メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

ブログ記事をリライトする方法!SEO効果を高めるやり方を専門家が全解説

SEO
更新日
ブログ記事をリライトする方法!SEO効果を高めるやり方を専門家が全解説

著者

亀田温大

記事のリライトはどのように実施すればいい?やり方を1から教えてほしい
記事のリライトってどんなメリットがあるの?

結論、記事のリライトは、適切な記事の選定と適切な順序で実施しなくてはなりません。

正しく実行することにより、SEOに良い効果を発揮して検索順位とCVRの向上に期待ができます。

本記事では、初心者の方でも記事のリライトをマスターできるよう、次の知見を公開しています。

StockSunでSEO対策とリライトを専門に行うコンサルタントの知見をもとに解説いたします。

自社サイトのリライトを進めたいときの参考にしてください。

目次

記事のリライトとは?SEOでの必要性や効果

記事のリライトとは、既存の記事を再構成して改善することです。

具体的には、見出しや文章の言い回しを変えたり、情報をアップデートしたりすることで、内容や表現方法を改善します。

リライトによって記事のクオリティが向上し、よりユーザーファーストな記事になるだけでなく、SEO評価を向上させることが可能です。結果として、流入数の増加やコンバージョン率の向上が見込めます。

リライトの必要性・実施する意味

ブログやコラム記事のリライトは、次の2つの観点から必要性がある施策といえます。

  • SEOでの順位を向上させるため
  • 記事のCVRを向上させるため

それぞれの理由を解説いたします。

SEOの観点から見たリライトの必要性

SEOの観点から見たリライトの必要性を説明した図解

ブログやコラム記事のリライトは、SEOを実施するのならば必要不可欠な作業です。

その理由は、次の2つにあります。

  • 信頼性が高くフレッシュネスな記事が求められるため
  • アルゴリズムのアップデートが定期的に実施されるため

検索エンジンは、ユーザーの検索ニーズを満たせるような、ニーズと一致した記事を求めています。加えて、正しい情報が記載された信頼性の高い記事であることも求められます。

検索キーワードに対してのニーズ、それに対する正しい解は、時間の流れと共に移り変わるものです。

リライトしないままでいると、ニーズとズレていたり、誤った情報が記載されたりしている記事となってしまいます。

そのため、記事を公開してから、一定期間でリライトを実施していく必要があります。

2つ目に、記事の順序を決めるルールであるGoogleのアルゴリズムは、年に数回大きなアップデートを実施します。

アップデートでは、順位を決めるための新たな評価基準が加わることがあり、評価基準に従っていない記事は、順位が下落してしまうことがあります。

そのため、アルゴリズムのアップデートに基づいて定期的なリライトの実施が必要です。

CVR改善の観点から見たリライトの必要性

CVR改善の観点から見たリライトの必要性を説明した図解

ブログやコラム記事のリライトは、CVR改善の観点からも必要です。

その理由は、次の2つにあります。

  • 記事の滞在率を改善できる
  • CVに促すことができる

記事で離脱率が高い箇所をリライトすることにより、記事を読み進めてもらうことができます。CTA箇所まで通読してくれる可能性が高まり、CVRの向上につながるでしょう。

他にもCTA部分の文章を、よりユーザーの響く内容へリライトすることで直接的なCVRの向上に期待ができます。

ユーザーのニーズは時間の流れとともに変動するものであり、最適な文章を探すためにさまざまなパターンの文章でテストしたりする必要もあります。

そのため、CVRを向上させるためにも、定期的なリライトが欠かせないと判断できます。

リライトのSEO効果 

実際のリライトのSEO効果をStockSunの事例をあげてご説明いたします。

検索ボリューム2400ほどの「ホームページ 制作会社」というキーワードの記事をリライトしたところ、掲載順位11〜15位だったところ、順位が10位以内に上昇している事例です。

