メールで
無料相談
LINEで
無料相談

















TOP

採用動画を活かしきる、最新トレンドの押さえ方

StockSun株式会社の植本です。
私は、StockSunの事業領域において、YouTubeマーケティングに特化したコンサルタントです。

人材獲得の手法として、ポータルサイト等での求人ではなく「採用動画」の活用がトレンドです。

採用動画とは決してYouTuberになって呼びかけをしたり、動画を作って広告を回すものに限らず、予算や目的によって様々な種類があります。

今回は実際の事例を交えながら、なぜトレンドなのかから相場までプロが徹底解説いたします。

「採用HPに200万円以上費用をかけている」
「毎月100件以上スカウトメールを送付している」
「毎月のように求人票をブラッシュアップしている」

その場合、採用施策にムダが生じている可能性があります。

StockSunが生み出した『YouTube×採用』施策を用いれば、採用コストを削減しながら約30万人に貴社の求人を即リーチできます。

・貴社の採用動画制作し、ターゲット層と相性の良いメディアから集客を実施!

・GMARCH/関関同立以上の高学歴ビジネス層26万人が登録する就活系YouTube「年収チャンネル」と、
StockSunとつながりを持つビジネス系YouTuberが、貴社の採用動画を拡散!

低コストで優秀な人材の採用が叶う、StockSunにしか提供できないサービスをぜひご検討ください。

拡散支援枠には限りがあります。ご興味のある企業様は以下バナーから詳細をご確認ください。

\特典:売上倍増!?貴社の事業課題を解決するYouTubeの戦略をご提案/

YouTubeの無料相談

【採用のトレンド】採用動画とは

採用動画とは、企業が求職者に向けて制作する動画です。

主に企業の雰囲気や文化、仕事内容、福利厚生などを紹介することが目的で、求職者にリアルな情報を提供する手段の一つとなります。

企業によって様々な動画のタイプがあり、

・社員インタビュー

・社長インタビュー

・職場案内/密着

・ショート動画

などがあります。

採用動画がなぜトレンドなのか

採用動画がトレンドとなっている理由は、求職者が企業について以前より詳しく知りたいという需要が高まっているからです。

採用動画は求職者にとってリアルな情報を提供する手段であり、これまでよく取られていたポータルサイトへの掲載や広告よりも実態を伝えやすくなっております。

また、採用動画を通じて企業のブランディングや、求職者とのコミュニケーションを深めることができ、採用活動の効率化も可能です。

採用動画のトレンド

 採用動画は現在、多くの企業が採用しているトレンドとなっています。

その理由の1つが、採用市場の競争激化です。

求職者は様々な企業から求人情報を受け取り、どの企業に応募するかを決める際に、採用動画があるかどうかも判断基準の1つとなっています。

本音や実態

どんな形態であれ、採用動画で求められるのは本音や実態です。

企業が抱える課題や、社員の声など、HPや普段では知ることが難しい情報を動画で発信することで、企業の魅力や雰囲気をより正確に伝えることができます。

インタビュー

採用動画にてよくある形式の一つが、社員や社長へのインタビューです。

実際に働いていてどういう環境かや、どういった理念で仕事を進めているか。さらにはどういう人を求めているかや、どうすれば入社しやすいかなどを答えるものもあります。

数年前に退職したOBOGや、ネット上の噂などよりずっとリアルで、かつHPよりも具体的に理解しやすい点が人気要因の一つかと思われます。

職場案内・密着

職場案内や密着取材も採用動画の中で人気のあるジャンルです。

社員の仕事風景や雰囲気を映像で伝えることで、求職者に実際の現場をイメージしやすくさせることができます。

また営業職などとある職種の社員に1日密着し、始業から終業までどのようなスケジュールや雰囲気で仕事が進むかわかるコンテンツは多く見られる傾向にあります。

チャンネル運用

これまでご紹介した方法は採用のための動画を数本制作することでしたが、毎年5人といった恒久的な採用の場合は、企業チャンネルの運用も効果的です。

コンテンツを重ねることで業界知名度アップや視聴者のファン化も叶えられます。

ただそれだけでなく、就活生等がいざ企業を調べた時に参照できる情報が豊富になるため、企業の実態をより理解しやすくなります。

チャンネル登録者数百人であってもうまく活用すれば安定した採用ができ、これまでポータルサイト等に回していた広告費の削減にもつながります。

Shorts動画

最近では、TikTokやYouTube Shortsなどのショート動画も注目を集めています。

