メールで
無料相談
LINEで
無料相談

















TOP

SEOにおける検索意図とは?調べ方や対策の重要性も詳しく解説

SEO
更新日
SEOにおける検索意図とは?調べ方や対策の重要性も詳しく解説

著者

亀田温大

弊社ではSEOの“トライアル発注”をお受けしております。
記事の品質を見たうえで、有償発注の判断が可能です。
>>まずは無料で1本リライトしてみる

弊社のコンサルタントの無料提案を受けていただくだけでも最新のSEO動向や悩みの解決に繋がります。

「検索意図はSEO対策するうえで重要?」

「検索意図を調べる方法やツールが知りたい」

このようにお悩みではありませんか?

この記事では、SEOにおける検索意図について詳しく解説します。

検索意図の調べ方やおすすめのツールも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

SEOにおける「検索意図(インテント)」とは?

SEOにおける「検索意図(インテント)」とは?

検索意図とは、ユーザーが検索する際に抱える目的や意図を指します

例えば、「化粧水 おすすめ」と検索するユーザーは、肌の悩みや現在使用中の化粧水に対する不満があることが予想されます。

このようなユーザーは、スキンケアに関する問題を解決し、改善したいと思っています。検索意図を理解することで、ユーザーの根本的な悩みを解決する魅力的なコンテンツを作成することができるでしょう。

SEOにおける検索意図の4分類を紹介

SEOにおける検索意図の4分類を紹介

次に、SEOにおける検索意図の4分類を紹介します。

  • Knowクエリ
  • Doクエリ
  • Goクエリ
  • Buyクエリ

それぞれの分類について詳しく解説していきます。

Knowクエリ

Knowクエリには、基本的にGoやDo、Buyに関連しないキーワードが含まれます。

具体性の低い単一キーワードは、通常はKnowクエリとなります。また、「●●とは」のような単語の意味を調べるキーワードも、一般的にはKnowクエリに分類されます。

スマホを手に取り、検索履歴をバーティカル検索部分とともに見てみると良いでしょう。

Doクエリ

Doクエリは「商品を購入したい」「資料請求をしたい」といった具体的なアクションを起こしたい意向が見られるクエリです。

これらの検索ワード(クエリ)には、ユーザーが求めていることが明確に「男性の夏服を買いたい」「SEOの資料が欲しい」と表現されています。

Goクエリ

Goクエリは、「〇〇(場所やサイト)に行きたい」といったクエリです。「Amazon」や「ラーメン 新宿」といったキーワードがGoクエリに当たります。

Buyクエリ

Buyクエリは「〇〇を買いたい」といったクエリです。「ラーメン 通販」「SEO 代行」のようなキーワードがBuyクエリに当たります。

SEOのために検索意図を調べる4つの方法

SEOのために検索意図を調べる4つの方法

次に、検索意図を調べる4つの方法を紹介します。

  • サジェストキーワードを確認する
  • 上位競合サイトを分析する
  • 共起語・関連語を確認する
  • Q&Aサイトを確認する

それぞれの方法について紹介します。

サジェストキーワードを確認する

Googleの検索窓に文字を入力すると、表示される候補キーワードは「サジェストキーワード(検索キーワードとも呼ばれます)」と呼ばれています。

これらのキーワードは、基本的にユーザーが頻繁に検索するものが表示されています。

キーワードの検索意図を分析・分類することで、ユーザーのニーズを把握することができます。

上位競合サイトを分析する

他のウェブサイトの対策キーワードを調べ、Googleがどのようなコンテンツを評価しているのかを知ることも大切です。

特にKnowクエリでは、知恵袋のようなサイトが頻繁に検索結果に表示されることがあります。質問の内容を確認し、コンテンツに取り入れることで、ユーザーの深い洞察を得られるコンテンツになります。

競合ページの見出しを詳しくチェックし、コンテンツの漏れがないように注意しましょう。ただし、検索結果の2ページ目や3ページ目を調査すると検索意図から外れたコンテンツになる可能性があるので、注意が必要です。

共起語・関連語を確認する

関連語と共起語は、検索意図を分析する際に役立つ情報です。

関連語とは、検索キーワードと関連性の高いキーワードのことを指します。Googleでは、検索結果の下部に関連語の一覧が表示されます。例えば、「表参道」と検索すると、関連語として「表参道 カフェ」や「表参道 おしゃれスポット」といったキーワードが表示されます。

