メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

採用活動にはYouTubeが活用できる|動画の意味ある??【実例紹介】

StockSun株式会社の植本です。

私は、StockSunの事業領域において、YouTubeマーケティングに特化したコンサルタントです。

さまざまなことで活用されるYouTubeですが、採用にも実は効果があります。動画で伝えることにより従来の求人広告以上に良い人材を得られることが多いです。

それだけでなく、動画を削除しない限り継続的な人材獲得に期待ができます。

今回は、YouTube動画から採用活動を行う際のポイントと、YouTubeでの採用に実際に成功している事例もご紹介します。

「採用HPに200万円以上費用をかけている」
「毎月100件以上スカウトメールを送付している」
「毎月のように求人票をブラッシュアップしている」

その場合、採用施策にムダが生じている可能性があります。

StockSunが生み出した『YouTube×採用』施策を用いれば、採用コストを削減しながら約30万人に貴社の求人を即リーチできます。

・貴社の採用動画制作し、ターゲット層と相性の良いメディアから集客を実施!

・GMARCH/関関同立以上の高学歴ビジネス層26万人が登録する就活系YouTube「年収チャンネル」と、
StockSunとつながりを持つビジネス系YouTuberが、貴社の採用動画を拡散!

低コストで優秀な人材の採用が叶う、StockSunにしか提供できないサービスをぜひご検討ください。

拡散支援枠には限りがあります。ご興味のある企業様は以下バナーから詳細をご確認ください。

\特典:売上倍増!?貴社の事業課題を解決するYouTubeの戦略をご提案/

YouTubeの無料相談

YouTubeを使った採用活動の基礎知識:そもそも採用動画とは

まず採用を各ポータルサイトでの求人掲載ではなく、動画で行うとはどういうことか。そしてなぜ動画にすべきなのかという点について解説します。

採用動画とは主に、会社の雰囲気や働かれている方の様子を映し、給与・研修期間などの各種条件は記載しないことが多くなります。

そのため職場の様子や働いている方の人柄など、文字では伝わりにくい雰囲気や実態を伝えることに長けています。

本当に動画で採用できるのか

従来の求人でなく動画で果たして採用できるか気になるかもしれませんが、採用は問題なく行えます。

詳しくは後述の「3. 動画で採用するメリット」にて解説しますが、条件だけを見て応募する割合を減らすことができる上、採用した後「思っていた職場と違った」といったミスマッチも減らせます。

従来の求人ですと、掲載画面に応募ボタンやURLがあり、そこからご応募いただく形が多いでしょう。

動画ですと、その動画から直接ページへアクセスすることは厳しい為、例えばYouTubeの場合は概要欄・コメントにあるURLよりアクセスしていただくことが多くなります。

アクセス数等の比較は、ポータルサイトとYouTubeでURLを使い分ける等により可能です。

なぜ求人掲載・広告ではなく動画なのか

ではなぜ求人掲載や広告ではなく、動画によって採用することがトレンドとなっているのでしょうか。

二点ある理由の一つ目に、参入者が少ないことが挙げられます。

採用するとなった際、多くの方が思い浮かべる各種ポータルサイトには、かなり多くの求人が常に載っております。

中には掛けようとする求人より良い条件が既にあることもあり、さらに広告料を支払っている場合は検索結果の上位に表示されやすくなる為、求人を出してもあまり見られない可能性が出てしまいます。

