メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

広告の失敗事例【企業が陥りがちな7つのミスと効果的な対策方法】

更新日
広告の失敗事例【企業が陥りがちな7つのミスと効果的な対策方法】

「リスティング広告を出してみたけど、ほとんどクリックされない」
「広告の費用対効果が極端に悪いのはなぜだろう?」

オウンドメディアやLPなどの集客に欠かせない広告運用。

しかし、多くの企業が成果が出ないと頭を悩ませている現状もあります。

成果が出ている企業とそうでない企業には、どんな違いがあるのでしょうか。

本記事では、広告運用に関して企業が陥りがちな失敗例を紹介します。

競合他社の失敗事例を参考に、成果の出る広告運用を目指しましょう。

弊社StockSunでは、月額定額5万円から広告運用を丸投げできる「マキトルくん」というサービスを提供しています。広告だけでなくWeb業務全般に対応可能です。

格安で成果の出る広告を作成したい方は、ぜひマキトルくんの無料相談をご活用ください。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。

広告の失敗事例:企業が陥りがちな7つのミス

企業が陥りがちな広告の失敗事例を7つ見ていきましょう。

  • 予算をかければ売れると思っていた
  • ネットの情報を真似て広告を出した
  • 広告の費用対効果が合わない
  • 広告を出してもアクセスが増えない
  • アクセスはあるがコンバージョンしない
  • 法律に反する表現を使ってしまった
  • 広告が原因で炎上した

予算をかければ売れると思っていた

広告で失敗してしまう多くの方が「お金をかければ効果がある」と勘違いしています。

  • 集客力のあるキーワード
  • クリックされやすい場所
  • 多くの人の目に触れる時間帯
  • ターゲットの属性
  • トレンドに関するもの

上記は広告費が高くなる代表例です。

特に競合他社が多い場合、莫大な広告費がかかるケースもあります。

経験の少ない方が広告を出す際「100万円も払えばバッチリだろう」と考えることは珍しくありません。

しかし、実際はより多くの予算が必要な場合もあり、結果として全く効果が出なかったといった事態になってしまうのです。

ネットの情報を真似て広告を出した

ネット上の情報を真似てしまうのも、よくある失敗事例の1つです。

  • 「〇〇広告 設定方法」などのキーワードで検索
  • 上位記事で解説されている通りに設定
  • 成果が出ず費用だけかかってしまう

このような状況に陥ってしまっている方は少なくないでしょう。

信頼できるメディアの情報にも関わらず、広告を出しても結果が出ないのには様々な原因があります。

  • ターゲット選定
  • キーワード選定
  • 商品やサービス自体の魅力
  • キャッチコピーの完成度
  • 広告のクリエイティブ

売りたいものやターゲットによって、設定するべきキーワードや訴求文などは大きく変わります。

他社の成功事例を参考にしても、コンバージョンにつながることはないでしょう。

成果につながる広告は、事前の戦略設計を徹底しているものです。

広告の費用対効果が合わない

費用対効果が合わず、広告効果が得られる前に断念してしまう失敗事例です。

例えば、Facebook広告の場合、以下のような要因が絡んできます。

  • ユーザーの属性
  • 地域
  • 競合の多さ
  • 入札額
  • 広告のクオリティ

上記の要素で設定を怠ってしまうと、顧客獲得単価が上がり費用対効果が悪くなってしまうのです。

場合によっては、最もユーザーが活発になる時間帯に予算が切れて、広告が表示されなくなってしまうこともあるでしょう。

反対に予算を節約したいからと、ターゲットの目に止まりにくい場所へ広告を出してしまう企業も少なくありません。

「目立つデザインにすればクリックされるだろう」と、宣伝色の強い広告を設置してしまうと、目の肥えたターゲットはスルーしてしまうのです。

広告の仕組みを理解して予算に応じた設定が重要になります。

広告を出してもアクセスが増えない

広告は出したものの、クリックされない失敗事例です。

明確な原因が分からずに「きっとそのうち効果が出るだろう」と放置してしまう方もいるでしょう。

広告のクリック率が上がらない原因には、以下のようなものがあります。

  • 広告のターゲティングが不適切
  • 広告のデザインやコピーが魅力的でない
  • 広告が表示される位置が不適切
  • ユーザーの検索意図に合わない広告を表示している
  • 広告の表示タイミングが不適切

