メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

SNS広告運用代行徹底解説!効果的な集客法

SNS広告運用代行とは、企業や個人がSNSでの広告運用を外部の専門家に依頼するサービスです。この記事では、SNS広告運用代行の基本知識から、代行会社の選定ポイント、料金相場まで、SNS広告運用代行を利用する前に知っておくべき情報を解説します。

さらに、企業別の代行会社紹介や最適なアカウント運用プランの選び方も紹介します。SNS広告運用代行を利用することで、効果的な集客が可能となります。

なお、弊社StockSunでは、格安でSNS広告運用代行をはじめとするWeb集客全般の施策を依頼できる「マキトルくん」というサービスを提供しています。
月5万円からの定額サービスになっているので、Web施策を通じて効果的に、最小限のコストで売上を最大化させたい方に最適です。

最小限のコストで迅速に結果を出したい方は、ぜひマキトルくんの利用をご検討ください。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。

SNS広告運用代行の基本知識

SNS広告運用には、多くの知識とスキルが求められます。ここではSNS広告運用代行サービスの役割と目的、さらにはSNS広告の種類と特徴を紹介します。

そして代行会社の選定ポイントに至るまで、一通りの情報を網羅的に解説します。

代行サービスの役割と目的

まず代行サービスの主な役割は、企業が持っていない専門的な知識やスキルを提供することです。具体的には、広告の設計、ターゲット設定、運用、分析といった一連の流れを専門的にサポートします。

その目的は、企業のSNS広告のパフォーマンスを最大化することです。SNS広告を最大限活かすことで企業は、より多くのリードやエンゲージメント、コンバージョンを得ることができます。さらにROI(投資対効果)を高めることで、広告予算をより効率的に使うことが可能になります。

代行サービスは、企業が自社で広告運用を行う場合と比較して、時間とコストの削減にも効果的です。専門的なスキルが必要なSNS広告の運用では、作業を専門家に代行することで、企業は他の重要な業務に集中することができます。

SNS広告の種類と特徴

LINE、Facebook、Instagram、X(旧Twitter)、TikTokなど、各SNSプラットフォームは独自の広告形式と特性を持っています。ここでは主要なSNSプラットフォームの広告の種類とその特徴を詳しく解説します。

種類

特徴

費用

LINE広告

企業アカウントが「友だち」になることで、メルマガのような告知やクーポンの配信が可能です。さらに、LINE NEWSやLINEマンガといった派生サービスも豊富に存在し、多様なコンテンツ配信が行えます。このように、LINEは多様な配信面を持ち、多くのユーザーと企業をつなげるプラットフォームです。

クリック課金:24~200円

インプレッション課金:400~650円

友だち追加(1人あたり):150~200円

一日1,000円の予算でも広告配信は可能。

Facebook広告

1人1アカウントの厳格なルールにより、マーケティングの精度が格段に向上しています。特にビジネスユーザーからの支持が厚く、活発な利用が見られます。

1クリックあたり100円~300円

Instagram広告

ビジュアルに優れた訴求力が魅力です。特にコスメ、インテリア、アパレルなどの商材に最適で、その効果は絶大です。さらに、ユーザー層にはこれらの商材を頻繁に利用する女性が多く、ターゲティングが容易です。

インプレッション課金:200~700円

代理店に依頼する場合:広告費の20%

X(旧Twitter)広告

拡散性の高さで他のメディアを圧倒しています。一般に若年層向けのイメージが強いものの、最新のデータによれば、30代以上のアクティブユーザーも多く存在します。このように、Xは幅広い年齢層にアピールする力を持っています。

クリック課金:24~200円

インプレッション課金:400円~600円

フォロワー追加(一人あたり):30~100円

TikTok広告

主に10〜20代の若者がこのプラットフォームを利用しており、その影響力は絶大です。特筆すべきは「TikTok売れ」と呼ばれる現象で、TikTokで話題になった商品が瞬く間に売れるケースが多く報告されています。

クリック単価:数十円~100円

インプレッション課金:100~1,000円

再生単価:5円~60円

参考:SNS広告運用代行は何をしてくれる?代行業者選びのコツから費用相場やおすすめまで

代行会社の選定ポイント

広告運用代行会社を選ぶ際には、多くの要点を考慮する必要があります。考慮の内容例として以下に5つ挙げていきます。

  • 業務範囲が自社に適合しているか
  • 媒体対応力があるか
  • コミュニケーションの対応力
  • 情報公開の範囲
  • 契約期間と解除条件

まずは、業務範囲が自社に適合しているかが重要です。依頼したい業務と運用会社の強みが、合致しているかを確認しましょう。

次に媒体に対する対応力の有無です。SNS広告の運用実績があるか、特に目的とする媒体に対する経験が豊富かを見極めましょう。また自社の商材と近い業種での運用実績がある会社を選ぶと、成功確率が高まります。

