メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

かっこいい企業pv・動画の事例8選!作り方と製作にかかる期間と費用【プロ解説】

更新日
かっこいい企業pv・動画の事例8選!作り方と製作にかかる期間と費用【プロ解説】

現代の企業は、単に製品やサービスを提供するだけではなく、その魅力を伝える強力なツールとしてビジュアルコンテンツの力を借りています。特に、企業の価値観、ミッション、文化を映像を通じてストーリーテリングする企業PVは、関係者の心に深く訴えかける効果があります。

この記事では、プロの視点から見た「かっこいい」企業PVの作り方と、その制作にかかる費用について解説します。実際の事例を交えながら、効果的な企業PVを作成するためのポイントを学んでいきましょう。

「企業の魅力が伝わる動画を制作したい」
「ブランディングや採用につなげたい」

その場合は、無料相談をご活用ください。貴社の課題やご希望をヒアリングしたうえで、採用やブランディングなどの目的達成に貢献する動画をプランニングいたします。

「採用HPに200万円以上費用をかけている」
「毎月100件以上スカウトメールを送付している」
「毎月のように求人票をブラッシュアップしている」

その場合、採用施策にムダが生じている可能性があります。

StockSunが生み出した『YouTube×採用』施策を用いれば、採用コストを削減しながら約30万人に貴社の求人を即リーチできます。

・貴社の採用動画制作し、ターゲット層と相性の良いメディアから集客を実施!

・GMARCH/関関同立以上の高学歴ビジネス層26万人が登録する就活系YouTube「年収チャンネル」と、
StockSunとつながりを持つビジネス系YouTuberが、貴社の採用動画を拡散!

低コストで優秀な人材の採用が叶う、StockSunにしか提供できないサービスをぜひご検討ください。

拡散支援枠には限りがあります。ご興味のある企業様は以下バナーから詳細をご確認ください。

\特典:最短で収益化!?貴チャンネルとマッチする動画戦略をご提案/

かっこいい企業PVの無料相談

目次

かっこいい企業pv/動画の事例8選【StockSunの動画マーケターが厳選】

では早速ですが、現在YouTubeにて確認できるかっこいい企業PVや企業動画の事例を8つご紹介させていただきます。

1つ注意点として、いずれも弊社製作の動画ではございません。

ですが無料相談等でのサンプルとしてご提示いただいた際には、見積もりや活用方法などご提案させていただきます。

平和不動産販売株式会社

こちらは30秒とテレビCMのように短い企業PVです。

穏やかな雰囲気や、顧客となる年齢層を演者に起用することで、その歳に近い人の目を引くこともできます。

概要欄には公式HPと電話番号もあり、こういった動画は広告にも向いています。

崎永海運株式会社

こちらはドラマ仕立ての企業動画であり、約2分と短くない動画の中に自社のミッションやポリシーなどを組み込んでいます。

出演しているのは全員実際の社員であり、リアリティと共に臨場感のある動画は数値にも表れる好印象を与えております。

株式会社ヤマウチ

こちらの動画は2分20秒ほどで、自社のサービスや商品よりもポリシーや理念を伝えている動画となります。

あまりテロップがなく、ナレーションと実際の店舗・オフィス映像がメインながらもアニメーションや図も挿入することで、視覚的に豊富な情報量を届けることに成功しております。

JR東日本

こちらは3分超と企業動画の中では長い部類にあたり、ナレーションやテロップを含めないコンセプトムービーとなっています。

駅での様子やそこで働くスタッフ・整備士などを多く登場しつつ、交通機関を利用することでどういった体験をその先に得られるのかを映しており、自社の主張のみでないところからか視聴回数も多くなっています。

平出紙業株式会社

こちらも4分30秒ほどと企業PVの中では長尺ですが、かなり豊富な情報量なためこの1本を見れば企業理解が深まりやすい動画となっております。

創業時の画像などを含めながらナレーション・テロップ・アニメーションで歴史・事業・ビジョンを映し出しております。

株式会社アットミー

こちらは実在する企業のPVではありませんが、ある動画制作会社がPVを施策したものになります。

かなり稀有な例にはなりますが、実際の商品や様子を画面上に写すことができる業種(イラストやグラフィックなど)は、このように企業PVの中に作品を組み込むことで、認知を広げつつプロモーションが行える方法もございます。

