メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

企業のYouTubeチャンネル運営に欠かせないフローを解説【項目・手順完全網羅】

更新日
企業のYouTubeチャンネル運営に欠かせないフローを解説【項目・手順完全網羅】

近年、YouTubeチャンネルを企業が作り、ビジネス活用するケースがかなり増えてきました。企業がYouTubeチャンネルを持つことは、直接的な広告活動だけでなく、企業文化の伝達や商品の紹介、サービスの使い方など、多岐にわたる情報を共有するためのプラットフォームとしての役割も果たしています。

しかし、単に動画をアップロードするだけでは十分な効果は得られません。成功した企業のYouTubeチャンネル運営には、計画的かつ戦略的な運営フローが必要となります。それでは、どのような運営フローを持つべきなのでしょうか。

この記事では、企業のYouTubeチャンネル運営に欠かせない項目や手順を完全網羅して解説します。あなたの企業がYouTubeでの活動をこれから開始する方も、既に活動を始めている方も、更なる効果を目指すための参考として頂ければ幸いです。

「自社の目的を最短で達成するために最適な運用方法を教えてほしい」

その場合は、StockSunにご相談ください。貴社の課題、目的をヒアリングさせていただき、チャンネル・動画の方向性を具体的にご提案いたします。

無料カウンセリングでは、YouTubeを運用した場合の見込みの売上などがわかるプランニングシートもご提供しております。

▼プランニングシート YouTube実行支援無料カウンセリングのプランニングシート

この機会に現状の課題をご相談ください。

\特典:1動画だけで売上UP!?貴社とマッチするYouTubeの戦略をご提案/

YouTubeの無料相談
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

目次

そもそも企業のYouTubeチャンネルとは

YouTubeチャンネルは、個人や組織が動画コンテンツをアップロード・共有するための専用ページを指します。

企業のYouTubeチャンネルとは、特定の企業やブランドが所有・運営するYouTubeチャンネルのことを指し、その企業の製品やサービス、企業文化、イベントなどの情報を動画コンテンツとして共有する目的で使用されます。

近年、多くの企業が独自のYouTubeチャンネルを持ち、その効果的な活用方法を模索しています。この背景には、視覚的な情報の伝達力や、YouTubeのユーザー数の増加、動画コンテンツの消費が増加していることが挙げられます。

企業のYouTubeチャンネルは、単なる広告手段としてだけでなく、顧客とのコミュニケーションツールや、ブランドイメージの強化、新たなビジネスチャンスの創出といった役割も果たしています。

YouTubeチャンネルを運営するメリット

YouTubeは、全世界で最もアクセス数が多い動画共有サイトとして知られており、企業のマーケティング活動にとって、大きなメリットをもたらす可能性があります。

特に、以下の3つのポイントにおいて、企業のYouTubeチャンネル運営は大きなメリットを享受できます。

ブランド認知度の向上

YouTubeは、日々数百万人以上が訪れるプラットフォームであり、企業のブランドやサービスを多くの人々に知ってもらう最適な場所となっています。

定期的にクオリティの高い動画コンテンツをアップロードすることで、ブランドの認知度を大幅に向上させることができます。さらに、視聴者が動画を共有することで、2次的な広がりも期待できます。

直接的な顧客コミュニケーションの機会

YouTubeのコメント機能やライブ配信機能を利用することで、企業と顧客との直接的なコミュニケーションが可能となります。

これにより、顧客の声を直接聞くことができるだけでなく、企業のメッセージや情報を直接伝えることが可能となります。

このような直接的なコミュニケーションは、顧客のロイヤリティ向上にも寄与します。

SEO向上に寄与

YouTubeはGoogleの傘下にあり、適切に動画の最適化を行うことで、Google検索のランキングにも寄与することが知られています。

特に、動画のタイトルや説明、タグの設定によって、特定のキーワードでの検索結果に表示される可能性が高まります。これにより、企業のウェブサイトやオンラインストアへの流入も増加することが期待されます。

