メールで
無料相談
LINEで
無料相談

















TOP

業務委託の相場徹底解説!交渉ポイントも紹介

雇用契約を結んでいない人に対して、仕事を依頼し成果物の提供を受ける仕事のスタンスが業務委託です。業務委託では、報酬は仕事の成果物や役務に対して支払われます。
近年は働き方の多様化が進んでおり、副業やリモートワークが推進されている状況です。総務省の調査によると、副業を行っている人は2002年時点では「236.4万人」でした。その後、2022年時点では「304.9万人」になっています。20年の間に副業を行っている人がおよそ「69万人」増加している結果でした。
また副業は始めていないが興味がある人は、2002年時点では「315.2万人」に対して2022年時点では「493.4万人」となっています。およそ「178万人」の増加です。
このように副業や業務委託を実際に始めている人、始めてはいないが興味がある人が増えてきていると言えるでしょう。
この記事では、業務委託の基本知識や業種による報酬の相場、業務委託先を見つけるためのポイントなどについて紹介します。

参考記事:総務省「令和4年就業構造基本調査-Page3

なお、弊社StockSunでは、格安でWebデザインはじめとするWeb集客全般の施策を依頼できる「マキトルくん」というサービスを提供しています。
月5万円からの定額サービスになっているので、Web施策を通じて効果的に、最小限のコストで売上を最大化させたい方に最適です。

最小限のコストで迅速に結果を出したい方は、ぜひマキトルくんの利用をご検討ください。

業務委託の相場

ここでは、業種の違いによる業務委託の内容や報酬相場などを紹介します。

マーケティング・コンサルタントの業務委託相場

企業の広告活動、販促活動を担当するマーケティングコンサルタントも、社外に業務委託することが可能です。専門スキルや豊富な経験を持つ人材に依頼することで、クオリティの高い成果を期待することができるでしょう。

依頼できる業務内容

マーケティングコンサルタントと言っても、対象とする業界によって業務内容が異なる状況です。ここでは近年需要が高くなっているWebマーケティングのコンサルタントを例に、業務内容を紹介していきます。主な業務内容は次の通りです。

業務内容 説明

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは、検索エンジンに対する最適化です。SEO(Search Engine Optimization)と呼ばれており、GoogleやYahooなどの検索エンジンで上位表示するための取り組みとなります。

キーワードの設定や見出しの改善、パンくずリストの更新などさまざまな施策を行う形です。

広告の運用

広告運用では、動画広告やバナー広告など、最適なWeb広告を出すことで、ターゲットとしているWebサイトへのアクセス数を増やす取り組みです。アクセス数が増えれば、Webサイトの売上増加を見込むことができます。

ただし広告は費用がかかるため、効果が無い場合は赤字になることも考えられるでしょう。

しかし広告を効果的に活用できれば、即効性があり売上拡大の可能性もあるため、マーケティングコンサルタントの実力次第と言えます。

SNSマーケティング

SNS(Social Networking Service)は、TikTokやYouTube、Facebook、X(旧Twitter)、Instagramなどに代表されるインターネット上にあるコミュニティサイトのことです。情報を発信したり、ユーザー同士でつながりを持ったりできます。

SNSはビジネスツールとして利用することが可能です。例えば企業の商品やサービスに興味を持っている多くのユーザーに発信すれば、効果が大きいと言えるでしょう。

SNSマーケティングは、今後需要が高まっていくと予測されます。

データの分析

Webサイトへのアクセス状況、Webサイト内での行動、離脱状況などを確認しデータ分析します。分析した結果を次の戦略に反映し、その効果をまた分析する形です。

これを繰り返していくことで、Webサイトを改善します。

Webコンサルティング

Webサイトの企画や分析、改善、運用など、全般に対してサポートを行うことです。さまざまな要素を活用し、Webサイトの売上向上を目指していく重要な業務となります。

業務委託するメリット

マーケティングコンサルタントに業務委託するメリットとしては、次の3つがあります。

メリット

説明

スキルの高いコンサルタントに低コストで依頼可能

レベルの高いスキルを保有し、経験も実績も十分なコンサルタントに依頼することで、高い効果を期待することができます。

正社員で雇用しようとした場合、年収1000万円以上になる場合もあるでしょう。業務委託の場合は、必要な時だけ依頼することができるため、低コストで業務を依頼することができます。