運用代行者と依頼企業、ユーザーとのコミュニケーションの方法も重要です。連絡手段、相談料金、緊急対応など、日常のコミュニケーションが迅速であるかを確認する必要があります。

次に、情報公開の範囲とレポートのフォーマットも確認が必要です。広告運用の進行状況をどの程度公開してくれるのか、レポートが理解しやすい形式であるかを事前に確認しましょう。

最後に契約期間と解除条件も細かく確認することで、後々のトラブルを防ぐことができます。

SNS広告運用代行の料金相場とサービス内容の違い

社内リソースの有効活用とコスト削減の観点、専門知識と経験を活かした戦略立案の重要性、自社での運用と比較した場合のデメリットを理解することは、SNS広告運用にとって重要です。

これからSNS広告運用代行を検討している企業や、すでに導入しているが成果が出ていない企業も、メリット・デメリットについて理解しておきましょう。

社内リソースの活用とコスト削減

SNS広告運用代行の採用は、企業にとって多くのメリットがあります。その最大の利点は、社内リソースの効率的な活用が可能になることです。

多くの企業がSNS広告の運用に時間と労力を費やしている一方で、その影響で他の重要な業務に集中できない場合が少なくありません。運用代行を利用することで、この問題を解消し、全体の業務効率を高めることができます。

さらに、SNS広告運用には多くの作業があります。例えばアカウントの初期設定、クリエイティブの制作、データ管理などこれらを自社で行うとリソースや工数が必要になります。しかし、専門的な知識と経験を既に持つ代行会社にこれらの業務を依頼することで、社内リソースを他の業務に集中させることができ、さらにコスト削減も期待できます。

専門知識と経験を活かした戦略立案

専門のSNS広告運用代行会社は、多様な企業や業界での豊富な経験とノウハウを活かし、効果的な戦略を緻密に立案します。これにより、単なる広告運用以上の価値を提供してターゲットに合わせた最適な戦略を展開することが可能です。

費用対効果の高いSNS広告運用には、代行会社の経験とノウハウが不可欠です。自社に専門的な知識がなくても、代行会社に依頼することで効果的な運用が実現します。さらに、商品やサービスによって最適なSNSプラットフォームが異なる場合、代行会社はデータに基づいて広告プラットフォームを切り替えることができます。

また成功するSNS広告運用には、ホームページやLP(ランディングページ)の質も重要です。一部の代行会社では、ホームページ制作やLPO(ランディングページ最適化)も手がけており、一元的な戦略が可能です。

専門のSNS広告運用代行会社は、戦略立案から運用、さらにはウェブサイトの質向上までトータルでサポートします。

自社運用と比較したデメリット

自社での運用と比較したデメリットに、運用代行費用が挙げられます。代理店に依頼すると、運用代行費用が必要になります。自社で運用する場合は、人件費やノウハウの蓄積が必要です。費用対効果を考慮する際には、この点を考慮することが重要です。

他には自社運用なら運用面ですぐに対応ができますが、代理店は複数のクライアントを抱えているため、即時の対応が難しい場合があります。

また代理店に全てを依頼すると、社内でのノウハウ蓄積が進まない可能性があります。自社で運用する場合、失敗を通してでも学びがあります。

料金相場とサービス範囲

採用,コンサルティング,会社

SNS広告運用代行を利用する際、最も気になるのは「料金相場」と「サービス範囲」でしょう。ここではSNS広告運用代行の料金相場とサービス範囲について、その違いと注意点を詳しく解説します。企業が外部の代行サービスを選ぶ際の判断基準を明確にし、最適な選択ができるようにしておきましょう。

