メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

EC運営代行を選ぶならココ!おすすめポイントとは?

更新日
EC運営代行を選ぶならココ!おすすめポイントとは?

ECサイトとは、Eコマース(EC,E-Commerce)のサービスを提供するWebサイトの通称です。端的に言うとECサイトとはネットを使ったモノやサービスの販売サイトのことです。

BtoC向けのECサイトの市場規模は2021年度が20.7兆円であり、前年の19.3兆円から約7%以上の上昇をしています。2011年度の実績と比較しても2倍近い市場規模となっており、現在堅調に推移していることがわかります。

しかし、自社でEC運営を行うと多くの手間や時間が掛かります。自社でECサイトを作るとなると知識や経験が不足してしまいます。自社に合ったデザインを検討したり、見やすいサイトにするのも難しいでしょう。

そこでおすすめしたいのが、EC運営代行サービスです。EC運営代行とは、ECサイトの設立から運営まで対応してもらうことができ、自社に合った最適なサービスを届けるサポートをしてくれます。

なお、StockSun株式会社が提供しているサービス「マキトルくん」では月5万円からサービスを提供しております。ECサイト構築だけでなくWeb広告にも対応していて、ECサイトとWeb広告の両輪でお客様のビジネスをサポートすることができます。

ここでは、EC運用代行の概要とおすすめの会社の選び方などを紹介します。

出典:経済産業省「電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました」

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。

EC運営代行とは?

EC運用代行サービスとは、ECサイトやネットショップといったインターネット上で商品やサービスを販売するオンライン店舗の運営で生じるあらゆる業務を、アウトソーシングで請け負ってくれるサービスです。

代行してくれるサービスは多岐にわたり、Webサイトの運営だけに留まらず、商品登録、商品撮影、採寸、原稿といったECサイトの基本とも言える業務の代行をしてくれます。また、商品の在庫管理や物流管理といった作業も請け負ってくれるところもあります。

さらに運用代行サービス会社によっては、EC運営のコンサルティングやマーケティングサポート、カスタマーサポートなども対応しています。

ここでは、効果的なEC運営のための業務範囲を紹介したうえで、効果的な代行サービスを紹介します。

効果的なEC運営のための業務範囲

EC運営代行サービスによくある業務は、以下の通りです。

商品登録

商品登録はECサイトにある「商品名」、「商品説明文」、「商品スペック」等を登録する作業です。商品登録においては商品を魅力的に魅せるための説明文も重要です。
商品1つ1つに行わなければならず、多くの時間と工数が掛かりますが、顧客を惹きつけるために最も重要となるポイントであり、企業の信頼性にも影響します。
商品が増えれば増えるほど工数が増えるため、多くの商品を取り扱っている会社に取ってはアウトソーシングするメリットは大きいでしょう。

商品撮影・採寸

商品の撮影や採寸は、商品登録に必要な写真の撮影やサイズの測定を行います。特に商品の写真は、ユーザーに商品の魅力を伝えるために必要です。影の角度や明るさなどにも気を配らなければよい写真は取れません。プロの撮影者に任せることで、魅力的な写真撮影を行うことができるでしょう。

在庫管理・物流管理・配送

在庫管理や物流管理、配送などの業務もアウトソーシング可能です。商品管理、受注・発送、検品、梱包、配送など在庫・物流管理全般の作業を外部に依頼することで、社内での工数や負担を大きく軽減できます。

在庫を保管する倉庫の環境整備や発送のための梱包資材も、アウトソーシングした方がコストを抑えられる場合もあるでしょう。

ECサイト構築・商品ページデザイン

ECサイトの構築や改修を行うサービスや、商品ページのデザイン、リニューアルを行うサービスもあります。その他にも、バナーや新商品・イベントページなども作成可能なサービスもあります。

デザインは、見やすさを追求するだけではありません。どのようにユーザーが購入に至るまでのステップを踏むかなどを考えて効果的なデザインを設計しなければなりません。また、サイトの使いやすさにも大きな影響を与えるため、入念な設計が必要です。ECサイト構築はコーディングやフレームワーク設計・デザイン構築など技術や知識が欠かせない部分が多々あります。