動画はそちらに比べると参入者がまだ少ないため、目に留まる可能性が比較的高くなるかと思われます。

理由の二点目として、採用効率を良くしやすい点があります。

各種ポータルサイトに求人掲載した際、一人当たり平均して60〜80万円ほど必要だと言われております。

そしてこの数値は変動する上に、一人採用するごとに成功報酬をサイトへ支払うパターンもあります。

しかし動画の場合、もちろん全く採用できない可能性もありますが、パフォーマンス次第では安価な制作費用で何人も採用することも可能です。

そして動画の著作権等を得られた場合、他メディアにて流用することもできます。

このように動画次第で採用単価を下げられる上、データとしての資産性もある為、採用動画は人気が高まっていると考えられます。

YouTubeを使って採用活動するメリット

ここまでで、なぜ採用動画をYouTubeで出すのかについて簡潔にご紹介いたしました。

ここでは具体的なメリットについて3〜4点、動画とYouTubeそれぞれでご紹介いたします。

まずは動画での採用メリットですが、

・情報量が圧倒的

・条件以外を訴求できる

・効率が良い

と大きく三点あります。

関連記事

採用動画で得られる効果|効果的な動画を制作する方法【SNS・サイトなど事例つき】

採用動画で得られる効果|効果的な動画を制作する方法【SNS・サイトなど事例つき】

Read More

情報量が圧倒的

採用後に起こりやすい問題として、「想定した職場・業務ではない」

という求職者と企業のミスマッチがあります。

せっかく費用をかけて採用した人材が、早く退職する可能性も高めてしまうため防ぎたい問題ですが、給与などの条件のみ確認する求職者に対しての改善策は多いとは言えません。

一方、動画では条件以外の要素を訴求することに長けているため、そちらを確認した上で求人応募する人が採用後にミスマッチを感じることは比較的低いと考えられます。

また一度に伝わる情報量も、文字と動画ではかなりの差があります。

例えば、オフィスの様子を示したい時には実際の画像を複数枚と「設備を一新した、緑が基調の綺麗なオフィスです!」といった説明がセットとなるでしょう。

一方動画の場合、3〜5秒ほど職場を見渡した動画を撮影することでそれらが伝わります。

一度に入ってくる情報量が多くなり、かといって見ている側も疲れることも少なく、むしろ文字より分かりやすくなることもあります。

このように圧倒的な情報量を自然に伝えることができるのが、動画を用いる具体的なメリットの一点目となります。

条件以外の点を訴求できる

採用動画を撮影する際、主に撮る箇所は職場や働かれている方々の様子など、文字では伝わりづらい雰囲気が多くなります。

そのため、文字であれば「アットホームな職場です!」といった表現になるところも、実際に働いていたり話している様子を映すことでリアルに伝わりやすくなります。

​​効率が良い

前述の通り、動画の著作権等を保有している場合は他プラットフォームやメディア・SNS・セミナー等での流用が可能となります。

そして一回の露出・クリックや採用一人あたりの費用がかからない方法も多数あるため、1本の動画に必要なコストが最初の動画制作費用のみになるケースも少なくありません。

\特典:売上倍増!?貴社の事業課題を解決するYouTubeの戦略をご提案/

YouTubeの無料相談
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

なぜYouTubeで採用活動するのか

上記にて、動画を用いた採用メリットをご紹介いたしました。

ここでは採用動画をYouTubeで活用することについて、なぜ流行っているのかを3つの要素から解説してまいります。

年齢層

YouTubeは、若年層の使用率が非常に高いです。

とある調査では20〜30代の9割が使用し、その3割が休日に3時間以上使用していると発表されました。

LINEなどのコミュニケーションツールを除いた、エンターテイメントのプラットフォームとしては、TwitterやFacebookなど他SNSと比較してかなり上位の使用率となります。

採用したい層が10〜20代でのアルバイト・新卒・中途採用といったケースですと、特にこちらのメリットを大きく受けられるかと思われます。

システムが優秀

YouTubeのシステムは他のプラットフォームと比べて優れている点が多数存在しますが、その一つが「おすすめ・関連動画表示」です。

簡潔にまとめますと、「そのユーザーが見たいであろう動画を、オススメする機能が優秀」となります。

YouTubeは登録された生年月日・性別・良く見る動画テーマなどからユーザー属性を細かく見極め、似た属性の視聴者が見ている動画を正確に分類します。

世界最大のユーザー数から集まった膨大なデータをもとに、正確に見たい動画をオススメ表示する機能が他サービスと比べて非常に優秀です。

そのため仕事を探している人や、その業種に興味がある人に対してオススメ表示する精度も高くなります。

それによって、業種職種をピンポイントで指定する人以外にもアプローチすることができ、場合によっては興味がなかった人も求人応募まで誘導することも可能です。

自社HPやポータルサイトなどの場合、求職者が自ら検索したりアクセスしなければ辿り着きにくいですが、YouTubeの場合はアルゴリズムが求職者へ動画を表示させるため、露出回数が広がりやすいでしょう。

もちろんそのためには後述する「8. YouTubeで採用動画を活用するポイント」を踏まえ、YouTubeをしっかりとハックする必要があります。

しかしそれさえできれば、優秀なシステムをうまく利用して、動画としての効果を最大化し、他のSNS・プラットフォームより有利に運びやすくなります。

資産性がある

YouTubeにアップロードした動画は、基本的に残り続けます。

動画が削除されるケースについてご紹介すると、

・YouTubeがサービス終了する

・投稿したチャンネルが、YouTubeに削除される(通称アカウントバン)