プロジェクト全体を依頼できる

コンサルタントにプロジェクトを任せることで、自社の社員は別の業務に専念することができます。

経験値の高いコンサルタントをすぐに獲得可能

社員を1から育てていくには、時間と費用が膨大にかかります。業務委託であれば、経験値の高いコンサルタントを容易に見つけることが可能です。

即戦力として期待ができるでしょう。

費用相場

費用は業務内容によって変わってくる状況です。ここではWebマーケティングの各業務の相場を紹介します。

業務内容

費用相場

Webコンサルティング

一般的なコンサルティング:5万~10万円/回

ツールを活用したコンサルティング:30万~50万円/回

経営戦略コンサルティング:30万円~/月

SNSマーケティング

投稿:8000~1万円/投稿

SNS運用:20万~30万円/月

コンテンツマーケティング

記事:1万円~/記事

経験豊富なライターの場合は、4万~8万円/記事

オウンドメディア制作費:30万~50万円

リスティング広告

LP制作:5万円~

広告運用:広告費の20%程度

クリック単価×クリック数

参考記事:Workship「マーケターを業務委託するメリットって? 費用相場やデメリット、人材の探し方まで解説

一般事務・事務代行の業務委託相場

事務処理は単純作業が多く、時間のかかるものも多いでしょう。事務処理に割く人件費を削減しようとした場合、業務委託する方法があります。事務処理を業務委託することで、社員を重要業務に専念させることが可能です。

依頼できる業務内容

一般事務や事務代行の業務委託で依頼が可能な内容は、業者によって異なります。事前に確認しておくのが良いでしょう。主な事務業務としては次の通りです。

業務内容

説明

受発注業務

商品の注文を受注したり、販売、発送したり複数の業務があります。

  • 受発注の代行
  • 受発注書類の作成やハック尾
  • 在庫管理
  • 発送業務

管理業務・バックオフィス業務

管理部門や後方支援するバックオフィス業務です。

  • 備品の管理
  • 給与振込や商品代金振込の予約
  • 経理書類の管理や作成

書類管理や作成

書類の管理や作成業務です。

  • 会議の議事録
  • 広報用の企画書や文章
  • 経営計画書の作成

営業事務

営業からの電話や見積書の送付など、営業をサポートする業務です。

  • 発注書や見積書の作成
  • メールや電話の対応
  • クライアントからのクレーム対応
  • 入金管理や入金に対する顧客へのお礼
  • イベント応募や受付、会場、スタッフの手配

社内連携業務

社内で必要とされている業務を行います。

  • アンケート回答の入力や回収
  • 名刺の作成
  • 社員名簿の作成や更新
  • 社長や役員、社員のスケジュール管理
  • 顧問弁護士との連携業務
  • Webサイトの更新、SNSの更新

リサーチ業務

専門性の必要となるリサーチ業務を行います。

  • データの分類や計算
  • 有益な情報を抽出
  • 営業や経営に必要な情報の調査と収集

料金体系のパターン

事務業務を業務委託する場合、料金パターンは主に次の3つです。

料金パターン

説明

月額固定

毎月決まった費用を支払う方式です。契約時にはあらかじめ実施する業務を決めておく形となります。

契約時に決めた業務外の内容を依頼する場合は、料金や契約の再設定が必要となるでしょう。

契約期間によって変動

月あたりの時間を決めておく方式です。例えば「月に20時間まで」というような形になります。費用の見積もりが出しやすい点がメリットです。しかし作業が契約した時間を超えた場合は、社員が残りを引き取る必要があります。

業務課金

時給や単価が設定されており、月に稼働した時間によって費用が決定する方式です。例えば資料1ページにつき「150円」のような契約になります。100ページ作成した場合、「15000円」の支払いです。

月の終わりにしか費用が確定しないので、見積がしづらいデメリットがあります。しかし仕事の量に応じた支払いとなるため、費用が無駄にならない仕組みです。

費用相場

事務業務を業務委託する場合の料金の目安を紹介します。一般事務と専門業務に分けての記載です。

業務内容

説明

一般事務

経理事務:15000~65000円程度/月

人事業務(給与業務):57000円程度/月

人事業務(社会保険業務):11000円程度/月

秘書業務(平日):15000円程度/月

秘書業務(休日):16500円程度/月

専門業務

書類作成:2000円程度/A4サイズ1枚

税務補助:5万円程度

参考記事:Lancers「【事務代行の料金相場!】事務代行サービスに依頼できる業務一覧と費用体系も紹介

会計・税務の業務委託相場

会計や税務などの経理業務を業務委託することも可能です。経理業務とは、会社の財産や金銭の出入りに関する業務のことになります。会社のお金の動きを管理する業務と言えるでしょう。