ちなみに最近では、2~4位を獲得している状況です。

リライトのSEO効果に関する実際のデータ
リライトのSEO効果に関する実際のデータ2つめ

上記の記事は、比較検討段階にいるユーザーが検索するKWのこともあり、CVも3倍UPさせることに成功しています。

このとおり、リライトでは大きなSEO効果を見込めます。

ちなみに実施したリライトの内容は、次の通りです。

  • 競合記事との差分をなくす
  • ユーザーニーズと合致するオリジナルの図解や表の入れ込み
  • CTAの増加と文言調整

内容の詳細につきましては、リライトの成功事例の章で解説しているため、ご確認ください。

リライトを実施するうえで知るべき重要項目

リライトするときに前提として知っておくべきことをまとめた図解

リライトを実施する際には、どのような記事が上位表示されやすいのかを知っておかなくてはなりません。

SEOでは、次の記事が上位表示されやすい傾向があります。

ユーザーのニーズを満たす記事検索意図の顕在ニーズをすべて満たす
顕在ニーズを満たしたうえで生まれる潜在ニーズも満たす
Googleの定める指標を満たす記事ユーザーのニーズを満たしていると判断できる記事
E-E-A-Tが担保されている記事

Googleは、企業理念としてユーザーファーストを掲げています。そのため今も昔も、WEBサイトには、ユーザーファーストが求められています。

そのため、他の記事に遷移しなくとも、1記事でユーザーの疑問を全て満たせる記事は上位表示されやすいです。

それを図るための指標として、ユーザーの流入数や記事の滞在時間が考慮されるため、まずはユーザーの疑問に対しての解となる情報をわかりやすく網羅的に提示した記事であることが欠かせません。

また、Googleはコンテンツの品質を担保するための指標として、E-E-A-Tを設けています。

E(経験)実体験に基づくコンテンツか
E(専門性)その分野での専門家によるコンテンツか
A(権威性)その分野で評価されているサイトのコンテンツか
T(信頼性)どれほど経験・専門・権威性の高いコンテンツか

情報が網羅されているだけでなく、E-E-A-Tを満たしている記事の方が順位が高くなりやすいです。

例えば、全く同じ網羅性の記事でもその分野での専門家が執筆していたり、その分野で評価されているサイトに投稿されたりした記事の方が、高順位を獲得しやすいでしょう。

E-E-A-Tについては、次の記事で解説しているので理解を深めたいときは合わせてご確認ください。

E-E-A-T(旧E-A-T)とは?SEOで重視されるGoogleの評価基準と上位表示にむけた14選の施策を紹介

E-E-A-T(旧E-A-T)とは?SEOで重視されるGoogleの評価基準と上位表示にむけた14選の施策を紹介

また、ユーザーニーズを満たすためのリライトのやり方Googleの定める指標を満たすためのリライトのやり方それぞれは以降の章で解説しています。

記事の順位が上がっていない現状の要因

現状記事の順位が上がっていない要因を分析するときには、2つの視点から探さなくてはなりません。

①記事単位で原因を探す
②記事に問題がない場合はサイト単位で原因を探す

それぞれで考えられる要因を解説します。

記事単位で見たときに考えられる要因

記事単位で見たときに考えられる、順位が上がらない要因は次の通りです。

  • 記事の内容が検索意図から外れている
  • 競合記事よりも情報が少ない(不足している要素がある)
  • 競合サイトと内容が似すぎている
  • 専門性が高く独自要素となるコンテンツが入っていない
  • 内部被リンク数が少ない
  • 執筆者や監修者がその分野の専門家ではない

