メールで
無料相談
LINEで
無料相談

















TOP

DX推進に動画がかかせない理由【プロが徹底解説】

更新日
DX推進に動画がかかせない理由【プロが徹底解説】

近年話題に上がることも多くなってきたDX(デジタル・トランスフォーム)。

DX推進の専門会社も出てきましたが、大掛かりなシステム構築等よりも動画の活用を我々は推奨いたします。

ここではその理由とともに、そもそもDXとは何かをデジタル化との違いや世間での流れを交えながらプロのコンサルタントが解説いたします。

動画を活用してDXを進めたいときには一度StockSunにご相談ください。無料相談では記者の課題や目的をヒアリングさせていただいたうえで具体的な方向性をお伝えしております。

\特典:最短で収益化!?貴チャンネルとマッチするYouTubeの戦略をご提案/

YouTubeの無料相談
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら

そもそもDXとは

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは、デジタル技術を駆使して企業活動を根本から変革することを指します。

ビジネスモデルの改革や業務プロセスの最適化などを通じて、組織の競争力を高めるための戦略的な取り組みです。

デジタル化・IT化との違い

「デジタル化」や「IT化」は単に業務をデジタルツールで行うことを指しますが、DXはそれだけでなく、企業のビジネスモデル自体をデジタル化することを意味します。

これにより、顧客体験の向上や新たなビジネスチャンスの創出など、組織全体の価値提供を高めることが可能となります。

DXを推進するメリット・デメリット

DXを推進することで、組織は大きなメリットを享受できますが、一方で課題やデメリットも存在します。

その両面を理解し、適切な対策を立てることがDXの成功には必要です。

DXを推進するメリット

DXにより、企業は新しいビジネスモデルの創出、業務効率の向上、顧客満足度の向上など、多大なるメリットを享受できます。

さらに、デジタル化によってデータを効率的に収集・分析できるようになり、経営の意思決定をより精緻化できます。

DXを推進するデメリット

一方で、DXは大規模なシステム導入や業務プロセスの再設計など、初期投資が大きくなる可能性があります。

また、組織や従業員が新しい技術や業務に適応するためには、時間と教育が必要となり、その間、業務の混乱や生産性の低下が生じることもあります。

DX推進に動画を活用するメリット・デメリット

DXの推進において、動画は情報伝達の効率化や新たな顧客体験の提供など、重要な役割を果たします。

しかし、その活用にはメリットだけでなく費用面やブランディング等でのデメリットも伴います。

DX推進に動画を活用するメリット

動画を活用することで、視覚的な情報を効率的に伝達でき、学習効果の向上や理解の深化を促すことが可能です。

また、リアルタイムの映像共有により、遠隔地からでも対面感覚のコミュニケーションを実現できます。

DX推進に動画を活用するデメリット

しかし、高品質な動画を制作・配信するには、専門的な技術や機材、時間などのリソースが必要となるため、コストがかかります。

また、データ量が大きいため、ネットワーク環境やストレージの制約により、管理や運用が難しくなる可能性もあります。

DXを進めるステップ

DXを推進するには、明確なステップを踏むことが重要です。

以下に、一般的なDXの進行ステップを3つに分けて説明します。

これらのステップを理解し、実行することでDXの成功確率を高めることが可能です。

設定

DXを進める初めのステップは、目標設定です。

具体的にどのようなビジネス改革を達成したいのか、どの業務プロセスをデジタル化するのか、その目標と方針を明確に設定します。

さらに、必要な技術やリソース、予算、時間枠なども考慮に入れます。

実行

目標設定が完了したら、次は実行ステップです。

新たなシステムの導入や業務プロセスの再設計など、具体的な改革を行います。

また、スタッフの教育や組織体制の再編など、人材面での対策も行います。

このステップでは、柔軟性を持って変化に対応することが重要となります。

分析

最後のステップは、分析です。

実行した改革の成果を評価し、次の改善点を見つけ出します。

データ分析を通じて、改革の効果を定量的に評価します。

さらに、改革のプロセス自体を見直し、次回のDX推進に活かします。

DXに動画を活用するポイント

DXに動画を活用する際には、以下のポイントを考慮すると効果的です。

これらを理解し、具体的な実行に移すことで、動画の利用を最大限に活かすことが可能となります。

目的設定を明確にする

動画を活用する際、最も重要なのは目的設定です。

動画を使用する目的を明確にし、その目的に対して最も効果的な形式や内容、配信方法を考えることが重要です。

品質

動画の品質は視聴者の印象や理解度に大きく影響します。

高品質な映像・音声を提供し、メッセージを明確に伝えることで、動画の効果を最大化できます。

共有

動画を有効に活用するためには、適切な共有方法も重要です。

企業内の情報共有の場合、専用のプラットフォームを使用したり、必要なスタッフに対して適時配信するなど、効率的な共有方法を考えましょう。

DXに動画を活用している事例

DXの推進において、既に動画を有効に活用している企業も存在します。

その具体的な事例をいくつか紹介します。

豊田通商

豊田通商は、社員教育の一環として動画を活用しています。

新入社員のOJTや社内研修などで、専門家による講演や技術解説の動画を提供し、スキルアップを支援しています。

ネクステージ

新車・中古車を取り扱う株式会社ネクステージは2019年より、VRを活用したクルマ選びを実装しています。

顧客が店舗にてVRゴーグルを装着することで、車両の外装・内装やサイズ感を含む雰囲気を確認できるようにしており、店舗にないけれど在庫がある車も選択肢に入れやすくなりました。