依頼できる業務内容

経理業務は、経理専門業者または税理士に依頼する形です。どちらを選ぶかは、業務の量や業務内容によって判断します。

業務内容

説明

経理専門業者

経理専門業者に依頼可能なサービスは、次の通りです。

  • 買掛金、売掛金の管理
  • 請求書、見積書の発行
  • 給与計算
  • 経費精算
  • 記帳代行

経理関係の仕事は多岐に渡ります。経理専門業者が対応可能な業務は、上記のような「資格が無くても実施できる業務」です。

例えば、年末調整の代行、決算報告などを請け負っている経理専門業者もありますが、この場合は税理士と連携して対応しています。

経理業務の一部を委託したい場合は、費用が抑えられる経理全問業者に依頼するのが良いでしょう。

税理士

以下の業務は税理士にしかできません。

  • 税務相談
  • 税務書類の作成
  • 税務代理

これらの業務を行う場合は、税理士に依頼します。ここで言う「税理士」とは、日本税理士会連合会の税理士名簿に登録している税理士のことです。それ以外の人は上記の業務を行うことができないと定められています。

税理士に業務を依頼する場合、「単発契約」「顧問契約」のどちらかです。必要な時のみ依頼したい場合は都度、単発契約を結び費用を支払う形となります。一方顧問契約すれば経理業務を丸投げすることが可能です。

費用相場

経理業務を依頼する場合の費用相場は、次の通りです。

業務内容

説明

記帳代行

経理専門業者、税理士どちらも対応可能です。

5000~5万円(50~100円/1仕訳)

給与計算代行

経理専門業者、税理士どちらも対応可能です。

基本料金:5000~1万円

税務相談

税理士のみ対応可能です。

5000~1万円/1時間

税務書類作成

税理士のみ対応可能です。

2万~5万円

確定申告代行

税理士のみ対応可能です。

所得税の確定申告:5万円~

法人の決算申告:15万円~

参考記事:税理士ドットコム「経理アウトソーシングの費用 – 料金相場や委託先の選び方

業務委託の基本知識

業務委託とはどのような契約でしょうか。また労働契約との違いなどを紹介します。

業務委託契約と一般労働契約の違い

業務委託契約では、業務を発注する側と受注する側の立場は対等です。お互いに雇用の関係はありません。業務を受注した側は業務の完成を約束し、完成した成果物に対して発注者は報酬を支払う契約です。
そのため業務の発注者が受注者に対して直接指揮したり命令したりすると、偽装請負と見なされて罰則が科されます。
一方、労働契約とは、雇用する側と雇用される側で結ばれる契約になります。労働契約に関しては、国が定めたルールに従うことが必要です。雇用される側よりも雇用する側の立場の方が強いため、「労働契約法」や「労働基準法」、その他の諸法令によって労働者が守られています。
労働契約では、次の項目が定められている状況です。

労働契約

説明

労働契約の基本原則

労働者が不利益にならないように原則が定められています。

労働契約の終結

労働の契約期間、労働条件の明示化などに言及しています。

労働契約の変更

労働契約は、基本的には使用者と労働者の間に合意があれば変更可能です。しかし就業規則で決められている労働条件を下回る内容の場合は、変更ができません。

労働契約の終了

労働者の立場を守るために、労働基準法と労働契約法の両面から取り決めが行われています。

業務委託における契約書の重要ポイント

業務委託契約は頻繁に利用される契約書ですが、トラブルを招く場合もあります。必要事項が明確になっているかどうかなど、事前にチェックすることが必要です。重要ポイントを以下にまとめています。

重要ポイント

説明

契約内容を確認

業務委託契約書というタイトルになっていても、内容によっては、別の契約として判断されてしまう場合があります。事前にどの契約に該当するのかを確認しておくことが必要です。