YouTubeチャンネルの始め方

YouTubeの人気は日に日に増しており、それは企業にとっても大きな機会となっています。

しかし、YouTubeチャンネルを適切に始める方法は一歩踏み出す前に知っておくべき重要なポイントがいくつかあります。以下では、企業がYouTubeチャンネルをスムーズに開始するための手順を詳しく解説します。

アカウント・チャンネルの作成

Googleアカウントがまだお持ちでない場合は、まずはアカウントを作成しましょう。

これによりYouTubeにログインし、チャンネルを開設することができます。すでにアカウントを持っている場合は、YouTubeにログインしてチャンネルを作成することがスタートラインとなります。

チャンネルの設定・カスタマイズ

チャンネルが作成されたら、次に重要なのがそのカスタマイズです。プロフィール写真やカバー画像、チャンネルの説明など、企業のブランドやメッセージをしっかりと伝える要素を設定しましょう。

ターゲット・ゴールの明確化

YouTube活動を開始する前に、どのような目標を持ち、どのようなターゲット層にアプローチするのかを明確にしておくことが重要です。これにより、コンテンツ制作や広告活動の方向性が明確になります。

コミュニティガイドラインの確認

YouTubeにはコミュニティガイドラインというルールが存在します。違反するとチャンネルがペナルティを受けることもあるので、必ず確認しておきましょう。

動画の作成・アップロード

最後に、実際に動画を制作し、アップロードしていきます。動画の内容や品質、アップロードのタイミングなど、計画的に行うことで効果的な結果を得ることができます。

YouTubeチャンネルの運営フロー

YouTubeチャンネルの運営は、単に動画をアップロードするだけではありません。計画的かつ戦略的なアプローチが必要となります。

ここでは、企業がYouTubeチャンネルを効果的に運営するための基本的なフローについて解説いたします。

コンテンツカレンダーの作成

始めに、どのような内容の動画を、いつ公開するのかを計画することが大切です。コンテンツカレンダーを作成することで、定期的かつバラエティ豊かなコンテンツを提供することができ、視聴者の関心を維持する手助けとなります。

動画の制作・編集

次に、計画に基づいて動画の制作を行います。動画の内容、撮影、編集は、企業のブランドやメッセージを効果的に伝えるための鍵となる要素です。高品質な動画を提供することで、視聴者の信頼を獲得することができます。

公開後のプロモーション

動画を公開した後も、その動画を多くの人々に視聴してもらうためのプロモーション活動は欠かせません。SNSやメールマーケティング、他のプラットフォームなどを利用して、動画のアクセス数を増やす工夫を行いましょう。

定期的な分析・フィードバック

最後に、公開した動画のパフォーマンスを定期的に分析することが大切です。YouTubeの分析ツールを活用し、どの動画がよく視聴されているのか、どの部分で視聴をやめてしまうのかなどの情報を収集し、次回の動画制作や運営の参考として活用しましょう。

YouTubeチャンネルを運営するときのポイント

YouTubeチャンネルの運営には、単に動画を公開するだけではなく、戦略的なアプローチが求められます。特に企業が運営する際には、さまざまなポイントを押さえることで、効果的な結果を得ることができます。

以下に、その主要なポイントをいくつかご紹介いたします。

ターゲット・視聴者の理解

まずは、どのような視聴者に向けて動画を制作するのか、そのターゲットを明確にすることが重要です。

視聴者の興味・関心や年齢、性別などのデモグラフィック情報を元に、効果的に響くコンテンツを設計することで、より多くの視聴者を獲得できます。

どこでマネタイズするかの設計

企業のYouTubeチャンネル運営においては、マネタイズの方法も考慮しておくことが大切です。

広告収入だけでなく、商品の紹介やアフィリエイト、スポンサーシップなど、多様な収益化の方法を検討することで、持続的な運営が可能となります。

コメント・データを活かしたPDCAサイクル

動画を公開すれば終わりではありません。コメントや視聴データを活用して、次のコンテンツ制作や運営方法を見直すことが重要です。

特に、視聴者からのコメントは、直接的なフィードバックとして非常に価値があります。これらのデータを基に、Plan(計画)→Do(実行)→Check(検証)→Act(改善)のPDCAサイクルを回し、より良い運営を目指しましょう。

