メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

WEBサイトの運営って何をすればいいの?費用相場は?徹底まとめ

「WEBサイトの運営費用ってどれくらい?」
「どんな内容なの?」

こうした悩みから、サイト運営に不安を抱えている方も少なくはないと思います。

例えば、WEBサイトの運営費用は、WEBサイトの目的、規模、機能、トラフィック、選択したテクノロジー、レンタルサーバー、セキュリティ要件などによって大きく異なってきます。つまり、WEBサイトが何を達成しようとしているのかを理解し、それに合った費用計画を立てることが大切なのです。

この記事ではWEBサイトの運営にあたって、具体的なフローや必要なスキル、費用相場などをご紹介していきます。

なお、弊社StockSunでは、格安でWEBサイトの運営をはじめとするWeb集客全般の施策を依頼できる「マキトルくん」というサービスを提供しています。
月5万円からの定額サービスになっているので、Web施策を通じて効果的に、最小限のコストで売上を最大化させたい方に最適です。

最小限のコストで迅速に結果を出したい方は、ぜひマキトルくんの利用をご検討ください。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。

WEBサイトの運営の具体的なフロー

まず最初にWEBサイトの運営にあたって具体的なフローを紹介していきます。
WEBサイト運営のフローは、プロジェクトの規模や目的に応じて異なりますが、今回は一般的なステップを紹介します。WEBサイト運営は継続的なプロセスであるため、これらのステップは周期的に繰り返されることがあります。

※1 作成した Web サイトと Web アプリケーションが許容できる数の Web ブラウザーにわたって動作することを確認すること

※2 スマートフォン(スマホ)用に表示を最適化して、モバイル端末でWebサイトを閲覧しやすくすること

 

WEBサイト運営は継続的で多くの要素を含むプロセスです。定期的な更新、セキュリティの強化、ユーザー対応、データ分析などが重要な要素です。また、WEBサイトの運営はビジネス戦略とも密接に関連しており、戦略的なアプローチが求められます。

WEBサイトの運営に必要なスキルは?

次にWEBサイトの運営にあたって必要なスキルを紹介していきます。

WEBデザイン

WEBサイトの外観やユーザーの目に触れる部分をデザインするスキルが必要です。デザインソフトウェアの使用、カラーセンス、ユーザーエクスペリエンス(ユーザーの経験や体験)の理解が重要です。

HTML/CSS

HTMLとCSSはWEBページの構築と装飾に必要な基本的な言語です。これらの言語を理解し、編集できる能力が必要です。

WEB開発

WEBサイトの機能や動的なコンテンツを実装するためのプログラミングスキルが必要です。JavaScript、PHP、Pythonなどのプログラミング言語を使った開発が含まれます。

コンテンツ管理

WEBサイトに新しいコンテンツを追加し、既存のコンテンツを更新するスキルが必要です。コンテンツ管理システム(CMS)の使用経験も役立ちます。

SEO(検索エンジン最適化)

WEBサイトの可視性を向上させるためのSEO戦略の理解が必要です。キーワードリサーチ、メタデータの最適化、コンテンツの最適化などが含まれます。

グラフィックデザイン

イメージやグラフィックスの編集、作成、最適化が必要です。フォトショップやイラストレータなどのソフトウェアのスキルが役立ちます。

WEB解析

WEBサイトのトラフィックやユーザー行動を分析するためのツール(Google Analyticsなど)の使用スキルが重要です。

セキュリティ意識

WEBサイトのセキュリティに関する知識が必要で、セキュリティ対策の実施とWEBサイトの保護が求められます。

コミュニケーションスキル

ユーザーとのコミュニケーションやフィードバックの収集・処理がWEBサイト運営に重要です。

プロジェクト管理

大規模なWEBプロジェクトの管理、スケジュール設定、リソース管理などのプロジェクト管理スキルが必要です。

 

これらのスキルは、WEBサイトの運営に関わる役割によって異なる場合があります。一人ですべてを担当することもあれば、チームで分業することもあります。WEBサイトの成功に向けて、必要なスキルを習得し、継続的に学びながら運営することが重要です。

WEBサイト運営において不安要素は?

WEBサイト運営においては、いくつかの不安要素が存在します。以下に、主な不安要素をいくつか挙げてみましょう。

セキュリティリスク

WEBサイトはセキュリティの脅威にさらされています。ハッキング、データ侵害、マルウェア攻撃などのセキュリティリスクがあるため、セキュリティ対策が必要です。

ダウンタイムと可用性

WEBサイトのダウンタイム(利用できない状態)はビジネスにとって深刻な問題です。レンタルサーバーのプロバイダーの信頼性や、予期せぬ問題に対する対策が不安要素となります。

パフォーマンスと速度

WEBサイトの読み込み速度やパフォーマンスが低いと、ユーザーエクスペリエンスが悪化し、検索エンジンでのランキングにも影響します。適切なホスティングと最適化が必要です。

