな社員の知見を生かして支援するため、高い費用対効果を得られる可能性が高いでしょう。

また、会社規模でさまざまな業種や商材を支援しているからこそ、過去に貴社の商材と似た案件に対応したことがある可能性もあります。

その場合は成功したときのノウハウを生かしながら支援してもらえるため安心して任せられます。

さまざまな案件に携わり、ノウハウと実績が蓄積されていることはメリットでしょう。

質と量を担保できる

広告代理店は、実行支援の質と量が担保されていることもメリットです。

複数の社員がチームで動き、シナジー効果を発揮することで、安定した納期と品質が担保されています

フリーランスの場合、スケジューリングが苦手な方に発注してしまうと納期の乱れが発生したり、品質にブレが生じたりすることもあります。

広告代理店では、複数の社員がプロジェクトのスケジュールを管理しているため、安定した納期と質が担保されています。

リスティング広告の運用を広告代理店に依頼するデメリット【StockSunのプロが解説】

リスティング広告の運用を代理店に依頼したときのデメリットを解説します。主に次の2つがデメリットとして挙げられます。

・手数料の関係から最低発注金額が大きくなる
・担当者によって品質の差が大きい

それぞれ確認していきましょう。

手数料の関係から最低発注金額が大きくなる

代理店では、広告運用の手数料として、広告費の20%程度が徴収されます

しかも広告費は100万円以上と縛りがあることも多いです。

100万円以下の少額運用の場合は、手数料とは別に「5〜10万円」程度の固定報酬が設定されていることもあります。

具体的な数値で手数料と運用費を確認すると次のとおりです。

<広告費100万円以下のとき10万円の固定報酬がかかるケース>

広告費 手数料(20%) 固定報酬 広告運用を代行するときにかかる総額
100万円 20万円 0円 120万円
50万円 10万円 10万円 70万円

担当者によって品質の差が大きい

広告代理店は、担当者によって品質の差が大きいこともデメリットです。

広告代理店では、担当者を指名して選ぶことができません。

特に少額で発注した場合には、新人がアサインされてしまうこともあります。

少額で依頼する場合には、優秀な人材に担当してもらえない可能性があることは押さえておきましょう。

リスティング広告の運用を依頼するフリーランスの選び方

リスティング広告の運用を依頼するフリーランスを選ぶ際のポイントを解説します。

フリーランスから提案を受けた際、次の5つを確認しておくと、優秀な人材かどうかを見分けることが可能です。

・貴社のビジネスを理解しているか
・クリエイティブの提案までできるか
・分析・改善ができるか
・実績や事例を公開しているか
・口コミなど第三者による評価が良いか

確認する際に見るべきポイントを解説します。

また、こちらで紹介するポイントは、以下の動画でも詳しく解説しています。合わせてご確認ください。

貴社のビジネスを理解しているか確認する

貴社のビジネスを根本から理解してくれる人材か確認しましょう。

貴社のビジネスや商材を理解していないと、訴求方法やターゲットが適切でないため広告を運用しても十分な効果を得られません。

貴社のビジネスを根本から理解できるフリーランスは、具体的に次のことを実行しています。

・貴社の事業や商材を競合他社と比較し、強みを分析している
・商材とビジネスを理解したうえで、商材のターゲットが持つ顕在ニーズから潜在ニーズまでを分析している
・ターゲットのニーズからわかる訴求軸をすべて洗い出したうえで、訴求方法の選定をしている

フリーランスと面談をする際、フリーランスが上記の工程を実行しているか確認しましょう。

あわせて、これらの工程を通した上で本当にリスティング広告が最適な方法なのかを判断してくれるくらい親身になってくれるフリーランスを選ぶようにしましょう。

ターゲットのニーズに刺さる広告を出稿するうえで大切なポイントです。

クリエイティブの提案までできるか確認する

クリエイティブの戦略設計もできるかを確認しましょう。

広告のクリエイティブとは、広告を掲載するために作成した素材全般のことを指します。具体的には、Web広告では次のものが当てはまります。

・広告文(キャッチコピー)
・バナー画像
・広告の動画

上記は、ユーザーの目に最初に触れる部分です。ユーザーに訴求する大切な箇所となるため、戦略設計ができるフリーランスを選ばなくてはなりません

戦略設計できるか見分けるためには、カスタマージャーニーマップを作成し、ターゲットとターゲットのニーズを明確化したうえでクリエイティブを提案しているフリーランスならば安心です。