企業のYouTubeチャンネル事例

では実際に法人・企業が設立したYouTubeチャンネルでうまく活用されているものを3つご紹介いたします。

StockSun-WEBコンサルティング-

https://www.youtube.com/@stocksun-web-1082

弊社の運営するYouTubeチャンネルです。

BtoBのWebマーケティングを中心に、ニッチで多種多様な情報を発信しております。

チャンネル登録者数は約3万人(執筆時2024年10月)と決して大きくないながらも、一本の動画により最低数千人へとアプローチすることができ、その費用対効果はかなり大きいです。

動画の概要欄・コメント欄にてアンケートやメールアドレスを添付することにより、直接お問合せいただくケースも多く、本業サービスへの集客に成功している事例となります。

内定チャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCNyyfaueYSnekYswF3d7qnw

株式会社DYMの運営する就活生向けのYouTubeチャンネルです。

就活生が行うべき自己分析等のやり方や、その時々での就活トレンド、スケジュールに合わせたその時期にやるべきことなどを紹介しています。

概要欄に公式LINEを添付することでそこからリストを獲得できるとともに、このチャンネル自体の認知を上げることで、就活といえば株式会社DYM、といったブランディングも可能としています。

医療ダイエットちゃんねる(ファイヤー院長:江越正敏)

https://www.youtube.com/channel/UCvLaATYBLJvFI404KQLmAxg

法人の中でも医療法人で、首都圏に実際に医院を構えている現役院長が運営・出演しているYouTubeチャンネルです。

医療ダイエットに関することを中心に、噂となっているものの検証・解説動画や、モニターとなる方へダイエット施術を行う企画などが人気となっております。

自身の医院をひたすらアピールするのではなく、プロの視点から分かりやすく解説し続けることにより信頼が獲得でき、結果的に集客に成功しております。

YouTubeチャンネル運用代行について

企業のYouTubeチャンネル運営は、質の高いコンテンツ制作や適切な戦略が必要です。しかし、それらを社内で担当するのはリソースや専門知識が必要となり、難しい場合もあります。

そこで、多くの企業がYouTubeチャンネルの運用を専門的に行ってくれる代行サービスを利用しています。

このような代行サービスのメリットやデメリット、そして依頼時の注意点について詳しく見ていきましょう。

代行サービスのメリット

YouTubeチャンネルの運用代行を利用するメリットは、専門家が持つ高度な知識や経験を活かして、戦略的かつ効果的な動画運営ができることです。

また、企業内での人員やリソースの確保を気にせず、定期的なコンテンツ制作や更新を行ってくれる点も大きな魅力です。

代行サービスのデメリット

一方、デメリットとしては、自社のブランドやメッセージを正確に伝えることの難しさが挙げられます。また、コストがかかる点や、外部の代行業者とのコミュニケーションに時間や労力が必要となる場合もあります。

依頼時の注意点

代行サービスを依頼する際は、事前にその業者の実績や評価をしっかりと確認することが重要です。

また、自社のブランドや方針を正確に伝え、定期的なミーティングを設けて、状況の確認やフィードバックを行うことで、より良い結果を得ることができます。

YouTubeチャンネル運用の代行会社について

YouTubeの運用は時間と専門知識を要する作業です。特に企業が自社での運用が難しい場合、外部の代行会社に運用を依頼する選択をすることがあります。代行会社はYouTubeのトレンドや変動するアルゴリズムに合わせた適切な対応を行い、企業の目的に沿った最適な動画戦略を提案してくれます。

以下に選び方や企業の特徴などをご紹介いたします。

代行会社の選び方

代行会社を選ぶ際には、まずその実績や評判を確認することが重要です。過去の取り組みや、代行を担当した企業の成功事例などを元に、その会社の実力を評価することができます。