コンテンツ管理と更新

WEBサイトのコンテンツは定期的に更新する必要がありますが、更新の手間や誤った情報の掲載が不安要素となることがあります。

バックアップと復旧

WEBサイトのデータのバックアップと復旧計画が不備だと、データ損失が発生した際の対処が難しくなります。

法的コンプライアンス

WEBサイトは法的な規制やコンプライアンスに従う必要があります。

ユーザーサポート

ユーザーからの問い合わせやサポート要求に対応する体制が整っているかどうかが不安要素です。ユーザーサポートの質と効率が重要です。

SEOと競争力

WEBサイトの検索エンジン最適化(SEO)が不十分だと、競合他社に対して競争力を失う可能性があります。

これらの不安要素に対処するためには、適切なセキュリティ対策、レンタルサーバーの選定、バックアップと復旧計画、定期的なパフォーマンスチェック、法的コンプライアンスの確認、予算管理などが必要です。また、プロのWEB開発者や専門家と連携してこれらの課題に対処することがおすすめです。

WEBサイトの運営費用

WEBサイトの運営費用は、WEBサイトの規模、機能、設計、レンタルサーバー、セキュリティ要件などに大きく影響されます。一般的な中小規模のビジネスや個人のWEBサイトの場合、年間で約10万円から50万円(100,000円から500,000円)ほどの運営費用がかかることがあります。以下は一般的な費用の一覧ですが、これらは目安であり、実際の費用はWEBサイトの要件に応じて異なります。

ドメイン名登録

年間数百円から1,000円以上かかることがあります。

レンタル料金

レンタルのプランにより異なりますが、月額数千円から数万円程度が一般的です。

WEBデザインと開発

WEBサイトのデザインやカスタマイズ、開発に関連する費用は、プロジェクトの複雑さに応じて数万円から数十万円以上かかることがあります。

コンテンツ制作

WEBサイトに掲載するコンテンツ(テキスト、画像、ビデオなど)の制作にかかる費用は、コンテンツの種類や量に応じて異なります。

WEBサイトのセキュリティ

SSL証明書やセキュリティソフトウェアの購入や更新に費用がかかります。

マーケティングと広告

オンライン広告、ソーシャルメディア広告、SEO戦略の実施にかかる費用があります。

WEB解析

WEBアナリティクスツールの利用費用が発生することがあります。

プロジェクト管理

外部のプロジェクトマネージャーに支払う場合や、内部のリソースを割り当てるための給与にかかる費用があります。

これらの費用は目安であり、特定のプロジェクトやビジネスの要件によって異なります。WEBサイトを運営する前に、予算を設定し、必要なリソースを確保することが重要です。また、WEBサイトの成功に向けては、投資を継続的に検討し、運用やマーケティングを最適化することも大切です

Webサイトの運営外注するためのポイント/費用相場

上記で述べたように自社だけでWebサイトの運営ができる人材を揃えるのは簡単ではありません。また不安要素もあります。そこでここでは外注化するときの費用の目安などのポイントを解説します。

運営担当者が細かい内訳を把握してないがために、気づかないところでコストがかかっているケースはよくあります。

外注先や依頼内容の管理も、運営担当の重要な業務です。外注化する際には以下のポイントに気をつけましょう。

ポイント1. 問題点を明確にする

Webサイトの運営を代行するためには、まず問題点を明確にしておく必要があります。

・編集やマーケティングの知識のある人材がいない
・コンテンツを追加/更新する時間がない
・訪問者ユーザーニーズに沿ったWebサイトの分析/改善方法がわからない
・Webサイトの方針や目的が明確ではない

Webサイトの運営にかかわる悩みはさまざまですが、明確化せずに外注先へ丸投げしてしまうのは危険です。

コストが高くなるのはもちろん、社内の運営担当者が内情を把握できなくなる可能性があります。Webサイトが抱える問題点や方針、目的などを明確にして、どの部分を外注するかを決めておくことが、費用を抑える上でも重要なポイントになります。

関連記事

フリーランスと共に築くホームページ制作?費用対効果についても解説

フリーランスと共に築くホームページ制作?費用対効果についても解説

Read More

ポイント2. 費用の相場をチェック

Webサイトの運営を外注する場合、どこまで任せるかで費用は大きく変わります。

以下は外注する場合の費用目安です。

費用相場

サービス内容

目的

10万円以下/月

・コンテンツ制作のみ

Webサイトの構築および方針が定まり、コンテンツ制作のみを依頼したい

10万〜30万円/月

・CMS設置

・コンテンツ制作

・アクセス分析

WordPress等のツールの提供などの環境整備からコンテンツ制作までを依頼したい

30万〜50万円/月

・戦略設計

・CMS設置

・コンテンツ制作

・アクセス分析

Webサイトのコンテンツマーケティングの戦略/方針部分からしっかりサポートを依頼したい

50万円以上/月

・戦略設計

・CMS設置

・コンテンツ制作

・アクセス分析

・改善支援

・コンサルテイング

本格的なWebサイトの運営をトータルで依頼したい

コンテンツ本数×単価(数千〜10万円)