ちなみに、リスティング広告のクリック先として、専用に作ったLPもクリエイティブに含まれます

LPは、広告をクリックしてきたユーザーを商材の購入につなげるための大切な要素です。

LP制作やLPの改善まで検討している場合は、LPの動線設計や、CTA部分の提案までできるフリーランスを選定しましょう。

また、LPの制作と改善も視野に入れている場合は、デザイナーやエンジニアを抱えているフリーランスがおすすめです。

自分でデザイナーやエンジニアを探す手間を省くことができます。

分析・改善ができるか確認する

データの分析をおこない、改善施策を提案・実行できる、PDCAサイクルを回せるフリーランスかを確認することも大切です。

なぜならPDCAサイクルを回すことで、目標と目標達成のためのアクションが明確になるためです。

さらに、上記が明確化されることにより適切な改善施策を打てるため、より費用対効果の高い状態でリスティング広告を運用できます。

具体的には、次の流れでPDCAサイクルを回します。

Plan 運用データから問題を特定し問題改善のための施策を検討
→たとえばコンバージョン数が少ない場合には、なぜかを分析しコンバージョン数を高めるための施策を検討する
Do 検討した施策を実行する
Check 再度運用したデータを分析し、問題が解決されたか確認
さらなる改善施策の検討
Action 再度改善施策を実行する

分析や改善の対応ができるフリーランスかを見極めるためには、顧客獲得単価を下げた実績があるかなど確認してみると良いでしょう。

さらに以前貴社で運用していたデータがあれば、データを分析し、具体的な改善施策を提案してくれるフリーランスだと信頼できます。

実績や事例を公開しているかを確認する

フリーランスの実績や事例が公開されているかを確認することも大切です。

貴社と類似する商材や課題を抱えた企業を支援した事例を中心に確認しましょう。

なぜなら、貴社が依頼した場合に、どのような成果が得られるのか、具体的に推測しやすくなるためです。

類似する商材と業界を支援し、利益につなげた実績があれば安心して依頼ができます。

また、リスティング広告を出す上でエリアの選定やオーディエンスの選定も非常に重要です。これらの類似実績があると、イメージが湧きやすくなります。

サポート体制の確認をする

依頼していたフリーランスに何かあった時や急遽連絡が取れなくなってしまった時にどういう対応をしてくれるのかという事も事前に確認しておきましょう。

一般的にフリーランスだと、絶対的な信頼を持てずに心配してしまう事もあります。

一方でどこかの会社に所属している場合は、何か起こった場合もバックの会社からサポートが受けられるので安心な事が多いです。

又、例えば不満が出てきて直接言いづらいという場合も、会社を通す事でフィードバックを伝えやすく、反映してもらい安いので安心です。

口コミなど第三者による評価が良いかを確認する

口コミや評判など第三者評価も確認するとより安心できます。

実績や事例は多少盛っても外からは分かりにくい側面があるためです。

特に、マーケターの能力が担保されていないクラウドソーシングから依頼する場合には、第三者からの評価は必ず確認すべき項目です。

利用者によるコメントを1つ1つ確認し、信頼できる人物かを見極めましょう。

優秀で信頼できるフリーランスに格安でリスティング広告の運用を依頼したい場合は、StockSunの新サービスマキトルくんをご検討ください!

月額5万円〜の定額プランを用意しております。また、チームメンバーはフリーランス2,000人の中から、上位20%の優秀なフリーランスだけをStockSunが厳選しています。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

リスティング広告の運用をフリーランスに依頼する際の手順

リスティング広告の運用をフリーランスに依頼するときの手順を解説します。

フリーランスを探して選定する

まずは貴社の要望に対応できるフリーランスを探します。

目星をつけたフリーランスとは必ず面談をしましょう。面談で実際に話すことにより、フリーランスの能力や人柄を知ることができます。

誠実な人物かを見分けることも可能です。面談の際は必ず以下の点を確認しましょう

・費用感
・リソース状況や納期
・自社で想定している範囲を対応してもらえるか
・戦略設計や施策を検討する力はあるか

上記を確認したうえでフリーランスを選定しましょう。

フリーランスと打ち合わせをする

フリーランスと契約したら施策を考案してもらうために打ち合わせをします。

最適な施策を打ち出してもらうために、打ち合わせではフリーランスに次のことを伝えます

・リスティング広告を運用する目的
・ターゲットに訴求したい内容
・ターゲットとなるユーザーやペルソナ
・広告にかけられる予算
・広告をクリックした先のURL
・配信を開始したい予定日時
・売上の目標値
・顧客獲得単価と広告費用対効果の目標値

