メールで
無料相談
LINEで
無料相談

















TOP

SEO分析とは?分析手順やカテゴリー別のおすすめツールを13種類紹介

SEO
更新日
seo
SEO分析とは?分析手順やカテゴリー別のおすすめツールを13種類紹介

著者

亀田温大

弊社ではSEOの“トライアル発注”をお受けしております。
記事の品質を見たうえで、有償発注の判断が可能です。
>>まずは無料で1本リライトしてみる

弊社のコンサルタントの無料提案を受けていただくだけでも最新のSEO動向や悩みの解決に繋がります。

「SEO分析って何?」

「SEO分析に必要なツールって何?」

上記のような疑問をお持ちの方がいるのではないでしょうか。

SEO分析とは、SEOの観点から自社サイトを分析し、必要な施策を実行することを指します。

また、SEO分析に必要なツールは下記のように多岐に渡ります。

  • Google Analytics
  • パスカル
  • DeepCrawl
  • アナトミー
  • Lighthouse

本記事では、SEO分析の重要性や手順を紹介した後、おすすめのSEO分析ツールを13種類紹介しています。

施策別におすすめのツールを解説していますので、自社サイトにあったツールを使用してみてください。

そもそもSEOとは

SEOとは

SEO(Search Engine Optimization)とはWebサイトに、検索エンジンからの流入者を増やす施策で、日本語では「検索エンジン最適化」と訳されています。

検索エンジンに対して、自社サイトの価値を理解してもらうように、最適化する取り組みで、Webサイトを検索結果で上位表示させるのに必要です。

SEO分析とは

SEO分析はSEOの観点から自社サイトを分析し、必要な施策を実行することを指します。SEO分析をすれば、Webサイトにどれぐらいの集客力があるか、どういった検索キーワードからの訪問が多いのかなどが、分かります。

有効なWebマーケティングをする上では、適切なSEO分析に基づいた施策が欠かせません。検索エンジンから評価されるために、競合サイトとの比較や、特定のキーワードにおける検索結果などを分析し、現在のSEO対策の有効性を判断する必要があります。

SEO分析のメリット

SEO分析を通じて競合サイトの状況が把握できるので、検索エンジンがどういったコンテンツを評価する傾向にあるか、どのようなキーワードを活用すべきかなどが、明らかになります。そうすると有効なキーワード戦略を打ち出せるようになります。

有効な施策を打ち出すことで、検索結果の上位表示が可能になり、より多くの検索ユーザーが自社サイトを目にする機会が増えるでしょう。その結果Webサイトへの流入者が増加して、商品・サービスの売り上げや、契約につながります。

また分析によって既存のSEO施策の有効性も検証でき、施策の検証と改善を繰り返すことにより、Webサイトの集客力を継続的に向上できます。

SEO対策の7つのメリットとは?デメリットや4つの対策ポイントをわかりやすく解説

SEO対策の7つのメリットとは?デメリットや4つの対策ポイントをわかりやすく解説

SEO対策の基本とは

SEO対策の基本

SEO対策の基本として、下記の3つが挙げられます。

  • 内部対策
  • 外部対策
  • コンテンツ制作

自社サイトや競合サイトの情報を把握した上で上記の対策をすることで、検索エンジンから評価されるWebサイトとなる可能性がありますので、ぜひ参考にしてください。

SEOとは?基本知識から上位表示をするための効果的な施策を紹介!

SEOとは?基本知識から上位表示をするための効果的な施策を紹介!

①内部対策

内部対策とはWebサイトのコンテンツに対して、実行する施策を指します。検索エンジンのクローラーに自社サイトを認知させ、正しく評価されるための取り組みです。

大きく分けると、クローラーに自社サイトを見つけてもらいやすくする施策と、掲載しているコンテンツを理解してもらうための施策、検索エンジンからの評価を高める施策などです。具体的には次のものが挙げられます。

  • サイト構造の最適化
  • パンくずリストの設置
  • ディスクリプションの設定
  • URLの正規化
  • 画像説明文(altタグ)の設定
  • XMLサイトマップの作成