・動画がガイドラインに違反し、YouTubeに削除される

といった場合です。

しかし採用するための動画を制作する以上、ガイドラインに違反するような性的・暴力的コンテンツを作る可能性はかなり少ないかと思われます。

またYouTubeが今までの数倍盛り上がることは起こりづらくとも、YouTubeから完全にユーザーがいなくなりサービス終了する可能性も低いでしょう。

動画プラットフォームという点ではどのサービスでも資産性はありますが、一番サービス終了しづらいのはYouTubeだと思われるため、資産性が最も高いプラットフォームとも言えます。

もちろん一時的なイベントスタッフや、今すぐ欲しい人材のための採用動画の場合は効果が薄いかもしれませんが、毎年何人か採用したいという場合には大きなメリットとなるでしょう。

採用以外のメリットが得られる可能性がある

前提として、YouTubeチャンネルをうまく運用する上では目的は1つに限定した方が比較的うまく行きやすくなります。

目的を複数にした場合、それぞれを達成するためバラバラな方向の動画を投稿する必要性もあるため、YouTubeも誰に動画をオススメ表示すればいいのかわかりかね、伸びるまでの時間がどうしても伸びる傾向にあるためです。

しかし採用のみを目的としても、それ以外に一切のメリットが得られないケースの方が少なくなります。

「6. YouTubeで採用動画を活用するポイント」にて後述しますが、様々な動画を投稿する中で会社に対してファンを作って顧客リストが獲得できたり、動画の雰囲気を統一することでブランディングができることもあり得ます。

もちろん最初から全てを求めるとチャンネル運用が破綻しやすくなってしまいますが、採用がうまくいった先には他のメリットもあることはYouTubeならではだと言えます。

\特典:売上倍増!?貴社の事業課題を解決するYouTubeの戦略をご提案/

YouTubeの無料相談
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

YouTubeを使って採用活動するデメリット

ここまでYouTubeでの動画採用の良い側面ばかりご紹介してまいりましたが、デメリットもあります。

大きく三つのポイントがあるので、こちらは踏まえた上でその後の各種ポイントへと移りましょう。

即効性がない

YouTubeにおいて、動画1本目を投稿したその日にメリットが得られるケースはほぼございません。

著名人が他SNSにて宣伝した場合や、元々他のチャンネルにて出演していた場合は例外ですが、有名人でさえ最初の数本伸びないケースもあります。

プロの目安として「最短3ヶ月、平均6ヶ月、1年経っても目が出なかったら終了」とあるように、どんなに早くても数ヶ月の準備が必要な点は、広告やポータルサイトに劣る点かと思われます。