1番の要因は、不足した情報があったり、検索意図とズレがあったり、上位サイトと似たコンテンツとなっていてコピーコンテンツとみなされていたりするケースです。

当てはまっている点がある際は、これらを改善していく必要があるでしょう。

サイト単位で見たときに考えられる要因

質の高い記事を制作しているにも関わらず記事の順位が上がらないときには、サイト単位で要因を探るべきです。

SEOで高順位を獲得するためには、質の高い記事を作成するだけでなく、サイトの外部対策と内部対策を実施する必要があります。

外部対策被リンクやサイテーションを増やしてサイトの信頼性を向上させる
内部対策サイトの内部構造を最適化してGoogleがクロールしやすくする

外部対策と内部対策を実施することにより、サイト自体の信頼性が向上し記事の順位も上がりやすくなります。

SEOの外部対策と内部対策では、具体的に何をすべきなのかは、以下の記事で解説しています。

SEOの外部対策とは?やるべき22選の具体策を公開!重要な理由や注意点

SEOの外部対策とは?やるべき22選の具体策を公開!重要な理由や注意点

SEOの内部対策とは?内部対策20のチェックリストと使えるチェックツールを徹底解説【StockSun独自のチェックシートを無料提供中】

SEOの内部対策とは?内部対策20のチェックリストと使えるチェックツールを徹底解説【StockSun独自のチェックシートを無料提供中】

記事のリライトを実施すべきタイミング

記事のリライトを実施すべきタイミングを解説した図解

リライトを実施すべきタイミングは、記事を公開してから3〜6ヶ月経過している記事です。

その理由は、次の2つにあります。

  • 記事を公開しインデックスされてから3ヶ月で記事が正しく評価され順位として反映される
  • 公開から6ヶ月が経過した記事は順位が下落する傾向がある

記事を公開すると、すぐに順位として反映されるわけではありません。Googleのロボットが記事を巡回しそしてGoogleにインデックス登録されることで、検索結果に記事が現れる(順位がつき始める)ようになります。

そしてインデックスされてから約3ヶ月でその記事の品質が正しく評価されて順位として反映されると言われています。

そのため、公開後3ヶ月が経過して高順位を獲得できていない記事は、リライトを検討していくべきでしょう。

また、StockSunでSEO対策を専門におこなうパートナーの経験では、公開後6ヶ月が経過している記事は徐々に順位が下落している傾向です。

そのため6ヶ月が経過した記事は内容を見直して、新しい情報にリライトしていく必要があります。

リライトすべき記事の選び方

リライトを実施すべき記事は、以下4つの状況に当てはまる記事といえます。

状況ごとに、実施すべきリライト内容と、リライトの優先順位をまとめた図解は以下の通りです。

リライトが必要な状況の記事と優先度をマッピングした図解

それぞれの状況について解説します。

①検索順位とクリック率が高い記事

検索順位とクリック率が高いもののCVを獲得できていない場合は、最優先でリライトを実施すべき記事と言えます。

なぜならCTA周辺をリライトするだけの少ない工数でCV獲得に期待ができるためです。

比較検討段階のユーザーが検索するKWで高順位を獲得しているにも関わらずCV数に伸び悩む場合はリライトを実施しましょう。

②検索順位は高いがクリック率が低い記事

検索順位は高いのにクリック率が低い(セッション数が少ない)記事も優先的にリライトを実施した方が良いでしょう。

なぜなら上記の記事は、タイトルやディスクリプションの変更でクリック数の向上に期待ができるためです。少ない工数で流入数の増加を狙えるため実施すべきです。

高順位を獲得しているということは、ユーザーと接点を持てているものの、タイトルがユーザーに響いていないためクリックされていないということ。

  • 上位記事のタイトルを参考にしてユーザーに響きやすい文言を盛り込む
  • 独自情報が挿入されていることをタイトルでアピールする

上記の方向性のリライトを検討してみてください。

③検索順位は低いがクリック率が高い記事

検索順位が低いのにクリック率が高い記事もリライト対象となるでしょう。

なぜなら狙っているメインキーワード以外で上位表示されている可能性が高いためです。

以下のとおり、サーチコンソールの検索クエリから、上位表示されているキーワードを確認してみましょう。

リライトするときに、上位表示されているキーワードを確認する方法

当初狙っていたKWと検索意図が近しいKWで高順位を獲得している場合、そのKWに対応した内容も取り入れてリライトすることがおすすめです。

次の理由で狙ったKWでの順位向上にも期待ができます。

  • さらに順位が上がることで流入数が増える
  • セッション数増加と滞在時間の増加により記事の評価が上がり、メインKWでも順位が向上する可能性が高まる

④検索順位、クリック率どちらも低い記事

検索順位とクリック率、どちらも低い記事を見直してリライトしていく必要があります。

ただし上記の記事は、闇雲に実施するのではなく、優先順位をつけて実施する必要があります。

次の2つの状況の記事を優先することで、最短でCV獲得を目指せるだけでなく、サイト全体の順位向上に期待ができるでしょう。

①CVに近いKWからリライト
②順位を上昇させたいカテゴリからリライト

SEOでは作成する記事のKW選定時にカスタマジャーニーに基づいてKWを選定していきます。ジャーニーの中でもCVに近いユーザーが検索するKWからリライトするのが良いでしょう。

リライトを優先すべきKWを説明したカスタマージャーニーの図解

また、順位を上昇させたいカテゴリがある場合には、そのカテゴリの記事を優先してリライトしてく方法もあります。

検索ボリュームが少なく競合性の弱い記事からリライトし、順位を獲得していくことで同じカテゴリ内の検索ボリュームの多い記事も同時に順位が向上していくケースが多いです。