代行料金の相場

SNS広告運用代行の費用は、月額10万円以下から月額50万円以上までと幅広いです。作業内容が多いほど、費用も高くなります。

基本的な運用に加えて、コメント確認や返信、簡易レポーティングを依頼する場合、月額20〜30万円ほどが相場とされています。
以下では、相場の一例を表にしています。

相場

サービス内容

目的

月額 10万円以下

投稿コンテンツの作成と投稿

低コストで始めたい

月額 20万円〜30万円

課題分析・戦略設計

投稿コンテンツの作成と投稿

コメント確認・返信

簡易的なレポートの作成

定期的な投稿、コメント返信も代行してほしい

月額 50万円〜

課題分析・戦略設計

投稿コンテンツの作成と投稿

コメント確認・返信

レポートの作成

定期ミーティング

広告運用などマーケティングの支援

広告・解析まで含めトータルでサポートを受けたい

引用:SNS運用代行の費用と相場を徹底解説!【相場早見表・事例あり】

サービス範囲の違いと注意点

SNS広告運用代行で提供されるサービス範囲は、会社によって大きく異なります。低価格帯のサービスでは投稿頻度が低いか、テンプレートを使用した一般的な内容になることが多いです。

オリジナルコンテンツを求める場合は、高価格帯のサービスを選ぶ必要があります。
また広告運用は専門的なスキルが必要なため、これが含まれるかどうかで料金が大きく変わります。

広告運用が必要な場合は、それに特化した代行サービスを選ぶことが重要です。さらに、フォロワーとのコミュニケーション(コメントやメッセージの対応)がサービスに含まれているか確認することが重要です。フォロワー対応の有無で、エンゲージメントが低くなる可能性があります。

そして、多くの代行サービスには最低契約期間が存在します。早期解約の場合のペナルティも確認しておくことが重要です。
サービス範囲の違いと注意点を理解することで自社のニーズに最も合った代行サービスを選ぶことが成功の鍵となります。

おすすめSNS広告運用代行会社の選定

SNS広告は、今やビジネスにおいて欠かせない要素となっています。しかし、その運用には専門的な知識と経験が必要です。そこで、ここでは企業ニーズに合わせたおすすめのSNS広告運用代行会社を紹介します。さらに優れた実績と評価を持つ代行会社の特徴と、最適なアカウント運用プランの選び方についても詳しく解説します。

企業ニーズ別の代行会社紹介

「SNS広告運用代行会社」といっても、そのサービス内容は、多種多様。例えば、スタートアップ企業には低予算でも効果を出す代行会社が適しているかもしれません。一方で、大企業には多機能な広告戦略を提供できる代行会社が最適です。ここでは、企業の規模やニーズに応じて最適な代行会社を紹介します。

BEASTAR株式会社

BEASTAR株式会社は、YouTube運用における多様な課題を解決するプロフェッショナルが在籍するコンサルティングサービスを提供しています。このサービスは、チャンネル登録者の増加や集客方法、企画の作成、運用人材の不足、分析方法の不明瞭さなど、YouTube運用における一般的な問題に対処します。また、月額20万円からサービスを受けられるので、小規模スタートにも向いています。
参考:BEASTAR株式会社「公式サイト」

株式会社DYM

株式会社DYMは、企業のSNS運用代行とコンサルティングを提供する専門企業です。ただフォロワー数を増やすだけでなく、質の高いSNSマーケティングでフォロワーをファン化し、クライアントの売上に直接貢献します。SNS専門チームが各種SNS(Instagram、LINE、TikTok、Twitter、YouTube、Facebook)に対応し、運用からコンテンツ制作、キャンペーン企画までワンストップでサービスを提供します。
そして、女性社員が中心となって運用しているので女性向け商材を扱う企業の公式アカウントにも同姓の目線で切り口を考え提案してくれます。

参考:株式会社DYM「公式サイト」

実績やサービス内容を確認するための相談ポイント

SNS運用代行会社を選択する時の判断基準となるのが、その代行会社がどのような実績と評価を持つのかです。以下では、優れた実績と評価をもつ代行会社を紹介します。

StockSun株式会社

StockSun株式会社が運用しているマキトルくんがおすすめです。マキトルくんは優秀なフリーランス人材の余ったリソースを定額制のロットで抑えることにより費用を安く抑えることができます。

Web開発やその他のSNS運用も代行しており、包括的に契約をすることができます。自社に合わせた専門のチームを組むことでWebマーケティングを多角的にサポートでき、業務の効率化、ノウハウの効率よい蓄積を実現できます。

これらを連携する専属のディレクターも存在するため、人材の選定や各担当者とのやり取りの手間を省くことも可能です。やりとりを一元化できるため、企業の担当者は他の業務に専念することができ、リソースの活用にも役立ちます。月額10万円からのライトプランも存在するので、手軽に試してみることも可能です。