佐藤製線グループ

こちらは実際の工場や作業風景を映す映像がメインとなり、テロップをほぼ出さない代わりに高品質な映像によって臨場感を与えております。

またグループ各社の紹介も行うことで、会社の雰囲気と共に会社の関係性や事業も理解することができます。

日本航空

こちらの1分50秒ほどの動画ではドラマ調でもありつつ、実際の機器や飛行機で飛んで行った先の風景などを映すことでリアリティも保っています。

各場面にて役者を起用しつつも、実際の社員や地方での現地の方も登場するハイブリットな形式です。

企業pv/動画とは

企業PV/動画は、現代のマーケティング戦略において中核をなすものです。しかし、その本質やビジネスに与えるインパクトは、常に明確に理解されているわけではありません。このセクションでは、企業PV/動画が何であるか、そしてそれがなぜ現代ビジネスで不可欠なのかを探求します。

企業pv/動画の定義: ビジュアルコンテンツとしての役割

企業PV/動画は、企業のアイデンティティ、ミッション、製品やサービスを視覚的に紹介するためのツールです。この動画コンテンツは、情報を短時間で効果的に伝え、視聴者の感情に訴える力を持っています。ビジュアルコンテンツとしての企業PV/動画は、文字情報だけでは伝わりにくい企業の魅力や価値を具体的に示すことができます。

現代ビジネスにおける企業動画の重要性

デジタル化が進む現代において、企業動画はマーケティングやブランディング戦略の一環として急速にその重要性を増しています。企業動画によって、商品やサービス、企業文化、さらには企業の社会的責任など、多岐にわたるテーマを効果的に伝えることが可能です。これにより、ターゲットオーディエンスとの信頼関係の構築や、ブランドへの強い印象付けを行うことができます。特にソーシャルメディアの普及により、企業動画は広範な視聴者にリーチし、インタラクティブなコミュニケーションを実現する有力な手段となっています。

かっこいい企業pv/動画を作る効果とメリット

“かっこいい”という言葉が示すように、スタイリッシュで魅力的なビジュアル表現は、視聴者に強い印象を与え、企業のブランド価値を高める効果があります。

このセクションでは、質の高い企業PV/動画がもたらす具体的なメリットと、ビジネス成果への寄与について解説します。

ブランディング強化: 企業イメージの向上

かっこいい企業PV/動画は、その魅力的な映像美とプロフェッショナルな構成で、企業のブランディングを強化します。

これは、企業が市場でどのように知覚されるか、すなわち企業イメージに直接影響を及ぼします。洗練されたビジュアルとストーリーテリングは、ポジティブな感情を喚起し、視聴者に企業をより好意的に見てもらうことができます。

コミュニケーションツールとしての効果: ターゲットとのエンゲージメント

企業PV/動画は、ターゲットオーディエンスとの強力なエンゲージメントを生み出すコミュニケーションツールとしての役割も担っています。

魅力的なコンテンツは、視聴者が動画と積極的に関わり、それをソーシャルメディアなどで共有したり、コメントしたりする行動を促します。

この相互作用は、顧客ロイヤルティの向上や、ブランドアンバサダーの創出を助けることになります。

売上やリクルートメントへのポジティブなインパクト

最終的に、高品質な企業PV/動画は、売上増加や優秀な人材の獲得といった、企業の基盤となる重要な領域にも寄与します。

インパクトのあるビジュアルとメッセージは、製品やサービスへの関心を高め、購買を促進するとともに、企業が提供する価値や働きがいのある環境をアピールし、リクルートメントにおいても有利な条件を作り出します。