ブログ記事のリライトを実施するときの全体的なフロー

リライトを実施するときの全体の流れを図解にまとめました。

ブログ記事のリライトを実施するときの全体的なフロー図解

以降では、それぞれのフローで具体的に実施することを解説しています。

  • リライト記事を選定する
  • ユーザーニーズを調査する
  • 競合記事を調査する
  • リライト記事構成を作成する
  • 実際にライティングする
  • 効果を検証する

順を追って解説するので、ご確認いただき参考にしてください。

①リライト記事を選定する

リライトを行う際には、まずリライト対象の記事を選定する必要があります。リライトにおいて、記事の選定は非常に重要な段階です。

前項で解説しているリライトする記事の選び方を参考に優先順位の高い記事を選定してみましょう。

選ぶ基準としては、検索エンジン上での順位やアクセス数の低い記事、情報が古くなっている記事などを優先的に選ぶと効果的です。特に、対策しているキーワードが20位以内の記事はリライトをすることで検索結果の1ページ目(10位以内)に入る可能性もあります。

そのため、リライトする際は20位以内にランクインしている記事を選ぶとより効果的です。

その他、コンバージョン率が高い記事や競合記事と比べて優位性がある記事なども選択肢に入ります。

②ユーザーニーズを調査する

記事の選定が終わったら、ユーザーニーズを調査しましょう。

実施する方法は、次の通りです。

  • 上位10記事に含まれているユーザーニーズを漏れなくダブりなく書き出す
  • 検索結果に表示される「関連する質問」などの要素を確認する

まずは、上位10記事に含まれる「〜を知りたい」というユーザーニーズを漏れなくダブりなく書き出すことです。

それらを解決すると新たに生まれるであろう潜在ニーズも書き出してみてください。

その他、検索結果にある次の箇所をチェックしてユーザーのニーズを漏れなく確認します。

  • サジェストキーワード
  • 関連する質問
  • 関連性の高い検索
サジェストキーワードと関連する質問を説明した図解
関連性の高い検索を説明した図解

GoogleはSEO評価の基準を公開していないものの、ユーザーファーストな記事は高く評価される傾向があります。

ユーザーが求めている情報や検索キーワードを調査し、記事の内容や表現方法を見直すことで、より的確な情報を提供することが可能です。ユーザーニーズの調査は、その後のリライト効果を大きく左右するポイントです。

ユーザーニーズは、キーワードの傾向や上位競合記事などを参考にさまざまな角度から分析することが求められます。ユーザー目線を忘れず、記事に落とし込みましょう。

③競合記事を調査する

記事の選定とユーザーニーズの調査が完了したら、競合記事の調査・分析をしましょう。

競合他社の記事を調査することで、自社記事に不足した要素を確認できると同時に、自社だからこそ含められる独自要素を見つけられて記事をさらに差別化できます。

なお、競合記事を分析するときに特に注視すべき点は以下の3つです。

  • タイトル
  • 見出しの構成
  • 記事の長さ・文字量

これらの要素を漏れなく判断するためには、以下のような自社記事と競合記事を比較できる分析シートを活用すると良いでしょう。

▼競合分析シートの例

リライト時に活用する競合分析シートの例

比較して分析することにより、競合には含まれておらず、自社にしか提供できないような独自情報のアイデアも見つけることができます。

また、検索順位を決定する項目は200以上あると言われています。

単純に差分のある構成や文章の書き方だけでなくキーワードの配置や画像の使い方などを細かく分析しましょう。

④リライト記事構成を作成する

リライトをする際は、はじめにリライト記事の構成を作成します。

競合調査の際に、追加すべき構成(H2やH3)を以下に書き出しておくとスムーズです。

競合分析シートの例

⑤実際にライティングする

リライト記事構成が作成できたら、構成に従って実際にライティングをします。

ライティングは、以下2つの観点を意識して進めましょう。

ユーザーファースト・ユーザー目線で文章が書かれているか
・表現はわかりやすいか
・サイトの構造が見やすいか
・リンクなど動線はわかりやすいか
SEO対策のテクニック・タイトル・見出しにキーワードは含まれているか
・ディスクリプションは書かれているか
・本文中に共起語は含まれているか
・主語が適切に使われているか