上記を伝えておくことでフリーランスとの間に認識の相違がなくなります。

最適な施策を検討してもらうため、要望は具体的に伝えることが大切です。

商材のターゲットと施策が合致しているか確認する

打ち合わせを終えたら、フリーランスから提案された施策内容を確認します。

KWや広告の原稿などが貴社のターゲットと合致しているかを確認しましょう。

リスティング広告の配信をスタートする

ここまでの準備段階が終わったら、配信をスタートします。

配信初日には問題がないかを管理画面を見ながらチェックしましょう。

運用報告を受け方向性や新たな目標をフリーランスと一緒に決める

運用開始後には、フリーランスから定期的に運用の実績や改善提案などの報告を受けましょう。

具体的な申し込み数、購入数、顧客獲得単価、広告費用対効果が、事前に設定したKPIを達成しているか確認します。

その後フリーランスと一緒に新たな目標を決定したり、改善施策を検討したりしてPDCAを回しましょう。

リスティング広告の運用をフリーランスに外注するならStockSunの『マキトルくん』がおすすめ【優秀なフリーランスのチームによる実行支援】

StockSunでは、優秀なフリーランスが貴社専用のチームを作り、格安でリスティング広告の運用を代行する『マキトルくん』をご用意しています。

「リスティング広告を運用したいがリソースが足りず手が回らない…優秀な人材に依頼したい!」
「リスティング広告の運用は外注したいがお金がない…安く依頼したい!」

マキトルくんはそのような悩みをマルっと解決するサービスです!

ここからは、StockSunの新サービス『マキトルくん』をご紹介します。

マキトルくんのサービス内容

マキトルくんとは、優秀なWebマーケターに格安でWebマーケティングを依頼できる月額定額制のサービスです。

フロントディレクターが貴社の悩みやご依頼内容をヒアリングし、適切なフリーランスのWebマーケターをアサインします。

貴社専用のマーケティングチームを作り、支援を実行するサービスです。

しかもアサインするWebマーケターは、上位20%の優秀なフリーランスを選定しています。

「費用が割高になるのではないか?」と思われるかもしれませんが、月額5万円〜の定額プランを用意しているため、経営状況に合わせてご利用いただくことが可能です。

またマキトルくんではリスティング広告だけでなくあらゆるWeb広告周りの業務に対応しています。

実例をお伝えすると以下のとおりです。

・リスティング広告運用
・Instagram広告運用
・Facebook広告運用
・動画広告作成
・バナー作成
・アクセスレポート作成
・LP(ランディングページ)の最適化

リスティング広告を運用していき、「SNSも運用して集客したい」「自社サイトにコンテンツを投下してSEO対策したい」と新たな集客施策を打ち出したい場合にもすぐにご対応いたします。

Webマーケティング周りの業務は、施策立案から実行支援までをマルっとお引き受けいたします。

マキトルくんの料金プラン

プラン名 料金 月間稼働時間 支援の実施例
ライトプラン 10万円 15時間

・CVR改善

・SEO内部対策

・UI/UX改善

・リスティング広告運用

・Facebook広告運用

・Instagram広告運用

・バナー作成

・動画広告作成

・アクセスレポート作成

スタンダードプラン 20万円 35時間 ライトプランに加えて

・Googleアナリティクス設定

・各種レポート作成

プレミアムプラン 30万円 60時間 スタンダードプランに加えて

・Webサイト保守運用全般

・LINE公式運用全般

※初期費用10万円別途必要

一度利用してみて、稼働時間が合わない場合は、適宜プランを変更していただくこともできます

また、今なら初月限定5万円のトライアルプランもご用意しております。以下よりお気軽にご連絡ください。

マキトルくんの申し込みから依頼までの手順

マキトルくんの申込みから依頼までの手順をまとめると以下のとおりです。

問い合わせ 問い合わせフォームよりお問い合わせください。
サービスの資料をお送りいたします。
打ち合わせ 事業課題や集客施策の悩みをフロントディレクターがヒアリングいたします。
支援させていただくWebマーケティングの業務を選定します。
開始日・プランの確認 具体的な利用開始日と、月額プランの最終確認をおこないます。
申し込み手続き 契約書を締結します。
また今後コミュニケーションをとるためのチャットツールを開設します。
以下などの、ご都合の良いチャットツールをご提示ください。
・LINE
・Slack
・Chatwork など
サービス開始
フロントディレクターとキックオフミーティングをおこないます。
具体的な業務内容をヒアリングし、最適な施策をご提案いたします。
ご納得いただいたうえで、貴社専用のマーケティングチームが実行支援を開始いたします。