リクルートが目的の場合には、社員インタビュー動画も有効です。以下記事にて解説しています。

関連記事

採用動画にはインタビューが最適な理由と事例【プロ解説】

採用動画にはインタビューが最適な理由と事例【プロ解説】

Read More

かっこいい企業pv/動画を制作するためのポイント

企業が市場で目立つためには、単に情報を伝えるだけでなく、感情に訴えかける”かっこいい”PV/動画が不可欠です。

ここでは、魅力的な企業PV/動画を制作する際の重要なポイントをいくつか紹介します。

これらの要素は、視聴者を引き込み、ブランドに対するポジティブな印象を植え付けるのに中心的な役割を果たします。

ストーリーテリング: 視聴者の心をつかむ内容の構築

物語は人々の心を動かし、記憶に残ります。企業PV/動画においてストーリーテリングは、視聴者の感情に訴え、共感を生み出すための強力なツールです。

企業の理念や、社員の日常、製品の背後にある情熱など、エンゲージメントの高いストーリーを織り交ぜることで、ブランドの魅力を最大限に引き出します。

映像・音響のクオリティ: プロフェッショナルな演出技法

高品質な映像と音響は、プロフェッショナルな企業イメージを確立し、視聴者に深い印象を与えます。

最新の撮影技術、編集、そしてサウンドデザインの適切な利用は、メッセージを際立たせ、視聴者を物語の世界に没入させます。

特に、明瞭な音声、適切な背景音楽、効果音は、映像全体の雰囲気作りと情緒的な訴求に不可欠です。

オリジナリティ: 独自性を際立たせるクリエイティブなアイデア

市場で類似の動画が多い中、オリジナリティが企業の差別化を図る重要なキーです。

独自の視点やアプローチを取り入れ、従来の企業PV/動画の枠にとらわれないクリエイティブな内容は、視聴者の注意を引き、記憶に残りやすくします。挑戦的な視覚表現や、予期せぬ展開、ユーモアの利用など、予測不可能さは「かっこいい」PV/動画の特徴と言えるでしょう。

\特典:最短で収益化!?貴チャンネルとマッチする動画戦略をご提案/

かっこいい企業PVの無料相談
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

企業動画の制作の流れ

企業動画の制作は、明確な計画と専門的な実行が必要です。

このプロセスは、アイデアの概念化から始まり、最終的な動画の公開に至るまでの複数の段階を経ます。

ここでは、高品質な企業PV/動画を制作するための基本的な流れと、各フェーズでの重要なポイントについて解説します。

計画段階: コンセプト作りとストラテジーの策定

企業動画制作の最初のステップは、強力なコンセプトと目的に合ったストラテジーの策定です。

この段階では、目標オーディエンスの特定、ブランドメッセージの明確化、およびビジュアルとナレーティブのスタイルの選定が行われます。

また、具体的なコンテンツのアウトラインを作成し、制作スケジュールと予算の設定を行います。

制作フェーズ: 撮影・録音・編集のプロセス

実際の制作フェーズでは、計画したコンセプトを基に、映像の撮影、音声の録音、そしてそれらの編集が行われます。

プロフェッショナルな機材の使用、適切な照明とサウンドセットアップ、そしてクリエイティブな撮影技術が、品質の高いコンテンツ制作に不可欠です。

また、撮影後の編集プロセスでは、映像と音声の調整、エフェクトの追加、色彩補正などが行われ、ストーリーに一貫性と魅力をもたらします。

公開: 配信ストラテジーと効果測定

動画の公開は、適切な配信ストラテジーと効果測定が必要となるフェーズです。

様々なプラットフォームやチャンネルを通じて動画を配信し、ターゲットオーディエンスにリーチします。公開後は、視聴者の反応やインタラクションを分析し、動画のパフォーマンスを評価します。

このフィードバックは、将来のコンテンツ改善やマーケティング戦略の調整に役立てることができます。

企業動画制作にかかる費用相場と期間

このセクションでは、企業動画制作の費用と所要期間に焦点を当て、どのような要素が予算やスケジュールに影響を与えるのか。

また、コストを効果的に管理するための具体的なアドバイスを提供します。

複数の要素によって左右される制作費用

企業動画の制作費用は、様々な要素によって大きく異なることがあります。まず、動画の長さは直接的に制作コストに影響します。通常、長い動画は、より多くの撮影素材、編集時間、場合によっては特別なグラフィックや音楽が必要となり、これらが全体のコストを押し上げます。

次に、使用する機材の質も重要な要素です。高品質のカメラや特殊な撮影機材、プロフェッショナルな照明セットなどは、制作費用を上昇させる一方で、完成した動画の質を高めます。

また、撮影場所の選択はさらなるコストを要することがあります。例えば、特定のロケーションでの撮影には許可料がかかる場合があり、スタジオ撮影はセットアップに関連するコストが発生します。

専門的なスタッフの雇用も考慮すべきポイントです。経験豊富なディレクターやカメラマン、編集スタッフなど、プロジェクトに応じて様々なスキルを持つ人材が必要になるでしょう。これらの専門家たちは、動画の品質向上に不可欠ですが、その分、人件費が上昇する要因ともなります。