ユーザーファーストな記事にSEOのテクニックを組み込めば、SEO評価の向上は十分期待できるでしょう。

リライトのライティングのやり方は、以降の章で詳細を解説するので合わせてご確認ください。

⑥効果を検証する

リライト記事を作成した後は、必ずリライトの効果を検証しましょう。

アクセス数や検索順位の変化などを定期的にモニタリングし、リライトの効果を確認することで、改善の余地がある場合は再度リライトを行うこともあります。

また、複数のリライト記事の効果を確認することで、より効果的なリライト方法を見つけることもできるでしょう。

なお、リライト反映後から記事の順位が安定するまでには2週間ほどかかることが多いです。そのため、リライト記事は前後1ヶ月ほどで成果を計測するのがおすすめです。

リライトの効果が見られない場合は繰り返しリライトを行いましょう。

また、効果検証を実施する際は、必ず以下のような順位観測シートにまとめておきましょう。

リライトの順位を観測するシートの例

記事やブログのリライトライティングのやり方①Googleを意識したSEOテクニックを取り入れたリライト

  • 競合サイトのコンテンツを分析する
  • タイトルの左側にキーワードを寄せる
  • タイトル・Hタグ・ディスクリプションにキーワードを含める
  • 内部リンクと内部被リンクを追加する
  • PAAを参考にしたテーマやトピックを追加する
  • alt属性を追加する

それぞれのコツについて詳しく解説します。

競合サイトのコンテンツを分析する

記事をリライトする際には、競合サイトのコンテンツを分析して、どのような情報やキーワードが効果的なのかを把握することが重要です。

対策したいキーワードで検索した際に上位表示されるサイトを調査・分析し、キーワードの含有率や配置、サイト構造などを比較します。

競合サイトの優れた部分を参考にしながら、自分の記事を改善していきましょう。

ただし、どれだけ優れているコンテンツだからといってコピーすることは厳禁です。コピーコンテンツはGoogleからペナルティを受ける可能性があります。

タイトルの左側にキーワードを寄せる

記事を書く際は、タイトルの左側にキーワードを寄せましょう。

検索エンジンはタイトルの左側に配置されたキーワードを認識しやすい傾向があります。そのため、記事のタイトルに対策キーワードをできるだけ左側に配置することで検索順位を上げる効果が期待できるでしょう。

また、ユーザーも左から順に文字を読む関係上、キーワードを見つけやすくなることでクリック率が上がりやすいです。

SEOに強いタイトルの付け方|独自事例付きで文字数やクリック率向上のポイントを公開

SEOに強いタイトルの付け方|独自事例付きで文字数やクリック率向上のポイントを公開

タイトル・Hタグ(見出し)・ディスクリプションにキーワードを含める

タイトルやHタグ、ディスクリプションには必ずキーワードを含めるようにしましょう。

Googleのロボットは、記事の内容を確認するときにタイトルやHタグなどの情報を先に読み取ります。

そのため、タイトルやHタグに重要なキーワードが含まれていないと、情報の不足した記事だと判断されてしまうケースもあるでしょう。

不自然にならない程度にキーワードを含めることを意識しましょう。

内部リンクと内部被リンクを追加する

リライトする際は、積極的に内部リンクを追加しましょう。

記事内に、関連する他の記事へのリンクを追加することでユーザーにとって便利な情報を提供するとともに、サイト内の滞在時間を伸ばす効果も期待できます。

また、検索エンジンはリンクを辿って記事を巡回します。そのため、検索エンジンにとってもサイトの構造を理解しやすくなり正しいSEO評価に繋がりやすいです。

なお、内部リンクを設置する際にはURLだけを貼るのではなくキーワードを含めたテキストにリンクを挿入する形で設置しましょう。

他にも、内部被リンク(他の記事から、リライトする記事へのリンク)を追加することも大切です。

Googleには、リンクジュースという考え方があり、リンク元ページの評価がリンク先ページへ受け渡されるというものがあります。

▼リンクジュースの概念

リライト時に知っておくべきリンクジュースの概念

ただ、近年のSEOでは、リンク先と関係のあるページに内部リンクを設置したとしても、文脈と関係のない位置に設置してリンクに遷移されない状況だと、逆にリンク先の評価を下げてしまう場合もあります。