問い合わせからサービス開始までは、最短5日で完了します。即戦力となる人材を急遽探している場合にもぜひご活用ください。

リスティング広告運用の成功事例【マキトルくんサービスを統括するStockSun認定パートナーによる実績】

StockSunが支援したリスティング広告の運用に関する成功事例をご紹介します。新サービス『マキトルくん』を統括するStockSunの認定パートナーによる事例を抜粋しています。

ぜひご参考になさってください。

リスティング広告の成功事例①広告予算の20倍の売上達成

開業したばかりの精神科クリニックでリスティング広告の運用を行い、広告費30万円で売上600万円を達成した事例です。

成功につながった要因は次にあります。

・地域エリアを広めて広告を出稿
・LPは派手にしない

精神科は、センシティブな内容を相談する機関であることから、利用時に最寄りの病院を避けるユーザーが多いです。

そこで、エリアをターゲティングする際、精神科が所在するエリアだけでなく、広いエリアでターゲティングし広告を出稿しています。

さらに、保険診療の商材であり精神科ということを踏まえ、ユーザーからの信頼を獲得するためにあえて派手なデザインは避けてLPを制作しました。

上記を実行したことで、顧客獲得単価361円を達成し、電話や問い合わせのコンバージョン件数は40日間で172件を達成しています。

結果として30万円の広告費で600万円の売上達成に成功しました。

リスティング広告の成功事例②顧客獲得単価5,000円→2,255円を達成

ジュエリーの買取を行う店舗集客の支援にて、支援開始時のトータル顧客獲得単価が5,000円だったところ、リスティング広告の運用とInstagramの運用を並走したことで顧客獲得単価を2,255円にまで低下させた成功事例です。

実行した具体的な施策は、次の2つです。

・リスティング広告の最適化
・Instagramの運用

まずは、リスティング広告のターゲティングやKW、広告文の最適化を行い、初月から顧客獲得単価を5,000円→4,000円に低下させています。

また、Instagramのアカウント運用をおこない、認知が広がったことにより、リスティング広告のクリック単価減少につながりました。

リスティング広告の運用も集客を実施するうえで重要な施策ですが、他のWebマーケティングの施策を掛け合わせることでさらなる相乗効果を期待できます。

リスティング広告の運用をフリーランスに依頼するときのよくある質問

リスティング広告の運用をフリーランスに外注する際のよくある質問をまとめました。

リスティング広告の運用とは何をするの?

リスティング広告の運用とは、主にGoogleなどの検索エンジン上で出稿する広告の設定や最適化を行い、より効果的な広告配信を実現することを指します。

具体的には、広告を表示するターゲットとなるユーザーの属性や行動データを分析し、ターゲティングを細かく設定することで、広告の露出数やクリック率の向上を図ります。また、広告のクリエイティブ(画像やキャッチコピーなど)を改善することで、クリックからコンバージョン(成果)に至るまでの流れを改善することが重要です。

リスティング広告の運用には、広告配信プラットフォームの設定やデータ分析、クリエイティブの制作など、専門的な知識とスキルが必要です。

そのため、多くの企業は外部のフリーランスや広告代理店へ依頼することが一般的です。

リスティング広告の運用をフリーランスに外注するのが向いている人は?

フリーランスに外注すべき方の特徴は次のとおりです。

・戦略を描けているものの実行するリソースがない状況の方
・リスティング広告の運用を外注したいが集客にそこまで多くの費用をかけられない状況の方

上記の場合は、フリーランスへの外注を検討してみましょう。

まとめ

リスティング広告は、広告出稿に費用がかかるからこそ、お金をかけずに運用の代行を依頼したいと検討することが多いでしょう。

フリーランスへ依頼すると広告代理店より費用を安く抑えられることは大きなメリットです。一方でフリーランスは、対応できる範囲が限られていたり、能力に高低差があったりすることから、時間をかけて選定することが大切です。

当記事でご紹介した選定時のポイントを押さえ、貴社に最適なフリーランスを選定しましょう。

「時間と手間をかけずに優秀なフリーランスを選定し発注したい…」
「リスティング広告を外注したいが、お金がない…とにかく安く依頼したい!」

その場合は、StockSunのマキトルくんをご活用ください!

貴社の目的に合わせ専属のWebマーケティングチームを組みます!効率的かつスピーディーにWebマーケティングの施策を実行!
【月5万円のトライアルプランあり】月額定額制!優秀なWebマーケティングチームに格安で依頼可能!


限られた予算の中で売上を短期間で伸ばしたいときや、Web周りのマーケティングを知見豊富なプロに丸投げしたいときはぜひご検討ください。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。