必ずうまくいくとは言えない

YouTubeチャンネルでチャンネル登録者1,000人に到達するのは、上位10〜15%ほどです。

しかし、実際採用する上ではそこまでの数字は必要なく、100人前後でもメリットは十分あります。

おそらく感覚としてそこまで大きくない数字である登録者1,000人でもこの割合であることから、YouTube運用が決して簡単ではないことはお分かりかと存じます。

炎上のリスク

度々ネットニュース等にも上がる炎上ですが、当然ながらリスクとして全チャンネルに存在します。

しかも恐ろしい点は、仮に事実でなかった際でも一時的に風評被害が出ることもあるところです。

ただし結論、順当にチャンネル運用している場合はほとんど炎上することはございません。

むしろリスクを恐れて顔も社名も隠す方が、信頼性が得づらく効果が下がる可能性もあります。

上場などを見据えた場合においては、仮に炎上せずとも動画コンテンツの中身が審査されることもあるため、ある程度のコンプライアンスを守る必要性は出てくるでしょう。

関連記事

YouTubeをビジネス利用すべき理由【企業も個人も】

YouTubeをビジネス利用すべき理由【企業も個人も】

Read More

採用活動に使える、YouTube以外のSNSは、こちらをご確認ください。

関連記事

SNS採用の全て!メリット・デメリットから成功の秘訣まで徹底解説

SNS採用の全て!メリット・デメリットから成功の秘訣まで徹底解説

Read More

YouTubeで採用活動用に使用する動画を作るポイント

では実際に採用動画を作る際、何に気をつけるべきかを大きく三点ご紹介してまいります。

採用動画の作り方は、以下の記事で詳しく解説しています。合わせてご確認ください。

関連記事

採用動画の事例20選!作るコツ1から10とトレンドを解説【費用・種類・作るポイント】

採用動画の事例20選!作るコツ1から10とトレンドを解説【費用・種類・作るポイント】

Read More

編集より撮影に注力する

YouTube動画の多くはテロップ・効果音など多くの編集が加えられております。

そちらのスタイルに寄せて無理に編集を加えると、かえって実態や本当の雰囲気が伝わりにくくなり、せっかくの採用動画に対して信頼が減ってしまうことがあります。

編集であれこれ足すのではなく、どこを・誰を・どう撮影するのかに注力する方が良い採用動画を作りやすいでしょう。

また機材について、良いに越したことはございませんが最先端のものは必要ございません。

むしろ親近感を持って欲しい場合にはスマホに近い画質の方が良いケースもあります。

何で撮るかは、YouTubeにある様々な動画とかけ離れていなければ違和感も少ないため、採用動画のために高級カメラを用意したり、映画レベルのプロカメラマンを用意する必要はあまりないでしょう。

対象者を絞る

求人掲載をする際、マネジメント経験や前職何年など様々な条件があるかと存じます。

対してYouTubeは、検索などのアクションによって誰でも見ることができるプラットフォームです。

かといって、どんな人にも刺さる動画を出そうとしてしまうと平坦な内容となりやすく、本当に欲しい人材へはそこまで刺さらない可能性もあります。

誰に届けたいのかを限定し、その人へ向けて動画を出す方が、たとえ視聴回数が数百回などと低くなっても十分効果は見込めるため、対象とする視聴者は絞った上で撮影・制作に入りましょう。

良いところのみを映さない

どうしても採用動画や企業紹介動画などを撮る際、アピールポイントや企業のいいところのみを映すケースが多く見受けられます。

もちろん主張すべき良い点は積極的に映すべきですが、あまりに良いところのみでネガティブ要素がないと視聴者はかえって怪しむ場合もあります。

また「アットホームな雰囲気」や「コミュニケーションの取れる職場」など、文字ではありきたりな要素は動画でこそ伝わりやすいです。

ただそれを伝えるためだけに、凝った演出や芝居をしてしまうと、採用動画としての信憑性低下も起きかねません。

どれくらい働くのか、どのように働くのかをリアルに映しつつ、アピールポイントを組み込むことで、求職者が信用しやすく好印象へと繋がりやすくなります。

代行の場合、実績を見る

動画撮影・制作を自社ではなく他社やフリーランス等に依頼する際、過去の実績を見ることを推奨いたします。

なぜなら、仮に動画制作会社であっても得意分野がエンタメなどの場合、求めていた採用動画が仕上がらない可能性が高まるためです。

YouTubeで採用動画を活用するポイント

ではYouTubeで採用動画をうまく活用するために必要なポイントを、大きく2つご紹介いたします。

見た人にメリットがある動画を投稿する

「5.3 良いところのみを映さない」にて前述いたしましたが、ただ企業が言いたいことを、基本的に視聴者は求めておりません。

またセミナーとも違い、視聴者はいつでも視聴を中断することができます。

採用動画そのものに関しては、冗長でなく演出が少なく短い動画を作るようにしましょう。

求人することそのものは視聴者にとって関心が薄いため、無理に5分や8分の動画を作ったとしても「自分には関係ない」と離脱する可能性が比較的高いためです。

また採用を恒久的に行いたい場合は、採用動画だけの投稿ではなく各種ノウハウ動画をメインとしたチャンネル運用をオススメいたします。

視聴者が引き続き見たいと思う動画にするため、視聴者にとってメリットがある動画。

例えば新しい情報が知れたり、よくある勘違いをプロが解説したりといった情報を入れた動画を作ることで、継続してみてくれる視聴者が生まれやすくなります。

そのようなただのノウハウ動画を出して、採用につながるか想像しづらいかと存じます。

ただ様々なコンテンツを通すことにより、視聴者がファン化したり、情報収集している求職者からの信頼も得やすくなります。

どちらのやり方にも共通することとして、視聴者にメリットを提供すること。

提供できるメリットが少ない場合、動画を簡潔にすることが重要となります。

ある程度の期間は必要だと認識する

YouTubeにて採用動画を出す際、

・採用動画のみを投稿する

・チャンネルを継続運用する

この2パターンあります。

後者の場合、前述のように「最短3ヶ月、平均6ヶ月、1年経っても目が出なかったら終了」と数ヶ月以上は必要となるため、ある程度の期間はどうしてもかかることを念頭に運用しましょう。