そのため、内部被リンクを設置するときには、関連性の高い記事の関連性の高い箇所に設置しましょう。

内部リンクとは?SEOに効果的な貼り方のコツや設置場所を解説

内部リンクとは?SEOに効果的な貼り方のコツや設置場所を解説

PAAを参考にしたテーマやトピックを追加する

PAA(People Also Ask)とは、Google検索結果ページの下部に表示される関連質問(「他の人はこちらも質問」)を指します。

リライトにおけるPAAとは何かを説明したスクショ

PPAを参考にして記事に役立つテーマやトピックを追加することで、ユーザーの検索意図に合致するコンテンツを提供できます

また、PPAに回答するような見出しを記事に追加することでPPA内に記事が採用される可能性も期待できます。

リライトにおけるPAAとは何かを説明したスクショ

PPAに採用されれば大幅なクリック数の増加が見込めるため、PPAは積極的に参考にすると良いでしょう。

alt属性を追加する

リライトにおけるalt属性を説明した図解

画像を記事に挿入する際は、画像にalt属性を挿入しましょう。

alt属性には画像の内容や関連するキーワードを記述することで、検索エンジンにとっても画像を理解しやすくなります

alt属性はSEOとは直接関係ないと言われることもありますが、検索エンジンがalt属性を読み取ることでページとの関連性や検索意図と合っているかどうかなどを分析するため、結果としてSEO評価に影響を与えている可能性は少なくありません。

alt属性を適切なキーワードで埋めること自体にデメリットはないと考えられるため、機会損失を生まないよう設定しておきましょう。

記事やブログのリライトライティングのやり方②ユーザーファーストを意識したリライト

  • ユーザーの疑問を解決できることを提示したリード文にする
  • ユーザーが読みやすい文章にする
  • 読了率やCTA・リンクのクリック率を改善する
  • ユーザーに価値のある独自要素を入れ込む|オリジナル図解や独自事例

ユーザーの疑問を解決できることを提示したリード文にする

リード文は、記事をクリックしたユーザーが最初に目にする文章です。

ユーザーはここで、自分の疑問を解決できる記事なのかを判断します。そのため適切なリード文でないと、記事の中身がいくらよかったとしてもユーザーに離脱されてしまうのです。

上記は、非常に勿体無いことのため、リード文のリライトも必須といえます。

リード文のリライトでは、ユーザーの顕在ニーズに対する答えを提示して、文章を読み進めることで解決方法の詳細がわかることを提示できるような構造へ変更しましょう。

次の構造にすることが望ましいです。

  • 顕在ニーズの解答を提示する
  • 解答を実施するための方法を記事に記載していることを提示
  • 専門性・権威性のある人物が発信していることの提示

▼適切なリード文の構造例

リライト時に適切なリード文の構造例を説明した図解

また、流入してくるユーザーによってニーズが若干異なります。そのため、各トピックへ飛べるようなアンカーリンク(記事内リンク)を設置しておくことを推奨します。

上記を実施することにより、ユーザーのニーズと合致した記事となり滞在時間の向上につながります。

読者が読みやすい文章に変更する

記事をリライトする際には、読者が読みやすい文章に改善しましょう。

分かりやすい表現や適切な文体、適切な行間などで読者の理解を促進させることで、ユーザーエクスペリエンスを向上させることが可能です。

日本語の言い回しだけでなく、難しい単語は置き換えたりあまり使わない漢字はひらがなにしたりすることも大切です。

読了率やCTA・リンクのクリック率を改善する

記事のリライトにおいては、読了率やCTA(Call to Action)のクリック率を改善することも重要です。

例えば、ヒートマップツールから読み取れた、読者が関心を持っている箇所を記事の後半に回すことで読了率や滞在時間を伸ばす効果が期待できます

読者が記事を最後まで読んだり、CTAやリンクをクリックしたりすることで、記事の評価が上がり順位向上に繋がる可能性がある

ユーザーにとって価値のある独自要素を入れ込む|オリジナル図解や独自事例

ユーザーにとって役に立つ独自情報を盛り込むことも大切です。

以下の理由で順位向上に期待ができるためです。

  • 記事の内容がわかりやすくなったりユーザーのニーズをさらに満たしたりして滞在時間が向上する🟰ユーザーファーストな記事だとGoogleに評価される
  • 独自要素の経験や専門性などが評価される