クリックされない原因は様々ですが、問題を改善するには地道な改善を繰り返す必要があります。

  • 掲載場所が悪くないのなら広告のデザインを変えてみたらどうか?
  • デザインは変えずに訴求文のみ変更してみてはどうか?
  • そもそものターゲットは自社商品とマッチしているのか?

仮説を立てて改善を繰り返してこそ、費用対効果の高い広告が完成します。

アクセスはあるがコンバージョンしない

広告はクリックされるものの、コンバージョンにつながらない失敗事例も多いです。

主に以下の原因から失敗していると考えられます。

  • ターゲットの選定ミス
  • キーワードの選定ミス
  • 遷移先のリンクが適切でない
  • LPの質が悪い
  • CTAが設置されていない

例えば、商品のセールスが目的なのに、遷移先が企業サイトのトップページであれば、ターゲットは離脱してしまうでしょう。

何の広告か分からずにクリックした場合、ほとんどのユーザーが離脱してしまいます。

クリック課金型の広告であれば深刻な問題になりかねません。

広告はクリックだけでなく、コンバージョンにつながることが重要です。

適切なターゲットやキーワード、LPの質、CTAの設置などを検討し、コンバージョンにつながる広告を目指しましょう。

法律に反する表現を使ってしまった

広告の失敗事例として、法律に反する表現をしてしまったケースもあります。

  • 不当景品表示防止法
  • 健康増進法
  • 医薬品医療機器法
  • 消費者契約法
  • 商標法

上記のような法律は広告と関連性が高いので注意が必要です。

例えば「どうしても売りたい」とサプリの広告に「飲むだけで痩せる」と記載してしまえば、健康増進法に違反してしまいます。

見込み客の誤解を招くような表現はNGです。

広告の訴求文を作る際は、法律に違反していないかを厳密にチェックする必要があるでしょう。

広告が原因で炎上した

広告の内容が原因で、炎上に発展してしまった失敗事例もあります。

  • 人種差別的な表現
  • 虚偽的な表現
  • 競合他社の広告に酷似したデザイン

問題のある広告としてSNSやメディアが取り上げてしまうと、企業のイメージを一気に損なってしまいます。

炎上した事実を削除することは非常に難しいです。

広告のコンセプトを決める段階で、炎上リスクがないかチェックする必要があるでしょう。

成果の出ない広告:企業が失敗する原因とは

ここでは「なぜ多くの企業が広告で失敗してしまうのか」という根本的な原因を見ていきましょう。

  • ターゲット選定ができてない
  • 市場調査や競合調査ができてない
  • 媒体選びに失敗している

ターゲット選定ができてない

成果の出ない広告になってしまう大きな原因の1つが、ターゲットの選定ミスです。

ターゲットが最適化されていない場合、広告の訴求文や画像、デザインなどがブレてしまいます。

「できるだけ多くの人に知ってほしい」という気持ちから、ターゲットを広く設定してしまう方もいるでしょう。

しかし、的が絞れていないと、広告の顧客獲得単価も高くなってしまうのです。

  • 性別
  • 年齢
  • 地域
  • 趣味
  • 悩み

ターゲット選定が細かくできれば、その分広告費の削減につながります。

広告の費用対効果を高めるためにも、ターゲット選定は非常に重要な役割を持っていると言えるでしょう。

市場調査や競合調査ができてない

市場調査や競合調査ができていないと、広告で失敗する原因になります。

<市場調査の例>

  • ターゲットニーズや嗜好の調査
  • 各媒体でどれくらい広告が利用されているか
  • 広告からの平均的なコンバージョン率

的を得た広告にするためには、市場を冷静に分析することが大切です。

過去のデータやアンケート調査などを活用して、広告からどれくらいの収益が上がるのかを予測します。

<競合調査の例>

  • 競合他社の多さ
  • どんなデザインの広告なのか
  • 出稿するタイミングや媒体
  • キーワードやターゲット層

成果を出している企業の広告戦略を分析して、自社の広告と比較することが重要です。