自社で構築するとなると自社でWebサイトを作ったことがない会社にとっては多くの時間やコストを消費することになってしまいます。

自社にノウハウを持った人材がいない場合は、EC運営代行サービスへの依頼を検討するといいでしょう。構築だけでなく、構築後のサポート対応をしてくれる会社を選ぶようにしましょう。

集客・マーケティング業務

EC運営代行サービスによっては、SNS運用代行サービスとWeb広告サービスと連動して効果的にユーザーにアプローチをすることができます。

マーケティングの方法はさまざまであり、SNS運用やインフルエンサーを活用したマーケティング手法があります。しかし、どのような手法であれ、成果を出すためには知識やノウハウが必要不可欠です。広告に失敗してしまえば、企業イメージを下げてしまうリスクもあります。

EC運用代行サービスに依頼することで、ノウハウを活かして広告を行うことができ、効果的にターゲットにアプローチすることができます。

運用コストの削減につながる代行サービス

運用コスト削減につながる代行サービスも多々あります。特に、運用コストの削減に役立つ業務は物流業務・在庫管理業務です。物流業務では、運送業者に依頼しなければならないし、納付書や請求書などを作成したりと多くの時間が掛かります。これらの依頼を1件1件行うのは非常に手間が掛かる業務になっています。

在庫管理にも多くのコストが掛かります。在庫の棚卸や出荷時に、在庫を探し出す手間も掛かりますし、場所代も多くのコストが掛かります。

また、物流業務・在庫管理業務と同じくらい効率がよいのがECサイトの構築業務・広告代行業務です。これらの業務は知識の経験が必要不可欠なためWebサイトを構築したことがない会社、SNS運用や広告出展をおこなったことがない会社では多くのコストや時間がかかってしまうでしょう。

これらの業務もプロに委託することで、多くの運用コストの削減につながる可能性があります。

EC運営代行会社を選ぶポイント

EC運営代行会社には、さまざまな特徴があります。近年、Web業務が普及してきたこともあり、多くの会社がEC運営代行を手がけています。ここでは、EC運営代行会社を選ぶポイントを紹介します。

実績豊富な運営代行会社の特徴

実績が豊富な運営代行会社を選ぶようにしましょう。実績が豊富な運営代行会社の特徴は、以下の通りです。

支援実績を明確にアピールしている

支援実績を明確にアピールしている会社を選ぶようにしましょう。この時に、注意するべきなのが、すべての業務の支援実績なのか、EC運営代行業務のみの支援実績なのかということです。

EC運営代行会社の中には、業務全体の実績しか載せていないケースも多くあります。その場合には問い合わせるなどして確認するようにしましょう。

導入事例が豊富にある

導入事例が豊富にあることも、実績がある会社の特徴です。実績のある会社では、会社のホームページなどに導入事例を紹介している会社が多くあるでしょう。

これらの導入事例を確認することで、自社に合ったサービスを展開している会社なのか、強みとなっている業界はなんなのか、どのようなサポート体制を築いているのか等を確認することができます。導入時に実績を参照したいときには、導入事例を入念に確認したうえで自社に最適な会社かどうかを判断しましょう。

コストパフォーマンスに優れた運営代行会社

EC運営代行会社を選ぶポイントとして、重要なのがコストパフォーマンスに優れた運営代行会社を探すことです。なぜコストパフォーマンスが優れていることが重要かというと、EC運営代行には、業務が多くあるからです。

例えばSNS運用代行であれば、そのSNS1つに着目してどのようにユーザーを拡大すれば良いかに着目するだけで良いと言えます。そのため、やることは比較的決まっており、コストも掛け過ぎずに対応することが可能となります。

しかし、EC運営代行の場合、やることが多岐にわたります。ECサイトの構築に始まり、在庫管理、物流管理、広告運用、商品の出展業務などさまざまです。やることが多岐にわたるため、コストが掛かりやすくすぐに予算をオーバーしてしまいます。

そのため、コストパフォーマンスを重要視して、自社で決めた予算内でどこまでできるようになるのかよく検討するようにしましょう。

柔軟な対応力を持つ運営代行会社

重要なポイントとして、柔軟な対応力を持つ運営代行会社を選ぶことも重要です。ECサイトの運用代行では物流とも密接に関係しているため、想定外のトラブルが多くなりやすいという特徴があります。