契約の種類には、以下のものがあります。

  • 請負契約
  • 委任契約
  • 準委任契約
  • 派遣契約

成果物や期限を確認

依頼を受けた業務の「成果物」が明確になっているか確認します。双方で成果物の認識が異なる場合はトラブルになってしまうでしょう。

また、期限が明示されているかどうかも確認が必要です。いつまでに何を納品するのかが明確になっていないと、認識違いが発生してしまいます。

さらには「納品方法」「検査基準」も明確になっているか確認しましょう。

報酬を確認

報酬に関して明確になっているか確認します。次の項目を明確にしておくことが大切です。

  • 報酬金額や金額の計算方法
  • 支払時期
  • 支払方法
  • 業務を行う上でかかった費用の負担

契約解除要件を確認

契約を解除できる条件を明確にしておきます。

例えば「契約違反があった場合に解除できる」との記載があっても、契約違反が「差押や仮差押の申立を受けたとき」なのか、「破産や民事再生の申立を受けたとき」なのかなど、具体的にしておく方が良いでしょう。

再委託を確認

業務の委託先が再委託を認めるかどうか、契約時に確認しておく必要があります。

さまざまな業種・職種別の業務委託の相場

ここではさまざまな業種に関して、業務委託する場合の料金相場を紹介します。

フリーランスデザイナーの業務委託相場

Webサイトやアプリなどのデザイン需要が高まっています。フリーランスデザイナーに業務委託することで、高いクオリティのWebサイトやアプリを制作することができるでしょう。
デザインに関する相場は以下の通りです。

業務内容

相場

Webデザイン

55万円~/月

Webディレクション

30万~100万円/月

UI/UXデザイン

20万円~/月

グラフィックデザイン

40万円~/月

参考記事:クロスデザイナー「デザイナー業務委託の料金相場を徹底解説!採用方法や依頼方法についても紹介

エンジニア・システム開発の業務委託相場

社内システムを構築する際、社員で開発する内製を選択するか、外部に委託するか2つの選択肢があります。しかし自社にスキルのある人材がいない場合は、外部に業務委託する方法となるでしょう。システム開発やエンジニアの業務委託を行う場合、相場は以下の通りです。

システム

相場

業務支援システム

SFA、MA、CRM、セキュリティ管理システムなどが該当します。

開発費用の相場:100万~400万円以上

基幹システム

生産管理、販売管理、人事管理、財務会計システムなどが該当します。

開発費用の相場:100万~1500万円以上

Webシステム

ECサイト、マッチングシステム、予約システムなどが該当します。

開発費用の相場:100万~500万円以上

参考記事:VNEXT「システム開発を委託する際の費用相場は?費用を抑えるコツと選び方も解説!

業務委託費用の計算方法と注意点

表務委託にかかる費用の計算方法と注意点について紹介します。

報酬額の決定方法と交渉のポイント

業務委託を行う場合、報酬額の決定が重要です。高額すぎる場合は、外部に出さない方が費用の削減になります。一方報酬額が低すぎる場合は、クオリティに問題が出る可能性も高まるでしょう。

相場の把握

業務委託する場合、事前に一般的な相場を調査することをおすすめします。相場の調査は次の方法です。

調査方法

説明

複数のサイトで確認

フリーランスサイト、クラウドソーシングサイト、転職サイトなど、複数のサイトで依頼を出したい案件と同様の業務の相場を確認します。

おおよその傾向をつかむことができるでしょう。

マッチングエージェントの活用

企業と仕事を受けたい人のマッチングサイトを利用する方法です。マッチングサイトに登録し、依頼を出したい案件に関して相談して相場を確かめます。

報酬額の設定

業務委託する場合、報酬額をどのような方法で算出するかを決定します。主な決定方法は次の種類です。

報酬額の設定方法

説明

業務量と単価

単価を時間や月、1案件など、決まった単位に金額を割り振る方法です。単価が決まったら作業量や作業時間から、報酬額を決定します。

複数サイトで相場を参考にする

依頼案件と同じような内容が他のサイトでどれくらいの報酬額なのかを参考にして、報酬額を決定する方法です。

マッチングエージェントの活用

マッチングエージェントに登録することで、エージェントに相談することが可能です。依頼を出したい案件の難易度や作業量などを伝えて、適切な報酬額をアドバイスしてもらうことができます。