競合がどんな戦略で広告運用しているのかを知れば、差別化する際の参考にもできるでしょう。

市場調査と競合調査が不明瞭な場合、広告の費用対効果が合わなくなってしまうのです。

媒体選びに失敗している

失敗する原因として、ターゲットの少ない媒体を選んでいるケースもあるでしょう。

どの媒体も様々な人が利用していますが、メインとなるユーザーは異なります。また、適切な広告のデザインや出稿方法も違ってくるはずです。

  • 販売したい商品やサービスの特徴
  • 媒体ごとのユーザー層
  • 媒体ごとの広告の配信形式

最適な広告の配信方法は、各プラットフォームによって変わります。

配信するべき場所のトレンドも変わるので、その時々で最適な方法を選択しなければなりません。

2年前にFacebookのインフィード広告で成果が出たから、今回も同じ方法で問題ないだろう

このような考えで広告を出すのはリスクが高いです。

最新の広告事情を理解したうえで、最適な媒体を選定する必要があるでしょう。

限られた予算の中で広告の費用対効果を最大化させたい

その場合は、広告運用のプロに格安で依頼できるマキトルくんをご利用ください。 コンサル料不要、月額定額5万円から広告運用を含む、Web業務全般を実行いたします。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

リスティング広告を配信する際によくある5つの失敗例

ここでは、Web広告の中でも需要の大きいリスティング広告に焦点を当てて、よくある失敗例を解説します。

  • 適切に設定できていない
  • 予算が合っていない
  • タイトルや説明文が最適化されていない
  • リンクの遷移先が不適切
  • 無駄なキーワードで表示されている

適切に設定できていない

リスティング広告の失敗例でよくあるのが、設定が適切でないケースです。

  • デフォルト設定のまま使っている
  • ネガティブキーワードを設定してない
  • 地域ターゲティングを設定してない
  • 広告グループが適切でない
  • キーワードのマッチタイプの設定ミス

リスティング広告の運用に慣れていない場合、上記のような失敗を犯してしまいがちです。

企業の担当者の中には、リスティング広告を出稿した当初から設定を変更していない方もいるでしょう。

リスティング広告で成果を上げている多くの方が、日々最適な設定を模索しています。

適切な設定ができていない、または設定を放置している場合、費用対効果を改善できずに成果の出ない広告になってしまうのです。

予算が合っていない

リスティング広告の予算が合っていない失敗例もあります。

  • 少ない予算で競合性の高いキーワードに入札している
  • 予算の設定が少なすぎて肝心のタイミングで非表示になる
  • 予算の配分が不適切で余計なお金がかかっている

このようなミスは大手企業でも散見されます。

ユーザーが活発になる時間帯に予算が尽きてしまい、広告が表示されなければ流入やコンバージョン率も下がってしまうでしょう。

予算から逆算して最適な戦略を見つけることが非常に大切です。

タイトルや説明文が最適化されていない

リスティング広告のタイトルや説明文が、最適化できていない失敗例もよくあります。

  • 平凡なタイトル
  • 内容がよく分からない説明文
  • タイトルや説明文と遷移先がマッチしていない

商品やサービスの特徴を伝えきれていない場合、ターゲットとなるユーザーがクリックする可能性は低いです。

また、ターゲットではない層にクリックされる原因にもなりかねません。

ありきたりな単語を並べたタイトルは、クリック率の低下を招きます。

クリックされるタイトルや説明文を作成するには、セールスコピーの知識が必要です。

リンクの遷移先が不適切

リスティング広告の遷移先が不適切な失敗例も多いです。

  • 企業サイトのトップページを表示している
  • 遷移先のリンクが壊れている
  • スマホで表示するとレイアウトが崩れる
  • 遷移先で関連性の低い広告が表示される
  • ページの表示速度が極端に遅い