制作に要する平均的な期間とその要因

企業動画制作の所要期間はプロジェクトによって異なりますが、一般的には計画立案から完成に至るまで数週間から数ヶ月かかるケースが多いです。プロジェクトの規模、複雑さ、特定の要求事項などによって、所要期間は大きく変動します。

初期段階では、コンセプトの策定、ストーリーボードの作成、スケジュール計画など、プロジェクトの全体像を把握するための準備作業が必要です。この段階はクリエイティブなプロセスが多くを占めるため、時間がかかることがあります。

撮影フェーズでは、ロケーションの手配、撮影許可の取得、機材セットアップ、実際の撮影作業などが含まれます。ここでの作業効率がプロジェクト全体のスピードを大きく左右することになります。

最後に、編集フェーズ。ここでは撮影された映像の編集、音声の調整、特殊効果の追加など、動画を完成品とするための詳細な作業が行われます。このプロセスは非常に手間がかかり、期間の大半を占めることがあります。

企業動画制作の予算の立て方【費用を抑えるコツ】

企業動画は、強力なブランディングツールとして、また顧客との強い結びつきを生む手段として非常に効果的です。

しかし、その制作には様々なコストが伴います。賢い予算の立て方を学び、必要な投資をしつつも無駄遣いを避けることが、成功への鍵となります。

動画制作のコスト要因: 何が費用に影響するのか

企業動画制作の費用は、プロジェクトの規模、動画のスタイル、使用する機材、撮影場所、そして制作チームの経験と専門性によって左右されます。

例えば、高度なグラフィックや特殊効果、複数の撮影ロケーション、専門的な演者が必要な場合、予算は急上昇する可能性があります。

これらの要因を事前に明確にし、必要な投資を計画的に行うことで、予算オーバーを防ぐことが可能です。

賢い予算の立て方: 高品質かつコスト効率の良い制作の秘訣

予算を最大限に活用するには、明確な目標設定が欠かせません。

何を目的とするのか、ターゲットオーディエンスは誰なのかを定義し、その基礎の上でストーリー作り、スクリプト作成に取り組みます。また、オファーを複数の制作会社から取り寄せ、詳細に比較検討することで、予算に合った最適なパートナーを見つけることができます。

さらに、内部リソースを活用することも費用削減に繋がります。例えば、社内のスタッフをキャストとして起用したり、自社の施設を撮影ロケーションとして利用するなどの方法があります。

追加費用: 予期せぬ出費を避けるためのポイント

追加費用はプロジェクトの予算を圧迫する大きな要因です。

これを避けるためには、初めから全体のスコープを明確にし、契約では可能な限り具体的な内容を記載することが重要です。変更オーダーが必要になった場合のコスト、予期せぬ事態に備えたバッファ、そして潜在的な追加作業に対する予算など、プロジェクトのさまざまな段階で発生しうるコストを把握しておく必要があります。

このようにして、プロジェクト全体の予算管理を徹底し、成功に導くことができます。

\特典:最短で収益化!?貴チャンネルとマッチする動画戦略をご提案/

かっこいい企業PVの無料相談
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

採用動画について

ここまで企業PVや企業動画について注目してきましたが、多くの企業が製作を検討していたり既に製作しているものとして、採用動画があります。

以下にて採用動画に関して企業動画との違いと、現代でのトレンドについて解説していきます。

企業動画との違い

企業動画と採用動画は、目的と対象オーディエンスが異なります。

企業動画は、広範な視聴者に対して企業のミッションやサービスを紹介するのに対し、採用動画は特に求職者やキャリアを考えている個人に向けて、企業がどのような職場環境であるか、どのような価値を従業員に提供するかを強調します。

また、採用動画は従業員の声をフィーチャーし、リアルな職場の様子を描くことで、応募者に対して企業の人間的な側面を強く印象づけることが一般的です。

かっこいい採用動画のトレンド

近年の採用動画のトレンドは、単に職場の設備や福利厚生を紹介するだけでなく、ストーリーテリングやエモーショナルな訴求を通じて応募者の心を動かす内容に移行しています。

特に、実際の従業員の体験談を交えたドキュメンタリースタイルの動画や、ユーモアを利用したエンターテイメント性の高い動画など、視聴者の注意を引き、感情に訴えかけるコンテンツが好まれる傾向にあります。