例えば、SNS運用だけであれば、広告の出展が中心になるため、定期的に出展をするほか、ユーザーの返信対応などをこまめに行う程度でしょう。

しかしEC運営代行の場合、物流とも関連しているため、例えば渋滞や事故などで配送に時間が掛かってしまう場合には、顧客に連絡する体制を作らなければならないです。また、出荷時のトラブルや注文時の顧客対応なども発生してくる可能性があります。これらの業務は迅速に対応しなければならないため、事前にEC運用代行会社と方針を決めておき、柔軟に対応してもらう必要があります。

そのため、EC運用代行を行う場合にはどこまで対応してもらえるのか、柔軟性を考慮し、どのような局面でも運営代行会社主導でさまざまなことを対応してもらえる会社を選ぶようにしましょう。

プラットフォーム別の運営代行会社

現在、日本でECプラットフォームは以下の3つにわかれます。新しくECサイトを開設する場合にもこれらのプラットフォームを活用した方が良いでしょう。

なぜなら、これらのプラットフォームを活用することで低額で自社のECサイトを構築できるからです。すでにプラットフォームが用意されているため、決済システムや在庫管理システムなどを構築する必要はありません。そのため自社の商品をPRする部分のみの作りこみで良く、コストを抑えて出展することができます。

また、これらのプラットフォームは多くのユーザーがすでに見ているECサイトです。ユーザーがよく利用していることもあり、ユーザーが自社の商品を見る可能性が向上します。そのため、これらのプラットフォームを効率的に活用すると良いでしょう。

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングのそれぞれの特徴を簡単に表にまとめました。

 

出展数

手数料

国内総売上高

特徴

Amazon

16万店舗以上

月間固定費:4,900円

従量課金:月間売上高の8%~15%

2兆5,378億円

・商品ごとの出店となっている

楽天

5.6万店舗以上

月間固定費:19,500円~100,000円

従量課金:月間売上高の2.0%~7.0%

5兆118億円

・商品がショップごとに表示される

Yahoo!ショッピング

117万店舗以上

月間固定費:無料

従量課金:月間売上高の3.5%~

1兆6,900億円

・商品がショップごとに表示されるれる

・出展手数料が安い傾向にある

次にそれぞれの運用代行会社の強みを紹介します。

参考:makeshop「【2022年最新】ECサイト売上ランキング!国内・海外企業からECモールまで」

Amazon対応の運営代行会社の強み

Amazon運営代行会社では、以下のような業務に強みがあります。

Amazonストア(ブランドページ)作成

Amazonでは「商品ページ」の他に、「Amazonストア」と呼ばれるブランドページも作成できます。Amazonストアとは、自社商品やブランドを専用のブランドページを通して紹介できる機能のことで、追加料金なしで利用可能です。

Amazonの商品ページは他の出品者とも共通ですが、Amazonストアは自社が独自で作成できるため、自社商品・ブランドをより効果的にアピールできます。

Amazon運用に特化している会社であればこのようなページの作成も効率的に行い、ユーザに魅力的なページを提供します。

Amazon内部SEO対策

Amazon内部には、Amazon独自の検索システムがあります。Amazon内部SEOとはこのAmazonの検索エンジンに対して最適化を行うことを指します。最適化を行うことで、自社商品を検索上位に表示させ、アクセス数の向上や売上のアップが見込めます。

Amazon内部SEOを最適化するためには、商品名の最適化、商品の説明の充実、豊富な写真の掲載など対策するポイントは多々あります。Amazonではユーザーがスムーズに商品を下がれるように厳しいガイドラインが設けられており、競合他社との差別化が難しくなっています。

Amazon対応の運用代行会社に頼むことでこれらの差別化を徹底してサポートし、ノウハウが内容な会社や知見が乏しい会社であってもAmazon内部SEOの対策を行うことができます。

楽天市場に強い運営代行会社

楽天市場に強い運営代行業者には、以下のような特徴があります。

楽天市場への出展実績が多い

楽天市場は、検索対策などのアルゴリズムを明確に公表していません。そのため、検索アルゴリズムを理解するためにはある程度の知識と経験が必要となります。出展実績が多い会社であれば、これらのアルゴリズムを経験で理解しているため、効果的に運営をすることができます。