上記以外にも様々な施策がありますが、いずれも検索クローラーに自社サイトのコンテンツを正当に評価してもらうためには有効な手段といえます。

SEOの内部対策とは?内部対策20のチェックリストと使えるチェックツールを徹底解説【StockSun独自のチェックシートを無料提供中】

SEOの内部対策とは?内部対策20のチェックリストと使えるチェックツールを徹底解説【StockSun独自のチェックシートを無料提供中】

②外部対策

外部対策は、他のWebサイトからコンテンツを評価され、積極的に情報を共有してもらう取り組みです。

具体的には、多くの被リンクを獲得するための施策を行います。例えば、質の高いコンテンツを掲載したり、外部メディアに情報を共有してもらったりすることがあります。

良質な被リンクが多いと、検索エンジンからの評価が高まり、検索順位が上がる可能性があります。

特に、Googleが評価している信頼性や専門性、権威性のあるWebサイトから自然なリンクを多く獲得することが効果的です。

自然なリンクを増やすためには、自社サイトのコンテンツを定期的に改善し、ユーザーに価値のある情報を提供し続ける姿勢が重要です。

SEOの外部対策とは?やるべき22選の具体策を公開!重要な理由や注意点

SEOの外部対策とは?やるべき22選の具体策を公開!重要な理由や注意点

③コンテンツ制作

SEOの重要なポイントは、ユーザーの検索意図に適応し、明確な回答を提供することです。

コンテンツSEOとは、価値のある情報を提供し、検索上位を目指すための手法です。具体的には、ターゲットユーザーを明確にし、どのキーワードで検索されるかを把握、有益な情報をコンテンツとして提供することが重要です。

もしコンテンツの品質が低ければ、どんなSEO対策を行っても上位表示は難しいでしょう。

コンテンツSEOとは?メリット・デメリットや具体的な手順をご紹介

コンテンツSEOとは?メリット・デメリットや具体的な手順をご紹介

SEO分析の手順とは

SEO分析の手順とは

SEO分析の手順を紹介します。

  • 競合サイトと自社サイトを比較する
  • キーワードを見直し再選定を行う

順に紹介します。

競合サイトと自社サイトを比較する

SEOにおいては、自社サイトのターゲット読者と検索キーワードとのマッチングが重要です。

競合サイトとの比較を通じて、対策キーワードの妥当性や有効性を判断すること、そして競合サイトがどのようなコンテンツを掲載しているかや、どのキーワードを狙っているかをチェックします。

もし同じキーワードで上位表示を実現している競合サイトがあれば、どのようなコンテンツでユーザーの興味を引いているのか、サイトの構造や被リンクの状態なども確認しましょう。

競合サイトが自社サイトより上位に表示されている場合、そのキーワードにおいて競合サイトとユーザーのマッチング度が高いと考えられます。比較することで、自社サイトの改善すべきポイントが明確になります。

キーワードを見直し再選定を行う

競合サイトと自社サイトを比較した後は、自社サイトで使うべきキーワードを選び直し、調整します。

自社のターゲット層に確実に訴求できるキーワードを選ばなければなりません。また、対策キーワードがユーザーのニーズに合っていても、掲載しているコンテンツを通じて、ユーザーに正しく価値が伝わっていない可能性もあります。

コンテンツ全体の構成や、記事に使うキーワードのバランス、関連キーワードやタイトル、見出しのチェックも行いましょう。

【施策別】SEO分析におすすめのツール13選

SEO分析ツール

ここまで、SEO対策の基本や対策の手順を紹介しましたので、本章からSEO分析におすすめのツールを下記の施策別に紹介します。

  • 内部対策におすすめの分析ツール
  • 外部対策におすすめの分析ツール
  • キーワード選定におすすめの分析ツール
  • 検索順位の調査に長けた分析ツール

順に紹介しますので、自社サイトに適したツールを探してみてください。

内部対策におすすめの分析ツール

内部対策におすすめの分析ツールを紹介します。

  • Google Analytics
  • パスカル
  • DeepCrawl
  • アナトミー
  • Lighthouse

順に紹介します。

1.Google Analytics|流入状況やCV率も測定できる無料分析ツール

Google Analyticsは、Googleが無料で提供している代表的な分析ツールです。

自社サイトへの訪問者の流入状況を詳細に把握することができ、さらにCV(コンバージョン)率も測定できます。

訪問者がよく閲覧するページや離脱の原因なども把握できるため、コンテンツの改善には必須のツールです。

また、訪問者の年齢や居住地域などの属性も確認できるので、どのような情報が訴求しやすいかを判断するのにも役立ちます。

同じGoogleが提供しているサービス「Google Search Console」と比較すると、Search Consoleはユーザーが自社サイトに訪れるまでの動きを把握する役割を担っており、一方でAnalyticsはサイトに流入後の動きを分析する役割を担っています。