単発的なコンテンツの作成

Webサイトのコンテンツ作成のみを依頼したい

Webサイトの規模や依頼する内容によって異なるため、ケースによって費用に開きはあります。外注先によって得意としている分野も違うので、サービス内容とかかる費用をよく比べて選びましょう。

弊社StockSunでは、格安でWEBサイトの運営をはじめとするWeb集客全般の施策を依頼できる「マキトルくん」というサービスを提供しています。
月5万円からの定額サービスになっているので、WEBサイトの運営でお困りの方、Web施策を通じて最小限のコストで売上を最大化させたい方に最適です。

最小限のコストで迅速に結果を出したい方は、ぜひマキトルくんの利用をご検討ください。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

次の章で「マキトルくん」について詳しくご紹介します。

WEBサイトの運営会社はマキトルくんがおすすめ!

「効果的なWEBサイトの運営運用の料金を抑えて依頼したい」
「でも質の高い広告代理店を探す自信や時間がない」

こうした方におすすめしたいのが、月額5万円からご依頼いただける「マキトルくん」です。

Webコンサル会社であり、実績豊富なフリーランス集団であるStockSunだからこそできる費用対効果の高いサービスになっています。

ここでは、WEBサイトの運営でマキトルくんを活用するメリットを3つご紹介させてください。

  • 月5万円から優秀なフリーランスにWEBサイトの運営を依頼できる
  • WEBサイトの運営だけでなくWebマーケ全般の実行支援に対応
  • 外注を一本化できるためコスト削減につながる

月5万円から優秀なフリーランスにWEBサイトの運営を依頼できる

マキトルくんでは、月額定額5万円より優秀なフリーランスにWEBサイトの運営を依頼できます。

コンサル料がかからないため、「優秀なプロに依頼したいものの、高額な費用を支払う予算がない」といった企業にも安心してご利用いただけます。

また、WEBサイトの運営を担当するのは、StockSunに在籍する2,000名以上のフリーランスの中から、上位20%の優秀な人材に厳選しております。自社で優秀な人材を探す手間がかかりません。

  • WEBサイトの運営スキル
  • コミュニケーションスキル
  • 目的の達成意識

上記の要素を備えたフリーランスだけをアサインいたしますので、高クオリティーなWEBサイトの運営が可能です。

WEBサイトの運営だけでなくWebマーケ全般の実行支援に対応

マキトルくんでは、WEBサイトの運営だけでなく、マーケティング全般の実行支援を月額定額制で依頼いただけます。

  • WEBサイトの運営を内製化したい
  • コンバージョン率の高いWEBサイトの運営したい
  • WEBサイトの運営だけでなくSNS運用やLP制作なども任せたい

上記のようなニーズにも柔軟に対応可能です。

まず貴社のニーズ・課題を丁寧にヒアリングした後で、最適なご提案をさせていただきます。施策の内容が決定したら、次に必要な人材を集めて独自のチームを構築し、業務に取り掛かっていく流れです。

「とはいえ、複数のフリーランスを集めたら連絡を取り合うのが面倒そう」

この問題を未然に防ぐために、マキトルくんでは専属のディレクターが貴社とフリーランスの間に入ります。ヒアリング能力の高いディレクターが担当いたしますので、コミュニケーションコストを最小限にすることが可能です。

外注を一本化できるためコスト削減につながる

現在、複数の外注先に業務を委託している場合、マキトルくんに外注を一本化すればコストを削減できます。これまで個別に発生していた固定費をまとめるだけでも、支出を最小限にできるでしょう。

マキトルくんに一本化した場合、チーム内で綿密にコミュニケーションを取ることが可能です。それぞれの担当者が成功事例・進捗状況を共有しながら、スピーディーかつ費用対効果の高い施策を実行できます。

最小限のコストでスピーディーにWEBサイトの運営を依頼したい方は、ぜひマキトルくんの無料相談へお問い合わせください。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

まとめ

WEBサイトの運営はさまざまな工程を経て、効果的なものとなります。また、自身ですべてを運営するにはさまざまなスキルが必要となります。そこでおススメするのが、WEBサイトを運営する代行会社です。代行会社に依頼する場合は一定の料金がかかりますが、専門知識を用いた適切な運用が期待できます。費用対効果を高めたい場合は、代行会社の活用も検討しましょう。

「WEBサイトの運営を効果的に、最短で行い、売上アップにつなげたい」
「外注を1本化してコストの最適化を図りたい」

その場合は、弊社StockSunのマキトルくんをおすすめします。

マキトルくんでは、優秀なディレクターとフリーランスによる質の高い実行支援を月額定額で提供しています。効果的なWEBサイトの運営についてプロによる戦略をお求めの方は、お気軽にお問い合わせください。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。