具体的には、ユーザーがより記事内容を理解しやすくなるようなオリジナル図解の挿入や、独自事例の挿入がおすすめです。

リライト時に挿入するオリジナル図解の例
リライト時に挿入する独自事例の例

ユーザーニーズと合致している且つ、貴社にしか提供できない情報を見つけて記事の中に盛り込みましょう。

記事やブログをリライトする意味やメリット4選

記事やブログをリライトする意味やメリット

次に、記事やブログをリライトするメリットを4つ紹介します。

  • SEO評価が向上し記事の順位が向上する
  • リライトのため初めから記事作成する必要がなくコストを削減できる
  • 更新頻度や記事の情報鮮度を保てる
  • コンテンツの重複が回避できる

それぞれのメリットについて詳しく解説するので、参考にしてください。

SEO評価が向上し記事の順位が向上する

記事やブログをリライトすることでSEO評価が向上し、記事の順位が向上することがあります。

リライトでは、競合記事やキーワードを分析してより適切な文言の選定や配置、タイトルや見出しの最適化などができるため、検索エンジンによる評価が高まりやすいです。

結果として以前より多くのユーザーにアクセスしてもらえるようになり、集客効果が期待できます。

リライトのため初めから記事作成する必要がなくコストを削減できる

リライトは初めから記事を作成する必要がないため、コストを削減できる場合が多いです。

追加・修正文字数はもともとの記事の規模にもよるものの、2,000文字前後が多く単純なコスト削減に繋がります。

また、既存の記事をベースにして改善するため、時間や労力を節約しながら、SEO効果を高めることが可能です。さらに、記事のSEO評価を引き継げるため、記事に順位が付くまでの期間を短縮できます。

特に、大量の記事を作成する必要がある場合や予算に余裕がない場合には、リライトは有効な方法です。

更新頻度や記事の情報鮮度を保てる

リライトは既存の記事の情報をアップデートすることで、常に最新の情報を提供することが可能です。

記事やブログの更新頻度や情報鮮度は、SEOにおいて重要です。定期的なリライトを行うことでユーザーに新鮮なコンテンツを提供し続けられ、SEO評価を向上させることが可能です。

また、更新頻度の高さはGoogleからの評価向上にも繋がります。小規模のリライトでも、継続して続けることが大切です。

コンテンツの重複が回避できる

リライトにより既存の記事の内容を改善することで、コンテンツの重複を回避することが可能です。

コンテンツの重複は、SEOにおいてマイナスの要素とされます。重複したコンテンツがないことは検索エンジンからの評価を向上させるだけでなく、ユーザーにとっても充実した情報を提供することが可能です。

似たようなキーワードを対策する場合、重複コンテンツを避けるために新規記事ではなくあえてリライトをする方が良い場合も少なくありません。

トを行いましょう。

注目しましょう。

記事やブログをリライトする際の注意点3選

記事やブログをリライトする際の注意点3選

次に、記事やブログをリライトする際の注意点を3つ紹介します。

  • 記事のURLは変更しない
  • 更新日は最新にする
  • バージョンごとの管理をする

それぞれの注意点について詳しく解説します。

記事のURLは変更しない

記事をリライトする際には、記事のURLは変更しないようにしましょう。

既存のURLが検索エンジンにインデックスされているため、URLを変更すると検索エンジンが新たにリンクを探索する必要が生じます。

リンクの再探索には時間がかかる場合があるため、正しく記事が評価されるまで検索エンジンの評価が下がる可能性もあります。

流入数が多い記事は順位が下がると売上に大きな影響を与える可能性も考えられるため、特に注意が必要です。

更新日は最新にする

記事をリライトする際には、更新日を最新にすることも重要です。

検索エンジンは最新の情報を好み、似たような内容であればより新しい記事を優先的に表示する傾向があります。

そのため、リライトした記事の更新日を手動で最新のものに変更することで、検索エンジンへ情報の最新性をアピールできます。

ただし、日付のみを更新することは避けましょう。検索エンジンは日付と合わせて内容の変更点も読み取っています。内容を変えずに日付だけを変更すると、ペナルティを受ける可能性も考えられます。