ショート動画は15秒以内であるため、視聴者の興味を引きやすく、企業のアピールポイントを短時間で伝えることができます。

ただしTikTokは現在URLを添付することができないため、求人応募フォームといったページURLが活用しづらいです。

さらにYouTube Shortsはエンタメ系のコンテンツが多く視聴され、ビジネス系の堅いコンテンツは期待するほど視聴されない可能性があります。

YouTubeを生かした動画採用のコツは、以下記事をご確認ください。

関連記事

採用活動にはYouTubeが活用できる|動画の意味ある??【実例紹介】

採用活動にはYouTubeが活用できる|動画の意味ある??【実例紹介】

Read More

今後注目を集める可能性は高いですが、現状他の手法を上回るメリットは見つかりづらい状況です。

\特典:売上倍増!?貴社の事業課題を解決するYouTubeの戦略をご提案/

YouTubeの無料相談
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら

トレンドを抑えた採用動画のメリット

採用動画を作成することには、多くのメリットがあります。

以下では、採用動画のメリットについて詳しく見ていきましょう。

文字での求人掲載より情報量が圧倒的

求人掲載サイトには、会社の情報や求める人物像など、採用に関する必要な情報が記載されています。

しかし、文字だけでは限界があります。

採用動画を使えば、動画の中で実際に社員が業務を行う姿や職場の雰囲気が伝わり、求職者にとってより詳細な情報が提供できます。

雰囲気が伝わりやすい

採用動画を見ることで、求職者は企業の雰囲気や文化を実感できます。

求職者は自分が働く職場環境を重視することが多く、雰囲気や文化に合わない場合は退職するリスクが高くなります。

採用動画を使って、求職者がより正確に企業の雰囲気を理解し、自分が入社するかどうかの判断をしやすくなることが期待できます。

流用が行いやすい

採用動画は、作成後も何度でも流用できます。

求人掲載サイトに掲載するだけでなく、社内教育やセミナー等で使用することもできます。

また、動画を編集して、求人掲載用の別バージョンを作成することもできます。

このように、採用動画は作成にかかる費用対効果が非常に高いと言えます

実際の現場をイメージしやすくミスマッチが減る

採用動画を見ることで、応募者は企業の雰囲気や社風をより具体的にイメージすることができます。

実際の現場で働く様子を見せることで、応募者が仕事に対するイメージをより明確に持つことができ、ミスマッチが減るとされています。

例えば、採用動画で社員が笑顔で働いている様子が映っていれば、応募者はその企業が社員の雰囲気を大切にし、働きやすい環境であるという印象を持つことができます。

一方で、採用動画でストレスフルな環境や残業が当たり前のように描かれている場合、応募者はその企業に対する興味を失う可能性があります。

このように、採用動画は企業の魅力を伝えるだけでなく、求職者がその企業に対するイメージを持つ上で重要な役割を果たしています。

\特典:売上倍増!?貴社の事業課題を解決するYouTubeの戦略をご提案/

YouTubeの無料相談
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら

トレンドの採用動画を活用するデメリット

採用動画には多くのメリットがありますが、その一方でいくつかのデメリットも存在します。

以下では、採用動画のデメリットについて紹介します。

扱い方次第で信用が低下する

採用動画は、企業のイメージを左右する重要なツールの一つです。

しかし、制作や公開の仕方に問題があると、逆に企業の信用を損なう可能性もあります。

例えば、採用動画に嘘が含まれていた場合や、編集技術が不十分でクオリティが低い場合、求職者からの評価が悪くなることが考えられます。

そのため、採用動画を制作する際には、正確な情報を盛り込むことや、適切な編集技術を用いることが重要です。

制作会社によってはかなり高額

採用動画の制作には、専門的な技術が必要となります。

そのため、自社で制作することが難しい場合は、制作会社に外注することが一般的です。

ただし、制作会社によっては、かなり高額な費用を請求する場合があります。

採用動画を制作する際には、費用をしっかりと把握し、適正な価格で制作できる制作会社を選ぶことが重要です。

契約書に注意

採用動画を制作する場合は、制作会社との契約書を取り交わすことが一般的です。

契約書には、制作期間や制作内容、制作費用などが明確に記載されています。