Peatix

イベント運営プラットフォームのPeatixは、オンラインイベントの開催を支援するため、動画配信機能を提供しています。

これにより、イベント主催者は広範囲の視聴者にアクセス可能となり、規模や範囲の拡大が可能になっています。

DXでの失敗・Q&A

DXの導入は多くのメリットをもたらす一方で、失敗する可能性もあります。

また、導入を検討している企業や個人には、多くの疑問や不安があるかと思います。以下に、よくある失敗例とQ&Aをご紹介します。

DXの導入にてよくある失敗

以下、よくある失敗を3つ紹介いたします。

安全性やプライバシーへの配慮不足

デジタル変革を追求する過程で、企業は技術やサービスの効率性や便利さに目を奪われがちです。

しかし、その一方で、データセキュリティやプライバシー保護に対する配慮が疎かになることがあります。

これは、顧客情報の漏洩やプライバシー侵害という深刻な問題を引き起こし、企業の信頼性やブランドイメージに大打撃を与える可能性があります。

そのため、DXを進めるにあたり、最新のセキュリティ技術を導入し、データ保護法やGDPRなどの法規制を遵守することが重要となります。

管理と活用の欠如

DXを通じてデータを収集し、それを分析することで新たなビジネスインサイトを得ることができます。

しかし、適切なデータ管理と活用が行われていない場合、その価値を十分に引き出すことはできません。

データをただ収集するだけでなく、その管理と活用に対する戦略が必要です。

データガバナンスの導入やデータ分析能力の強化を通じて、データを資産として有効活用するための体制を整えることが求められます。

短期的な利益を求める

DXは短期で利益は出づらい投資だと思われます。

初期投資が大きいことや、人々の行動や思考の変化に時間がかかることから、即座に利益が出ることは少ないでしょう。

しかし短期的な利益を求め過ぎると、長期的な視点を失い、DXの本来の目的から外れてしまう可能性があるため、DXは企業のビジョンに基づいて進めながら長期的な成功を目指すべきかと思われます。

DXについてのQ&A

先ほどの失敗と同じく、DX導入にあたって抱きやすい3つの疑問について、最後にお答えします。

DXの導入によって、具体的にどんな利益が生まれる?

DXの導入によって生まれる利益は多岐にわたります。

1つ目は、業務効率化によるコスト削減です。自動化やAIの導入により、繰り返しの作業を機械に任せ、人間がより付加価値の高い仕事に時間を割くことができます。

2つ目は、顧客体験の向上です。顧客データの分析やパーソナライズにより、顧客にとって有益なサービスや情報を提供し、顧客満足度を向上させることが可能です。

3つ目は、新たなビジネスモデルの創出です。デジタル技術を活用することで、従来のビジネスモデルにとらわれず、新たな価値を提供するビジネスモデルを生み出すことができます。

DXの導入には、どのようなコストがかかる?

DXの導入コストは、導入する技術やシステム、対象となる業務範囲などにより大きく異なります。

大きなポイントとしては、システム開発やハードウェアの導入コスト、ベンダーやコンサルタントへの支払い、教育・研修にかかるコストなどがあります。

また、継続的なメンテナンスやアップデート、セキュリティ対策にかかる費用も考慮に入れる必要があります。これらのコストは、一時的なものではなく、長期的な視野で計画を立てることが重要です。

DXでの失敗のリスクと対策は?

DXには多くの利益がありますが、それと同時に失敗のリスクも存在します。

具体的なリスクとしては、セキュリティ対策の不備によるデータ漏洩、データ管理と活用の欠如、短期的な利益追求による戦略の見失いなどが挙げられます。

これらのリスクを回避するためには、まずは戦略的な視点を持つことが重要です。

その上で、セキュリティ対策の強化、データガバナンスの導入、長期的な視野でのDX推進などを心がけることが求められます。

まとめ

本記事では、DXの基本的な意味と推進のメリット・デメリット、動画を活用するメリット・デメリット、DXの進行ステップ、動画活用のポイントなどをご紹介しました。

こちらでご紹介した各項目はさまざまな企業様に当てはまる一般的なことも含むため、もしかすると御社での導入イメージがつきづらいかもしれません。

以下ボタンより、プロのコンサルタントが御社でDX導入をする際には具体停にどのように進めるか、どのような予算になるか無料相談を承らせていただきます。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

\特典:最短で収益化!?貴チャンネルとマッチするYouTubeの戦略をご提案/

YouTubeの無料相談
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。