バージョンごとの管理をする

記事をリライトする際には、必ず記事をバージョンごとに管理しましょう。

リライトの効果が出なかった場合は記事を元の内容に戻すことも考えられます。元の記事のバージョンを保存しておくと、古いバージョンに戻すことが簡単です。

また、バージョンごとの管理によりリライトによる効果の追跡や比較もしやすくなります。

SEOに効果のあった記事のリライト成功事例|問合せ3倍UPのStockSun独自事例

冒頭の方でも触れているStockSunコラムをリライトしたことにより、記事からの問合数が3倍UPしている成功事例を紹介します。

検索ボリューム2400ほどの「ホームページ 制作会社」というキーワードの記事をリライトし、掲載順位11〜15位→10位以内に上昇している事例です。

最近では、2~4位を獲得している状況です。

本事例で実施した具体的な施策は次の通りです。

競合との差分をなくすための加筆・不足している見出しの追加
・紹介する制作会社の数は競合サイト以上になるよう追加
ユーザーファーストを意識したリライト・リード文でユーザーのニーズを満たせることをわかりやすく提示
・制作会社をタイプごとに分けて、各ユーザーのニーズと合致する会社を探しやすいようにした
・制作会社を一覧で比較できるような一覧比較図解を挿入した
CVRを改善するリライト・CTAの追加
・同じ記事を読むユーザーでもニーズが若干異なる→それぞれのユーザーに合わせた複数のCTAの文言を作成し各所に追加

競合サイトとの差分をなくすだけでなく、競合サイト以上にユーザーのニーズを満たすことを意識してリライトを実施しました。

また、他記事にはない、会社を一発で比較できるような独自図解を含めたこともGoogleからの評価につながっています。

▼一覧比較図解

リライト時に挿入した一覧比較図解の例

本事例で紹介しているリライト内容は、本記事で全て解説していることのため、ぜひこの記事を参考にして貴社でもリライトを実施してみてください。

「知見のない状態だから見当違いのリライトをしてしまいそうだ」
「知見のある外注先にリライトを依頼したい」

その場合は、StockSunへご相談ください。StockSunでは、代行会社を検討中の企業様に向けて1記事リライトを無料で実施させていただく、お試しサービスを提供しております。

StockSunの実力を事前に無料でご確認いただきご納得いただけたら本契約とさせていただくため、貴社に損をさせない仕組みを構築しています。

ぜひこの機会にお試しください。

詳細は次の動画でもお話ししております。

記事のリライトについてよくある質問

記事のリライトについてよくある質問

最後に、記事のリライトについてよくある質問を2つ紹介します。

  • リライトツールを使って記事やブログをリライトするのは有効?
  • リライトが難しい場合はどうすればいい?

それぞれの質問について回答します。

リライトツールを使って記事やブログをリライトするのは有効?

自動のリライトツールを使って記事やブログをリライトすることは可能なものの、あまり有効とは言えません

リライトツールは完全に自動化されるケースは少ない上に、高品質なコンテンツは生成されにくい特徴があります。

リライトツールを使用する場合は、最終的には人がチェックして適切な修正を加えることが重要です。

記事のリライトが難しい場合はどうすればいい?

記事のリライトが難しい場合は、SEO会社に相談してみるのがおすすめです。

リライトは、ユーザーニーズや競合記事の調査・分析から構成作成、実際のライティングなど多くの工程が必要です。

場合によっては新規記事を作成するよりも時間がかかることもあり、大量の記事を少人数でリライトするのは現実的ではありません。

しかし、SEO会社であれば依頼するだけで豊富なノウハウを持ったSEOのプロがリライトを進めてくれます。

リライトを業者へ依頼する際の費用相場は、以下にて解説しています。

リライトの料金相場はいくら?Webライターと代行会社の2種類の外注先を徹底解説!

リライトの料金相場はいくら?Webライターと代行会社の2種類の外注先を徹底解説!

記事の順位向上や順位維持を狙う場合はリライトが重要

リライト 記事

本記事では、記事をリライトする方法や効果を上げるためのコツなどを紹介しました。
リライトは、以下の手順を踏むことが大切です。

  • リライト記事を選定する
  • ユーザーニーズを調査する
  • 競合記事を調査する

記事のリライトは、SEO評価を向上させ売上の増加に繋がる可能性もありますが、適当に進めるとむしろ順位を落としてしまう場合も少なくありません

リライトは新規記事よりも手間がかかることも多いことから、より効果的かつ工数をかけたくない方はSEO会社に依頼するのがおすすめです。

弊社ではSEOの“トライアル発注”をお受けしております。
記事の品質を見たうえで、有償発注の判断が可能です。
>>まずは無料で1本リライトしてみる

弊社のコンサルタントの無料提案を受けていただくだけでも最新のSEO動向や悩みの解決に繋がります。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。