遷移先に問題がある場合、どんなにクリック率が高くてもコンバージョンする可能性は低いでしょう。

例えば、スマホで表示した際に文字が見切れたり、商品画像が小さく表示されたりすると、ターゲットは不信感やストレスを感じてしまいます。

せっかく流入してきても、離脱する原因になってしまうのです。

無駄なキーワードで表示されている

商品とは関係ないキーワードで表示されている失敗例もあります。

  • 想像ベースでキーワードを入力している
  • 除外キーワードを活用できていない
  • ツールを活用していない

例えば、リスティング広告で洗顔フォームを販売したいとします。

この際、部分一致で検索すると「フォーム」というキーワードを含むすべての検索クエリに対して、広告が表示される可能性があるのです。

「フォームローラー」や「フォームマット」などのキーワードで、広告が表示されてしまうと、余計な費用がかかる原因になるでしょう。

また、想像ベースでキーワードを入れてしまうと、無駄に広告費がかさんでしまうかもしれません。

不要なキーワードは除外する必要があります。

【WEB広告の王道を使いこなす】日本一リスティング広告に詳しい井上さんがノウハウ公開

広告の失敗例から学ぶ効果的な対策方法

失敗例をもとに、成果の出る広告の運用方法を見ていきましょう。

  • ターゲットを明確にする
  • 徹底したリサーチを行う
  • 適切な広告媒体を選定する
  • ターゲットに合った広告を作成する
  • A/Bテストを実施する

ターゲットを明確にする

広告のターゲットを明確にすることは、成功の明暗を分ける重要項目です。

「できるだけ多くの人に商品を届けたい」というのは、すべての企業に共通しているでしょう。

しかし、ターゲットを明確にしないまま、広告を出してしまうと見込み客以外にも表示されてしまう原因になるのです。結果として、広告の費用対効果が合わず、利益も取れなくなってしまいます。

ターゲット選定を行えば、最適なキーワードや広告媒体も見えてくるはずです。

例を見てみましょう。

  • 商品:ベビーカー
  • 対象年齢:0〜3歳
  • 価格:3万円
  • 特徴:コンパクトかつ計量、収納しやすい

この商品のターゲットは以下のように設定できます。

  • 性別:女性
  • 年齢:25歳から35歳
  • 居住地域:都市部在住
  • 趣味:ヨガやジム通いなど健康志向
  • 職業:共働きまたは専業主婦
  • メインのデバイス:iPhone
  • 関心:ベビー用品、子育てグッズ、マタニティ、育児用品など

例えば、上記のようにターゲットを定めることで、無駄のない広告運用が可能です。

多くの企業は商品開発の段階でターゲット像も参考にしながら、どんな人に広告を届けるべきか検討してみてください。

徹底したリサーチを行う

ターゲットの明確化と合わせて重要なのが、市場調査や競合調査などのリサーチです。

  • 競合他社の広告戦略のリサーチ
  • 同業種の広告の調査
  • 広告で成果を出している企業が使っている媒体
  • 業界トレンドの調査
  • キーワードのリサーチ