ショップ運営ができるか

楽天市場ではAmazonと異なり、ショップ運営方式になります。ショップ運営では1つの商品だけでなく、店舗全体の運営を行わなければなりません。

楽天市場にもAmazonと同様に厳しいガイドラインが設けられており、差別化は難しくなっています。しかし、画像や文章などさまざまな方法で差別化する方法があるため、楽天市場の運用のプロは差別化方法を熟知しています。差別化できることで効率的に売上を伸ばすことができます。

Yahoo!ショッピング対応の運営代行会社

Yahoo!ショッピングも楽天と同じくショップ形式での運営方法になります。したがって、楽天市場と同様にショップ運営のノウハウが必要になります。

そのため、Yahoo!ショッピングに関しても実績があるかということが重要になります。実績がある会社を選ぶことでYahoo!ショッピングでの検索アルゴリズムを理解したショップ運営が可能となります。

Yahoo!ショッピングに出展する際には、十分に実績がある会社を選ぶようにしましょう。

EC運営代行で実現できる効果とは?

EC運営代行に任せることでどのような効果が得られるのでしょうか。ここではEC運営代行で実現できる効果を3つ紹介します。

集客力向上のためのマーケティング施策

EC運営代行では、単純な運営の代行からマーケティング施策までさまざまなことを実施してくれます。マーケティング施策においては自社でゼロから検討してくとなると多くの時間やコストが掛かるでしょう。また、知識もないために主要ポイントからずれたマーケティング施策を実施してしまうことにもなりかねません。

しかし、EC運営代行に任せることで知識や経験を活かせることとなり、効率的なマーケティング施策が打てることになります。また、第3者目線から客観的に分析してくれることにより、伝えたい内容とマーケティング施策に齟齬が出ることがなく、効果的な運営を行うことができます。

商品管理・物流対応の効率化

商品管理や物流対応は、すべて自社で行うには大変な労力です。自社でゼロから物流システムを作り上げることになるため、在庫管理の方法の確立から運送会社の手配、各種伝票の作成などさまざまなことに対応しなければなりません。

ゼロから立ち上げようとするとそれなりの知識と経験が必要となるため、自社で行ってしまうと多くの時間が掛かってしまうでしょう。

しかし、EC運営代行会社に任せることで、これらの商品管理のシステムづくりや物流対応の仕組みづくりを一手に担ってくれます。また、知識や経験も豊富にある会社に依頼することで、知識のインプットをする工数が掛からず、短期間で迅速に対応することができます。

売上アップへの戦略立案

EC運営代行では、戦略立案も支援してもらえます。戦略立案とはマーケティング施策のさらに前段でどのように商品を売っていくのか、競合他社との商品の差別化はどのようなっているか、そこからどのような販売施策や販売目標を立てていくのかというところになります。

自社でゼロから戦略を立てていくことも可能でしょうが、ECサイトを活用したことない会社にとってはECサイトを活用して販路を広げるという視点を持ちにくいでしょう。そのため、より効率的な戦略があるのにも関わらず、最適なプランを立案できない可能性があります。

しかし、EC運営代行会社で商品の戦略立案にも詳しい会社の場合、さまざまな角度から商品の魅力や会社の魅力をピックアップし、最適な販売戦略の立案が可能です。また、第3者的な視点から見ることでこれまで気付かなかった強みを発見できる可能性もあります。

成功事例から学ぶEC運営代行の価値

ここでは、EC運営代行を活用した成功事例を紹介します。

売上向上を実現したEC運営代行事例

和食器販売会社は、これまで国内でECサイトの運営を行っていましたが、競合他社との競争で伸び悩みを感じていました。そこでさらなる売上拡大を目指して、新しい販路の拡大を目指しました。

EC運営代行会社と協力してAmazon(米国)への出展を行いました。そのなかで、販売商品数を増やし、商品検索から販売ページへ誘導する導線の強化、検索しやすくなるような商品名やキーワードの工夫を行いました。

特に、売上向上の効果も見られている中、破損を防ぐための物流システムの改善など新たな課題も出てきているとのことです。

無料相談を活用して理想の代行会社を見つける方法

さまざまなEC運営代行会社があるなか、具体的にどの会社に依頼をするのか決めるのは難しいでしょう。そこで、おすすめの方法となるのが無料相談を活用することでしょう。

無料相談の場では可能な限り同じ内容を話して、いかに自社に合ったプランを提案してくれるかを比較すると良いでしょう。同じ情報をベースとして提供することで、その会社の提案力を見積もることができますし、各会社の話を聞く力なども測ることができます。無料相談を活用して、理想の会社を見つけるようにしましょう。

出典:ebiz「現地の消費者ニーズをつかんだ商品選びと丁寧な対応で和食器販売に成果」

ECの運営代行ならマキトルくんがおすすめ!