動画だけでなく、採用サイトも制作したい場合は、以下記事が参考になります。

関連記事

採用サイト成功事例13選【2024年版】

採用サイト成功事例13選【2024年版】

Read More

関連記事

採用サイト制作会社8選!外注先の選び方、サイト構築作成手順から効果的な掲載内容【2024年版】

採用サイト制作会社8選!外注先の選び方、サイト構築作成手順から効果的な掲載内容【2024年版】

Read More

また、採用を支援してくれる会社を探しているときには、以下の記事もあわせてご確認ください。

関連記事

採用支援・コンサルティング会社おすすめ10社【StockSunのプロが比較解説】

採用支援・コンサルティング会社おすすめ10社【StockSunのプロが比較解説】

Read More

まとめ

動画だからといって今までの採用活動とは全く違うものとはなりませんが、伝わる情報や求められる要素が変わる以上、求人掲載と同じことのみを映すのでは得られるメリットも少なくなりやすいです。

またいざ作れたとして、それをうまく拡散・活用しなければただデータを持っていることになり、得られるメリットも得にくいでしょう。

実際に作るとしたらどのような仕上がりにすべきなのか、どれくらい費用がかかるのか。

一般的にではなく、御社の場合ではこれぐらいといった数値・概算を出させていただきますので、ご興味持たれた方は一度下のボタンよりお問い合わせいただけますと幸いです。

\特典:売上倍増!?貴社の事業課題を解決するYouTubeの戦略をご提案/

YouTubeの無料相談

「採用HPに200万円以上費用をかけている」
「毎月100件以上スカウトメールを送付している」
「毎月のように求人票をブラッシュアップしている」

その場合、採用施策にムダが生じている可能性があります。

StockSunが生み出した『YouTube×採用』施策を用いれば、採用コストを削減しながら約30万人に貴社の求人を即リーチできます。

・貴社の採用動画制作し、ターゲット層と相性の良いメディアから集客を実施!

・GMARCH/関関同立以上の高学歴ビジネス層26万人が登録する就活系YouTube「年収チャンネル」と、
StockSunとつながりを持つビジネス系YouTuberが、貴社の採用動画を拡散!

低コストで優秀な人材の採用が叶う、StockSunにしか提供できないサービスをぜひご検討ください。

拡散支援枠には限りがあります。ご興味のある企業様は以下バナーから詳細をご確認ください。


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

採用動画の制作に適任のコンサルタント

青笹寛史

青笹寛史

YouTube×LINEのスペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

CRMコンサルティング

植本涼太郎

植本涼太郎

YouTubeスペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

採用コンサルティング

医療・クリニック

転職

新卒

採用代行

工務店、ハウスメーカー

塾・予備校

飯田健登

飯田健登

企業専門のYouTube運用スペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

Instagram・Xコンサルティング

為国辰弥

為国辰弥

採用スペシャリスト

採用コンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

転職

新卒

総合Webマーケティング支援

Webサイトコンサルティング

SEO•MEOコンサルティング

Web広告運用コンサルティング

鳥屋直弘

鳥屋直弘

StockSunNo.1のYouTube制作チーム

YouTube・TikTokコンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

転職

新卒

工務店、ハウスメーカー

不動産投資

受託

製造業

SaaS

CRMコンサルティング

採用コンサルティング

Instagram・Xコンサルティング

濵口魁希

濵口魁希

社長の右腕 WEB戦略のゼネラリスト

Web広告運用コンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

新規事業コンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

SaaS

採用代行

柴田章矢

柴田章矢

動画マーケティングの達人

YouTube・TikTokコンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

新卒

受託

和田悟

和田悟

テレビ番組クオリティをWeb動画に

YouTube・TikTokコンサルティング

山本紘希

山本紘希

WordPress職人

システム・アプリ開発コンサルティング

Webサイトコンサルティング

受託

SEO•MEOコンサルティング

松浦英雅

松浦英雅

住宅領域のスペシャリスト

Instagram・Xコンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

不動産投資

工務店、ハウスメーカー

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。