出典:定額制 Webマーケティング支援「マキトルくん」

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

株式会社メディアエイド

株式会社メディアエイドは、TikTok運用代行のプロフェッショナルです。120社以上のアカウント運用と月に2,000本以上の台本制作の実績を誇ります。特に注目すべきは、独自のアルゴリズム解析に基づいた「バズらせ代行」です。
成功事例も豊富で、美容室や産後ケア施設など、多くのクライアントがフォロワー数や認知度を大幅に向上させています。特に、産後ケア施設「マームガーデン葉山」では、運用開始から5カ月でフォロワー数が1.4万人に増加し、来店者の半数以上がTikTokを見たと回答しています。
参考:株式会社メディアエイド「公式サイト」

株式会社シェアコト

株式会社シェアコトは、SNS(Instagram、LINE、Facebook、Twitter、YouTube、Pinterest)を中心に、広告運用代行やマーケティングコンサルティングを提供しています。特に、各SNSプラットフォームの運用代行、写真・動画の活用支援、運用レポートサービスなどが得意分野です。業界で先駆けてSNSキャンペーンに取り組むなど、プライバシーマークも取得しており、信頼性が高いです。
さらに、データ分析を駆使して広告のパフォーマンスをリアルタイムでモニタリングし、効果的な広告運用を実現します。また、顧客とのコミュニケーションも重視しており、広告を通じて得られたリード(潜在顧客)に対するフォローアップが行われます。
参考:株式会社シェアコト「公式サイト」

最適なアカウント運用プランの選び方

ビジネス目標に応じて最適なアカウント運用プランを選ぶために、最初に明確にするべきは広告運用の目的です。目的が「ブランド認知度の向上」であれば、広範囲なターゲットに露出するプランが適しています。一方で「販売促進」が目的なら、具体的な商品やサービスに興味を持つ可能性が高いターゲット層に焦点を当てるプランが必要です。
また、ターゲット層を明確に設定することで無駄な広告費を削減し、効果的な結果を出すことが可能です。年齢、性別、趣味、地域など、多角的にターゲットを絞り込むことが重要です。
以上のポイントを踏まえ、最適なアカウント運用プランを選ぶことで、SNS広告の効果を最大化することができます。

SNS広告運用代行を利用する前の準備

ここでは、SNS広告運用代行をスムーズかつ効果的に利用するための前提条件として、広告対象となるターゲットユーザーの明確化、広告クリエイティブやコンテンツの作成、そして予算設定と運用期間の決定について詳しく解説します。

広告対象となるターゲットユーザーの明確化

広告が効果を発揮するためには、そのメッセージを誰に届けるべきかを明確にする必要があります。無差別な広告は広告費を無駄にするだけでなく、ブランドイメージにも悪影響を与える可能性があります。
そしてターゲットユーザーを明確にする最も効果的な方法は、データ分析です。既存の顧客データや市場調査を元に、ターゲットとなるユーザー層の特性を把握します。年齢、性別、趣味、地域など、多角的に分析を行い、具体的なユーザープロファイルを作成することが重要です。
ターゲットユーザーが明確になったら、次はそのユーザーに合わせたコンテンツ戦略を考えます。例えば若年層にアピールする商品であれば、TikTokやInstagramなどの若者が多く利用するSNSプラットフォームでの広告が効果的です。

広告クリエイティブやコンテンツの作成

SNS広告の運用には、ターゲットユーザーに響くクリエイティブとコンテンツが不可欠です。広告クリエイティブには、ビジュアル(画像や動画)、テキスト(キャッチコピー、説明文)、CTA(コール・トゥ・アクション)などがあります。これらの要素がうまく組み合わさることで、広告の効果が高まります。
また、どのようなクリエイティブが効果的かを知るためには、A/Bテストが有効です。同じ広告内容でビジュアルやテキストを少しずつ変え、どれがより高い成果を上げるかを検証します。
そしてビジュアル要素は、ターゲットユーザーの注意を引く最初のステップです。明るく鮮やかな色彩、目を引くデザイン、感情を動かすイメージなど、ビジュアルには多くの工夫が可能です。
さらに、SNSプラットフォームによっては動画、ストーリーズ、カルーセル広告など、多様な広告フォーマットが存在します。これらをうまく活用し、ターゲットユーザーに合わせた多様なコンテンツを提供することが重要です。

予算設定と運用期間の決定

予算設定は、広告の目的と期待される成果に基づいて行うべきです。例えば、新製品のローンチで短期間に多くの人々に知ってもらいたい場合は、初期の予算を大きく設定することが有効です。運用期間もまた、広告の目的に応じて変わります。短期的なキャンペーンであれば、1〜2週間の集中的な運用が効果的です。一方で、ブランド認知度を高めるような長期的な戦略では、数ヶ月以上の運用が必要となる場合もあります。
また、市場環境や競合他社の動きや季節性などによっては、途中で予算や運用期間を調整する必要が出てくることもあります。そのため、フレキシブルな運用が求められます。

SNS広告運用代行ならマキトルくんがおすすめ!