しかし、契約書に不備があった場合、トラブルに発展することがあります。

特に、制作会社によっては、契約書に不利な条項が含まれる場合があります。

そのため、採用動画の制作を依頼する前には、契約書をよく読み、納得できる内容であるかを確認することが大切です。

採用動画の最新トレンド実例【種類別に4種】

採用動画は、企業によって様々な種類があります。

ここでは、代表的な4種類についてご紹介します。

社員インタビュー

社員インタビューは、企業に興味を持っている人が、その企業の社員の声を聞くことができる動画です。

社員たちがどのような仕事をしているのか、仕事のやりがいや、働く雰囲気などを語ります。

また、入社前の不安や疑問点についても、社員たちが答えてくれることが多いため、応募者にとってはとても参考になります。

社長インタビュー

社長インタビューは、企業の経営者が出演し、企業の理念やビジョン、今後の展望などを語る動画です。

社長の思考や、企業の方針を知ることができるため、企業に興味を持っている人にとっては非常に魅力的な内容となっています。

動画にて常時告知

動画による常時告知は、企業の求人情報を、動画を通じてアピールする方法です。

採用ページやSNS、YouTubeなど、様々な媒体で採用動画を公開し、常時告知することで、企業の求人情報を効果的にアピールすることができます。

社内見学

社内見学は、企業内部の様子を、動画で紹介するものです。

例えば、事務所の雰囲気や、従業員同士のコミュニケーションの様子などを紹介することができます。

また、企業の歴史や製品についても、動画で紹介することができます。

応募者にとって、企業の雰囲気をよりイメージしやすくすることができるため、非常に効果的な採用動画の種類の一つと言えます。

\特典:売上倍増!?貴社の事業課題を解決するYouTubeの戦略をご提案/

YouTubeの無料相談
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら

トレンドを抑えて採用動画を作るポイント

採用動画を制作する上で、効果的な動画を作るためにはいくつかのポイントがあります。

採用動画を作るコツは、以下の記事で詳しく解説しています。合わせてご確認ください。

関連記事

採用動画の事例20選!作るコツ1から10とトレンドを解説【費用・種類・作るポイント】

採用動画の事例20選!作るコツ1から10とトレンドを解説【費用・種類・作るポイント】

Read More

アピールポイントを伝わりやすく

動画の最初に企業のアピールポイントを伝えることが重要です。

応募者が求める情報を伝えることで、動画を見る価値を感じさせることができます。

また、伝えたい情報を適切な伝え方で表現することも大切です。

伝え方によっては、企業の良い面を悪い方向にとらえられてしまうこともあるため、制作する前にしっかりと検討しましょう。

良い面ばかり映さない

採用動画は、企業の良い面を伝えるだけでなく、悪い面も伝えることが必要です。

偽りのない本物の情報を提供することで、求職者に対する企業の信頼度が高まります。

また、悪い面を伝えることで、求職者が企業の現実を理解し、自分自身が適任かどうかを判断できるようになります。

作り込んだ演出をしない

採用動画は、できるだけシンプルなものが好まれます。

あまりにも作り込んだ演出をすると、逆に企業の真意が伝わらなくなってしまうこともあります。

シンプルでわかりやすい映像と、ストレートなコメントを採用することで、企業の魅力を伝えることができます。

作成のコツは、以下の記事でより詳しく解説しています。

関連記事

求人動画の作成方法を解説【メリットや効果・かかる費用相場】

求人動画の作成方法を解説【メリットや効果・かかる費用相場】

Read More

制作会社の実績を見る

採用動画は、制作会社によって制作品質が異なります。

制作会社を選ぶ際には、過去の実績や評価などを調べることが大切です。

制作会社によっては、企業のニーズに合った動画を制作するためのアドバイスを行ってくれることもありますので、相談してみると良いでしょう。

以上のポイントを抑えて、効果的な採用動画を制作することができます。

\特典:売上倍増!?貴社の事業課題を解決するYouTubeの戦略をご提案/

YouTubeの無料相談
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら

トレンドを抑えた採用動画を作る際の費用

採用動画を制作するにあたり、費用は重要なポイントの1つです。

以下では、採用動画を制作する際の費用について検討していきます。

自社で全て作る場合