また、自社の目的やニーズに合わせたサービス内容を提供しているか、コミュニケーションが円滑に取れるかも、選定のポイントとなります。

主要な代行会社とその特徴

国内には数多くのYouTube代行会社が存在します。その中でも主要な代行会社としては、A社、B社、C社などが挙げられます(※具体的な会社名は省略しています)。A社は大手企業の運用実績が豊富で、B社は中小企業向けに柔軟なプランを提供している点が特徴的です。C社は独自の分析ツールを持ち、データ駆動の運用が行える点が強みとなっています。

代行会社の料金体系

代行会社の料金体系は多岐にわたります。一般的には、初期費用と月額の運用費用が発生します。初期費用は、チャンネルの設定や過去動画の最適化など、スタート時に必要な作業にかかる費用です。

月額の運用費用は、動画のアップロード数や運用の深さ、広告予算などによって変動します。また、一部の代行会社では、成功報酬型の料金体系を取り入れているところもありますので、予算や希望に合わせて選ぶことが求められます。

YouTube動画の制作について

YouTubeは情報発信の重要なツールとして位置づけられていますが、その中心となるのはやはり「動画」です。企業がYouTubeで成功を収めるためには、質の高い動画制作が不可欠です。

ここでは、YouTube動画の制作において重要なポイントや、動画のクオリティ、効果的な動画の長さ、そして継続可能な動画制作のシステムについて解説します。

動画のクオリティ・編集

動画のクオリティは、視聴者が動画を見続けるか、そもそもクリックして視聴を始めるかを左右します。

高解像度の映像、明瞭な音声、そしてプロフェッショナルな編集技術を活かし、メッセージを効果的に伝える動画を作成することが求められます。特に編集は、情報の整理や視聴者の注意を引きつける要素として、非常に重要です。

効果的・トレンドに沿った動画の長さ

動画の長さは、内容や目的によって最適な長さが異なります。しかし、現在のトレンドとしては、短めの動画が視聴者の間で人気です。

特に、情報を手短に伝えるための動画や、商品の簡単な紹介などでは、2~5分程度の動画が効果的です。しかし、深い内容を伝えたい場合や、教育的な内容の場合は、もう少し長めの動画が適しています。

継続可能なシステムの構築

YouTubeの動画制作は、一回きりではなく、継続的に行うことが重要です。そのため、企業としては、定期的に動画を制作・公開するためのシステムを構築することが必要です。

これには、動画制作のスケジュールの設定、リソースの確保、また編集やアップロードの流れの標準化などが含まれます。継続的な制作により、チャンネルの活性化やフォロワーの増加を期待することができます。

YouTube動画の撮影・編集機材やソフトについて

YouTube動画制作の際、撮影・編集機材やソフトの選択は非常に重要です。高品質の動画を生産するためのツールは、動画の品質や受け手の印象に大きく影響します。

しかし、最も高額な機材やソフトが最も良いとは限らないことも理解しておく必要があります。

高額だから良いわけではない

高い価格の機材やソフトが必ずしも優れているわけではありません。動画制作の目的や内容、そして予算に応じて、最適な機材やソフトを選ぶことが重要です。

例えば、単に情報発信を目的とする動画であれば、高額な機材を導入する必要はなく、手軽に扱えるスマートフォンやエントリーモデルのカメラでも十分な場合があります。

撮影に必要な機材

撮影には、カメラ本体、レンズ、三脚、マイク、ライティングなどが主に必要です。カメラはDSLRやミラーレスカメラが主流で、4K動画撮影ができるモデルも増えています。レンズは撮影内容やロケーションにより選びますが、明るい単焦点レンズやズームレンズなどが便利です。

また、音質も重要なので、外部マイクを取り付けられるカメラや、別途レコーダーを利用することで、クリアな音声を収録することができます。

ライティングに関しては、自然光を活用する場合と、人工光を使用する場合の2つが考えられ、状況に応じて最適なライティングを選びます。

編集に必要なソフト

編集ソフトは、初心者からプロまで幅広く使えるものが市場に出ています。例として、Adobe Premiere ProやFinal Cut Proはプロフェッショナルな動画編集を行う際に使用されるソフトです。

一方、初心者や簡易な編集を求める場合には、iMovieやDaVinci Resolveの無料版などがオススメです。編集ソフトを選ぶ際は、自身のスキルや求める動画のクオリティ、そして予算を考慮して選ぶことがポイントとなります。