2.パスカル|上位競合サイトの分析に長けた分析ツール

パスカル
引用:パスカル

パスカルは、検索エンジンで上位に表示されるWebサイトを分析し、わかりやすく視覚化するツールです。

競合サイトと比較して、自社サイトのコンテンツやタグの改善点を把握し、上位ページの共通点を見つけることで、自社サイトの順位を上げるための施策を考えることができます。

これまでSEO対策について具体的に何をすればいいのか分からなかった人にとって、最適なツールと言えるでしょう。また、コンテンツに盛り込むべき情報も明確になるため、特にオウンドメディアの運営に役立ちます。

3.Lumar(旧:DeepCrawl)|SEOに関する情報を取得し評価してくれる分析ツール

Lumar
引用:Lumar

Lumar(旧:DeepCrawl)は、SEOに関する情報を取得し、Webサイト内部の問題点を抽出してくれるツールです。

ページのタイトルやディスクリプションの内容、サイト全体の構造などを評価し、改善すべき点をリスト化してくれます。そのため、すぐに効果のある内部対策を実践することができます。

また、内部クロールのタイミングは、1時間や1日、1カ月などの単位で設定することができ、過去のクローリングデータをチェックすることで、Webサイトの状態を確認することができます。

さらに、タスクマネージャーを使用して、スタッフに作業を割り当てることもできますので、チームでのSEO対策にも活用しやすいです。

4.アナトミー|SEO分析とアクセス解析に長けた分析ツール

アナトミー
引用:アナトミー

アナトミーは、キーワード分析に加えて競合サイトに関する情報を取得できる内部対策ツールです。

HTMLを詳しく解析して、検索エンジンがコンテンツを理解する際に妨げとなる要因を見つけることができます。

さらに、上位50位までの競合サイトを分析し、各サイトの優れている点の抽出ができます。これにより、コンテンツ制作の参考にできるでしょう。

また、コンテンツの独自性や検索ユーザーが求める情報やトピックなどを洗い出すことも可能です。試用版を30日間利用できますので、ぜひお試しください。

5.Lighthouse|Webサイトのパフォーマンスの評価に長けた分析ツール

Lighthouse
引用:Light House

Lighthouseは、Chromeの拡張機能で、Webページのパフォーマンスを診断し、改善のヒントを提供してくれます。

この拡張機能を使うと、ページの読み込み速度やアクセスのしやすさ、検索クローラーが理解しやすい構造など、基本的なSEO対策に必要な情報を得ることができます。

Google Chromeのみで使用可能ですが、無料で利用できるので、使い勝手を試してみる価値はあります。

外部対策におすすめの分析ツール

続いて、外部対策におすすめの分析ツールを紹介する。

  • Ahrefs
  • Majestic
  • Semrush

順に紹介します。

1.Ahrefs|被リンクの分析に長けた分析ツール

Ahrefs
引用:Ahrefs

Ahrefsは、多くのWebマスターによって利用されている有名な外部対策ツールです。

世界最大の被リンクデータベースを所有しており、自社サイトだけでなく競合サイトの被リンク分析も可能です。

さらに、検索エンジンの上位表示コンテンツや想定される流入キーワード、SNSの反応なども把握できます。

24時間ごとに約40億のWebページをクロールし、15分ごとに新しいインデックスを更新していると言われていますので、最新の情報を手に入れることができるでしょう。

2.Majestic|外部の被リンクを詳細に調査してくれる分析ツール

Majestic
引用:Majestic

Majesticは、被リンク数や被リンク元のドメインなどの情報を直感的に把握することができる人気のツールです。

このツールは、トラストフローやサイテーションフローなどの観点から被リンク元の質と量を評価することができます。

そのため、自社サイトにとって有益な被リンクを正確に把握が可能です。利用料金は、LITE、PRO、APIの3つのプランがあり、月額49.99ドルから利用することができます。