「効果的なSNS広告運用代行を料金を抑えて依頼したい」
「でも質の高い広告代理店を探す自信や時間がない」

こうした方におすすめしたいのが、月額5万円からご依頼いただける「マキトルくん」です。

Webコンサル会社であり、実績豊富なフリーランス集団であるStockSunだからこそできる費用対効果の高いサービスになっています。

ここでは、SNS広告運用代行でマキトルくんを活用するメリットを3つご紹介させてください。

  • 月5万円から優秀なフリーランスにSNS広告運用代行を依頼できる
  • SNS広告運用代行だけでなくWebマーケ全般の実行支援に対応
  • 外注を一本化できるためコスト削減につながる

月5万円から優秀なフリーランスにSNS広告運用代行を依頼できる

マキトルくんでは、月額定額5万円より優秀なフリーランスにSNS広告運用代行を依頼できます。

コンサル料がかからないため、「優秀なプロに依頼したいものの、高額な費用を支払う予算がない」といった企業にも安心してご利用いただけます。

また、SNS広告運用代行を担当するのは、StockSunに在籍する2,000名以上のフリーランスの中から、上位20%の優秀な人材に厳選しております。自社で優秀な人材を探す手間がかかりません。

  • SNS広告運用代行スキル
  • コミュニケーションスキル
  • 目的の達成意識

上記の要素を備えたフリーランスだけをアサインいたしますので、高クオリティーなSNS広告運用代行が可能です。

SNS広告運用代行だけでなくWebマーケ全般の実行支援に対応

マキトルくんでは、SNS広告運用代行だけでなく、マーケティング全般の実行支援を月額定額制で依頼いただけます。

  • SNS広告運用代行を内製化したい
  • コンバージョン率の高いSNS広告運用代行したい
  • SNS広告運用代行だけでなくSNS運用やLP制作なども任せたい

上記のようなニーズにも柔軟に対応可能です。

まず貴社のニーズ・課題を丁寧にヒアリングした後で、最適なご提案をさせていただきます。施策の内容が決定したら、次に必要な人材を集めて独自のチームを構築し、業務に取り掛かっていく流れです。

「とはいえ、複数のフリーランスを集めたら連絡を取り合うのが面倒そう」

この問題を未然に防ぐために、マキトルくんでは専属のディレクターが貴社とフリーランスの間に入ります。ヒアリング能力の高いディレクターが担当いたしますので、コミュニケーションコストを最小限にすることが可能です。

外注を一本化できるためコスト削減につながる

現在、複数の外注先に業務を委託している場合、マキトルくんに外注を一本化すればコストを削減できます。これまで個別に発生していた固定費をまとめるだけでも、支出を最小限にできるでしょう。

マキトルくんに一本化した場合、チーム内で綿密にコミュニケーションを取ることが可能です。それぞれの担当者が成功事例・進捗状況を共有しながら、スピーディーかつ費用対効果の高い施策を実行できます。

最小限のコストでスピーディーにSNS広告運用代行を依頼したい方は、ぜひマキトルくんの無料相談へお問い合わせください。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

まとめ

SNS広告運用代行の基本知識や代行会社の選び方、運用代行の相場、メリットとデメリットを紹介してきました。
代行会社を選ぶ際は、業務範囲の適合性や媒体対応力、そして業種との相性を確認することが大切です。これにより、貴社に最も合った効果的な広告戦略を実施することができます。
専門家による運用代行を利用することで、広告のROI(投資対効果)を高め、より多くのリードやエンゲージメントを獲得できる可能性が高まります。SNS広告運用代行で、ビジネスを効果的に成長させましょう。

「SNS広告運用代行を効果的に、最短で行い、売上アップにつなげたい」

「外注を1本化してコストの最適化を図りたい」

その場合は、弊社StockSunのマキトルくんをおすすめします。

マキトルくんでは、優秀なディレクターとフリーランスによる質の高い実行支援を月額定額で提供しています。効果的なSNS広告運用代行についてプロによる戦略をお求めの方は、お気軽にお問い合わせください。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。