上記のようなリサーチを行い、自社の戦略を立てていきましょう。

市場や競合と自社を比較することで、適切な広告の戦略を冷静に分析できます。

戦略を立てる際は、成果の出ている広告だけでなく、遷移先についてもチェックしてください。

広告のクリエイティブがどんなに良くても、遷移先のLPの質が悪ければコンバージョンにはつながりません。

全体的なデザインはもちろん、注文のしやすさもチェックしましょう。

リサーチを徹底することで、ROI(投資対効果)を最大化できます。

適切な広告媒体を選定する

目的に合った広告の媒体選びも非常に大切です。

  • アクティブユーザー数
  • ターゲットとなる見込み客の数
  • 配信形式
  • 競合他社の多さ
  • 広告費の相場

上記の要素を分析しつつ、予算も合わせて最適な媒体を選びましょう。

広告媒体を選ぶ際は、トレンドの配信形式についても調査してください。

例えばInstagramの場合、インフィード広告よりもストーリーズ広告の方がユーザーに馴染みやすい傾向があります。

時代の流れや各媒体の仕様変更など、その時々で最適解が変わる点を覚えておいてください。

予算や目的も合わせて、最適な広告媒体を選びましょう。

ターゲットに合った広告を作成する

事前にリサーチした結果をもとに、ターゲットに合った広告を作成します。

例えば、20代女性向けのコスメ商品の広告を作成する場合、以下のような対策が考えられます。

項目 具体的な施策
デザイン ・ポップなカラーで明るい雰囲気を出す
・同世代の女性をモデルに起用する
媒体 ・InstagramとTikTokをメインの媒体に選定
・動画広告と画像をメインに使った広告を作成
訴求 ・ためになる情報で目を引かせる
・具体的なベネフィットの提示
・同年代の口コミやレビュー

ターゲットが自然に共感を持ってくれるような広告にすることが大切です。

広告の訴求文では、商品を購入した際に得られるベネフィットを提示することも心がけましょう。

シャンプーであれば、ターゲットは「新開発」や「特別な成分」ではなく「どんな髪質を手に入れられるのか」に興味を持っているはずです。

ターゲットの行動や趣味嗜好を分析して、刺さる訴求文を考えて見てください。

A/Bテストを実施する

広告運用が始まったら、必ずA/Bテストを行い効果検証と改善を繰り返しましょう。

A/Bテストとは、広告を2つのバリエーションに分け、どちらが効果的か検証するテストのことです。

  • タイトル
  • 背景色
  • 訴求文
  • 商品の配置
  • 画像の大きさ

例えば、上記の要素を変更してクリックされやすいかを検証します。

A/Bテストを繰り返せば、広告の費用対効果を高め、顧客獲得単価を下げることが可能です。

テストを行う際は、以下の点に注意してください。

  • クリック率の向上に貢献しやすい要素からテストする
  • テストする箇所は1つに絞る
  • 同じ時間帯にテストを実行する

まずは成果に直結しそうなポイントから優先的にテストを実施します。

1回のA/Bテストで検証するのは1箇所のみにしてください。

複数の箇所を一度に変更してA/Bテストを実行すると「どの変更が改善に貢献したのか」が分からなくなってしまうからです。

また、テストするタイミングが同じでないと、正確な効果検証ができません。

効果検証と改善を繰り返すことで、ターゲットに最適化された広告を作り上げることができます。

PDCAを高速に回して、広告の完成度を高めていきましょう。

関連記事

LPOのA/Bテストで効果検証する方法【広告費300万円削減したStockSunの戦略紹介】

LPOのA/Bテストで効果検証する方法【広告費300万円削減したStockSunの戦略紹介】

Read More

広告で失敗したくないなら格安で依頼できる「マキトルくん」がおすすめ!