自社で採用動画を制作する場合、撮影機材や編集ソフトを用意する必要があります。

また、動画の撮影や編集に関する知識が必要であるため、専門のスタッフを雇う必要があります。

自社で全てを行う場合、初期投資が必要となりますが、制作費用は比較的安く抑えることができます。

しかし、自社で制作する場合は、制作期間やクオリティに課題が生じることがあるため、注意が必要です。

クラウドソーシング

クラウドソーシングサイトを活用して制作会社を選定することも可能です。

クラウドソーシングサイトには、動画制作に特化したプロフェッショナルが登録しているため、高品質の動画を制作することができます。

また、クラウドソーシングサイトでは、依頼者が制作の品質やスピードを把握しやすいため、納期や品質に関してのトラブルを回避することができます。

ただし、採用動画制作に特化したクラウドソーシングサイトは少なく、選択肢が限られることがあります。

フリーランス

フリーランスの動画制作スタッフを採用する場合もあります。

フリーランスの制作スタッフは、プロジェクトごとに自由に働くため、比較的安価に制作することができます。

また、制作スタッフのキャリアや実績が明確になっている場合もあるため、クオリティの高い動画を制作することができます。

しかし、フリーランスに依頼する場合、スタッフのスケジュールや納期に影響を受けることがあります。

また、スタッフによって制作の品質が異なるため、適切な人材選定が必要です。

制作会社

制作会社に依頼する場合は、撮影や編集などのスキルを持った専門家が制作を担当するため、高品質な採用動画を制作することができます。

ただし、制作会社によっては高額な費用がかかることがあります。

制作会社を選ぶ場合は、実績や評判、料金体系などを比較検討して、自社に最適な制作会社を選ぶことが大切です。

採用動画についてよくある質問

最後に採用動画について、皆様がよく抱かれる質問をまとめました。SNS、予算、テーマについて触れておりますので、ぜひご参考になれますと幸いです。

採用動画の公開にはYouTubeは使った方がいい?

採用動画を公開する方法は多岐にわたりますが、YouTubeを利用するのは一つの選択肢となります。

YouTubeは世界で最も利用されている動画共有サイトの一つであり、大きな影響力を持っています。

採用動画をYouTubeにアップすることで、多くの人にアクセスしてもらいやすくなります。

また、YouTubeには分析機能があり、どのような人が視聴しているのか、どのくらいの人にアクセスされたのかなどを確認することができます。

その他、採用動画を公開できるSNSは、以下にて紹介しています。

関連記事

SNS採用の全て!メリット・デメリットから成功の秘訣まで徹底解説

SNS採用の全て!メリット・デメリットから成功の秘訣まで徹底解説

Read More

予算がなくてちゃんとしたのが作れなさそうだけど、作らない方がいい?

予算がなくても、採用動画を制作することができます。

ただし、予算がない場合は、自社で制作するか、フリーランスやクラウドソーシングなどを活用することになるでしょう。

予算が限られている場合は、必要最低限の情報を伝えるシンプルな動画にすることをおすすめします。

採用動画を作らないよりも、作成している競合他社との差別化を図ることができるため、作る方が良いでしょう。

親近感と憧れ、どちらを感じさせた方がいい?

採用動画で伝えるべきポイントは、企業の魅力や特徴、社風などです。

そのため、採用動画で親近感を感じさせることができるのは良い点ですが、憧れを感じさせることも大切となります。

特に、若年層の採用を考えている場合、憧れや目標を与えるような動画を作ることで、より多くの応募者を獲得することができるでしょう。

ただし、必ずしもどちらか一方に偏らなくても良く、企業の特徴や魅力を正確に伝えることが最も重要です。

採用サイトの制作も検討されている場合には、採用サイト制作に強い会社を比較した記事を合わせてご確認ください。

関連記事

採用支援・コンサルティング会社おすすめ10社【StockSunのプロが比較解説】

採用支援・コンサルティング会社おすすめ10社【StockSunのプロが比較解説】

Read More

まとめ

採用動画は、求職者に会社の魅力を伝え、採用活動を支援するための重要なツールです。

採用動画のトレンドとしては、本音や実態、インタビュー、職場案内・密着、チャンネル運用、Shorts動画などが挙げられます。

採用動画のメリットとしては、文字での求人掲載より情報量が圧倒的に多く、雰囲気が伝わりやすく、流用が行いやすい、実際の現場をイメージしやすくミスマッチが減るなどがあります。