報酬の交渉方法

業務の変化に応じて、報酬額の交渉が必要となります。次のような場合が考えられるでしょう。

交渉するケース

説明

担当可能範囲の変化

当初よりも任せられる業務が増えてきた場合、報酬の交渉を行います。

実績の変化

実績が積みあがってきた場合、報酬の交渉を行います。

初期単価からの脱却

始めは相場よりも低い単価で始める場合があります。ある程度の成果が出てきた場合は、報酬の交渉を行う必要があるでしょう。

源泉徴収とは?業務委託の税金問題を解説

源泉徴収は、個人や会社に関係なく給与を支払う側の義務となります。ただし業務委託契約の場合は、対象範囲外になることもあるので確認が必要です。
源泉徴収とは、報酬や給与を支払う事業者が所得税などの税金を差し引くことです。差し引いた税金は、事業者が代わりに納税する仕組みとなります。そのため会社員などは自ら納税したり申告したりする必要はありません。
業務委託契約では、支払相手が法人か個人かで源泉徴収の義務が異なります。

報酬の支払相手

説明

法人

法人に業務委託する場合、原則として源泉徴収の義務は発生しません。

個人

個人に業務委託する場合は、条件に当てはまると源泉徴収の義務が発生します。条件とは以下のいずれかです。

  • 業務内容が講演料や原稿料の場合
  • 社労士、司法書士、会計士、弁護士などの資格保持者への報酬の場合
  • 社会保険診療報酬支払基金の診療報酬
  • 不動産外交員、保険、タレント、モデル、プロテニス選手、プロサッカー選手、プロ野球選手などへの報酬
  • テレビ放送、芸能、演劇、映画などの出演に関する報酬
  • 旅館やホテルでの宴会で接待するコンパニオンやホステスに支払う報酬
  • プロスポーツ選手の一時契約金
  • 馬主に支払う賞金、広告宣伝を目的とした賞金
  • 取材費や研究費、お車代、謝礼などが実質的に報酬の場合

源泉徴収とは?業務委託の税金問題を解説

業務委託で仕事を受注し報酬を得ている場合、基本的には確定申告を行います。副業で業務委託を行っている場合は、報酬が年に20万円以上あれば確定申告が必要です。
この時、源泉徴収されていない場合は、確定申告時に所得税を納付します。一方源泉徴収されている場合は、確定申告時に払い過ぎた分の所得税が還付されることもあるでしょう。
確定申告は、1年間の売上や経費、源泉徴収額の合計を集計し、税金を計算する必要があります。日ごろから売上や経費などをまとめておくことが大切です。

最適な業務委託先を見つけるためのポイント

外部に依頼したい業務がある場合、業務委託先を探す必要があります。以下は、最適な業務委託先を見つけるためのポイントについての紹介です。

人材紹介サービス・マッチングサイトの活用方法

業務委託先を探す場合、いくつかの方法があります。主な方法は以下です。

号務委託を探す方法

説明

マッチングエージェント

依頼を出したい企業とフリーランスを仲介するのがマッチングエージェントサービスです。登録しているフリーランスは、エージェントサービスの審査を通過したスキルの高い人材となります。

優秀な人材が揃っているため、企業側は安心して依頼することができるでしょう。

クラウドソーシング

インターネット上のサイトで企業と個人が直接交渉して、受発注できるサービスです。口コミや過去の実績などが可視化されているため、信頼できる相手を探すことが可能となります。

ただしスキルレベルが幅広いため、人材の選定が難しいと言えるでしょう。

求人サイト

求人サイトは社員募集だけでなく、業務委託先を探す手段としても使われています。長期的に業務を依頼したい場合は、有効な方法と言えるでしょう。

業務委託先選定時の重要な評価基準と注意点

業務委託選定時の評価基準や注意点について紹介します。次の項目をチェックするのが良いでしょう。

選定時の評価基準と注意点

説明

委託先のスキル

業務の対応ができるスキルを保有しているかどうかの確認が重要です。スキルが無い場合は、業務の遂行が不可能となります。過去の実績や評価を見て判断する方法です。

人柄にも注目

スキルや知識以外にも、人柄に注目する必要があります。「納期を守れる人かどうか」「コミュニケーションを円滑にできるかどうか」などです。

スキルや知識があった場合でも、人柄やコミュニケーションに問題がある場合は、業務の負担が増えてしまうでしょう。人材の選定は重要です。

進捗確認方法

委託先の進捗状況を把握する方法も重要です。進捗が簡単に確認できるようになっているかどうか、判断材料にすることが大切です。

コミュニケーションやフォローアップの重要性

業務委託先とのコミュニケーションが不足すると、トラブルに発展する可能性があります。業務の進捗状況に遅延が発生していたり、何かの問題が発生して停滞していたりする場合、コミュニケーションが取れていないと解決ができません。
また依頼する側の位置を十分に理解せずに業務を進めていた場合は、期待する成果物が出来上がってこないこともあります。
このようなトラブルを避けるためには、定期的なミーティング、進捗管理表の作成などの仕組みづくりが重要です。コミュニケーション能力の高い担当者を、業務委託先との間に設置することも有効な手段と言えるでしょう。

業務委託を依頼するならマキトルくんがおすすめ!