「効果的なECの運営代行を料金を抑えて依頼したい」
「でも質の高い広告代理店を探す自信や時間がない」

こうした方におすすめしたいのが、月額5万円からご依頼いただける「マキトルくん」です。

Webコンサル会社であり、実績豊富なフリーランス集団であるStockSunだからこそできる費用対効果の高いサービスになっています。

ここでは、ECの運営代行でマキトルくんを活用するメリットを3つご紹介させてください。

  • 月5万円から優秀なフリーランスにEC運用を依頼できる
  • EC運用だけでなくWebマーケ全般の実行支援に対応
  • 外注を一本化できるためコスト削減につながる

月5万円から優秀なフリーランスにEC運用を依頼できる

マキトルくんでは、月額定額5万円より優秀なフリーランスにEC運用を依頼できます。

コンサル料がかからないため、「優秀なプロに依頼したいものの、高額な費用を支払う予算がない」といった企業にも安心してご利用いただけます。

また、EC運用を担当するのは、StockSunに在籍する2,000名以上のフリーランスの中から、上位20%の優秀な人材に厳選しております。自社で優秀な人材を探す手間がかかりません。

  • EC運用スキル
  • コミュニケーションスキル
  • 目的の達成意識

上記の要素を備えたフリーランスだけをアサインいたしますので、高クオリティーなEC運用が可能です。

EC運用だけでなくWebマーケ全般の実行支援に対応

マキトルくんでは、EC運用だけでなく、マーケティング全般の実行支援を月額定額制で依頼いただけます。

  • EC運用を内製化したい
  • コンバージョン率の高いECの運営代行したい
  • ECの運営代行だけでなくSNS運用やLP制作なども任せたい

上記のようなニーズにも柔軟に対応可能です。

まず貴社のニーズ・課題を丁寧にヒアリングした後で、最適なご提案をさせていただきます。施策の内容が決定したら、次に必要な人材を集めて独自のチームを構築し、業務に取り掛かっていく流れです。

「とはいえ、複数のフリーランスを集めたら連絡を取り合うのが面倒そう」

この問題を未然に防ぐために、マキトルくんでは専属のディレクターが貴社とフリーランスの間に入ります。ヒアリング能力の高いディレクターが担当いたしますので、コミュニケーションコストを最小限にすることが可能です。

外注を一本化できるためコスト削減につながる

現在、複数の外注先に業務を委託している場合、マキトルくんに外注を一本化すればコストを削減できます。これまで個別に発生していた固定費をまとめるだけでも、支出を最小限にできるでしょう。

マキトルくんに一本化した場合、チーム内で綿密にコミュニケーションを取ることが可能です。それぞれの担当者が成功事例・進捗状況を共有しながら、スピーディーかつ費用対効果の高い施策を実行できます。

最小限のコストでスピーディーにEC運用を依頼したい方は、ぜひマキトルくんの無料相談へお問い合わせください。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

まとめ

ここまで、EC運用代行の概要とおすすめの会社の選び方などを紹介してきました。EC運用代行ではECサイトの構築や、マーケティング支援、戦略立案までも対応してくれることがあります。
EC運営代行会社を導入することで、マーケティング戦略の立案や商品管理・物流管理の改善が期待できます。
EC運営代行会社を選ぶ際には実績を確認し、導入事例が豊富にある会社を選ぶようにしましょう。

マキトルくんではEC運用だけでなくWeb開発やWeb広告、SNS運用までさまざまな業務を包括的に対応しています。また、月額5万円からのライトプランも用意されており、コストをかけずにお試しで依頼することも可能です。

EC運用を最短で行い、売上アップにつなげたい」
「外注を1本化してコストの最適化を図りたい」

その場合は、弊社StockSunのマキトルくんをおすすめします。

マキトルくんでは、優秀なディレクターとフリーランスによる質の高い実行支援を月額定額で提供しています。効果的なEC運用についてプロによる戦略をお求めの方は、お気軽にお問い合わせください。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。