YouTubeでの収益化について

YouTubeは、個人から大企業まで、多くのクリエイターやブランドが利用しているプラットフォームです。そして、この巨大な動画共有サイトを利用した収益化の方法はいくつか存在します。

最も一般的な収益化の方法は、YouTube Partner Programを利用した広告収益の獲得ですが、企業がYouTubeチャンネルを持つ場合、その収益化の方法や目的は多岐にわたります。

YouTube Partner Program (YPP) の概要

YouTube Partner Program(YPP)は、クリエイターがYouTubeでの活動を通じて収益を得るための公式プログラムです。YPPに参加すると、動画に広告を表示することができ、これによって広告収益を得ることが可能となります。

広告形式には、動画再生前の広告や動画内に表示されるバナー広告などがあります。

収益化の基本要件

YouTubeの収益化には、いくつかの要件が設けられています。具体的には、チャンネル登録者数が1,000人以上であり、過去12ヶ月の総視聴時間が4,000時間以上であることが条件とされています。

これらの要件を満たすと、YouTube Partner Programへの申請が可能となります。また、コミュニティガイドラインや著作権の遵守も収益化の要件となっており、これらを違反すると収益化が停止される場合があります。

企業チャンネルが目指すべきもの

企業がYouTubeチャンネルを運営する際、収益化の目的は必ずしも広告収益だけではありません。

ブランドの認知度向上や商品・サービスの紹介、直接的な販売促進など、多岐にわたる目的が考えられます。

広告収益だけを追求するのではなく、企業のブランドや価値を伝えるコンテンツ制作、ターゲットとなる視聴者とのコミュニケーション強化など、総合的なチャンネル運営が求められます。

まとめ

今回の記事にて、YouTubeチャンネルそのものを運営するメリットから運営フロー、それに付随して必要なものなどをご紹介しました。

YouTubeは動画投稿プラットフォームですが、ただビデオを保存しておくに限らず活用次第ではかなり効果を増幅させることができます。

現在御社・チャンネル担当者様の状況や運営方法・フローなど、負担を減らしながら効果を増やす方法があるかもしれません。

下ボタンより一度、お聞かせいただけませんでしょうか?

費用は一切かかりません、無理な営業も致しません。

お気軽にご相談いただけますと大変ありがたく存じます。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

YouTubeの運用に適任のコンサルタント

青笹寛史

青笹寛史

YouTube×LINEのスペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

CRMコンサルティング

植本涼太郎

植本涼太郎

YouTubeスペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

採用コンサルティング

医療・クリニック

転職

新卒

採用代行

工務店、ハウスメーカー

塾・予備校

飯田健登

飯田健登

企業専門のYouTube運用スペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

Instagram・Xコンサルティング

為国辰弥

為国辰弥

採用スペシャリスト

採用コンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

転職

新卒

総合Webマーケティング支援

Webサイトコンサルティング

SEO•MEOコンサルティング

Web広告運用コンサルティング

鳥屋直弘

鳥屋直弘

StockSunNo.1のYouTube制作チーム

YouTube・TikTokコンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

転職

新卒

工務店、ハウスメーカー

不動産投資

受託

製造業

SaaS

CRMコンサルティング

採用コンサルティング

Instagram・Xコンサルティング

濵口魁希

濵口魁希

社長の右腕 WEB戦略のゼネラリスト

Web広告運用コンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

新規事業コンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

SaaS

採用代行

柴田章矢

柴田章矢

動画マーケティングの達人

YouTube・TikTokコンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

新卒

受託

和田悟

和田悟

テレビ番組クオリティをWeb動画に

YouTube・TikTokコンサルティング

山本紘希

山本紘希

WordPress職人

システム・アプリ開発コンサルティング

Webサイトコンサルティング

受託

SEO•MEOコンサルティング

松浦英雅

松浦英雅

住宅領域のスペシャリスト

Instagram・Xコンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

不動産投資

工務店、ハウスメーカー

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。