「効果的な業務委託へ依頼する料金を抑えて依頼したい」
「でも質の高い広告代理店を探す自信や時間がない」

こうした方におすすめしたいのが、月額5万円からご依頼いただける「マキトルくん」です。

Webコンサル会社であり、実績豊富なフリーランス集団であるStockSunだからこそできる費用対効果の高いサービスになっています。

ここでは、業務委託への依頼においてマキトルくんを活用するメリットを3つご紹介させてください。

  • 月5万円から優秀なフリーランスに業務委託の依頼ができる
  • Webデザイン全般の実行支援に対応
  • 外注を一本化できるためコスト削減につながる

月5万円から優秀なフリーランスに業務委託を依頼できる

マキトルくんでは、月額定額5万円より優秀なフリーランスに業務委託を依頼できます。

コンサル料がかからないため、「優秀なプロに依頼したいものの、高額な費用を支払う予算がない」といった企業にも安心してご利用いただけます。

また、業務委託を担当するのは、StockSunに在籍する2,000名以上のフリーランスの中から、上位20%の優秀な人材に厳選しております。自社で優秀な人材を探す手間がかかりません。

  • 業務委託を依頼するスキル
  • コミュニケーションスキル
  • 目的の達成意識

上記の要素を備えたフリーランスだけをアサインいたしますので、高クオリティーな業務委託を依頼することが可能です。

Webマーケティング全般の実行支援に対応

マキトルくんでは、Webマーケティング全般の実行支援を月額定額制で依頼いただけます。

  • 業務委託への依頼を内製化したい
  • コンバージョン率の高い業務委託依頼をしたい
  • 業務委託だけでなくSNS運用やLP制作なども任せたい

上記のようなニーズにも柔軟に対応可能です。

まず貴社のニーズ・課題を丁寧にヒアリングした後で、最適なご提案をさせていただきます。施策の内容が決定したら、次に必要な人材を集めて独自のチームを構築し、業務に取り掛かっていく流れです。

「とはいえ、複数のフリーランスを集めたら連絡を取り合うのが面倒そう」

この問題を未然に防ぐために、マキトルくんでは専属のディレクターが貴社とフリーランスの間に入ります。ヒアリング能力の高いディレクターが担当いたしますので、コミュニケーションコストを最小限にすることが可能です。

外注を一本化できるためコスト削減につながる

現在、複数の外注先に業務を委託している場合、マキトルくんに外注を一本化すればコストを削減できます。これまで個別に発生していた固定費をまとめるだけでも、支出を最小限にできるでしょう。

マキトルくんに一本化した場合、チーム内で綿密にコミュニケーションを取ることが可能です。それぞれの担当者が成功事例・進捗状況を共有しながら、スピーディーかつ費用対効果の高い施策を実行できます。

最小限のコストでスピーディーにWebデザインのサブスクを依頼したい方は、ぜひマキトルくんの無料相談へお問い合わせください。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

まとめ

今回は、業務委託の基本知識や業種による報酬の相場、業務委託先を見つけるためのポイントなどについて紹介しました。
社内に適切なスキルを保有した人材がいない場合、社員を教育するよりは、外部に業務委託した方が費用を削減することができます。また、短期間でクオリティの高い成果物の提供も可能となるでしょう。
業務委託する際の費用の相場は、業種によって異なります。業務委託を検討している場合、事前に相場を把握しておくことがおすすめです。
また業務委託先を選定する場合は、スキルや知識だけでなく、人柄にも注目する必要があります。コミュニケーションに問題を抱えている人材だった場合、トラブルに発展する可能性があるためです。
信頼のおける人材に依頼できるサービスを活用する方法が、有効と言えるでしょう。

なお、弊社StockSunでは、格安で業務委託への依頼はじめとするWeb集客全般の施策を依頼できる「マキトルくん」というサービスを提供しています。

月5万円からの定額サービスになっているので、Web施策を通じて効果的に、最小限のコストで売上を最大化させたい方に最適です。

最小限のコストで迅速に結果を出したい方は、ぜひマキトルくんの利用をご検討ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。