共起語とは、上位表示されているコンテンツ内で共通して含まれるキーワードのことです。これらのキーワードは、対策キーワードとの関連性が強く、SEO対策を実践するWebサイトでは見出しや本文に共起語を盛り込むことがあります。

関連語と共起語は、検索キーワードとの関連性が高く、上位表示されている記事が共通して含んでいるキーワードです。この情報を活かして、検索ユーザーが求めている要素を洗い出し、効果的な企画を立てることができます。

Q&Aサイトを確認する

ユーザーによる質問は、Q&Aサイトにはたくさん寄せられています。

そのため、どのような質問が頻繁に寄せられているのか、ユーザーがどのような悩みを抱えていてどのような言葉で質問しているのかを把握しコンテンツに活かすことで、新たな価値を提供できる可能性があります。

これにより、コンテンツのオリジナリティも高めることができます。

SEOにおいて検索意図が重要な理由

SEOにおいて検索意図が重要な理由

Googleはユーザーの満足度を重視し、満足度が高いコンテンツは検索結果画面で上位表示されやすいとされています。

つまり、SEO対策においては、ユーザーに役立つコンテンツを提供することが不可欠です。「上位表示のために何が必要か」ではなく、「ユーザーが何を求めているか」に焦点を当てることがSEOの鍵となります。

もちろん、基本的なSEOテクニックも重要ですが、Googleがユーザーの体験を優先して検索順位を決定していることを忘れてはなりません。

検索意図を調べるための5つのツール

検索意図を調べるための5つのツール

最後に、検索意図を調べるためのツールを5つ紹介します。

  • ラッコキーワード
  • GetKeyword
  • Ubersuggest
  • Keywordmap
  • SE Ranking

それぞれのツールについて解説します。

ラッコキーワード

ラッコキーワードは、検索意図を的確に反映したサジェストキーワードを一度に多数取得することができるツールです。

このツールの強みは、サジェストキーワードに関連する他のサジェストキーワードも調査できるため、検索ユーザーのニーズを詳細に分析できる点です。

利用方法は非常にシンプルで、トップページの検索窓にキーワードを入力するだけです。

また、Googleだけでなく、Yahoo!やBing、YouTubeにおけるサジェストキーワードも調査できます。

GetKeyword

Getkeywordは、一括でサジェストキーワードを抽出し検索ボリュームやリスティング広告のクリック単価、そしてSEOの競合性などを調査できるツールです。

さらに、サジェストと同様に、再検索ワードも洗い出すことができます。これにより、幅広くユーザーの検索意図を網羅的に調査することができます。

さらに、抽出したキーワードはcsvファイルに出力することができるため、より詳細な分析も簡単に行えます。

Ubersuggest

Ubersuggestは、さまざまな観点での調査が可能なツールで、サジェストキーワードの検索ボリュームや、リスティング広告のクリック単価、SEOでの上位表示の難易度などを調べることができます。

トップページの「ドメインかキーワードを入力」の欄に調査したいキーワードを入力すると、関連するサジェストキーワードが表示されます。

ただし、無料版では表示されるキーワード数に制限があります。

Keywordmap

Keywordmapは、詳細なサジェストキーワード群をマインドマップ形式で提供するツールです。キーワードは検索ボリュームの大きい順に表示され、調査したキーワードとの関連性が強く、ニーズの高いキーワードを見つけることができます。

さらに、特定のコンテンツや記事がどれだけサジェストキーワードを含んでいるかをチェックできるため、上位表示を目指す際の情報網羅性のチェックにも役立ちます。

SE Ranking

SE Rankingは、Google検索におけるサジェストキーワードを調査できるツールです。

このツールを使えば、サジェストキーワードの検索ボリュームや自然検索での上位表示の難易度、リスティング広告におけるクリック単価や競合性を簡単にチェックすることができます。

SE Rankingは有料ですが、14日間の無料トライアルが用意されています。

まとめ

seo 検索 意図

この記事では、SEOにおける検索意図について解説しました。

検索意図とは、ユーザーが検索する際に抱える目的や意図を指します。

検索意図を満たすことで、記事のSEO評価は向上します。

そのため、SEO対策をする場合は小手先のテクニックだけでなく、しっかりと検索意図まで考慮しましょう。

弊社ではSEOの“トライアル発注”をお受けしております。
記事の品質を見たうえで、有償発注の判断が可能です。
>>まずは無料で1本リライトしてみる

弊社のコンサルタントの無料提案を受けていただくだけでも最新のSEO動向や悩みの解決に繋がります。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。