加えて、ソーシャルメディアでの共有を意識した短時間の動画作成も、拡散力を高める重要な戦略となっています。

プロモーション動画について

プロモーション動画は、ビジネスや製品、サービスの魅力を高め、顧客の注目を集め、最終的には売上げ向上やブランド認知の拡大を目的とした動画コンテンツです。

この手法は視覚的に訴える力が強く、メッセージをダイナミックかつ効果的に伝えることができます。しかし、企業動画とはその狙いや構成においていくつか異なる重要な要素があります。

企業動画との違い

企業動画は一般的に、企業全体の使命、ビジョン、価値観を紹介し、企業文化や全体的なブランドイメージの構築を目的としています。それに対し、プロモーション動画は、特定の製品やサービス、キャンペーンに焦点を当て、その魅力や利用のメリット、購入を促す呼びかけなど、よりセールス指向の強いコンテンツとなっています。

プロモーション動画は視聴者の行動を促すことに重点を置き、具体的な「アクション」を奨励します。例えば、製品の購入、サービスの申し込み、イベントへの参加などがそれにあたります。これに対して、企業動画はブランドの信頼性や認知度を高めることを目的としており、視聴者に対して直接的な販売戦略を提示することは少ないです。

このように、両者の間には目的とアプローチの違いが明確に存在し、その使い分けが重要となります。

まとめ

今回の記事にて、「かっこいい」と感じさせる企業PVや企業動画について、事例やメリットおよび費用などについて包括的に解説させていただきました。

最後2つのセクションにて採用動画・プロモーション動画も上げさせていただいたように、企業が製作・取り入れられる動画にはさまざまなものがございます。

また企業によって優先的に導入すべきものや、導入後の活用方法などは多種多様です。

以下のボタンより無料相談にお申込みいただくことで、プロの動画コンサルタントが御社の状況に合わせたご提案をさせていただきます。

費用は一切かかりません、無理な営業も致しません。

お気軽にお申込みいただけますと幸いです

\特典:最短で収益化!?貴チャンネルとマッチする動画戦略をご提案/

かっこいい企業PVの無料相談

「採用HPに200万円以上費用をかけている」
「毎月100件以上スカウトメールを送付している」
「毎月のように求人票をブラッシュアップしている」

その場合、採用施策にムダが生じている可能性があります。

StockSunが生み出した『YouTube×採用』施策を用いれば、採用コストを削減しながら約30万人に貴社の求人を即リーチできます。

・貴社の採用動画制作し、ターゲット層と相性の良いメディアから集客を実施!

・GMARCH/関関同立以上の高学歴ビジネス層26万人が登録する就活系YouTube「年収チャンネル」と、
StockSunとつながりを持つビジネス系YouTuberが、貴社の採用動画を拡散!

低コストで優秀な人材の採用が叶う、StockSunにしか提供できないサービスをぜひご検討ください。

拡散支援枠には限りがあります。ご興味のある企業様は以下バナーから詳細をご確認ください。


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

企業PV制作に適任なコンサルタント

青笹寛史

青笹寛史

YouTube×LINEのスペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

CRMコンサルティング

植本涼太郎

植本涼太郎

YouTubeスペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

採用コンサルティング

医療・クリニック

転職

新卒

採用代行

工務店、ハウスメーカー

塾・予備校

飯田健登

飯田健登

企業専門のYouTube運用スペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

Instagram・Xコンサルティング

為国辰弥

為国辰弥

採用スペシャリスト

採用コンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

転職

新卒

総合Webマーケティング支援

Webサイトコンサルティング

SEO•MEOコンサルティング

Web広告運用コンサルティング

鳥屋直弘

鳥屋直弘

StockSunNo.1のYouTube制作チーム

YouTube・TikTokコンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

転職

新卒

工務店、ハウスメーカー

不動産投資

受託

製造業

SaaS

CRMコンサルティング

採用コンサルティング

Instagram・Xコンサルティング

柴田章矢

柴田章矢

動画マーケティングの達人

YouTube・TikTokコンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

新卒

受託

和田悟

和田悟

テレビ番組クオリティをWeb動画に

YouTube・TikTokコンサルティング

山本紘希

山本紘希

WordPress職人

システム・アプリ開発コンサルティング

Webサイトコンサルティング

受託

SEO•MEOコンサルティング

松浦英雅

松浦英雅

住宅領域のスペシャリスト

Instagram・Xコンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

不動産投資

工務店、ハウスメーカー

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。