一方、デメリットとしては、扱い方次第で信用が低下する、制作会社によってはかなり高額、契約書に注意が必要な点があります。

採用動画の実例には、社員インタビュー、社長インタビュー、動画にて常時告知、社内見学などがあります。

採用動画を作る上でのポイントとしては、アピールポイントを伝わりやすく、良い面ばかり映さない、作り込んだ演出をしない、制作会社の実績を見るなどがあります。

採用動画の費用については、自社で全て作る場合、クラウドソーシング、フリーランス、制作会社などがあります。最後に、採用動画についてよくある質問として、YouTubeは使った方がいいか、予算がなくてちゃんとしたのが作れなさそうだけど、作らない方がいいか、親近感と憧れ、どちらを感じさせた方がいいかなどがあります。

採用動画は、会社の魅力を伝え、求職者の興味を引き、採用に繋げるための効果的なツールです。採用動画を作る際には、効果的な手段を選択し、上手く活用することが求められます。

「採用HPに200万円以上費用をかけている」
「毎月100件以上スカウトメールを送付している」
「毎月のように求人票をブラッシュアップしている」

その場合、採用施策にムダが生じている可能性があります。

StockSunが生み出した『YouTube×採用』施策を用いれば、採用コストを削減しながら約30万人に貴社の求人を即リーチできます。

・貴社の採用動画制作し、ターゲット層と相性の良いメディアから集客を実施!

・GMARCH/関関同立以上の高学歴ビジネス層26万人が登録する就活系YouTube「年収チャンネル」と、
StockSunとつながりを持つビジネス系YouTuberが、貴社の採用動画を拡散!

低コストで優秀な人材の採用が叶う、StockSunにしか提供できないサービスをぜひご検討ください。

拡散支援枠には限りがあります。ご興味のある企業様は以下バナーから詳細をご確認ください。

\特典:売上倍増!?貴社の事業課題を解決するYouTubeの戦略をご提案/

YouTubeの無料相談

採用動画の制作に適任のコンサルタント

青笹寛史

青笹寛史

YouTube×LINEのスペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

CRMコンサルティング

植本涼太郎

植本涼太郎

YouTubeスペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

採用コンサルティング

医療・クリニック

転職

新卒

採用代行

工務店、ハウスメーカー

塾・予備校

飯田健登

飯田健登

企業専門のYouTube運用スペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

Instagram・Xコンサルティング

為国辰弥

為国辰弥

採用スペシャリスト

採用コンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

転職

新卒

総合Webマーケティング支援

Webサイトコンサルティング

SEO•MEOコンサルティング

Web広告運用コンサルティング

鳥屋直弘

鳥屋直弘

StockSunでNo.1のYouTube制作チーム

YouTube・TikTokコンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

転職

新卒

工務店、ハウスメーカー

不動産投資

受託

製造業

SaaS

CRMコンサルティング

採用コンサルティング

Instagram・Xコンサルティング

濵口魁希

濵口魁希

【 社長の右腕 】WEB戦略のゼネラリスト

Web広告運用コンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

新規事業コンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

SaaS

採用代行

柴田章矢

柴田章矢

動画マーケティングの達人

YouTube・TikTokコンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

新卒

受託

和田悟

和田悟

テレビ番組クオリティをWeb動画に

YouTube・TikTokコンサルティング

山本紘希

山本紘希

WordPress職人

システム・アプリ開発コンサルティング

Webサイトコンサルティング

受託

SEO•MEOコンサルティング

松浦英雅

松浦英雅

住宅領域のスペシャリスト

Instagram・Xコンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

不動産投資

工務店、ハウスメーカー

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。