3.Semrush|SEO以外にも広告分析が可能な分析ツール

Semrush
引用:Semrush

Semrushは、競合分析ツールです。これは、SEO外部対策だけでなく、広告やSNSなどの領域にも広く対応しています。

競合サイトの分析や順位変動のトラッキングを一元化するだけでなく、ドメイン分析やキーワード調査など、内部対策に関わる領域の機能も充実しています。

また、競合サイトの入札キーワードや広告文の分析も可能で、競合施策の成功事例を参考にして自社サイトのパフォーマンスの改善が可能です。

さらに、SNS投稿のパターンや高いエンゲージメントを受けている投稿の分析も可能です。競合分析を重要視するWebマスターにはおすすめのツールです。

キーワード選定におすすめの分析ツール

キーワード選定におすすめの分析ツールを3つ紹介します。

  • キーワードプランナー
  • Ubersuggest
  • Keyword Tool

順に紹介します。

1.キーワードプランナー|検索ボリュームや関連キーワードまで抽出できる無料分析ツール

キーワードプランナーは、Googleの公式ツールであり、任意のキーワードの検索ボリュームや関連キーワードの抽出が可能です。

このツールはGoogle広告の機能として提供されており、使用するにはGoogleアカウントと広告用アカウントが必要です。

通常は広告運用のためのツールですが、キーワードの調査にも利用できます。ただし、詳細な検索ボリュームを把握するには広告の出稿が必要なので、注意が必要です。

2.Ubersuggest|任意のキーワードのSEO難易度やクリック単価がわかる無料分析ツール

Ubersuggest
引用:Ubersuggest

Ubersuggestは、対策キーワードの調査に役立つ無料ツールです。

任意のキーワードの検索ボリュームやSEOの難易度、クリック単価、サジェストワードなどを確認することができます。調べたいキーワードを検索ボックスに入力し、言語を選択して検索するだけで、さまざまなキーワードに関する情報を確認できます。

また、直近の検索ボリュームの推移もチェックできるため、時期によるニーズの変化も把握できて便利です。有料版もありますが、無料アカウントだけでも多くの情報の入手が可能です。

3.Keyword Tool|キーワードプランナーよりも多くの語句を発見できる分析ツール

Keyword Tool
引用:Keyword Tool

Keyword Toolは、上述のキーワードプランナーの代替として、多くのWebマスターに利用されているツールです。

このツールは、キーワードプランナーでは見つけられない多くの語句を発見することができます。さらに、最大で750個までのロングテールキーワードの提案もしてくれます。

また、アカウント登録なしで利用できるのも魅力です。しかし、有料版にすると、さらに多くの関連語を取得することができます。

さらに、クリック単価なども調べることができるので、必要に応じて無料で使うか、有料プランにするかを判断すると良いでしょう。

検索順位の調査に長けた分析ツール

最後に検索順位の調査に長けた分析ツールを紹介します。

  • Google Search Console
  • GRC

順に紹介します。

1.Google Search Console|検索順位の分析に長けたGoogle公式の無料分析ツール

Google Search Consoleは、Google公式のWebマスターツールで、無料で利用できます。このツールを使うと、自社サイトがどの検索キーワードでどの順位になっているかを確認することができます。

また、クリック数の情報も把握できます。さらには、新しいページを作成した際には、そのURLを登録したり、クローラーによるページのインデックス状況を確認したりすることができ、さまざまな内部対策に必要な情報も収集できます。

既存のWebサイトの問題点も検出することもできるので、キーワードを使ったSEO対策をする場合には、まずはこのツールを導入することをおすすめします。

2.GRC|競合と自社サイトの検索順位をボタン1つでチェックできる分析ツール

GRC
引用:GRC

GRCを使用すると、すべての検索キーワードの順位を簡単に確認できます。操作はボタンを押すだけで済むため、手軽にSEO対策ができるでしょう。

また、最近のキーワードの順位だけでなく、過去の検索順位も調べられます。さらに、検索順位の変動の理由を考察し、SEOに役立てることもできます。

GRCの価格はプランによって異なり、ベーシックプランは495円、スタンダードプランは990円、エキスパートプランは1,485円です。プロプランは1,980円、アルティメットプランは2,475円です。

まとめ

SEO分析は、自社サイトを定期的に見直すことやツールを用いて競合サイトと比較し、不足コンテンツを見つけて随時対策することが重要です。

継続的な対策を行う上で、SEOツールの利用は欠かせないものとなりますので、本記事で紹介したようなツールを駆使して、自社サイトの改善を効率的に行なってください。

弊社ではSEOの“トライアル発注”をお受けしております。
記事の品質を見たうえで、有償発注の判断が可能です。
>>まずは無料で1本リライトしてみる

弊社のコンサルタントの無料提案を受けていただくだけでも最新のSEO動向や悩みの解決に繋がります。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。