「広告の戦略設計から専門知識を持った人に依頼したい」
「広告費以外の費用はできる限り抑えたい」

そんな方のために弊社StockSunでは「マキトルくん」というサービスをリリースしました。

マキトルくんは月額定額制で、Webマーケティングに関する全ての施策を依頼できるサービスです。

優秀な人材に広告運用を丸投げでき、空いたリソースをより生産的な分野にお使いいただけます。

ここでは、マキトルくんの特徴を3つご紹介させてください。

  • 月額5万円からWeb広告のプロに運用を依頼できる
  • LP制作やSEO・SNS運用なども丸投げできる
  • 外注の一本化でコストを削減できる

月額5万円からWeb広告のプロに運用を依頼できる

マキトルくんは月5万円から、Web広告のプロ丸投げ可能です。

一般的な広告運用の場合、施策の実行費とは別にコンサル料がかかります。 そのため、プロへ依頼したくても、予算が合わずに断念されている方も多いでしょう。

マキトルくんはコンサル料不要で、月額に含まれるのは実行費のみ。

高額な料金を支払わずに、広告のクリエイティブから運用まで、経験豊富なプロに実務を任せられます。

上位20%の優秀なフリーランスが担当

広告運用を担当するのは、StockSunが抱える2,000名以上のフリーランスの中から上位20%の優秀な人材です。

経験値やスキルなど、厳しい基準をクリアしたフリーランスが担当するため、効率的に広告運用を進めていけます。

自社で広告運用ができる人材を育成するには、コストがかかるものです。

マキトルくんを利用していただくことで、結果的に費用対効果の高い広告運用が実現できます。

LP制作やSEO・SNS運用なども丸投げできる

マキトルくんは広告運用だけでなく、Webマーケティング全般の業務に対応可能です。

  • LP制作
  • オウンドメディアのSEO対策
  • SNSブランディング

広告運用と関連性の高い業務をすべて任せられるため、統一感とスピード感のある実行支援が実現できます。

イメージとしては貴社の課題や目的などをヒアリングした後、予算に合った戦略をご提案させていただく流れです。

  • 初月は広告とLPの制作を依頼
  • 2ヶ月目はA/Bテストで広告を最適化
  • 3ヶ月目はホームページのSEO対策

例えば上記のような流れで、貴社のWeb事業を伸ばしていくこともできます。

必要な人材を集めてチームを構築

マキトルくんは各分野のプロを集めて、貴社だけのチームを構築できます。

社外チームを構築して、Webに関する業務を丸投げ可能です。

しかし、各フリーランスと個々に連絡を取り合うと、コミュニケーションコストがかかってしまいます。

そこでマキトルくんでは、専属のディレクターが貴社とフリーランスの間に入ります。

要望はすべてディレクターへ伝えていただければ問題ありません。

各分野に精通するディレクターが、貴社の要望をフリーランスへ伝達します。

外注の一本化でコストを削減できる

現在、複数の外注先へ発注している場合、マキトルくんに一本化することでコストを削減できます。

Webに関するすべての業務をお任せください。

マキトルくんに一本化すると以下のようなメリットがあります。

  • チーム内で情報共有ができる
  • 迅速に施策の実行ができる
  • メンバーの入れ替えが自由にできる

複数の外注先へ委託している場合、連携が取りづらくなるでしょう。

マキトルくんなら、専属ディレクターとチームメンバーで情報共有ができるため、整合性を保ちながら業務を遂行できます。

チームメンバーの入れ替えが自由にできるのも特徴です。

「来月からMEOを始めたい」や「SNSの投稿を作成してほしい」などの要望にも柔軟に対応できます。

Webの施策で成果を出したい方は、ぜひマキトルくんの無料診断をご活用ください。

まとめ

広告で失敗しないためには、過去の事例をもとに戦略を立てることが大切です。

特に以下の点には注意してください。

  • ターゲットを定めずに広告を出す
  • 他社の成功事例を真似する
  • 想像ベースでキーワードを選定する

広告は正しい設定をしなければ、無駄なコストがかかるばかりでコンバージョンにつながりません。

ターゲットの年齢、性別、住んでいる地域なども細かく分析しましょう。 事前にどれだけ明確にできたかで、広告の費用対効果が大きく変わります。

「正しい広告の運用方法を専門家から教えてほしい」
「広告からLPまで一連の業務をプロに依頼したい」

そのような場合は、ぜひマキトルくんをご検討ください。

貴社が抱える課題をヒアリングした後、予算に合った最適な施策をご提案させていただきます。

Webマーケティングの施策はすべて対応可能です。

貴社だけの専属チームが、スピーディーに施策を実行させていただきます。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する
さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。